グフ フライト タイプ。 グフ・フライトタイプ

【ガンダムベース限定】グフ・フライトタイプ(21stCENTURY REAL TYPE Ver.) レビュー

グフ フライト タイプ

HGUC「グフ・フライトタイプ 21stCENTURY REAL TYPE Ver. 」 パッケージはこちら。 リアルタイプ風のオリジナルパッケージで非常にカッコいいです。 自分は2019年12月に大阪梅田ロフトで開催されたイベントで購入することができました。 本キットにシールは付属せず、水転写デカールのみが付属します。 なのでモノアイなどもデカールでの色分けになるので、デカールに慣れていない人は注意が必要です。 私のことです こちらが完成したグフ・フライトタイプ 21stCENTURY REAL TYPE Ver. 頑張って水転写デカールまで貼り付けを行いましたが、リアアーマーなど一部派手にミスりました。 もともとはプレバン品のグフ・フライトタイプのカラバリキットのようですが、新たに追加されたデカールのおかげで別物のようになっています。 一般販売のグフカスタムと比較。 ベースは同じキットですが、もはや別物ではないでしょうか。 フライトタイプの方は他の一般的なHGシリーズと比べるとパーツ数が多く、脚部なども大型のため、持った感じずっしりとした重量感を感じます。 キット自体はグフカスタムの流用なので余剰パーツがたくさんありますが、グフカスタムの膝やスリッパなどのブラック部分のパーツが足りなさそうなので、色違いのグフカスタムを組むことはできません。 ここからは可動の紹介。 特徴的な肩のマーキングラインが目を引きます。 肩アーマーは可動の邪魔にならないよう跳ね上がるので、水平くらいには肩を上げることができます。 肘は90度くらいの可動です。 この辺りはグフカスタムとあまり変わりありませんが、肩の内部アーマーなどの造形がグフカスタムとは異なります。 グフやザクタイプとしては珍しく、動力ケーブルがバックパックにつながっていないため、腰の可動範囲が広めで大きく捻ることが出来ます。 頭部のモノアイですが、動かすことはできるのですがレバーの範囲がかなり狭めのため、あまり広くは動かすことはできませんでした。 続いて下半身ですが、よく動く上半身と比べるといまいちです。 サイドアーマーは気持ち開く程度で、フロントアーマーはほぼ動かないと思ってよいです。 サイドアーマーのウイングの部分は横に開くことができます。 脚部も腰回りがいまいちなので、可動範囲はそこまで広くはありませんが、必要分には可動します。 ただ両足とも結構重たいので、経年でプラプラになってしまいそうです。 両脇のジェットエンジン部分のフィンは、シルバーの形成色で再現されています。 自分は上からシルバーで塗装しています また本キットには薄いブルーカラーのランナーレススタンドが付属します。 ヒート・サーベルとシールド、3連装35mmガトリング砲を装備。 ヒート・サーベルはブラウン一色なので塗装すると良さそうです。 付属の武装は一般販売のグフカスタムと変わりありませんでした。 ヒート・サーベルで切りかかるグフ・フライトタイプ。 3連装35mmガトリング砲をぶっ放すグフ・フライトタイプ。 シールドのカラーも渋くてカッコいいですね。 ガトリング・シールドを装備。 こちらもグフカスタムの物と変わりありません。 もちろんヒート・サーベルを収納することもできます。 ガトリングシールドをぶっ放すグフ・フライトタイプ。 脇関節のロック機構のおかげでしっかりと保持することができますね。 グフカスタムと並べて。 もとは同じ機体なのでしょうがシルエットが全然違うので面白いですね。 普段浮遊している機体なので、スタンドが付属しているのはありがたいですね。 以上、グフ・フライトタイプ 21stCENTURY REAL TYPE Ver. のレビューでした! それではご安全に!.

