台湾 オードリー タン。 台湾の若きデジタル担当相(38)が講演「なぜ台湾が新しい技術を取り入れられたか」──デブコン5

オードリー・タンとシビックハッカー|高木久之|note

台湾 オードリー タン

00 はじめに 2019年9月11日に正式発足した第4次安倍再改造内閣。 その科学技術・IT担当大臣に任命された竹本直一氏(78)が 「本当にこの人で大丈夫?」 との声が早くも不安の上がっているのをご存知でしょうか? それもそのはず、 IT担当大臣 というこれからの時代の最先端を走るべき役割に 抜擢されているにも関わらず、 竹本大臣は去年発足した通称「はんこ議連」の会長だったことから 今月12日の記者会見で、 「行政手続きの『デジタル化』と書面に押印する日本古来の『はんこ文化』の両立を目指す」 という発言をされたのです。 これは、 安倍政権がどのような姿勢で政治を作っていくのか 政策をきちんと考えているのか かなり疑問視される発言だったかと思います。 そんな中、 ネットで注目を浴びた人物がもう一人いました。 その人物が、この記事のタイトルにもなっている 台湾のオードリー・タン大臣 です。 彼女は、 1、最年少である 2、中卒である 3、トランスジェンダーである という、 3つの史上初 を持つ異色の経歴の閣僚であり、 2019年1月には 米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で「世界の頭脳100」 に選ばれています。 私は、以前より フェミニストの方や 社会で活躍している女性 に注目してきました。 なので、 今回の記事では 台湾の38歳天才プログラマー オードリー・タン大臣 が、 どのような人生を送り どんな考えを持っていて 周りからどう評価されてきたか そこに対して彼女はどう闘ってきたのか など彼女を分解してご紹介することで より多くの人にジェンダー問題を認知・理解していただき 差別の溝を埋めていくお手伝いができたらと思っています。 01 異色すぎるプロフィール では、まずは、 冒頭にもある 「3つの世界初」 という業績をお持ちである 彼女の基本情報・経歴をご紹介致します。 名前は唐 鳳 とう ほう、タン・フォン、オードリー・タン)。 1981年4月18日生まれ。 中華民国のフリーソフトウェア プログラマーであり、 「台湾の コンピューター界における偉大な10人の中の1人」。 2016年8月、行政院政務委員に任命され、 トランスジェンダーの人物が閣僚に任命された世界で最初の事例。 このプロフィールを聞いただけで 並大抵の方では無いなと思ってしまうのですが、 これだけではなく ・14歳で中学 中退 ・19歳でシリコンバレーでソフトウェア会社を 起業 ・男性から女性へ 性転換 ・ IQが180以上 ・『フォーリン・ポリシー』のグローバル思想家100人に選出 ・35歳での閣僚就任は台湾で 史上最年少 などなど、 才能・経歴・性別 様々な観点から見ても 人とは一見 異なった人生を歩まれています。 02 トランスジェンダーについて また、 フェミニストの私が注目したいのが 「トランスジェンダー」 という性です。 