引越し 安い 業者。 引っ越し業者のおすすめ人気ランキング7選【一番安いのはどこ?】

結局、安い引越し業者はどこなの?【2020年7月版】

引越し 安い 業者

福岡は、英国モノクル誌に掲載された「世界で最も住みやすい25の都市ランキング-2016年-」において、7位に選出され、海外からも高い評価を受けている地域です。 2015年の12位から一気にトップ10にランクアップ! ちなみに世界トップ10のランキングは、1位に東京、2位 ベルリン、3位 ウィーン、4位 コペンハーゲン、5位 ミュンヘン、6位 メルボルン、7位 福岡、8位 シドニー、9位 京都、10位 ストックホルム、となっています。 日本のトップ10は東京、福岡、京都ということです。 このランキングは、公立学校、景気、医療制度、犯罪率、公共交通網、緑地スペース、文化への取り組み、新規ビジネスの立ち上げやすさなどを指標にしているそうです。 空港も博多駅から5分でいける福岡空港と北九州空港の2か所もあり九州のまさに玄関口ですね。 物価も安く暮らしやすいこともあり、近年人気が高まっています。 特に福岡市の人口は6年間で約75,000人が増え、その増加数は地方都市では第1位(全国では東京23区に次ぎ第2位)なんです。 今回はそんな福岡県を中心に営業している地元系引越し業者を厳選してまとめました。 近距離の引っ越しで、荷物が少ない単身者、学生さんは大手よりもお得に引っ越せると思います! 1.博多引越本舗() 2004年の創業から確かな技術と細やかなサービスによって実績を積んできた業者です。 信頼できる業者だからこそ、紹介やリピーターが成約者の50%を占めています。 なような気がする。 — なっチャン NaTsuKi145 引っ越し業者。 最終的に5会社の見積もりをとった結果(といっても全部旦那さんがやったが)、博多引越本舗を利用することになった。 よかよか。 — hodo hodohodo63 全体的にリーズナブルな料金設定となっており、単身プランはメンズ・レディースそれぞれに異なったお得なサービスを提供しています。 プラン数も豊富で細かく分けられており、ライフスタイルに合わせた低価格なプランを選ぶ事が可能です! こちらの会社は訪問見積もりから引越し作業まで同一のスタッフが対応にあたってくれます。 大手引越し業者では見積もりスタッフと作業スタッフは分けられているところが多いので、同一のスタッフが一貫しておこなってくれるというのは信頼度も高まり安心して荷物を任せる事ができます。 そして作業員一人一人のスキルの高さから作業時間の速さに定評があり、効率の良い作業も料金を安く抑える為の重要なポイントとなっています! 2.アサカワ引越センター() 元々は不用品回収会社からのスタートで2008年から引越しサービスを始め、「安心・迅速・低価格」という独自なサービスを展開しています。 中でも特筆したいのは早割サービスで、これは予約を引越しの1ヵ月以上前に行うと通常よりも割引された特別価格で引っ越す事ができ、少しでも費用を安く抑えたい人には嬉しいサービスです。 更には一日10軒限定で、7,800円という安さで引越しができるお得なプランも実施しています。 利用者の満足度は非常に高く、地域別の地域密着引越し業者ランキングで1位を取得した実績も持つ業者です。 お得なサービス内容としてはスマホ割引を取り入れており、スマホで室内の動画や写真を送って見積もりを出してもらう事で、訪問見積もりの手間を省きその経費が削減された分値下げされるという仕組みになっています。 離島の場合は特に訪問見積もりで経費がかさんでしまう為、嬉しいサービスの一つとして定着しています。 また社員教育にも徹底しており、業務の一環としてトレーニングを取り入れ社員一人一人の質の高さを維持しています。 こうした会社の体制が確かな実績と信頼に繋がっていると言えます! 4.じゅんすい引越サポート() 福岡市内の引越しから長距離の引越しまで対応している業者で「純粋に人が好き」という想いからつけられた社名の通り、その丁寧な対応に定評があります。 この引越し業者はクループ内に廃品回収の会社がある為、引越しの際に出たゴミや不用品の回収までのサポートを受ける事ができます。 不用品の回収は単品からトラック1台分まとめて処分といったコースもあり、処分品が多い引越しも安心して任せられるのが魅力です! 作業員を1名にして多少の搬出入を利用者が手伝う事で費用を安く抑えられるユニークなサービスもあり、契約内容によって段ボールや布団袋、ハンガーBOXが無料でついてくる便利なサービスも利用できます。 そして電話対応から見積もり時、引越しまでを一貫して質の良いサービスを提供してくれると評価も高い業者となっています。 5.