タランティーノ 映画。 1992年『レザボア・ドッグス』編

ヘイトフル・エイト : 作品情報

タランティーノ 映画

1番好きな監督は誰? かなり難しい質問だ。 大御所で考えれば、スピルバーグ、キャメロン、イーストウッドあたりか? レフン、クローネンバーグ、フォントリアーあたりを答えれば通っぽく見えるか? いやいや日本人なのだから日本の監督で... 様々な考えで様々な監督の名前が頭に浮かぶ しかしそんな面倒臭いことは抜きにして頭の中で好きな監督トーナメントをしてみる。 それでも上位になればなるほど、優劣をつけ難い。 その日のコンディションによるなぁ... でもどんなコンディションでも確実に決勝争いに残る監督がいる。 それが、 クエンティン・タランティーノ! 監督名だけで確実に観ることが決定している数少ない監督の1人です。 そんなタランティーノ大好き人間の僕がタランティーノ映画の全てを厳しくジャッジさせて頂きます。 【絶対観るべき作品たち】 【観ても損はない作品たち】 【観たいと言うなら止めはしないが... 作品たち】 3つのグループに分けさせてもらいます。 そして参考指数として 「タ」「ラ」「ン」「ティー」「ノ」の文字を星に見立てて5段階評価させて頂きます。 では早速はじめましょう。 まずはこのグループから 【観ても損はない作品たち】 絶対!とまでは言えないが出来れば観て欲しい作品たち。 他のタランティーノ映画が好きでまだ未見なら是非手に取ってみて下さい。 ・キル・ビルvol. メディア: Blu-ray• 【採点】 タラン あまり映画を観ない方にとってタランティーノと聞いて思い浮かぶのはこの映画ではないでしょうか? 布袋寅泰のギターが鳴らす タラランタンタン タラランタンタン タラランタンタン... ジャージャージャン!!! は映画を観ていなくても一度は耳にしてる事でしょう。 殺し屋稼業から足を洗ったブライドは結婚式のリハーサル中に夫、参列者を殺され自身もリンチの上、銃で頭を撃たれる。 九死に一生を得たが昏睡状態に... 4年後、目を覚ましたブライドはこんな目にあわせた4人の殺し屋とそのボス ビルに復讐を誓う 1番有名な作品ではありますが、タランティーノ好きからすればかなりの異色作。 タランティーノ映画お馴染みの長い無駄話もないし 途中アニメーションが入ったりします。 面白いんですが 「今夜はタランティーノ気分」の日に観るとちょっと違うかな どちらかと言えば 「今夜は深作気分or園子温気分」の日に 「ヤッチマイナ!」 ・デス・プルーフinグラインドハウス• メディア: Blu-ray• 【採点】 タランティー タランティーノの現在最新作。 これはもうギリこのグループに入れてますが、本来は絶対観るべきに入れたかった。 ギリ及ばずという感じ。 南北戦争から10年、ある雪山のある店。 偶然居合わせた8人の男女。 全く関係性のない8人、実は過去に意外な繋がりがあった。 そしてこの密室の中で殺人は起こる。 こうして曲者たちの嘘が交錯する長い夜は始まる... 僕的には83点という高得点を付けたんですが、一緒に鑑賞した人は13点と激辛採点でした。 タランティーノ好きの為の映画なのかな... ? 我こそはタランティーノ好きという方で未見ならば是非! 過去記事も書いてますので良ければ併せてお読み下さい。 ・イングロリアス・バスターズ• メディア: Blu-ray• クリック: 6回• 【採点】 タランティーーー! もうギリ、かなりギリでこのグループ。 これは絶対観るべきだろ! とお怒りの方もいるでしょう。 でも更に怒らせるかと思いますが、実はつい先日まで更に下のグループにとか考えてました。 さーせん!本当さーせん! 初見時はイマイチだなとか思ってましたが、本記事を書くにあたり再鑑賞したら ムチャクチャ面白い! なんでイマイチとか思ってたのか自分でも意味がわかりません。 第二次世界大戦中のフランスを舞台に、ナチス・ドイツに立ち向かうアメリカ秘密部隊「バスターズ」、そしてナチスに恨みを持つユダヤ女性の復讐劇をメインとした5章からなる群像劇。 