次の

Amazon

グフ フライト タイプ

HGUCグフ・カスタムをベースに、熱核ジェットエンジンを搭載した脚部ユニットをはじめ、飛行用に改修された特徴的な機体形状を新規造形で再現。 価格は2,268円(税込み)。 プレミアムバンダイ限定商品です。 飛行用に改修された機体形状を持つHGUCグフ・フライトタイプ。 HGUCグフ・カスタムベースですが、外装で流用されているのは腕部と大腿部くらい(内部パーツは共通)。 似ている箇所こそありますが、その他の大部分が新規造形で再現されたキットです。 成形色はジャーマングレーやライトグレーといったグレー系でまとめられています。 泥臭くて渋いカラーリングが魅力的。 スラスター内部やガトリングガンのセンサーなど細かい部分は塗り分けが必要ですが、全体的にはパーツによってよく色分けされていると思います。 関節各部が細かくポリキャップで構成されていて強度が高いですし、どでかい脚部と広い足裏で自立はかなり安定しています。 脚部スカートが広いですが、干渉しない状態で足裏を接地させることもできます。 グフ・カスタムの頭部より僅かにスリムになっているようです。 動力パイプも少し角度が変わっていますし、後頭部の形状も違っています。 アンテナの先端は安全加工がされ、モノアイは凸型にシールを貼るようになっています。 頭部下のスイッチを左右に振ることでモノアイを可動させることができます。 ただし、可動できる範囲はごくわずか。 少し左右に振る程度になります。 グフ・カスタムと似ていますが、少し形状が異なります。 グフ・カスタムは中央部がひし形に近かったのに対し、フライトタイプは台形型のようになっています。 クリアーパーツの部分もグフ・カスタムは左右2箇所に分かれていましたが、フライトタイプは3箇所に分かれています。 腹部、腰部。 こちらもフロント側はグフ・カスタムと似ていますが、動力パイプは少し低めに配置されていますし、フロントアーマーとサイドアーマーの境目が凸凹に造形されて特徴的になっています。 リアアーマーもフライトタイプらしくスラスターを2機装備し、上部には動力パイプが露出。 スラスター内部は赤く塗り分ける必要があります。 サイドアーマーにはスタビライザーを装備。 リアアーマーのスラスター内部は細かく造形されています。 右腕部。 特徴的なショルダーアーマー以外はグフ・カスタムと同じですが、ヒート・ロッドがなくなり、軽装の腕部が新造されています。 各部とも筒型なので合わせ目は出ない組み合わせになっています。 左腕部。 肩から下の形状は右腕部と同じ。 ですがこちらには3連装35mmガトリング砲を装備しています。 3連装35mmガトリング砲は接続がポリキャップなのでしっかりと固定されます。 3連装35mmガトリング砲。 HGUCグフ・カスタムに付属するものと同じです。 複数パーツの組み合わせになっていて合わせ目はできない仕様になっています。 3基の砲口はくり抜かれ、センサーは塗り分けが必要です。 両脇のセンサーとアーマーは適度に可動します。 ショルダーアーマー。 フライトタイプらしいブースター・ポッド型になっています。 簡単なモールドが入っていて、合わせ目の一部はモールド化されています。 円形部分の合わせ目は少し気になるかも。 上部のスリット入りダクトは塗り分けが必要そうです。 ショルダーアーマーは内部がポリキャップになっているダボ接続です。 熱核ジェットエンジンを搭載した広いスカート型の造形になっています。 脚部前面のインテークや後部のダクトは赤いパーツによる色分けで、その他各部もパーツによって細かく色分けされています。 大腿部はグフ・カスタムと同じ前後はさみ込みタイプで側面の合わせ目は段落ちモールド化、膝から下の部分は前後ともパーツを被せるようになっているため、合わせ目は膝裏付近に少しできるのみです。 後部の推進ノズル下部はシールによる色分けです。 エンジン部はファンが別パーツで造形されています。 足首から下の部分。 フライトタイプらしい平たい形状に新造されていますが、大部分は脚部のスカートで隠れるようになります。 画像ではちょっと見えにくいですが、甲(つま先部)の隙間にはスリットが入っています。 足裏は別パーツになっていて肉抜き穴はなく、モールドやバーニアが細かく造形されています。 バーニアは赤く塗り分ける必要があります。 くるぶし外装は左右で形状が異なり、外側が大きくなっています。 足首から下の中央接続部やスカートの内部構造はグフ・カスタムとあまり変わらず?です。 バックパック。 新規造形部分でボックスタイプになっています。 スタビライザーはラインモールドに白いシールを貼るようになっています。 スラスター形状はリアアーマーと同じ。 HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと比較してみました。 それほど長身ではないですが、ブースター・ポッドなどを含めるとルプスレクスくらいの大きさになります。 頭部の可動はごくわずか。 