鳥 の フン 対策。 【鳥のふん対策】鳩やカラスの糞対策・掃除方法を紹介!

鳥のフンに困っており、鳥避けをしたいのですが

鳥 の フン 対策

xoxo! 車やベランダに鳥の糞!対策方法や予防策は?おすすめグッズもご紹介 こんにちは!コンビニスイーツ大好きなクミです! 私がよく行く地元のコンビニ。 この季節になると駐車場に 鳥の糞がいつもより大量に落ちている気がします。 渡り鳥の仕業?と思うのですが、これが車やお家のベランダだったら・・・と思うと辛いですね。 コンビニの方も日々お掃除が大変かと思います。 今回は 暖かくなってくると増えがちな鳥の糞被害を未然に防ぐ方法はあるのか、また、具体的な対策は何があるのかを調べてみました! 目次• 車やベランダへの鳥の糞(フン)被害! フンの被害以外にも、 ・鳴き声や羽ばたく音がうるさい(騒音) ・家庭菜園の野菜や果物が荒らされる ・庭やベランダに羽が飛び散っている など、生活する上での鳥による被害を 「鳥害(ちょうがい)」と言います。 ちなみに、 鳥害のうち相談される案件の約8割が鳩によるものだそうです。 鳩も頑張って生きている以上、ある程度仕方のないこと・・・とはいえ、自分の家や車に被害が及ぶのは避けたい!!というのが本音ですよね。 悪口ばかりで鳩さんには悪いですが、最近では、 「鳥インフルエンザ」など、鳥による病気のニュースもあるため余計に心配です。 ということで以下、鳥の糞被害に関する対策・予防法をご紹介します! 鳥の糞(フン)を予防するには? 鳥はある程度生活圏内(移動するコース)が決まっています。 いつもいる電線や電柱がお家の屋根・ベランダ・駐車場など生活圏の真上にある場合、糞を落とされる可能性も当然高くなってしまいます。 また、 糞を落とされるときはいつも決まった木の実も落ちているなど、ある特定の木を求めてやってきている可能性もありますので、まずはどこに鳥がいるのか、なぜそこに集まっているのかを分析してみましょう。 事情を説明すれば電線の配置を変えてくれたり、鳥がとまれないようにするための「トゲトゲ足場」や「鳥がとまると回る電線カバー」などの 鳥よけを設置してくれますので、これでグッと被害が減ることが期待できます。 それでご近所トラブルになることはないと思いますが、念の為近隣の方にも「最近鳥の糞の被害がひどくて、電力会社に電線の配置換えを頼もうと思ってるんだけど・・・」とチラッと言っておいても良いかもしれませんね。 鳥よけネットは透明で目立たず、大きさは2x6メートルですが、切ってもボロボロほつれないので好きな長さにして使えるといった利点があります。 その場合は テグスがおすすめです。 設置後、布団を干すときなどは 端に引っかかっているスプリングを外すだけでテグスを外すことができるので、日常生活がかなりラクです! 上述したように、基本的にはいつも飛ぶコースが決まっている鳥たち。 しかし鳥もバカではありません。 いつもの場所に「障害物」ができれば、そこにはもうとまれないことを記憶し、次第に来なくなります。 「鳥は光るものに糞をする習性がある」と言う人もいますが、CDなど反射する素材が鳥よけとして使われていることを考えると、その説の信憑性は・・・?ちょっと疑問です。 こちらはひとまずカバーをかけて防ぐのが一番手っ取り早いですが、 「サイドミラーをたたむ」だけでも結果が少し変わるかもしれません。 というのも、 鳥の足場になりやすい車のサイドミラー。 