ニコニコ引越センター() 元々運送業やリサイクル品の回収などをしていた業者で、2014年から引越し業務を取り入れておりまだ新しい引越し業者と言えます。 こちらは訪問見積もりや相談は全て無料となっており、見積もりの際に他社のほうが安い価格を提示していた場合にはその価格を伝える事で値段交渉に積極的に応じてくれます。 その為費用を安く抑えた引越しがしやすくなっているのです。 そして荷造り用の段ボールが無料、吊上げ作業も基本的には無料で追加料金はなしといった引越し時のサービスも充実しています。 もちろん引越し後の各種保証もきちんとついているので安心です! またインターネット割引や、訪問見積もり依頼でクオカードがもらえたりとお得なサービスも随時展開しています。 支払でTポイントが貯まるのもお得感があり嬉しい特典の一つとして挙げられます。 6.アイソニックス引越サポート() 引越し業者としてはまだ新しいほうですが、親切・丁寧をモットーにしたこだわりのサービスを提供している会社です。 環境問題や福祉活動にも積極的におこなっており、不用品のリサイクルや支援としての無料提供などにも力を入れています。 数か月前に予約する事で料金が安くなる割引や、家族・友人などと2組で申し込む事で料金が安くなる「ペア割り」もあり、これらは最大50%OFFという高い割引率となっています! 荷造り資材は、プランにより段ボールが貰えないといった事はなく引越しを申し込めばプランに関わらず荷造り用資材を貰う事ができます。 段ボールは最大で50箱もプレゼントしてもらえるので荷物が多くても安心です。 また家具のセッティング時の拭き取りは表面だけでなく裏側まできちんと拭いてくれる質の高い気配りも利用者から好評となっています。 福岡県からの引越し平均料金相場 福岡県から引っ越しをした時の平均費用を簡単に料金相場表にまとめました。 すべてを含めた平均値のため、閑散期(11月,1月,2月)はこの金額よりも安く、繁盛期(3月,4月)は高い見積額が予想されます。 移動距離 単身 小 単身(大) 2人 3人 4人 ~15km 30,222円 38,747円 59,096円 75,402円 89,427円 ~50km 43,143円 51,884円 63,809円 79,109円 11,5143円 ~500km 78,214円 104,467円 126,667円 137,860円 180,571円 参考: 福岡県の大手引越し業者さん一覧 福岡県内に支店のある大手引っ越し業者のリストです。 アート引越センター 小倉支店 北九州市小倉北区神岳2-1-1 093-511-0123 福岡支店 福岡市東区多の津2-10-1 092-611-0123 福岡西支店 福岡市西区今宿東1-2-14 092-802-0123 福岡南支店 大野城市御笠川3-6-3 0120-09-0123 久留米支店 久留米市津福今町172-1 0942-70-0123 サカイ引越センター 北九州支社 北九州市八幡西区永犬丸南町2-3-6 093-611-1109 北九州東支社 北九州市小倉北区神幸町5-20 093-533-1141 福岡支社 福岡市東区社領3-10 092-622-1141 福岡西支社 福岡市博多区板付2-14-20 092-513-6565 久留米支社 久留米市大石町字瀬戸口214-1 0942-32-1141 アリさんマークの引越社 福岡東支店 福岡市東区多の津3-17-8 0120-77-2626 北九州東支店 北九州市小倉南区田原4-10-18 0120-77-2626 太宰府支店 太宰府市大佐野2-11-1 0120-77-2626 久留米支店 久留米市山川神代1-7-15 0120-77-2626 日本通運 福岡支店 福岡市博多区下呉服町1-1 092-291-7111 ハート引越センター 福岡センター 糟屋郡久山町山田1923-2 0120-66-8100 ハトのマークの引越センター 北九州東 北九州市門司区大字猿喰307-1 093-521-2019 北九州西 北九州市八幡西区陣ノ原1-14-28 093-641-2019 福岡北 糟屋郡新宮町緑ヶ浜3-3-23 092-962-2019 福岡西 福岡市早良区東入部3-1-8 092-804-2019 久留米 久留米市東合川1-2-12 0942-43-2019 福岡中央南 福岡市博多区吉塚8-6-44 092-612-2019 福岡ちくし 春日市春日公園8-23-1 092-589-5583 福岡東 糟屋郡粕屋町上大隈 397-1 オフィスパレア粕屋I-3号室 092-692-8015 アーク引越センター 福岡支店 福岡市博多区東那珂1丁目3-2 0120-07-0003 北九州支店 北九州市小倉北区西港町89-15 0120-07-0003 よく利用される引越し一括見積りサイト.

