みつ うら やすこ。 世界で一番乙女な生きもの

光浦靖子の病気の過去がヤバイ!?スタイルの驚きの実態とは!?

みつ うら やすこ

Contents• 光浦靖子のプロフィール 本名 光浦靖子(みつうらやすこ) 生年月日 1971年5月20日 45歳(2016年7月現在) 出身 愛知県田原市 身長 158cm (160cm・46. 8kgという記録も-ロンドンハーツ測定) 学歴 東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科 事務所 プロダクション人力舎 血液型 A型 1992年から 大久保佳代子さんと オアシズというコンビを組んでいた光浦靖子さんですが、一昔前までは相方より目立っていたんじゃないですかね。 光浦靖子の家族について 正確な情報はなかったのですが、上に お兄さんと下には 妹がいるようです。 以下のサイトの上から7番目の写真の右端の女性がお母さん。 なかなか綺麗な方ですね。 おそらく輪郭は母親譲りなのでしょう。 そして中央の子供を抱いている男性がお兄さんではないかと言われています。 だとすればその隣が兄の嫁さんなので靖子さんにとっては義理の姉という事でしょうか。 これは7年前の記事の写真なので、当時靖子さんが38歳ですからお兄さんは40歳前後。 にしては若すぎるような気がしますが。 すると左端が父親なのでしょうか。 母親の名前は 小万さんだとか。 しかし甥っ子(?)の名前が 香野優太と書いてありますから(光浦靖子は本名)ひょっとして全然関係ない人なのかもしれないですね。 参考程度にしてください。 exblog. 名前は 光浦明子(みつうらあきこ)さん。 既婚で 子供有り。 これは 2011年、めちゃイケに出た際の画像ですが、姉同様メガネが似合う素朴で可愛いタイプの女性ですね。 正確もおおらかそうだし、当時のネットでの反応をみるとかなり好評のようでした。 何故美肌なのか? この画像からだけではなんとも言えないですが、妹さんの肌、とても綺麗に見えますね。 姉の靖子さんも実は昔から美肌でプロポーションもよいと言われているので、姉妹揃って美肌という事は遺伝的なもの、あるいは幼少時の食習慣が影響していたのでしょうか。 靖子さんはタバコを吸っているのでその事を考慮するとやはり遺伝的に優れているのかもしれませんね。 インスタグラムより こちらは芸術新潮に掲載されて話題になっている光浦さんの写真です。 肌の綺麗さ透明感がスゴイです。 現像段階から最後まで一切の肌修正無し、体型補正などの加工なし「真の光浦さんポテンシャル」必見です — 零央 CH17 lewograph と絶賛するほどですからね。 詳しくは芸術新潮を購入して見て下さいね。 スタイルよし、肌きれい、インテリ、これらを考慮すると、やはり親の育て方がよかったせいなのでしょうか。 大学へは8年通う そんな光浦さんは 大学に8年間通ったそうです。 始めの4年間は親に学費を出してもらい、後の4年間は自分で捻出。 何もそこまでして通うことないじゃんとも思ったのですが事情はひとそれぞれ。 この世界には大学4年生の時に飛び込んだそうです。 つまりストレートで大学へ入学したとして大学4年生になったのが 1993年。 出演した番組はめちゃいけの前身とも言われている 「とぶくすり」という深夜番組。 調べてみると1993年放送ですから辻褄はあっていますね。 しかしそこに呼ばれたのは光浦靖子ただ一人だったそうです。 当時すでに オアシズとして大 久保佳代子とコンビを組んでいた靖子は 「二人で出して欲しい」と直訴するも 「ブスは二人もいらない。 