堀 ちえみ ワイド ショー。 50代主婦の危ういネットリテラシー 「堀ちえみさんブログ中傷事件」に学ぶ

堀ちえみブログ脅迫逮捕の50代主婦は誰?顔写真や実名は?特定された?|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

堀 ちえみ ワイド ショー

現在も舌癌で闘病中の堀ちえみさんのブログに誹謗中傷のコメントを残し、50代の女性が書類送検されました。 犯人の女性は全く反省している様子がなく批判されていますが、書き込みの内容自体は確かにネットでよく目にするレベルのコメントでした。 警察が書類送検と判断した理由や、犯行の動機など紹介します。 まず大前提として何度もがんを体験し、現在も治療中の女性に誹謗中傷のコメントを残すのは、まともな神経ではないです。 (以前市川海老蔵さんと小林麻央さんも批判されていました。 騒がれたくなければ表に出てくるなという理屈は分かりますが、それでも生き死の危機に瀕している人間に対してのネガティブなコメントは普通はしない) というのが私の感覚なのですが、2チャンネルなどではどちらかというと批判的な意見の方が多いのが現状です。 堀ちえみが批判される訳 堀ちえみさんの場合は、ステージ4の舌ガンにも拘らず割と元気そうなので、一部ではステージ4が嘘じゃないかという疑いや、あとは以前安倍首相が潰瘍性大腸炎で苦しんでいた際にワイドショーでバカにしていた事で多少ヘイトがあるようです。 桂南光さんはちょっと酷いですね。 お腹が痛い首相と完全にバカにしています。 今回のシネ発言が誹謗中傷となるのであれば、彼の発言も安倍首相が動けば何らかの罰を受けることになるレベルです。 犯人50代主婦の発言と言い訳 「シネ」「消えろ」とコメントを残しそれがアウトと判断されたようです。 以下は50代主婦女性のコメント。 また動機は最初は好意でみていたら人が増えてきて何となくだそうです。 — ポンコツ丸 ponkotu2sei — ポンコツ丸 ponkotu2sei コメントをする行動は理解できませんが、この程度で逮捕になるの?という感覚は理解できます。 確かに個人的にも少し驚きました。 書類送検に至った理由 ブログにコメントを残すと固有のIPアドレスが管理人に分かるので、それが警察が迅速に動いた1つの大きな理由かなと思います。 例えば5ちゃんねるなど大手掲示板やyoutubeなどでの誹謗中傷であれば、一旦プロバイダやサイト管理者に情報開示請求をする必要があり、今回のような「シネ」ぐらいの発言であれば、情報開示請求に応じないケースが多いように思います。 少なくとも時間は結構かかります。 あとはガンで闘病中の身であったことや、堀ちえみさんが有名芸能人であったことも後押しになったかもしれません。 何れにせよこの程度の書き込みでも逮捕に至る可能性があるというのは、ネット住民に割と影響が出てくる気がします。 文句を言う方法は? 例えば仮に松村邦洋を誹謗中傷したいのであれば、「デブ」など具体的な文言は多分アウトの可能性があります。 ですので「今日はウケまくりでしたね」とか「松村邦洋さんモテるはずなのに何で結婚しないんですか?」など遠回しの皮肉や褒め殺し的な発言だったら一応リスクを抑えて嫌がらせすることは可能です。 (松村邦洋さんごめんなさい。 かなり好きなタレントさんです) ただ一番は言い回しよりも相手を見て発言することですね。 シャレの通じなさそうな相手や状況というのがあるので、そこを見極めればシネ程度は基本大丈夫です。 ネットの反応 この50代主婦は論外だが書き込まれたのが一般人だったら動いてくれるのかという疑問があります。 相手が堀ちえみだから動いたとは思いたくないけどさ。 掲示板を信じて堀さんが嘘をついていると思い書き込んだ。 匿名だと思って好き放題している人たち、覚悟を持って書き込みしてくださいね。 50って。 手術して助かって、元気になって、それが気にくわない?どういういう神経。 まだまだ不安の中に居るに決まってるじゃん。 こういうことしたら送検されるって例が出来て良かったんじゃないかな。 同じ道民として恥ずかしい。 意味がわからん。 狂ってる。 そしてそれをわざわざ本人のブログに書き込むの頭悪すぎる。 — くじら whaletail98 現在の堀ちえみさん.

