山師の意味。 詐欺

山師の語源

山師の意味

「ヤマを張る」の語源・由来 続いて「ヤマを張る」という日本語の語源と由来について解説します。 実は語源や由来に関しては正確にはわかっておらず「 軍師の山本勘助に関係している」「 山師に関係している」などの説があります。 軍師の山本勘助に関係する説 まずは武田信玄に仕えていた軍師である「山本勘助」に関係するという説です。 山本勘助は知略に優れており、 予想から立案された作戦がことごとく的中していました。 そのことが語源・由来となって「 山勘(ヤマカン)」という言葉が誕生したとされています。 よく「ヤマカンが当たった・はずれた」なんて言いますが、これは山本勘助が関係していたんですね。 そして、 その「山」から「ヤマを張る」という言葉が誕生したとされています。 山本勘助は川中島の合戦で討ち死にしてしまったのは、まさにヤマを張っていて、それが外れてしまったからなのかもしれません。 山師に関係する説 もう一つの説は「山師」という職業に関係する説です。 「山師」とは 山を歩き回って鉱脈を見つけたり、山にある木々を売買する人のことですね。 山には様々な鉱脈があり、金山などを見つけた場合は大金持ちになれますよね。 そして、山師が 鉱脈を見つけるために予測をつけることを「ヤマを張る」と呼んでいたそうなのです。 そのため、金の鉱脈を発見するなどの幸運をあてにして、予測したりすることを「ヤマを張る」と呼ぶようになったとされています。 山には金脈以外にも、鉄や銅、亜鉛、炭鉱などの鉱脈があり、それらを発見できれば大金持ちになれることから、山師はまさに ヤマを張って投機的な冒険をしていたんですね。 以上が「ヤマを張るの意味・語源・由来」についてでした。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

山師の意味

「ヤマを張る」の語源・由来 続いて「ヤマを張る」という日本語の語源と由来について解説します。 実は語源や由来に関しては正確にはわかっておらず「 軍師の山本勘助に関係している」「 山師に関係している」などの説があります。 軍師の山本勘助に関係する説 まずは武田信玄に仕えていた軍師である「山本勘助」に関係するという説です。 山本勘助は知略に優れており、 予想から立案された作戦がことごとく的中していました。 そのことが語源・由来となって「 山勘(ヤマカン)」という言葉が誕生したとされています。 よく「ヤマカンが当たった・はずれた」なんて言いますが、これは山本勘助が関係していたんですね。 そして、 その「山」から「ヤマを張る」という言葉が誕生したとされています。 山本勘助は川中島の合戦で討ち死にしてしまったのは、まさにヤマを張っていて、それが外れてしまったからなのかもしれません。 山師に関係する説 もう一つの説は「山師」という職業に関係する説です。 「山師」とは 山を歩き回って鉱脈を見つけたり、山にある木々を売買する人のことですね。 山には様々な鉱脈があり、金山などを見つけた場合は大金持ちになれますよね。 そして、山師が 鉱脈を見つけるために予測をつけることを「ヤマを張る」と呼んでいたそうなのです。 そのため、金の鉱脈を発見するなどの幸運をあてにして、予測したりすることを「ヤマを張る」と呼ぶようになったとされています。 山には金脈以外にも、鉄や銅、亜鉛、炭鉱などの鉱脈があり、それらを発見できれば大金持ちになれることから、山師はまさに ヤマを張って投機的な冒険をしていたんですね。 以上が「ヤマを張るの意味・語源・由来」についてでした。

次の

解説A11「日向木挽き唄(宮崎)」

山師の意味

解説A11「日向木挽き唄(宮崎)」 <姉妹版のポッドキャストに沿ってお送りしております> 宮崎県民謡。 宮崎県は古来より広大な山林を有し沢山の材木を産出しているが、この唄は、その木材の切り出しや製材の時に、大きな鋸を手にした杣夫(そまふ)や木挽き山師達によって唄われた仕事唄である。 この唄の源流は土着のものではなく、冬の農閑期を利用して九州へ出稼ぎに行った、広島県の木挽き職人が伝えた「広島木挽き唄」だといわれており、県北の北川町、県中の諸塚村、県南の北郷町などにそれぞれ代表的な唄がある。 当時の木挽き山師は、大鋸で木材を手挽きする筋骨隆々とした一級技術士であったため、待遇もよく、歌詞にもあるように村娘の憧れであった。 今日の節回しは、稗搗節やシャンシャン馬道中唄の編曲でも有名な、奈須稔(美静)氏が、故郷の東臼杵郡西郷村の木挽き唄に西諸郡地方の木挽き唄の囃子言葉をいれてまとめたものである。 また当地の生活の様もありありと伺えます。 26文字の甚句調の中に、時には「う~ん・・・」とうならせる程に含蓄のある意味を唄っているものもあり、興味深いです。 「思いきる木はさらにない」 「人の情けと煙草のけむり~」 など。 あと、 「木挽きさんにゃ行くな」は、いくなではなく「ゆくな」と発音するのが唄のジャンルではセオリーです。 「主と私は羽織のひもよ~」は、他の民謡にもある歌詞です。

次の