ウエルパス マイルド 違い。 ウェルパスと市販の消毒液の違いについて

【消毒剤】ウエルパスとウエルセプトの違い【コロナウイルス】

ウエルパス マイルド 違い

速乾性すりこみ式手指消毒剤「ウエルパス」 速乾性擦(すりこみ)式手指消毒剤 266 ウエルパス 手指消毒液0. 2% () ポンプ1L ポンプ500ml ポンプ300ml 携帯スプレー100ml ご家庭や施設で、 よりしっかりした「手指」の消毒にお使いいただけます。 【特徴】 1、より手指の皮膚保護性に配慮した製剤になりました。 複数の種類の湿潤剤や油性成分などを添加し、より手に優しい製剤となりました。 2、どのような場所でも使用可能 流水やタオルを使用しないため、その場で手軽に、常に新しい液で消毒ができます。 3、優れた手指消毒効果と 100ml中に ベンザルコニウム塩化物0. 2g 0. 4、手指消毒効果の維持 ベンザルコニウム塩化物を含有するため手指消毒効果が維持されます。 【成分】 100ml中 塩化ベンザルコニウム 0. 2g(0. 【用法・用量】 石けんなどでよく洗浄し、よく洗い落とした後、本剤約3ml(1押し)を1回手掌にとり、乾燥するまで摩擦する。 ウエルパスによる手指消毒は一定量を手掌にとり、擦り込んで乾燥させる方法を用いますので、3mL手掌に取り、手指全体にまんべんなく薬液が行き渡るように使用することにより十分な消毒効果が得られます。 【製造発売】丸石製薬㈱ 【注意】 希釈せず、原液のまま使用する。 損傷皮膚及び粘膜には使用しない。 米国ではインフルエンザが猛威を振るっており、 CDCは全米でこの冬に少なくとも2200万人が感染し、1万2千人が死亡したと推計している。 感染者は増加傾向にある。 米国でインフルエンザが猛威を振るっている。 米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。 世界で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、米国ではインフルエンザが大きな脅威となっている。 CDCの最新データによると、1月25日までの1週間でインフルエンザ患者数は400万人増え、累計1900万人に達した。 うち18万人が入院している。 特に子どもの症状が深刻化するケースが多く、小児の死亡者数も過去にないペースで増えているという。 米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。 インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。 インフルエンザのシーズンは例年10月ごろに始まり2月にピークを迎え、5月ごろまで続く。 新型コロナウイルスとは? ウイルスはその構造からエンベロープのあるウイルス(エンベロープウイルス)と、 エンベロープのないウイルス(ノンエンベロープウイルス)に分けられます。 エンベロープウイルスは、アルコール消毒剤によりダメージを受けやすいのに対し、 ノンエンベロープウイルスは、アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にあります。 アルコールが膜を壊してウイルスにダメージを与えるため、 アルコール消毒剤が有効であることがわかります。 代表的なエンベロープウイルス 新型コロナウイルス インフルエンザウイルス ヘルペスウイルス 風疹ウイルス B型やC型肝炎ウイルス エイズウイルス 新型コロナウイルス感染症とは? 過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。 コロナウイルスとは? 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。 深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるのは、SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)で、それ以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまります。 どうやって感染するの? 新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。 (1)手洗い ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。 (2)普段の健康管理 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。 (3)適度な湿度を保つ 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。 乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。 咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。 咳や発熱などの症状のある人に近づかない、 人混みの多い場所に行かない、 手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。 より抜粋 新型インフルエンザ対策で観客手に消毒液 新型インフルエンザ対策として、相撲協会は9日、夏場所で観客の入場時に手に消毒液をかける措置を取ることを決めた。 伊勢ノ海事業部長(元関脇藤ノ川)は「初歩的なことから始めてみる」と説明。 当初は観客全員にマスクを配布する案もあったが「まだそこまでの段階ではない」と見合わせた。 各部屋の力士や親方らに対しては、8日からマスクも配布。 同事業部長は「うがいや手洗い励行を記した文書も同封している」と話した。 [2009年5月10日、日刊スポーツ新聞社より] かぜ・インフルエンザの予防に手洗いが一番 消毒タイプの液体石鹸でていねいに洗い、使い捨てのペーパータオルなどで手に残った水分は素早く拭き取ります。 洗面台の横に手拭き用の布タオルをぶら下げて共用することは望ましくありません。 その後 速乾性すりこみ式手指消毒剤 ウエルパスで消毒してください。 トイレ、ドアノブなど間接的にインフルエンザに感染する可能性のある場所は、アルコール製剤などを使って除菌し、常に清潔にしておきましょう。 新型インフルエンザの消毒法は、エンベロープを有するウイルスを対象とする方法になります。 インフルエンザウイルスは、「エンベロープ」という脂質二重膜をウイルス粒子のいちばん外側にあり、この膜にウイルスが宿主細胞に感染する上で重要なHA(ヘマグルチニン)やNA(ノイラミニダーゼ)があります。 「エンベロープ」を壊されたウイルスは、感染に重要なたんぱくなどを失うので、感染性がなくなります。 インフルエンザウイルスをはじめ、単純ヘルペスウイルス、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)など、ウイルス全体の80%がエンベロープを持っているといわれています。 空気が乾燥すると、繊毛運動などの、のどの粘膜の防御機能が低下してインフルエンザにかかりやすくなりますし、寒くなると、飛び散ったウイルスの生存期間が長くなるため、手洗い・消毒などはしっかりする必要があります。 飛散したウイルスは、湿度などの生活環境条件に応じて徐々に感染性を失いきますが、しばらくの間は、空気中を浮遊したり、ドアノブ、キーボード、手すり、テーブルなどの表面に付着しているので、感染する機会が続くので、湿度の管理が大切です。 ご購入をご希望の方は、からどうぞ。 jp (メールのアドレスが間違いますと、返信できませんので、ご注意 ください) ご相談内容をご記入下さい。 ご相談フォームがご利用できない場合、でお願いします。

