生理 が きそう で こない。 生理が来ない。44歳。更年期の始まり?

生理がこない場合に知っておきたいこと

生理 が きそう で こない

こんにちは、かんまな( kanmana3)です。 生理予定日になっても生理が来ないと、不安になってしまいますよね。 もしかして妊娠?と思い妊娠検査薬を試したら、結果は陰性。 妊娠してもいないのに、どうして生理が来ないのでしょう? 自分では、痛みもだるさもなく健康だと思っているのに、生理だけが異常だと怖くなってしまいます。 私も先日生理が来なくて、不安になって色々調べました。 その結果分かった、ありえる可能性とやるべきことをまとめておきます。 生理が来ないとき、何もしないでいるとますます不安になっていきます。 やるべきことを知って、行動に移しましょう。 生理周期のずれ、6日以内なら正常範囲 毎回規則正しく生理が来ている人なら、1日、2日でも遅れると心配になってしまいます。 でも、生理周期がずれることは珍しいことではありません。 では、6日以内の変動は正常だとしています。 ですから、まだ生理予定日から6日経っていないのなら、生理が来ていなくても焦る必要はありません。 しばらく様子を見てみましょう。 生理の遅れはなぜ起こる? どうして生理が遅れてしまうのでしょうか? 原因としてよく言われるのは、ホルモンバランスの乱れです。 生理周期は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンによってコントロールされています。 エストロゲンは排卵前に多く分泌され、子宮の中に赤ちゃんのベッドを作るのを助けます。 プロゲステロンは排卵後に多く分泌され、妊娠に備えてくれます。 ベッドをさらにフカフカにもしてくれます。 しかし、妊娠していなければ徐々に分泌量が減り、せっかくフカフカになったベッドは剥がれ落ちてしまいます。 これが体外に出て行くのが生理です。 ホルモンは脳からの指令を受けて分泌されますが、ストレス等によりうまく機能しない場合があります。 するといつも通りの周期とはずれが生じ、予定日になっても生理が来ない状態になるのです。 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性はあるの? 生理が来ないとき、真っ先に思い当たるのが妊娠です。 妊娠検査薬は陰性だったけれど実は妊娠していた、なんて話もありますし、もしかして…なんて思ってしまいますよね。 妊娠検査薬が陰性なのに妊娠していた、という状況はなぜ起こるのでしょうか? 原因としては、検査するタイミングが早すぎたことが考えられます。 ここで、妊娠検査薬についておさらいしておきましょう。 妊娠検査薬は、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの量を調べることで、陽性・陰性を判定しています。 hCGは、受精卵が着床すると分泌され出すホルモンです。 着床が起こるのは、生理予定日の約1週間前。 着床して2〜3日すると、分泌が始まります。 ただし、hCGは最初からドバッと分泌される訳ではありません。 分泌量が多い人なら妊娠3週目から陽性になりますが、少ない人は妊娠4週目でも陰性になる可能性があるのです。 また、生理周期の乱れが影響している可能性もあります。 排卵〜着床が遅れていれば、本来陽性になる時期でもhCGの分泌が少なく、陰性となる可能性があります。 市販の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から判定できると書かれています。 これは、妊娠5週目にあたる時期なら、hCGの分泌も多く、ほぼ確実に陽性反応を示すためです。 なので、妊娠検査薬は陰性だけど妊娠している可能性があるなら、1週間後に再検査してみると良いでしょう。 1週間たてばhCGも増え、陽性反応を得られやすくなるはずです。 3ヶ月生理が来なかったら病院へ しばらく経っても生理が来ないなら、病院へ行きましょう。 3ヶ月以上生理が来ない場合、無月経とされます。 過度なダイエットやストレス等が原因となることが多いようです。 無月経の場合、生理がないだけでなく、骨が脆くなったり子宮体がんのリスクが上がる恐れもあります。 また、子宮や卵巣、甲状腺の病気が原因となっている可能性もあります。 この場合、放置していると病気がさらに悪化する恐れがあります。 早いうちに病院に行き、治療を始めましょう。 生理が来ないのは不安ですが、きちんと対策できれば大丈夫。 気にしすぎないようにしましょう。

