パソコン 画面 つか ない 電源 は 入る。 Notebook PC シリーズ

Dell PC does not turn on or boot into Windows

パソコン 画面 つか ない 電源 は 入る

いつもどおりパソコンを起動しようとしたら、電源が入らない・起動しない。 もしくは、電源自体は入っているが、画面が真っ暗のまま…。 そんな状況にパソコンが壊れたと思ってしまい、焦った経験がある方もいるのではないでしょうか。 パソコンが起動しない理由にはいくつか原因があります。 その原因と対処法を知っておくだけでも、いざというとき慌てずに対処できるようになるため、ぜひ参考にしてみてください。 また、パソコンが起動できなくても早急にパソコンの中にあるデータが必要な場合もあるでしょう。 アドバンスデザインでは、「緊急復旧サービス」も行っています。 メディア到着後、即日~1日でのお見積もり、最短で復旧作業を行います。 初期診断は無料ですので、ぜひご相談ください。 延長コードを利用している場合は、• 延長コードを使わずにコンセントに直接つなぎ替えてみる• 他の電気製品につなぎ替えて、延長コードが正常に動作するか確認する• 延長コードから他の電気製品を取り外してPCだけを起動してみる などの対処をしてみましょう。 これで解決する場合は延長コードが原因である可能性が高いので、ワット数の大きな延長コードに変更するか、延長コードの使用をやめ、壁のコンセントから直接電源をとるようにしましょう。 電源ケーブル類の問題・劣化 電源ケーブルをしっかりとコンセントに差していなかったり、パソコン本体やACアダプターから外れていたりするケースです。 また、接続していても、ケーブルの劣化やケーブルが無理に曲がっている場合、内部で断線している可能性があります。 その際、ケーブルが破損しているような場合は、火災の原因になることもあるので、速やかに新しいケーブルに交換しましょう。 バッテリーの充電不足・劣化 ノートパソコンの場合、バッテリーの充電が不足しているか、バッテリーそのものが劣化していることが原因であることもあります。 バッテリーの着脱ができるタイプであれば、バッテリーを取り外して電源ケーブルを接続してみます。 これで電源が入るならバッテリーが原因であると考えられるので、バッテリーを充電するか新しいバッテリーに交換するようにします。 パソコン内部に電気が溜まっている パソコンを長時間使用していると、内部に不要な電気が溜まってしまうこと(帯電)で、パソコンがうまく起動することができなくなります。 その場合、対応方法としては放電を行います。 パソコンの電源を落としたら電源ケーブルを抜き、着脱できるバッテリーの場合は取り外し、周辺機器もすべて取り外した状態で数分程度放置します。 USBなど周辺機器が影響 USB接続の外付けHDD(ハードディスク)や光学ドライブ、USBメモリなどが原因で電源が入らないケースもあります。 これら周辺機器をすべて取り外してから、あらためて電源を入れ直しましょう。 この適性温度を外れ、極端に低温または高温だと、電源が入らないことがあります。 このような場合は、エアコンなどで室温を適温にしてから、あらためて電源を入れ直してみましょう。 ただし、急激に室温を上げるとパソコンが結露を起こすので注意が必要です。 パソコン内部にホコリが溜まっている パソコン内部の冷却ファンは空気の流れを作るため、空気と同時にホコリも取り込んでしまいます。 ホコリが溜まりすぎると、冷却効率が落ちて熱がこもったり、静電気の発生を引き起こしたりしてしまいます。 これが原因となり電源が入らなくなることもあります。 パソコン内部にホコリが溜まっている場合は、エアダスターなどを用いて内部を掃除しましょう。 ただし、初心者がパソコンの内部に触れるのはリスクがあるため、詳しい人に確認することをおすすめします。 パソコン内部の各パーツの故障 電源ケーブルや周辺機器などを確認しても問題がなさそうな場合、電源ユニットや、マザーボード、メモリなど、パソコン内部の部品が故障している可能性が高くなります。 初心者が正確な原因を特定して適切に対処するのは難しいので、内部パーツの故障が疑われる場合は、販売店やメーカー、修理業者をはじめとした専門家に相談することをおすすめします。 