次の

引越し屋と便利屋、料金が安くてオススメはどっち?

引越し 安い 業者

詳しくはをご覧下さい。 ピアノ移動、買取、調律 要見積り 振動にデリケートなピアノ類の移動に専門スタッフをご用意させていただきます。 併せて到着時に配置から調律までを行いますのでお引越し当日より奏でることが可能です。 又、ご不要の場合はお引越しの際に買取りさせていただく事も可能です。 バイク、マイカー陸送 要見積り オートバイやマイカーなどを自力搬送不可能な際にご利用下さい。 専用のキャリーカーにてお引越しと併せて搬送いたします。 掃除機がけと水拭きはもちろんのこと、キッチン、洗面、浴室などの水周りは特に重点的に磨き上げます。 安全性を重視し、アルコール除菌ではなく市販の消臭剤を使用します。 小さなお子様がいらっしゃるファミリーや非喫煙者の方などにお勧めです。 お部屋をきれいにしてから引き渡す必要がある方にお勧めです。 (掃除機がけ、水拭き、キッチン周りの油汚れ除去、水周りの水アカ除去などを行いますが、完全に除去できるものではございません) 夜間18時~22時引越し 引越し料金に30%アップ 通常引越しは日中ですが、18:00以降のお引越しも可能です。 お仕事の都合や閉店後の転居などにお勧めです。 カルガモレディによる荷造りのお手伝い お引越し前日に、2~3名のカルガモレディがお宅に伺い、荷造りをお手伝い致します。 有料 有料オプションは 引越しの計画を立てる 自分で引越しする?それとも引越し業者に頼む? トラックを借りずにマイカーで運送できてしまう範囲内のお引越しでしたらご自身でお引越しされた方が安くつくかも知れません。 とは言え、荷物があまり積めないマイカーを利用して長距離を1日に何度も往復するような場合はガソリン代の方が高くつきます。 (驚)この金額があったらカルガモなら同様の内容にドライバーと助手1名付きでもお釣りがきます。 2~3社に見積りをとってみる 今時何処の引越し業者さんもお見積りは無料なはずですのでどんどん利用しましょう。 上手なお見積りの依頼方法は、 大手、中堅、格安の3社程度に絞って見積りを依頼することです。 あまりたくさんの会社に一斉に依頼すると、一斉に返信が返ってきてしまいますので逆にパニックになってしまします。 見積り依頼するときのコツ お引越しする前に一度、ザーッと「持って行く物」と「処分する物」などをわけ、実際にどれくらいの荷物があるのかを把握しておくことが見積りを大きく左右するポイントだと思います。 まだまだ荷物の量に応じて料金を決める業者が多いので、お見積りの際にネホリハホリ聞かれて答えられないと、お見積りに時間がかかってしまったり、万が一に備えて一回り大き目の配車をされてしまう恐れもあります。 最近ではお電話やネットで簡単にお見積り返答ができるよう「間取り」で配車を決めることが多くなってきましたが(弊社もコレ)、特にお荷物が多い場合などは具体的に相談された後、担当者に来てもらって正確な見積りを出してもらった方が良いとは思います。 又、早めにお見積り依頼いただけると配車の予定が組みやすく、引越し業者にも負担がかからないので、 料金やオプションなどで様々なサービスを受けれる場合が多いです。 目安としては1ヶ月以上前が理想です。 (急ぎの場合はこちら) どこの引越し業者に依頼しようか・・ それはもちろんカルガモ引越センターにお願いします! 弊社は2005年のサービス刷新で他社との差別化を図ろうということで、プレゼントなど余計なことをしない代わりに、その分を価格の安さやサービス品質の向上に徹することに決めました。 創業38周年100万件実績の経験を活かして「引越のプロ」として誠心誠意あるサービスを提供させていただきますので宜しくお願いいたします。 上手な荷造りの方法 引越しこそ荷物整理のチャンスです! 引越しは、家のものを根こそぎ整理する絶好のチャンスです。 単に、今もっているものをそのまま新居に運ぶのではなく、本当に必要なものかどうかを見定め、不要なものを思い切って捨てるのもいいでしょう(不要品処分 オプション)。 