いちいち癇に障る。 「癇に障る」とは?意味や使い方を解説

夫婦のすれ違いの原因と改善策|すれ違いが招くリスク|浮気調査ナビ

いちいち癇に障る

【特徴・方法】• 甘えたような言い方や声で話す 話をする時、わざと甘えたような言い方や声で話す人は、典型的な「癇に障る人」です。 これは、ほとんどの場合、女性に見られる特徴です。 わざとらしい甘え口調や甘え声は、自分を可愛く見せようとして頑張ってしまっている時に出るものです。 このような態度は、「自分を可愛いと思ってほしい」という押しつけがましい強引さが醸し出され、 聞いている人は気分を害します。 その結果、このような態度をとる人は、「癇に障る人だ」と思われ、嫌われます。 特に、異性の前で態度を豹変させて、甘え声や甘え口調で話すような人は、 周りの人を益々怒らせてしまい、孤立してしまう結果になることが多くなります。 頼んでもいないのに、いちいちアドバイスをしたがる こちらが頼んでもいないのに、いちいちアドバイスをしたがる人は、 癇に障ると思われてしまうことが多くなります。 もちろん、彼らには全く悪気はありません。 むしろ、良かれと思ってアドバイスをしています。 しかし、求められてもいないのに、勝手にアドバイスを並べ立てることは、相手にとって失礼な行為です。 自分にも自分の世界があるように、相手にも相手の世界があります。 頼まれてもいないアドバイスをすることは、相手の世界観を無視して、 「自分が一方的に良いと思っている世界観」を押し付ける行為に当たります。 これでは相手が気分を害するのも当然です。 自分でどんなに「良い」と思っていることでも、それを求めていない相手に押し付けてしまうと、 「癇に障る人」だと思われて、避けられてしまう結果になります。 常に上から目線で、人を見下したような態度をとる 常に上から目線で、何かにつけて人を見下したような態度や物言いをしてくる人は、 癇に障る人の代表格と言えるでしょう。 どんな人でも、見下されて嬉しいという人はいません。 それにも関わらず、人の気持ちを無視して、上から目線の態度を崩さない人は、間違いなく多くの人から嫌われます。 このタイプの人は、常に自分が1番でない時が済まないという性格です。 そのため、人の上に立とうとして躍起になり、自分の偉さを無理矢理人に認めさせようとします。 そのような強引さが態度に出てしまうことで、 相手は、嫌なものを押し付けられたような気持ちになってしまい、気分を大きく害します。 その結果、「癇に障る人だ」と多くの人から煙たがられるようになり、周囲に敵を増やすことになります。 自分が話の中心にならない時が済まない 自己中心的で自己顕示行くが強過ぎる人は、多くの人から「癇に障る」と思われてしまう人です。 特に、人と話をしている時、自分が話の中心にならなければ気が済まないという人は、 かなりの確率で人を苛立たせます。 このタイプの人は、人の話を全く聞きません。 そのため、コミュニケーションが成り立たなくなります。 その時点で、彼らを「癇に障る」と感じる人は少なくありません。 しかし、彼らはそれに気づかず、更にエスカレートします。 人が話している最中に会話を遮り、自分中心の話に変えてしまいます。 これにより、周りの人から嫌われることが決定的になります。 「自分の話を聞いてほしい」という必要以上の強引さが、周りの人の気分を大きく害してしまいます。 癇に障る人は、人の気持ちを考えずに、自分中心に物事を考えて行動してしまうタイプの人が多くなります。 「このような態度をとったら、人は気分を悪くするだろう」という想像力が乏しいとも言えます。 若い頃であれば、「悪気はなかった」「知らなかった」で許されますが、 社会人ともなればそうはいきません。 他人の気持ちに対する想像力を鍛え、 できる限り人の気分を害さないように配慮するという誠意を示す努力をしたいものです。

次の

フリーザ様の名言集

いちいち癇に障る

結婚期間が長くなった夫婦ほどすれ違いは多くなるもの。 「夫の言うことがいちいち癇に障る」 「妻がすぐに不機嫌になるけれど、その理由がさっぱりわからない」 「なんでこんなにも分かり合えない人と結婚しちゃったんだろう・・・」 こういう悩みや愚痴は誰にでもあるでしょう。 なぜ愛し合って一緒になったはずの二人がこれほどまでにすれ違ってしまうのでしょう。 その理由は実は男女の脳の違いに関係していたのです。 さらに、普通の男女以上に夫婦の脳には大きな違いがあります。 夫婦のありがちなすれ違いがなぜ起こってしまうのか?少しでも分かり合える方法はあるのか?その答えを脳科学の側面から見ていきましょう。 脳科学を知れば、相手の考えていることがわかるようになり、きっと幸せな夫婦生活が送れるようになります。 夫婦のすれ違いの根本的な原因3つ お互いを理解した上で結婚したはずなのに、なぜすれ違いが起きてしまうのでしょうか?その主な原因を3つを記述します。 夫は夜勤、妻は早朝からパートをしているなど、仕事の関係で夫婦間の生活リズムが全く合わないためにすれ違いが生じてしまうことがあります。 お互いの仕事を理解しているつもりであっても、寝ている時に起こされて不愉快な思いをしたり、家族一緒に食事がとれずにコミュニケーションが欠乏するなどして、徐々に「いっそ一人で暮らしたほうがいい」と思うようになってしまいます。 冒頭でも述べたとおり、そもそも男性と女性では体の構造も脳の構造も異なるために、どうしても価値観の違いが出てきてしまうものです。 例えば、女性は男性に比べて五感に加えて第六感のはたらきも活発だと言われています。 それは生物学的にも証明されていて、古来女性は、男性が外に出ている間、家庭を守る役割がありました。 