シャルル 歌詞 付き。 富士葵 シャルル 歌詞&動画視聴

96猫 シャルル 歌詞&動画視聴

シャルル 歌詞 付き

「シャルル」歌詞解釈 シャルルとは 「シャルル」は人の名前 シャルルの意味はフランス語圏の男性名。 日本では女性名としても使われているようです。 フランス国王でもシャルルの名をもつ王が多数いたようです。 MVに描かれているクロッカスに込められた意味 またシャルルのMVに描かれている花。 これは「クロッカス」という種類で花言葉は「裏切らないで」です。 すごく切ない意味ですね。 クロッカスの花言葉の由来は、ギリシャ神話です。 少年クロッカスは少女スミラックスに恋をしていました。 しかし、神は2人の結婚を許さず、クロッカスは絶望し自ら命を絶ち、スミラックスも後を追うように命を絶った。 これがクロッカスに関するギリシャ神話の内容です。 曲名に「シャルル」という男性名があることからも、ギリシャ神話に基づいた歌詞の内容が描かれているように推測出来ますね。 愛する者を失う苦しみ 「さよならは貴方から言った」 別れを告げられた主人公が悲しみに涙に暮れている冒頭の描写。 ここは恋愛的な別れを刺しているのではなく、クロッカスの神話にあるような大切な人との死別を意味しているのではないでしょうか? 大切な人が居なくなってしまった今日。 昨日の思い出も、まるでなかったかのように日々が過ぎていきます。 主人公は途方に暮れている。 「花束を抱えて歩いた 意味もなくただ街を見下ろした」という歌詞。 大切な人に送る花束を持って歩いている。 でも大切な人はもう居ない。 その現実を受け止めきれずに町を見下ろしています。 主人公の心はもう空っぽで、どこかに置き去ってしまったかのようです。 溺れる 主人公は愛する人の事を思い悲しんでしまうくらいなら「空っぽでいよう」と考えます。 「それでいつか 深い青で満たしたらどうだろう」という歌詞。 この「青」は海を意味しているんじゃないかと解釈できます。 MVからも街の景色が青に染まって泡が浮かんで行く描写が描かれています。 主人公は、自分がが溺れて命を断ったらこんな風に悩む必要はないと考えているんだと思います。 この「雲の上」は愛する人がいる「天国」なんじゃないかと思います。 しかし、空 天国 に向かって謳っているはずなのに「濁りきっては見えない」 この表現からも主人公は彼女の後を追う為に海に飛び込んだのではないでしょうか?。 「幾度といがみ合った 喧嘩した)夜。 そんな過去の出来事が走馬灯のように主人公の頭の中を巡っているんだと思います。 MV内でも「夜」という文字が沢山描かれていますね。 「笑い合ってさよなら」の意味 回想シーンであることからも「笑い合ってさよなら」は、三つの解釈があると思います。 一つ目は、本当は喧嘩したまま永久にさよならしたくなかった。 "さよなら"をするなら笑顔で"さよなら"をしたかった。 