荷造りは業者の方が得意な場合も多いので、大型梱包などは任せてしまった方が良いかもしれません(標準オプション)。 しかし荷物の整理だけ は、プライバシーを保つためにも自分たちで行う方が良いと思います。 まずは荷造りリストの作成 いきなり手近にあるものを片づけるのではなく、まず家の中を歩いてみて、「現在あるもののリスト」を作りま しょう。 荷造りする段階では、ここから捨てていくものを除いた「持っていくものリスト」が必要になるわけですが、捨てるにしてもどこに捨てる、いつ捨てる という問題が発生します。 小さなものはかまいませんが、たとえ捨てるものでもまずはリストに書き加えます。 リストは、ノートに書いておくとよいでしょう。 メモ帳やルーズリーフだと、なくしてしまったりすることがあります。 引越の記録をつけるような気持ちで、ノートを一冊買って、そこに記入していきます。 リストを作る手順 大きな項目を立てて、しだいに細かいものを明らかにしていきます。 台所にあるもの、居間、玄関、寝室、お風呂、ベランダというように部屋ごとの項目を作るわけです。 ここから、調理器具という中項目を経て、フライパンがいくつ、鍋がいくつ、と記入します。 しかしリストは目的ではありませんから、あんまり細かくなくても かまいません。 たとえば、箸が何本、インスタントラーメンが何袋、とここまでやる必要はありませんね。 この時点で必要なのは、荷造りの単位を把握すること なのです。 取捨選択 リストがまとまってきたら新居の大きさなどを考慮し捨てるかどうかを決めます。 引っ越しすると不要品が大量に出るので捨て場所に困ったりしますが、そうしたもございますので、お見積りの時に相談してみるとよいでしょう。 そして必要な、持っていくものには、それぞれ以下の項目を書き加えます。 荷造りナンバー(段ボールごとに割り振る番号)• 荷造りは誰がやるか(家族/業者)• いつ荷造りをするか(一週間前/当日)• 荷造りに必要なもの(段ボール/新聞紙/ロープ/古い毛布など)• 新居のどこに置くか だんだんイメージがわいてきましたね。 カラーダンボールなどを使うと効率的ですよ。 達人的ワンポイントアドバイス• ピアノ、大型家具等荷造りが難しい物は業者に頼んだ方が良い。 荷造り材料の中で多く必要な物は新聞紙と段ボール。 新聞紙は1ヶ月分くらい必要。 引越先で取り出すときのことも考慮して荷物に番号をつけ、何が入っているかわかりやすくしておく。 いらない物は処分することも必要。 出発当日も使用する物はうっかり荷造りしない。 着替え・タオル・洗面用具・トイレットペーパー等• 忘れ物をしやすい場所は再チェックが必要。 床下収納・天袋・物干し・当日の郵便物等• お金等の貴重品は荷物にまぎれないように管理する。 トラブル防止のために、荷物の積み込み・積み出し時は立ち会い、確認をする。 種類別荷造り術• われもの、壊れやすいもの• 割れ物同士が直にふれないように、面倒でもひとつひとつ紙包み。 箱詰めする時は底に新聞紙等をいれクッションにする。 重い物は下、軽い物は上。 箱にわれものとわかりやすく表示する。 引越し当日の確認事項 引越前日の準備5ヶ条 1. お金を用意しておく! ガス、水道料など、当日清算する料金があるときは、その金額、また明日の昼食代、交通費など、意外にまとまったお金が必要です。 お引越しの際に大金を持ち歩いているのは何かと不安ですので、引越し料金のお支払いなどは事前振込みなどで済ませておくことをお勧めいたします。 掃除用具をまとめておく! ぞうきん、掃除機、バケツ、ほうき、ちりとり、軍手、ごみ袋などを用意し、一個所にまとめておきましょう。 荷造り用のヒモ、テープ、マジックペン、新聞紙、ぼろ布、古毛布なども一緒に用意しておきましょう。 貴重品など手持ち品をまとめる! 現金、通帳、印鑑など、貴重品が他の荷物にまぎれないようにしっかり管理。 冷蔵庫の中をカラにする! 前日にだけでなく、少し前から、冷蔵庫に食品ができるだけ残らないように献立に工夫をすることが必要です。 前日には、冷蔵庫をカラにしなければなりません。 明日の朝食用に、おにぎりやサンドイッチを作っておくとよいでしょう。 食品も減るし、当日の朝、食器を使わないで済むし、一石二鳥です。 