バラバラに描かれた各物語と登場人物が一気に集結するラストは必見! 今作以前と以降でタランティーノの作風は分かれます。 天才タランティーノ従来のセンスはそのままで深みを増したというか 新ステージに足を踏み込んだターニングポイント作。 僕はそんな新生タランティーノを最初受け入れられなかったんだろうなぁ... 反省 【観たいと言うなら止めはしないが... 作品たち】 このグループはタイトルそのままですね。 あ、そう?観ちゃうの? いえいえ、どうぞどうぞ... でも僕は勧めてませんからね、という作品たちです。 ・フォー・ルームス• メディア: Blu-ray• 【採点】 タランティーノ 西部劇苦手なんですよ 長い映画嫌いなんですよ これ長~〜い西部劇なんですよ メッチャ好き!大好きです! 黒人奴隷ジャンゴは妻を奪われ人間性も奪われた男。 そんな彼が賞金稼ぎシュルツと出会う。 彼と行動を共にする事で銃の腕を磨き、金を稼ぎ、会話術を学ぶ。 いつしか2人に友情が芽生え、ついに妻を取り戻すべく向かうがそこには暴君キャンディが待ち受けていた... いくら苦手ジャンルとはいえこんな熱い復讐劇、成長劇、友情劇、愛情劇を観て嫌いになれる訳がありません。 奴隷から1万人に1人の黒人と呼ばれるまでに駆け上がる、ジャンゴの生きざまを是非見届けて下さい。 それはそうと本来ディカプリオは今作でアカデミー最優秀主演男優賞をとるべきだったと思うんだけど、みんなはどう思う? 過去記事も書いてますんで、良ければ併せてお読み下さい。 ・レザボア・ドッグス• メディア: Blu-ray• 購入: 2人 クリック: 19回• 【採点】 タマランティーノ! デビュー作にして神作! 今日は何色気分? 強盗計画の為集められた6人のプロ。 本名は名乗らず互いを色名で呼び合っていた。 しかし計画は待ちかまえられていた警察によって狂わされる。 殺された者、重傷を負った者 そして命からがらアジトに戻ったメンバー 警察の犬が1匹混ざっている ホワイト、オレンジ、ブラウン、ピンク、ブルー、ブロンド 犬は何色だ! マドンナの「Like a Virgin」の歌詞の意味についてダラダラ続く無駄話。 下からあおりで撮られるタランティーノショット。 嘘と暴力と緊迫、そして音楽 デビュー作から既にタランティーノは完成してます。 いったい何回この映画を観ただろう。 基本オレンジ派の僕だが時にホワイトに惹かれ、ブラウンに惹かれする。 観る時の色の混ぜ方で観方が変わる。 次、観る時はいったい何色をパレットに並べようか。 ・パルプ・フィクション• メディア: Blu-ray• クリック: 33回• 時系列を入れ替えることでその交錯は魅力を増す。 これだけ凄い作品にPULP FICTION(安物雑誌)と名付けるセンス オープニングからエンドロールまで面白くないシーンが1箇所もない。 今日はここまで、あそこまでと思いながら結局最後まで観てしまいます。 まさに完璧な映画です! それでいて観終わったあと残すものは何もない。 なんせ PULP FICTIONですから。 ただし、読み捨てじゃなくて永久保存版の PULP FICTIONですけど。 ということで、タランティーノ映画全9作+1作を格付け、紹介させて頂きました。 未見で興味を惹かれる作品はありましたでしょうか? 多少辛口になってしまった作品もありました。 お気を悪くされた人がいたらすみません。 ただタランティーノに対する愛情だけは汲み取ってやって下さい。 過去のインタビューで10作撮ったら監督業を引退すると言ってたタランティーノ。 本当に引退するのでしょうか? 本当なら次の作品で終わりということになります。 そうならばパルプフィクションを超えるような大傑作で締めくくって欲しいです。 そして宮崎駿ばりに何度も復活して欲しいです。 ではでは、当記事が少しでもあなたの映画選びの参考になることを願いながら終わります。 次はフィンチャーかノーランあたりでやりたいなぁ...

