妊婦 ヘモグロビン。 【医師が解説】妊婦が貧血になりやすい理由&胎児・出産・産後への影響は?|たまひよ

妊娠と貧血

妊婦 ヘモグロビン

定期的に行われる「妊婦検診」。 「赤ちゃんがどれくらい成長したかな?」と妊婦検診を楽しみにしている方も いれば、「体重増加を指摘されるかも?」とヒヤヒヤしている妊婦さんもいらっしゃるでしょう。 妊娠中に欠かせない妊婦検診ですが、あるとき突然「妊娠糖尿病の検査をします」と言われたら・・・? 妊娠中に「病気」の検査だなんて、ちょっとびっくりしてしまいますよね。 特に「妊娠糖尿病」という言葉を聞いたことのない方であれば、「どんな病気なんだろう?」「どんな検査をするのだろう?」と不安でいっぱいになってしまうのではないでしょうか。 妊娠糖尿病と診断される妊婦さんは、少数です。 万が一、あなたが「少数派」に含まれてしまっても、きちんと対処をして行けば妊娠糖尿病はそれほどこわいものではありません。 妊娠糖尿病と聞いて不安に感じるのは、妊娠糖尿病のことを知らないから。 心穏やかなマタニティライフを過ごすために! これから一緒に勉強して行きましょう。 今回は、「妊娠糖尿病の診断基準」についてご紹介していきます。 スポンサーリンク 妊娠糖尿病の検査ってどんな検査? 妊娠中に欠かせない妊婦検診では、妊娠の時期に合わせていろいろな検査が行われるものですが、その中の一つに妊娠糖尿病の検査があります。 妊娠糖尿病の検査は、妊娠初期(4~12週)と妊娠中期(24~28週)の2回(または3回)に分けて行われます。 妊娠糖尿病の検査の内容はこちらです。 検査前の血糖値と、ブドウ糖50gが入った検査用の飲み物を飲んでから(食後)1時間後の血糖値を計ります。 妊娠糖尿病とされる最新の診断基準は? 妊娠糖尿病の基準は、時々改定があるのをご存知ですか? 2017年現在、75gOGTTにおける最新の診断基準は下記になります。 (ただし、「妊娠中の明らかな糖尿病」は含みません。 2017年以降、基準値が厳しくなったことによって、妊娠糖尿病と診断される人数が増加したと考えられます。 「ハイリスク妊娠糖尿病」と「妊娠中の明らかな糖尿病」って? 上記の診断基準のうち、当てはまる項目の多いタイプを「ハイリスク妊娠糖尿病」や「妊娠中の明らかな糖尿病」と言います。 <ハイリスク糖尿病> ・随時血糖値 200mg/dl以上 ・75gOGTT 2時間値 200mg/dl以上 ハイリスク妊娠糖尿病は、産後に糖尿病へ移行しやすいと言われているため、注意が必要です。 <妊娠中の明らかな糖尿病> ・空腹時血糖値 126mg/dl以上 ・HbA1c 6.5%以上 次の条件のうち、どちらか1つにでも該当する場合を言います。 いずれの場合も、妊娠糖尿病の状態が「軽くはない」ということですので、血糖値のコントロールが必要です。 妊娠糖尿病の診断基準に「HbA1c」は関係ない!? HbA1cとは、「直近2~3ケ月の血糖値の平均値」であり、一般的な糖尿病の診断基準では欠かせない項目です。 (HbA1cについて「」で詳しく説明しています。 ) しかし、妊娠糖尿病を診断する際には、HbA1cの値は必要ありません。 妊娠糖尿病の場合は、HbA1cよりも グリコアルブミン(GA)の値を重視することが一般的です。 その理由は主に2つ挙げられます。 そのため、直近1〜2か月の血糖状態がわかるHbA1cを使うよりも、直近2週間の血糖状態がわかるグリコアルブミンを使う方が良いのです。 それに対してグリコアルブミンは鉄欠乏の影響を受けないため、妊娠糖尿病でもより正確に血糖状態を把握することができるのです。 スポンサーリンク 妊娠糖尿病の血糖コントロールの目標値は? 妊娠糖尿病と診断されたら、血糖値をどのようにコントロールしていけばいいのでしょうか? 妊娠糖尿病の血糖コントロールの目標値は、 ・空腹時 100mg/dl未満 ・食後2時間 120mg/dl未満 となります。 これは一般的な糖尿病の目標値と比べると「かなり厳しい値」です。 その値をクリアしつつも必要な栄養を取らなければいけないというところが、妊娠糖尿病の血糖コントロールの難しいところと言えるでしょう。 (一般的な糖尿病の基準値については「」をご覧ください。 ) おわりに 私は幸い、妊娠糖尿病にはなりませんでしたが、妊娠糖尿病経験者のMさんの話を聞くと「妊婦検診の50gGCTで正常値をはるかに超えた値が出てしまい、大変なショックを受けました。 次の検査である75gOGTTを受けるまでの間、ネットで色々と調べまわり、赤ちゃんが心配で泣いて過ごしたことを昨日のように思い出します。 」とおっしゃっていました。 今この記事を読んでいる方の中には、当時のMさんと同じ状況、同じ心境で、このページへ辿り着いたという方がいらっしゃるかもしれませんね。 現在、妊娠糖尿病の検査結果を待っているみなさん! もしも、妊娠糖尿病と診断されたら、「適切な対処を行って、血糖値をコントロールすればよい」だけです。 だから、過度に怖がらず、安心して検査結果を聞いてきましょう。 妊娠糖尿病でも、元気な赤ちゃんに会えるのですから! スポンサーリンク.