光浦は笑えるブスだが、大久保は笑えないブスだ」と返され、仕方なく一人で出ることを決意する。 wikipediaより とディレクターから返され以後光浦さん一人で活躍する事が多くなり、一方相方の大久保佳代子さんはショックを受けて芸能界引退まで考えたとか。 言い得て妙とはいえ、酷い話ですね。 しかしそこは外見含めて商売をしている芸能界なので致し方無いところはあるでしょう。 大久保さんの経歴をみるとその後は 舞台を中心に活動しつつも、一旦はOLとして就職しているので、やはりショックで一時的に身を引いたのかもしれませんね。 大学時代のエピソード 大久保さんとは幼なじみで、しかも大の仲良しで遊び相手。 彼女は光浦さんにとって人生の50%を占めるほどの人間だったようで、そんな彼女がせっせと就職の準備をしている事に光浦さんは焦りを感じます。 これはなんとかしないといけない!(留年させよう)、と思いたち、大久保さんがお笑い好きだったのでお笑いサークルへ勧誘する事に。 目をつけたのが早稲田のお笑いサークル。 他校の生徒も入れるという事なので電話すると部長と話が盛り上がっていざ部室へ。 部室には大勢の男子生徒がいたのですが、二人が入った途端に何やら相談をし始め、「バイトあるから。 」等と理由を言っては次から次へと消えていったそうです。 後日その理由が判明するのですが、どうやら彼女らのルックスを見て逃げ出したようで、部室の日記には 「山田花子と栃乃若がやってきた」なんて書いてあったそうです。 (笑) 酷い話ですがそのような自虐的な話でも「 人に言うとみんな笑ってくれるのが嬉しい、普段は恥ずかしくて話せないこれらの不幸話も芸能界では笑ってもらえる、 マイナスがゼロになるなんて、なんて良い世界なんだ」と光浦さんは語っていました。 メンタルが強いのか弱いのか分からないですが、人前で自分をブスだと公言できるあたりは畏敬の念を覚えます。 そしてあの素朴で屈託のない笑顔ですからね。 やはりよほど親に愛されて育ったんじゃないですかね。 年収は? やりすぎコージーというテレビ番組で、女芸人が集まりお互いどれぐらいもらっているかを予想して平均値を出すという企画で彼女は1位に輝きます。 金額は243万8千円、つまり 年収に換算すると3000万円近くもらっている事になります。 が、本人はそんなにもらっていないと否定しますが貯金はそこそこあるとも。 めちゃイケのレギュラーなのでそれだけもらっていてもおかしくはないでしょうが…真相はいかに。 彼氏について あまり浮いた噂のない光浦さんですが、2013年に一度一般男性と付き合っていたという情報が見つかりました。 当の彼氏は光浦さんではなく お金目的で付き合っていたようで、食事代などは全て光浦さんが出していたようです。 その事を友達に相談すると「別れなさい」と言われ、以後お金は出さないと告げた所「じゃあ終わりだね」と言われ音信不通になったそうです。 この男性に対しては 光浦さんのほうから猛アプローチしたという事もあり、実際は「騙されているのかな?」と思いつつも、「とても良い子(光浦談)」だったこともありズルズルと関係が続いたんだとか。 しかし 男女関係はなかったようで、仮にあったとしたら「お金を全部あげてます」というような事まで言っていたので、どんだけ純情なんだよ!と思わずにいられません。 現在はとんねるずの企画で知り合った 矢代祐一さんというVTRカメラマン(39歳)とよい仲と言われていますが結婚に関しては今のところ情報はないです。 もう50歳間近なので最後のチャンスと言えなくもないのでどう進展するか、それともこれも 身を削ったネタなのか…いずれにせよ暖かく見守っていきたいとは思います。 以上光浦靖子さんについてでした。

