いる ま 幼稚園。 失敗しないための上手な幼稚園の選び方、4つのポイント! [ママリ]

遠くからでも通わせたい!「脳力を伸ばす幼稚園」大阪市 5選

いる ま 幼稚園

子どもの主体的な活動を大切にし、適切な環境の構成を行う。 子ども一人一人の特性と発達の課題に即した指導を行うことなどを基本としており、 幼児教育の指針として整合性が図られている。 保育所保育指針においては、「第13章 保育所における子育て支援及び職員の研修など」の「2 地域における子育て支援」において、一時保育、地域活動事業、乳幼児保育に係る相談・助言などの努力規定を定めている。 いわゆる「預かり保育」と称される長時間保育については、教育課程に係る教育時間の時間外に行う教育活動として位置付け、その配慮事項について示している。 (ただし、幼稚園においては、学校教育体系の中で、同様の他法、他通知等により同様の趣旨で概ね実施されているところである。 各幼稚園においては教育要領に合わせ「幼稚園教育要領解説」(文部科学省初等中等局長編集の資料集)を併用して、実際の教育課程の編成・実施を行っている。 例えば、教員の園内研修の重要性などは幼稚園教育要領解説に記述されている。 第78条 幼稚園は、前条の目的を実現するために、次の各号に掲げる目標の達成に努めなければならない。 1 健康、安全で幸福な生活のために必要な日常の習慣を養い、身体諸機能の調和的発達を図ること。 2 園内において、集団生活を経験させ、喜んでこれに参加する態度と協同、自主及び自律の精神の芽生えを養うこと。 3 身辺の社会生活及び事象に対する正しい理解と態度の芽生えを養うこと。 4 言語の使い方を正しく導き、童話、絵本等に対する興味を養うこと。 5 音楽、遊戯、絵画その他の方法により、創作的表現に対する興味を養うこと。 第79条 幼稚園の保育内容に関する事項は、前2条の規定に従い、文部科学大臣が、これを定める。 第80条 幼稚園に入園することのできる者は、満3歳から、小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。 第76条 幼稚園の教育課程については、この章に定めるもののほか、教育課程の基準として文部科学大臣が別に公示する幼稚園教育要領によるものとする。 2 (略) 第45条 厚生労働大臣は、児童福祉施設の設備及び運営並びに里親の行う養育について、最低基準を定めなければならない。 この場合において、その最低基準は、児童の身体的、精神的及び社会的な発達のために必要な生活水準を確保するものでなければならない。 2 児童福祉施設の設置者及び里親は、前項の最低基準を遵守しなければならない。 3 児童福祉施設の設置者は、児童福祉施設の設備及び運営についての水準の向上を図ることに努めるものとする。 第35条 保育所における保育の内容は、健康状態の観察、服装等の異常の有無についての検査、自由遊び及び昼寝のほか、第12条第1項に規定する健康診断を含むものとする。