そのために危険や変化を察知する能力がDNAレベルで備わっています。 「女の勘は鋭い」と言われるのはこのような根拠があります。 決して男性が鈍感だというわけではありませんが、このような構造上の違いは日常のあらゆるところに出てきます。 女性 男性 結論に至るまでが長い 結論を先に話す 悩みは人に打ち明ける 悩みはまず自分で考える 浮気が本気になりやすい 浮気と本気は別モノという考え 嘘が上手 嘘をついても見破られやすい 節約することに喜びを感じる 浪費することに喜びを感じる 男女間での共存がうまくいかず「自分が正しい」と主張すればするほど、その関係は冷ややかなものに変わっていきます。 女性は共感欲求が強い 一番忘れてはいけない女性の特徴は、「共感欲求が強い」ということです。 可愛いものを見たら「可愛いね」「そうだね、可愛いね」と共感したいし、美味しいものを二人で食べたら「この触感がたまらなくおいしいね」「ほんとだ!この触感いいね、とってもおいしい」と分かり合いたいのです。 一方、男性の脳は最小コストで動きたいという省エネ脳なので、結論を急いで早期解決したがるし、余計なことは話したくないという気持ちが強いので、女性のこの「共感欲求」がときにめんどくさいと思うこともあるでしょう。 しかし、共感力が長けているからこそ、あなたが弱った時は心から同情してくれて、自分のことのようにとらえてくれて、励ましてくれるのです。 健全な夫婦は、お互いに尊敬、尊重した上で共に過ごします。 この尊敬というのは「お互いのよいところを認める 」「お互いに気を使える」程度のもので、何も難しいものではありません。 しかし、拒絶したり罵り合ったりするような関係であれば、もはや尊敬の念は一切なく、夫婦の危機的状況であると言えます。 夫婦のすれ違いの事例 あなたは、奥様が何の目的もオチもないかのように思える会話をしてきたとき、どのように対応していますか?男性は、会話をするとき、結論がはっきりしていたり、話す目的が明確だったり、オチがあったりしますが、女性は必ずしもそうとは限りません。 例えば以下のような会話に身に覚えはないでしょうか。 妻:「今日ね、デパートに行ったらセールをやっていてね、前から気になっていた春物のコートが売っていたから買っちゃおうかと思ったんだけどね、私が欲しい色で私のサイズがもう売り切れていたのよ。 それでね、店員さんに違う色のコートを持ってきてもらったんだけど、なんだかイメージと違ったから、すっごく迷ったんだけど、買うのやめたわ。 その代りちょっといいお肉を買ったから今夜の夕飯豪勢でしょ??」 あなたの奥様もこんな感じで自分の身に起こったとりとめもない出来事を会話にして垂れ流しているのではないでしょうか。 女性の脳は男性の脳に比べ、右脳と左脳の連携がはるかに良いため、感じたことがそのまま即言葉になるのです。 まあまたいいのが見つかるよ。 にしてもお前の話は長いな。 男性の脳はかなり省エネを好むため、まず結論を求めます。 男性からしたら結論である「コート代に使うはずだったお金でいい肉を買って今夜の夕飯は豪華」という点にしか興味がないですよね。 このような会話ですぐに奥様が不機嫌になることはありませんが、共感できていると実感できないため、「話しがいがない」と感じてしまいます。 いちいち共感しなきゃいけないなんて、女ってなんてめんどくさいんだろう・・・と思うかもしれませんが、奥様がたらたらと事の最初から臨場感たっぷりに話すのは理由があるのです。 決して頭が悪くて状況を整理できず、結論から離せないというわけではありません。 女性は大切な人と感じたことや自分が置かれていた状況を共有したいという思いが強いのです。 自分の気持ちをあなたにも「わかってほしい」と思っているのです。 だから、男性のみなさん。 妻の一見終わりが見えない長い話にも付き合ってあげてください。 そして共感してあげるのです。 結論から話されなかったり、目的のわからない話が多かったりするのはそれだけ奥様があなたのことを大切に思っている証拠なのですから。 夫婦で旅行をするとなぜか途中で喧嘩が起こってしまう。 楽しいはずの旅行なのに、どこかのタイミングでどちらかが機嫌を損ねてしまうことってありますよね。 そして機嫌を損ねるのはたいてい奥様の方です。 なぜ、楽しい旅先でそのようなことが起こってしまうのでしょう。 それは、旅行では二人同時に多くのものを見るからです。 例えば夫婦で紅葉を見に行ったとします。 妻:「さっきの銀杏並木、とってもきれいだったわね。 葉と葉の間から漏れる光がたまらなく美しかったわ。 ねえ、せっかくだからもう一度あそこの銀杏並木のところへ行って写真撮らない?」 夫:「ああ、今年は気温が下がるのが例年より早かったから、銀杏が色づくのも早かったんだろうな。 写真?撮ってどうするんだよ。 次の場所に行かないと予定通り行動できないぞ。 」 この夫の解答は0点です。 旦那様に、理論的な理由と、現実感丸出しの行動予定のことを言われると女性はむかっとします。 あなたに求められている回答は、先ほどからお伝えしているように「共感」していることをアピールできる回答です。 それを踏まえて模範解答を見てみましょう。 模範解答:「ほんとだな。 銀杏並木、すごくきれいだったな。 写真、記念に撮っておくのもいいかもな。 」 それにしても、なぜ同じ銀杏並木を見て、夫婦で違う視点の感想を述べてしまうのでしょう。 それは、夫婦である二人が同じものを見ているのにも関わらず、「見ているものが違う」からです。 女性はものを「表面をなめるように」見る傾向があります。 一方男性はものを「空間全体としてまばらに」見る傾向があります。 