いつも 通り の 放課後 デイズ。 Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ ライブ・ビューイング開催決定!!|ライブ・ビューイング・ジャパンのプレスリリース

ライブ・ビューイング・ジャパン : Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ ライブ・ビューイング

いつも 通り の 放課後 デイズ

メンバー全員が揃ってのイベントは今回が初で、『バンドリ!』に登場する他のバンドからもメンバーが参戦。 出演者は以下の通り。 佐倉さんからは会場の広さに驚き、「トークイベントなのに会場広すぎ!」を感想を述べると会場からは笑いと歓声が上がる。 可愛らしいステップの動きや手でハートマークを作る動きと笑顔を披露すると、会場から歓声が上がる。 日笠さんがいきなり「蘭以外なら…」と呟き、「え、なんで!?」と驚く佐倉さん。 「いや、蘭でもいいよ」と訂正する日笠さんだったが、不安になった佐倉さんが他のメンバーにも「蘭、ダメですか?」と聞きまわる。 肯定的な意見を挙げてくれるメンバーに、「どこがですか?」と深堀りを始め、「めんどくさい女になってる(笑)」と突っ込まれていた。 「あれ…(私が演じる)巴は?」という日笠さんに、佐倉さんは「たまに遊ぶならいいけど、ずっと声がでかくて疲れちゃう」と言われややヘコみ気味に。 「また5人でイベントやろうよ」と語る日笠さんだが、続けて「今回が最初で最後な気がしてて」といきなりのネガティブ発言をする。 他のメンバーが「なんでよ!」と突っ込む中、まさかの佐倉さんも同調し、「1回目からこんな広いところでやっちゃって、この後どうするんですか!」と困惑気味。 「これより狭い会場になったら人気が縮小したって思われるね」と三澤さんも意見を述べる。 「武道館じゃない?」と意見が上がり、どんなイベントにしたいかと各自がやりたい事を挙げて盛り上がった。 佐倉さんは、少しでも近づけられるように日笠さんが歌っている原曲を何度も聞いたと話、「間違いなく、日笠さんより聞いてますよ!」と語ると会場からは拍手が起こった。 朗読を終えた佐倉さんは「私たちしかわかんないけど、やっと会えたっていう感じでした!」と5人での掛け合いに感動している様子。 こちらは、日笠さんと佐倉さんが選んだエピソードで、ここまで本気でぶつかれる関係性がいいと感想を語る。 全てを披露しての感想として、日笠さんはどのエピソードもバンドの根幹に関わる内容で、5人が自然と候補に挙げていたのが良かったと語った。 2人1組のチームに分かれて、3つのゲームで対決。 チーム分けは佐倉さんと相羽さん、三澤さんと吉田さん、加藤さんと伊藤さん、日笠さんと櫻川さん、金元さんと小澤さんの5チームだ。 多数派を当てられたチームにポイントが入るというゲーム。 ここでは、日笠さんと櫻川さん、三澤さんと吉田さん、加藤さんと伊藤さんの3チームが正解。 この手の対決コーナーでは定番だが、最後の問題は逆転チャンスとして、1万ポイントが獲得できるという事でゲームがスタートする。 センターステージに用意された様々な花や小道具を早い者勝ちで手に取ると、各々が個性的すぎるフラワー・アレンジメントを製作。 見事、賞品の高級チョコレートをゲットした。 観客は佐倉さんに先導されるように「Wow oh wow…」や「Oh oh」とコールを入れたり、5人の動きに合わせてタオルを回し盛り上がる。 最高潮の熱気の中、イベントは終盤となり、メンバーからの挨拶が行われる。 金元さん:今日はお越しくださってありがとうございました。 色々楽しい事ができたり、掛け合いをしたり、歌を披露したりと皆さんのおかげでとても楽しい時間を過ごす事ができました。 こうして5人で歌えた事は私にとっても宝物です。 また、この5人、そして今日、これを観てくれている皆さんで集まれたら嬉しいなと思います。 本日はありがとうございました! 加藤さん:私もついにこの5人が集まれる日が来るんだと楽しみにしていました。 なかなか揃わなかったこの5人ですが、たくさんの皆さんに応援していただけて嬉しいです。 ひまりちゃんは私の中でもすごく大きな存在になっていて、人格を支配されるのではないかと思うぐらい一体化が始まってきている気もします。 本日はどうもありがとうございました。 三澤さん:本当にこの日を待っていました。 1人で日本武道館に出ると決めた日も、5人で集まれるこの日をずっと夢見ていたので、全員が並んで皆さんの前で披露する事ができて嬉しかったです。 武道館でもすごく楽しかったんですけど、5人が揃うと楽しさが無限大になりますね。 また皆さんと会える日を楽しみにしてます。 なので、私が演じていていいんだろうかと常々思っているんですが、こういう日を迎えると蘭と私の人生が交差したなと嬉しく思えます。 そして5人で一緒に出られたという事が、すごく意味がある事だし、ずっと5人じゃきゃ嫌だって言い続けてたんです。 歌っている間に日笠さんが愛おしそうに私を観てくれていたり、三澤さんがキラキラした目で見つめてくれたり、クールな金元さんがはしゃいだり笑ってくれたり、加藤さんは向かい合ってニコニコの笑顔で見てくれて、この5人だからこそなしえたステージだなと思います。 またどこかでやれるといいですよね。 その時は、もう少し歌いたいなと思います。 「本当にやってくれない!」と驚く加藤さんに会場からは笑いと歓声があがる。 改めて、2回目はキャスト陣と観客による「えいえいおー!」の掛け声でイベントは終了した。 メンバー全員が揃ったイベントは、楽しいトークパートはもちろんだが、何より5人の歌声が聞けたのはファンにとっても貴重な機会となった。 佐倉さんが語るように、次の機会でさらに5人の歌声が聞けるイベントに期待したい。

