舟券の買い方。 インターネットで競艇の舟券を買う方法

【初心者必見!】競艇で舟券の買い方『全種類』を解説!

舟券の買い方

競艇で勝っていくためには買目の数を絞る必要があります。 どうしても的中させたいと考えて、1回のレースで大量に舟券を買ってしまった人も多いと思います。 ですが、これはNGです。 大量な舟券の購入はトリガミのリスクを上昇させます。 おすすめの買い目点数は5〜10点前後です。 多くても12点までに抑えたいですね。 これくらいの数であればトリガミになる可能性が低く、穴舟券が当たった場合にリターンが大きくなります。 しかし実力が付いてきてレースの流れがわかるようになり、「このレースは荒れるな」と感じたら思い切って20点くらい買うのもありです。 穴舟券を当てるには経験も必要なので自分の直感を信じることも大切です。 3連単では流し・フォーメーション・ボックスの3パターンを、状況に合わせて使い分けましょう。 おすすめは基本的にフォーメーション買いすることです。 フォーメーション買いとは複数の軸で流し買いをする買い方。 2艇を決めて予想すると8通り、3艇を決めて予想すると16通りになり、買目の数としては多過ぎないので、初心者のうちはうまく使っていきましょう! 競艇の必勝法3 オッズを参考にしろ! 実際のオッズ オッズを参考に買い目を決めましょう。 あまりにも艇の人気が分散していると、3連単でもオッズが10倍を切ってしまうことがあります。 その場合は思い切って買わないという選択もありです。 人気の艇が何艇もあると、不人気の艇はオッズが非常に高くなり穴舟券になりがち。 予想に根拠があるなら穴舟券を狙っても良いですね! 競艇で黒字にしていくためには多く的中することより、高いオッズで的中することが大切です。 1パターンではなく、何パターンかで流し予想を常にできる実力をつけたいです。 初心者の内は1着1号艇・2着2号艇で流し買いをしてしまうことが多いです。 この買い方だとどうしてもオッズが低めになってしまいます。 もう1パターンくらいは紹介しているポイントをもとに流し買いしてみるといいですね。 競艇の必勝法4 選手データを分析しろ! 白井友晴選手の公式HP ウェブサイト等で選手毎のデータを分析しましょう。 一番分かりやすいのは階級ですね。 競艇選手にはA1・A2・B1・B2の4つの階級があるので、A1級の選手がいる場合は注目する必要があります。 次に勝率を確認しましょう。 勝率には全てのレースをもとに算出した「全国勝率」ち各競艇場毎に算出した「当地勝率」があります。 一番初めに全国勝率を確認。 この勝率が高いほど優秀な選手ということになります。 続けて当地勝率を確認。 特に地元の選手はその競艇場で普段の練習も行なっているのですごく会場・水面に慣れています。 当地勝率が高い地元選手がいるのであれば予想に組み込んでみても良いですね。 続けて、モーターとボートの情報を確認しましょう。 モーターはその節の開始時に抽選で決まります。 モーター・ボートごとの勝率もウェブサイトに記載されています。 モーターに関しては整備した情報も載っています。 直近で部品交換が行われたモーターに注は意が必要。 特に「クランクシャフト」「シリンダーケース」の大きな部品が交換されていた場合は、モーターに大きな問題があった証拠なので予想から外しても良いと思います。 最後にレース直前の展示航走も確認しましょう。 展示航走では6艇並んでスタート練習をする「スタート展示」、1艇ずつコースを周回する「周回展示」、ストレートのタイムを測る「タイム展示」があります。 当日の選手の調子を確認することができます。 競艇の予想には大量の情報の中から必要なものを選んで分析する力が求められます。 こればかりは経験を積むのが一番成長が早いです。 なかなか時間が取れない人は競艇予想サイトの力を借りても良いと思います。 競艇の必勝法5 競艇場のデータを頭に叩き込め! 競艇場のナイター レースが行われる競艇場についてしっかり理解しておく必要があります。 24箇所の競艇場には全てにそれぞれ固有の特徴があります。 水ひとつ取っても海・川・湖・プールなどの種類があり、波がある、流れが早いなど全く違う環境で毎回レースが行われています。 競艇は基本的にインコースである1コースが有利ですが、1コースの勝率も競艇場によって異なります。 