次の

ファンが選ぶタランティーノ映画おすすめランキング【最新作含む全10作】

タランティーノ 映画

ここ数年、映像と音楽がマッチした映像作品が世界中で再び脚光を浴びている。 映画『LA LA LAND』の大ヒットを始め、日本でもアニメ『君の名は。 』がその主題歌とともに社会現象を起こしたのは記憶に新しい。 洗練された物語と、その空気感を作り出すいい音楽。 それがうまく繋がりあったとき、多くの人々に届くような作品が生まれるのだ。 以前から、音楽と映像がマッチした作品は多く存在してきた。 そのような名作を多数生み出しているのが、世界的映画監督クエンティン・タランティーノである。 彼の作品のほとんどは音楽と切り離せない。 彼は『レザボア・ドッグス』で1992年にデビューして以降、奇想天外で斬新な作品を世に送り出してきた。 そしてどの作品も、音楽へのこだわりが強く伺える。 タランティーノは映画音楽にオリジナルのスコアは滅多に作らず、自分が長年集め続けたレコードコレクションから、楽曲を選んで作中で使う。 その理由はタランティーノの創作の過程にある。 彼は脚本を書き始める前、自分のレコードコレクションの部屋を歩き回り、その中から気分に合わせたものを聴きながら構想を練るのだという。 脚本の中の言葉は音や歌から派生するんだ。 脚本を書き始める時、僕は真剣に音楽のことを考えるんだ。 音楽を聴きながらカンヌ国際映画祭にいるみんなが気に入っている様子を想像するんだよ。 構想段階から彼の作品には音楽がある。 だから、オリジナルのスコアよりも自分がインスピレーションを受けた楽曲を作中に使うのである。 彼の映画で印象的なのはオープニングの時に使用される音楽である。 物語が始まる前からその作品の世界に引き込まれてしまうような、魅力的な楽曲から彼の映画は始まる。 そんなタランティーノ作品の中から、印象的なオープニング音楽を5つ選んでみた。 1 「Little Green Back」ジョージ・ベイカー タランティーノのデビュー作『レザボア・ドッグス』に使用された楽曲。 オランダ出身のシンガーソングライターであるジョージ・ベイカーが1969年にリリースしたデビューシングル。 元々彼の代表作として知られていたが、映画に起用されたことにより20年もの時を経て再評価された。 6人の黒スーツの男たちが歩く姿とブルージーなこの楽曲はとても印象的であり、今でもドラマからバラエティまで様々な作品でパロディにされている。

