兵庫 高校 入試。 【重要】兵庫県公立高校入試の出題範囲が減ったことが素直に喜べない理由

兵庫県公立高校受験 入試制度・出題傾向|進研ゼミ 高校入試情報サイト

兵庫 高校 入試

保護者の方々の中学生時代と変わったこと : その1 「絶対評価」 2004年以前は「相対評価」という方式を取っていました。 相対評価とは内申点を付ける際、一定の割合を割り振る仕組みでした。 クラスや学年内で生徒同士を比較し、どのあたりの順位に位置するかで成績を表す方法で、「5」が全体の何%か、などと配分率が決まっていました。 これに対して、2005 年以降に導入されたのが「絶対評価」。 絶対評価は周囲の生徒の成績は関係なく、生徒一人ひとりの学力が目標にどれだけ近づき、学習の内容を理解できたかを基準にしており、相対評価のように各段階の配分率は決まっておらず、目標を達成したと判断すれば全員が「5」ということも理論上はありうる評価方法です。 保護者の方々の中学生時代と変わったこと : その2 「入試の点数配分」 現在の入試制度では、内申点の配分が大きく『内申点が5割」「当日の学力検査の結果が5割」で合否の判定がなされています。 つまり、公立高校入試においては、当日の試験はもちろん、特に中学3年時での通知表の評定を中心とした内申点が、高校への進路決定の大きな材料となっているわけです。 現在は、中学校内での定期試験の出来が公立高校の進学先を大きく左右するといっても過言ではありません。 保護者の方々の中学生時代と変わったこと : その3 「多様化する入試制度」 公立高校の入試には、一般入試のほか、推薦入試、特色入試があり、一般入試にも「単独選抜」と「複数志願選抜」などの形態があり、多様な入試制度がありますので、生徒の個性や能力から適切な入試制度を選択することができます。 保護者の方々の中学生時代と変わったこと : その4 「多様化する高校のカタチ」 進学先である高校も年々変化しています。 全県学区となった高校の増加や、総合学科や単位制の誕生、特色ある学科・コースの設置など、受け入れ先である高校も少子化に伴い、特徴ある学校づくりを行っており、2015年に控える学区再編の際は、この動きがさらに大きくなることが予測されます。 高校の情報をより多く、より詳しく入手することが、よりよい進路選択を行う上での鍵となります。 保護者の方々の中学生時代と変わったこと : その5 「さらに変化する学区制度」 上記の年表でも記載のとおり、学区の統合などが行われ、以前と学区編成が変化しています。 そして、2015年には、現行の16学区から5学区に再編され、今よりも多くの高校から進学先を選択できるようになりました。

次の

都道府県別 公立高校入試[問題・正答]