そのため、奥様が細かく「何がどのように美しかったか」と話しても、旦那様はざっくりとしか感想を述べないのです。 ただ、女性のこの「表面をなめるように細かく観察する癖」は神様から与えられた立派な能力です。 この能力があるからこそ、言葉の話せない赤ん坊の顔色の変化にいち早く気付くことができ、食べ物の鮮度の変化も見逃さないのです。 ちなみにこの能力のおかげで旦那様の浮気もすぐに見抜いてしまいます(笑)。 一方、男性の「空間全体としてまばらに見る癖」も生きていく上で必要不可欠な能力です。 Google Mapどころか紙の地図もなかった大昔に遠くまで狩りに出ていた男たちは、自らの記憶だけを頼りに自分たちの住処まで戻ってきていました。 この空間把握能力があったからこそ安心して遠くまで家族のために狩りに出かけられていたのです。 このように、男と女はそれぞれ違う能力を持ち合わせているからこそ、ともに助け合って生き延びられてきたのです。 だから、男女が分かり合えないのは当然で、生殖活動を有利に進めるためより自分と違う能力を持った相手をパートナーとして選ぶため、夫婦こそ最も分かり合えない関係と言えるのです。 妻がキレるときの理由と夫に求められている解決策 「メールの返信が遅い」 「記念日を忘れられた」 「全然わたしの話を聞いてくれない」 こういったことでいちいちキレる奥様は意外に多いのではないでしょうか。 旦那様は毎日奥様とお子様のために汗水たらして辛いお仕事を頑張ってくれています。 忙しくてご飯を食べる時間もないときだってあるでしょう。 当然、メールをすぐに返してあげられなかったり、記念日をうっかり忘れてしまったりすることもありますよね。 こういう時、男性はどのように対処すればいいのでしょう。 そもそもなぜ女性はそんな些細なことでキレてしまうのでしょう。 キレている女性は、実は怒っているのではありません。 一時的に本人も怒っていると勘違いしているかもしれませんが、本当は傷ついているのです。 「記念日を忘れられているっていうことは、きっともう私のことなんてどうでもいいと思っているに違いない」と、絶望して傷ついているのです。 だから、奥様がキレているときの模範解答の行動は、どのような形でもいいので「君のことを傷つけてしまって申し訳ない。 だけど、今も変わらず君のことを大切に思っている。 」ということを示してあげることです。 決して、何が悪いのかわからないけどとりあえず平謝りしよう、とか、怒りの原因を追究して今後のために分析しようとしてはいけません。 女性の怒りを根源から解決するためには「大切に思っている」というメッセージをしっかりと伝えてあげてください。 夫婦のすれ違いの長期化は離婚を招く さまざま理由のせいにして夫婦関係に溝が出来たままでいると、いずれ離婚の危機を招いてしまいかねません。 離婚の原因で最も多いのが「価値観の違い」 平成27年度の司法統計では、離婚の原因の1位は「性格の不一致」という結果になりました。 人間ですから性格が100%一致することはまずありえません。 しかし、やはり「どうしても許容できない」という気持ちが強くなると「もうこんな生活やめたい」という考えが生まれ、離婚という結果に至らざるを得ないのでしょう。 どこかのタイミングでお互いに歩み寄ったり、ストレスのたまらない生活を心がけていれば、離婚の危機はもちろん、仮面夫婦になってしまうことも回避できるはずです。 【関連記事】 浮気やセックスレスの原因にもなる お互いの生活時間があわなかったり、お互いに嫌悪感を抱いている状態だったりすると、必然的に夜の夫婦生活の回数が減る、またはなくなってしまいます。 そうすると解消されない性的欲求をどこかで発散したいと考え、その矛先が手ごろで都合のよい浮気相手へと向けられてしまうことがあります。 【関連記事】 すれ違いが既に長期化している夫婦が関係修復のために行うべきこと 既に長らくすれ違いの生活をしている夫婦は、どのように関係を修復していけばよいでしょうか?以下で解説していきましょう。 気にかけていることを伝える 過剰な心配をしたり、高額なプレゼントを渡す必要はありませんが、「こんなにあなたのことを考えているよ」とちょっとした行動で示すようにしましょう。 例えば、パートナーの職場に花を送ってみたり、一緒に過ごせる日にちを提案したり、お弁当を作り合ってみたり、電話で帰宅の時間をきいてみるなど、相手のことを大切に思っていることが伝わる行動であれば、何でもよいのです。 物理的に何かを得られないとしても、心の中にはずっと残ってくれます。 もし万が一、夫婦喧嘩をしてしまって、言葉のアヤで別れ話にまで発展するようなことがあったとしても、こうした行動の一つ一つが離婚の危機を回避してくれるでしょう。 不満を言う時間を作る パートナーに対して不満や意見が生まれたとき、それをずっと心の中にとどめておくと、いつか「なんでいつもわかってくれないの!」と爆発してしまうでしょう。 それを回避するために、あえてお互いに不満を言い合う時間を設けましょう。 子供の育て方の方針でも、食事の傾向についてでも何でもよいので、「自分はこう思っている」という点を優しく伝えるようにしましょう。 そして伝えられた側は素直に受け入れ、例えそれに対して反対の意見を自分が持っていたとしても、まずはどこまで許容できるかを考えてから、意見を出していくようにします。 そうすると、許容し合うことでいずれはお互いにとっての妥協ポイントが見つかり、無理なく合意することができるはずです。 寝る時間を合わせる 同じ部屋、同じ布団で寝ろとまでは言いませんが、週のうち何日かは寝るタイミングを合わせるようにしましょう。 