次の

クエンティン・タランティーノ監督のおすすめ映画ランキングTOP9!最新作も紹介

タランティーノ 映画

この節のが望まれています。 その年に公開された映画でタランティーノが観た作品の中から、自身で選出した上位作品を発表している。 これは驚異的パワーを持つ長編大作」 2006年 [ ] 『』「アクション映画の最高傑作が誕生した!俺が待ち望んだのはコレだ!! 」 2008年 [ ] 『』「何年経っても、最高傑作!」 2009年ベスト8 [ ] 12月時点で米TV番組内のコメントで明かされた暫定ランキング。 この時まだ未見であった『』、『』、『』にも興味を示していた。 『』は急落。 『』はランク外へ。 同作を金獅子賞とした。 しかし年間ベスト発表後、『SOMEWHERE』がランキングに無い事に対する世間の反応が予想以上に大きかったため、彼は誤解を解くための同じ説明を何度もするハメになった。 要約すると「僕は『SOMEWHERE』を既に一度、公の場で高く評価し、それを伝え終えていたから、あえて年間ベストの対象から除外し別枠にしていたまでであり、間違いなくベスト10に入る」というのが彼の弁であり真意である。 2011年ベスト11 [ ] ベスト10ではない。 しかも10位タイで全12作品だがベスト12でもない。 あくまでベスト11。 順位 タイトル 1位 Midnight in Paris 2位 Rise of the Planet of the Apes 3位 Moneyball 4位 La piel que habito 5位 X-Men: First Class 6位 Young Adult 7位 Attack the Block 8位 Red State 9位 Warrior 10位 The Artist Our Idiot Brother 11位 The Three Musketeers 2012年ベスト [ ] この年は自身の映画製作(『』)に多くの時間を費やし、ベストを発表できるほど多くの作品鑑賞ができなかった為、発表そのものが行われなかったとされている。 なお、2012年当時、今年は発表しないのか?の問いに対し「映画界への影響が商業的な意味で大きすぎるからやらないんだ」と答えていた。 しかし2013年のランキング発表の際には「去年は自分の映画で忙しかったからね」とコメントしている。 2012年お気に入り映画 [ ] タランティーノのによる 連番 タイトル F Frances Ha P Prometheus S Spring Breakers 2013年ベスト10 [ ] 2013年の10月5日時点で発表された暫定TOP10。 順位付けなし。 アルファベット順で発表。 連番 タイトル A 午後3時の女たち B Before Midnight B Blue Jasmine C The Conjuring D ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式 F Frances Ha G Gravity K Kick-Ass 2 T The Lone Ranger T This Is the End 暫定ベスト10発表後、タランティーノはから「ポン監督に会わせてあげるから釜山に行かないか」と誘いを受け、審査員でも招待者としてでもなく第18回釜山国際映画祭を訪れる。 10月11日に急遽監督とトークセッションの予定も組まれ、作品上映後の質疑応答では、自身発表のベスト10を覆し『』を「今年のBEST1だ」と発言した。 2013年以降 [ ] 年明けに、暫定ではない正規の年間ランク発表が予想されていたが、『』に係わる問題等のため、実現しなかった。 『ヘイトフル・エイト』は製作中止が発表され、後にプロジェクトは修正を加えて再始動した。 年間ベストの発表は2013年暫定の発表以降行われていないが、自身のサイト内に気に入った作品を随時書き連ねている。 2014年お気に入り映画 [ ] 連番 タイトル I Interstellar I It Follows T Kingsman: The Secret Service T The Grand Budapest Hotel T The Rewrite T 奪還者 『奪還者』を「元祖『』以来の世紀末映画の最高傑作」とした。 2015年お気に入り映画 [ ] 連番 タイトル G Green Room M Mad Max: Fury Road S Sicario T (原題) T The Intern 8月『VULTURE』誌のインタビューで「自身の映画製作であまり映画を観ていない」としながら『』と『』が今年観た中で良かったと語った。 12月に「2015年ベスト映画は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』」とコメント。 その熱中ぶりは、劇場に赴いた際、自前のルチャマスクを持参したほど。 『サスペリア』は、鑑賞の際、タランティーノが目に涙した作品。 2019年お気に入り映画 [ ] 連番 タイトル C Crawl D Doctor Sleep T The Irishman ベストランキング [ ] この節のが望まれています。 タランティーノの人生におけるベスト。 が、ランキングは頻繁に入れ替わる事でも有名。 「多過ぎて選べない」「その時は忘れていた(思い出さなかった)」「感性の変化」が主な理由だが、気分も大きく影響している。 下記の『キャリー』は、すべて1976年製作の版。 砂漠に持っていく3本 1993年時点 [ ] 「もし何もない砂漠で映画を3本だけ持てるなら?」