次の

幼稚園の預かり保育とは?保育園の一時預かりとの違いや内容について|ベビーシッター探すならキズナシッター

いる ま 幼稚園

幼稚園ってどんなところ? 何をするの? 自分の子供をどこの幼稚園に通わせればいいのか迷っている方も多いですよね。 幼稚園に通わせるのが初めてのママだとなおさら不安だと思います。 そもそも幼稚園とはどんなところで何をしているのでしょうか? 園によって様々かとは思いますが、幼稚園についてご説明します。 幼稚園の特徴• 監督官庁:文部科学省• 法律:学校教育法• 対象年齢:3~5歳• 基本保育時間:9:00~14:00• 土日祝休み• お昼寝とおやつ無• 春・夏・冬休み有• 公立と私立がある 対象年齢は3歳~ですが、2歳でもプレ幼稚園クラスがあったりと多様化しています。 また家の方針によって3歳から入園する3年保育と4歳から入園する2年保育と選べます。 そして、公立か私立かによって園児達の雰囲気や教育の方針施設の設備等も変わってきます。 公立の幼稚園 幼稚園の約4割が公立の幼稚園です。 運営は自治体が行っており、学費が私立に比べて安いのが特徴です。 私立に比べると保育もどちらかといえばのびのびしている所が多いようです。 私立の幼稚園 私立の幼稚園は仏教系、キリスト系などの運営するところによって異なる方針があります。 有名私立大学の附属幼稚園など入園するのに受験をするような幼稚園もあります。 学費は公立に比べると高い反面、設備が整っていたりします。 幼稚園の一日 子供たちは9時の登園から14時のお迎えまでは園でたてたカリキュラムに沿って行動します。 お昼ご飯はみんなで一緒に食べ、保育園のようにお昼寝やおやつの時間はありません。 早期教育や小学校受験を目標に据える園の場合は遊びだけでなく、英語やリトミックなどに取り組んでいるところもありますがそれだけでなく自由に遊ぶ時間も設けられています。 一般的に9時から14時までを保育時間としている所が多いようですが、延長保育を実施している園も増えてきています。 幼稚園に入園するまでの流れ 幼稚園には直接幼稚園に申し込みをするところがほとんどです。 人気のある園だと面接や簡単な試験がある所もありますが、申し込み順や全員入園などのところも多いです。 幼稚園の入園までの一般的な流れは以下の通りです。 9月:幼稚園見学• 10月:入園説明会 願書配布• 11月:願書受付・面接・面接結果発表• 2月:制服や教材等受け渡し 8月頃から幼稚園の情報収集するママも多いようです。 園が開催している見学会以外に運動会やバザーなど園の行事に見学するとまた違った園の様子が知れて良いようです。 通園手段は何にする? 幼稚園への通園方法は幼稚園選びの大事なポイントの一つです。 また、長時間バスに乗って通うことが少なからずお子さんの負担になるということも考えられます。 自転車通園 自転車であれば、ある程度の距離までの園に通わせることができますが、転倒や事故などの危険が伴いますし、雨など荒天の時の通園が大変です。 園に駐輪場所があるかどうかも確認が必要です。 徒歩通園 徒歩での登園は、費用がかからず、お子さんとのコミュニケーションの時間も取ることができます。 また、毎日幼稚園に行くので園の様子を見ることもできますし、先生とも顔を合わせて会話する時間が取れますね。 その一方で、遠くの幼稚園に通うことはできず、お天気の悪い日は歩くのが大変などのデメリットもあります。 お昼はお弁当? それとも給食? 園によって給食だったりお弁当持参だったりします。 給食の場合は、幼稚園専門のお弁当屋さんが入っていることが多いです。 お弁当づくりを負担に感じる場合は給食がある幼稚園を選ぶのも一つですが、給食には給食費がかかります。 便利な分費用が加わるので、毎月の保育費用の合計額についてはしっかり計画を立てる必要があります。 最近は、給食とお弁当両方に対応した園も増えてきていますので、事前にしっかり確認することが大切です。 教育方針に共感できる? 園の保育に対する考え方は様々で、それぞれの園がその園なりの特色を打ち出していますが、家庭の教育方針と園での方針が合っているか、園の方針に共感できるかどうかはとても大切なポイントです。 事前の説明会や園開放や一日入園体験などには積極的に参加して、園の保育方針について十分な情報を集めましょう。 先生たちに質問したり、まわりの先輩ママたちに園の評判などを訊いたりしてみるのも良いですね。 園の雰囲気や先生たちの様子 園児たちの雰囲気は自分の子供に合っているかどうか確認することはとても大切です。 見学の際には園児が表情や遊んでいる様子をよく見てくださいね。 さらに先生方が子供にどんな接し方をしているかが重要です。 泣いている子や子供同士のトラブルにどう対処しているかだけでなく、先生同士の様子もしっかり見極めたいところです。 園を取りまとめる園長先生が明るく朗らかな印象の園は、先生たちの雰囲気にも通じているはずです。 園長先生はどんな人柄なのか、実際にお話をしてみるといいでしょう。 上手な幼稚園の選び方はまず見学から始めましょう。 大切なわが子が日中を過ごす幼稚園。 考えれば考えるほど頭を悩ませてしまいがちですが、お子さんが楽しく過ごせるかどうか、ということが一番重要です。 ぜひ、一緒に園見学やプレ保育に参加してみて、どの幼稚園が気に入ったか、意見を聞いてあげてくださいね。

次の

私立幼稚園の補助金制度とは?補助金の種類と申請方法

いる ま 幼稚園

大阪市内の多くの幼稚園がおこなっている未就園児対象のプレ幼稚園。 1~2歳児から園に通って幼稚園になじませることができます。 お遊戯や手遊びなどが主流で、通常、希望者はほとんど入園できます。 プレに通うことで優先的に入園できたり、願書をもらうことができることも多いため、人気の幼稚園になるとプレの入園も抽選になるほど。 プレの指導内容に英会話、絵画などを盛り込む幼稚園は希望者が多いようです。 プレを掛け持ちして幼稚園の特色と子どもの適性を見極める方法もありますね。 今回ご紹介する幼稚園5園の特色はそれぞれ違いますが知力、体力、共感力を鍛え「人としての総合力」を高める指導をおこなうという点では共通している幼稚園です。 園訓は「あかるく、ただしく、たくましく」。 個性を活かしながら社会性を身につけられるよう保育がおこなわれています。 1クラス2人の先生がつく2担任制です。 自然観察、絵画制作、リズム遊び、体育、プール指導など子どもの特性を伸ばすべく多くのカリキュラムが準備されています。 また全学年通して外国人講師による英語指導がおこなわれます。 知ることを楽しいと思えるような数・言葉あそびで小学校入学前までに学力の基礎を作ります。 入園テストがあります。 グループ遊びの様子と先生との問答で判断されます。 私立・国立小学校受験にも有利な課外活動も充実しています。 子どもの全人格的な発達を願う「人間教育」を目指しています。 仏教の教えを元に「かしこく、やさしく、たくましく、すべてに輝く仏の子」を育てることに重きを置いています。 いわゆる「小学校お受験幼稚園」としても名高いパドマ幼稚園。 入園するには保護者面接と入園テスト(子どもの遊んでいる様子を見る)があります。 パドマ幼稚園では知(ことば)・情(リズム)・体(動き)の三位一体の総合幼児教育をおこなっています。 教育内容の一例は以下の通りです。 給食は食品添加物、化学調味料の一切使用されていない「仏教健脳給食」となります。 変わり行く社会の中でたくましく生きる力を身につけられるよう遊びや行事を通して忍耐力や共感力、思いやりの心を養っていきます。 子どもの持つ感性や知性を伸ばしながら「心豊かな子ども」に育てることを目指しています。 入園試験としてグループで遊ぶ姿を見られます。 また同時に知能テストもおこなわれます。 親子ともに面接があります。 大きな船の遊具、ボルダリングも楽しめる複合遊具、衛生的な砂場など「遊び」が充実しています。 日常保育でのカリキュラムも豊富です。 希望者にはバレエ、サッカー、バイオリン、ピアノの他たくさんの課外授業をうけることができます。

次の