上記8つの原因でもなく、また、ご紹介した対処法でも解決しない場合には、初期診断が無料のアドバンスデザインまでご相談ください。 アドバンスデザインでは現在、低額固定のも行っています。 ダメージが大きくなり大切なデータが復旧できなくなるる前にお気軽にご相談ください。 【電源は入るがパソコンが起動しない】症状別の対処法 続いては、電源は入るが、パソコン(OS含む)が起動しないというケースについて見ていきましょう。 主にWindowsを例に、よくあるトラブルの症状とそれぞれにおける対処方法をご紹介します。 再起動を繰り返す場合 パソコンが何度も再起動を繰り返すトラブルが続く場合、起動に必要なWindowsのシステムファイルが破損している可能性があります。 システムファイルに問題がある場合、Windowsは自動的に再起動を試みる仕様になっているため、延々と再起動を繰り返します。 この場合、起動時に「F8」キーを押し「システム障害時の自動的な再起動を無効にする」ことで、一時的に再起動を避けることができます。 ただし、根本的な解決にはならない上、これだけではシステムファイルが破損した原因もわかりません。 一旦通常どおりに起動できたら、HDD(ハードディスク)の診断をします。 HDDに不良セクタが多い場合、それが原因でシステムファイルが破損している可能性もあるため、必要なデータをバックアップした上でHDDを交換します。 しかし初心者には難しい作業となるため、専門業者に相談することをおすすめします。 数秒から数十秒で電源が切れる場合 電源は入るものの、ちょっと進んだところで起動がキャンセルされてしまうということもあります。 数秒から数十秒で強制的には、ハードウェアのトラブルが考えられます。 特に可能性が高いのが、CPUの過熱を防ぐために強制的に電源を落としているケースです。 この場合も対応は初心者には難しいので、メーカーまたは専門の業者に相談するのがいいでしょう。 起動中に黒い画面で止まる メーカーロゴ表示後やWindowsロゴ画面以降など、Windowsの起動中に画面がフリーズしてしまう場合、システムファイルが破損、もしくは本体内蔵の部品および周辺機器を含めたデバイスドライバーが破損していることなどが原因として考えられます。 この場合、まずはセーフモードで起動できるか試してみましょう。 セーフモードで起動できる場合はドライバー関連のトラブルである可能性が高いので、該当するドライバーを削除または元のバージョンに復元します。 パソコンを修理に出すときの注意点と確認事項 これまでに紹介した対処方法を試しても直らない場合や、自分で対処するのは難しく、どうしても不安が残るという場合は、パソコンメーカーに修理を依頼することをおすすめします。 ここでは、修理に出す際の注意点について確認していきます。 パソコンの保証期間を確認。 無償で修理できる範囲は? パソコンを修理に出すときは、まず保証書の保証期間を確認しましょう。 パソコンの保証期間は通常は購入から1年間で、その保証期間内であれば無償修理を受けることができます。 一方で、メーカーや家電量販店によっては独自に3年や5年などの長期保証(延長保証)を設けている場合もあります。 製品の購入時にこれらの長期保証に加入している場合は、該当の期間内であれば無償修理を受けることができます。 無償修理が対象とする範囲 保証期間内であっても、必ずしも無償修理が受けられるわけではありません。 詳細はそれぞれの保証内容を確認する必要がありますが、一般的には「通常の使用」における故障のみが無償修理の対象となっており、それ以外の原因による故障は有償修理になることがあります。 パソコンの修理は信頼できる業者に依頼! パソコンの修理を行う際、心配なのがデータの消失です。 基本的な考え方として、パソコンメーカーは機器のみを保証していて、保存されているデータについては対象外であることがほとんどです。 仮にデータも保証対象内であったとしてもパソコンのトラブルは大事なデータを失うリスクを伴うため、修理を行う前にデータ復旧専門の業者に依頼するといいでしょう。 アドバンスデザインでは、故障したパソコンやHDDからのデータ復旧サービスだけではなく、パソコンの電源が入らない・起動しないなど、パソコンのトラブルに関するご相談も承っております。 まずは本記事のようなパソコンの電源が入らない、起動しないなどのトラブルが発生した時点で、。