次の

インターネットホスピタル

妊婦 ヘモグロビン

ヘモグロビン値(Hb は貧血を判定する検査項目の1つで、健康診断や内科の診察などで行われる事があります。 ヘモグロビン値が少ないと貧血と判定され、必要に応じて治療が行われます。 貧血というのは、血液中の「赤血球」が少なくなってしまう疾患です。 貧血になると、疲れやすくなったりめまい・ふらつき、動悸、息切れなどが生じるようになり、生活に様々な支障を引き起こします。 このヘモグロビンって何なのでしょうか。 また正常値はどのくらいで、どのくらい低いとまずいのでしょうか。 ここではヘモグロビンという検査項目の意味と、ヘモグロビンの正常値(基準値)について説明させていただきます。 1.ヘモグロビンって何? そもそもヘモグロビンって何なのでしょうか。 「赤血球」とは何が違うのでしょうか。 ヘモグロビン(Hemoglobin)というのは、私たちの身体の中に存在するたんぱく質の一種で、主に赤血球の中に存在します。 ヘモグロビンは、他のたんぱく質にはない面白い特徴があります。 それは「 酸素とくっつく(結合する)」という事です。 これは私たちの身体が生体活動を行う上でとても役立ちます。 私たちの身体は、食事から摂取した栄養素(炭水化物やたんぱく質、脂質など)からエネルギーを取り出し、そのエネルギーを元に呼吸・心拍などをはじめ、考えたり身体を動かしたりといった活動を行っています。 そして効率的に栄養素からエネルギーを取り出すためには酸素が必要なのです。 酸素を利用すると効率的にエネルギーを取り出す事ができ、反対に酸素がない状態だとエネルギーを取り出す効率が悪くなり、容易にエネルギー不足になってしまいます。 つまり、私たちの身体が活発に活動できるようになるためには、吸い込んだ酸素が身体の隅々の細胞にまで行き渡らないといけないという事です。 でないと全身で必要なエネルギーが作られません。 そしてこれを可能にするのがヘモグロビンです。 ヘモグロビンは「酸素とくっつく」という性質を持っています。 これを利用すれば、酸素を身体の隅々にまで運ぶ事が出来ます。 つまり、肺から体内に取り込んだ酸素をヘモグロビンとくっつけ、全身に運べばいいのです。 ヘモグロビンが全身に酸素を届けるには、全身に張り巡らされている「道路」が必要です。 この道路が「血管」になり、ヘモグロビンは赤血球という細胞の中に入って血液に乗り、全身の至るところに酸素を届けているのです。 ヘモグロビンは赤血球の中にたくさん入っています。 赤血球は肺から吸い込んだ酸素をヘモグロビンに結合します。 血液に乗って末梢の組織にたどり着くとそこで酸素を渡します。 酸素を受け取った末梢組織は、その酸素を利用する事で効率的にエネルギーを産生し、生きるために必要な活動を行えているのです。 2.ヘモグロビンの正常値・基準値は? 健康診断で血液検査を行うと「ヘモグロビン(Hb 」という項目があります。 これが低いと「貧血の疑いがあります。 病院を受診してください」などと記載されます。 ではヘモグロビンの正常値はどのくらいなのでしょうか。 ヘモグロビンの正常値は年齢・性別や状態によって異なりますが、おおむね下記を正常値(基準値)と考えると良いでしょう。 【ヘモグロビン(Hb)の正常値】 ・成人男性:13. 0~16. 0~15. また妊娠中も低くなります。 このように年齢・性別・状態によって正常値が異なるのは何故でしょうか。 その理由を説明します。 この理由としては、男性ホルモン・女性ホルモンの影響が考えられています。 エリスロポエチンという腎臓から分泌されるホルモンがありますが、男性ホルモンはエリスロポエチンの活性を高め、反対に女性ホルモンはエリスロポエチンの活性を抑制する事が分かっています。 