クレア 眠り 設定判別。 クレアの秘宝伝2 眠りの塔と目覚めの石 新台|スペック・設定判別・解析まとめ

クレアの秘宝伝2 設定判別・推測要素の総まとめ

クレア 眠り 設定判別

3 97. 5 98. 3 101. 0 106. 3 108. 2 114. 0 ボーナス重複期待度 設定 ベル スイカ チェリー チャンス目 1 0. 009% 1. 54% 7. 9% 19. 8% 2 0. 009% 1. 75% 8. 8% 20. 3% 3 0. 009% 2. 06% 9. 9% 21. 6% 4 0. 009% 1. 98% 11. 4% 22. 4% 5 0. 018% 2. 38% 12. 3% 23. 2% 6 0. 018% 2. 96% 14. 4% 25. 今後の解析次第によっては番長RTや忍魂RTがオススメとなる可能性があります。 金カードはやはり 高設定の出現率が高いことが判明しました。 ただ低設定でも出現することがあるため、一度の金カードで高設定と決めつけるのは危険です。 金カードを複数回確認するまでは、低設定もあるという心構えを持っておきましょう。

次の

クレアの秘宝伝2 設定判別 確定演出 打ち方 演出法則 解析まとめ

クレア 眠り 設定判別

0 高設定ほどボーナス確率が優遇されていますが、僅かな差なので2,000~3,000G程ではそんなにアテにならないレベルの設定差です。 6 スイカA+ボーナス確率に大きな設定差ありますので、一日に2回以上出現で高設定の期待がグンと高まります。 スイカAは斜め揃いのスイカです。 6 通常時のベルとチェリーは設定差が明らかにあるのでカウントしましょう。 強チャンス目も必ずカウントすることで、複数回の出現が確認ができた場合は、高設定の期待がグンと高まります。 ただし、強チャンス目はもともと確率が重いフラグなのでそこまでアテにせず、他の判別要素も併せて設定推測していきましょう。 23 ベルとチェリーのどちらかが良くて、どちらかが悪いなどの、判断が付きづらい場合には合算確率を参考にすると良いでしょう。 設定1・2は近い確率ですが、設定5・6はそれぞれに差がありますので、設定1・2の近似値から小役確率がしばらく動かなければ危険信号です。 88 RT中のハズレ確率にわずかな設定差があります。 短時間での設定判別材料にはならないレベルなので、参考程度にカウントしましょう。 REG中の登場キャラ パターン 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定期待度アップ 金 高設定期待度アップ 赤 設定5以上確定 REG中は出現キャラと色の種類で設定示唆があり、【銅<銀<金<赤】という順で高設定を示唆。 特に赤は設定5以上確定となるので悶絶です。 1回のREGで5回キャラカードが出現するので、必ずカウントしましょう。 REG中のキャラでの設定示唆 パターン 示唆内容 全て銀のカード 設定5以上濃厚 現状分かっているのは全て銀のカードが設定5以上濃厚の演出となっていますので、設定推測に役立てていきましょう。 RT終了画面 パターン 示唆内容 パターン1 基本パターン パターン2 偶数設定示唆 パターン3 高設定期待度アップ パターン4 高設定期待度アップ パターン5 設定2以上確定 パターン6 設定5以上確定 パターン7 設定6確定 基本パターン、偶数設定示唆パターンはよく出ると思いますので、初めのうちは覚えておきましょう。 ちなみに RT中に当選したREGの終了画面も同様の画面となりますので、『RT終了画面1回』としてカウントは必須です。 【クレアの秘宝伝3】打ち方(通常時・ボーナス中) 通常時の打ち方(順押し) 左リールの上段or中段に白BARを目押し。 下段チェリー停止時は、中・右リールに青いピラミッド図柄を狙い、中・右リール共にピラミッド停止でチャンス目となる。 左リールにスイカ出現時は、中・右リールピラミッド狙いでスイカは獲得可能。 通常時の打ち方(中押し) 中リール枠2コマ上付近にピラミッド狙い。 停止形パターンは下記を参照。 BIG中の規定枚数内なら何度でもチャレンジできるため、積極的に実践していきましょう。 RT中の打ち方 通常時の小役狙いと同様。 ボーナス判別手順 下記手順だと最長2Gで全ボーナスを判別可能。 熱い状況なら積極的に実践するほうが良い。 ボーナス確率のみで見たら、5,000G以上回っていてやっと少しアテになるかな、といったレベルの設定差です。 ですので、小役確率・小役重複率・REG中のキャラ・RT終了画面、あたりをメインに設定判別できればと思います。 要するに、自身で打ってみないと分かり辛いってことですね。 機械割が高い機種ではないので、イベントの際にでも高設定が入りやすく、十分に狙える機種だと思います。

