ダイダロス デュエマ。 ヘドリアン(デュエル・マスターズ)

《憤怒の猛将ダイダロス》

ダイダロス デュエマ

ランキングの基準 Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 評価 変動 9. 5 - 9. 5 - 9. 5 - 9. 0 - 9. 0 - Tier2デッキ デッキ名 評価 変動 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 0 - Tier3デッキ デッキ名 評価 変動 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - デッキの紹介 リースボルバル リースカラーのボルバルデッキ 赤白緑のリースカラーを採用した軸のデッキです。 、で盤面処理を行いながら10ターン目に繋ぎ、の追加ターンで勝利を目指します。 イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 デアリガズガルザーク ガルザークを軸とした赤黒緑のドラゴンデッキ 場に火のドラゴン・闇のドラゴンがいることで追加効果を得るを活かすドラゴンデッキです。 そのための赤・黒に加えてマナブースト兼の緑を採用しています。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 の闇ドラゴンが破壊された時の効果は自身が破壊された場合でも起動するので、相手のクリーチャーを道ずれにすることができます。 青緑リーフブリザード ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻を意識しておきましょう。 青緑速攻 2コストで3枚ドロー は2マナ3000、3枚ドローできる進化クリーチャーです。 でリソース補充をしながら速攻を狙っていくデッキです。 緑のパワーが高い 、はクリーチャーが場に出る度にそのターン中パワーが高くなるので、相手のターンでもパワーアップします。 相手のブロッカーを乗り越えながら、相手に処理されづらいパワーの高いクリーチャーです。 赤緑速攻 速攻に寄せきったデッキ 赤緑の速攻に寄せきったデッキです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 優秀な小型クリーチャーが追加 2マナでパワー4000のや1マナのが追加されました。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 青白イニシエート クラウゼ・バルキューラによる制圧 イニシエートの進化クリーチャーであるは場に出た時相手クリーチャーを2枚までタップできるので、一方的にクリーチャーを討ち取ることができます。 パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 グライス・メジキューラの追加 強力な進化クリーチャーであるが追加されました。 2マナで序盤から繰り出し、攻撃を止めることができます。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 青黒バロム ドロー&ハンデスからのバロム 青のドロー、黒のハンデスでアドバンテージに差をつけ、終盤はで一掃していくデッキです。 ゲームをコントロールして明確なフィニッシャーに繋げます。 多色カードで安定した動きを 青黒の多色には優秀なカードが多く、の安定したプレイにも繋がります。 しかし多色カード特有のチャージしたターンはマナが使えない、というデメリットが気になる場面を訪れるので、気になる場合は多色カードの一部を単色カードに差し替えましょう。 除去ボルバル 除去でコントロールしてボルバルザークで勝つ 除去・ハンデス等でゲームをコントロールし、の追加ターンで勝利するデッキです。 10ターン目まで凌ぎ、追加ターンを得るまでロングゲームを狙いましょう。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 は除去コントロールと相性が良く、追加ターンによる攻めが決まった時点で場にいればS・トリガーをほぼ無視することが可能です。 デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 環境的にが処理されづらいのも追い風です。 ドラゴンの配分を多めに からドラゴンが捲れやすく、で2マナブーストする確率を上げる為にドラゴンを多く採用しています。 安定性を求めて呪文やS・トリガーを採用するのもアリです。 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。 フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。 対面次第ではシールド攻めをに任せるよう立ち回りましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の