次の

生理が来ないのに腹痛がある女性必見!原因について解説します

生理 が きそう で こない

妊娠するような事は三年以上していない。 ダイエットもしていない。 身長150センチ、体重46キロ前後。 昨年10月、市の住民検診で、全く異常無しとなっている。 前回の生理日から50日になります。 26歳から約10年、婦人科通い。 卵巣脳腫・子宮筋腫で手術三回、不妊症、体外受精をしましたが、子供は諦めました。 手術後の治療に点鼻薬を使って生理を止めました。 今回のように生理が来ないなんて、20代前半には身体の不調でありましたが、気になるのですが。 生理になれば身体のだるさ・腹痛・頭痛などがあるしで複雑気分です。 この二年程はなりそうだな、2〜3日遅らせたいなの時には、爪揉みで特に小指の爪を揉むのですが、なってほしい時にはどうすれば良いのか解りません。。 以前通った婦人科に行くべきなのかしら。 でも診察の待ち時間に三時間は覚悟しないとで躊躇しています。 やっぱり生理が来ないと駄目ですよね。 今のところ更年期に思える症状もありません。 宜しくお願いします。 ユーザーID: 7984982813 gutaraさん、始めまして。 私は同い年、同じ状態に悩んでいるものです。 私は今月いきなり生理がこなくなりました。 昨年の11月に不正出血があり、婦人科へ行き、出血を止める処方をしてもらいました。 その影響なのかも、と思い再度婦人科へ行きました。 いろいろ質問されたので、年末年始風邪を引いたりして1週間程度抗生物質を飲んだ話をすると、その影響もあるかもしれない、ストレスのせいかもしれない、ただ1ついえるのは、やはり卵巣機能が低下している という事でした。。。 すなわち、自覚はないけど、更年期の入り口に来てしまった、という事です。 同い年の友達の友達が、43歳の時に、いきなり閉経した、という話を以前聞いたときには、恐いと思いつつも自分の身に降りかかるとは思いませんでした。 でも、最近は40代での閉経も結構あるみたいです。 私は黄体ホルモン剤を投与されて、なんとか生理はきましたが、来月はどうなることやら・・・という状態です。 gutaraさんも、早めに婦人科へ診察へ行かれることをお勧めします。 ユーザーID: 9936126748• 一度ぐらいなら 更年期じゃなくても何かのはずみに一度ぐらい飛ぶ時がありますよ。 何か身体、もしくは精神的に負担があった時など。 年齢的に更年期の始まりの可能性もありますが、一度飛んだぐらいでわざわざ医者に行く必要もないと思います。 もし更年期ならまさに自然の摂理なのだし。 通常、更年期症状で医者に行くのは、日常生活に差し支えるような症状が起こった場合のみであり、トピ主さんの場合は「生理が来るのが遅い」以外の特に差し支える症状は無いのでしょう? しばらく様子を見て、何か月も生理が飛んで気になるようならそれから初めて行けばいいと思います。 血液検査でホルモン量を調べれば更年期かどうかわかるでしょう。 ユーザーID: 6537356268• 更年期ではないですからご安心 40代というと、必ず更年期と言う言葉で翻弄しようとする人が出てきますが、更年期とは違いますので、先ず、その考えは捨ててください。 何故なら、更年期にとらわれると、全てをそれに当てはめ、更年期にしたい人の思う壺になってしまいますよ。 さて、生理を来させる為に良く効くのは、私の場合は、漢方薬です。 「ケイシブクリョウガン」は、お奨め。 また、「サフラン」も効果があります。 サフランの場合は、香辛料として売っているサフランでもOK。 サフランを10房(粒ではないので房でいいかな?)取り出し、熱湯を注いで4〜5分おき、サフラン茶にして飲んでください。 色が出なくなるまで、使えますから、すぐに捨てないでくださいね。 これをまあ、お水代わりに飲んでくださればOKです。 ユーザーID: 2323694056• 行きましょうよ 見当違いかも分かりませんが、一つだけ気になったので。 妊娠するようなことはここ3年していない、とのことですが、それは、夫婦生活において、きっちり避妊しているということでしょうか?それとも、そもそも夫婦生活がないということでしょうか? もし後者であるなら、生理がこなくなった原因の一つとして考えられるかと思います。 成熟した女性の規則正しい排卵と月経は、性生活によって支えられている部分が少なくないそうです。 刺激を与えない状態が長く続くと、卵巣にも機能障害が起こりやすくなる、という説を最近何度か目にしました。 私自身、そのような経験があるので、納得した次第です。 もしお心当たりがあれば、一意見として参考になさってください。 