出しっぱなしにしていると、そこに来て糞をプリプリッ!・・・なんて可能性が無くもありません。 というわけで、サイドミラーをたためる車の場合はぜひそのようにして駐車しましょう。 また、 ワックスをかけておくというのも大事なことです。 なぜなら、鳥の糞には尿酸という「酸」が含まれているので、車の塗装には大敵なんです。 そこでワックスをかけておけば、最悪糞がついても塗装との間でワンクッションとなってくれるのです(だからといって長期に渡って放置しないようにしましょう)。 車やベランダに鳥の糞が落とされたら ベランダの手すりに鳥の糞を発見! せっかくピカピカにした車から少し目を離した隙に鳥の糞! ・・・なんてことが起こったらとてもショックですよね。 先ほども書いた通り、 鳥の糞には強力な酸が含まれているので、あらゆる塗装に良くありません。 というわけで、鳥の糞がついているのを見つけた場合はなるべく早く除去しましょう! 糞の状態で除去方法が変わる 今まさに糞がついたところ!という水っぽい場合は、ティッシュなどで拭き取れば跡も残らず綺麗に掃除できます。 ところが、少し時間が経つとご存知のように乾いてくる鳥の糞。。 数時間~数日経過していると、もうティッシュでは取れません。 かといってムリにこすると今度は塗装が剥がれてしまう危険も。 そういう場合は ウェットティッシュや 水で濡らした雑巾などで少しずつ取りましょう。 綺麗に取るにはとにかく「柔らかくする」ことが大切ですので、決して一気に無理して取ろうとせず、水をかけたり雨が降るタイミングで取るなど、 糞をふやかす水分が必要なのです。 掃除の際はなるべく触れないように注意! まさか素手で鳥の糞に触れる方はいないかと思いますが、それでも「もうパリパリに乾いてるからその辺に落ちてる木片で適当にポリポリやっとこ~」というのは少し不安です。 というのも、 乾いた鳥の糞から舞うホコリを吸引すると、オウム病などの原因になる菌が体内に入ってしまう恐れが少しですがあるためです。 万が一感染した場合は、通常「潜伏期間」があります。 鳩や他の鳥の糞を掃除してから2~3週間ほどしてインフルエンザのような急な発熱や関節痛の症状が現れた場合、お医者さんで一応鳥の糞を掃除したことも言及してみましょう。 特に鳩は脳炎など様々な病気の元になる病原菌を運ぶことで知られていますが、そのうちの一つ「クリプトコックス症」は肺炎に似た病気で、最悪のケースでは死に至ることもある恐ろしい病気です。 また、鳩にはダニやシラミの一種などが寄生していることがあり、中には人間を刺す物も。 とはいえ、オウム病の日本での発生件数自体、一年間で10例程度とかなり少なく、鳥の糞からの病気はよほど免疫力が落ちている時でもない限り、そこまで神経質になる必要はありません。 あまりに乾燥した糞で、除去するときにホコリが大量に舞いそうな場合は、 手袋とマスクを着用しましょう。 その後の熱湯消毒などの必要性は特に言われておらず、目で見て汚れが落ちていれば後は普段通りに生活して問題ありません。 結論 いかがでしたか? 鳥と人が同じ空間で生活する現代。 どうにかして糞の被害は最小限にしたいですね。 ・電線は電力会社に連絡 ・ベランダはネットやテグスなどの鳥よけグッズ ・車はミラーをたたんだりカバーをかける 鳥の糞被害でお困りの方は、今回ご紹介した方法をぜひ一度試してみてください。 【こちらの記事も合わせてどうぞ!】.

