ケンタッキー 温め なおし。 フライドチキンの温めなおしはトースターでカリカリの美味しさ復活!オーブンやグリルも試す価値あり!

ケンタッキーのチキンの美味しい温め直し方は?保存方法とリメイク方法は?

ケンタッキー 温め なおし

フライドチキンをレンジで温めたらべちゃべちゃになっておいしくなかったわ。 持ち帰ってもお店の味を再現するにはどうしたらいいのかしら。 フライドチキンを買ってきたけど、意外とお腹いっぱいになって食べきれないということはよくあると思います。 そんな時は冷蔵庫などで保存しておいて、翌日に温めなおしますよね。 ただ、いざ温めて食べてみると、買ってきたときよりも全然おいしくないと感じることはないでしょうか? それはフライドチキンの温め方に問題があるからなんです。 フライドチキンは電子レンジをつかうよりも、トースターやオーブン、魚焼きグリルを使うことで、買ってきたときと同じようにおいしく復活することが出来るんです。 今回は、フライドチキンをおいしく温めなおす方法をご紹介します。 ちなみに、持ち帰りまでに時間がかかってしまい、自宅で再度あたためることが明らかな場合ってありますよね。 持ち帰りの際に、少し箱や袋のふたを開けて水蒸気を逃がしておくと、余分な水分が飛んでべちゃっとならずおいしく温めなおすことができますよ。 スポンサーリンク お店の味を再現するならレンジとグリルの合わせ技! トースターを使ってもおいしく温めることができますが、よりおいしく仕上げるには 魚焼きグリルを使って温めてください。 グリルを使うと、トースターで温めるよりもさらに かりっとジューシーに仕上がります。 また、余分な脂が落ちますので、買ったときよりも ヘルシーに食べることができます。 魚焼きグリルを使うと、 焼き加減が目で見えるので焦げ過ぎも防ぐことができます。 フライドチキンの温め方でおすすめしないのはレンジのみ! フライドチキンを温めるときに、簡単だからとついつい電子レンジのみで温めてしまっていませんか? レンジは、食材の温めに一番よく使うといっても過言ではない身近な存在ですが、フライドチキンを温める際にレンジだけをつかうのはあまりお勧めしません。 電子レンジを使って温めると、中まで温まりますが、どうしても 外側の衣部分がべちゃっと柔らかくなってしまいます。 また、電子レンジで温めると油がどうしても外に出てくるので、 中はパサパサ、外は油でギトギトなんてことになってしまいます。 クッキングペーパーを使って油を切ろうとしても、衣がはがれてペーパーについてしまうこともあります。 とりあえず急いで食べたいから味は二の次!という場合はそれでもいいですが、せっかく買ったフライドチキンですから、よりおいしく食べたいですよね。 少し手間はかかるかもしれませんが、トースターやグリル、オーブンを一緒に使ってみてください。 最後に フライドチキンをどうやって温めるかで、おいしさが全く違ってしまいます。 電子レンジで加熱するのは簡単でお手軽ですが、トースターや魚焼きグリルとのW使いをすることでフライドチキン本来のころものパリパリ感がよみがえります。 魚焼きグリルはどうしても、後始末が面倒くさいとか、魚の臭いが付かないか心配いう方もいらっしゃると思いますので、ぜひオーブントースターを使ってフライドチキンを温めなおしてみてください。 レンジ、トースター、グリル…それぞれの特徴を生かして、適した温め方をすることでよりおいしく味わえますね。 この方法は、家庭で作った唐揚げの温めなおしにも使えますので、ぜひ試してみてくださいね。 くれぐれも火加減には注意してくださいね。

次の

ケンタッキーを自宅で温める方法!持ち帰りをおいしく食べるには?チキンを揚げたてで頂くコツ?