次の

Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ Afterglow Eventernote イベンターノート

いつも 通り の 放課後 デイズ

「Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ」開催決定! スマホアプリゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』に登場する5人組ガールズバンド「Afterglow」のキャスト全員が集まる初めての超大型トークイベント、 「Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ」を2020年2月2日 日 に武蔵野の森総合スポーツプラザにて開催いたします。 本情報の公開は、2019年10月18日 金 に行った「バンドリ! ガールズバンドパーティ! ハロハピCiRCLE放送局 第29回」にて発表いたしました。 チケットは2019年10月23日 水 に発売されるAfterglow 5th Single 「ON YOUR MARK」に抽選応募申込券が封入されています。 受付期間:2019年10月23日 水 10:00~11月17日 日 23:59 【二次先行抽選】 月刊ブシロード1月号に二次先行抽選申込シリアルを封入。 Advertisement 関連する記事• 2019. 05 「ARGONAVIS from BanG Dream! (アルゴナビス フロム バンドリ!)」より、Argonavis アルゴナビス のメンバー・声優キ[…]• 2019. お疲れ様スペシャル」の放[…]• 2020. 07 『BanG Dream! 2019. 18 完全オリジナルストーリー&全編フルボイスで贈る「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」初のリアル謎解きゲーム開催決定! ナゾトキ街歩きゲーム「探し出せ[…]• 2020. 23 TVアニメ「アルゴナビス from BanG Drean! 」キャラクターが織りなす音声だけの無料ライブ「ARGONAVIS 3rd LIVE CROS[…]• 2020. 13 「アルゴナビス from BanG Dream! アニメ放映記念全店フェア inアニメイト」のフェア特典とグッズ情報が公開! 2020年4月28日から5[…]• 2019. 06 バンドリの人気バンド投票ランキングをみんなで作ろう!バンドの人気投票受付中! 『BanG Dream! バンドリ! 』、『バンドリ! ガールズバンドパ[…].

次の

#放課後デイズ(2020/02/03 00:00)