兵庫 高校 入試

高校教育に関する企画・調整、高校の教育内容に関する指導助言、新しい高校教育の創造を目指した高校教育改革の推進などを行っています。 お知らせ• を掲載しました。 (R2. 15)• のページを開設しました。 (R2. のページを開設しました。 (R2. のページを掲載しました。 (R2. のページを更新しました。 (R2. のページを更新しました。 (R2. 21)• を更新しました。 【8月末までの予定は中止】(R2. 11)• を掲載しました R2. のページを更新しました。 (R2. 28)• を掲載しました。 を掲載しました。 (R2. を更新しました。 (R2. を掲載しました。 について更新しました。 (R2. について更新しました。 (R2. 14)• を掲載しました。 (R2. のページを更新しました。 (R2. のページを更新しました。 (R1. 27)• のページを更新しました。 を更新しました。 を更新しました。 を更新しました。 15)• を更新しました。 を掲載しました。 を掲載しました。 (R1. 30)• を掲載しました。 (R1. 28)• のページを更新しました。 (開催日決定のお知らせ)(R1. 28)• を掲載しました。 (R1. を更新しました。 を掲載しました。 (R1. 13)• のページを更新しました。 (R1. を掲載しました。 (R1. を更新しました。 を掲載しました。 (R1. 20)• を掲載しました。 H31. を掲載しました。 H31. を掲載しました。 H31. を更新しました。 H31. を更新しました。 (H30. 26)• (和田山高校)を更新しました。 H30. を掲載しました。 H30. を掲載しました。 (H30. を掲載しました。 (H30. 22)• を掲載しました。 (H29. 21)• を更新しました。 (H29. 13)• を掲載しました。 (H29. を掲載しました。 (H29. 22)• 平成28年度より、高等学校奨学資金、地域改善対策奨学資金、勤労生徒奨学資金、高校生等奨学給付金に関する業務の所管はに変更となりました。 (H28. 9) 事業等の紹介• 県立高等学校の様々な取組や活動を写真や動画により紹介しています。 県立高等学校等の入試に関する情報を掲載しています。 県が進めている高校教育改革に関する情報を掲載しています。 県立高等学校の教科書に関する情報を掲載しています。 県が推進している理数教育に関する情報を掲載しています。 県立高校で実施しているキャリア教育に関する情報を掲載しています。 職業に関する学科の様々な取組や活動を推進しています。 いじめ等の問題行動への対応をはじめ、生徒指導関係の事業に関する情報を掲載しています。 高等学校卒業程度認定試験に関する情報を掲載しています。 県立高等学校探究活動推進事業の取組に関する情報を掲載しています。 文化部活動に関する情報を掲載しています。 関連情報 1 パンフレット等のダウンロード• 令和3年度入学者選抜 公立高等学校学校紹介パンフレット 「学びたいことが学べる学校を選ぶために」 (PDF:8. 7MB) (PDF:8. 5MB) (PDF:9. 9MB) (PDF:8. 0MB) (PDF:7. 5MB) 2 教材等の• (PDF:6. 2MB)• 7MB 〕• 教員のためのTo-Doリスト〜生徒とともに成長するために〜〔 PDF:1. 5MB 〕• 参画と協働が拓く 兵庫の未来〜政治的教養をはぐくむ教育の充実に向けて〜 〔PDF:5. 7MB〕• 資料編増補版• 令和元年 高校生留学フェア• 令和2年度 高校生留学促進事業・長期派遣• 令和元年度 中国海南省との高校生交流事業• 令和2年度「高等学校 地域オープン講座 ユニット講座 」 所在地 兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1(3号館11階)〔 〕 班 名 分掌事務 電話番号 管理班 ・産業教育振興法、理科教育振興法、高等学校の定時制 および通信制教育振興法の施行に関すること ・課の予算、決算及び会計事務に関すること 等 078-362-9459 生徒指導班 ・生徒指導に関すること ・総合文化祭に関すること ・特別活動に関すること ・修学旅行に関すること ・高等学校卒業程度認定試験に関すること 078-362-3778 教育指導班 (教育課程担当) ・教育内容に関すること ・高校入学者選抜に関すること ・教育課程に関すること ・教科書採択に関すること (産業教育担当) ・職業教育に関すること ・キャリア教育に関すること ・総合学科に関すること ・教育用コンピュータに関すること 教育課程担当) 078-362-9444 (産業教育担当) 078-362-3898 高校教育推進班 (高校改革担当) ・高等学校教育改革の推進に関すること ・学校の特色づくりに関すること (高校教育推進担当) ・グローバル人材の育成、国際理解教育に関すること ・ALTに関すること ・学校評議員、学校評価に関すること ・研修等に関すること (高校改革担当) 078-362-3817 (高校教育推進担当) 078-362-9447 (課内共通) FAX 078-362-4288 / E-mail koukoukyouikuka pref. hyogo. jp [ ] 兵庫県教育委員会事務局 〔 〕 兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 (3号館) 電話 078-341-7711(代表) Copyright c 1997 Hyogo Prefectural Board of Education.