今でこそ「LGBT」という言葉は共通言語になっているかもしれませんが、 「トランスジェンダー」はその中の「T」にあたり 性自認と身体的性は一致しつつ見られ方が異なる 特徴を持ちます。 オードリータン氏は自身のブログで 「私の脳は私が女性であると認識しているのに、社会的にはそうでないことが要求される」 と発言しているように、 性自認は女性だが容姿は男性 のトランス(=交差)ジェンダーでありました。 しかし、2005年に性転換を行い、 今では女性として活動されています。 日本においても はるな愛さんやKABAさんが有名ですが、 まだまだ彼女たちは特別視されている風潮があることは否めません。 また、 芸能人だからこそ トランスジェンダー=キャラ として捉えられることが多いですが、 例えば、 あなたの親しい友人や家族を思い浮かべてみてください。 その方が 「実は男だったんだ」 「実は女だったんだ」 と言った時に、 あなたはどう思うでしょうか? 「え…?」 と少しでも戸惑うことはあるかと思います。 しかし、 私たち生き物は 自分の意思を持って この体に生まれてきたわけではありません。 なので、私は、 生まれて来るときに選択ができない 人種・男女 を 差別する文化を無くしたいと思っています。 03 彼女の魅力 少し話が逸れましたが、 特に彼女の魅力的だと思うところが 「素直でオープンで、ユーモアにも溢れている」 点です。 少し前の記事ではありますが、 この記事の内容を一部抜粋すると、 インタビュアー:「怪胎」(変な人)と思われたことはありませんか? (個人的に、ちょー失礼な質問だと思います) これに対して、 タン氏:先天性の心臓病の診断されたので、胎児の時から、他の人と異なる育ち方をしてきました。 なので、変な人と思われても気にしません。 (胎児の時から異なる育ち方って…笑) 他にも、 インタビュアー:IQ180って、本当ですか? (え、、、どうでもよくないか?その質問。 笑) タン氏:大人になってからのIQについて議論することに意味はありません。 それに、IQ試験の時、携帯電話を持ち込めば、誰でも160くらいは簡単に取れてしまいます。 デジタル機器をうまく使えれば、大人も子どもも関係なく、仕事を有意義にできると思います。 ちなみに、私の身長は180センチです。 (ハッキリしてるなぁ。 って、最後の決めゼリフ。 笑) と、 意地悪な質問に対して、 包み隠すことなくインタビューに答え 相手の笑いを誘う言葉までかけれる余裕感 には畏敬の念を抱きます。 こんな女性が日本に沢山現れたらいいなと思います。 04 さいごに いかがでしたでしょうか? まだまだ 差別が横行している現代社会を変えていくには、 女性の社会進出が欠かせません。 どんな歴史の境目でも虐げられてきた女性が 経済的にも精神的にも自立して 社会に意見できる機会が増えることで、 ・人種差別 ・男女差別 ・雇用差別 など、あらゆる社会問題もなくなっていき、 誰もが生きやすい世界になるのではないでしょうか? 今後も彼女の活動に注目していきたいと思います。 (追記 2020. 18)コロナの影響で人種差別による格差社会が広がると懸念されている将来ですが、そんな中で、生き抜く術や役立つ最新情報を発信していきます。

