リュウジ アボカド パスタ。 【リュウジのバズレシピ】生クリーム要らずの「アボカドカルボナーラ」を『そばパスタ』で作ってみた!【蕎麦】

リュウジのバズレシピインスタ公式本人の太らない人気レシピまとめ!悪魔のレシピも紹介

リュウジ アボカド パスタ

リュウジのバズレシピインスタ公式本人の太らない人気レシピまとめ! 料理のお兄さんリュウジさんのインスタ公式本人は、全てレシピ投稿です。 レシピは全てバズレシピで、安い材料で作れる美味しすぎる料理ばかりです。 その中から人気の5レシピをご紹介します。 レンジで作るカルボナーラ• 煮込まないカレー• 水を使わないカレー• 鍋の常識が変わる鍋• 丸ごとピーマン タイトルだけ見るとどれも意味が分からない不思議なものばかりです。 レンジで作る、煮込まない、水を使わない、丸ごとなど、本当にそれができるんだったら、ありがたい!簡単にできそうなタイトルですよね。 簡単にできてその上美味しいなら、そんないい話はありません。 この5つのレシピをリュウジさんのインスタ公式本人で紹介します。 材料は調理工程に合わせて2種類。 パスタ 100g• オリーブオイル 小さじ2• コンソメ 小さじ1強• ニンニク 1片• ベーコン 40g• 塩 2つまみ• バター 10g• 卵 1個• 粉チーズ 大さじ2• ブラックペッパー 少々 作り方はとっても簡単2ステップです。 [下準備]• 玉ねぎ 1個• 豚こま切れ肉 300g• ニンニク 1片• 水 600㏄• 市販のカレールー 分量の半分• バター 10g• ウスターソース 小さじ2• 砂糖 小さじ1 作り方• 鍋で玉ねぎ1個を油で飴色になるまで炒めます• 豚こま切れ肉を塩コショウして炒めます• すりおろしたニンニク、水、カレールーを入れて溶かします• バター、ウスターソース、砂糖を入れて溶かしたら完成です え?!終わったの?という煮込まないカレーのレシピ、魔法のようです。 手間をかけて作る煮込んだカレーより美味しい!煮込んでないのにコクがある!と評判です。 よく煮込んだ次の日カレーが一番旨い!説は一体どこへ?! 常識が覆ります。 意味不明なので早速レシピを紹介します。 白菜 250g• ニンニク 1片• 豚肉 180g• バター 10g• 酒 大さじ5• 市販のカレールー 2かけ• ウスターソース 小さじ1• 砂糖 小さじ1弱 作り方• 小鍋に白菜、すりおろしたニンニク、豚肉、バター、酒を入れてフタをして弱火で20分煮ます• カレールー、ウスターソース、砂糖を入れて混ぜ、フタをして数分煮て完成です 下準備以外ほぼ何もしなくていい、斬新なレシピで驚愕です。 分量は2人分くらいです。 ニンニク 2片• ごま油 大さじ3• 白菜 250g• 豚バラ肉 200g• 酒 大さじ3• 白だし 大さじ1 作り方• 鍋でニンニクをごま油で炒めます• 白菜と豚バラを投入し、酒と白だしを入れてフタをして、弱火で白菜がくたっとするまで煮て完成です ポン酢か塩をお好みで付けてお召し上がりください。 白菜と豚肉の重ね煮ですね。 美味しくないはずがありません。 白菜をキャベツ、豚バラをホルモンにしても、白菜の代わりにダイコンや長ネギを使っても美味しくできるそうです。 