というセレクト。 連番 タイトル 1 Blow Out 2 Rio Bravo 3 Taxi Driver 自分の店に置く10本 1995年時点 [ ] 「理想のビデオ屋に置きたいベスト10は?」で11作選ぶ男。 ランキングではなく順不同。 連番 タイトル 1 Il buono, il brutto, il cattivo 2 Rio Bravo 3 Taxi Driver 4 His Girl Friday 5 Rolling Thunder 6 ニューヨークの恋人たち 7 The Great Escape 8 Carrie 9 Coffy 10 Dazed and Confused 11 天下第一拳/King Boxer 12 (原題) オールタイムベスト 2005年時点 [ ] ランキング形式。 順位 タイトル 1位 Il buono, il brutto, il cattivo 2位 Rio Bravo 3位 Taxi Driver 4位 His Girl Friday 5位 Rolling Thunder 6位 ニューヨークの恋人たち 7位 The Great Escape 8位 Carrie 9位 Coffy 10位 天下第一拳/King Boxer オールタイムベスト 2008年時点 [ ] ランキング形式。 順位 タイトル タラのコメント 1位 Il buono, il brutto, il cattivo 2位 Rio Bravo 2~4位は入れ替えも可。 順不同(『』以外はアルファベット順)。 連番 タイトル 1 Il buono, il brutto, il cattivo 2 Apocalypse Now 3 The Bad News Bears 4 Carrie 5 Dazed and Confused 6 The Great Escape 7 His Girl Friday 8 Jaws 9 課外教授 10 Rolling Thunder 11 Sorcerer 12 Taxi Driver カテゴリー別ランキング [ ] この節のが望まれています。 お気に入りの殺戮シーン [ ] 2007年のもの。 順位 タイトル タラのコメント 1位 Tenebre 餌食となる女が腕を切り落とされると、壁がみるみる血に染まっていくんだ。 2位 Jason X アイツは女の顔面を液体窒素に漬けてカチンコチンに凍結させると、それをカウンターに叩きつけてガラスのように粉々にしたんだよ。 3位 ローズマリー 彼女はシャワーの最中で、彼氏はベッドに腰掛けている。 そこへ不審者が現れ、彼氏の頭のてっぺんから顎に突き抜けるように銃剣を刺す。 これがゆっくりと刺さっていくんだ。 それから次はバスルームに行き、シャワー中の彼女を農業用フォークで突き刺す。 不審者は泣きわめく彼女を突き刺したままフォークで壁に持ち上げていくんだ。 最高にかっこいい映画 [ ] 2007年のもの。 2位以降は順位を付けておらずアルファベット順に発表されている。 連番 タイトル タラのコメント 1位 1位は別格 A Anything Else A B The Blade B Boogie Nights D Dazed and Confused D Dogville 脚本が素晴らしい。 F Fight Club F friday G 괴물 I The Insider J 공동경비구역 JSA L Lost in Translation M The Matrix 以前は『バトル・ロワイアル』に次いで2位だったが続編が作られたことで全体としてつまらなくなった。 2と3は要らなかった。 M 살인의 추억 P 警察故事3 超級警察 のスタントは素晴らしい。 S Shaun of the Dead S Speed T Team America: World Police U Unbreakable は最高の演技をみせている。 スパゲッティ・ウェスタン トップ20 [ ] 2009年のもの。 スパゲッティ・ウェスタンとは、厳密にはイタリアで制作されたをいう。 ( ) 順位 タイトル 制作国 1位 Il buono, il brutto, il cattivo/The Good, the Bad and the Ugly イタリア/スペイン/西ドイツ/アメリカ 2位 Per qualche dollaro in piu イタリア/スペイン/西ドイツ 3位 Django イタリア/スペイン 4位 Il Mercenario/The Mercenary イタリア/スペイン/アメリカ 5位 C'era una volta il West/Once Upon a Time in the West イタリア/アメリカ 6位 Per un pugno di dollari イタリア 7位 I giorni dell'ira イタリア/ドイツ 8位 Da uomo a uomo イタリア 9位 Navajo Joe イタリア/スペイン 10位 Il ritorno di Ringo イタリア/スペイン 11位 La Resa Dei Conti イタリア/スペイン 12位 Una pistola per Ringo イタリア 13位 さすらいのデスペラード イタリア/スペイン 14位 Il Grande silenzio/Le Grand Silence イタリア/フランス 15位 怒りのガンマン 銀山の大虐殺 イタリア 16位 生者を殺せ、そして死者に祈れ イタリア 17位 復讐無頼 狼たちの荒野 イタリア/スペイン 18位 ガンクレイジー イタリア/スペイン 19位 Preparati la bara! イタリア 20位 Quel caldo maledetto giorno di fuoco イタリア/スペイン 『ガンクレイジー』は1966年公開のもの。 