そんな意味が歌詞に込められているんだと解釈できます。 二つ目は、彼女の後を追うようなことは辞めて彼女のいない人生を歩む覚悟を決めたという意味での「笑い合ってさよなら」なんじゃないかと思います。 三つ目は、笑い合って"この世"とさよならしているんじゃないかと思います。 MV中ずっと端に咲いている「クロッカス」の花言葉からもそうなんじゃないかと解釈できます。 この後の歌詞に2人だけになるようなシーンがあることからも三つ目の意味なんじゃないかと推測できます。 君のいた証が僕 「朝焼けとあなたの溜息」は彼女がいなくなってしまう直前の様子を意味しているんじゃないかと思います。 そんな彼女の思い出が街の景色を見ると蘇ってくるんじゃないでしょうか。 でも日が経つにつれ街の景色は変わって行く。 そんな2人の思い出も薄れて言っているんだと解釈できます。 黙っていた事 主人公には愛する人に黙っていた秘密がありました。 それは愛する人を守る為の秘密だったのではないでしょうか? 愛する人に苛まれた(とがめられた)としても、別に良い。 そんな憂い(思うようにいかずに辛い事)にも意味があるなら。 そう歌詞では表現されています。 主人公は「愛する人に恨まれても、それが愛する人になるならそれでいい」 そんな風に考えていたと解釈できます。 あの世で出会えた2人 主人公は「静かな方へ 」、つまり彼女のいるあの世にたどり着きます。 隠していた真実「汚れきった言葉」を伝えようとしています。 「譲り合って意味が無い」という歌詞からもあるように、 2人はお互いの事を大切に思うがあまり、お互いに嘘をついていたのではないでしょうか? 本当はちょっとした痛みだって教えて欲しい、もうすれ違った譲り合いなんて要らない。 そんな状況を表しているんだと思います。 天国で再会した2人 MVの2人には距離があることからもわかるように、2人が騙し合ったり迷ったりしてすれ違っていたことを意味しています。 本当はお互いが騙しあって、譲り合って、本音で向き合えていない事が分かっていました。 そして真実を打ち明けるかどうかを迷っていた。 2人が会えなかった期間に降り積もったお互いへ後悔を2人で天国で語りあっています。 でも今更許しあっても命は無くなってしまったから意味ないね。 主人公と2人でそんな風に話しているんじゃないかと思います。 愛し合ってさよなら 「哂い合ってさよなら」 2人はまた出会って語り合うことができましたが、2人とのこの世からはいなくなってしまいました。 シャルルにはクロッカスの哀しくも美しいそんな物語が秘められていたんじゃないかとおもいます。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます! シャルル凄くいい曲だと思っていましたが、歌詞解釈をして行くと男女の切ない関係がクロッカスの花言葉に沿って語られていました。 あくまで僕の解釈で"シャルル"解釈してみました!.