大村競艇場は約68%、戸田競艇場は約44%と1コースの勝率はこれ程までに違うのです。 同じ東京でも平和島は45%、江戸川は54%と違うので競艇場の差は大きいです。 また、それぞれのコースごとの勝率や決まり手などの割合も全てボートレース公式HPに記載があります。 予想する際は各競艇場の情報もしっかりチェックしましょう! 競艇の必勝法6 当日の風を読め! 競艇場全体 当日の競艇場の風の状態を確認しましょう。 風の状態はウェブサイトや電光掲示板で確認できます。 風向きや強さによって、有利・不利なコースが変わっていきますので絶対に確認する必要がありますね。 「風速1mまで」は1コースが有利 風が弱い場合はそこまでレースに影響がないですね。 「追い風2m〜3m」は2コースが有利 追い風だと1コースの艇が第一ターンマークで膨らんでしまい内側が空きやすく、2コースからの差しが決まりやすいです。 「追い風4m以上」では2〜4コースが有利 インコースがターンに際に膨らみやすく、2コースの差しに加え、3〜4コースのまくり差しが決まりやすくなります。 「向かい風2m以上」なら4〜6コースが有利 1〜3コースがスロースタートの位置からレースを始める場合、スタートが難しくなり、4〜6コースのまくりが決まりやすくなっています。 「風速5m以上」なら、方向は関係なく荒れるレースになる フライングも起こりやすくなりますね。 そして横風はレースにほとんど影響しません。 また、競艇場ごとに風の強弱が大きく異なります。 特に、兵庫県にある尼崎競艇場は夏は「甲子園の浜風」、冬は「六甲おろし」と呼ばれる風が吹き、1年中風が強い日が多いです。 競艇場によって全く環境が異なるので、予想の際は必ず競艇場の特徴を頭に入れておきましょう! 競艇の必勝法7 展開を予想しろ! 6艇でターン 競艇で勝つためにはレースがどのように進んでいくかという展開を予想する必要があります。 特に、進入隊形・スタートタイミング・第1ターンマークの3点でどうなるかを読み切りたいですね。 競艇は第1ターンマークを1位で回った艇がそのまま逃げ切って1位になることがほとんど。 2位以下の艇は1位の艇が起こした引き波の上を走らなければならず、どうしてもスピードが落ちてしまいます。 第1ターンマークまでの駆け引きが非常に大事です。 まず、スタート展示で進入隊形を確認しましょう。 本番と同じようにピットアウトからスタートまで6艇で行います。 1コース1号艇・2コース2号艇3コース3号艇・・・と枠なり通りの進入であれば問題ありません。 しかし、外枠の艇が進入の際に内枠の艇の前に入り、内側のコースを奪う「前づけ」をしてくる場合は要注意。 本番でも同じように前づけをしてくるのに対し、内枠の艇が阻止しようとするので進入がグチャグチャになり、展示通りの進入になりにくいです。 前づけはうまくいけば1コースを取れますが、デメリットも大きく、スタートまでの助走距離が100メートルよりも短くなり最高速でスタートを切れない「深イン」という状態になることも。 深インになると4〜6コースのアウトの艇が非常に有利。 アウトから最高速でスタートを決め、まくりを決めるチャンスです。 このように、進入隊形からスタート時にレースがどういう流れ進みそうか、ある程度予想ができます。 まずは展示航走をみて、進入を確認。 少し荒れそうだったらアウトの艇の選手の情報を確認して、まくりが得意な選手がいたら予想に組む込んでみるのも良いですね。 展示航走は直前の生の情報なので非常に大事です!しっかり確認しましょう! まとめ 今回は競艇の予想を的中させるための必勝法を7つお伝えしました。 どれも1日では身につけられるような知識ではないかと思います。 しかし、この情報をしっかり理解しているがどうかで予想を的中できるかどうか大きく変わってきます。 大事なのはこれらの要素を意識して予想をするという経験を積むことです。 地道にコツコツと経験を積み上げる必要があります。 何も考えずに、当たりやすいから・オッズがちょうど良いからという理由で予想していてはいつまで経っても実力がつきません。 最初は難しいかもしれません。 しかし、自分で考えた予想がバッチリ的中した時の喜びは他には変えられません。 実力がついてくると競艇がすごく面白いものになります。 情報をしっかり分析し、実力のつく予想をしていきましょう!.