ユーザーID: 4490995187• 45歳ですが 去年 原因はわかりませんが、ホルモンバランスが崩れている可能性はあると思います。 放っておくと長期間生理がない状態になるかもしれませんし、早期閉経のことも心配ですし…。 原因にもよると思いますが、病院で診察された方がいいように思います。 ホルモン療法だと副作用もあるので体に負担になる場合もありますし、まずは漢方薬をもらってきてみてはどうでしょうか。 病院で処方してくれると思います。 私は悩みは違いますが、冷え性・不妊で病院で漢方薬をもらってましたが、冷え性も良くなって体調も改善しました。 適度な運動をして代謝をあげるとか、体を温めるとか日常生活を見直してみるのもホルモンを正常化させるのにはいいようです。 ユーザーID: 1494796629• あったり無かったり 更年期外来が近くの病院にないでしょうか。 是非行ってみることをお勧めします。 私は46歳で生理が止まりました。 何気なく近くの更年期外来へ行き、ホルモン剤をもらいました。 これで生理が再開し、1年半薬を飲んで53歳まで生理が終わりました。 現在54歳ですが、更年期障害もなく快適に暮らしてます。 生理が止まってすぐで、年齢が若ければ保険が効くといわれました。 ホルモン剤は嫌う人も多いですが、自分に合うホルモン剤を貰うと更年期障害が軽くてすみます。 ちなみに生理が無くなって半年たちますが、普段の生活は無いほうが楽です。 これはビックリ。 只「女でいたい」と思う方には、無いと辛いらしいです。 ユーザーID: 7218428081• 47才です。 それまでは出産後の期間を除き、ほぼ正確に来ていた生理が2年ほど前から、不順でいつくるのかわからなくなりました。 2カ月おきとか月に2回とか。 それと、私は生理と生理の間の時期に不正出血がありました。 (最近はない) それで診察受けたら更年期といわれました。 確かに更年期が自分に来るなんて、信じられないというか、認めるのいやですよね。 幸い、痛みなどの日常に支障をきたす症状はないので、最近は誰もが通る道と自分を納得させています。 生理がないのは、更年期ではなく、何かの問題のサインのときもありますから、受診をお勧めします。 おりものが多いときなども、やはり念のため受診するよう、主治医から言われてます。 体の内部は見えませんから、診察待ちなど大変ですが、安心するためと考えてはいかがでしょう。 ところで、指揉みって初めて聞きました。 良かったらぜひ、詳しく教えてください。 ユーザーID: 4569964807• 通院すべしです はじめてレスします。 現在41歳です。 私の場合、30代半ば頃からだんだん生理の間隔が長くなり、ついに1年間なかったのでさすがにこれは・・・と昨年婦人科に行きました。 血液検査をしたところ、脳神経外科 ! で精密検査を受けることを勧められました。 ビビリながらもすぐ検査に行ったところ、脳下垂体に腫瘍ができておりプロラクチンというホルモンが大量に生産され、その影響で生理が止まっているということがわかりました。 プロラクチノーマといい、不妊の原因にも多いとのこと 幸い腫瘍といっても良性の類で、良い薬も開発されており、私も数日に1度薬を飲むだけで生理も普通に戻りました。 ただ、腫瘍に気づかず放っていたら、手術が必要になったり、失明の危険もある病気でした。 血液検査で8割方わかりますが、普通の健康診断の血液検査ではわからない 測定しない項目 なので、婦人科で適切な検査を受けて良かった!と本当に思います。 こんな可能性もありますので、やはり早く婦人科に行くことをお勧めします。 ユーザーID: 6641419101• レス数が!皆様、有難うございます。 ちょっと、気持ちが楽になりました。 もう少し、様子を見てみようかなと思いかけています。 薬の服用以外の方法で、来ないかななんて(現在と一緒で体操とかですが)。 考えが変われば行くかも。 更年期だったら仕方ないと、男性でも女性でもあることですし、避けようがないので、なんとか上手に付き合えたらと思っています。 ただ人によって症状が違うのでしょうから、どんな症状が出るか・・・。 私の母の場合は、父がアルコール依存症から治る時と重なり、薬の服用はしませんでしたが、肝機能が悪くなり、鉄欠乏貧血、急に身体が熱くなり汗が出始め、真冬でも服を脱いだり着たりしていました。 私は、血の巡りが悪く冷え性、一時期甲状腺機能低下症に、仕事がハードな時には体重が40キロでした。 病院の先生は、女性で気さくな方なので、安心しています。 ユーザーID: 7984982813.