次の

兵庫県公立高校受験 入試制度・出題傾向|進研ゼミ 高校入試情報サイト

兵庫 高校 入試

こんにちは、兵庫いぶき塾 塾長のしのはらです。 兵庫県の高校入試制度は、少しややこしいものです。 ・特色選抜入試と推薦入試はどう違うのか? ・一般試験の複数志願制度とは何なのか? などなど、高校入試を控える中学生やその保護者様の多くが抱いておられます。 この記事では、兵庫県の公立高校入試制度について、わかりやすく丁寧に解説していきます。 学区について まずはじめに、兵庫県公立高校の通学区域は5学区に分かれています。 各学区については以下の通りです。 兵庫県第1学区 兵庫県第2学区 兵庫県第3学区 兵庫県第4学区 兵庫県第5学区 神戸市 芦屋市 洲本市 淡路市 南あわじ市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 川辺郡 三田市 丹波篠山市 丹波市 明石市 加古川市 高砂市 加古郡 小野市 三木市 加東市 加西市 西脇市 多可郡 姫路市 神崎郡 たつの市 相生市 赤穂市 宍粟市 揖保郡 赤穂郡 佐用郡 豊岡市 美方郡 養父市 朝来市 兵庫県の公立高校入試は3種類 兵庫県の公立高校入試は特色選抜入試・推薦入試・一般入試の3種類があります。 そして、兵庫県の公立高校は、 ・普通科 ・普通科の特色ある類型 ・普通科に設置されたコース ・専門学科 ・単位制普通科 ・総合学科 という6種類に分類されます。 それぞれの高校の分類ごとに入試の方式が異なります。 詳しくは以下の通りです。 特色選抜入試 2月 特色選抜は普通科の特色ある類型で実施します。 受験日は例年2月の中旬、2021年度入試は2月16日・17日です。 定員の20%以内を募集します。 学区内および隣接地域に出願できます。 (県立家島高校と県立生野高校は県下全域から受験可能) 特色選抜の合否は、内申書と面接、高校によっては実技検査や小論文(作文)などの結果を総合して判定されます。 普通科の特色ある類型一覧 分類 高等学校名 人文・社会科学系類型 須磨東、西宮北、市立西宮 自然科学系類型 星陵、舞子、神戸高塚、西宮北、伊丹、明石、西脇、赤穂 環境・情報系類型 尼崎北、西宮南、明石清水、三木北、吉川、家島、伊和 教育系類型 夢野台、西宮甲山、猪名川、三田西陵、明石西、山崎 芸術・スポーツ系類型 伊川谷北、神戸高塚、尼崎西、高砂、松陽、播磨南、姫路南、神崎、村岡、市立尼崎双星 看護・福祉系類型 東灘、神戸北、神戸高塚、尼崎小田、伊丹西、高砂、多可、社 国際系類型 川西明峰、加古川西、網干、市立尼崎 総合系類型 長田、伊川谷、洲本、鳴尾、宝塚、宝塚東、川西北陵、北摂三田、高砂南、東播磨、 姫路別所、姫路西、夢前、上郡、出石、浜坂 推薦入試 2月 推薦入試は普通科に設置されたコース,専門学科,単位制普通科,総合学科で実施します。 受験日は特色選抜と同じく、例年2月の中旬、2021年度入試は2月16日・17日です。 推薦入試の出願には中学校長の推薦が必要です。 定員の50%以内または100%を募集します。 単位制普通科と総合学科は県内全域で出願できます。 推薦入学では、全員に面接が行われ、学科やコースによっては小論文(作文)、適性検査、実技検査を実施する場合もあります。 合否は、推薦書、内申書と面接、小論文(作文)、適性検査、実技検査の結果などから総合的に判定されます。 普通科に設置されたコースでは、英語、数学、理科の中から2教科以内のペーパーテスト形式の適性検査や実技検査、小論文(作文)が実施される場合もあります。 普通科に設置されたコース 一覧 学区内の高校に受験可能 分類 高等学校名 国際文化系コース 神戸鈴蘭台、宝塚西、明石城西、姫路飾西、市立伊丹 自然科学系コース 津名、淡路三原、川西緑台、柏原、篠山鳳鳴、小野、姫路飾西、 福崎、相生、八鹿、生野、市立西宮東、市立姫路 総合人間系コース 御影、尼崎、北条、市立西宮東 健康福祉系コース 市立飾磨 一般入試 3月 推薦募集のみの学科・コース,通信制課程以外の全ての学科で実施します。 