次の

シャルル 歌詞「バルーン」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

シャルル 歌詞 付き

「シャルル」歌詞解釈 シャルルとは 「シャルル」は人の名前 シャルルの意味はフランス語圏の男性名。 日本では女性名としても使われているようです。 フランス国王でもシャルルの名をもつ王が多数いたようです。 MVに描かれているクロッカスに込められた意味 またシャルルのMVに描かれている花。 これは「クロッカス」という種類で花言葉は「裏切らないで」です。 すごく切ない意味ですね。 クロッカスの花言葉の由来は、ギリシャ神話です。 少年クロッカスは少女スミラックスに恋をしていました。 しかし、神は2人の結婚を許さず、クロッカスは絶望し自ら命を絶ち、スミラックスも後を追うように命を絶った。 これがクロッカスに関するギリシャ神話の内容です。 曲名に「シャルル」という男性名があることからも、ギリシャ神話に基づいた歌詞の内容が描かれているように推測出来ますね。 愛する者を失う苦しみ 「さよならは貴方から言った」 別れを告げられた主人公が悲しみに涙に暮れている冒頭の描写。 ここは恋愛的な別れを刺しているのではなく、クロッカスの神話にあるような大切な人との死別を意味しているのではないでしょうか? 大切な人が居なくなってしまった今日。 昨日の思い出も、まるでなかったかのように日々が過ぎていきます。 主人公は途方に暮れている。 「花束を抱えて歩いた 意味もなくただ街を見下ろした」という歌詞。 大切な人に送る花束を持って歩いている。 でも大切な人はもう居ない。 その現実を受け止めきれずに町を見下ろしています。 主人公の心はもう空っぽで、どこかに置き去ってしまったかのようです。 溺れる 主人公は愛する人の事を思い悲しんでしまうくらいなら「空っぽでいよう」と考えます。 「それでいつか 深い青で満たしたらどうだろう」という歌詞。 この「青」は海を意味しているんじゃないかと解釈できます。 MVからも街の景色が青に染まって泡が浮かんで行く描写が描かれています。 主人公は、自分がが溺れて命を断ったらこんな風に悩む必要はないと考えているんだと思います。 この「雲の上」は愛する人がいる「天国」なんじゃないかと思います。 しかし、空 天国 に向かって謳っているはずなのに「濁りきっては見えない」 この表現からも主人公は彼女の後を追う為に海に飛び込んだのではないでしょうか?。 「幾度といがみ合った 喧嘩した)夜。 そんな過去の出来事が走馬灯のように主人公の頭の中を巡っているんだと思います。 MV内でも「夜」という文字が沢山描かれていますね。 「笑い合ってさよなら」の意味 回想シーンであることからも「笑い合ってさよなら」は、三つの解釈があると思います。 一つ目は、本当は喧嘩したまま永久にさよならしたくなかった。 "さよなら"をするなら笑顔で"さよなら"をしたかった。 そんな意味が歌詞に込められているんだと解釈できます。 二つ目は、彼女の後を追うようなことは辞めて彼女のいない人生を歩む覚悟を決めたという意味での「笑い合ってさよなら」なんじゃないかと思います。 三つ目は、笑い合って"この世"とさよならしているんじゃないかと思います。 MV中ずっと端に咲いている「クロッカス」の花言葉からもそうなんじゃないかと解釈できます。 この後の歌詞に2人だけになるようなシーンがあることからも三つ目の意味なんじゃないかと推測できます。 君のいた証が僕 「朝焼けとあなたの溜息」は彼女がいなくなってしまう直前の様子を意味しているんじゃないかと思います。 そんな彼女の思い出が街の景色を見ると蘇ってくるんじゃないでしょうか。 でも日が経つにつれ街の景色は変わって行く。 そんな2人の思い出も薄れて言っているんだと解釈できます。 黙っていた事 主人公には愛する人に黙っていた秘密がありました。 それは愛する人を守る為の秘密だったのではないでしょうか? 愛する人に苛まれた(とがめられた)としても、別に良い。 そんな憂い(思うようにいかずに辛い事)にも意味があるなら。 そう歌詞では表現されています。 主人公は「愛する人に恨まれても、それが愛する人になるならそれでいい」 そんな風に考えていたと解釈できます。 あの世で出会えた2人 主人公は「静かな方へ 」、つまり彼女のいるあの世にたどり着きます。 隠していた真実「汚れきった言葉」を伝えようとしています。 「譲り合って意味が無い」という歌詞からもあるように、 2人はお互いの事を大切に思うがあまり、お互いに嘘をついていたのではないでしょうか? 本当はちょっとした痛みだって教えて欲しい、もうすれ違った譲り合いなんて要らない。 そんな状況を表しているんだと思います。 天国で再会した2人 MVの2人には距離があることからもわかるように、2人が騙し合ったり迷ったりしてすれ違っていたことを意味しています。 本当はお互いが騙しあって、譲り合って、本音で向き合えていない事が分かっていました。 そして真実を打ち明けるかどうかを迷っていた。 2人が会えなかった期間に降り積もったお互いへ後悔を2人で天国で語りあっています。 でも今更許しあっても命は無くなってしまったから意味ないね。 主人公と2人でそんな風に話しているんじゃないかと思います。 愛し合ってさよなら 「哂い合ってさよなら」 2人はまた出会って語り合うことができましたが、2人とのこの世からはいなくなってしまいました。 シャルルにはクロッカスの哀しくも美しいそんな物語が秘められていたんじゃないかとおもいます。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます! シャルル凄くいい曲だと思っていましたが、歌詞解釈をして行くと男女の切ない関係がクロッカスの花言葉に沿って語られていました。 あくまで僕の解釈で"シャルル"解釈してみました!.