ピーマン 1袋• 焼肉のタレ 大さじ2• 水 大さじ3• ブラックペッパー 少々 作り方• ピーマンをよく洗って、フタができるフライパンに少量の油で焦げ目がつくまで焼きます• 焼肉のタレと水を入れたら、フタをして8分ほど弱火で蒸し焼きにします• フタをはずして、焼肉のタレが最初の半分くらいの量になるまで煮詰めて、ブラックペッパーを振って完成です ピーマンが完全にステーキになりました。 ピーマンのヘタと種も残らず食べられるそうですが、抵抗がある方は残してもいいです。 ピーマン嫌いの子供でさえパクパク食べてしまう美味しさです。 新しい世界が広がる一品です。 リュウジのバズレシピインスタ公式本人の悪魔のレシピ人気BEST3も紹介 リュウジのバズレシピには「悪魔」と冠が付く、美味し過ぎて存在が悪魔なレシピがあります。 そんな禁断のレシピから選りすぐりの3品をご紹介します。 一口食べたら最後、その美味しさの虜になってしまうのでご用心下さい。 卵 1袋• マヨネーズ 大さじ2• コンソメ 小さじ半分• アボカド 1個• とろけるチーズ 作り方• 卵は茹で卵にします• 半分に切って種を取ったアボカドの上に乗せて、その上にとろけるチーズを乗せてトースターで10分焼いて完成です 焼かれたホクホクのアボカドに、尊過ぎるソースで、正に禁断のアボカド、悪魔の実です。 作り方2の混ぜる時は、フォークを使って卵を潰しながら混ぜるのがおすすめです。 ご飯 200g• コンソメ 小さじ1• ブラックペッパー たっぷり• バター 10g• 醤油 1回し 作り方• 耐熱容器にご飯、コーンの水煮、ツナ、コンソメ、ブラックペッパーを入れて、600wの電子レンジでチン• バターを乗せて、醤油をかけて、混ぜたら完成です 恐ろしく中毒性が高いため、夜に食べたらダメだそうですが、お夜食に食べたくなる一品です。 コーン缶もツナ缶も1人分は、小さいサイズを半分しか使わないので、もう一回!となってしまうところも悪魔なレシピです。 こんなの2杯は確実に食べちゃいますよね。 悪魔過ぎるレシピです。 木綿豆腐 半丁• バター 15g• 醤油 大さじ1• みりん 大さじ1• 酒 大さじ1• ニンニク 半片• 味の素 少々• ブラックペッパー 作り方• 木綿豆腐1丁を横半分に切って半丁に切って、ステーキ風にします• フライパンにバターを敷いて豆腐に焦げ目がつくまで焼きます• 容器で、醤油、みりん、酒、砂糖、すりおろしたニンニク、味の素を混ぜ合わせます• 豆腐に回しかけたら数分煮詰めて、ブラックペッパーを振って完成です こういう罪悪感を持たずに済む悪魔レシピを、天使レシピと呼ぶそうです。 天使と悪魔、紙一重ですね。 きのこを加えても美味しいそうです。 さらに、美味し過ぎて、一口食べれば虜になってしまう、存在そのものが悪魔な、禁断の悪魔のレシピもご紹介してしまいました。 悪魔のレシピの中にも太らない人気の罪悪感なく食べられるレシピもありましたね。 料理研究家リュウジさんの魅力たっぷりなレシピは、公式本人のインスタグラムで更新されています。 ここで紹介したのは、現在までに公開されているおすすめレシピです。 今後もリュウジバズレシピインスタから目が離せませんね。 最後までご覧いただきありがとうございました。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