エリスロポエチンは、赤血球の産生を促進するはたらきがあります。 赤血球は骨髄で作られているのですが、エリスロポエチンは骨髄に存在する赤芽球(未熟な赤血球)を赤血球に成長させるはたらきがあるのです。 エリスロポエチンによって赤血球が増えると、当然赤血球の中にあるヘモグロビンも増えます。 つまり男性ホルモンが多い男性はエリスロポエチンが活性化されやすいためヘモグロビンが多く、女性ホルモンの多い女性はエリスロポエチンの働きが抑制されやすいためヘモグロビンが少なめになるのです。 またそれ以外の理由として、古来から男性の方が女性と比べて身体活動量が多く、酸素を多く全身に運ばないといけないため、という考えもあります。 ヘモグロビンの産生は生まれてから徐々に高まっていき、10~20代をピークとなります。 そしてそこからは徐々に減少していきます。 つまり赤ちゃんや高齢者は成人と比べるとヘモグロビンの数値が低くなるという事です。 これは正確にはヘモグロビンが減るわけではなく、血漿量が増えるためです。 妊娠すると母体だけでなく赤ちゃんの分も血液が必要になるため、母体は血液量を増やそうとします。 血液中の液体成分(血漿)は水分ですのですぐに増えるのですが、血液中の細胞成分(赤血球など)は骨髄で作られるため、すぐに増やす事はできません。 血漿はすぐ増えるけど血球はなかなか増えないため、全体としてみると血液が薄まったような状態になります。 ヘモグロビン値はヘモグロビンの量ではなく濃度を測っているため、ヘモグロビン濃度としては低下してしまうのです。 3.ヘモグロビンがどのくらい低いとまずいの? 前項ではヘモグロビンの正常値について紹介しました。 では血液検査でヘモグロビンが低かった場合、どの程度であれば様子を見て良くて、どの程度なら治療をはじめるべきなのでしょうか。 これは患者さんの状態によっても異なってくるため一概に答える事はできませんが、ヘモグロビン低下によって生活に支障のある症状が認められるようになれば、治療をすべきでしょう。 このくらいの数値だと貧血としては軽度になりますが、めまいや頭痛、息切れ、だるさといった貧血の症状が現れ始めます。 このような症状は重篤とは言えないものの、生活に支障を来たす事があります。 4.ヘモグロビン値と認めうる症状 最後にヘモグロビンがどのくらいの数値になったら、どのような症状が認められるのかを紹介します。 これはどういう事でしょうか。 ヘモグロビン濃度が高いという事は、赤血球の数が増えている、あるいは血漿(血液中の水分)が減っているという事になります。 これは、次のような状態が考えられます。 多血症 ヘモグロビンの量が増えていなくても、血漿が減ればヘモグロビンの濃度は高くなります。 ヘモグロビン上昇は脱水を疑う所見の1つです。 また多血症は赤血球が何らかの原因で多くなってしまう疾患です。 上記の疾患以外にも、喫煙や肺疾患、心疾患などで慢性的に酸素不足になっている方もヘモグロビンは高値となる事があります。 身体が酸素不足傾向であるため、身体は赤血球を増やす事で少しでも無駄なく酸素を利用しようとするためです。 この数値だと、安静時には大きな症状は認めませんが、• 何となくだるい• 疲れが取れない• 頭が重い• ちょっと運動しただけで動悸・息切れがする といった症状が生じます。 この数値だと、• 何もしていなくても疲れる• 安静にしていても動悸や息切れが生じる• 動くのがかなりしんどい といった症状が生じます。 この数値だと、• 全く動けない• 常に身体が鉛のように重い• 呼吸をするのもしんどい といった症状を認め、早急に治療が必要になります。 外来治療では困難な事も多く、入院なども検討されます。