上下に動くと言うよりは、前後に少しスライドする程度になります。 左右へも少しの可動となります。 腕部は方のブースター・ポッドを可動させることで水平程度にまであげることができます。 ブースター・ポッドを可動させない状態だと画像下程度。 ブースター・ポッドは少し展開します。 肩部はポリキャップが前側に引き出される構造になっていて、前側には広めに可動します。 肩の付け根パーツにはグフ・カスタムと同じくストッパーが付いているので、腕を上げた状態で固定できるようになっています。 サイドアーマーのスタビライザーは水平より少し上くらいまで可動します。 腰部がボールジョイントで、その可動によって少し前後に上半身を可動させることができます。 腰の回転はアーマー類が干渉するので僅かにひねる程度。 股関節のパーツが回転するので脚部を左右に振ることができます。 腰部アーマー類の裏は特にモールドはなく、可動もフロントアーマーとサイドアーマーがごく僅かに可動する程度です。 股関節パーツにアクションベースを接続。 前後開脚はこれくらい。 脚が太い割にはよく動いている方かと。 フロントアーマーは動力パイプの影響でごく僅かに可動する程度です。 外装が肉厚で大腿部とスカート部で干渉するので、膝の可動は90度程度。 足首も少しの可動となります。 左右へは広めに開脚できます。 ですが脚が重いので、浮かせた状態にしていると少しタレ気味になります。 足首の左右への可動もこれくらい。 グフ・カスタムの脚付け根構造から、内股、がに股はしっかりと回転可動します。 ただし、がに股は股関節よりも脚部スカート部が干渉するので、あまり回転させることができませんでした。 バックパックのスタビライザーはスイング可動します。 ガトリングシールド、ヒートサーベル(ガトリングシールドに装着済み)武器用ハンドパーツ(左右)平手ハンドパーツ(右)が付属。 その他、HGUCグフ・カスタム用の余剰パーツが多数付属します。 脚底パーツなどがないため、グフ・カスタムとして組むことはできません。 この成形色のグフカスが組めるとなお良かったんですけど;これだけの余剰パーツが付属すると、各部を組み替えてカスタマイズするにはいいですね。 グフ・カスタムと同型のガトリングシールド。 成形色が違うので味のある感じが出ています。 グフ・カスタムは2010年発売のキットですが、しっかりと造形された出来の良い武器になっていると思います。 シールドにはヒートサーベルが脱着可能。 ガトリング砲、シールド、ヒートサーベルは分離可能です。 ガトリング砲の砲身はモナカ割なので中央に合わせ目ができます。 ガトリングの砲口は別パーツで6気筒になっています。 マガジンは合わせ目が出ない組み合わせになっていて、給弾ベルトも軟式のプラ素材が使われています。 ガトリングシールドは3連装35mmガトリング砲のダボ穴に挿し込み、グリップをハンドパーツに差し込んで保持します。 重さがある武器なので肩部が少し負けがちですが、それなりに保持ができました。 ガトリングシールドを持たせると腹部を反っても戻ってしまうのは少しツライかも。 ヒートサーベルを装着したシールド。 簡単な作りですが、グフの武装らしい造形になっています。 ヒートサーベルは武器用ハンドパーツで保持。 グリップ部分はスカスカですが、グリップのスソが広がっているので抜け落ちることはありません。 では適当に何枚かどうぞ。 外装が大きく、可動域がそれほど広くないこともあって、ポージング時に多少干渉する部分があります。 首もそれほど可動しないので、その点は表現に乏しいかも。 ガトリングシールドとバックパックのスタビライザーが干渉したり、手首が緩めだったりするのも多少気になる箇所ではありますね。 ですが肉厚な外装ということもあり、ポージングしているとどんなポーズでも簡単に決まって様になりますし、ガトリングシールドやヒート・ホークを装備した姿はとにかくカッコイイです。 グフの名残はしっかりと残しつつ、フライトタイプとしての重厚感も持っているので、第08小隊ファンのみならず、1stやMSVからのファンをうならせるキットになっていますね。 2 件のコメントがあります。 [00]—KO on 2020年3月30日 at 20:58 - レビューお疲れ様です。 nori様のレビューは、種類が多くあり、気になったガンプラのレビューが掲載されているので、本当に助かっています。 質問なのですが、ガトリングシールドに3㎜の穴や、突起などはありますか? あったら、カスタムしたいのデ 教えてください。 0mmぽいダボが1個あるのですが、横に少し離れて小さな角型ダボがあるので、3. 0mmダボに差し込もうとすると干渉して浮き気味になります。 もしきっちりとはめ込みたいなら角ダボをカットなどする必要がありそうです。 後はシールドの裏に2箇所のダボ穴があるのと、この穴に取り付けるジョイントパーツ(3連装35mmガトリング砲にマウントするためのパーツです。 )に3. 0mm軸があるくらいですね。