ケンタッキー 温め なおし

だって、どの料理も結局のところ下ごしらえが面倒くさそう……。 スーパーやコンビニで惣菜を買ってきて「レンジでチン!」したほうが早いし安いしウマいんじゃないの〜? でも、料理がおいしくなると噂のノンオイルフライヤーは使ってみたい・・・・・・。 お店の2階に自宅があればでき立てが食べられるかもしれないが、基本的にはテイクアウトしたら自宅に着いたときには冷めてしまっていることが多い。 冷めたファストフードは、電子レンジで温めてもいいが、やはり食感や味わいはでき立て時よりはだいぶ落ちてしまう。 そこで、でき立ての味わいを復活させられるというノンオイルフライヤー「カラーラ」の登場というわけだ。 早速、実験してみよう! マクドナルド「マックフライポテト」の場合 まず、マクドナルドのベストセラー「マックフライポテト」からスタート。 アメリカ産のじゃがいもを使っている同メニューは、でき立てでは外はカリッと、中はホクホクな味わいが特徴だが、冷めるとカリッと感はゼロになる。 冷めた「マックフライポテト」 でき立てはシャキッとしているが、冷めるとフニャフニャ 本体から、食材を入れる取っ手付きのバスケットと、その土台であるバスケットパンを取り出す ここでは、Mサイズ分のポテトをセット。 食べ比べ用に一部は残した バスケットパンから取り出したバスケット。 側面には、「ウインドキャッチャー」という切れ目が縦に入っており、熱風が内部に循環しやすくなっている。 これにより、食材の旨みが凝縮されてジューシーに仕上がるという ポテトを入れたバスケットとバスケットパンを本体にセット。 温度を調節して、タイマーをセットすれば調理がスタートする。 タイマーが設定時間にくると、「チーン!」と終了の合図が鳴る。 5分間温めた「マックフライポテト」。 見た目には特に変化はなさそうだ 手で持ってみると、フニャッと曲がらない! 左が温め直したもので、右が冷めたもの。 見た目の変化はほとんどないが…… 温/冷の「マックフライポテト」を試食して比較レビュー! 見た目に変化はないが、問題は味だ。 冷めたほうは、サクッと感が皆無でグニャッという食感。 中身のホクホク感も薄い。 いっぽう、「カラーラ」で温め直したほうは、多少ホクホク感が復活したようだ。 ただ、カリッと感はまだなく、余計な油が落ちたせいか中身がややパサついていた。 こちらは、でき立てほどではないがカリッと感が復活した。 マクドナルド「チキンマックナゲット」の場合 次に、同じくマクドナルドの「チキンマックナゲット」を調理。 タイ産の鶏肉を使ったチキンナゲットは外はカリッと、中はジュワッとジューシーな味わいが楽しめる。 左が温め直したもの、右が冷めたもの。 見た目には特に違いはなし 半分に切ると、温め直したナゲットからは肉汁が出てきた! 温/冷の「チキンマックナゲット」を試食して比較レビュー! こちらも見た目に変化はないが、温め直したほうから肉汁が出てきたので期待。 冷めたほうは、衣の歯ごたえはなく、肉の弾力があるだけの食感。 鶏肉のジューシー感もなし。 いっぽう、温め直したほうは、びっくりするほどサクッとジューシー! これ、もしかしたらでき立てよりもおいしくなっているかも。 ケンタッキーフライドチキン「オリジナルチキン」の場合 お次は、KFCの「オリジナルチキン」。 同社の登録飼育農場で育てた国内産ハーブ鶏を使用しており、外はカリッと、中は噛んだ瞬間に旨みのある肉汁があふれ出るジューシーさが特徴だ。 果たしてどうなることやら。 左が温め直したもの、右が冷めたもの。 衣のこんがりと焼けた色が戻ってる! 衣ににじみ出てきた油や肉汁のテカリが食欲をそそる 温/冷の「オリジナルチキン」を試食して比較レビュー! 温め直したら、外見もでき立て時のように仕上がった「オリジナルチキン」。 冷めてしまうと衣がシナシナになってしまい、味気なくなってしまう。 これを「カラーラ」で温め直すとすごいことに! 衣はカリッとしており、中の鶏肉に歯を立てた瞬間、肉汁がジワーと口の中に広がる。 ウマい! 築地銀だこ「たこ焼」の場合 築地銀だこは、「たこ焼」。 皮はパリッと、中はトロッと、たこはプリッとおいしい同店のスタンダード商品だ。 左が冷めたもので、右が温め直したもの。 皮のこんがり感が少し戻っている 同じく左が冷めたほうで、右が温め直したほう。 竹串でちょっと押してみると、前者はやわらかく、後者はでき立てのように硬めに仕上がったのがわかった 温/冷の「たこ焼」を試食して比較レビュー! 外カリ中トロの銀だこの「たこ焼」。 冷めるとフニャフニャにやわらかくなってしまい、その魅力が半減してしまう。 いっぽう、「カラーラ」で温め直したら、皮がカリカリに! 銀だこはこれがないとね。 でも中身は、アツアツではあるがトロッと感は戻っていなかった。 天丼てんや「天丼弁当」の場合 最後に、天丼てんやの「天丼弁当」。 海老、いか、きす、かぼちゃ、いんげんの天ぷらがのっており、魚介と野菜のバランスがとれたスタンダードな一品だ。 でき立てでは、天ぷらの衣のサクッとした部分に甘みのあるたれがたっぷりかかっていておいしい。 これはこれでおいしいんだが、やはり少し味気ない。 温め直した天ぷらの海老をひと口食べて、ザクッ! という食感に驚いた。 加えて、きすやかぼちゃにおいてはジューシーさが復活。 いかもぷりぷり感が向上していた。 いんげんはグニッとした食感からサクサクに! 正直、このおいしさは、でき立てを超えたんじゃないかな。 【まとめ】フライドチキン系と天ぷらが激ウマになる! 今回5品で実験して、でき立てと同じくらいのおいしさが戻ったのは、「チキンマックナゲット」。 個人的に、でき立てよりもおいしくなったと感じたのは、「オリジナルチキン」と「天丼弁当」だった。 「カラーラ」は、揚げ物の衣の油を落とし、カラッと仕上げてくれる。 また、中身は旨みが凝縮されてジューシーに。 そういった点から、衣がしっかりと厚めについたフライドチキン系や天ぷらとの相性がよかったと言えそうだ。 また、「カラーラ」は2つのアナログなダイヤルを回して調理するシンプル設計で、料理ベタな人にとっては使い勝手がよい。 お手入れは、バスケットパンとバスケットを中性洗剤で洗って乾かすだけ。 これらは食器洗浄器でも洗えるのがうれしい。 そもそも、温め直しは本機のオプション的な機能。 ほかのノンオイルフライヤーと同じように、食材を使ったさまざまな調理もできる。 レシピはに掲載されているので確認してみよう。 【おまけ】「カラーラ」でじゃがバターを作ってみた 温め直しだけだとなんかもったいないので、簡単にできるじゃがバターを作ってみた。 材料は、じゃがいも、バター、パセリのみ。

