お金を借りる 年金 担保。 年金を担保にお金を借りる!年金担保貸付制度とは?

年金受給者がお金を借りるには?廃止寸前の「年金担保融資」を使うなら今!

お金を借りる 年金 担保

高齢者でも、時にはお金が多く必要になり、どこからか借りる必要に迫られることもあります。 しかし、退職した高齢者などは収入がなく、お金を借りようとしても返済能力が無いと判断されてしまい、普通のカードローンなどは借り入れが出来ないことが多いです。 今回は、そういった無職となった高齢者であってもお金を借りることが出来る制度「年金担保貸付」について解説していきたいと思います。 どんな人が借りられるのか、いくらまで借りられるのか、利用する際の注意点の3点を覚えておきましょう。 年金貸付担保ってカードローンと何が違うの? 通常、銀行や消費者金融からお金を借りる場合、「収入証明」というものが必要になります。 例えば、50万円を借りたいという人がいたとして、お金を貸す側は、その人が借りたお金を返せるのかわかりません。 そこで、その人の所得を証明する書類の提出を求め、返済が出来そうかどうかを審査で判断するわけです。 高齢者の借り入れでは、無職の人の多くが収入を証明できないので、普通の借り入れでは審査に通らないことがほとんどです。 そこで、収入がない、あるいは少ない高齢者でも借り入れをすることが出来る制度が作られました。 それが「年金貸付担保」なのです。 カードローンと年金担保融資の大きな違いは主に二つ、上限金利と融資限度額の設定方法です。 簡単に言ってしまえば、年金担保は返済できなくなりというリスクが極めて低い(必ず支給される安定した収入と見なされる)ため、借り入れ時に発生する金利は全ての融資手段の中でもかなり低い方に分類されます。 反面、年金の融資額は通常の収入に比べて金額は高くないため、借り入れできる上限は低く設定されます。 高齢者にとって借り入れ手段があるというのはいざというときに心強いものなので、この制度を使えるようになっておくと、急な出費にも冷静に対処できるようになることでしょう。 年金担保は面倒?高齢者でもカードローンは使える? 高齢者はお金を借りる時でも面倒な手続きを嫌う傾向があります。 普段よく使う銀行でカードローンを申し込む方が手っ取り早いと考える人も多いです。 先述したように、継続的な収入の証明が出来ない高齢者(働いている高齢者は例外)は、銀行にとっては返済できるかどうかわからない相手なので、カードローンなどの融資契約は結びにくいとされています。 では、全く相手にされないのかというと、実はそうでもありません。 高齢者であっても、カードローンを契約出来るケースはあります。 1つは利用限度額を最低金額に設定して申し込む方法。 これはおよそ限度額10万円で、且つ利用者の年齢が満60歳ないし65歳未満であることが条件です。 もう1つが、個人の使用情報が高い場合です。 過去に何度か借り入れを利用したことがあり、その全てで期日内に返済を完璧にこなした実績があれば、銀行や消費者金融はこの契約者を「信頼できる取引相手」と認め、収入面に不安があっても融資を認めてくれることがあります。 このように、借り入れには高齢者ということよりも、返済能力が本人の信用が重視されるという特徴があります。 逆に言えば、高齢者でなくてもこうした返済能力や信用が不足していると、年齢が適切であっても借り入れが出来なくなるのです。 年金担保貸付はどこで申し込めるのか さて、肝心の年金担保貸付ですが、これを利用するのはどこですればいいのかという問題があります。 この制度は、消費者金融や銀行が提供しているものではありません。 利用できるのはわずか2ヵ所だけで、それ以外はすべて悪徳金融なので、騙されないようにしなくてはいけません。 年金担保貸付は、「福祉医療機構」と「日本政策金融公庫」という機関でのみ申し込み・利用することが出来ます。 この2つはどちらでも良いように見えますが、利用出来る年金の種類に違いがあります。 前者は独立行政法人、後者は政府が主導となり経営されています。 福祉医療機構で担保にできる年金は、国民年金・厚生年金・労災年金・船員保険年金の4種類です。 一方、日本政策金融公庫では、共済年金・恩給・災害補償年金が対象になります。 例外として、厚生年金でも共済組合管轄のものは福祉医療機構ではなく日本政策金融公庫で利用することになります。 自分が貰っている年金がどれで、どちらを利用すればいいのか、この機会に知っておきましょう。 