次の

手洗い洗浄剤「ウェルパス(R)」開封後の使用期限について

ウエルパス マイルド 違い

ウエスセプトで手指消毒 コロナ・ノロ予防 消毒剤も売り切れ、高騰中 2,3日前から国内の日本人の感染者数が増えてきています。 新型コロナウイルスの影響でマスクどころかアルコール消毒剤系も軒並み売り切れ。 地元京都はいち早く感染者が出たので全国的にも品切れになるのが早かったです。 我が家の消毒剤のストックは、手ピカスプレーがあと残り3分の1くらい。 それと消毒用エタノールの小さいほうが残り半分くらい。 消毒スプレーを買おうと思ったら、どこも売り切れ。 残すは転売屋さんから超高額で買うしかない状態。 アマゾンでも関連商品 Amazonリンク は価格高騰がえげつない。 正直、焦ります。 後日、 通りすがりの薬局で奇跡的に発見 そんな中、偶然にも近くの薬局で見つけました。 大きなドラッグストアの近所にある、昔ながらの個人経営の薬屋さんです。 いつもは素通りしているのですが、通りすがりにチラッと目をやると「消毒剤入荷しました」と手書きのポップ。 思わず自転車を止めて駆け込みました。 ウエルセプトとウエルパスの違いとは レジの横にはにはウエルパス2個とウエルセプトが3個ありました。 さっき入荷したところとのこと。 とにかく、目の前に商品がありますし、他のお客さんもいないので手に入ることは間違いない状態。 ただし、値段はいい値段がします。 もちろん小売店なので安売りはしないでけどぼったくり価格ではなくて定価でしょう。 ちなみに、アマゾンで調べてみましたら Amazon は取り扱いが無かったです。 (売り切れ?) Amazon の方は、類似品の消毒スプレー系が表示されるだけで、この製品そのものは無かったです。 これも売り切れただけでしょうか。 効果と有効成分の違い 値段も違います さて、まさか見つけるとは思ってませんでしたし、目の前のふたつの商品の違いもわかりません。 お店のかた曰く、「どちらもエタノールが入ってますので同じようなものです」とのこと。 そして、両方とも製造は同じでメーカーは丸石製薬で、「速乾性擦式手指消毒剤」と書かれています。 値段がそれぞれウエルパスが2,000円、ウエルセプトが2,300円。 同じようなものなら安いほうで、っと一旦はウエルパスを選びました。 が、その時パッケージの文字が目に入りました。 有効成分と添加物の違い ウエルパスは有効成分がベンザルコニウムで添加物にエタノール。 これを見て思い出しました。 家には掃除用に買ったザルコニン液があります。 (オスバンと同等でどちらも成分はベンザルコニウム) まだ使っていないので、ほぼ新品のものが。 効果は確認していない 効果が十分得られない オスバン等を消毒液として使う際は適正な希釈が必要なので注意してください。 迷った結果、ウエルセプトを購入 なので、ウエルパスに入ってる成分の元になる液体は我が家にあります。 エタノールも少しだけ残ってるので、ウエルパス的なものをつくる材料は揃っています。 一方、ウエルセプトの成分は知らない名前が書いてあります。 ということで、これ以上レジの前で迷っても仕方がないので、手持ちのものと成分の重ならない値段が高いほうのウエルセプトを購入しました。 違いは買って帰ってから調べてみることにしました。 もちろん買い占めることなどせず、必要な分、ひとつだけ買いました。 ウエルセプトはノロにも効果を発揮 そして、家に帰ってウエルセプトの成分表示をみてみました。 有効成分がエタノールで、添加物にクエン酸水和物、硫酸亜鉛水和物、他。 調べていると、このクエン酸水和物、硫酸亜鉛水和物はノンエンベロープ・ウイルスにも効果を発揮するとのこと。 つまり、ノロウイルスなんかにも効くというわけです。 ノロに対してはアルコール(エタノール)では効果が無く、次亜塩素酸でないと効かないようです。 ただ、次亜塩素酸は塩素臭やアルカリの性質のため、手荒れ原因にもなります。 そこで次亜塩素酸のかわりに、エタノールに酸水和物と硫酸亜鉛水和物を添加することである程度ノンエベロープ・ウイルスにも効くようにしてあるとの事。 メーカーの公式ホームページの説明を読んだ私の解釈がまちがっていたらゴメンなさいなのですが。 合ってますか?? ちなみにエタノール濃度自体は両方とも同じでした。 ウエルセプト 【有効成分】エタノール+【添加物】クエン酸水和物、硫酸亜鉛水和物、他• ウエルパス 【有効成分】ベンザルコニウム+【添加物】エタノール、他 エタノールの濃度は同じだが、その他の成分が違う。 ウエルセプト エンベロープウイルスに効果を発揮+ノンエンベロープウイルスにもある程度効果• ウエルパス エンベロープウイルスに効果を発揮 ということで、ウイルスへの効果としての私なりの理解ですが、 ノロウイルスなどのノンエンベロープウイルス対策にもなるのがウエルセプト。 コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどのエンベロープウイルスにはウエルパス。 で概ね間違いないと思います。 結果的にはウエルセプトを今回選んでよかったと思いますが、ノロの季節以外で少しでも安くアルコール消毒だけというならウエルパスでいいかと思います。 「ホーム・ウエルパス」や「ウエルパスマイルド」との違い ちなみに調べている中で、ホームウエルパスとかウエルパスマイルドが見つかりました。 ウエルパスマイルドの詳しい成分表示が探せなかったのですが、ネットでの情報をまとめてみました。 ホームウエルパスはエタノール濃度は同じでベンザルコニウム濃度がウエルパスより低い。 ウエルパスマイルドはエタノールとベンザルコニウムの濃度が共にウエルパスより低い。 ただ、消毒効果に対してはさほど変わらないという説明が多かったです。 ちなみに、ウエルパスマイルドも製造メーカーが同じですが、販売元がDUSKINでした。 正しく怖がる・恐れるために コロナの国内の感染が広がっていく報道を見ると本当に怖くなってきますが、個人としてできることはまず予防。 どこまでが適度などこからが過度な予防かわかりませんが、できる限りの対策をするに越したことはありません。 医療従事者でない私が間違った情報を伝えてはだめですが、今回私が消毒剤を買うにあたってわからなかったことを自分なりに調べてまとめてみました。 説明不足や間違いもあるかもしれませんが、調べたことが誰かのためになるならと思いブログに書くことにしました。 マスクや消毒剤をはじめ、国内では品薄が続いています。 知り合いの医療従事者も本当に困っています。 必要な方に必要なものが必要なだけ行き渡るように切に願っております。 (マスクのストックも我が家はあと少しです) こうして書いている時にも命を落とされていく方、ほんとうに残念で言葉がありません。 そして、コロナに関わられている医療従事者をはじめ、尽力されているすべての関係者の皆さんに敬意を表します。 ここから下はウエルセプト購入後に追記 消毒液代わりに除菌水でコロナ対策 ウエルセプトを買った後、部屋の空間除菌を加湿器でやろうと思い、除菌水を作ってみました。 主にモノに対してですが、アルコール消毒スプレーの代わりにもなりますので参考にしてください。