例えば夫が夜勤で妻が専業主婦であるという場合は、昼間の夫の睡眠時間に合わせて妻がお昼寝をする程度であれば、肉体的にも無理なく行えるはずです。 挨拶ができなければメールで行う 「おはよう」「おかえり」「お疲れさま」「ありがとう」人間はこのような素敵な言語を用いて、環境や感情を共有することができます。 生活時間帯があわない時でも、喧嘩をしてしまった翌日でも、こういった最低限のコミュニケーションはとるようにしましょう。 意地をはって何も話さないままだと、関係悪化までのスピードが速まります。 もし面と向かって伝えられない場合は、メールに書いて送信するだけでも効果的です。 すれ違いを受け入れる すれ違いの状況をあえて逆手にとり、利用してしまう手段もあります。 これまでやりたくてもできなかったことに挑戦したり、自己投資など生産的な取り組みを行ったりすることで一人の時間が有意義に感じ、心を穏やかに保つことができます。 夫婦同士のスケジュールをあわせることができない時であっても、このようにポジティブな受け入れ方をすれば、おのずと夫婦間にある距離も苦痛には感じなくなり、各々のやりたいことを尊重してみようという気持ちも生まれます。 まとめ 「夫婦はわかりあえないもの。 だからこそ、一緒にいる価値がある」と思えば、隣にいる奥様が愛おしく思えてきませんか?もしすれ違いの原因が仕事のみにあるならば、どちらかが退職することも視野に入れて一度話し合いをしてみると良いでしょう。 家庭よりも大事な仕事はないはずです。 また、根本的な原因が異性関係にあるのだとすれば、一刻も早く解決を図るための行動に出たほうが賢明です。

次の

過剰にヨイショしてくる人。

いちいち癇に障る

学生時代からの友人の一人で、一言が多くてカンに障る人がいます。 例えば私の子供の髪を見て、「サラサラだよね。 でも、扱いにくそうな髪。 」と言ったり、カラオケ店では私の歌う曲に対し、「一昔前の曲だよね。 」離婚後に会えば、「旦那さんは元気?」といった具合です。 会えば気分が悪くなるので、今は私から連絡することはありませんし、友人と思わないようにはなりましたが、年に一度、会う機会があります。 共通の仲間がいるため、関係を絶つことはできません。 場の空気を壊さずに、上手に交わしたりやり込めたりする方法があれば教えてください。 今の私は、言われても「そうねー」とだけ返し、その話題は無視するようにしています。 しかし、それだと何故かいつも煮え切らない気持ちになってしまうのです。 彼女が故意なのか否かは不明ですが、仲間内だと私だけが言われていることは確かです。 聞かれることといえば私の容姿についてのことだったり、持ち物の値段、家族のことばかりなので、うんざりします。 ただ彼女は、疎遠にならないように仲間を集めてくれたり、誰かが入院すればすぐに見舞いに駆けつける、いいものはいい、と誉めることが出来るなど良い面も持っているので、正直良い人なのか悪い人なのか分かりません。 もしかして、本人に言えずに公の場でこのような質問をして憂さ晴らしする私の方が悪い人なのかもしれません。 今の自分は、まだ胸を張って生きられる状態ではありません。 必死に頑張って、もっと強くなって、遥か彼方の存在になれば、彼女なんてどうでもいい存在になるのかもしれませんね。 短所発見器を使って、魅力的な女性になっていきたいと思います!元気が出ました。 ご回答ありがとうございました。 いますね、そういう人。 例えば、「扱いにくそうな髪」といわれたら 「え!そうなの!?それは心配だからどうやったら直る? どこが扱いにくいのか教えて!」といってみるとか。 その方は結婚していますか? 離婚のことをいってきたとき、もし結婚しているなら 「あなたの旦那さんは元気?」といってみたり 結婚しておらず彼氏もいないのなら「恋人できた?」と 笑顔で答えてやるとか 笑 カラオケでそういうことを言われたら、彼女も同じ世代な わけですから言われる筋合いはありませんよね。 やっぱり「今どきの曲より昔の方がいい曲多いから好きなのよ」 ってまた笑顔で答える! この笑顔で答えることが大事だと思います。 そうすればだんだん言わなくなるかなと。 そういう人には二種類いて、まず気づかずに言ってしまっている のと、嫌な気持ちにさせようとわざと言っている人でしょう。 もし後者なら、あなたの言ってることなんてわたしは気にして ないわと好きなだけいってなさい的な態度をとるのが一番いいと 思いますよ! ま、「一言多い人」、「毒舌な人」は、私の先輩にもいます。 2さんの書かれた様に、チョイと「言い返す」方がいいかもしれません。 「『毒舌』には『毒舌』」ですね。 >「サラサラだよね。 でも、扱いにくそうな髪。 」 「扱うのは、アナタじゃないでしょうに・・・」 「他人の髪が扱いにくくても、 アンタに 影響ないと思うけど」 >「一昔前の曲だよね。 」 「もっと、昔の曲も知ってるわよ。 、もう一緒に住んでないから、解からない・・・。 離婚の事 知らなかった? アナタって、意外と『物忘れ』、激しいンだ・・・」 カチンと来ても、逆に「笑顔」で、毒舌を使われたら? 今度何か言われたら、思っていることを言ってやったらどうですか。 いい返すのも大人気ないと思って無視していらっしゃるのでしょうが、こういう輩は一度ギャフンと言わせてやったほうがいいようですよ。 「ゴミは無視するより、拾って捨てろ!」という言葉を読んだことがあります。 例えば、 >その友人「サラサラだよね。 でも、扱いにくそうな髪。 私のために」 >その友人「旦那さんは元気?」 あなた 「あんたって、デリカシーないわね。 」 「旦那さんは元気?」