伊藤沙莉女王の教室。 伊藤沙莉 女王の教室での忘れられない言葉とは?天海祐希の“深い”一言がやばい!|とことこウサギ日記

「女王の教室」から14年… 元子役たちの現在は?

伊藤沙莉女王の教室

伊藤 あぁ、でもわかってる子は、「いじめんなよ」「この前万引きしてたなお前」とか冗談で言ってくれるから、逆によかったけど。 わかんない子は書いちゃいますよね、ネットとかに。 「沙莉ちゃんが何組の何々ちゃんを、主犯となっていじめてた」みたいな。 何を見てそう思ったの? っていうこと、結構ありましたよ。 いじめてるというイメージが勝手に一人歩きしちゃって。 伊藤 友達がちょっと他のクラスの子ともめて、話し合うからついてきてって言われて、私関わりたくないから廊下の壁によりかかって腕組んで見てたんですよ。 それがたぶんリーダーっぽく見えちゃって、なんか指示出してるみたいに見られたみたいです。 いじめっ子の役の構図を『女王』で解説すると、私と森本更紗さんがスネオ的立場で、「おーい!」みたいな感じでやって、ジャイアン的な梶原ひかりさんは、見てるだけみたいな感じが多いんですよ。 だから私がジャイアンに見えたんでしょうね。 やっぱりイメージって怖いなって思いましたね。 とは思いつつも、そういう役が来なくなると、なんかそれはそれで、たまにはまたやりたいって思っていましたけど(笑)。 私にとっての執念の0. 伊藤 「久々、この感覚!」って。 自分から遠い人をやればやるほど面白いんだろうなと思いました。 自分に近い役って意外と難しい。 逆に「あっ、こういう人いる!」っていう、客観的なものだったりすると、やってて楽しいというか、なんかモノマネしてる気分になって乗ってくるんです。 それこそ小さい頃からやってたモノマネみたいに。 でもそのキャラクターは落ちてしまって別の役になったんです。 行定監督からすると、一瞬しか映らない役だから伊藤は受けるはずがないと思いつつ、振ってくださったんですって。 私は小学生の頃、行定監督の映画オーディションに何度も落とされてて、いつか絶対何かでご一緒したい、行定組の現場を体験したいと思ってたんです。 『GO』がめちゃくちゃ好きでしたから。 だから0. 5秒だろうが、しがみついて役を演じるって思っていたんです。 伊藤 だからエゴサして、「伊藤沙莉『ナラタージュ』一瞬出てた」とか書いてあると、「よしよし、見つけてるぞ」みたいにうれしくなっちゃう。 私にとっての執念の0. 5秒ですね(笑)。 17年主演映画「獣道」では主題歌も担当した。 18年映画公開待機作に、「榎田貿易堂」(飯塚健監督)等がある。 11月11日〜29日まで東京芸術劇場プレイハウスにて。 12月8日から13日までロームシアター京都サウスホールにて。 12月22日〜24日まで北九州芸術劇場大ホールにて。 詳しくは.

次の

伊藤沙莉は女王の教室に出演した子役でダンスが得意!天てれに出演?

