豚 の 生姜 焼き。 業務スーパーの豚生姜焼きはまずい?実際に食べた感想&調理方法まとめ

豚の生姜焼きを柔らかくするには?焼き方のコツは?

豚 の 生姜 焼き

歴史 [ ] 豚肉の獣臭さを抑えるために生姜が利用されたことから生まれたと考えられている。 しかしに至るまでは、生姜焼きはと不可分の存在であり、豚肉を生姜醤油で焼き上げる前者と、を醤油で焼く後者という認識しか持たれてはいなかった。 また、家庭料理の色彩も色濃く、店で供される料理との意識は薄かった。 ともあれ、1913年に東大教授・田中宏によってまとめられた『田中式豚肉調理二百種』には、「生姜炒(しょうがいり)」の名でこの料理のレシピが掲載されており 、すでに生姜焼きが完成を見ていたことが窺われる。 商業的に生姜焼きを広めた例は、・の居酒屋「銭形」が昭和20年代に、注文に対応しやすい素早く大量に作れる肉料理として開発したのが嚆矢と見なされている。 店「」で修行した主人による調理法では、切り落としの細切れ肉を使用し、タレにはショウガ・・・のほかを用いていた。 その成功以後、仕出しのおかずや食堂などから次第に、生姜焼きは外食のメニューとして認められていった。 昭和時代までは周辺のローカルメニューであったが、全国チェーンの外食産業の発達に伴い、現在は全国的に定番の豚肉料理となっている。 作り方 [ ] 「豚のしょうが焼き」と呼ばれるメニューは、上述した細切れ豚肉のタマネギ炒めと、薄切り豚肉のタレ焼きの2種類に大別される。 前者の場合は、タレに和えたタマネギと豚肉の細切れをやで一気に炒めあげる。 後者の場合は、タレをまぶした豚肉を鉄板やグリルで一枚づつ焼き上げる。 厚みのある肉を使用する場合は、タレにしばらく漬け込んだ後にソテーする。 をタレに最初から入れておくと焦げやすいので、肉をある程度焼いてから砂糖をふりかけた方がきれいに仕上がる。 下味用の漬けダレと仕上げに絡める甘ダレを分けて用いるもある。 タレには、やで甘みをつけることがあるほか、などのをすりおろしたものを加えてもよい。 特に生のやの汁を加えると、これらに含まれるやなどのの作用で肉質が柔らかくなり、食べやすくなる。 付け合わせはのなどが一般的である。 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

生姜焼き

豚 の 生姜 焼き

豚肉の筋切りと下漬け 豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。 それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。 20〜30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。 肉の下ごしらえは 『筋切りと下漬け』をします。 まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、 1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。 それから、焼く前に下漬けをします。 厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。 下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。 筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。 そこに 先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。 豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。 そこに 下漬けに使った調味料を7〜8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2〜3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。 スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。 全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。 豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。 反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。 火加減そのままで煮詰めていきます。 豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、 たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。 フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

次の

焼いた生姜焼きの保存方法と賞味期限は?