はシャレにもならないから、場の雰囲気を壊そうがどうなろうが、はっきり言うべきです。 周りの人もわかってくれますよ。 私もうまく切り返せる方ではないので、このくらいしか思いつきませんが、思いついた言葉で言い返してやれば、多少は気が晴れると思います。 うっぷんを晴らす年に一度のチャンスです。 「会うの、いやだな~」と思わずに、何を言ってやろうか、と楽しみにしていてください。 (無理か…) Q わざわざ言わなくてもいい事・不快にさせる発言をする余計な一言を言う人を何人か見てきました。 人が宿題やっているのに、それを見て『今日は雨が降るね。 悪い事起きるよ』と言ってきたり、私のバイトが決まった時に『ふーん。 すぐ辞めそう。 まあせいぜい1年もったら褒めてやるよ』と、心の中に留めておけばいい事をわざわざ言ってくる事がありました。 余計な一言を言われる度にカチンとイチイチむかついて気にしてしまいます。 何で人を不愉快にさせる一言を平然と言えるのか、と疑問に思います。 yahoo知恵袋で人間関係の質問を見てたら『そういう人は正直に言う人・本人は悪気はない・癖になってる』らしいです。 私は、そういう人と関わる度にウンザリしてしまいます。 イチイチ傷ついてしまい、対応の仕方が分からないのです。 余計な一言を言う性格の人がいたら、どういう対処をすればよろしいでしょうか?また皆さんの周りにも、いますか?もしいたら、どういう風に関わってますか?教えて下さい。 A ベストアンサー うーん 汗)。 でも、社会経験があるのだから「世の中の仕組み」というか、少なくとも「いろいろな人がいるんだ」ということは勉強できたと思う。 「言わなくてもいいこと」には、確かに違いないことかもしれないけど、でも 「言ってはいけないこと」かどうかは、その人が決めることなんだよね。 これって、すごく重要なことだよ?。 その人にとっての言葉の軽重は、その人が決めることなんだから。 それに対して意義があるんだったら、あなたがそれをわからせるしかないんだよね。 自分のためだもの。 そこまで関わりたくないならば、無視してもいいし。 でも、無視は「自分のための機会」をひとつ逃してることでもある。 世の中は、君に都合がいいことばかりをもたらしてはくれないでしょ?。 それはわかるよね?。 「言われたくは無いけど、仕事の上で付き合わなきゃいけない…じゃあどうしたら?」というところで、成長も見込めるってこと。 他人の言葉は金言。 宝物なんだから、あまり無視しないほうがいいと思うけどね。 方法は…様々。 「どうしたら?」というステップにきたら、会社の先輩に相談するも良いし、自分で悩みまくるのも良い。 試行錯誤でいろいろやってみるといいよ。 それと…こういうことはケースバイケースで、少しずつ状況は違うものだから、あくまでもこの場での意見は「参考」くらいにしたほうが良いですよ。 うーん 汗)。 でも、社会経験があるのだから「世の中の仕組み」というか、少なくとも「いろいろな人がいるんだ」ということは勉強できたと思う。 「言わなくてもいいこと」には、確かに違いないことかもしれないけど、でも 「言ってはいけないこと」かどうかは、その人が決めることなんだよね。 これって、すごく重要なことだよ?。 その人にとっての言葉の軽重は、その人が決めることなんだから。 それに対して意義があるんだったら、あなたがそれをわからせるしかないんだよね。 自分のためだもの。 そこま... Q こんにちは。 たびたび相談させていただいております。 20代後半女です。 職場で、どうしても気が合わない人がいます。 きっと相手も私を良く思っていません。 でも、私の部署には女性は私とその人しかおらず、仕事に差し支えない程度には話ができるレベルを維持したいと思っています。 ただ、好きになれないというレベルではなく、言動、行動、すべてがなぜかカンにさわるのです。 長年その人の存在がストレスとなっていました。 自分自身、その人の存在を意識しすぎているのだと思い、できる限り関わらないように、話もしないで済むようにしていましたが、そうなると極端に嫌な態度になってしまいます。 最近、そんな自分は大人ではないな・・・と自己嫌悪に陥っています。 なぜ、その人がそこまで嫌いなのかもわからないし、自分自身ストレスになるので意識しなければいいと言い聞かせてもどうしても駄目です。 適当にうまく付き合っていけばいいのに、すぐにイライラして、あからさまに態度に出てしまう。 あまりに子供っぽいと自分で嫌になります。 皆様は、職場などでどうしても好きになれない人がいて、でもある程度はお付き合いをしなければならない人だった場合、どうしますか? この質問の感想でも、なんでもいいのでご意見ください。 こんにちは。 たびたび相談させていただいております。 20代後半女です。 職場で、どうしても気が合わない人がいます。 きっと相手も私を良く思っていません。 でも、私の部署には女性は私とその人しかおらず、仕事に差し支えない程度には話ができるレベルを維持したいと思っています。 ただ、好きになれないというレベルではなく、言動、行動、すべてがなぜかカンにさわるのです。 長年その人の存在がストレスとなっていました。 自分自身、その人の存在を意識しすぎているのだと思い、できる限り関わらな... A ベストアンサー 私も先月まで一緒に仕事してた女の人 といっても私より遥か年上 がイヤでした。 その人はいい年して男女で態度が違うのです。 でも仕事上の関係だからと、そういう性格なんだと割り切ったらあまり気にならなくなりました そもそも同年代でないし。 まず、彼女はいくつですか?自分より若い場合は、嫉妬か勘に障るってのがあるのは当たり前です。 