次の

競艇で勝つ舟券の買い方

舟券の買い方

舟券を買う方法は主に4つ 舟券を買う方法は主に4つです。 競艇場• 場外チケット発売場• インターネット• 電話 以上の4つの方法で舟券を買うことができます。 競艇場で買う 日本全国で24か所の競艇場で舟券を購入できます。 競艇場内に入るためには入場料(50円~100円ほど)がかかりますがボートレースの迫力を目の前で味わうことができるところが最大のおすすめポイントです。 北は群馬県の桐生競艇場、南は長崎県の大村競艇場まで 全国のいたる所に競艇場があります。 ちなみに冬は気温が下がりすぎて競艇場が使えなくなる恐れがありますので群馬より北の地域では競艇場はありません。 (場外チケット発売所は北海道にもあります。 ) 全国の競艇場を旅をしながら舟券を買うというのも通な楽しみ方でおすすめです。 場外チケット発売所で買う 場外チケット発売所は競艇場外発売場やボートピアとも呼ばれ 全国に69か所あり北海道旭川市にもあります。 舟券を買った後は大型モニターでレースの様子を見ながら競艇を楽しむことができます。 室内で観戦するため夏は涼しく冬は暖かいのがいいところです。 インターネットで買う インターネットでも舟券を買うことができます。 最大のメリットは外出しなくていいというところで自宅にいながらにして競艇を楽しめます。 ただしインターネットで舟券を買うためには「テレボート」への会員登録と銀行口座が必要です。 会員登録は約5分ほどで終わります。 銀行口座はテレボート指定の銀行口座が必要なので以下の銀行の口座をお持ちか一度ご確認ください。 舟券を購入するときの手数料はかかりませんので何度購入しても大丈夫です。 電話で買う 舟券を電話で買うことも可能です。 電話で買うためには電話投票会員に登録しなければなりません。 もちろん上記で示したテレボート指定の銀行口座を持っていることも条件です。 電話投票会員に登録後は電話での舟券購入ができるようになります。 舟券の種類・買い方 舟券の種類は全部で7種類です。 競艇の的中確率は最高で3分の1(33. 配当が低くなっても的中確率が高い方を選ぶのか大穴狙いで高額配当の舟券を選ぶのか みなさんの戦略と腕が試される部分です。 単勝 的中確率:6分の1 出走数6台の中から1着を当てる舟券です。 最もシンプルわかりやすい舟券なので初心者におすすめです。 複勝 的中確率:3分の1 6台の中から2着までにゴールする艇を選ぶ舟券です。 購入した艇が1着でも2着でも的中です。 当たる確率は全7種類の買い方の中で最大の3分の1。 複勝は33. 2連単 的中確率:30分の1 1着と2着を着順通り当てる舟券です。 例えば1着が5号艇、2着が1号艇とすると5-1のみ的中になり 1-5は外れになります。 当たる確率は少し低めですがその分単勝や複勝より配当額が高額になります。 2連複 的中確率:15分の1 1着と2着の艇を当てる舟券です。 2連単と違って着順は関係ありません。 逆でもオーケーです。 例えば1着が5号艇、2着が1号艇とすると1-5と5-1どちらでも的中になります。 当たりやすくてそれなりの配当額になるため単勝に慣れてきた初心者の方におすすめです。 3連単 的中確率: 120分の1 1着、2着、3着を着順通り当てる舟券です。 例えば1着5号艇、2着1号艇、3着2号艇の場合 5-1-2のみ的中になりそれ以外はすべて外れになります。 7種類の船券の中で最も当たる確率が低い分、配当は最も高額になります。 3連単はなかなか当たりませんが当たった時のドキドキ感は他と比べ物になりません。 3連複 的中確率20分の1 1着、2着、3着を着順に関係なく当てる舟券です。 例えば1着5号艇、2着1号艇、3着2号艇の場合• 5-1-2• 5-2-1• 1-5-2• 1-2-5• 2-5-1• 2-1-5 以上の6通りすべて的中になります。 確率も20分の1となっており意外にも2連単よりも高くなっています。 3着まではわかるが着順が予想しにくいという場合におすすめです。 拡連複 的中確率5分の1 3着までにゴールする艇の中で着順に関係なく2艇当てる舟券です。 例えば1着5号艇、2着1号艇、3着2号艇の場合• 5-1• 1-5• 5-2• 2-5• 1-2• 2-1 以上がすべて的中でしかも予想した艇が1着、3着や2着、3着の場合でも的中になります。 