次の

クレアの秘宝伝2 眠りの塔 スペック解析 打ち方 設定差 判別要素

クレア 眠り 設定判別

ALL RIGHT RESERVED. 秘宝伝シリーズから、A+RTタイプとして「クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~」が登場。 このRTは、かつての大都マシンの世界観を楽しめる7種もの演出が用意されている。 ボーナスは、最大純増304枚のBIGと、最大純増106枚のREGの2種類。 どちらも多少の技術介入要素があり、一度だけ2コマ目押しが必要となってくる。 何度かチャンスがある上、失敗してもダメージはないので、目押しが苦手な人も是非チャレンジしよう! 通常時には、もちろん高確率演出も搭載。 高確率は5G固定となっており、秘宝伝シリーズお馴染の演出が繰り広げられる。 そして、高確率中にチャンス目が出現すればボーナス確定だ。 また、スペックの高さも要注目。 設定6の機械割が114. 天井/設定変更/ヤメ時 - [クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~] 【天井】 天井は存在しない。 【設定変更時】 特に影響は無し。 【ヤメ時】 高確率中でなければいつヤメてもOK。 左リールにスイカが出現した場合は、中リールに青いピラミッド図柄を狙ってスイカをフォロー。 その他の場合は、中リール適当打ちでOK。 一度成功した後は、順押し適当打ちでOK。 最近出たノーマルタイプ(北斗・めぞん・偽物語等)の中では、初週・2週目共に一番良い動きはしている。 ただ、ぶっちぎりで良い訳でもない。 初週が、IN枚数18000枚の粗利2000円程度。 2週目が、IN枚数14000枚の粗利5000円程度。 落ち幅も悪くないので、ホールの使い方次第といったところか。 個人的には、RT中は楽しいものの通常時がやや単調、といった印象。 まあ、初打ちでいきなり1200とかハマったから印象が悪かったというのもあるかもしれないが・・・ 高設定なら勿論楽しいと思うので、ホールには是非大事に使ってくれる事を期待している。 後は、ホールの使い方次第といったところだろう。 ノーマルタイプコーナーとして北斗の将や偽物語、プラネット、等と一緒に上手く使っているホールもチラホラ見受けられる。 結局は薄利でやらなきゃいけないので、ある程度稼働のあるホールじゃないと運用は難しそうだ。 ただ、初代程の機械力はないと思う。 BIG後のRTが良い方にも悪い方にも出ている。 それでも最近出たノーマルの中では一番良い結果が出ているので、なるべく長生きさせて欲しい。 払い出し枚数が347枚を超えると終了、最大純増枚数は304枚。 終了後は、必ず30GのRTに突入する。 払い出し枚数が113枚を超えると終了、最大純増枚数は106枚。 78 各RTについて/RT中の設定示唆演出 - [クレアの秘宝伝 ~眠りの塔とめざめの石~] 【概要】 BIG終了後は、必ず30GのRTに突入する。 RT中の1Gあたりの純増枚数は約0. 16枚~0. 11枚で、低設定ほど純増枚数が多くなる。 RTには、演出の異なる7つのタイプが存在。 各RTの詳細については以下の通り。 【クレアRT】 ストーリーBIG/秘宝伝の曲選択時に突入する。 秘宝伝の演出が満載の王道RT。 【番長RT】 轟/操の曲選択時に突入する。 番長の特訓演出が再現されており、鉄塊を積み上げるほどボーナス期待度アップ。 10グラム到達でボーナス期待度MAX! 消化中は、「たいまつ演出が2連以上」・「次回予告発生」などでボーナス期待度大。 なお、「456グラム」の金の鉄塊が落ちてくれば設定4以上確定。 【鏡RT】 鏡の曲選択時に突入する。 7をテンパイさせる気持ちよさに特化した仕様。 ボーナスに当選した状態で7をテンパイさせれば、必ず「COME ON」演出が発生する。 レア役後は、積極的に7テンパイを狙ってみよう。 