氷を溶かしておくことも忘れないようにしましょう。 どうしても残りそうな方はクーラーボックスのオプションをご利用下さい。 最後の一箱にこれだけ詰めておこう! 大き目のダンボールを一つ用意しておきます。 中には、ポット、カップ(プラスチックなどの割れないもの)、インスタントコーヒー、お茶、お菓子、それに、引越すときに着る服(作業着ではありません)などを入れておきましょう。 最後の最後に出てきた忘れ物は、この箱に入れれば良いのです。 そのためにも大き目の箱を用意しておきましょう。 引越当日マニュアル• 早起きをしましょう。 やらなければならないことはまだまだあります。 早起きをして余裕のあるスタートを切りましょう。 服装は動きやすいもの、汚れても構わないものを着るようにしましょう。 靴は、ぬぎはきがしやすいものを履きましょう。 部屋の中と外をしょっちゅう出入りしなければならないからです。 紐の付いていない運動靴が最適です。 朝食はしっかり食べましょう。 力仕事が待っているのです。 朝食に使った食器や、洗面用具などを、前日に用意しておいた最後の一箱の中に納めましょう。 箱の封はまだしません。 引越し業者や手伝いの人が揃ったら、さあ、戦闘開始です。 荷物が運び出され、カラになった部屋から順に掃除します。 本格的なクリーニングが必要な場合はオプションのクリーニングをご利用ください。 引越の最中に、ガス会社、水道局、電力会社の係員が、それぞれ、元栓等の停止と、料金の精算に来る場合があります。 手際よく対応しましょう。 掃除が終ったら、最後の一箱に用意しておいた服に着替え、作業着を箱に入れて蓋をします。 この箱を積めば積み込み完了です。 最後まで使ったものが最初に使うものです。 引越先では、これが最初の一箱になります。

次の

一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます!引越十段!

引越し 安い 業者

サカイ引越しセンター 2. アート引越しセンター 3. 赤帽 4. 日本通運 5. クロネコヤマト 私は以前引越し業者で見積もり担当をしておりました。 8年間で約3,000件の成約をいただき、引越しの見積り料金の相場についてはかなり詳しいと自分でも思っています。 その経験を元に、一番安い引越し業者を見つける方法を提案させていただきます。 ずばり、てっとり早く安い引越し業者を見つけるには、一括見積もりを利用してしまうのがベストです。 最大8社からすぐに見積もりが届きますので、その中から一番安い引越し業者を選ぶだけです。 (情報1) 引越しをする人は毎月数え切れないほどいます。 ですので、CMをバンバンながしているような大手の引越し業者になると、高めの料金設定でもお客さんは来るのです。 逆に言うとCMをはじめとした広告宣言費をたくさん使っているので、その分引越し料金は高くなっています。 なので、最初に見積もりで提示される引越し料金は高めになっています。 だからこそ、交渉次第で数万円の値引きができる場合があるんです。 私自身これを知る前後で引越し料金が大きく変わりました。 引越し業者は値引き交渉されることも想定した上で、はじめは高めの料金を提示してくることが多いです。 (私のいた引越し業者でも実際そうでした・・・) なので、最初に提示された金額に従ってしまうとかなりの金額を損してしまうことになります。 必ず値引き交渉を一度は行いましょう。 (情報2) 一括見積もりをするだけで安くなるわけではないです。 最近ではほとんどの人が、まずは無料の一括見積もりサイト( など)を利用して見積もりを複数もらうようです。 複数業者の相見積もりなので、それだけで料金が安くなっていると思っている人が多いです。 しかし実際は先ほども言ったように、初回に提示される料金は高めの料金なのです。 なので5社に見積もりをもらっても、高い見積もり書を5枚集めただけなんてことになってしまいます。 なので、例え一括見積もりを利用した場合でも、値引き交渉は行ったほうがいいのです。 これは知っている方も多いかもしれませんが、引越しが決まっているのであれば1日でも早く見積もりを依頼したほうが得です。 