次の

台湾の天才政治家!オードリータン(唐鳳)!性別は男なの?女なの?

台湾 オードリー タン

また、 IQ180もある人としても有名で、タン氏は米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で 「世界の頭脳100」に選出されたことがあります。 タン氏は 8歳からプログラミングを学び始め、 15歳の時にはもう中学校を中退し、IT企業を起業していたそうです。 15歳までに起業できるほどのプログラミングの知識を身につけたなんて、どうやって勉強したのか知りたい所ですよね。 また、タン氏は トランスジェンダーであることも公表しています。 20歳の頃にホルモンの濃度検査を行い、中性的な結果が出たそうです。 マスクの持ち出し・転売を禁止する• 薬局にあるマスクのデータをインターネット上に公開する• マスクの購入を実名制にする• 1 人あたり 1 週間で 2 枚までの購入に制限する• デマの情報を信じないよう注意喚起のメールを配信する• バスやタクシー運転手など必要な人に行きわたるよう優先的に届くよう情報を発信する• ダイヤモンドプリンセスの乗客の下船してから訪れた場所を公開する 日本と同じように、台湾でもマスクの在庫不足は深刻な問題となっていました。 そこで、マスクの購入を 実名制にすることで、マスクの高額な転売を防ぎました。 他にも、国内の薬局のマスクの在庫状況の情報を公開したそうです。 これをしたことによって、民間のITエンジニアがマップ上にそのデータを埋め込み、どこでマスクが手に入るのかが一目でわかるアプリを無償で開発しました。 これらの政策を早い段階でしたことによって、台湾は アジアの中では感染者がかなり少ないです。 厳しい規制によって最初は国民からの批判がありましたが、だからと言って政策を変えずに批判を受けながらも国民を守ろうとしたことがすごいと思います。 日本ではマスクの生産量を増やすといった対策をとっていますが、転売をなんとか防止しなければ供給量が増えても本当に必要としている人のもとに届かないかもしれません。 オードリー・タンの経歴と性別について オードリー・タン氏は、2016年9月、蔡英文総統の下で史上最年少(当時35歳)で閣僚となり、話題になりました。 それだけではありません、中卒の人として初、そしてトランスジェンダー(MTF)としても初、同時に世界初のトランスジェンダーとして初の閣僚となり、初物尽くしの閣僚の誕生だったわけです。 そんな天才プログラマーでもある、 オードリー・タン氏の経歴を詳細に調べていきます。 新聞記者出身の両親のもとに生まれる• IQ180と天才級の頭脳を持ち、8歳からコンピュータプログラミングに関心を持つ• 14歳の時に中学校を離れ、独学を選択• 15歳で起業し、プログラミング言語「Perl(パール)」発展に寄与• 20歳の時に、男性ホルモンの濃度を検査して、ほぼ男女の中間だと判明• 24歳の時、 性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更• その後、台湾内外のIT企業の顧問や米アップル社のコンサルタントとして活動• 35歳で、台湾政府の閣僚に抜擢 幼少期は、あまりにも早熟だったため、かえって学校に適応できず、同期から「お前さえいなければトップなのに」と殴られたこともあったそう。 世界に知られるきっかけは、15歳の時に、プログラミング言語「Perl(パール)」発展に寄与したことで、IT業界では誰もが注目する天才として認められました。 プログラミング言語「Perl(パール)」とは、世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語のこと タン氏は20歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査して、だいたい男女の中間だと判明したそうです。 この時に自身がトランスジェンダーだと科学的に立証されたのですね。 また、両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、性別に関して 特定の認識が無かった模様。 思春期には、10代で男性の、20代で女性の 両性の思春期を経験しているので、性別に関してはどちらかに属する存在だとは思っていないそうです。 加えて12歳のころに出合ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も無かったため、尚更ですね。 24歳の時に、両親の応援のもとで性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更しました。 名前の由来は、「性別は流動的なもの」として中性的な名前に変えたのが理由だそう。 IT大臣に任命された際、台湾の行政院(内閣)に出した身上書の性別欄には 「無」と書いたそうです。 自身の性別について、タン氏は以下のようにコメントしています。 トランスジェンダー(Xジェンダー)であることで「物事を考えるときに男女という枠にとらわれずにいられるから、大半の人よりも自由度が高い」、「すべての立場の人たちに寄り添えるという良さもあります」とタン氏は言っています。 確かに、女性、男性と区別なく、フラットな意見で率直なものが言えるので、人々の心にダイレクトに響きますよね。