年上の場合は、言い方が何となくイヤだか、とにかく気に入らないのはやっぱり原因があるはずなんですよ。 まずは家とか人のいない所で、よーく考えてどうしてその人が嫌いなのかを分析しましょう。 その人に過去気に入らないことを言われたとか、自分が大変な原因だったとか、絶対に何か理由があるはずですよね。 ここは仕事が一番なので、電話の受け継ぎとか、分からない部分を聞くとかその程度でも十分だと思います。 誰にでもイヤな人間っているものです。 だからそんな自分を子どもだと思わないでください。 ただあまり露骨にイヤーって顔をしないでください。 Q 人に嫌なことうを言われた時や、ばかにされた事を言われたときなど、頭にわくるのですが、何も言い返すことができず、冗談にしたり、聞かない振りをしたり、話を変えたりしてしまいます。 このような、態度でいるとあの子には何を言っても平気と思われてしまうみたいで、他の人にはひどいことやひどい行動をとらないのに、私にだけなんで!! と、思うことがよくあります。 もともと、短気のせいか何か言われると頭にはくるのですが、なにもうまく言い返す言葉がみつからず、それなら怒ればいいのですがそんな勇気もなく・・・。 特に会社ではしったぱのせいか何かわからない事があった時に、教えてもらえなくなると、と、思ってしまうと、頭にくるようなことを言われても、何も言葉が思いつかず黙ってしまうことが多いいです。 そのせいか、会社ではなめられっぱなしです。 こんな時、その人との仲が終わらず、うまく言い返す方法はないでしょうか? A ベストアンサー 私は、人のことをバカにしたような言葉を吐く人を信用してないし、不快です。 ひどいことを言われたときは頭にカッと血が上って、言葉を無くしてしまいます。 なめた口をきかれたときははっきりと「あんたと話してると気分悪くなるから黙っててくれない!!」と言ってしまいますし、明らかに態度と顔にでてしまいます。 そういう私ですから、広く浅いつきあいの友達はいません。 もっと密で私を解ってくれる人が友人としてつきあってくれます。 態度に出すことによって、「あいつは下手に何か言うとかみついてくるからな」と周りの人は私に対してバカにした態度はとらなくなりました。 >その人との中が終わらず、うまく言い返す方法は・・・ うまく言い返す必要はありませんよ。 それよりあなたがいかに不愉快かを、態度でも顔でも「うるさい」の一言でもいいから示すべきです。 そしてそんなことをあなたに対して言う人との中を終わらせてしまいましょう。 あなたの人生からそんな人たちは一人残らず追い出してしまって下さい。 人に暴言を面白がって吐く人は、信用のかけらも無い人です。 ・・・ちょと興奮してしまいました・・・済みません あなたの曖昧な態度で、相手はあなたの心の傷をかすり傷くらいにしか感じていないのかも。 あなたの本心が分かれば、相手の態度もきっと変わります。 負けないでね。 私は、人のことをバカにしたような言葉を吐く人を信用してないし、不快です。 ひどいことを言われたときは頭にカッと血が上って、言葉を無くしてしまいます。 なめた口をきかれたときははっきりと「あんたと話してると気分悪くなるから黙っててくれない!!」と言ってしまいますし、明らかに態度と顔にでてしまいます。 そういう私ですから、広く浅いつきあいの友達はいません。 もっと密で私を解ってくれる人が友人としてつきあってくれます。 態度に出すことによって、「あいつは下手に何か言うと... Q 仲良くなった友達の事を、必ずといっていい程、嫌いになってしまいます。 そんな自分も嫌いです。 割と小さい頃からそうなのですが、始めは、この子(同姓)ともっと仲良くなりたいというところから 始まります。 とても好印象で、もっとこの子の事を知りたいと思い、こちらから話しかけるようにして、 徐々に友達になっていきます。 最初のうちはこの子と友達になれて良かったな、とかこの子といると楽しいなと思えます。 しかしだんだん、気持ちが変わってくるのです。 2,3ヶ月位経ってからだと思います。 その子のことをだんだんたくさん知っていくうちに、嫌いになってしまうのです。 人間誰でも悪い所は多少は持っているというのは理解しているつもりです。 その子の周りの評判は特別悪いというわけでもありません。 ですから、性格の悪い嫌なヤツというわけではないのです。 でも私はなぜかすごく嫌いになってしまいます。 これは私自身が器が小さく、性格が悪いということなのでしょうか。 また、同姓のみならず、彼氏に対しても同様だったりします。 今ちょうど付き合うようになって3ヶ月程が経ち、心の中でだんだん嫌いになってきているのを感じます。 良いところもたくさん知っているのですが… もしかすると、私は少しでも自分の思い通りに行かないようなことがあると許せないのかも知れません。 このように、仲良くなればなるほどその人を嫌いになってしまう、自分の性格を直したいと思っています。 このままだとこの先も、仲良くなっても徐々に嫌いになってしまうという事を繰り返してしまいそうで、怖いです。 どうしたらその人を嫌いにならず、受け入れることができるのでしょうか。 仲良くなった友達の事を、必ずといっていい程、嫌いになってしまいます。 そんな自分も嫌いです。 割と小さい頃からそうなのですが、始めは、この子(同姓)ともっと仲良くなりたいというところから 始まります。 とても好印象で、もっとこの子の事を知りたいと思い、こちらから話しかけるようにして、 徐々に友達になっていきます。 最初のうちはこの子と友達になれて良かったな、とかこの子といると楽しいなと思えます。 しかしだんだん、気持ちが変わってくるのです。 