次の

鳥のフンの対策と掃除方法!菌で病気になりやすいから気を付けよう!

鳥 の フン 対策

鳥の糞がもたらす被害 スポンサーリンク 鳥の糞が落ちていると 見た目が汚い上に、景観を損ないます。 臭いもするので、窓の周辺に落とされると家の中まで臭ってきて大変です。 それだけではなく、 糞の中にある菌が乾燥後あらゆる場所に飛散するため、気管に入り アレルギーなどの病気の原因となってしまいます。 天敵から身を守りやすい• 雨風を防ぐことが出来る• 空室であったり、ベランダを使うことが少ない この3つが挙げられます。 鳥避けのためにネットを設置すると、逆に鳥に入り込まれてしまい安全地帯となってしまうおそれがあります。 物置き状態にしている方は、 整理整頓を心がけ、巣がつくれない環境にしましょう。 「ちょっとぐらいならいいだろう」と思わず、 餌をやるのをやめましょう。 ですので、止まる場所を無くすため 釣り糸を張ってみるのはいかがでしょうか。 ですので 糞があることに気づいたら、すぐに掃除をする習慣を身に付けましょう。 掃除をしない場合、糞の被害がひどくなったり、巣をつくられてしまう恐れがあります。

次の

電線にとまった鳥から落下の糞に困ったらこうしろという話

鳥 の フン 対策

いくらきれいにベランダを掃除しても、翌日にはフンで汚れているベランダ。 ひどいときには、1日に何度も掃除する羽目になることも。 全く嫌になりますよね。 ベランダのフンなどの鳥害は、• フンに含まれる病原菌の危険性• フンで汚れていくマイホームのベランダ• 羽音や鳴き声などの騒音被害• ご近所からの視線 これらのようなデメリットがあります。 当記事では、• 「なぜ鳥は市街地に来るのか」から見る鳥害対策• 自宅で出来る具体的な鳥害対策• ベランダのフンの正しい掃除の仕方 などをお話しします。 実際に当記事の内容を実践された方で、ベランダに鳥が来なくなったという方もいらっしゃいました。 この記事が、あなたの鳥害対策の参考になれば幸いです。 目次 []• もう鳥のフンに悩まない!鳥害対策をしよう 毎朝ベランダに行くと鳥のフンが落ちている。 鳥が巣を作っていて、匂いも気になる。 そんなベランダとは、もうお別れしましょう。 町にフン被害をもたらしているハトは、主にドバドとキジバトです。 ドバドは体が全体的に灰色で、首元が淡い緑色に光るハトです。 キジバトは紫がかった灰色の体で、背中にうろこのような模様が入っているのが特徴です。 町で1番よく見かけるのはドバドですね。 その次に多いのがキジバトです。 この2種類の他にも、カラスバトやシラコバトなど、ハトには多くの種類があります。 しかし町に住み住宅にフン被害をもたらすハトは、ほとんどがドバドかキジバトです。 ハトは、ハチなどの害虫のように攻撃してくるわけではありません。 しかし彼らが運んでくる病原菌や寄生虫に注意が必要です。 ハトのフンや羽毛に含まれる病原菌が体内に入ると、クリプトコッカス症や鳥インフルエンザなどの感染症にかかる危険があります。 感染被害以外にも、ダニなどの寄生虫による被害も懸念されます。 特にお子様やペットのいる家庭だと、感染症や寄生虫は心配なところですよね。 家族の健康のためにも、早めの対処をおすすめします。 鳥が市街地に来るのは、市街地の方が安全だから そもそも、なぜドバトやキジバトは市街地に来るのでしょうか? この疑問の答えは、この後にお話する鳥害対策にもつながってきます。 ドバドやキジバトが町に生息する大きな理由は2つ。 1つは、都市開発などで、木々の住処が無くなってしまっていること。 2つ目は、都市の方が山間に比べ、天敵が少なく安全であることです。 つまり鳥を追い払うためには、ここは危険だと認識させることがポイントになります。 代表的な3つの鳥害被害 対策のお話の前に、あなたを悩ます鳥害ケースはどれに当てはまるのか確認しておきましょう。 自宅のベランダにフンや巣ができてしまった 1つ目は、自宅のベランダが頻繁にフンで汚れたり、巣を作られたりしてしまった場合。 