次の

フライドチキン復活の温めなおし方!オーブンやフライパンで

ケンタッキー 温め なおし

スポンサーリンク ケンタッキーフライドチキンをテイクアウトする時の注意点 ケンタッキーをお店で食べずに、テイクアウトする場合に注意することがあります。 それは、店頭でテイクアウトの箱をもらったら、箱を少しだけ開けて、箱の中の水分を外に出して欲しいのです。 箱を開けることで、箱の中にあるケンタッキーフライドチキンが外気と触れて、お肉の余分な熱を奪うために温度が下がります。 変な表現だと思われるかもしれませんが、いずれにせよ、後で冷えたものを温め直すわけですから、一気に箱の中の水蒸気とケンタッキーの持つ熱を取り去るようにした方が、後で温め直す際に、お肉がベチャベチャした食感になるのをある程度防ぐことが出来るのです。 ですから、ケンタッキーフライドチキンをテイクアウトして後で食べる場合には、購入後すぐに箱を開けて余分な湿気を出すようにした方が良いのです。 ケンタッキーフライドチキンの基本的な温め方 ケンタッキーフライドチキンを購入すると、箱には温め方が記載されています。 それには、以下のような内容が記されています。 スポンサーリンク ケンタッキーフライドチキンの美味しい温め方 ケンタッキーフライドチキンを店頭で食べた感じに極めて近い食感を再現できる温め方をご紹介します。 電子レンジだけですと水分を飛ばすことは難しいので、オーブントースターも併用して、皮の表面を香ばしく焼き上げます。 それでは早速、 お店で味わうチキンの食感とほとんど変わらない温め方をご紹介します。 (700~800W程度) オーブントースター用のトレイにアルミホイルを敷いてから、チキンを一定間隔ずつ置いていきます。 次に、チキンの上にアルミホイルをかぶせます。 チキンはアルミホイルで上下から挟まれる状態になります。 この場合、揚げた後にアジシオを軽く振りかけて食べるとおいしさが更にアップしますので、ぜひ一度試してみて下さい。

次の