2,3ヶ月位経ってからだと思います... A ベストアンサー こんにちは。 私も昔から 今四十八歳ですが そういうところがあり、いろいろと社会心理学の本などを読んで勉強した時期もあります。 「加藤諦三」先生のご本を読むと、「親しくなると不機嫌になる人の心理」がくわしく載っています。 本当に笑ってしまうくらい、あなたや私の心理状態にぴったりなんですよ。 ネットで「加藤諦三」と入れて検索してみてください。 先生ご自身のサイトもあって、著書の題名などもたくさん載ってますから。 内容は・・・まず、人間は誰でも誰かと親しくなりたい欲求を持っている。 しかし、ある種の考え方をする人間は、「自分自身をさらけ出す 自分の欲求をそのまま表現するなど ことによって、相手に嫌われるのではないか」、と思い込んでいるので、自分自身の欲求を押さえ込み続けて、相手との関係を良好に保とうとする。 そしてそれを続けるうちに、それをさせている相手、親しくなりたい相手自身を憎いと思うようになってしまう。 「ある種の考え方をする人間」・・・これは、「自分はそのままでいてはいけない。 相手の要求するような自分でいなくてはいけない。 」と考えている人のこと、と先生の著書には書かれていることが多いです。 ・・・子供の頃から、親にいつも「子供らしく」「上機嫌でいる」ことを求められ続けたりした人に多いようなんですが。 私は初めて加藤先生のご本を読んだ時 二十三歳くらいでした 、大声で泣いてしまいました。 もし良かったら、読んでみて下さい。 もしも「私はちがうな」と思われたら、図書館で借りるのでも良いですから、いろんな 心理学とは限りません 本を読んでみることをお勧めします。 こんにちは。 私も昔から 今四十八歳ですが そういうところがあり、いろいろと社会心理学の本などを読んで勉強した時期もあります。 「加藤諦三」先生のご本を読むと、「親しくなると不機嫌になる人の心理」がくわしく載っています。 本当に笑ってしまうくらい、あなたや私の心理状態にぴったりなんですよ。 ネットで「加藤諦三」と入れて検索してみてください。 先生ご自身のサイトもあって、著書の題名などもたくさん載ってますから。 内容は・・・まず、人間は誰でも誰かと親しくなりたい欲求を持っ... Q 職場で嫌われている人がいます。 私も嫌いですが、私だけが嫌っているわけではなく・・・ もう、はっきり言って会社公認の嫌われ者です。 取引先、下請け会社などの関係者もみんな嫌っています。 その人は40代男性、主任級のポストにいます。 小さな部署なので、課長、主任(嫌われ者)、その他が私を含め4人です。 部署の人員は少ないですが、取引先や協力会社の出入りが多く、社外の人と 一緒に仕事することが多いです。 取引先や下請けの人も堅苦しい関係ではなく、打ち解けあった仲間といった感じです。 彼の性格はプライドが高く、自分は正しいと疑っておらず、上司のことも馬鹿にしています。 社外の人に堂々と課長の悪口を言い失笑されています。 取引先の人や業者の人にたいして見下したような考えを持っていて、それが態度や言葉に出ています。 でも自分が嫌われているだなんて微塵も思ってない様子です。 そして、とにかく何を言ってもまず言い訳、責任逃れです。 「ちょっとここ間違ってたよ」と言われただけでムキになって言い返します。 誰も責めてなどいないし、修正してくれればいいだけなのに・・・ 自分が書類をなくしたときなど、誰もそんなこと気にしていないし、 相手方に連絡してまた送ってもらえば済むような書類なのに、 パートの事務員さんのせいにして怒鳴りつける始末・・・ 彼本人が失くしたことは、誰が見ても明らかなのに・・・ とにかく、自分は悪くないという主張が先立ち、小さなトラブルやアクシデントも彼が関わるとどんどん事が大きくなっていくのです。 理由や言い訳を(誰も聞いていないのに)大声で主張し騒がしく、関わり合っていなくても見ているだけでイライラします。 課長も、そんな彼の性格は諦めていますし(課長が怒鳴りつけてても、それでも言い返しますから)、部長とも今携わっている事業が終わったら人間関係の少ない部署に移動させるということで話がついているようです。 なので、もういい年ですし性格や器の小ささは治らないし、どうしようもない人の反面教師として見ています。 ですが、どうしても疑問なのは・・・なぜ自分が嫌われていることに気づかないのでしょうか。 なぜ、あんなに自信満々で人の悪口言えるのでしょうか。 不思議でなりません。 彼は皆に嫌われているので、飲み会にも呼ばれません。 ですが、何か薄々感じるらしく・・・飲み会の次の日などに、 「昨日はみんなで飲みに行ったの?」などと探ってきます。 普通、自分が誘われなかった飲み会のことなど言い出せないものではないでしょうか。 思考回路が理解できません。 このような人は自分が周りからどう見られているのか顧みないのですか? 職場で嫌われている人がいます。 私も嫌いですが、私だけが嫌っているわけではなく・・・ もう、はっきり言って会社公認の嫌われ者です。 取引先、下請け会社などの関係者もみんな嫌っています。 その人は40代男性、主任級のポストにいます。 小さな部署なので、課長、主任(嫌われ者)、その他が私を含め4人です。 部署の人員は少ないですが、取引先や協力会社の出入りが多く、社外の人と 一緒に仕事することが多いです。 取引先や下請けの人も堅苦しい関係ではなく、打ち解けあった仲間といった感じです。 A ベストアンサー >なぜ自分が嫌われていることに気づかないのでしょうか。 いや、気付いているのではないでしょうか? ただ、それが「一部」か「全体」かは把握していないかもしれませんが。 