グラインドハウス・フィルム トップ20 [ ] 2009年のもの。 グラインドハウスとは、やをなどで上映していた昔の映画館を指す。 よってグラインドハウス・フィルムは、グラインドハウスにて上映された、若しくは、いかにもされてそうな作品(笑えるホラー映画など)をいう。 大抵は低予算であり、内容が下品、特殊メイクやCGが陳腐、表現が過激で生々しい、無駄に演出が盛り込んである等、独特な要素があるのが特徴。 順位 タイトル タラのコメント 1位 The Texas Chainsaw Massacre 2位 Dawn of the Dead 3位 Night of the Living Dead 4位 Halloween 5位 Coffy 6位 Rolling Thunder 7位 天下第一拳/King Boxer 8位 (原題) 9位 (米題) 10位 The Last House on the Left 11位 獨臂拳王大破血滴子 12位 ザ・ボス 暗黒街の標的 13位 3つでひとセットと考えるべきでしょう。 エクスプロイテーション・ムービー トップ7 [ ] エクスプロイテーション・ムービーは、ひとつの要素(大スター、特殊効果、セックス、暴力、恋愛等)に極端に偏ったものを指す。 エクスプロイテーション・フィルム、グラインドハウス・フィルム、B級映画は基本的にほぼ同意。 呼び方が複数存在するだけともいえる。 順位 タイトル タラのコメント 1位 Rolling Thunder 私はのすべてのグラインドハウスで最低1回、時にそれ以上、この映画を観ました。 最高の復讐ものだし、ラストの決戦シーンがすごい。 アクション映画と人物造形の両方がうまく組み合わされている。 2位 Coffy 大好きなが出演してるし、作品としてもお気に入りのひとつ。 この映画のバイオレンス・シーンが持つエネルギーは他に類を見ないほどで観客を圧倒します。 終盤のシーンには皆、驚愕するでしょう。 3位 Assault on Precinct 13 ナポレオン・ウィルソンを演じたダーウィン・ジョストンはまさに完璧で、とても素晴らしい演技を見せてくれました。 4位 Thriller 私がこれまでに観た最も過激な作品。 誰もが確実に震え上がることを想像出来てしまう唯一の映画。 5位 天下第一拳/King Boxer 史上最高のカンフー映画のひとつ。 観客参加型映画。 初めてアメリカにカンフーものが輸入され始めた頃の作品のひとつでもあります。 6位 (原題) 非行少年の物語を30年代のギャング映画風にしたようなものとは一線を画する素晴らしいギャング映画。 7位 獨臂拳王大破血滴子 は香港から出てきた最初の格闘スーパースターだった。 この映画は、他のカンフー映画のどれよりもが描くのような雰囲気を持っていた。 通算20回くらいは観てる。 トップ10ウェスタン [ ] 2013年、『』による。 イタリア作品に限定しない、西部劇全般を対象にしての10選。 ランキング形式。 順位 タイトル 制作国 タラのコメント 1位 Trilogia del dollaro イタリア 上位は三部作。 中でも『』は大のお気に入りであり、これは映画史で最も偉大な功績です。 2位 3位 4位 I giorni dell'ira イタリア 上位3つとは別に、私の好きなもう一つのスパゲッティ・ウエスタン。 主演のの味のある顔が好きですね。 彼は本物の男です。 私は『』において彼に謝意を表しています。 5位 One-Eyed Jacks アメリカ この作品では役者としても監督としても実際より過小に評価をされた。 彼が生涯でたった一度きり監督を担った映画。 6位 Navajo Joe イタリア/スペイン 監督は『』の元となった『』の。 この作品は偉大な復讐ものの一つだし、の最も記憶に残る楽曲群を有する映画の一つでもある。 7位 黄金の棺 イタリア/スペイン 最も偉大なもの、それはヒーローの登場しない西部劇。 この映画には悪者しか出てこない。 被害者の中には若い女性なんかも居たりするのだけど、とにかく登場人物全員が異常なのさ。 8位 Winchester '73 アメリカ は私のお気に入り西部劇監督の一人だし、この映画は彼の最高傑作。 9位 Little Big Man アメリカ 私は本作の大ファン。 この映画は私の『』と血の繋がった姉妹のようなもの。 10位 Dances with Wolves アメリカ 過去30年間に作られた中でのベスト・ウエスタンだね。 第2次世界大戦映画ベスト50 [ ] 2014年、情報誌『』ロンドン版にて発表。 あくまで同誌編集部とタランティーノの共同選出によるものである。 16位は共に作品で短編と長(中)編。 『夜と霧』は1955年公開のもの。 『メフィスト』は1981年公開のもの。 『戦争と貞操』は1957年公開のもの。 『激戦地』は1945年公開のもの。 『地獄のバスターズ』は『』脚本の下地となっている。 『スターリングラード』は1993年公開のもの。 (余談であるが、この時を最優秀男優賞に選出している。 ) 2008年ので審査委員長を務め『』を「今年観た中で、最高にエキサイティングで、息をのむほど素晴らしい」と絶賛しグランプリに選ぶ。 2010年ので審査委員長を務め『』をに選ぶ。 脚注 [ ] [].

次の