次の

バンダイ「1/144 グフフライトタイプ」

グフ フライト タイプ

グフフライトタイプとは、「」に登場するの試作である。 形式番号は8。 の数字は良された回数を示す。 概要 開発までの経緯 開戦劈頭の9年、はの大地へと降り立った。 は地上でも活躍し、軍を各地で破って快進撃を続けた。 しかしのにも弱点があり、航続不足が露呈。 これを解消するために上層部は様々な試行錯誤を繰り返した。 にを乗せて運用するという方法はその最もたる方法だが、そのものに飛行を持たせてに頼らずとも航続を伸ばすという方法も考え出された。 ところが、と言えど時に可変を作る技術はさすがにかった。 そのため熱核を搭載し、大推で強引に機体を浮かせる形となった。 開戦直後に制式採用された社のをに、本3で飛行を獲得するための修が行われた。 飛行獲得をしたには形式番号に「H」が与えられ、先ず が合計4機生産される。 その4番機が発展の となった。 この機体には4回もの良が加えられ、飛行試験で優秀な成績を残すも調整が難航し、中でを起こして機体との命が失われた。 を単独飛行させる事は、高い技術を持つでも非常に難しかった訳である。 、地上軍は北のを制圧。 ここは研究所、施設、工場まで内包していたため最高のが整っていた。 しかない3より本物のを体感できる当施設の方がに向いていたため、の開発はに引き継がれた。 に、より高出なを搭載。 脚部にはにも用いられている熱核4基を搭載し、姿勢制御を装備。 のぐましい努のすえ、ようやくHのとしてグフフライトタイプが誕生する。 初代機から、実に8回もの修・良が加えられていた。 数々の技術的課題を乗り越えてしたグフフライトタイプであるが、した頃には既にの敗色は濃厚であった。 がへと移りつつあったのとが悪かったため、制式採用されたにも関わらず少数の生産に留まった。 一説によると、機体のはになっているという。 ともあれ時代に限れば、一単独飛行できるとなった。 性能 大推で理やり浮かせるのため、脚がのように肥大化。 また両肩も同じように肥大化。 パックにも大の推進器が備え付けられている。 武装はをにしているため、同様とそして三連装mm は何故か劇中では使用されていない。 ただしはオミットされている。 はの中に収納されており、を取り出す時はが横に回転する。 苦労の結晶だけあって飛行は申し分なく、ミノフ不使用にも関わらず滞や滑が可。 機体のは。 ちなみにではがを装備しているが、他の同機が装備していない事からグフフライトタイプに武装を借りた説がある。 機体の配備が始まったのはオデッサ陥落後とされている。 に極面軍が運用し、現時点では3機のグフフライトタイプが確認できる。 配備数は少ないものの、Ez-8のコクに形式番号が表示されていたため、既に軍はグフフライトタイプの出現に気が付いていたようである。 ラサ基地に配備された機体は、技術の部下によって開発が進められたという説がある。 しかしスが開発を謀殺してしまった上、機もかった事から、開発の系譜は途絶えてしまったという。 から、グフフライトタイプのが販売されている。 なが特徴的。 値はるが、新規造形だけあって素組みでもかなりのを誇る。 細部まできっちり作りこまれた群には者のすら感じさせる。 余談だがのには、を守りながらを行うグフフライトタイプの姿が描かれている。 の煙が見えるので軍機を撃墜したようである。 に頼らず機体だけで強引に浮かせる運用法は受け継がれ、後にが誕生している。 系の技術とのがを組んで生まれた機体だけに、系と言える。 劇中では では10、11話に登場。 一説によると、スが護衛のために3から状態で輸送。 ラサ基地で組み立て作業を行い、にしたとされる。 11話ではラサ基地を包囲した軍を攻撃するため発進したの護衛として2機が登場。 その後、へと脱出する船ケルゲと合流し乗り込むものでケルゲごとグフフライトタイプは爆散。 