次の

小球性貧血と大球性貧血

妊婦 ヘモグロビン

ヘモグロビンが高いのは濃度が関係している? ヘモグロビン値が「高い」ということは、ヘモグロビン濃度(血色素量 が関係しています。 つまり、血中のヘモグロビンの量が多くなり、濃くなることで値が高く表示されるということです。 簡単に説明すると・・・。 ヘモグロビン値が高い=ヘモグロビンの濃度が高い わかると思いますが、血液の中のヘモグロビンが多いということですね。 「多いなら身体にいいんじゃないの?」と思いがちですが、ヘモグロビンの濃度が高いのもよくないのです。 なぜなら、ヘモグロビンが多いと起こる病気もあるんです。 逆に、ヘモグロビン値が低いと身体が酸欠状態になり、貧血などの症状がでます。 一般的には低いのが良くないことだと捉えられているかもしれませんね。 二次性多血症• 相対的多血症• 真性多血症 同じ赤血球増加症でも、それぞれ原因は違うのです。 そのため自分がどのパターンに当てはまりそうか考えながら見てみてくださいね。 それでは詳しく説明していきます。 脱水症状で起こる相対的多血症 脱水症状が原因で発症することが多いです。 下痢や嘔吐による 水分量の低下や、身体の水分の循環がうまく行われないことで発症したりします。 簡単に説明すると・・・。 身体の水分が少なくなる事で、相対的にヘモグロビン濃度が高くなる 赤血球自体が増えるのではないということです。 このことから、下痢や嘔吐をすると身体の水分は失われるので、ヘモグロビンが増加するということです。 改善策としては、水分を摂取することや、点滴を行うことによって症状は回復していきます。 様々な理由がきっかけとなり、ヘモグロビン値が増えてしまうので気をつけていきたいですね。 下痢や嘔吐をしていないのに、濃度が高いことがあります。 これはストレス性多血症です。 決定的な原因は判明していませんが、発症しやすい人の傾向としては「喫煙」や「生活習慣病」関わっていることが多いようです。 個々の違いや状況があるので断定はできませんが、日々の身体に悪い生活習慣で、水分量や身体の循環・代謝が悪くなることでヘモグロビン濃度が上がるという考えでしょう。 これに限らず、喫煙」や「生活習慣病」は他の病気を引き起こす原因なので、まずは健康を意識した生活をしましょう。 酸欠で起こる二次性多血症 酸素不足になると起こるものです。 なぜ二次性多血症が起こるのかというと、酸素が欠乏すると腎臓や肝臓がまず反応します。 そうなると、エリスロポエチンという物質をだします。 ) そのエリスロポエチンの増加に対し、造血する組織が活発になることで赤血球が多く作られます。 どういうことか簡単にいうと・・・。 「酸素がない!」と身体が察知• 限られた酸素を頑張って巡らせなければならない• 赤血球を増やして運搬機能を高める• 結果、赤血球が多い状態に! 酸素がない状態が続くと、ヘモグロビンを増加させ続けるため、結果的にヘモグロビンの濃度が高くなるということですね。 引き起こしやすい人の特徴• 目の結膜の充血や顔が赤くなる• 高血圧• 内出血• 体重減少• 鼻血 原因は、JAK2と呼ばれる遺伝子が関わっていると今現在では言われています。 この遺伝子の変異により発症されるともいわれますが、 なぜ変異が起こるのかはハッキリと判明していない状況です。 合併症の危険 真性多血症は、合併症として消化管出血や脳出血なども起こる可能性がありますので注意が必要です。 