悪魔的なおいしさで虜に。リュウジさん考案のレンチンパスタ

リュウジ アボカド パスタ

料理研究家・リュウジさんが考案! レンジでできるちょいめしレシピをご紹介します。 今回は、サクサクの揚げ玉とピリッとラー油がたまらない「悪魔のレンジたぬきスパゲッティ」と、難しいカルボナーラが電子レンジで完成する「コンビーフレモンカルボ」のレシピです。 夜中でもダイエット中でもおかまいなし。 マヨや七味をかけてもおいしいですよ! 下で紹介しているレシピの加熱時間は600Wを基準にしているので、500Wの場合は1.2倍、700Wの場合は0.8倍を目安に加熱してください。 【材料(1人分)】 ・スパゲティ(5分ゆでのもの) 100g ・A[めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2弱 オリーブオイル大さじ1 水1と1/4カップ] ・揚げ玉 20g ・万能ネギ(小口切り)、ラー油 各適量 【つくり方】 (1) スパゲティは半分に折って耐熱容器に入れ、Aを加えてラップをせずに電子レンジ(600W)で10分ほど加熱する。 さっと混ぜ、器に盛る。 スパゲティは調味液に漬けてレンチンするから、すべてのうま味を吸ってくれる。 (2) 揚げ玉と万能ネギを散らし、ラー油をかける。 コンビーフの底力を感じます。 【材料(1人分)】 ・スパゲティ(5分ゆでのもの) 100g ・A[オリーブオイル小さじ2 顆粒洋風だし小さじ1強 レモン汁小さじ1 塩ふたつまみ コンビーフ1/2缶(50g) 水280ml] ・B[バター10g 卵(溶きほぐす)1個 粉チーズ大さじ2] ・粗びきコショウ(黒) 適量 【つくり方】 (1) スパゲティは半分に折って耐熱容器に入れ、Aを加えてラップをせずに電子レンジ(600W)で10分ほど加熱する。 (2) 熱いうちにBを加えて混ぜ、器に盛ってコショウをふる。 余熱でいい具合の半熟に。 できるだけ口の広い容器に入れ、粗熱をとってからレンジから取り出すなどご注意ください <レシピ/リュウジ 撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>.

次の

『ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式悪魔のレシピ』超・人気料理研究家リュウジの最新かつ集大成となるレシピ本が発売|ライツ社のプレスリリース

リュウジ アボカド パスタ

暑い季節に、熱がこもりがちな台所でコンロを使って調理すると、熱気がすごくて、完成する頃にはヘトヘト…。 だけど、毎日冷たいもので済ませるのは味気ないし、元気も出ない。 そこで、今回はリュウジさんに、電子レンジだけで作れるパスタレシピを、3つ教えてもらいました。 材料を耐熱容器に入れて、チンするだけ。 さっそく今晩、試してみたくなるはずです! めんつゆで味付け簡単なのに深いコク「和風きのこパスタ」 1品目は定番和風パスタですが、まるでお店に来たようなコクのある仕上がりに。 その理由は、パスタと具材を一緒にゆでるから。 きのこやベーコンのうまみもたっぷりです。 今回のレシピは3品とも、ゆで時間5~6分のスパゲッティを使った場合の調理時間になっています。 【材料】 スパゲッティ(1. (2)スパゲッティを半分に折り、半量ずつクロスするように電子レンジ対応の容器に入れる。 (3)スパゲッティにオリーブオイルをかけ、容器にベーコン、エリンギ、めんつゆ、酒、水を加える。 (4)ラップをかけずに、電子レンジ(600w)で10分加熱する。 (5)電子レンジから(4)を取り出し、バターと柚子胡椒を加えて、混ぜ合わせる。 【材料】 スパゲッティ(1. スパゲッティにオリーブオイルをかけ、容器にちぎったコンビーフ、コンソメ、レモン汁、塩、水を加える。 (2)ラップをかけずに、電子レンジ(600w)で10分加熱する。 (3)電子レンジから(2)を取り出し、バターを入れて溶かし、溶き卵と粉チーズを加えて混ぜ合わせる。 容器に、コンソメ、バター、塩、水を加える。 (2)ラップをかけずに、電子レンジ(600w)で10分加熱する。 (3)電子レンジから(2)を取り出し、粉チーズを加えて、混ぜ合わせる。 まとめ リュウジさん曰くレンジ調理のメリットは、「パスタのゆで汁を、すべてソースとして使えること」。 ゆで汁に溶け出したパスタのでんぷん質が、ソースにとろみをつけてくれるため、スパゲッティに絡みやすく、濃厚な味わいに仕上がるのだそう。

次の