年金担保貸付の実際の金利や使い勝手はどうなのか この制度の一番の肝とも言える、制度の内容について解説しておきましょう。 お金を借りる時に気になることといえば、金利と限度額でしょう。 カードローンに比べて年金担保貸付がどの程度の利便性を持っているのかを知っておく必要があります。 金利は年金を担保にすることにより極めて低い水準であり、両者の年利は0. 45~1. 9%と通常のカードローンよりはるかに低く、金銭負担を大きく減らすことができます。 (カードローンの金利は12~20%程度) 欠点もあります。 借り入れが出来る限度額は、条件がいくつかあり、その全てを満たしている範囲内の額になります。 利用総額が10万以上200万円未満であること、利用額が年間の年金受給額の80%未満であること、返済が長期化しないために、元金を2年半以内に完済できる金額で毎月分割返済できることです。 高齢者にとって、年金以外の収入を確保しづらいという観点から、年金だけで十分に返済可能と認められた分しか借り入れが出来ないというのがこの制度の重要な部分なのです。 言ってみれば、たくさん年金をもらっている人ほど金額の自由が利き、使い勝手が良くなる制度であるということです。 年金担保貸付で借りるための手順を解説! ここからは、実際に年金担保貸付でお金を借りる人のために、用意するものと申し込みからお金を引き出せるようになるまでの流れを説明していきましょう。 申し込みは、金融業者(銀行や信用金庫)で行います。 申し込む前に「相談」という形で金融業者または福祉医療機構年金貸付課に行きましょう。 ここでは、利用者の金銭的な事情を担当者が面談し、借り入れをした方が良いかどうかを話し合って決めます。 年金貸付担保は借金に分類されるので、出来るだけしないに越したことはありません。 そこで、担当者は現在の利用者の家計内容を聞き、本当に借り入れをすべきかどうかをアドバイスします。 借り入れが決定したら、対象の金融機関で申し込みを行います。 この際必要となるものは、借入申込書(金融機関で作成)・年金証書・年金受給額の証明書・実印・印鑑登録証明書・本人確認書類・資金使途確認資料となり、これを全て用意する必要があります。 それを受け取った金融業者が審査を行います。 書類に不備があったり、資金使途が不適切でなければ審査に落ちることはほとんどありません。 その後、融資決定となり、利用者に直接電話連絡によって融資可能な旨が伝えられ、そうして初めてお金が指定口座に振り込まれます。 はっきり言ってカードローンなどの申し込みに比べて圧倒的に手間と時間がかかります。 審査に掛かる時間は5週間程度と非常に長いのが注意すべき点であり、カードローンのように、申し込んだその日または数日で借り入れできると思っているとえらい目にあいますので気を付けましょう。 資金使途確認資料って何?借り入れする上で心得ておくべきこと 申し込む際に必要なものの中に「資金使途確認資料」というものがあったかと思います。 何だこれはと思うかもしれませんが、これは借り入れしたお金を何に使うかを示す書類ということになります。 この年金担保貸付は極めて汎用性の高い融資方法で、使い道がほとんど定められていません。 賭博費用、公序良俗に反するもの、犯罪資金、こう言ったもの以外であれば何に使ってもいいのがこの制度のメリットでもあります。 そのため、利用者が何に使うかを担当者に説明する必要があります。 借金の返済費用ですら問題ないと言われるので、正直に使い道を説明すればいいでしょう。 資金使途確認資料とは、この説明の時に「これを買うために使いたい」とか「この支払いに充てたい」といったように補足するための資料のことです。 ちなみに、年金担保貸付では、先述したように別の借金返済のために借りることすら可能です。 これほど利便性の高い制度ですが、いくつか条件もあります。 まず当然ですが、年金を受け取っている人でなければ利用することは出来ません。 また、生活保護を受けている人は申し込むことが出来ません。 この制度を知らない人が多いことを悪用し、生活保護者でもお金を借りられると甘い言葉を囁いて借り入れを勧めてくる業者もありますが、これらは全て悪徳金融、要は詐欺です。 生活保護ではお金を借りる相手はどこにもいないということは確実なので、騙されてはいけません。 少し脱線しましたが、資金使途確認資料といっても、そんな堅苦しい書類ではなく、欲しい者の請求書やパンフレット程度の物だと捉えておけば良いでしょう。 重要なのは、審査に非常に時間が掛かるので、欲しいと思っても1ヶ月程度待つ必要があるとしっかり把握しておくことです。