次の

光浦靖子の年収や学歴、大学時代を調査!美人の妹とは?

みつ うら やすこ

プロフィール 名前:光浦 靖子(みつうら やすこ) 本名:光浦 靖子(みつうら やすこ) 生年月日:1971年5月20日(45歳) 出身地:愛知県 血液型:A型 身長:160 cm 所属:プロダクション人力舎 ・ 1992年:オアシズとしてデビュー。 ・ 1993年:「とぶくすり」にレギュラーとして出演。 」にレギュラーとして出演。 」にレギュラーとして出演。 ・ 2005年:脳動脈瘤の手術を受ける。 ・ 2012年:「男子がもらっても困るブローチ集」を発表。 光浦靖子の手芸の作り方が暗すぎてヤバイ!? のレギュラーとして長年、活躍していますよね。 光浦さんの独特なキャラクターはめちゃイケはもちろん、その他のバラエティ番組には欠かせないもので相方の大久保佳代子さんと共に大人気です。 そんな光浦さんなのですが、手芸の作り方が暗すぎると話題になっているそうです。 光浦さんの手芸の作り方が暗すぎるというのは、一体、どのようなことなのでしょうか。 そこで調べてみると、光浦さんが作っている手芸というのはニードルと呼ばれるもので、羊毛フェルトを針で刺して形作っていくというものだそうです。 ニードルで小物のマスコットやブローチなどを作ることができるそうなのですが、光浦さんの作るニードルマスコットはかなりレベルの高いものだと評価されているのだとか。 光浦さんはオリジナルのマスコットなども多く作っていて、そうした手芸品を集めた展覧会まで開いているそうです。 光浦さんのニードルマスコットやブローチは、一般の人からも高い人気を得ているそうなのですが、確かにプロといってもいいほどの出来栄えですよね。 可愛らしいものから個性的なものまで様々なタイプのものが作られているのですが、そんな光浦さんがニードルでマスコットなどを作る時というのは下の画像のような姿なのだとか。 スポンサーリンク 何時間もひたすら針をもってチクチクと羊毛フェルトを刺していくそうなのですが、光浦さんのキャラもあって暗すぎる感じがしてヤバイですよね。 かなり根気のいる作業ですが、光浦さんは小学生の頃から手芸部に入っていて、こうしたフェルトを使った作品作りをしていたそうです。 当時から友達に作ったマスコットなどをあげたりしていたそうなのですが、光浦さんの作ったマスコットをもらった友達は少し迷惑していたのだとか。 そうした経験もあってか光浦さんが作った作品を集めた「男子がもらって困るブローチ集」という書籍も発売されているのですが、こちらの書籍も人気だそうです。 ニードルを作る光浦さんの姿は暗いものの、出来あがる作品は明るくてポップなものが多いので、今後、光浦さんの影響でニードルにハマる人が増えていくかもしれませんね。 スポンサーリンク 光浦靖子のエラの驚きの正体とは!? 芸人は顔や体の特徴的な部分を自らネタにして笑いをとることがありますよね。 光浦靖子さんも、自身のエラをネタにして笑いをとることが多いのですが、そんな光浦さんのエラの正体に注目が集まっているそうです。 光浦さんのエラの正体とは一体どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、光浦さんのエラというのは骨と思われていたものの、実は筋肉なのだとか。 「芸人! 初の決起集会2016」という番組の中で、光浦さんが自身のエラについて語る場面があり、そこで歯科医師にエラが筋肉ということを告げられたことを明かしたそうです。 これは番組の中で光浦さんをネット検索した際に出て来る第二検索ワードの話になった時に明かされた話なのだとか。 光浦さんは寝る時に歯を強く食いしばったりすることからマウスピースをはめて寝ているそうなのですが、そこから光浦さんとマウスピースというものがネットでよく検索されているそうです。 歯磨きは上手いものの、すぐに虫歯になってしまう光浦さんはそのことを歯科医師に相談すると、 「食いしばりがすごくて、歯を自分でボロボロにしている」 と説明を受けたのだとか。 そこから歯を保護するためにマウスピースをはめているそうなのですが、同時にエラについて 「光浦さんはみんなにエラ、エラと言われているけど、これエラじゃないですよ。 筋肉の塊なんですよ。 」 と説明されたそうです。 エラというのはアゴの骨がそのまま形になったものだと思ってしまうのですが、光浦さんの場合は食いしばりは強すぎることからエラ周りの筋肉が発達してしまってエラが張るようになってしまったのだとか。 この筋肉は咬筋(こうきん)と呼ばれるもので、物を噛む時に使用される筋肉になるそうです。 ちょうどエラの上に咬筋がついているので、咬筋が発達してしまうとエラが発達しているように見えてしまうのだとか。 なので、光浦さんは、そのように咬筋が発達しているのでエラが張っているように見えるそうなのですが、まさに驚きの正体ですよね。 スポンサーリンク そして、現在、マウスピースを使っている光浦さんは、 「半年もしてないんだけど、顔がスゴくキレイになった」 と明かしているそうです。 マウスピースをはめることによってアゴ周りの筋肉に負担がかからななくなって顔がすっきりしたようなのですが、そんな光浦さんの変化に世間から大きな反響があったのだとか。 確かに、以前に比べると光浦さんのエラの張りが少なくなったような感じがしますよね。 これがこのまま続いていくと、トレードマークでもある光浦さんのエラもすっかり目立たなくなってしまうこともあるかもしれません。 趣味の手芸で針を使ってフェルトを延々と刺し続ける姿が暗すぎると言われてしまう光浦さんなのですが、骨だと思っていたエラが実は筋肉だったことが明かされるなど、意外な事実が判明していて、そんな光浦さんは今後も意外な事実が明かされて世間を驚かせそうですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