豚 の 生姜 焼き

オススメ献立をご紹介する前にお伝えしたいのが、豚の生姜焼き自体の栄養バランス。 疲労回復効果のあるビタミンB 1や良質なたんぱく質が豊富な豚肉と、体を芯からあたためる生姜を使った豚の生姜焼きは、栄養バランスにすぐれた優秀メニューなんです。 豚の生姜焼きに期待できる健康効果を、5つにわけてご紹介しましょう。 1.疲労回復効果 「なんだか体がだるい」といった倦怠感は、糖質(炭水化物)の代謝がうまくいかず、体内のエネルギー循環がうまくいっていないことが原因かもしれません。 糖質は脳のエネルギー源でもあるので「頭がぼーっとして考えごとができない」といった症状があらわれることもあります。 豚肉に多く含まれるビタミンB 1は、糖質の代謝を助けて糖質をエネルギーに変換。 心身の疲労を効果的に回復してくれるのです。 2.基礎代謝アップによるダイエット効果 豚肉には体内では生成できない必須アミノ酸も多く含まれています。 この必須アミノ酸には、筋肉の分解を抑制し、強化・修復するはたらきがあります。 特に運動後に豚肉を食べると、効率的に筋肉が形成され、その結果、基礎代謝が上がり、痩せやすい体になることが期待できます。 3.肌荒れを治りやすくする美容効果 豚肉に豊富なビタミンB 1には、皮膚や粘膜の調子を調える作用もあります。 「肌荒れが長引いて化粧のりがよくない」などというときには、積極的に取り入れてほしい食材なんです。 また、生姜には血行を促進し体をあたためるはたらきもあり、冷えで顔色がわるくなりがちな人にもオススメです。 4.胃の調子を整える効果 「生姜焼のたれ」にも多く含まれる生姜には、胃の調子を整えるはたらきがあります。 胃腸の調子がすぐれないときや、暴飲暴食などで胃を酷使していると感じるときには積極的に取り入れましょう。 5.気持ちが安定する効果 豚肉の赤身には、必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンが豊富です。 このトリプトファンは、精神の安定を助けるセロトニンという物質を増やし、メンタルヘルスの維持に役立つとされています。 また、豚肉の脂分に含まれるアラキドン酸は、記憶力や学習能力を高め、脳の老化を防ぐとも言われています。 心身に必要な栄養素をバランスよく含んだメニューである「豚の生姜焼き」。 この豚の生姜焼きの健康パワーをさらに引き出すには、どんな献立を選べばいいのでしょうか。 簡単に作れて味のバランスもよい副菜を10品、ご紹介しましょう。 1.ポテトサラダ 豚の生姜焼きと相性抜群の副菜といえば、やっぱりポテトサラダ。 コクのあるマヨネーズの風味が「生姜焼のたれ」とベストマッチなんです。 じゃがいもに多く含まれる食物繊維には、余分なコレステロールを体外に排出する効果も。 2.ほうれんそうのゴマ和え ほうれんそうに含まれるベータカロテンは、油と一緒に食べるとより吸収されやすくなります。 良質な脂を含んだ豚の生姜焼きと食べれば、一石二鳥。 さらにゴマには、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富。 肌がキレイになるなどの若返り効果も期待できます。 3.冷やしトマト 切って出すだけでOKの便利食材・トマト。 ベータカロテンやリコピンが豊富で、美容や健康をサポートしてくれます。 赤が食欲増進効果のある色なので、食卓の彩りアップにもオススメ。 4.もやしのナムル 低価格で手に入る家計の味方といえば「もやし」。 あっさり味とシャキシャキとした食感で、豚肉との相性も抜群。 かさ増し効果もあるので、ダイエット中の副菜にもピッタリです。 5.かぶのマリネ しっかり味の豚の生姜焼きには、酸味のきいたさっぱり味の副菜が合います。 マリネはしょうゆを使わずお酢で味付けをするので、塩分が抑えられるというメリットも。 お口直しの一品としても重宝しそうです。 6.大根サラダ お肉のメニューと一緒にぜひ食べてほしいのが「大根」。 ジアスターゼやアミラーゼといった酵素が消化を助け、胃腸への負担を軽減してくれるんです。 酵素は熱に弱いので、生のままで食べられるサラダでとり入れるのがベスト。 7.ブロッコリーとゆで卵のマヨネーズ和え 1のポテトサラダと同じく、マヨネーズの風味が生姜焼きとピッタリ。 ゆで卵で良質なたんぱく質も取れて、満腹感もあるおかずです。 さらに、ブロッコリーにはビタミンCが豊富。 豚肉のたんぱく質と一緒にとることで、コラーゲンがふえて美肌効果も期待できます。 8.キャロットラペ(細切り人参のサラダ) 5と同じくお酢を使ったさっぱり味で、生姜焼きとの相性抜群。 ニンジンにはベータカロテンも豊富で、油と一緒にとることでより効率よく吸収できます。 材料はニンジンだけなので、1品足りないときに気軽に作れて便利。 9.小松菜とさくらえびの和え物 小松菜には日本人に不足しがちなカルシウムが豊富。 骨や歯を健康に保ちたい人は、積極的に取り入れてほしい食材です。 独特の香りも豚肉とよく合います。 さくらえびの赤い色味も献立に華やかさを添えてくれます。 10.きゅうりとパクチーのサラダ パクチーには抗酸化作用や食欲増進、消化を助ける効果があります。 ぜひ生姜焼きと一緒に食べましょう。 きゅうりには体内の余分な水分を排出してくれるカリウムが豊富で、むくみ解消も期待できます。 どちらも安価で使いやすく、カロリーも控えめな優秀食材です。 献立には欠かせない「汁物」。 メインのおかずと副菜を見ながら、塩分や味・栄養のバランスを考えて選ぶのがポイントです。 ここでは豚の生姜焼きにピッタリの5種をご紹介しましょう。 1.きのこのお吸い物 きのこのうまみ成分で、塩分控えめでもおいしく召し上がれます。 えのきやしめじ、なめこなど冷蔵庫にあるもので大丈夫。 食物繊維が余分なコレステロールも排出してくれて、低カロリー。 2.たまねぎの味噌汁 たまねぎは生姜焼きとの味の相性抜群。 たまねぎに含まれる硫化アリルには血液サラサラ効果もあります。 3.豆腐とザーサイの中華スープ 生姜焼きの豚肉は動物性たんぱく質なので、豆腐で植物性たんぱく質を補って、バランスをとりましょう。 大豆製品にはコレステロールを下げる効果もありますし、ザーサイのコリッとした食感と香りで味に変化がついて、飽きずに食べられます。 4.ねぎとわかめのスープ 手軽に作れて味のバランスもいいスープ。 血液サラサラ効果のある硫化アリル・硫化プロピルが豊富なねぎと、食物繊維が豊富で余分なコレステロールを排出してくれるわかめは、ぜひたっぷりと入れましょう。 5.ニラと卵のスープ 良質なたんぱく質がとれる卵と、硫化アリルやベータカロテンが豊富なニラを組み合わせたスープです。 ニラははさみでチョキチョキ切れる野菜なので、忙しいときにも包丁いらずで作れて便利。 4人分に卵1個程度なら、コレステロールのとりすぎにもならず安心です。 栄養バランス抜群の優秀おかずである「豚の生姜焼き」。 健康効果をより引き出しつつおいしくいただくには、献立の組み合わせにも工夫が必要です。 味や見た目のバランスはもちろん、それぞれの食材に含まれる成分にも目を向けてみましょう。

次の