更に、 脳梗塞や 心筋梗塞などの血栓症を発症する場合もあるので、命にも関わってくるのです。 治療をせずそのままでいると、 2年程でこの合併症を引き起こす可能性が非常に高くなります。 このことから、こまめに血液検査をうけてヘモグロビン値をチェックすることが大事ですね。 治せる?治療法は? 年齢が若い人だと 静脈血を除去する瀉血(しゃけつ)という方法で、ヘモグロビン値をコントロールする治療法が主体になります。 しかし、ヘモグロビン値があまりにも高かったり、血栓症を併発する可能性が高いと判断された時には ハイドロキシウレアやブスルファンなどの経口抗がん薬が使われることもあります。 ) この真性多血症に関しては、原因がはっきりと分からない為対策が難しいですよね。 だからこそ、日頃の検診はもちろんのこと、異変を感じた場合はいち早く受診することが大切です。 ヘモグロビンが多いと血液がドロドロに!? ここまでで、ヘモグロビンが多いと引き起こされる疾患についてご説明しました。 危険性などはそれぞれ違えども、 共通しているのは血中の赤血球、ヘモグロビンが多いということ! 実は、 ヘモグロビンが多いと血液はドロドロになってしまうんです。 そうなると身体の血流も悪くなりますし、栄養もしっかりと巡らせることができません。 更には、血管が詰まりやすくなる可能性も高くなるので、血液はサラサラにしておくべきなのです! 動脈硬化を引き起こさないためにも、しっかりと意識していきましょう。 血液をサラサラにする成分「DHA、EPA、DPA」 魚に含まれている「DHA、EPA、DPA」は血液をサラサラにすることで有名です。 これが何なのかというと必須脂肪酸の一種です。 「必須脂肪酸って何?」と思いますよね。 この必須脂肪酸とは、細胞膜や、心臓や血管、ホルモンの生成などで必須なものなのです。 そのため、摂取すると血液だけではなく、様々な効果があるといわれています。 推奨されている量としては、 1日に1切れの切り身程度の量です。 現代では魚よりも肉を食べることが多くなっている為、少ない量に見えて生活に取り入れるのは意外と難しいことなんですよね。 特に青魚に多く含まれますが、毎日摂り続けるのは困難・・・。 青魚は苦手な人が多いですしね。 でも、 「病気は怖い・・・」「なんとか改善したい・・・」その気持ちも分かります。 簡単な方法はないかと思いますよね、しかし簡単な方法があるんです。 それは、ずばり「サプリメント」なんです。 血液をサラサラにするサプリはこれ! 始めやすい保証と金額 返金保証も15日間あるので手軽に試せますし、初回が67%オフで 1,980円と値段的にも始めやすいサプリです。 このことから、 リピート率は92. 3%! 多くの人から支持されているオススメの商品です。 きなりがピッタリな人• 魚が嫌いな人• 50代〜80代の人• 血液をサラサラにしたい人• 初回はお得に試したい人 高く評価されていて、とても人気の商品なので 試してみる価値はあります! おわりに ヘモグロビン値が高いことで、引き起こされる病気をご理解いただけたでしょうか? また、血液をサラサラにして健康に保つことも大事なことです。 血液検査ででたヘモグロビンの濃度をないがしろにしてしまう方も多いと思いますが、血液は生きる上で必要なものです。 そのため、しっかりと自分の状況を見つめ直すことが大事です。 だからこそ、しっかりと半年毎に検査を行って早期発見ができるように対策をしていきましょう! もちろん異変を感じたらすぐに検査を受けにいってくださいね。

次の