光浦靖子

みつ うら やすこ

プロフィール 名前:光浦 靖子(みつうら やすこ) 本名:光浦 靖子(みつうら やすこ) 生年月日:1971年5月20日(45歳) 出身地:愛知県 血液型:A型 身長:160 cm 所属:プロダクション人力舎 ・ 1992年:オアシズとしてデビュー。 ・ 1993年:「とぶくすり」にレギュラーとして出演。 」にレギュラーとして出演。 」にレギュラーとして出演。 ・ 2005年:脳動脈瘤の手術を受ける。 ・ 2012年:「男子がもらっても困るブローチ集」を発表。 光浦靖子の病気の過去がヤバイ!? 光浦靖子さんは芸人として活躍し、趣味の手芸やエッセイなどでも活躍していますよね。 高学歴芸人ということで、様々なジャンルで活躍しています。 そんな光浦さんなのですが、病気の過去が話題になっているそうです。 光浦さんの病気の過去とは、一体、どのようなことなのでしょうか。 そこで調べてみると、光浦さんは以前、脳動脈瘤という病気になっていたことがあるのだとか。 ちなみに、脳動脈瘤というのは、 「動脈壁の脆弱性等に起因する先天的な欠陥壁がこぶ状に変化したもの。 破綻しやすく、多くの脳動脈瘤はクモ膜下腔に存在するのでクモ膜下出血の最大の原因となる。 (Wikipediaより) という病気だそうです。 光浦さんが脳動脈瘤を患っていることがわかったのが2007年のことで、人間ドックで発見されたそうなのですが、かなりヤバイ病気の過去ですよね。 スポンサーリンク CTスキャンかMRIの検査を行って見つかったそうなのですが、脳動脈瘤はほとんど自覚症状もないために、光浦さんは自覚症状もなく生活をしていたそうです。 ただ、いつかクモ膜下出血などの症状を引き起こしてしまう可能性が高いことから、大事に至る前に脳動脈瘤の手術をしたのだとか。 脳動脈瘤で手術をするというとかなり緊急なものに感じてしまうのですが、まだ若くて体力のある内に手術を行うようにしたということで、決して緊急手術ということではないそうです。 そして、手術を行って10日ほど入院をしていたそうなのですが、 光浦さん曰く、 「素晴らしいお医者さんと看護師さんに囲まれて、入院っていいなと思いました。 」 とも入院生活を語っていたそうです。 一方で、手術後には麻酔が切れてしまって、かなり痛みがひどかったことも明かしているそうなのですが、術後の経過も良好で退院後に出演した文化放送の「大竹まこと ゴールデンラジオ」でも手術前と変わらないトークを繰り広げていたのだとか。 放送の中ではテンションが上がると傷口が痛むと言いながらも、入院中のエピソードなどを話して爆笑させていたそうなのですが、こうしたところはさすが芸人ですよね。 そして、現在の光浦さんは脳動脈瘤の影響などもなく、健康に生活しているそうです。 スポンサーリンク 光浦靖子のスタイルの驚きの実態とは!? 光浦靖子さんは、ブスということをネタにして芸人として活躍していますよね。 ブスでありながらも毒舌で知的というのが光浦さんのキャラでもあったのですが、そんな光浦さんのスタイルの実態について注目されているそうです。 光浦さんのスタイルの実態とはどのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、めちゃイケで長年、共演しているよゐこの濱口優さんがインスタグラムで投稿した画像が話題となって光浦さんのスタイルに注目が集まったそうです。 濱口さんが投稿した画像は下の画像なのですが、顔は隠されているものの、かなりスタイルの良い女性に見えますよね。 この画像の女性が光浦さんだと言われて話題となったそうなのですが、確かに話題になるのも納得してしまう美脚ですよね。 以前から、光浦さんは細身でスタイルが良いということが言われていたのですが、濱口さんのこうした画像の投稿によって、それが裏付けられたと言われているそうです。 また、「芸術新潮」では、光浦さんが大胆な姿で写ったグラビアも公開されていて、そうしたグラビアからも光浦さんのスタイルの良さが確認できると話題になったのだとか。 スポンサーリンク また、光浦さんは、スタイルだけではなくて肌も白くてキレイなので、メイクやファッションに気を使うと、かなり美人になるとも言われているのだとか。 女芸人ということで、どうしてもブスを全面に出したキャラでテレビに出演することが多い光浦さんなのですが、こうした格好も評判が良いそうです。 光浦さんのスタイルの驚きの実態と言えると思うのですが、またテレビや雑誌などでこうしたスタイルの良さを披露する事があるかもしれませんね。 脳動脈瘤を患い手術を受けていたことがある光浦さんなのですが、肌も白くてスタイルも良いということで、今後はそんな光浦さんの隠れた一面が全面に出されることもあるかもしれません。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の