最も被害に悩んでいる人が多いのがこれではないでしょうか? これでは日頃から、気楽に洗濯物を干すこともできませんよね。 巣ができているとなれば、ベランダに出るのも怖いですし、巣を取り払うのも一苦労です。 鳴き声や羽音がうるさい たくさんのハトがベランダを寝床に使用するようになったり、ハトが巣を作ったりした場合には、鳴き声や羽音の騒音もひどくなります。 この場合は自力でハトを追い出すか、業者に処理してもらうかしかないですね。 車や外壁、窓にまでフンがついてしまう 車や外壁、窓など、幅広い範囲にフンが付着している場合です。 見た目が汚らしいですし、衛生面も気になります。 早期解決をしなくてはなりません。 どこかに巣を作られている可能性も高いでしょう。 フンで汚れる範囲が広いと、その分日々の掃除も面倒になります。 そもそもハトが近づいてこないようにするなど、根本的な解決を図りたいところです。 自宅で取れる鳥害被害への具体的な対策とは ここからは実際に、ご自宅でできる鳥害対策をご紹介していきます。 鳥の天敵となる動物の模型を使う 冒頭にもお話したように、ハトがあなたの家に巣を作っているのは、ここに天敵はいないと安心しているからです。 そこに蛇やカラスなどの天敵の模型を設置することで、ここは危険だと認識させることができる可能性があります。 対策グッズも手頃な値段で買えますし、対策効果も高いので、おすすめできる方法の1つです。 ただしハトによっては、模型がニセモノであることに気づいて居ついてしまうこともあります。 絶対に効果のある対策法とはいえません。 磁石の鳥害グッズを使う ハトなどの鳥が持つ、地球の磁場を頼りに飛ぶ習性を利用した対策法です。 磁石によってハトの方向感覚を狂わせ、飛べなくしようというわけです。 しかしハトは磁場だけでなく、視覚や太陽の位置なども利用して飛行しています。 長距離を正しい方角に飛ぶことは磁力で邪魔できるかもしれませんが、ベランダに近づくのを阻止できるかは疑問です。 光の反射を使う ベランダの天井や軒先から、CDディスクなど光を反射するものを吊るす方法があります。 鳥が太陽などの強い光の反射を嫌うことを利用した方法です。 しかし時間が経ち危険がないことをハトが学習すると、効力が無くなってしまいます。 そのため一時しのぎに過ぎず、根本的な解決は見込めません。 鳥の嫌いな臭いなどの薬品(忌避剤)を使う 鳥が嫌う臭いのスプレーをまいたり、臭いを発するグッズを置いたりしてハトを避ける方法です。 天敵の模型やCDなどのようには目立たず、ベランダの外観を損ねにくいメリットがあります。 ですが1度忌避剤を置いただけでは、効果のある期間が限られる点に注意が必要です。 時間の経過で臭いが薄れたり、雨で忌避剤が流れてしまったりする恐れがあるからです。 定期的にスプレーをまいたり、グッズを新しいものに交換したりする配慮が必要になります。 またハトは1度住み着いた場所には強い執着心を持つため、すでに巣が作られていたり、ハトの寝泊まりの場所になっていたりしたら効果を発揮しない可能性が高いです。 針山や有刺鉄線をつける 駅前にあるような、そもそも鳥が止まれないようにする方法です。 手すりなどのハトが止まりそうなポイントに、有刺鉄線やゴム製の針山などを設置すれば、鳥には住みづらい環境となります。 設置に少し手間がかかったり、洗濯物を干すなどの家事に支障が出たりすることはあるかもしれません。 番外編:音や電気での対策もあるが… 上記でご紹介した以外にも、音や電気での対策もあります。 ハトなどの動物の接近を感知し大音量で驚かせて追い払うグッズや、けがをさせない程度の電気ショックをハトが止まりそうな場所に流すグッズなどです。 しかしご自宅で出来るかというと、現実的には難しいといわざるを得ません。 ハトが逃げるような大音量は近所迷惑になりかねませんし、屋根やベランダに電気ショックを流すのは安全面で不安があります。 