とにかく予想した2つの号艇が3着までに入れば的中になります。 拡連複(かくれんぷく)は漢字を読むと難しそうなイメージですが 全然そんなことはありません。 拡連複はむしろ初心者におすすめのとても当たりやすい舟券です。 最も的中しやすい複勝の3分の1の次に当たりやすい高確率的中が期待できる舟券です。 舟券の買い方 ここでは競艇場での舟券の買い方について解説していきます。 マークカード記入 まずはマークカードに必要事項を記入していきます。 鉛筆で塗りつぶすだけですから簡単です。 ちなみにマークカードは「連勝式投票カード」と「ながし・ボックス投票カード」の2種類がありますが初心者におすすめのわかりやすい 「連勝式投票カード」の場合で説明します。 記入する部分は全部で6か所です。 開催場• レース(第何レースか)• 式別(2連単や3連複など)• 着順(1着、2着、場合によっては3着まで記入)• 単位(百円、千円、万円があります) 2. 舟券発売機にお金を入れる しわくちゃの紙幣や2千円札は使えませんので注意してください。 舟券発売機に必要事項を記入したマークカードを入れる 4. 舟券発売機から出てくる舟券を受け取る 以上の流れで舟券を購入できます。 最初は戸惑うかもしれませんが慣れてくると簡単です。 流し・ボックス買いとは 舟券の流し買い、ボックス買いについてご説明します。 流し買いとは 流し買いとはねらい目の1艇や2艇を軸にして他の艇を買っていく方法です。 例えば• 1-2• 1-3• 1-4• 1-5• 1-6 という買い方などが流し買いに該当します。 つまり1着でゴールインした艇が1号艇だった場合その瞬間的中したことが確定し 逆に1号艇が1着以外の場合はその瞬間外れが確定してしまいます。 1位は決まっていて2着以降がわからない場合に流し買いを使います。 ボックス買いとは 選んだ艇の番号の組み合わせが自動的にすべて購入できます。 3連単で選ぶ艇は3つ決まっているが着順の予想が難しいという場合におすすめです。 例えば 3連単で1号艇、2号艇、3号艇をボックス買いするとすべての組み合わせの舟券がが瞬時に購入可能です。 自分で1と2と3の組み合わせを考える必要ないので便利です。 その他の様々な買い方 流し買いやボックス買いのほかにも様々な舟券の買い方がありますのでご紹介します。 フォーメーション(ネットで購入可能) 1着、2着、3着の艇を複数パターン選びたいときに使います。 例えば3連単の場合は3着までに入る艇をいくつかのパターン選ぶときにこのフォーメーション買いをすれば自動的にすべての組み合わせを購入できる仕組みです。 オモテウラ オモテウラとは2連単の舟券の買い方の一つです。 1着1号艇、2着2号艇と予想した場合• 1-2• 2-1 と2つのパターンの2連単の舟券を購入する買い方です。 結果的に2連複とほぼ同じになってしまうのですが2連複のオッズと比べてオモテウラの方がオッズがいい場合はこの方法を使ったりします。 女子買い 女子買いとは女性レーサー限定レースのみを買う方法です。 女性レーサーの人数は現在約200名となっています。 男性レーサーに比べて人数が少ないので特徴を覚えやすく的中率を上げられるのです。 実力差• 得意なコース• 得意なポジション• 得意技 などを覚えておけば有利に舟券を買うことが可能でしょう。 誕生日買い 誕生日買いとは 出場するレーサーの誕生日を狙って舟券を買う方法です。 やっぱり誕生日には普段以上にがんばるというレーサーが多いのも事実です。 家で待っている家族がいればなおさらです。 回りの仲間も応援してくれるでしょう。 そのレーサーを応援するという意味も込めて 誕生日を狙って舟券を買うという方法もおすすめです。 初心者にオススメの買い方 初心者に一番おすすめの買い方は 複勝です。 複勝の的中率は3分の1。 つまり33. この確率は10レース予想をすると3回は当たる計算です。 初心者にはまず的中する楽しさを知ってもらいたいという思いを込めて複勝にしました。 配当額は少なくても的中するとやっぱり楽しくなります。 初心者の方が複勝に慣れてきたら次に単勝、連勝複式、連勝単式と 少しずつ難易度を上げていきましょう。 競艇は70キロを超える速度で水面を疾走し時にはほかの艇にぶつかりながらレースをする激しさと駆け引きの面白さを併せ持つ素晴らしい競技です。 みなさんもぜひ一度競艇の醍醐味を味わってください。