次の

生理が来そうで来ないとき、みなさんどうしてますか?

生理 が きそう で こない

生理と腹痛の関係 生理になると、腹痛を感じる女性は多いと思います。 生理中は、子宮を収縮させて経血をスムーズに排出するために、プログラスタンジンという物質が分泌されます。 プログラスタンジンが多く分泌されると子宮の収縮が激しくなり、腹痛を感じてしまうことがあるのです。 また、生理が始まる1週間から2~3日前になると腹痛を感じる人もいると思います。 これは、 月経前症候群(PMS)といって、女性ホルモン分泌量の急激な変化やストレスが原因になっていると考えられています。 PMSによる腹痛の場合、数日後には生理が始まり、腹痛の症状も改善されていきます。 このように、生理前や生理中の腹痛はよくあることで、生活習慣や食生活を改善したりすることで、症状が良くなるケースも多くあります。 ただし、今回のテーマのように、生理が来ないのに生理痛のような腹痛がある場合には、違う原因が潜んでいるのです。 妊娠による腹痛 生理が来ないのに腹痛がある原因として、まず考えられるのは妊娠です。 妊娠すると赤ちゃんが成長しやすいように、子宮が徐々に大きくなっていきます。 するとその影響で、 子宮周辺の臓器や骨が圧迫されるようになり、腹痛を引き起こすことがあります。 この腹痛は 妊娠超初期症状のひとつで、特に心配はありません。 また、それ以前であれば、着床痛といって、受精卵が子宮内膜に着床した(妊娠が成立した)ことで痛みを感じるケースもあります。 足の付け根やお腹全体に、チクチクするような痛みを感じると言われています。 ただし、着床痛を感じない人の方が多いため、着床痛がなくても心配は不要です。 このように、生理が来ないのに腹痛がある場合には、妊娠が考えられます。 妊娠超初期は非常にデリケートな時期で、無茶をすると流産する可能性もあります。 妊娠に気づかないで、普段通りに過ごすのは危険です。 腹痛があり、さらに高温期が続いている場合は、妊娠の疑いが強いため、すぐに妊娠検査薬を使って確認することをおすすめします。 腹痛や高温期が続く以外にも、妊娠超初期の症状には下記のようなものがあるので参考にしてください。 ・おりものがいつもと違う ・頭痛がある ・倦怠感がある ・日中に強い眠気がある ・胸が張る、乳首が敏感になる ・下痢になる ・便秘になる ・トイレが近くなる ・匂いに敏感になる ・ニキビが増える ・食べ物の好みが変化する もちろん、生理が来ないのに腹痛がある原因には、妊娠以外のケースもあります。 続いて、それらを見ていきましょう。 子宮筋腫による腹痛 子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍です。 筋腫の大きさは、顕微鏡でないと確認できないほど小さいものから、10cm以上ある大きなものまでさまざまです。 筋腫は良性の腫瘍のため命に関わる心配はありませんが、 筋腫が大きくなると子宮全体が大きくなり、ほかの臓器を圧迫して腹痛を引き起こすことがあります。 子宮筋腫は、基本的に自覚症状が少ない病気ですが、つらい症状が出たり、不妊や流産の原因になることもあります。 治療で症状を改善することもできるため、気になる場合は婦人科を受診するようにしてください。 検査の結果、筋腫が小さく経過観察になった場合でも、油断せずに定期的に診察を受けることは忘れないでください。 子宮内膜症による腹痛 子宮内膜症とは、本来、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜と似た組織が、ほかの臓器に発生してしまう病気です。 通常、子宮内膜は妊娠が成立しなければ、はがれ落ちて血液とともに体外に排出されます(月経)。 しかし、子宮以外にできた内膜は、同様にはがれ落ちても、体外に排出することができません。 そのため、血液が体内に溜まって炎症を起こしたり、周囲の臓器と癒着したりと、体に悪影響を与えることがあるのです。 腹痛は子宮内膜症の主な症状のひとつで、強い痛みが長く続くことがあります。 それ以外にも、子宮内膜症では、激しい月経痛や腰痛、性交痛などがあらわれることがあります。 子宮頸がんによる腹痛 子宮頸がんとは、子宮の頸部(子宮の下側にあり膣とつながっている部分)にできるがんです。 子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が深く関わっています。 HPVはごくありふれたウイルスで、性行為で簡単に感染します。 そのため、性経験がある女性なら誰でも、子宮頸がんを発症するリスクがあるのです。 子宮頸がんは初期には無症状ですが、症状が進行すると、腹痛や腰痛などを引き起こすことがあります。 便秘で腹痛になることも 女性に多い便秘も、腹痛の原因としてあげられます。 便秘になると、便が腸内にとどまり続けることになります。 すると、便が腐敗していき、腐敗ガスが出るようになります。 そして、腐敗ガスが腸内に充満すると、周辺の臓器を圧迫し、それが原因で腹痛を引き起こすことがあるのです。 便が出ると痛みがなくなることが多いため、水分や食物繊維を多く取るように意識してください。 まとめ このように、生理がこないのに腹痛がある原因はさまざまですが、何かしらの異常や変化が隠れている場合があります。 そのため、ついつい症状を我慢してしまうことは、とてもリスクが大きいと言えます。 例えば、妊娠していることを知らないでいると、胎児にとってよくないお薬を服用したり、お酒を飲み続けてしまうこともあります。 妊娠超初期は流産しやすい時期でもあるため、妊娠のサインかもしれない腹痛を見逃さないことは大切です。 妊娠が気になる場合は、妊娠検査薬で確認するようにしてください。 また、病気が原因になっているケースもあります。 原因が病気であった場合には、早い段階から治療を始めた方が、治療はスムーズに行えます。 「たかが腹痛」などと思わずに、腹痛が長く続いたり、痛みがひどかったり、腹痛以外にも気になる症状がある場合には、早めに婦人科を受診するようにしてください。

次の