引越し業者としても準備がしやすいですし、予約も埋まっていないので料金も安くなりますし、サービスも良くなります。 1つのテクニックとしては、具体的な日にちが決まっていなくても、まずは見積もりをもらっておくことがおすすめです。 引越業者としても、一度安い見積もり書を出してしまうと、そこから大幅な値上げもしにくいというところが少なからずあります。 (注意) すでに引越し業者が決まっている人は無料見積もりサービスのご利用をお控えください。 引越しの料金を少しでも安くするためには、荷物を少なくすることや各社から見積もりを取得すること、そして値段交渉やオプションの交渉が必要です。 引越し料金はトラックの大きさや荷物、ダンボールの量で決まります。 大きなトラックが必要になれば、その分燃料代が高くなりますし、高速道路などの通行料に影響するため値段は上がります。 そして当たり前ですが、荷物が多くなればスタッフの人数も多く必要になります。 単身者の引越しの場合、スタッフは1人や2人であることがほとんどです。 しかし、大型家具が多いとその人数では対応できなくなってしまいます。 また、荷物が多いと梱包用のダンボールもたくさん必要になります。 ある程度のダンボールは引越し業者から無料でもらえますが、それを越える荷物がある場合は追加で購入したり、スーパーマーケットなどからもらってこなければなりません。 時間のない引越しをする場合、ダンボールを探して近所のお店をめぐる時間ももったいないことです。 業者からもらえるダンボールで収まらない荷物がある場合、持っていくことよりも処分することを考えたほうが効率的です。 また、荷物を少なくすれば引越しの前後にかかる作業も簡単になります。 梱包したりダンボールから荷物を出す作業は、引越しをするさいにかなり時間が取られる作業です。 基本的な考えとしては、「自分が絶対に必要なものは持っていく。 それ以外は削除する。 」です。 特にここ1年ぐらいで使っていないものは、今後も使わない可能性が高いものです。 引越しの機会に処分しても問題ないでしょう。 (今流行の断捨離ですね。 ) 引越し業者一括見積もりのメリット 引越し業者を決める際には、業者に見積もりを依頼しますが、その際に引越し業者一括見積もりを使用して各社の見積もりを取得するといいでしょう。 引越し業者一括見積もりをすることで、まず自分が引越ししたい日に対応可能な業者が絞られます。 自分で一社ずつ電話をかけて問い合わせなくて良いので、これだけでもだいぶ大きな時間短縮になります。 そして見積もりを出してくれた各社の料金やサービス内容を比較しながら、最終的に依頼する業者を選んでいきましょう。 特に各社がオプションとしていることが多いピアノの運搬やエアコンのセッティング、ペットの引越しなどが必要な場合は特に念入りに確認することが大切です。 なぜならこれらの作業は引越し業者からさらに外部に依頼する可能性があるからです。 これらの作業を単純に外部に委託すると、5000円程度の差額が発生することがあります。 その際はその差額部分を利用して、値段交渉すると良いでしょう。 値段交渉とオプションの交渉 一括見積もりの結果、業者がいくつかに絞られてきたら、そこで決めてしまわずに値段交渉に入ります。 一括見積もりの結果として安い値段を提示してきた業者があれば、その値段を利用してほかの業者に交渉しましょう。 もちろん、各社少しずつ作業内容やサービスが異なりますから、必ず安くなるとは限りません。 しかし、うまく交渉すれば求めているサービスをより安く受けることができます。 値段交渉の結果と、各社のサービス内容などを考慮して納得できれば最終的に依頼する業者を決定しましょう。 この値段交渉には前述したエアコンのセッティングやピアノの運搬などといった個別の作業項目を使って交渉することも1つの方法です。 そして値引きが限界に達すると、業者はオプションの提供による実質的な値引きを提案してきます。 このオプションで良くあるのはダンボールの追加です。 通常の料金設定では、もともとある程度のダンボールが含まれています。 