次の

台湾当局のデジタル行政はなぜ先進的なのか、オードリー・タンIT担当大臣が語る

台湾 オードリー タン

台湾のデジタル大臣 台湾のデジタル政策を担当するオードリーさんは、日本の無任所大臣に相当する行政院政務委員を務める。 主に「開かれた台湾政府」の促進を担当しているほか、社会問題に対する革新的な解決法を見い出す「ソーシャル・イノベーション」や「若者たちの政治参加」実現のために政府関連機関のデジタル化のバックアップを行ったり、民間の専門家たちが社会問題の解決に関わるプレゼンテーションを競い合う「総統盃ハッカソン」を開催している。 彼女が率いるチーム「PDIS(Public Digital Innovation Space)」の活動はすべてされている。 また、オードリーさんはデジタル大臣以外にも台湾内外の様々な団体で理事を務めており、その仕事量は想像を絶する。 行政院内のオードリーさんのオフィスは、若いスタッフが多い印象だ(筆者撮影) オードリーさんのデスク。 VR頭部装着ディスプレイなどデジタル機器が並んでいた(筆者撮影) 「いじめは一年間だけ」エピソードに見た達観 筆者が寄稿したは、特集とはいえネット媒体の記事としては珍しく、半年もの時間をかけて準備した。 台湾のインターネット上に書かれていることにはひと通り目を通しているが、大部分の報道には「オードリー・タンは幼いころ壮絶ないじめにあった」と書かれており、取材前から彼女のこれまでの人生がどれだけ苦しいものだったのかに思いを馳せ、勝手に胸が締め付けられるような思いでいた。 ところが、インタビューの場でオードリーさんはあっけなく笑いながら言った。 「学校や先生、クラスメイトたちに風評被害があると申し訳ないので、これは絶対に訂正させていただきたいのですが、私がいじめにあったのは小学2年の1年間だけです。 私は3つの幼稚園、6つの小学校、そして中学は1年間だけと、10年間で10の学校に行っています。 何かあったらすぐに転校するので、いじめがずっと続いていたわけではありません。 転校したのは私自身の適性問題だった部分もあるのです」 驚いた筆者が思わず「台湾のインターネット上では全く違うことが書かれています。 多くの人が参照するウィキペディアの情報だけでも直しては?」と聞くと、即座に「ウィキペディアは『他人が発表した情報を元に、第三者が編集する場所』で、さまざまな人が編集できる空間を残しているんです。 当事者は情報を編集してはならないという原則がありますから、私が情報を変えるということはしません」と答えた。 それならば筆者自身が情報を訂正しても良いかと食い下がると、その答えはこうだった。 「あなたも私を取材した当事者ですからダメですね(笑)。 あなた方の報道を見た第三者が編集するなら大丈夫です」 大臣就任前からインターネット上の立法に関わる このやり取りで、オードリーさんはとてもルールを重んじる方なのだという印象を受けた。 それもそのはず、デジタル大臣に就任するずっと前の15歳頃からIETF(インターネット技術特別調査委員会。 インターネットで利用される技術の標準を策定する組織)でインターネット上の規則作りに関与したり、W3C(World Wide Web Consortium。 Web技術の標準化を行う非営利団体)で通信ルールの取り決めを行うなど、国境を超えたインターネットという世界のルール制定に参加していたのだった。 彼女はそれを「インターネットには国境がないので国家という概念でこそないが、そこでしていた仕事はすべて政治のようなものだった」と語っている。 台湾のデジタル大臣としての活動も、彼女にとってはそれらと同じようなこととして捉えているように思えた。 「開かれた政府」を体現する敷居の低さ デジタル大臣という身分にありながら、人との間に壁を感じさせないのは彼女の素晴らしいところだ。 オードリーさんは毎週水曜日、台北市内の「社会創新実験センター」という場所にいることになっており、誰でも会いに行くことができる。 午前10時から午後2時までは予約なしで自由に会いに行くことができる。 午後2時から午後5時までは予約制で、から予約を申し込める。 これは「開かれた政府」を自ら実践していると言って良い。 日本の国会に相当する行政院の購買部入り口。 一般客も自由に入れるようになっている。 Yahooニュース特集でオードリーさんが買い物をしているのはこちらの場所だ(筆者撮影) Yahooニュースの特集取材で、編集を担当した神田憲行・編集部デスクは、自身は多数の著書を持つ取材経験豊富なノンフィクションライターだ。 そんな神田氏もでオードリーさんについての感想を「取材申請して2日でOK、2時間の予定の取材時間をさらに1時間延長させてくれる。 