次の

ウィルス花粉症対策

ウエルパス マイルド 違い

使用用途・使い方 手指消毒液ですので、適量を手にスプレーし乾くまでこすりあわせてください。 その他、医薬部外品ですので用法・用量を守って使用しましょう。 レビュー いきつけの病院にあって、これあったらいいなって思ってさがしてみたらあったので注文しました。 使い勝手もよくて、手肌を保護してくれる成分が入っているところが嬉しいです。 届いた時に容器にはめるポンプのノズルが長くて入りきりなくて、透明部分を様子を見ながら少しずつ曲げてみたらキャップもキチンと収まりました。 (最初入らなくてビックリ)これからもずっと使っていきたい満足のできる消毒剤です。 かなりピリピリするのと臭いが強い分効き目がありそうな感じです。 さすがサラヤの製品。 スプレー部分も手にまんべんなく、広がり、とっても快適に使えます。 うちの男性陣は中々食事前の手洗いをしないので 購入・・ とても便利で安心して使えます。 ヒビスコールSHは昔から医療施設を中心にさまざまな場所に設置されているので非常に信頼性の高い商品です。 値段は簡単に手に入るアルコール系の商品と比べて高いですが、無くては困るアイテムのひとつです。 手指消毒液はその他にもアルボナースなどもありますが、ともに医薬部外品であり、効果もほとんど同じですので、値段や手荒れが少ないなど自分に合った物を買えばいいと思います。 ただし、ノロウイルスなどには効果がないのでこの消毒液で消毒したら大丈夫という過信は禁物です。

次の