田舎の畑などでは有効かもしれませんが、個人宅でこのような対策をとるのは困難でしょう。 自分でフンの掃除をする際の3つの注意点 ここまでは対策をご紹介してきましたが、ここからはフン掃除での注意点をお話していきます。 掃除道具は一度使ったら捨てる 鳥のフン掃除では、掃除用具の使いまわしはNGです。 フンは多くの細菌やウイルス、寄生虫をもっています。 そのため一度掃除しただけの掃除用具にも、多くの菌が付くことになります。 当然、その掃除用具を使うたびに菌と接触することになるため、感染の危険性があるのです。 掃除をする際は、もったいないからと取っておかずに、一度使ったら処分するようにしましょう。 手袋とマスクは必ずつけて! 手袋とマスクは重要な感染対策です。 「短時間で済む作業だから大丈夫」と油断して着用をおこたるのは危険です。 その短時間の間に菌が体内に入ってしまうかもしれません。 マスクをしっかり付け、掃除中に舞い上がったほこりや乾燥したフンの粉塵などを吸い込まないようにしましょう。 手袋の着用も重要です。 掃除で汚れた手で移動すると、菌を広範囲に広げてしまう恐れがあります。 掃除中や掃除後に掃除場所を離れるときは、手袋をいったん外すようにしましょう。 風が強い日の掃除はやめよう ほこりや粉塵などを広範囲に広げないための注意です。 広範囲に広がれば、それだけ生活の中で感染症にかかるリスクが高くなってしまいます。 そのため風の強い日の掃除は、できるだけ控えてください。 フン掃除に必要な道具をご紹介 フン掃除に必要となる、基本的なグッズをご紹介しておきます。 マスク• ゴム手袋• 雑巾や、着なくなったシャツや布• キッチンペーパーや、古紙• 大き目のゴミ袋• 消毒用のエタノール• 次亜塩素酸ナトリウムの入った消毒液• ほうきやちりとり これだけのものがあれば、掃除は滞りなく行えます。 フン掃除の流れ フン掃除は3つの段階に分けて行っていきましょう。 STEP1:まずは乾燥しているフンや汚れを、濡らしてふやかす。 ほこりや粉塵が舞わないようにする効果と、ふき取りやすくするための2つの効果があります。 まずは、霧吹きなどを使って湿らしていきましょう。 STEP2:汚れが柔らかくなったら、布や古紙でふき取る フンや汚れがふやけたら、手袋とマスクをつけた状態でふき取り作業を行いましょう。 フンや汚れの範囲を広げないよう、そっと作業を行うように注意してください。 大きめのごみ袋も用意しておきましょう。 最後は消毒を忘れずに フン掃除が終了したら、最後は消毒スプレーできちんと殺菌しましょう。 乾燥した際に、細かなほこりや粉塵が舞ってしまいます。 そのため、掃除後は丁寧消毒まで行うことが重要です。 フン掃除は業者に頼んだ方が効率もコスパもいい フン掃除は「自分で掃除できる限度を超えている」「掃除をしたくない」という方もいらっしゃるでしょう。 慣れない作業で総合的に掛かる時間やストレスなどを考えると、コスパの面では業者に依頼した方が良いこともあります。 すでにベランダにハトの巣が作られている場合は特に厄介です。 卵やヒナのある巣を個人が独断で撤去することは、鳥獣保護法によって禁止されています。 これを破った場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課されます。 掃除の手間やハトの巣ができていた場合を考えると、業者に依頼した方が賢明なケースもあるでしょう。 まとめ 毎日を過ごす自宅にフン被害などの影響があったら、当然ストレスが掛かります。 ふとベランダに目を向けるたびにフンの汚れが目に入るのは、気分のよいものではありません。 健康面にも悪影響があるとなると、早期解決をする必要も。 ご家庭でできる対策や掃除もありますが、あまりにもひどいようであれば、プロの業者の力を借りましょう。 鳥に悩まされることのない生活を手に入れるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

次の