次の

年金から借りる。年金受給者が年金を担保にお金を借りる方法

お金を借りる 年金 担保

年金受給者だけが使えるローンもあるのです 年金の受給額が減っており、年金だけでは生活できないというご年配の方のお話を聞く事があります。 何か突発的にお金が必要になっても、準備ができなくて……という年金受給者を支援するために、「年金担保融資」という制度があります。 でも、年金を担保って、年金がもらえなくなるということ?などと様々な疑問がわいてくると思いますので、ここでまとめておきます。 どこで貸してくれるの? 年金を担保にお金を借りることができるのは、 独立行政法人福祉医療機構 WAM というところです。 日本政策金融公庫でも、恩給・共済年金担保融資というものを取りあつかっています。 年金を担保にした融資が取り扱えるのはこの2か所のみです。 年金を担保にお金を貸しますとうたっている業者や、お金を借りるときに印鑑や通帳、年金手帳の提出を求める業者がいるようですが、これらは違法です。 先にあげたところ意外では、年金を担保としたローンを取り扱うことができません。 注意しましょう。 利用できるのはどんなひと? 年金担保ローンを受けることができるのはどのような人でしょうか。 独立行政法人福祉医療機構では、 厚生年金保険 、船員保険、 国民年金 老齢福祉年金を除く または 労働者災害補償保険の年金の支払を受けている人が対象です。 利用の目的は、保健医療、介護福祉、住宅改修等、冠婚葬祭、教育、事業維持、債務の一括整理、臨時生活資金が対象となります。 日本政策金融公庫の年金担保ローンは、恩給、共済年金を受けている人が対象ですので、今回は利用者が多いと思われる独立行政法人福祉医療機構の年金担保ローンに絞って説明します。 この年金担保ローンは特にむずかしい審査等はなく、年金の受給権が担保となります。 ですが、生活保護を受けていたり、生活保護をうけなくなってから5年が経過していなかったり、融資の目的がギャンブル等投機性が高いものに使うためであった場合は、利用できないことがあります。