人との敷居が非常に低い。 なるほど、傑物だと思いました」と語っている。 また、オードリーさんはこちらの質問に耳を傾け、それに対する情報を圧倒的なボリュームで回答してくれる。 それには深いレベルでヒアリングを行う高度な「傾聴」と、想定を超えた回答で相手に気付きを与える能力が必要だ。 米アップルや台湾の電気製品メーカーBenQといった大企業でコンサルタントとして活躍するオードリーさんの姿を思い浮かべさせられた。 受け答えの速さもさることながら、話すスピードも相当なものだった。 「目の前に知の巨人がいる」そう思いながら夢中でインタビューに臨み、2時間の予定が3時間に及んだ。 取材後は頭の中が情報で溢れていた。 行政院内の廊下をオードリーさんとともに歩く。 身長180センチの彼女は歩くのも速かった(筆者撮影) クラウドでの記事確認に、本人が現れる 特集記事が公開される前、オードリーさん本人に内容確認を行った時のこと。 筆者はクラウド上で同時編集できる「Googleドキュメント」を使用してファイルを提出した。 すると、ドキュメント上にオードリーさんが降臨したのだ。 同じドキュメント上にオードリーさんがいる。 そして降臨するやいなや、すさまじい速さで原稿を確認し、コメントを残していく動きが手に取るように分かった。 オードリーさんがコメントで残してくれた訂正箇所について、何度かドキュメント上でやりとりをすると、彼女はきっちり「解決」ボタンを押し、颯爽とドキュメントを去っていった。 小さなところまで真摯に仕事をされる姿勢に、完全に敬服してしまった。 確認のやり取りは公開直前まで続き、細部までチェックしてくれた(筆者撮影) IQではなくEQで人を見る台湾 オードリーさんが日本で紹介される際、常に取り沙汰されるのが「IQ180」というフレーズだ。 だがここ台湾では「天才」という表現はされても、IQを取り上げることはあまりない。 過去にオードリーさん自身「大人になってからIQ(知能指数)を語ることはあまり意味をなさない」と語っていることが影響していると思われるが、筆者が台湾で感じる「台湾人は人物を見るときにEQ(Emotional Quality:心や感情の知能指数)を重視する」といった点も、少なからず影響していると考えられる。 どんなに頭が良くても、相手を尊重した言動が取れない人間は「EQが低い」とみなされ、台湾でここまで支持されることはないだろう。 筆者も今回紹介したようなエピソードの節々に、彼女のEQの高さを感じた。 「オードリー・タンは台湾の希望」 特集記事への感想で、「オードリーさんのような大臣がいる台湾がうらやましい。 」という声を数多くいただく。 確かに、台湾人は口々に「オードリー・タンは台湾の希望」と語る。 それは彼女が天才的な頭脳や技術を持ちながらも「公僕の公僕」として公益のために身を投じ続けていることに対する賛辞だ。 オードリーさんは常に特定の団体に帰属するということはなく、官民や、意見の異なる人々がスムーズに合意に至れるようサポートするといったスタンスで政治に参加している。 それは2016年に史上最年少で入閣する前、2014年の「ひまわり運動」で民間と議会の対話をデジタル技術でバックアップした頃からずっと続いている。 そして、筆者は日本にもオードリーさんのような人材がきっと存在すると思っている。 肝心なのはそのような人材が、たとえ皆が思い描く政治家のイメージと幾ばくか違っていたとしても、より良い社会のためにその人物を起用できるかということなのではないだろうか。 オードリーさんが起用される台湾とは 台湾に移住してから「台湾は常に、手に持っているカードで精一杯戦っている」と感じている。 強国・中国の存在を常に感じ、世界から国として認められないことによる不利益を飲み込みながらもくじけることなく、自分たちにどれだけ実力があるかを国民や世界に対して示している。 オードリーさんの実績や能力に注目し、確固たる姿勢で大臣として迎え入れる台湾政府の姿からは、そのトップに立つ人々の柔軟性と、台湾の実力を高めることを最優先事項に据えた強い意思を感じさせる。 日本の内閣府に相当する台湾の行政院(筆者撮影) そして台湾社会も、そんな政治から目を離さずに見つめている。 台湾のリベラルな社会を守るために必要なものは支持するし、オードリーさんのように次々と実績を残す人物を起用した政府は肯定されていく。 自分と違うものを許容する社会と、国や自治体を政治家任せにするのではなく、自分たちが参加して作るのだという国民一人ひとりの強い当事者意識。 台湾は、それらが筆者自身に欠けていたということを気付かせてくれた。 バナー写真=行政院内にあるオードリーさんの執務室入口にて。 左から2人目が筆者、3人目がオードリーさん(筆者提供).

次の