表現 類語。 「品行方正」の意味と使い方。英語・類語・対義語の表現とは?

描写(びょうしゃ)の類語・言い換え

表現 類語

ビジネス上で使われる「やり取り」の意味は、ある事柄について連絡や対応している最中のことを表現していて、相手と進行させている業務内容の過程を指しています。 「建設プロジェクトの件は、誰とやり取りしていますか。 」というような言い方を聞いたことがあるでしょう。 「やり取り」は、担当者同士で連絡をしている、対応しているという意味合いを含んでいます。 ビジネス上でひんぱんに使われていますが、目上の方との会話ではそのまま「やり取り」という表現はふさわしくありません。 「やり取り」の意味を含む類語や敬語表現は知っておく必要があるでしょう。 「やり取り」は、日常でも使うので、ビジネス上の意味や使い方を改めて確認しておきたい言葉です。 「やり取り」は、一人または複数人の間で物を受け渡したり、会話したり、議論をしたりする行為をいい、漢字では「遣り取り」と書きます。 ビジネスでは、ある事柄についてお互いに話をしている」進捗状態のことを指すことが多いです。 「やり取り」は相手があることが大前提で、直接の会話だけでなく電話やメールでも、お互いに意見の交換や内容の確認をする行為が「やり取り」になります。 一方的ではなく双方向で1つのことに対処して時間的な継続性があります。 物理的に物を交換する場合も「やり取り」ですが、ビジネス上はマイナスのイメージがあるので敬遠される使い方です。 言葉の意味が変わったわけではなく、使う場面が変化している言葉の1つでしょう。 使い方次第で言葉の印象が変わるので、例文を数多く覚えましょう。 「やり取り」の特徴は、必ず相手がいることです。 一人で進行させている物事の進捗状況を上司や同僚に伝えても「やり取り」にはなりません。 二人以上で同じ方向に進行させている物事を「連絡」しあったり、「相談」したり、「対応」したりすることが「やり取り」です。 「やり取り」を意味する直接的な敬語表現はありません。 目上の方に「やり取り」の状況を報告する場合、「建設プロジェクトの件は、A社の鈴木様とやり取りしています。 」という使い方はふさわしくありません。 「A社の鈴木様に連絡しております。 」と言い換えるとよいでしょう。 ビジネスでは「やり取り」の内容に合わせて敬語表現にする使い方を学んでおく必要があります。 「やり取り」は相手との間で共通の物事が存在しているので、内容によって類語を選択できるようにしましょう。

