韓国反応アンテナ。 なぜ韓国がG7じゃだめなの?韓国ウォンは紙屑だからG7のイタリアやカナダに及ばない!米国が韓国をG7サミットへ招待 海外の反応

韓国の反応 総合アンテナ

韓国反応アンテナ

ドナルドトランプ米大統領は土曜日、韓国を9月のグループサミットに招待する予定であると述べた。 韓国は、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成されるG7のメンバーではない。 「G7が世界で起こっていることを適切に表しているとは思わない」と彼はエア・フォース・ワンの記者団に語った。 「G7は非常に古い国のグループです。 」 トランプ氏はまた、ロシア、オーストラリア、インドを招待する計画もあると語った。 以前、6月にキャンプデイビッドでサミットを開催することを提案したトランプ氏は、会議は9月まで延期されると語った。 ホワイトハウスのスポークスパーソン、アリッサ・ファラー氏は、会談で中国の将来にどう対処するかについて話し合うために伝統的な米国の同盟国が集まると述べた。 yna. イタリアは韓国よりも1000万人人口が多いのに。 今韓国は強力な民主主義国家で、技術的に成長する軍事力に裏打ちされた高度な技術に基づく先進経済国。 イタリアもカナダも、これらの分野で韓国に匹敵できない。 韓国は、カナダやイタリアよりもG7にふさわしい国。 韓国ウォンは、ユーロ、CAD、USDと比較して大幅に切り下げられている。 現在のところ、経済規模が主に米ドルで測定される場合、韓国がイタリアやカナダを追い抜く可能性は皆無。 韓国ウォンが非米ドル通貨であるなら、今年の原油価格下落後に1米ドルあたり70セント前後で推移しているカナダドルを見ろ。 両通貨とも韓国だけでなく米ドルに対して下落している。 イタリアはEUの通貨ってだけ。 それがなければ、イタリアの経済は観光への依存度が高すぎて壊滅してるだろう。 ドルは世界経済におけるその役割、利便性、歴史的な理由により使用されてる。 ただし、任意の主要通貨を使用できる。 いずれにせよ、為替レートに関するこのすべての議論は、GDPの測定方法とは関係ない。 それに韓国は北朝鮮リスクという障害を抱えてる。 米国が自分に有利な票を増やしたくて参加させた。 ヨーロッパだってもうダメだろ。 2000年以降、湾岸戦争以降、他国にとっての重要度は下がってる。 バルカン諸国にさえ対処することができないんだから。 最後にヨーロッパの国々チェックした時な。 1995年のユーゴスラビアについてどう説明するんだ。 あいつらは米軍を必要とすべきじゃなかった。 トランプ大統領が文字通り韓国政府の忠誠心をテストしているように感じる。 「西側諸国か中国か?」 どう機能するかを見るのは興味深いが、この招待を受け入れない理由はない。 中国がこれのために韓国に対して経済制裁を課して報復するなら、あいつらをやっつければいい。 今年は知らんが。 インドも呼んでる。 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の

韓国あんてな

韓国反応アンテナ

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

日韓併合時代の日本の偽りの歴史を朝鮮戦争時の写真で証明しようとした韓国人が世界中から嘘つき呼ばわりされる 海外の反応

韓国反応アンテナ

ドナルドトランプ米大統領は土曜日、韓国を9月のグループサミットに招待する予定であると述べた。 韓国は、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成されるG7のメンバーではない。 「G7が世界で起こっていることを適切に表しているとは思わない」と彼はエア・フォース・ワンの記者団に語った。 「G7は非常に古い国のグループです。 」 トランプ氏はまた、ロシア、オーストラリア、インドを招待する計画もあると語った。 以前、6月にキャンプデイビッドでサミットを開催することを提案したトランプ氏は、会議は9月まで延期されると語った。 ホワイトハウスのスポークスパーソン、アリッサ・ファラー氏は、会談で中国の将来にどう対処するかについて話し合うために伝統的な米国の同盟国が集まると述べた。 yna. イタリアは韓国よりも1000万人人口が多いのに。 今韓国は強力な民主主義国家で、技術的に成長する軍事力に裏打ちされた高度な技術に基づく先進経済国。 イタリアもカナダも、これらの分野で韓国に匹敵できない。 韓国は、カナダやイタリアよりもG7にふさわしい国。 韓国ウォンは、ユーロ、CAD、USDと比較して大幅に切り下げられている。 現在のところ、経済規模が主に米ドルで測定される場合、韓国がイタリアやカナダを追い抜く可能性は皆無。 韓国ウォンが非米ドル通貨であるなら、今年の原油価格下落後に1米ドルあたり70セント前後で推移しているカナダドルを見ろ。 両通貨とも韓国だけでなく米ドルに対して下落している。 イタリアはEUの通貨ってだけ。 それがなければ、イタリアの経済は観光への依存度が高すぎて壊滅してるだろう。 ドルは世界経済におけるその役割、利便性、歴史的な理由により使用されてる。 ただし、任意の主要通貨を使用できる。 いずれにせよ、為替レートに関するこのすべての議論は、GDPの測定方法とは関係ない。 それに韓国は北朝鮮リスクという障害を抱えてる。 米国が自分に有利な票を増やしたくて参加させた。 ヨーロッパだってもうダメだろ。 2000年以降、湾岸戦争以降、他国にとっての重要度は下がってる。 バルカン諸国にさえ対処することができないんだから。 最後にヨーロッパの国々チェックした時な。 1995年のユーゴスラビアについてどう説明するんだ。 あいつらは米軍を必要とすべきじゃなかった。 トランプ大統領が文字通り韓国政府の忠誠心をテストしているように感じる。 「西側諸国か中国か?」 どう機能するかを見るのは興味深いが、この招待を受け入れない理由はない。 中国がこれのために韓国に対して経済制裁を課して報復するなら、あいつらをやっつければいい。 今年は知らんが。 インドも呼んでる。 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の