かろうじて脱出したグフフライトタイプ1機もされ、撃破される。 も発させずに撃墜するなんてあんまりだ。 武装したグフフライトタイプがケルゲに収容された事で、ケルゲは船ではなくなってしまい、軍のには何ら問題がいという摘がある 船の条件は非武装である事から。 版では、、の三人が搭乗。 は、さえも狭くて飛べない涸れを通って軍の防衛線を潜り抜け、部の・トレーを守るの防衛に奇襲攻撃をかけた。 の如き勢いで次々に軍部隊を突破していくも、その途中で機が被弾。 はその場に残って援護を選ぶが、後に撃破された。 機はス機を・トレーに辿りつかせるため邪魔をする敵と切り結んだ。 結果、ス機は・トレーに到達。 の駆るEz8に妨されるも、艦にを投げつけて破壊に成功する。 が、直後にEz8のにられ撃破される。 そんなグフフライトタイプであったが、後にされた全新作の第「との戦い」にて再び出番を得る。 の8話と9話の間に当たるで、行軍するら第 エア不在 に対し奇襲を行った。 の面を滑りながら接近し、でEz-8を撃つが装甲で弾かれていた。 に「ト!」と言われていた事から、グフフライトタイプの存在は前々から知られていた事がえる。 に伏せさせたマゼラ装備のと共同でを攻撃、機を沈黙させる活躍を見せる。 を滑り、を滑しながらを翻弄。 2対1と、数の上ではトが有利であった。 しかしEz-8の反撃もく、倒れた機から借りたでのを破壊される。 そこからはグフフライトタイプとEz-8のとなった。 自慢の飛行を活かし、の上と下を行き来。 に「の戦い」を強いた。 思うように反撃できないEz-8に容赦なくを喰らわせ、戦局を優位に進める。 しかしEz-8の装甲は硬く、互いに決定打は与えられずにいた。 そんな中、ルが身を挺してから宙りになる事でトの動きが見切られ、を込まれる。 トも反撃し、Ez-8のを破壊するがも破損し、近接を強いられる。 からを取り出した間、Ez-8の体当たりを受けてに転落。 それでもなお戦意は衰えず、を振るうが、に阻まれる。 攻撃をいなすため慌ててを滑り出すも、没した事がとなって脚部にが生じ始める。 そこへEz-8がを掲げて突撃。 とっさの反撃でで右肩を破壊するがコクを貫かれ、。 トは撃墜された。 ゲームでの活躍 機動戦士ガンダムオンラインでは に高強襲機としてされた。 その値を見たもがこう思った。 「ブースト容量多すぎだろ・・・」と。 同帯のブースト容量はおおよそ0~0ほどでを施しても0まで届くものはない。 しのグフフライトタイプの容量は合わせた全機体の0、を施せば9というまさにずっとを飛んでいられる機体となっているのだ。 また固有 特殊な効果を付与する として性が向上されており、通常の機体よりやや高い位置まで上昇することが可となっている。 これにより今までたどり付けなかった場所への移動が可となっており、通常の機体とはまた違った戦術をとることができる。 ただし度は同と同じくらいで、かつの対であるRなどがそろっているので撃ち落とされやすいことには留意すべきだろう。 武装は一間チャージしてから一気に放つチャージとこれと同時装備できる3連装、の名に恥じない性のとがっているが残念ながらやマゼラなどは装備できない。 できたら強すぎる。 その他のゲームでは にも近戦として登場。 のドと対をなす形でされた。 高いを誇り、従来の機体とはまるで違う新機軸の存在となっている。 ではオミットされたを搭載しており、この武装を使いこなせるかどうかで機体の評価が分かれる。 では出身の機体として参戦。 では、機体が似通っているからかのになる。 にできる作品もあり、系機体への足がかりになりうる。 しかし武装の乏しさから扱いづらく、使いこは難しい。 一方、では一向に登場しない。 飛行試験が代役を務めており、飛行試験中にを起こした設定なのに然と飛べでいる。 なんでやねん。 では、の機として2機が登場。 非常に性が高く、格闘ができないからとに接近したにを与えてくる。 関連項目•

次の