次の

無職でもお金を借りる方法~学生、主婦、失業中、年金受給の方~

お金を借りる 年金 担保

年金担保融資とは? 年金担保融資は、年金をもらっている人を対象にした年金を担保にお金を借りる制度のことです。 一般的には、 年金を担保にお金を借りることはできません。 しかしながら、独立行政法人福祉医療機構 WAM と日本政策金融公庫 JFC は、法律で唯一年金を担保に融資をおこなうことが認められています。 大々的には宣伝されていませんが、国できちんと保証されている制度なんです。 それ以外の会社で、年金を担保にお金を借りることは違法です。 独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫の違いとは? 独立行政法人福祉医療機構で借りる場合と日本政策金融公庫から借りる場合でどのような区別があるのかご存知でしょうか? それはもらっている年金の種類です。 年金の種類によって、以下のように対象になる期間に違いが出てきます。 金融機関名 対象になる人 日本政策金融公庫 恩給・共済年金をもらっている人 おもに公務員の人 独立行政法人福祉医療機構 上記以外の年金をもらっている人 おもに会社員の人 また、2015年に共済年金は厚生年金に統合されました。 厚生年金担保融資は、独立行政法人福祉医療機構でしか行われていません。 そのため、独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資を利用する方が多いのではないでしょうか? 年金担保融資を利用できない人は? 年金担保融資は、すべての人が対象になるというわけではありません。 次の方は、年金担保融資制度を利用することができないので注意してください。 2014年12月1日以降に借り入れ申し込みした人で、任意繰り上げ返済をして完済予定日前にすべて完済し、完済予定日をまだ迎えていない人 たとえば、2018年12月12日に借り入れ申込みをして、2020年2月12日に完済する計画を立てたとします。 そして、お金に余裕ができたため、2019年6月12日に任意繰り上げ返済をするとしましょう。 生活保護を受けている人 生活保護を受けている人、生活保護の受給をやめてから5年以上たっていない人は年金担保融資制度を利用することができません。 特別支給の老齢厚生年金を受け取っている人で、65歳のときの年金決定手続き中の場合 年金制度は、たびたび改正されています。 1985年に、年金受給対象者が60歳から65歳に引き上げられました。 特別支給の老齢厚生年金制度とは、厚生年金制度が切り替わる段階で60歳から65歳だった高齢者の方が安心して年金を受給できる年金制度のことです。 とても限られた方が対象となっています。 特別支給の老齢厚生年金の65歳時の手続きをしていない方は、年金担保融資制度の対象にならないので注意しましょう。 現況届などが未提出もしくは提出遅延の場合 現況届とは、簡単にいえば年金を受け取っている際も「わたしは生きています! 」という意思表示の届け出になります。 現況届が届いた方は、返送が必須になっています。 その現況届の返送ができていない方、提出が遅れている方は年金担保融資制度を利用することができません。 ほかにも年金担保融資を利用できない人はいる? 年金の支給が全額停止している場合• 借入金残高がある場合 増額申込みはできません• 反社会的勢力と関係している・所属している場合 に該当する場合は、年金担保融資を利用することができません。 独立行政法人福祉医療機構でお金を借りる方法 では、独立行政法人医療機構でどのような段階を踏めば年金担保融資を受け取ることができるのか、簡単にまとめてみました。 年金担保融資の相談は、独立行政法人医療機構または取扱金融機関でおこなうことができます。 その後、年金を受け取っている金融機関で手続きを進めていきます。 手続きには、次の書類が必要です。 手続きに必要な書類• 借り入れ申込書 収入印紙が必要です• 年金証書 申込み手続きの際に、証書を預ける必要があります 国民年金・厚生年金保険 労働者災害補償保険 年金振込通知書 年金額改定通知書 年金等振込通知書 変更決定通知書 年金決定通知書 支給額変更通知書 支給決定通知書 変更決定通知書 上記などが有効になります。 実印及び印鑑登録証明書• 本人確認書類 運転免許証 マイナンバーカード 身体障害者手帳 住民基本台帳カード 外国人登録証明書 パスポート 上記のうちひとつを提出しましょう。 ただし、身分証明書は写真付きのものに限り、 期限の切れたものは身分証明書として認められないので注意が必要です。 資金の使い道の確認資料 領収書・請求書など• 連帯保証人 年金担保融資には、連帯保証人が必要です。 しかし「連帯保証人がたてられない…」というあなたもご安心ください。 公益財団法人年金融資福祉サービス協会が、保証をしてくれます。 ただし、 別途保証料がかかるので注意してください。 審査から融資までの流れ 申し込んだ後、審査が始まります。 その後、審査結果が電話で伝えられ、審査に通っていたら、融資日に指定された口座に入金されているというシステムです。 申込み期間は、金融機関に申し込んだ日に合わせて融資日や返済開始日も大体決まっており、返済日は年金融資を開始した月から次の偶数月の年金支給日ということになっています。 たとえば10月から融資がスタートしたら12月の年金支給日から返済がスタートします。 また、奇数月に年金融資がスタートしたら、次の次の偶数月の年金支給日になります。 たとえば、11月に融資がスタートしたら、2月分の年金から返済開始です。 年金担保融資の5つのメリットとは? 年金担保融資は、ほかのカードローンと比べてみてどこが優れているのでしょうか? まずは、こちらの表に年金担保融資の基本情報についてまとめてみました。 金利 年金担保融資:2. 1% 労災年金担保融資:1. 4% 連帯保証人 必要(別に信用保証制度あり) 融資金額 10万円~200万円 (生活必需品の購入:10万円~80万円) 国民年金・厚生年金を担保にしての契約だと、2. 労災年金を担保にしての契約ですと1. 連帯保証人とは、自分が返済不可能になったときに代わりにお金を払ってもらう人のことをいいます。 