なおRT開始画面にて、設定の偶奇示唆が行われる。 吉宗の高確率演出が再現されており、家紋アタックでの家紋の大きさによってボーナス期待度を示唆する。 大家紋2連続ならばボーナス確定!? RT終了画面で「特殊終了画面」が多い程高設定の可能性が高まる。 ぷっしゅボタン押下時の上乗せゲーム数によって、ボーナスの種類や設定が判別可能。 背景の色によってボーナス期待度を示唆。 背景が赤まで昇格すればゲキアツ! なお、ステージアップ時にピンク高確率へ突入すれば設定4以上が確定する。 ボーナス完全告知タイプとなっており、ボーナス当選時は必ず「キーン告知」が発生する。 ウェイト時にスピーカーランプが点灯すればレア小役 or ボーナス。 キーン!と鳴ればボーナス確定。 なお告知発生時に、「キキキキキキキキーン」というスペシャル告知音が発生すれば設定2以上確定となる。 高確率は5G固定。 消化中に「超高確率」「極高確率」「無限高確率」とランクアップしていくほどボーナス期待度アップ。 なお、以下のパターンはボーナス確定となる。 各小役成立時のボーナス当選率は以下の通り。 0 一度引けたくらいでは安心できないが、2~3回引ければ低設定の可能性は低くなると考えていいだろう。 【ボーナス出現率】 ノーマルタイプなので、判別のメインはボーナス出現率となる。 REGの方が若干設定差が大きいので、基本はボーナス合成を見つつも、ややREG出現率を重視していこう。 【RT中のハズレ確率】 高設定ほど、RT中のハズレが出現しやすい。 44 【REG中の出現カードの色】 REG消化中に、以下の2つのカードが出現すれば高設定の可能性が高まる。 【REG中の出現カードの色】 REG消化中に、赤カードが出現すれば 設定4以上確定。 大人クレアボイスが発生すれば、その時点で 設定5以上が確定する。 ビタ押し成功時の大人クレアボイス発生率は以下の通り。 もちろん、今作もそれを期待したのですが・・・。 それが見たい為に打っています。 RT中にハズレが出る事もあるのでRT後の獲得枚数表示が300枚届かない事がしばしばある。 まぁ、ゲーム数は稼げるので、それでチャラなのかと。 こんなパターンをよく見かけます。 結果、チャンス目重複に見放され 通常の半分程度でしか当たらず 大敗…。 それでもなかなか楽しいと思えました。 ハズレなら高速消化に切り替えられます。 今のところ、こんな風に思っています。 通常時も個人的には好きです。 ちょっと熱そうな演出があるたびに変則押しにハマっているため通常時も飽きません。 そしてなによりBB中に過去のスロット台のBGMを聞けるのは熱い! そしてRTも過去の台を彷彿させる演出が嬉しい。 確率も悪くないので遊べる台だと思います。 BIG後のRTで歴代大都の曲聞けるのは面白いと思います。 シェイクや忍魂など懐かしの曲もありますし。 通常時は多少退屈な感はありますが、基本はチャンス目待ちですね。 ただそのチャンス目から高確率行かずに普通に発展するとまず当たらないのがちょっと減点ですかねぇ。 いい点として、ボナ率と小役率見ると設定に忠実に数字として表れてくれる点がいいですね。 確定演出見れていなくても、その2点で追いかけると大体その通りの動きになってくれてます。 Aタイプの中ではこのクレアとめぞんで立ち回りますが、ボナ率小役率でみれるのは明らかにクレアのほうですね。 高設定など使われる事は無く、低設定なのはしょうがないとしても、合算300以上がゴロゴロ。 ひどいと400とか500とか。 と、言うか合算200以下見たことない。 チャンス目での同時当選の低下がひどい。 10連続スルーは当たり前。 しかも、高確率にほとんど行かない。 行ったところで、超高確率も外す。 前作同様、チェリーとスイカは空気。 演出は増えたし、RTも色々あるが、それを楽しめる台じゃない。 失敗作。 期待していただけに残念。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の