楽天カード 楽天銀行 メリット。 【クレジットカード】楽天カードがおすすめな理由。メリットデメリット比較

【クレジットカード】楽天カードがおすすめな理由。メリットデメリット比較

楽天カード 楽天銀行 メリット

楽天カードの引き落とし口座は、メガバンクをはじめ地方銀行やネット銀行など、さまざまな銀行が登録可能です。 そんな中でも、 楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると6つのメリットがあります。 今回は、楽天カードの引き落としを楽天銀行にする6つのメリットを紹介します。 楽天銀行のハッピープログラムが使える 楽天銀行の最大のメリットは、なんといっても「ハッピープログラムの恩恵がアツい」という点です。 楽天銀行のハッピープログラムとは、楽天銀行顧客専用の「優遇プログラム」のことを言います。 楽天銀行のようなネット銀行には、やなど、さまざまな顧客優遇プログラムがあります。 上記の2つはそれぞれ、ATM手数料が無料になるなどの特典がありますが、楽天カードとの相性を考えるなら楽天銀行のハッピープログラムは最強の顧客優遇プログラムです。 たとえば、楽天カードの引き落とし口座として楽天銀行口座を設定しておくだけで、最大3~9ポイントが毎月貯まります。 楽天銀行の6つのメリット 楽天銀行を利用するメリットは、楽天ポイントが貯まるだけでなく他にもいろいろあります。 コンビニATMが24時間365日利用可能 楽天銀行はネットバンクなので実在する店舗がありません。 そのため、現金の入出金には提携ATMを利用するわけですが、 楽天銀行は24時間営業のコンビニATMとも提携しているので時間を気にせず入出金が出来るメリットがあります。 ATM手数料が最大月7回まで無料 楽天銀行の提携ATM利用時には、 入出金1回ごとに220円か275円の利用手数料が必要です。 ただ、楽天銀行のハッピープログラムを利用すれば、以下の表のとおり、 1ヶ月最大7回まで手数料が無料になります。 普通預金にお金を預けていても雀の涙ほどの金利しかもらえない時代に、ATM手数料が無料になるのは嬉しい限りです。 楽天銀行を利用してハッピープログラムを最大活用すれば、振込手数料についても「1ヶ月最大3回まで無料」になります。 楽天ポイントが貯まる・使える 楽天ポイントを貯めるなら、楽天カードと楽天銀行との合わせ技は最強です。 さらに楽天ポイントを貯めたいなら、楽天銀行のサービスをフル活用することをおすすめします。 たとえば、 楽天銀行口座で給与を受け取るだけでも毎月最大3ポイントが貯まりますし、宝くじを購入するだけでも1回の購入で1ポイントが貯まります。 楽天銀行ならではの高金利 一般的な銀行の普通預金の金利は0. 一方、 楽天銀行は店舗を持つ必要がないなど低コスト経営が可能でコストがかからない分、預金金利が高いというメリットがあります。 また、以下の表にあるとおり楽天カードのカード利用実績があれば、さらに金利優遇が受けられます。 <楽天銀行の普通預金金利> 普通預金金利 0. 02% 一般的な銀行の20倍 普通預金金利 楽天カードの利用引き落としがある場合 0. 04% 一般的な銀行の40倍 普通預金金利 マネーブリッジ利用者 0. 10% 楽天銀行のデメリットは実店舗がない事 ここまで楽天銀行のメリットばかりでしたが、楽天銀行には当然デメリットもあります。 楽天銀行の最大のデメリットは「 相談したいときに実店舗が存在しない」という点です。 日常の入出金や振り込みなどはパソコンやスマホで手続きが可能ですが、やはりお金の相談やスマホで手続きができないなどの事態になったときは、窓口で直接相談したいもの。 人によっては困ったときに実店舗がないのは不安という方も多いかもしれません。 ただ、楽天銀行には実店舗はありませんが、万一のトラブルの際には24時間の電話サポートが受けられるため安心です。 最後に楽天銀行の口座開設の流れをご紹介しておきます。 PCもしくはスマホで開設が出来ます。 STEP1 口座開設に必要な情報を入力 氏名や住所、勤務先や学校名などを入力 利用するカードを選択 通常のキャッシュカードを選択するか、デビットカードを選ぶかなど 本人特定事項の確認方法を選択 「アプリで免許証をアップロードする」または「配達員に本人確認書類を提示する」などの方法を選択 STEP2 追加オプションサービスを選択 楽天銀行宝くじ、totoBIG、カードローンなど利用したいサービスがあれば選択 STEP3 本人確認書類の提出 アプリでの提出を選択した場合は、アプリで運転免許証やパスポートを撮影しアップロード STEP4 初期設定 自宅に「ThankYouレター初期設定ガイド」が届いたら、ガイドに沿ってIDやパスワードなどの初期設定をする 利用開始 IDとパスワードを入力して利用開始 以上、楽天カードの引き落としを楽天銀行にする6つのメリットのまとめでした。 このサイトはリンクフリーです。 リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。 ありがとうございます。 (参照:) このコラムにおすすめのカード 楽天カード.