先にもお伝えしたように、周りに頼める方がいない場合は、信用保証制度を利用して連帯保証人を立てることができますので、どうしても…という方は利用してみてはいかがでしょうか? カードローンよりも低金利 金利 年金担保融資の金利 2. 1% 労災年金の担保融資 1. 4% 消費者金融カードローン 約18. 0% 銀行カードローン 約15. 0% 年金担保融資の金利は、2. 4%です。 これが、どれぐらい低金利なのか想像できるでしょうか? 大手消費者金融の平均最高金利は、約18%前後であったり、低金利といわれる銀行系カードローンも平均金利が約15%前後です。 比べてみると、かなり低い金利だということがわかることでしょう。 借りたお金の使い道が自由 借りたお金の使い道は 基本的に自由です。 独立行政法人福祉医療機構の調査によれば、約5割の人が生活必需品の購入に使っており、これに次いで保険医療が約2割のようです。 年金担保融資のお金の使い道は自由なものの、借りるお金をどんな目的で使うか使い道を報告する必要があります。 もちろんギャンブルや犯罪の資金などの使用は厳禁なので、注意してください。 法律で保障されているからこその安心感 年金担保融資は、毎月の年金から自動的に天引きする方法でお金を融資するという法律で定められたルールのもとにおこなわれている融資事業です。 国が用意しているサービスなため、安心感は抜群にあるといえるでしょう。 毎月の返済額が決まっているので返済計画を立てやすい 年金担保融資では月々の返済額が決まっており、年金が減ることがあればそれにともなって返済額も減ります。 月々の返済額が多すぎるという理由で生活が苦しくなる、というリスクは低いのではないでしょうか。 ただ、金利がゼロというわけではないので、はやめの返済を心がけることももちろん重要です。 年金からの天引きなので、返済忘れするということがない 年金担保融資は、一度独立行政法人医療機構が年金を受け取り、そこから返済額を引いたあと各個人に年金として送金されます。 そのため、「自分が返済を忘れていた! 」といって遅延損害金を払うはめになるということは決してありません。 年金担保融資の5つのデメリットとは? ここまで、年金担保融資のメリットを見てきましたが、デメリットももちろん存在しています。 メリット・デメリットを両方見たうえで、きちんと判断できるようにしていきましょう。 きっと最善の選択ができると思います。 融資までに時間がかかる 年金担保融資は、融資までに約1カ月の期間がかかり、仮に審査が長引けばそれ以上かかることも予想されます。 消費者金融カードローンのように、申し込んだその日のうちにお金が手に入るということは残念ながらありません。 融資金額の幅が狭い 融資金額は、10万円から200万円と一般的な消費者金融よりは幅が狭いものになっています。 また、用途が生活必需品の購入になると、上限が80万円になってしまうところには、注意が必要です。 多くの金額を借りたいからといって、生活必需品の購入でお金を借りたいことを隠してお金を借りようとすることは、虚偽申告になります。 また、年金担保融資ではお金の使い道に関して、きちんと資料を提示しなければなりません。 年金が減った場合、支給額が減るので返済期間が延びることもある 年金のもらえる額が減少した場合、返済額もあわせて減少します。 その場合、返済額が減れば、 返済期間はどんどん伸びていってしまうのです。 返済期間が伸びれば、金利がかかって余計に自分を苦しめる結果にもなりかねません。 繰り上げ返済をおこなうなどして、対策をしていきましょう。 支払いが終わるまで年金を全額きちんと受給することができない 年金担保融資制度では、毎月の返済額から年金から天引きをして返済がされます。 たとえば、毎月年金で5万円をもらっているとして、返済額が1万円であったとしましょう。 その場合、5万円から1万円がマイナスされ、毎月4万円の年金しかもらえないのです。 それに加えて、もし返済ができず自己破産した場合でも 年金からの差し引きがなくなるわけではありません。 返済が完了するまでは、全額を受け取ることができなくなってしまいます。 2022年3月末(予定)で申し込み受付が終了 2022年3月末で、年金担保融資制度は終了する見込みです。 それまでは、新規の申し込みをすることができますが、2022年4月以降は年金担保融資を利用できなくなってしまうのです。 この制度がなくなったら困る、という方や今現在お金に関しての悩みを持っている方も多いと思います…。 そういった方は、社会福祉協議会がおこなっている「生活福祉資金貸付制度」を検討してみましょう。 一定の審査をクリアすれば、年金担保融資制度と同様にお金を借りることができるかもしれません。 一人で抱え込むのではなく、まずは自立相談支援機関に相談することも大切です。 自立相談支援機関は全国の市町村にありますし、厚生労働省の管轄下のため安心して相談できますので、お近くの自立相談支援機関を調べてみてください。 年金担保融資利用中に死亡したらどうなるの? 「年金担保融資を利用している途中で死亡してしまった場合、借金はどうなるの?」と気になる人も多いのではないでしょうか? 実は、年金担保融資利用者が死亡した場合、連帯保証人が誰になっているかで借金の行方が変わるのです。 たとえば親族に連帯保証人になってもらった場合、借金の返済義務は親族 連帯保証人 に移ることになります。 本人が死亡したことにより年金の受給も止まってしまいますし、多くのお金を借りていた場合は連帯保証人の負担になってしまうでしょう。 また、信用保証制度を利用していた場合は連帯保証人が「保証会社」となっているので、死亡時に保証会社が代わりに借金を支払ってくれます。 「万が一のこともありえるし、親族に迷惑をかけたくない!」という方であれば、信用保証制度を利用して、保証会社に連帯保証人になってもらうという選択肢もありでしょう。 まとめ 年金担保融資制度は、独立行政法人医療機構と日本政策金融公庫のみが法律に基づいて、年金を担保にした借り入れをおこなうことができます。 それ以外で、年金を担保にお金を借りることをうたってくる企業は違法の業者になりますので、騙されないようにしましょう。 月々の年金から一定の金額が天引きされるため、返済計画が立てやすく返済を忘れるといった問題も起こらない点がメリットとなっています。 お金がなくて生活に困っている人は、一度各市町村にある自立相談支援機関へ相談にいくとよいでしょう。

次の