しかし、自分の荷物がそれ以上になりそうだとわかっていれば、ダンボールの追加を依頼するといいでしょう。 ダンボールは店舗などから自分で調達することもできますが、大きさが揃っている方が作業しやすいですし引越し業者のダンボールは丈夫で頑丈です。 足りなくなりそうであればダンボール追加のオプションを交渉してみましょう。 そのほかのオプションでよくあるのは、引越し後に不要になったダンボールや緩衝材などを無料で回収するサービスです。 引越し後は大量のダンボールや緩衝材がゴミとなってしまいます。 通常、これらの回収作業は有料サービスですがオプションで無料にしてくれることもあります。 新しい部屋にダンボール等がいつまでも残っていると鬱陶しいものですし、ゴミとして出すにも量が多ければ大変です。 引越し業者側もまだ使える資材は再利用したいという思惑がありますから、オプションに交渉してみると引き受けてくれる可能性が高いサービスとなります。 引越しはお金がかかるものですが、それでもこのようなコツを知っていると、妥協しないで少しでも安く引越しができます。 ぜひあなたの引越しに役立ててください。 値引き交渉の定石 見積もり料金を値引きしてもらう常套手段を1つ紹介します。 まず、引っ越しの見積もりは少なくとも3社に頼みましょう。 1社は大手の引越し業者、2社目は中堅の業者、3社目は小規模な会社といった感じです。 そして、訪問見積もりに来てもらう順番を工夫します。 初めに小規模な引越し業社に訪問見積もりしてもらいます。 小規模な引越し業者は、少しでも契約数を増やしたいので、想像以上に安い料金を提示してくれることが多いです。 しかし、ここで決めずに、もう少し粘りましょう! 次に中堅の引越し業者に訪問にきてもらいます。 ここで小規模な引越し業者に提示された見積もり書を見せると、「この値段は安すぎで、ちょっと怪しいですよ!うちならもう少し高くなりますが安心感があります!」といったようなことを言いつつ、そこそこ安い見積もり料金を提示してくれます。 しかしここでもまだ契約はしません。 最後に大手の引越し業社に訪問見積もりに来てもらいます。 1社目、2社目の見積もり書を見せつつ、大手んならではサービスの質も確認しておきましょう。 大手の引越し業者は、一律で値引きできる金額が決まっていたりします。 なので中小業者程の料金まで値引くことは難しいです。 しかし、ダンボールをサービスしてくれたり、米、ギフト券等のサービスをしてくれたりします。 このようにうまくスケジュールを組んで見積もりを依頼することで、お得な引越をすることができたりします。 引っ越し価格の最安値はどこにある? お店で売っている商品の値段はそれにかかるコスト(製造費や人件費など……)に利益を乗せて決まります。 これは、形のない商品、つまりサービス業においても同様です。 では、引っ越しの料金の値段はどのように決まるのでしょうか? できるだけ安く引越ししようと思ったら、ギリギリまで利益を引いた値段になるように交渉すればよいのでしょうか。 引っ越しの料金も物を買う時と同じように、基本的にはギリギリまで利益を引いた値段、赤字直前の値段が最安値となります。 しかし、中にはそれよりも更に低い金額となる場合もあります。 最安値で引っ越しするにはどうしたら良いのでしょうか。 また、それよりももっと安い値段で引っ越しできるのはどんな時なのでしょうか? 1件あたりの利益よりも件数が重視される 最安値について話すにあたり、まずは引っ越し営業の傾向について少し解説します。 引っ越しの料金はまず、見積もりに訪れた営業が料金表から値引きをし、その後他の業者の料金と比較しながら値引きしていくのが普通です。 こうした価格交渉があるために「引っ越し業者は少しでも高い金額で契約させようとしている」と思われがちです。 確かに業者からすれば高い金額で契約してくれるのに越したことはないのですが、この値引きの交渉は少しでも高くというだけでなく他の業者に客を取られないようにという意味もあるのです。 引っ越しの営業は、1件の引っ越し価格をあげるよりも、一見でも多く引っ越しを決めたいと考えています。 