次の

楽天カードの支払い口座は楽天銀行に変更すべき?メリット・デメリットまとめ!

楽天カード 楽天銀行 メリット

楽天キャッシュカードとは楽天銀行のキャッシュカードのことです。 実際に楽天キャッシュカードの使い勝手は良いのか気になるところです。 いくつかの利用者のコメントを通して考えてみましょう。 まず、楽天銀行キャッシュカードは楽天銀行に口座を持っていれば発行手数料無料で誰もが持つことができるものです。 年会費が無料というのも一つのメリットです。 しかし、多くの口コミを見るとこの楽天銀行キャッシュカードにメリットを見出して使っている人は少なく、 楽天銀行に口座を持つメリットを評価している人が多いと言えます。 では、楽天銀行に口座を作るメリットはどんなものがあるのでしょうか。 銀行を利用していると振込手数料やATM手数料というのは一回当たりの値段は少ないのですが、回数が重なるとばかにならないと感じる人はたくさんいますよね。 しかし、多くの利用者が、 楽天銀行は振り込み手数料が安くて助かると感じていたり、ATM手数料が ハッピープログラム会員だと毎月7回まで無料で嬉しいと感じていたりすることが分かります。 特に、毎月何回もATMを利用する人はこのハッピープログラム会員になっている人が多いのが特徴でした。 楽天キャッシュカードがあるとATMも利用しやすいですし、万が一無くしてしまってもクレジットカードを無くすほどの影響がないので安心できるというのがメリットかもしれないですね。 しかし 、お財布に楽天キャッシュカードとクレジットカードの二枚を入れなくてはいけないというデメリットを感じている人もいるようですよ。 そんな人におススメなのは、一体型キャッシュカードです。 ・一体型キャッシュカードとは一体なに? そんな人のために楽天銀行が用意したのが、キャッシュカードとクレジットカードの機能を一つにした一体型の楽天銀行カードです。 このメリットは年会費が永年無料であり、いつでも100円で1ポイントが貯まるという楽天スーパーポイントの還元率の高さが挙げられます。 このカードの人気のポイントとしてよく口コミで取り上げられているのが、ご利用通知メールです。 キャッシュカードやクレジットカードを使った時に登録してあるアドレスに、これだけ利用しましたよというお知らせメールがすぐに来るのです。 これは、家計簿をつけるのにも役に立ちますし、不正利用がないかどうかもすぐに分かりますので結構助かりますよ。 デメリットとしては、銀行の残額が100万円以上ないとATM手数料が5回無料とならないという点でしょうか。 楽天銀行でキャッシュカードを作るときには、クレジットカードも一体型のほうがポイントも貯まりますのでいいかもしれないですね。

次の

楽天銀行カードのメリット・デメリット!ETCカード・年会費・手数料・ポイント徹底比較

楽天カード 楽天銀行 メリット

楽天市場の買い物したポイントが最大16倍• 普通預金の優遇金利• スマホアプリで簡単管理 楽天市場の買い物ポイントが最大16倍 楽天カードと楽天銀行を併用するメリットは、やっぱり楽天スーパーポイントが貯まりやすくなること。 楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすると、楽天カードの利用ポイントに加えて楽天市場の商品がいつでもポイント +1倍。 楽天市場で買い物をすることが多い方は、楽天カードと楽天銀行を紐付けておくのがおすすめ。 楽天カードのポイントのたまり方は、以下のとおりです。 楽天市場の買い物がポイント最大16倍• 楽天カードの引き落とし特典でポイント付与• ハッピープログラムを使うと取引ごとにポイントが貯まる 楽天銀行の普通預金金利が2倍 楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすると、楽天銀行の普通預金金利が0. 通常だと0. 適用されるのは引き落としの翌月ですが、引き落とし口座を楽天口座のままにしておけば0. スマホアプリで簡単管理ができる スマホアプリで残高のチェックや振り込みがいつでもどこでもできるのが便利。 1度振込した振込先は登録しておけるので、2回目以降は簡単。 step 1楽天e-NAVIにログインしお手続き画面へ 「楽天e-NAVIにログイン」から楽天e-NAVIにログイン後「引落口座に設定する」ボタンを押す step 2楽天銀行口座にログイン 楽天銀行へのログイン画面が表示されるので、楽天銀行のユーザID・ログインパスワードを入力の上ログインする step 3暗証番号で認証し設定完了 口座振替の内容を確認して暗証番号を入力して「実行」を押すと設定は完了! これで、ハッピープログラムにエントリーして楽天銀行口座で楽天カードご利用分の引き落としがあれば、毎月3~9ポイント獲得できます。 まとめ 楽天カードの引き落としを楽天銀行を設定しておけば、通常よりも楽天スーパーポイントが貯まりやすくなります。 他の銀行を設定することもできますが、 楽天スーパーポイントを貯まりやすくなるので楽天カードをお持ちの方は楽天銀行を設定するのがおすすめ。 楽天銀行の口座をまだお持ちでない方は、これを機会に開設してみてくださいね。 また、楽天カードでは新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーンを実施中。

次の