受験日は、例年3月の中旬、2021年度入試は3月12日・13日 13日はは総合学科の実技検査を実施 です。 学区内および隣接地域に出願できます。 (一部全県あり) 一般入試についての詳細は後ほどお話いたします。 特色・推薦・一般の3つの入試をまとめると以下の表のとおりです。 特色選抜入試は、普通科内の特色ある類型のための入試。 推薦入試は、 普通科に設置されたコース,専門学科,単位制普通科,総合学科のための入試です。 また、普通科には学区の縛りがあり、専門学科には学区の縛りがないと覚えておくと便利です。 5教科の得点を0. 5倍したもの(250点満点)と、内申点(250点満点)が同等に扱われます。 また、内申書の評定以外の諸記録や面接、実技検査なども参考にして総合的に判定されます。 一般入試では複数志願制度が用いられ1校または2校を志願できます。 複数志願制度 兵庫県公立高校入試では、全ての学区で複数志願制度がとられています。 これは、公立高校における第一志望校と第二志望校を同時に受験できる制度です。 第一志望が合格となった場合は第二志望は判定されません 合否判定の際は、 第1志望者は内申点と学力検査点を合わせた総合得点 素点 に「第1志望加算点」を加えた点数で、 第2志望者は素点で、すべての受検者を上位から順に並べられます。 得点が各校の募集定員以内であれば、総合判定を経て合格となります。 合否判定は、次のとおりとする。 1 合格者の決定は、判定資料(A)と(C)の合計点(以下、「素点」という。 )を基本として行う。 その際、判定資料(B)は参考として用い、総合判定となるよう留意する。 ただし、過年度卒業者については、判定資料(C)を重視して合否の判定を行う。 判定資料(A)・・・調査書の各教科の学習の記録の第3学年の、「国語」、「社会」、「数学」、「理科」、「外国語」の5教科の評定の和を4倍した値と、「音楽」、「美術」、「保健体育」、「技術・家庭」の4教科の評定の和を7. 5 倍した値との総和(総配点250 点)による資料 判定資料(B)・・・調査書の各教科の学習の記録以外の諸記録を総合した資料 判定資料(C)・・・学力検査(総合学科における実技検査で1教科を代替した場合の実技検査も含み、各教科100 点、総配点500 点。 )の結果を県教育委員会の定めた方法によって採点し、それを0. 兵庫県の公立高校の一般入試は 調査書 内申点 250点、学力検査250点で合否を判定すること。 調査書は中3の1年間を点数にすること。 調査書の 評定は中学校が5段階で付けるということ。 中3の評定は1学期と2学期の成績を参考にして決めるということ。 5教科は評定の4倍、副教科 音楽・美術・保体・技家 は7. 5倍にして点数化するということ。 を、以上の文章では述べられています。 まとめ 以上、兵庫県の公立高校入試の制度についてまとめてみました。 お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、 特色選抜、推薦入試、一般入試のすべてに『内申点』が大きく影響しています。 希望する高校に行くためにはまずは内申点を上げること。 そのためには、評価されるポイント 態度・宿題・提出物など で高評価をもらえるように努力して、さらに定期テストで点数を残していく必要があります。 日頃からしっかりと生活を送っていくことが何よりも大切です。 以上です。 この記事が参考になりましたら幸いです。 また何かご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。 兵庫いぶき塾 〒669-1103 兵庫県西宮市生瀬東町25-16 0797-26-7600.

次の