次の

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 013848

パソコン 画面 つか ない 電源 は 入る

画面が真っ暗のまま起動しない状態というのは、 単に画面が表示されておらず、画面が真っ暗のまま、ではありません。 つまり、ディスプレイのバックライトが点灯していなかったり、 ケーブルの接続不良等が原因で、画面が表示されていない状態とは異なります。 あくまでも 「起動しない」のであって、表示できないのではありません。 その違いは、ハードディスクのアクセスランプに着目すればわかります。 ハードディスクのアクセスランプが、不定期に細かい点滅を繰り返していたら、 パソコンとしては一応動作していることを示します。 特に、ディスプレイのバックライトが点灯しなくなっただけの場合は、 よく見ると、うっすらとWindowsのデスクトップが表示されているのを確認できます。 液晶を透過してくる光源がなく、照明の反射光だけだと非常に見づらいですけどね。 でも、正常に表示できていないだけであって、Windowsは起動できています。 繰り返しになりますが、 ここで取り上げるのは、起動できないために表示もされない場合についてです。 画面の出力確認 とはいえ、画面の表示の問題でこのページに来られる人が一定数いらっしゃるようなので、 画面の出力を簡単に確認しておきます。 特に、パソコンの電源を入れた直後は、メーカーのロゴ等が表示されるものの、 Windowsが起動すると何も表示されなくなる場合。 ハードディスクのアクセスランプが消灯しているなど、 パソコンの動作が落ち着いていることを確認したうえで、• 「Enter」キー とします。 やっていることは、 Windowsの画面出力先の変更です。 これを、 画面が表示されるまで繰り返します。 画面が真っ暗のままでも、パソコンが正常起動している場合は、 数回繰り返すと画面が表示されるはずです。 画面が表示されたら、 同じ操作で「PC画面のみ」を選択します。 これで、画面の出力がメインのディスプレイのみとなります。 「Windows Update」等で、が更新された際に、 画面の出力先に不具合が発生することがあるようです。 パソコンの電源は入るものの、一切何も表示されない パソコンの電源が入ると、まず初めにマザーボードのBIOSが起動します。 最初にディスプレイに表示されるメーカーロゴも、マザーボードのBIOSが表示させているものです。 それさえ表示されないということは、マザーボードのBIOSが動作していないことを意味します。 意外かもしれませんが、これは比較的よく見られる症状なので、別のページにまとめました。 真っ黒の画面にカーソルが点滅するだけ パソコンの電源が入って、メーカーロゴ等の表示はされますが、その後に止まってしまう状態。 真っ黒の画面にカーソルが点滅し続ける場合、 少なくとも、ハードディスクにはアクセスしている可能性が極めて高いです。 ただし、 ハードディスクにアクセスした最初の段階でつまずいてしまっています。 従って、 セーフモード等、起動モードの選択画面を出すことすらできません。 これも説明がちょっと長くなるので、下記ページにて。 真っ黒の背景にマウスカーソルだけが表示される しばらくハードディスクを読み込んだ後に、 通常ならデスクトップが表示されるはずのところで、黒い背景にマウスカーソルだけが現れ、 操作不能になってしまいます。 セーフモードで起動してみても、まったく同じ状態だったりして、 手の打ちようがなかったりします。 この症状は、 ウイルスによるものである可能性が極めて高いです。 具体的には、「Gumblar」というウイルスがもたらす典型的な症状です。 サイトを開いただけで感染するために、一時期爆発的に感染が拡大しました。 ソフトウェアのアップデートが不十分で、「Adobe Reader」等のセキュリティホールが残ったままだと、 今でもサイトを開いただけでウイルスに感染してしまう恐れがあります。 コンピューターウイルスは、OSの機能を利用して活動します。 でも、ウイルスの機能を全うすることを考えると、ユーザーにはOSを操作してほしくありません。 このため、OSの操作が一切できなくなるウイルスは多いです。 万が一ウイルスに感染してしまい、Windowsが正常起動できなくなった場合は、 ウイルスによって書き換えられたを、正常時の状態に戻すことで、 Windowsを起動できるようになります。 Windowsの機能としては、 「」を実行すればいいです。 ただし、ウイルスに感染した状態では、Windowsを正常起動できないのが普通です。 従って、通常の方法ではシステムの復元を実行できない場合も多いです。 Windowsのバージョンにもよりますが、 まずは、からシステムの復元を実行するのが順当な方法です。 それもできない場合は、個別にレジストリを書き換えるか、 レジストリファイルを置き換えるしかありません。 下記は、レジストリを復旧するための参考ページです。 ただし、あくまでも Windowsが起動できるようになるだけで、ウイルスが駆除されるわけではありません。 ウイルスが実行されず、機能していないだけで、ファイルとしては存在しています。 最低限、ウイルス対策ソフトを最新版に更新後、ハードディスク全体をスキャンしてください。

次の

Dell PC does not turn on or boot into Windows

パソコン 画面 つか ない 電源 は 入る

パソコンドック24 熊本店です。 今回は電源は入っているが画面が真っ暗のままとの事で修理のご依頼をいただきました。 テスト用モニタ(外部出力)での表示には問題ありません。 液晶表示不具合の場合、症状によって故障個所の大まかな予想が出来ます。 明らかに液晶が割れている場合はもちろんですが、色がおかしい場合は、液晶パネルの故障を疑います。 画面(上半身)を動かすと表示が乱れる場合は、マザーボードと液晶パネルを繋ぐケーブルの断線を疑います。 そして今回は・・・画面真っ暗です。 マザーボード、または液晶側の基板が悪い可能性もありますが、よくある且つ簡単に確認出来る項目として接触不良があります。 まずはこちらから試してゆきます。 液晶パネルとケーブルの接触部分はこのようになっています。 背面付近にあります。 コネクタ部分にフックが無く、基板に被せてある絶縁カバーにテープでとめてあるだけです。 少し頼りないですが、このような作りのノートパソコンは沢山あります。 念のため接点復活材を塗り、さらにコネクタが外れないよう絶縁耐熱テープで補強します。 開閉、連続表示等、負荷テストを行い問題ありませんでしたので修理完了です。 HDD、メモリ、OSにも問題は見られませんでした。 部品の取寄せの必要がありませんでしたので素早くご返却出来ました。 このようにちょっとしたメンテナンスで解決する故障もあります。 お困りの際はまずパソコンドック24へご相談下さい。 PC修理 「画面のトラブル」の症状は?(修理に関する参考費用はこちら)•

次の