次の

闘病中の堀ちえみさんのブログに「死ね、消えろ」「馬鹿みたい」と書き込んだ主婦。番組が直撃すると...: J

堀 ちえみ ワイド ショー

堀ちえみさん公式ブログより 先日、舌がんであることを自身のブログで公表した堀ちえみさん。 テレビのワイドショーでは連日、堀さんの特集を組んでいたが、『バイキング』(フジテレビ系)での松嶋尚美の発言が「無神経だ」と物議を醸した。 20日放送の『バイキング』で松嶋は、堀さんのブログは涙で最後まで読めなかったと告白。 そして、闘病することを決意した彼女に対して「決断してくれて良かった」と言いながら、「これはかわいそうすぎるわ。 ほんとにいろんな病気しすぎてね」と、涙ながらに語った。 松嶋は現在その関連事務所に移っているが、親交はあったのだろう、松嶋は堀さんの印象を「太陽みたいな人」と表現していた。 堀さんのがん公表に松嶋が大きなショックを受けただろうことは想像に難くない。 なお、堀ちえみさんは今月22日に手術を受け、25日にはICUから一般病棟に移ったという。 夫と筆談をするなど、順調に回復しているようだ。 26日にはブログを更新し「昨日の夕方、ほんの少しだけ歩いてみました」等と綴っている。 一方、今月12日には、水泳の池江璃花子選手も白血病であることを自身のツイッターで公表したが、その際も報道番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)での安藤優子の発言が不適切だと非難を浴びた。 <かわいらしさとすべてを持ってらっしゃるなと思ったんですけど。 神様がちょっと試練を与えたのかな、というふうにも思います> 安藤はこの発言に加え、池江選手について話しながら時折笑顔をみせる場面もあったとして、動画として発言がネットで拡散されると、「病気になった人の身になってほしい」「病気で亡くなった人は神様の試練を乗り越えられなかったってこと?」「病気の話で笑顔になるのは不謹慎」など、安藤へ強いバッシングが展開されていた。

次の

堀ちえみさんに“かわいそう”発言でバッシングも、病気をエンタメとして消費するテレビ

堀 ちえみ ワイド ショー

「みんな言ってる」の「みんな」とは? さんのブログに誹謗中傷を書き込み、書類送検された主婦の言動から考えます。 舌がんで闘病中の のブログに誹謗 ひぼう 中傷するコメントを書き込んだとして、50代の主婦が書類送検された。 フジテレビの「とくダネ!」や「直撃LIVEグッディ!」、そして「バイキング」で、同局スタッフがその主婦の自宅を直撃した模様を見たのだが、同年代(私の方が恐らく10歳ほど上だと思うが 日産 1万人規模の人員削減 欧米販売不振で - 毎日新聞日産自動車が、グループ全体で1万人規模の人員削減を検討していることが明らかになった。 5月に4800人の削減を公表していたが、大幅に積み増す。 欧米の販売不振が続き、グローバルでの生産体制見直しが急務となっていた。 首相「極めて厳しい差別、心から深くおわび」ハンセン病家族訴訟原告に謝罪 - 毎日新聞安倍晋三首相は24日、国の敗訴が確定したハンセン病家族訴訟の原告・弁護団と首相官邸で初めて面会し、家族が強いられてきた苦痛と苦難に対し謝罪した。 首相は約50人の原告・弁護団の代表を前に「極めて厳しい差別が向けられたことは厳然たる事実。 長い間、大切な人生において大変な苦難を強いることになってしまった 反日森友統一神霊協会学園を巡り佐川元長官や財務省幹部ら、再び不起訴へ…大阪地検の反日在日枠の検事が捜査終結何故、反日在日北朝鮮帰化人三世日本会議統一神霊協会員と友人で、忖度であった。 誤記訂正キボン 誤 家族が強いられてきた苦痛と苦難に対し謝罪しました。 正 家族が強いられてきた苦痛と苦難に対し 口先だけで 謝罪しました という原稿を読んだ。 直径24メートル、総重量39トン 日本一の大水車が完成 埼玉 - 毎日新聞埼玉県寄居町の県立川の博物館で直径24・2メートル、総重量39・5トンの新しい大水車が完成した。 以前より直径が1・2メートル大きくなり、「日本一大きな水車」に返り咲いた。 県産ヒノキを使用し、真下から迫力ある様子を楽しめる。 28日に完成セレモニーが開かれる。 米国防相にエスパー氏就任 長官不在ようやく解消 - 毎日新聞米上院本会議は23日、マーク・エスパー陸軍長官(55)を国防長官とする人事を賛成多数で承認。 エスパー氏はホワイトハウスで宣誓、長官に就任した。 昨年末のマティス前長官辞任後、半年以上続いた国防長官の不在が、ようやく解消された。 【ワシントン古本陽荘】 エスパー誕生! ORICON NEWS:ゆにばーす川瀬名人、7月給料は37万円超「吉本興業感謝」 ギャラ不満芸人に皮肉 - 毎日新聞お笑い芸人の内紛はどうでもいい 吉本は改善のチャンスなのに 悪いイメージのままズルズル行くのだろう 質の悪いおもろないのはTV出るな 吉本は全員専用劇場だけで十分 もらいすぎw だれ 宮城の国立ハンセン病療養所 自治会長が証言「感染していない子供も集められた」 - 毎日新聞国立ハンセン病療養所「東北新生園」=宮城県登米市迫町=の入所者自治組織「楓(かえで)会」会長の久保瑛二さん(86)が、旧らい予防法時代に元患者とその子供たちが受けた差別や偏見について毎日新聞に証言した。 園に隔離された患者の「感染していない」子供(未感染児童)が親と離されて園内の「保育所」に集められ.

次の