次の

富士葵 シャルル 歌詞&動画視聴

シャルル 歌詞 付き

カテゴリ• さよならはあなたから言った それなのに頬を濡らしてしまうの そうやって昨日の事も消してしまうなら もういいよ 笑って 花束を抱えて歩いた 意味もなくただ街を見下ろした こうやって理想の縁に心を置き去っていく もういいか 空っぽでいよう それでいつか 深い青で満たしたのならどうだろう こんな風に悩めるのかな 愛を謳って謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌嫌 遠く描いてた日々を 語って語って夜の群れ いがみ合ってキリがないな 否否 笑い合ってさよなら 朝焼けとあなたの溜息 この街は僕等の夢を見てる 今日だって互いの事を忘れていくんだね ねえ そうでしょ 黙っていよう それでいつか苛まれたとしても 別に良いんだよ こんな憂いも意味があるなら 恋と飾って飾って 静かな方へ 汚れきった言葉を今 今今 「此処には誰もいない」「ええ、そうね」 混ざって混ざって二人の果て 譲り合って何もないな 否否 痛みだって教えて きっときっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな ずっとずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない そうだろう 互いのせいで今があるのに 愛を謳って謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌嫌 日に日に増えていた後悔を 語って語って夜の群れ 許し合って意味もないな 否否 愛を謳って謳って雲の上 語って語って夜の群れ 哂い合ってさよなら 目次• タイトル『シャルル』の意味・テーマ ロックに特化したボカロ、flowerが歌うこの楽曲。 聞きなれない言葉のタイトル。 『シャルル』の意味を考えたところ、2つ、候補があがりました。 1つ目は、 「シャルルの法則」 高校などで化学を専攻した方だと、聞いたことがあるかもしれません。 歌詞を読み取ると、別れた?もしくは別れようとしている男女の話のように読み取れる内容。 「シャルルの法則」は、一定の圧力下で、温度の上昇に対して気体の体積が増加するといった内容の法則なので、この楽曲との関係は不明ですね。 深いところまで読み取ろうとすると、男女の愛情の温度上昇と、複雑な気持ちの増加など、こじつけのようですよね。 2つ目は、 『シャルル』は人名。 フランス語圏の男性名としてよく使われていいるようで、女性だと「シャルロット」がよく使われる名前だそうです。 昭和の名曲で、長渕剛さんの「順子」や、甲斐バンドさんの「安奈」など、タイトルの女性のことを歌われる曲はありますが、果たしてこの楽曲は『シャルル』という男性に向けた曲なのでしょうか。 MVの街の雰囲気からは、日本の風景ではなく、外国が舞台になっているような気がします。 タイトルは、『シャルル』さんという人名の意味合いが強そうですね。 そして、この楽曲のテーマは、『シャルル』さんと『シャルル』さんに関わる女性の男女を描いた歌、と解釈します。 『シャルル』歌詞の意味 別れなければならない2人 さよならはあなたから言った それなのに頬を濡らしてしまうの そうやって昨日の事も消してしまうなら もういいよ 笑って イントロがなく、歌メロからスタート。 中性的な歌声のflower。 男女どちらからの視点でも聞き取れる歌詞ですが、女性の歌声で聴くこの楽曲は、女性から見た『シャルル』さんへの別れの歌。 別れを告げてきたのは『シャルル』さんからなのに、涙を流しているのも『シャルル』さん? それとも、女性から『シャルル』さんに別れを告げられず、察した『シャルル』さんに別れを告げられて涙する女性? 別れなくてもよかったのに別れなければならなかった、深い事情があるのかもしれません。 理想になれずに悩む心 きっときっとわかっていた 騙し合うなんて馬鹿らしいよな ずっとずっと迷っていた ほらね 僕等は変われない そうだろう 互いのせいで今があるのに 静かな曲調の大サビ。 ここでも「僕等」と男性視点のようです。 お互いが譲り合うことができず、それぞれ変わることはできない。 「互いのせいで」と「今」の状況をネガティブに表現しています。 もう分かり合うことはできない、そんな戻れない2人。 別れを選ぶ 愛を謳って謳って雲の上 濁りきっては見えないや 嫌嫌 日に日に増えていた後悔を 語って語って夜の群れ 許し合って意味もないな 否否 愛を謳って謳って雲の上 語って語って夜の群れ 哂い合ってさよなら 喧嘩や言い争いが激しい2人。 それでも心のどこかではお互いを思い合っている、複雑な関係。 少し距離を遠ざけていれば、またよりを戻せるのでは、とも思えます。 冒頭では「笑って」だった歌詞が、最後は「哂って」となっています。 漢字の意味合いとしては、「笑って」の方は自然な心からの笑顔。 「哂って」は、せつない感情を抑えて、無理をして笑顔を作っている印象です。 お互い愛情があるのに、うまくいかない男女の関係が描かれている楽曲なのですね。 まとめ バルーンさんの『シャルル』は、サビの高音のフレーズに中毒性がある楽曲です。 カラオケで歌ってみたいけど、難易度高し!事故率は高そう! しっかりヒトカラで練習しないといけませんね。 バルーンさんは、セルフカバーとして自身でもこの楽曲を歌っており、男性視点で曲を聴いて浸ってみるのも良いですね。

次の