《憤怒の猛将ダイダロス》

ダイダロス デュエマ

魔刻の騎士オルゲイト SR 闇文明 7 クリーチャー:デーモン・コマンド 6000 W・ブレイカー 自分のクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。 の限定カードとして登場した。 自分のがされるとできるを持つ。 味方のに反応してできるので、うまく準備を整えれば1の間に何度もできる。 例えば、後にすると組んだり、適当なですれば連続でできるようになる。 他にも、相手のターンに小型のでしてしまえば、タップ状態のオルゲイトが起き上がり、を防げる。 ただし、初期のということもあっての見劣りは否めない。 文明は違うが、には無条件で2回できるやがおり、大抵はそちらで事足りる。 また、は展開力が優れているので、で横に並べて集団で殴っていく方がとしては安定することが多い。 あえてこのを使うならばのだろう。 漫画の様にやをさせ、連続攻撃を狙ってみるのも一興である。 では単にで拾うことができる要員というだけでに採用されていたが、あたりからの6000限定火力に引っ掛かることが祟って環境から姿を消した。 をすれば、が発動しやすくなる上にも上げることができる。 漫画ではのとして登場。 バトルアリーナ編の戦で使用された。 前述のようにを自爆させたり、をわざと相打ちさせたりして、能力をフル活用し暴れまわった。 最後はで強制送還されたが、の手には更なるが残っていた。 また、真のデュエリスト以外には扱えないカードとして9巻の外伝では描かれており、手に取った者を次々と死に追いやる様から呪われたカードと言われ、黒城が手に入れるまでは買われてはある老人のカードショップに戻るという事を繰り返していた様だ。 漫画ではアンタップ能力を「仲間が殺される度に目覚める」「仲間の死を食べさせる」「死体を食べる」と表現していた。 このクリーチャーがした姿が。 のに変更されたが、その分安定してを奪えるかなり強力なクリーチャーとなっている。 にてまさかの。 それに伴い、今まで以前のが以降の表記に改められている。 旧テキストは以下 このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分のクリーチャーがバトルゾーンから墓地に置かれるたびに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。 ではを獲得。 能力を受けにも使えるようになった。 ただし、に焼かれるようになってしまった。 では Olgate, nightmare Samuraiと訳されていた。 日本語版では騎士()であったカードがとなっている。 関連カード [ ]• の体が血に染まった時、が降臨する。 illus. [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の

ヘドリアン(デュエル・マスターズ)

ダイダロス デュエマ

ランキングの基準 Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 評価 変動 9. 5 - 9. 5 - 9. 5 - 9. 0 - 9. 0 - Tier2デッキ デッキ名 評価 変動 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 0 - Tier3デッキ デッキ名 評価 変動 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - デッキの紹介 リースボルバル リースカラーのボルバルデッキ 赤白緑のリースカラーを採用した軸のデッキです。 、で盤面処理を行いながら10ターン目に繋ぎ、の追加ターンで勝利を目指します。 イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 デアリガズガルザーク ガルザークを軸とした赤黒緑のドラゴンデッキ 場に火のドラゴン・闇のドラゴンがいることで追加効果を得るを活かすドラゴンデッキです。 そのための赤・黒に加えてマナブースト兼の緑を採用しています。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 の闇ドラゴンが破壊された時の効果は自身が破壊された場合でも起動するので、相手のクリーチャーを道ずれにすることができます。 青緑リーフブリザード ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻を意識しておきましょう。 青緑速攻 2コストで3枚ドロー は2マナ3000、3枚ドローできる進化クリーチャーです。 でリソース補充をしながら速攻を狙っていくデッキです。 緑のパワーが高い 、はクリーチャーが場に出る度にそのターン中パワーが高くなるので、相手のターンでもパワーアップします。 相手のブロッカーを乗り越えながら、相手に処理されづらいパワーの高いクリーチャーです。 赤緑速攻 速攻に寄せきったデッキ 赤緑の速攻に寄せきったデッキです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 優秀な小型クリーチャーが追加 2マナでパワー4000のや1マナのが追加されました。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 青白イニシエート クラウゼ・バルキューラによる制圧 イニシエートの進化クリーチャーであるは場に出た時相手クリーチャーを2枚までタップできるので、一方的にクリーチャーを討ち取ることができます。 パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 グライス・メジキューラの追加 強力な進化クリーチャーであるが追加されました。 2マナで序盤から繰り出し、攻撃を止めることができます。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 青黒バロム ドロー&ハンデスからのバロム 青のドロー、黒のハンデスでアドバンテージに差をつけ、終盤はで一掃していくデッキです。 ゲームをコントロールして明確なフィニッシャーに繋げます。 多色カードで安定した動きを 青黒の多色には優秀なカードが多く、の安定したプレイにも繋がります。 しかし多色カード特有のチャージしたターンはマナが使えない、というデメリットが気になる場面を訪れるので、気になる場合は多色カードの一部を単色カードに差し替えましょう。 除去ボルバル 除去でコントロールしてボルバルザークで勝つ 除去・ハンデス等でゲームをコントロールし、の追加ターンで勝利するデッキです。 10ターン目まで凌ぎ、追加ターンを得るまでロングゲームを狙いましょう。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 は除去コントロールと相性が良く、追加ターンによる攻めが決まった時点で場にいればS・トリガーをほぼ無視することが可能です。 デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 環境的にが処理されづらいのも追い風です。 ドラゴンの配分を多めに からドラゴンが捲れやすく、で2マナブーストする確率を上げる為にドラゴンを多く採用しています。 安定性を求めて呪文やS・トリガーを採用するのもアリです。 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。 フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。 対面次第ではシールド攻めをに任せるよう立ち回りましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の