引っ越し業者が存続していくためには、常に一定数以上の引っ越しを行う必要があります。 収入に波があるギャンブラーよりも、収入が少なくても定期的に収入がある方が好まれるのと同じようなものです。 ですから、相当悪質な業者でないかぎり、ボッタクリ料金で契約させようとすることはありません。 高すぎる金額を提示すると、他の業者に客が逃げてしまう可能性のほうが高いためです。 ただ、件数重視なのは繁忙期以外の引っ越しの話です。 2月から4月の引っ越しシーズンの引っ越し料金は非常に高いです。 この時期は、引っ越し需要が急激に高まるため、値段を上げても契約が取れます。 「即決価格」は最安値 今ここで決めたらこの値段で引っ越しできますという形で提示される「即決価格」ですが、基本的にこの即決価格が引っ越し価格の最安値と見て良いです。 即決価格は赤字ギリギリの価格設定となっていることが多く、どの業者でもだいたい同じぐらいの金額です。 なぜ赤字ギリギリの金額を提示できるかというと、上で述べたようにそれだけ契約を欲しているためです。 たとえ利益が少なくても契約を取ること自体を重視しているため、サービス内容が同じならどの業者も同じような金額になるのです。 引っ越しにかかるコストというのは、どの引っ越し業者でもそれほど変わりません。 「複数業者から見積もりを取るつもりだったが、2軒目も3件目も最初と同じような値段だった」という話がよくあるのもこのためです。 即決価格よりも安い値段で引っ越しをすることは難しいため、一つの業者で即決を提案されたらそのまま決めてしまってもまず問題ありません。 引っ越しにも「セール」がある? スーパーやデパートなどで在庫処分のセールが行われるのは、季節の変わり目や新商品が出る前です。 新しい商品を仕入れるために、今ある在庫を捌いてしまいたいからです。 セールでは、商品を早く売り捌くために赤字価格で売りに出されることは珍しくありません。 同じようなことが引っ越しでも行われています。 引っ越しがなく、人でもトラックも余ってしまっている時です。 引っ越しがなくても、雇用やトラックの維持にはお金がかかります。 少しでもこの赤字を埋めるためには、原価を多少割ってしまっていても引っ越しを行うしかありません。 これが引っ越しの「セール」です。 ただ、このセール状態を外から見て判断するのは非常に難しいです。 洋服や家電であれば、季節外れだったり型落ちだったりすることがわかりますが、形のないサービスではそれがわかりません。 ですから、赤字覚悟の引っ越しを狙うことは一括見積もりを使わない限りまず不可能です。 運良くそういう時期に当たったらラッキー、程度の認識でいましょう。 運が良ければ、即決価格を示す時に「本当は赤字なんですが特別に」などと言ってくれるかもしれません。 その言葉を証明する手段がないため、誠実な営業に当たるかどうかも運にはなりますが。 その言葉を信じられるかどうかは、営業の人柄や電話で問い合わせたときの対応などから窺うしかありません。 即決価格よりも低い値段で引っ越しできるかどうかは運です。 本来の最安値である即決価格で引っ越しできれば十分です。 示された即決価格が本当に底なのかどうか知りたい時は、2社以上から即決価格を聞き出す必要があります。 いくら即決価格がどこの業者でも同じ程度と言えど、それを確かめるには複数業者から見積もりを取らなければなりません。 見積もり依頼後には各社から見積もりの明細書が各社から見積もり見積もりの明細書が届きます。 あまり多くの引越し業者に依頼しすぎると、対応が面倒になりますので、3~5社くらいにおさめるのがオススメです。 メール対応の良さから引越し業者の質を判断できます。 対応がいまいちな会社は、実際の引越し作業もいまいちな傾向はあります。 それゆえ、メールや電話での対応の良さなども業者選定の基準にいれることをおすすめします。 単身引越し、家族引越し、海外引越しなどなど いずれの引越しにも適用可能な値引き術になっています。 一括見積もりサイトも便利になってきていますので是非利用していきましょう!引越しダンボール無料、梱包資材サービスなど特典を提供してくれる会社も増えてきています。

次の