伊藤沙莉女王の教室

9歳で子役デビューし、去年はドラマ6本、映画5本と年々活躍の場を広げている伊藤沙莉。 11歳で出演した『女王の教室』(05年 日本テレビ系)では、いじめっ子役で強烈なインパクトを残し、その後何年もいじめっ子役しかこなくなった。 役によっては邪魔になるハスキー声もかつてはコンプレックスだったというが、現在では声優業でも注目を浴びている。 「浅草氏の声を伊藤沙莉さんにしようって言った人天才」「この人以外は考えられない」、「当て書きにしか思えん」と放送のたびにSNSでは絶賛の嵐ですが、ご自身でも反響を感じてらっしゃいますか? 伊藤沙莉緊張して、1話からリアルタイムでエゴサをしていたのですが、みなさんがどんどん感想を呟いてくださって「こんなにたくさんの人が、この時間に起きて見てくれてるんだ!」って、ビックリしました。 楽しみにしてくださってる方がたくさんいることがわかって、「この人達を裏切れない!」と改めて身が引き締まる思いでしたし、力になりました。 あとは自分が出ていなくても、自分が好きなシーンを褒めてくださるコメントを見つけた時も、「一緒だ!」って嬉しくなります。 同時に、大きな作品すぎて怖気付く気持ちもあって。 伊藤沙莉足だけは引っ張りたくないという思いが大きかったです。 今回私はオーディションを受けていないので、門を1つくぐらずにその場に立たせて頂けるということは、逆に言うと人一倍がんばらないとここにいてはいけない人間になってしまうから、とにかく置いて行かれないようにしようという思いです。 でも先輩の役者さんに、「説得力がある声をしていて、とても素敵よ」って褒めていただいたことがあるんです。 「どんなに欲しくても手に入るものじゃないから、大事にしなさい」と言ってもらえたのはかなり大きかったですね。 同じことを、この前のドラマでリリー・フランキーさんにも言っていただいて。 声の重みを説いてくれる方がたくさんいたので、受け入れられるようになったんだと思います。 アニメ『映像研には手を出すな!』フォトギャラリー• 11歳から私のいじめっ子人生が始まって(笑)。 そこからずっとだったので、「これ一生続くのかな?」と思ったし、お芝居をやらせていただけている以上は、いろんな役をやってみたかったので不安も大きかったです。 オーディションを受けてレギュラーが決まると、その期間が終わるのがすごく怖かったです。 終わったらまたオーディション生活が待ってますから。 子どもながらよくそういう悩みをずっと抱えて生きてたなと思いますし、19歳の時は「ニートなのかな」と思うぐらいお仕事がなかったです。 昔、ある番組で女優さんが「続けることが大事」とおっしゃっていて。 そういう時って全然響かないんですよね。 でもやっぱり今となっては、私も辞めずに続けてきたからこそ出会えた役やお仕事があると思っています。 続けているうちにバチーンと自分に合う役が来ると、それ以降の人生って大きく変わると思うので。 伊藤沙莉大きかったですね。 それまでは学園ドラマが多かったので、知ってくださっているのは学生の方々が多くて。 でも、『ひよっこ』への出演で、一気に年齢層が上がりました。 それによって、求められる役の年齢層の幅も広がったと思います。 ご自身にとってはどんな作品でしたか? 伊藤沙莉山田孝之さんを始め、満島真之介さんや玉山鉄二さん、柄本時生さん、後藤剛範さん…、みなさんおもしろいことが好きな方たちなので、その一員になれたことはすごく勉強になりました。 真剣に取り組んでいるんですけど、目を離すとすぐにふざけるんです(笑)。 常に遊び心を忘れないその姿がすごくかっこよくて、大きな刺激を受けましたね。 言われたことにアドリブで返すぐらいですね。 言われて返すのは好きなんですけど、あまり自分から発するタイプではないので。 でも、本当にいけないことですけど、よーく見ると私各所で肩震えて笑ってしまってます(笑)。

次の

伊藤沙莉 女王の教室での忘れられない言葉とは?天海祐希の“深い”一言がやばい!|とことこウサギ日記

伊藤沙莉女王の教室

周りに気を使いすぎるところがあるが、真っすぐな性格でクラスを一つにしようと闘う神田和美にふんしたのが当時12歳の志田。 遊川からは「今回の役柄は『女王の教室』のときの志田さんの役の14年後のイメージだよ」と言われたという。 プライベートでは昨年9月に一般男性との結婚を発表し、世間を驚かせた。 和美と同じ塾に通う仲良しグループの一人、田中桃を演じた(さいり)は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017)で米屋の娘・米子を演じて注目され、昨年はドラマ「隣の家族は青く見える」「この世界の片隅に」「獣になれない私たち」に出演するなど引っ張りだこ。 トレードマークのハスキーボイスは子役時代から変わらない。 クールで成績優秀だが、和美をかばって真矢に逆らったことから、目を付けられる進藤ひかる役のはその後、ドラマ「白夜行」「ちびまる子ちゃん」(2006)、映画『』などで活躍。 来月5日公開の映画『』ではヒロインを演じているほか、2019年度後期の朝ドラ「スカーレット」ではふんする主人公の妹役に決まり、再び注目を浴びそうだ。 [PR] 伊藤沙莉と共に和美と同じ塾に通う仲良しグループの一人、佐藤恵里花を演じたは、鬼才・の映画『』(2010)で主人公の娘を演じ、同監督の『』(2012)や『』(2017)にも出演している。 男性陣では、お調子者だが和美の良き理解者で親友となる真鍋由介役を務めた松川尚瑠輝(なるき)も、ドラマなどで見かけることは多い。 「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(2016)では演じる主人公が配属される校閲部のメンバー、「ブラックペアン」(2018)では研修医の北島達也、「下町ロケット」(2018)では「佃製作所」技術開発部の佐伯文也を演じた。 大ヒット公開中の映画『』にもベルボーイ役で出演していたが、気が付いただろうか。 最近はが主演を務めたドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(2018)の第8話に出演していたほか、「今日から俺は!! 」(2018)の第8話に不良役で出ているのを見かけた。 そのほか、和美の姉役でも出演していた本作。 現在も活躍を続けるキャストたちの成長を感じながら、あらためて観てみるのも面白いかもしれない。 (編集部・中山雄一朗).

次の