「一部」だとすれば、虚勢を張ってよけいに「そんな人たちに負けない」「自分は悪くない」という意識が強まっている可能性もありますね。 >「昨日はみんなで飲みに行ったの?」 これも、どのくらいの人たちが行ったのか、自分のことを嫌っている(と思っている)人が行ったのか?そこで変なことを吹聴されたりしたのではないか?と探りをいれてみたのかもしれませんね。 ただ、この文面をみる限りでは確かに痛そうな人ではあるものの、本当に客観的に見ている人からすると「どっちもどっち」ということもまれにあります。 私の会社にも人の悪口をどうどうと言い、上にはいい顔していながら、下を見下している人がいましたが、同僚の多くがその人を嫌っていたものの、その人からするとおそらく私の方こそ「嫌いな人、嫌われている人」だと見ていたように思います。 まあ、弱い犬ほどよく吠える、ではないですけれど、 基本は臆病な方なのでしょう。 反面教師として参考にしつつ、うまくやり過ごしていきましょう。 >なぜ自分が嫌われていることに気づかないのでしょうか。 いや、気付いているのではないでしょうか? ただ、それが「一部」か「全体」かは把握していないかもしれませんが。 「一部」だとすれば、虚勢を張ってよけいに「そんな人たちに負けない」「自分は悪くない」という意識が強まっている可能性もありますね。 >「昨日はみんなで飲みに行ったの?」 これも、どのくらいの人たちが行ったのか、自分のことを嫌っている(と思っている)人が行ったのか?そこで変なことを吹聴されたりしたのではないか?と探... Q こんばんは。 学生時代から10数年来の友人数人がいます。 それぞれ仕事、子育てなどで忙しくしていますが、 時々はみんなで集まります。 私は友達みんなのことが大好きで、新しく友達ができても やっぱりこのメンバーでいるのが楽しいなって思っています。 今もこの気持ちに変わりはないのですが、 そのうちの1人にイライラしてしまうことが増え、 最近では会うと、嫌な気持ちになってしまうことがあります。 何で10数年も経って今さら・・という気持ちもあり、 でも、思い返せば昔から彼女の言動に ひっかかることもあったなとも思います。 それが積み重なったのでしょうか・・。 今は2人で会うことは避けていますが、 みんなで会うとなると、それは避けようがありません。 嫌いになったのは私であって、それが嫌なら私が 今のメンバーと会わなくなるしかないのですが、 他の友達とはこれからもずっと会いたいと思っています。 皆さんは長年の友人のことが嫌いになった経験はありますか? どういう理由で嫌いになり、その後どうしたのかなど 経験談を教えてください。 こんばんは。 学生時代から10数年来の友人数人がいます。 それぞれ仕事、子育てなどで忙しくしていますが、 時々はみんなで集まります。 私は友達みんなのことが大好きで、新しく友達ができても やっぱりこのメンバーでいるのが楽しいなって思っています。 今もこの気持ちに変わりはないのですが、 そのうちの1人にイライラしてしまうことが増え、 最近では会うと、嫌な気持ちになってしまうことがあります。 何で10数年も経って今さら・・という気持ちもあり、 でも、思い返せば昔から彼女の言動に... A ベストアンサー こんばんは。 >皆さんは長年の友人のことが嫌いになった経験はありますか? あります。 嫌いになった、というか、一時期嫌気がさしていた、という感じですが・・・ 理由は、彼女が私を羨ましがってばかりいたこと。 彼女がちょうど色々辛いことが重なった時期、彼女の目から見て私が幸せそうに見えたようです。 実際は、私はその時期彼氏に二股をかけられていたことがわかり、かなりぐちゃぐちゃだったのですが、私は人にぐちぐち言いたくなかった 人間が出来てるわけではなく、みっともないと思ったので・・・ ので、彼女には黙っていました。 彼女にハッキリ距離を置きたいと言った訳ではなくて、誘いが来ると、「体調が悪くて・・・」「忙しくて・・・」と言う感じで断り、メールも短めにきりあげたり、って感じです。 距離を置くと不思議なもので、時間が経つと「何かいちいちイライラして、大人げなかったかなー」と思うようになり、しばらくするとまた元通りに会えるようになりました。 ところで、私には他にも10年以上付き合っている友達がいるんですが、その子には嫌気がさしたことがありません。 たまーに不愉快になったりするようなことがありますが、その子に対してはすぐ「ま、いっか」って流せたり、忘れちゃったり出来ます。 でも、最初に書いた嫌気が差したことがある子に対しては、結構執念深く「なんとかって言われたなー傷ついたなー」って覚えてたりするので、どっか相性が悪いとこがあるんだなって思っています。 もちろん、10年以上友達付き合いしてるだけあって、すごく尊敬できるとこもある子なんですけどね。 他のお友達とは会いたいということでしたら、私なら、一緒に会うのは会うけど、そんなに喋らないようにします。 しんどい思いしてまで友達に会うのって何か違うと思うので・・・ 参考になれば幸いです。 こんばんは。 >皆さんは長年の友人のことが嫌いになった経験はありますか? あります。 嫌いになった、というか、一時期嫌気がさしていた、という感じですが・・・ 理由は、彼女が私を羨ましがってばかりいたこと。 彼女がちょうど色々辛いことが重なった時期、彼女の目から見て私が幸せそうに見えたようです。 実際は、私はその時期彼氏に二股をかけられていたことがわかり、かなりぐちゃぐちゃだったのですが、私は人にぐちぐち言いたくなかった 人間が出来てるわけではなく、みっともないと思ったの...

次の