赤い きつね 焼きうどん 2019。 【赤いきつね焼きうどん】 毎年発売されている意外と(?)人気の商品!

「赤いきつね焼うどん でか盛」新発売のお知らせ

赤い きつね 焼きうどん 2019

赤いきつね焼きうどん 国民的カップうどん、 「赤いきつね」が焼きうどんになりました。 2017年6月12日に新発売です。 希望小売価格は180円(税別)です。 鰹と昆布だしが効いたカップ焼きうどんです(焼いてないけど) 2019年は6月24日に再販されています。 希望小売価格は193円(税別)です。 コレ、意外と人気ですよね。 2017年から毎年発売されています。 開封 添付の小袋は3つです。 左から粉末ソース、特製油、かやくです。 かやくを入れて熱湯5分です。 しっかり湯切りして、粉末ソースと特製油を入れて、よく混ぜたら完成です! 実食 具はネギ、かまぼこ、たまご、油揚げです。 ダシが香ばしいです。 麺は本家の赤いきつねと同様の平打ち太麺です。 もっちりした食感がします。 そして鰹と昆布のダシが効いています。 まさに想像通りの赤いきつねの味がしますw ただし油と香辛料が入っている分、しっかりと「焼きうどん感」はあります。 汁なしになると、この麺のもっちり感がさらに増しますね。 これはこれで美味いです。 メインの具はたまご、かまぼこ、油揚げです。 赤いきつねと具も一緒です。 けれど 「赤いきつね」なら、やっぱり油揚げは汁を吸ったデカイやつにかぶり付きたいですね。 アレンジ? 出汁醤油を追加してお湯を入れてうどんにしたったwww 意味ねえwww けれどやっぱうどんはコレがいいですw 真面目な意見としては、具が少ないのでネギや天カスを追加するといいと思います。 感想 見たまんま、想像通りではあります。 食事で食べるなら汁のある普通の赤いきつねがいいかなってのが個人的な感想です。 ただしお酒のツマミなんかにはいいと思います。 まあ、ネタ商品ですね。 と思いきや毎年発売されているので人気は一定数あるのでしょう。 今年もスーパーやコンビニで発売されているので気になる方は試しに買ってみてはいかがでしょう?.

次の

【赤いきつね焼きうどん】 毎年発売されている意外と(?)人気の商品!

赤い きつね 焼きうどん 2019

ファン投票キャンペーン「赤緑合戦~あなたはどっち!? 食べて比べて投票しよう!~」で、赤いきつねが勝利。 マニフェストとして商品化。 以前も「赤いたぬき天うどん」が販売されたことがありました。 2018年に行われた「あなたはどっち!? 食べて比べて投票しよう!」キャンペーンでは赤いきつねが勝利。 マニフェストとして掲げられていた「赤いたぬき天うどん」が商品化。 勝負は一度きりではありませんでした。 2019年は「赤緑合戦~あなたはどっち!? 食べて比べて投票しよう!~」と題して、47都道府県ごとに勝敗をつける陣取り合戦キャンペーンが実施されました。 これも、赤いきつねが47都道府県中45都道府県を制して勝利(緑のたぬきがんばってほしい)。 今回は、二度目のキャンペーンのマニフェストによる商品です。

次の

「赤いきつね焼うどん でか盛」新発売のお知らせ

赤い きつね 焼きうどん 2019

私はインスタントカップ麺の中で、何度もリピートして買っているのは日清「どん兵衛」シリーズだと何度も言っております。 そして、同じような味の、マルちゃん「緑のたぬき」「赤いきつね」も大好きですね。 どん兵衛よりも安売りされていることが多く、特売の時は80円台で購入できることも。 そんな「赤いきつね」の変わったバージョンが売られていました。 「赤いきつね」焼きうどん。 お値段は80円台、税込みで90円程度でした。 一体、あの味がどんな風に焼きうどんでアレンジされているのか興味あり、購入。 スポンサードリンク 過去3度、限定販売を繰り返しているってことで、なかなか人気商品なんだと思いますね。 1番最近販売されたのが、2019年6月24日~です。 私が買ったのが、おそらく賞味期限迫っているから安かったのでしょう。 あと1ヶ月くらいでしたね。 原材料を見る限りは、ほぼ、「赤いきつね」と変わりはありません。 作り方は、焼きそばカップ麺と変わりはないです。 カロリーは467kcal。 他のカップやきそばとも、差はない、平均的なカロリー。 きつね揚げはどのようになってるんかな? 細かく刻まれたようになってましたが、そりゃ焼きうどんやもん。 あの大判のまんまじゃ食いにくいもんね。 麺は普通に赤いきつねのうどん麺と差がないように思います。 太め縮れ平麺ですね。 小袋は3つ。 かやく(かまぼこ・玉子)と、粉末ソースと、特製油です。 カップ焼きそばの要領で完成。 さすがに出汁醤油っぽい粉末スープなんで、色合いが薄いですね。 食べてみて・・・ うん、「赤いきつね」(^^) まさにあの味そのまんまなんですよ。 汁なしバージョンって印象。 麺は完全に一緒のものを使っているでしょう。 味は一緒なのですが、私がノーマルの赤いきつねとこの焼きうどんバージョンどちらを今度また食べるかと問われたならば、この焼きうどんは選ばないかなってのが正直なところ。 その訳は、きつね揚げですね。 やっぱあのスープの味が沁みた油揚げが好きなのもあるからな。 しかし、1度はこの汁なし赤いきつねも食べてみるのいかがでしょうか。 (って今となっては在庫なくなり売られていないでしょうね).

次の