次の

競艇で90%以上の人間が勝てない7つの理由

舟券の買い方

競艇 ボートレース の舟券の買い方にもいくつかある種類。 初心者の頃は、種類も多すぎて訳がわからないと思いますが、整理をしてみると結構簡単!競艇の舟券の買い方を全てきちんと理解すれば、ボートレースを楽しむ幅も広がるはずです。 そこで今回は、『 競艇の舟券の買い方を全種類チェック!』と題して、ご紹介していきたいと思います! 覚えておくべきことはたったの 10個です!それではどうぞ! スポンサードリンク 【ボートレース】舟券の買い方全種類をチェック! 舟券の買い方で覚えておくべきことは、たったの10個!これらを全て覚えておけば、 初心者の方も安心! それでは早速ご紹介していきましょう! まずは基本の買い方について知る! まずは基本の買い方をピックアップしました。 複勝 1着か2着に入る艇を当てます。 当たり前ですが、単勝の2倍当たりやすいです。 2連単 1着と2着に入る艇を当てます。 順位も当てる必要があります。 2連複 1着と2着に入る艇を当てます。 順位不同なので、選んだ2艇のどちらが1着でも2着でも問題ありません。 3連単 1着と2着と3着に入る艇を当てます。 順位も当てる必要があります。 3連複 1着と2着と3着に入る艇を当てます。 順位不同なので、選んだ3艇のどれが1着、2着、3着でも問題ありません。 選んだ2艇が2艇とも3着までに入れば当たりです。 次は覚えておくと舟券をより効率良く買える買い方のご紹介です。 覚えておきたい応用編! 応用と言っても難しいわけではありません。 舟券を買う上で覚えておきたい買い方になります。 ここでは 3つ覚えておきましょう! 1. ボックス ボックスとは、選んだ複数の艇の全ての組み合わせを買う方法です。 ボックスで買う際には、ボックス専用のマークシートがあります。 例えば、2号艇、3号艇、4号艇の3連単を買うとしましょう。 2-3、2-4、3-2、3-4、4-2、4-3の全部で6通りの舟券を買うことになります。 この場合、ボックスの申し込み用紙で舟券を買うと、 マークシートを塗りつぶす欄を少なくて済むのです。 3連単や2連単を買うときにボックスは便利です。 普通のマークシートだと、たくさん塗りつぶさないといけない場合でも、塗りつぶすところを少なくできるのがボックスの特徴です。 あと、買い忘れも防ぐことができます。 流し 流しとは、1艇、もしくは2艇の軸艇を決め、その選んだ艇の含まれる全ての組み合わせを買う方法です。 例えば以下のようなときに効果を発揮します。 3連単を買うとき・・・ 「1号艇は1着で間違いないだろう。 」 「あとは2着、3着がどうなるか・・・」 ここは流しで買っておこう! この場合、以下の20通りの組み合わせを買うことになります。 1-2-3、1-2-4、1-2-5、1-2-6、1-3-2、1-3-4、1-3-5、1-3-6、1-4-2、1-4-3、1-4-5、 1-4-6、1-5-2、1-5-3、1-5-4、1-5-6、1-6-2、1-6-3、1-6-4、1-6-5。 これが流しです。 普通のマークシートで舟券を買う場合、塗りつぶす欄が多すぎて大変ですが、流し専用のマークシートを使えば、少ない塗りつぶしでこれら全ての舟券を購入することが可能です! 3. フォーメーション フォーメーションとはボックスと流しの間のような舟券の買い方です。 例えば、以下のような場合に効果を発揮します。 3連単を買うとき・・・ 「1着には1号艇で間違いなさそうだ!」 「2着には2号艇か3号艇がくるだろう。 」 この場合、以下の8通りの組み合わせを買うことになります。 1-2-3、1-2-4、1-2-5、1-2-6、1-3-2、1-3-4、1-3-5、1-3-6。 これらを効率よく買う方法がフォーメーションです。 しかし、競馬では一般的なフォーメーションの買い方も、競艇では一般的ではありません。 というのも 、レース会場ではフォーメーションで購入することができないのです。 競艇でフォーメーション買いをしたい場合、 『 テレボート』で購入する必要があります。 つまりインターネットであればフォーメーション買いをすることができるのです。 これはなぜだかわかりませんが、レース会場ではできませんが、ネット経由でなら可能です。 なので、慣れている人であれば、レース会場にいてもネット経由でフォーメーション買いをする人もいます。 必ず覚えておきましょう! スポンサードリンク まとめ 『 競艇の舟券の買い方を全種類チェック!』ということでご紹介してきました。 競艇ではこの10個のパターンを覚えておけば大丈夫!『7+3』の買いパターンがあると覚えておきましょう! それでは競艇ライフを楽しんでくださいね! スポンサードリンク•

次の