いつも 通り の 放課後 デイズ

メンバー全員が揃ってのイベントは今回が初で、『バンドリ!』に登場する他のバンドからもメンバーが参戦。 出演者は以下の通り。 佐倉さんからは会場の広さに驚き、「トークイベントなのに会場広すぎ!」を感想を述べると会場からは笑いと歓声が上がる。 可愛らしいステップの動きや手でハートマークを作る動きと笑顔を披露すると、会場から歓声が上がる。 日笠さんがいきなり「蘭以外なら…」と呟き、「え、なんで!?」と驚く佐倉さん。 「いや、蘭でもいいよ」と訂正する日笠さんだったが、不安になった佐倉さんが他のメンバーにも「蘭、ダメですか?」と聞きまわる。 肯定的な意見を挙げてくれるメンバーに、「どこがですか?」と深堀りを始め、「めんどくさい女になってる(笑)」と突っ込まれていた。 「あれ…(私が演じる)巴は?」という日笠さんに、佐倉さんは「たまに遊ぶならいいけど、ずっと声がでかくて疲れちゃう」と言われややヘコみ気味に。 「また5人でイベントやろうよ」と語る日笠さんだが、続けて「今回が最初で最後な気がしてて」といきなりのネガティブ発言をする。 他のメンバーが「なんでよ!」と突っ込む中、まさかの佐倉さんも同調し、「1回目からこんな広いところでやっちゃって、この後どうするんですか!」と困惑気味。 「これより狭い会場になったら人気が縮小したって思われるね」と三澤さんも意見を述べる。 「武道館じゃない?」と意見が上がり、どんなイベントにしたいかと各自がやりたい事を挙げて盛り上がった。 佐倉さんは、少しでも近づけられるように日笠さんが歌っている原曲を何度も聞いたと話、「間違いなく、日笠さんより聞いてますよ!」と語ると会場からは拍手が起こった。 朗読を終えた佐倉さんは「私たちしかわかんないけど、やっと会えたっていう感じでした!」と5人での掛け合いに感動している様子。 こちらは、日笠さんと佐倉さんが選んだエピソードで、ここまで本気でぶつかれる関係性がいいと感想を語る。 全てを披露しての感想として、日笠さんはどのエピソードもバンドの根幹に関わる内容で、5人が自然と候補に挙げていたのが良かったと語った。 2人1組のチームに分かれて、3つのゲームで対決。 チーム分けは佐倉さんと相羽さん、三澤さんと吉田さん、加藤さんと伊藤さん、日笠さんと櫻川さん、金元さんと小澤さんの5チームだ。 多数派を当てられたチームにポイントが入るというゲーム。 ここでは、日笠さんと櫻川さん、三澤さんと吉田さん、加藤さんと伊藤さんの3チームが正解。 この手の対決コーナーでは定番だが、最後の問題は逆転チャンスとして、1万ポイントが獲得できるという事でゲームがスタートする。 センターステージに用意された様々な花や小道具を早い者勝ちで手に取ると、各々が個性的すぎるフラワー・アレンジメントを製作。 見事、賞品の高級チョコレートをゲットした。 観客は佐倉さんに先導されるように「Wow oh wow…」や「Oh oh」とコールを入れたり、5人の動きに合わせてタオルを回し盛り上がる。 最高潮の熱気の中、イベントは終盤となり、メンバーからの挨拶が行われる。 金元さん:今日はお越しくださってありがとうございました。 色々楽しい事ができたり、掛け合いをしたり、歌を披露したりと皆さんのおかげでとても楽しい時間を過ごす事ができました。 こうして5人で歌えた事は私にとっても宝物です。 また、この5人、そして今日、これを観てくれている皆さんで集まれたら嬉しいなと思います。 本日はありがとうございました! 加藤さん:私もついにこの5人が集まれる日が来るんだと楽しみにしていました。 なかなか揃わなかったこの5人ですが、たくさんの皆さんに応援していただけて嬉しいです。 ひまりちゃんは私の中でもすごく大きな存在になっていて、人格を支配されるのではないかと思うぐらい一体化が始まってきている気もします。 本日はどうもありがとうございました。 三澤さん:本当にこの日を待っていました。 1人で日本武道館に出ると決めた日も、5人で集まれるこの日をずっと夢見ていたので、全員が並んで皆さんの前で披露する事ができて嬉しかったです。 武道館でもすごく楽しかったんですけど、5人が揃うと楽しさが無限大になりますね。 また皆さんと会える日を楽しみにしてます。 なので、私が演じていていいんだろうかと常々思っているんですが、こういう日を迎えると蘭と私の人生が交差したなと嬉しく思えます。 そして5人で一緒に出られたという事が、すごく意味がある事だし、ずっと5人じゃきゃ嫌だって言い続けてたんです。 歌っている間に日笠さんが愛おしそうに私を観てくれていたり、三澤さんがキラキラした目で見つめてくれたり、クールな金元さんがはしゃいだり笑ってくれたり、加藤さんは向かい合ってニコニコの笑顔で見てくれて、この5人だからこそなしえたステージだなと思います。 またどこかでやれるといいですよね。 その時は、もう少し歌いたいなと思います。 「本当にやってくれない!」と驚く加藤さんに会場からは笑いと歓声があがる。 改めて、2回目はキャスト陣と観客による「えいえいおー!」の掛け声でイベントは終了した。 メンバー全員が揃ったイベントは、楽しいトークパートはもちろんだが、何より5人の歌声が聞けたのはファンにとっても貴重な機会となった。 佐倉さんが語るように、次の機会でさらに5人の歌声が聞けるイベントに期待したい。

次の