次の

ディテールの意味とは?例文と使い方、類語/対義語、英語表現を解説

表現 類語

「とりとめのない」とは 「とりとめのない」の意味は「まとまりのない」 「とりとめのない」の意味は 「まとまりのない」「しまりがない」です。 人の話や文章、議論などが道筋なくバラバラであったり、結論や目的がはっきりしない状態を指します。 「とりとめのない」という表現は芥川龍之介が『羅生門』『偸盗(ちゅうとう)』『女体』などの作品で使用している表現としても有名です。 「とりとめのない」の漢字は「取り留めの無い」 「とりとめのない」を漢字表記にすると 「取り留めの無い」です。 「取り留め」で「しまり」「まとまり」を意味する1つの名詞で、それに「のない」が付いて、「とりとめのない」は形容詞的に使います。 「とりとめ」を「取り止め」と表記することもありますが、 「取り止め」は一般的に「とりやめ」と読み、「中止」という意味で使うので注意です。 「取り留め」の動詞形は「取り留める(とりとめる)」です。 「おさえとどめる」という意味があり、「一命を取り留める」の形で使います。 「取り留める」の「おさえとどまる。 ひきとめる」という意味から転じて「しっかり定める。 はっきりさせる」の意味を持つようになり、「とりとめのない」で「まとまりのない」という意味に繋がります。 ちなみに「取り止め」の動詞は「取り止める(とりやめる)」ですが、「取り止む(とりとどむ)」とすると「おさえとどめる」という意味になり「取り留める」と同義になります。 「とりとめのない」の使い方と例文 「とりとめのない文章」は主旨が不明な文章 「とりとめのない文章」とは「統一性のない文章」「何が言いたいのか理解できない文章」を指します。 内容に問題はないが、書式やフォント、引用方法などに統一性がない文章を指す場合もありますし、 内容自体に統一性がなく、主旨が理解しづらく、目的や結論が不明確な文章を指す場合もあります。 どちらにせよ、「思慮に欠けている」というネガティブなニュアンスを帯びます。 大学で論文やレポートを書くときや、会社でアジェンダを制作する時などに使われます。 例文 ・国語力がないと、作文がとりとめのない文章になる。 ・彼女のとりとめのない論文は、読むに値しない。 「とりとめのない話」「とりとめのない会話」はただのお喋り 「とりとめのない話」「とりとめのない会話」という表現もよく使われます。 「とりとめのない話」「とりとめのない会話」は「単なるお喋り」という意味合いです。 「主旨が不明」という否定的な意味よりも、単に「重要ではない」という意味が強調され、「雑談」「世間話」という意味合いで使う場合が多いです。 ただし、「とりとめのない事を言う」とすると、「考慮に欠けた意味不明なことを発言する」という意味合いになるので注意しましょう。 例文 ・久しぶりに友人にカフェで会い、とりとめのない会話が3時間も続いた。 ・隣に住むクソババアととりとめのない話をしている時間は私にはないのだ。 ・とりとめのない事を言うな。 「とりとめのない日常」「とりとめのない日々」は普段と変わらぬ日々 「とりとめのない日常」「とりとめのない日々」などの表現も小説などでよく見かけます。 「とりとめのない日常」「とりとめのない日々」とは「特に予定もなく、これていってすることのない日々」を指します。 「普段と変わらず穏やかな日常」というポジティブな意味でも、「退屈な日常」というネガティブな意味でも使うことができます。 例文 ・とりとめのない毎日にこそ、感謝の気持ちを忘れてはならない。 ・とりとめのない一週間が終わり、一人でビールを飲んだ。 来週もあてのない日々がまたやってくる。 「とりとめのない考え」「とりとめのない記憶」は重要ではない考え 「とりとめのない」という表現は頭の中に浮かぶことに対しても使えます。 ・とりとめのない考え ・とりとめのない記憶 ・とりとめのない憶測 ・とりとめのない思い出 ・とりとめのない空想 などです。 これらも小説などで見かける詩的な表現で、日常会話ではあまり使用機会がありません。 「とりとめのない考え」は「くだらない思い付き」という意味合いでネガティブなニュアンスで使うことが多いです。 「とりとめのない記憶」も「価値のない記憶」という意味で重要ではないというネガティブな意味です。 例文 ・彼女はとりとめのない空想にふけている。 ・とりとめのない思い出が頭の中を流れ、神経を疲弊させていく。 「とりとめのない髪」「とりとめのない声」など物理的にもいえる 「とりとめのない」は物理的にまとまっていない物に対して使うこともできます。 ・とりとめのない髪 ・とりとめのない声 ・とりとめのない音 などと使います。 無数にあるものがバラバラと広がっている様子または音が不規則的に響き渡っている様子を指します。 例文 ・ここではとりとめのない雑音が常に響いている。 ・子どもたちのとりとめのない声が校庭中に広がった。 「とりとめのない人」「とりとめのない存在」とも 「とりとめのない人」は掴みどころなく何を考えているのか不明な人という意味です。 「重要ではない人。 生きる価値がない人」という意味合いではありません。 一方で「とりとめのない存在」は「無価値な存在」という意味です。 説明してきた通り、「とりとめのない」は文脈によって意味合いがかなり違うので注意が必要です。 例文 ・彼女は天然でとりとめのない人だ。 ・失恋をはじめて体験し、自分自身がとりとめのない存在のように感じられたのだ。 「とりとめのない」の類似表現 「とりとめない」は同義 「とりとめのない」は「の」を省略して「とりとめない」とする場合があります。 「とりとめない」としても意味は同じです。 口語で使われることがありますが、正式な表現ではないので、書き言葉で使う場合は「とりとめのない」を使いましょう。 このように前から名詞を修飾するのを「限定用法」といいます。 このよう名詞を後から説明するのを「叙述用法」といいます。 「〜はとりとめがない」とするとほとんどの場合、否定的なニュアンスです。 例えば、「とりとめのない話」はただのお喋りという意味合いですが、「彼の話はとりとめがない」とすると、「彼は何が言いたいか不明だ」という意味になってしまいます。

次の

描写(びょうしゃ)の類語・言い換え

表現 類語

品行方正の意味や語源とは では、早速「品行方正」の意味や語源について見ていきましょう。 「品行方正」の意味とは? 「品行方正」の意味について見ていく前に、読み方についてご確認ください。 「品行方正」とは 「ひんこうほうせい」 と読みます。 では、「品行方正」とはどんな意味なのでしょうか。 ところで 『品行方正な人』と聞いた時、みなさんはどんな人物をイメージしますか?• 落とし物をすぐに交番に届ける人• ゴミのポイ捨てをしない人• ズルをしない人 このようなイメージでしょうか。 だとしたら、概ね間違っていません。 「品行」とは普段の行いや振る舞いのことを指し、「方正」とはその人の心や行いが正しいことを言います。 つまり、 「品法方正」とは「行いや心が正しく立派な様子。 道徳的にきちんとしていて模範的な態度であること」という意味 です。 そばから見て「立派な人だな」と思える人が品行方正な人です。 ただし、行いが立派なだけではいけません。 行いだけは立派だけど裏に悪意があるとか打算があるとかいう人は「品行方正」ではありません。 心も体も等しく立派であってこそ、初めて「品行方正」だと言えるのです。 品行方正の英語・類義語・対義語の表現 「品行方正」の意味について理解できたところで、次は「品行方正」の英語表現や類義語表現について見ていきましょう。 「品行方正」の英語表現 品行方正を英語で表すとどうなるでしょうか。 基本的に英語には四文字熟語に該当する単語はないので、これらを英語で表そうとするとだいぶ長い言葉になってしまったりします。 しかしその中にあって、品行方正は比較的短い英語で表すことができます。 品行方正を英語で表すと• irreproachable conduct (申し分のない行動)• good conduct(良い行動)• high morals(高いモラル) となります。 品行方正とは良い心と良い行動の両方を示す言葉なので、英語だとすべて別々の言葉で表さなくてはならなくなります。 ただ 英語で「品行方正な人」と言いたい時はだいたい 「a person of good conduct」という使われ方をするようです。 「品行方正」の類義語 次に、品行方正の類義語にはどんなものがあるか見てみましょう。 類義語には以下のような言葉があります。 清廉潔白(せいれんけっぱく)• 賢良方正(けんりょうほうせい) この「清廉潔白」という言葉も、一度はあなたも聞いたことのある言葉ではないでしょうか。 清廉潔白とは「心や行いがきれいで正しく、自分の欲のためだけに動いたり不正をしたりしない」という意味です。 心や行いが正しい、という部分が品行方正と同じですね。 他にも似た意味の言葉として 「賢良方正」という言葉もありますが、 「賢良」とは賢く善良であることを意味し、「方正」は品行方正の「方正」とまったく同じ意味になります。 【関連記事】 「品行方正」の対義語 では反対の意味を示す言葉はどうでしょう。 「品行方正」の対義語には以下のような言葉があります。 ・悪逆無道 ・品性下劣 まず「悪逆無道」の「悪逆」とはとてもひどい悪事のことを言い、「無道」とは人の道理にはずれている様子を指します。 つまり 悪逆無道とは「人の道に外れたこれ以上ない悪事」という意味になります。 次の 「品性下劣」については人格や人柄がとても卑しく、行いなどがとても下品で劣っているという意味になります。 2つとも、まさに品行方正とは真逆の言葉ですね。 品行方正の使い方 では、最後に「品行方正」の使い方と共に例文をご紹介します。 「品行方正」の使い方 品行方正は 基本的には「〇〇は品行方正だ」とか「品行方正な人」といった使い方をします。 ひとつ注意しなくてはならないのは、品行方正という言葉自体が「正しい行いや態度」という意味なので、 「品行方正な態度」としてしまうと「態度」が重複してしまので正しくない日本語になってしまいます。 その点だけに注意すれば、それほど難しい使い方をする言葉ではないでしょう。 「品行方正」の例文 では「品行方正」の例文をご紹介します。 「あの品行方正な彼が嘘をつくはずがない。 「自分の子供には品行方正であってほしい。 「彼女は昔から品行方正であった。 「品行方正であるよう、日々心がけたい。 」 こちらの四字熟語も「品行方正」に似た誠実な言葉ですね。

次の