生理 痛 楽 な 体制。 体温を上げると・・・生理痛が楽になる!

生理が楽に、肌荒れも改善する「ピル」―でも副作用は大丈夫? 不安の声を産婦人科医が解消: J

生理 痛 楽 な 体制

生理が憂うつな女性は少なくない 生理中(月経期間中)は生理痛があるのが普通だと思ってませんか? 生理痛や生理不順をガマンしてる女性はかなり多いようです。 心身の状態が良い女性は生理痛がなく生理周期も安定しています。 生理痛が無いのは健康の証です。 骨盤の歪みが生理痛や生理不順など婦人科の不調の原因のひとつです。 生理痛などの月経周期で体調が変化し発生する不快な症状や生理不順もあるため、女性にとって「生理」は煩わしいものともいえます。 生理は、妊娠するための体作りのためのサイクルです。 排卵し受精しなかった場合に、不要になった子宮内膜が剥がれて体外に排出され、その時に出血する状態が生理(正確には月経)です。 生理(月経)には、身体のデトックス効果があります。 女性内性器(卵巣、子宮)は、身体内にある毒素(重金属、農薬、添加物などの化学物質)を溜め込みやすいと言われてます。 生理で毒素を排泄し、胎児が育ちやすい体内環境を作っているわけです。 もちろん母体(女性)の健康維持にも貢献していることを覚えておいてください。 このように、生理は女性にとって大切な体のサイクルであり、新たな命を生み育てるための重要な身体機能なのです。 生理痛・生理不順改善の施術の特徴 生理痛や生理不順の女性には、骨盤の歪みがあるので最初に骨盤矯正を行います。 次に、身体均整法の12種体型調整法の骨盤型調整を行います。 これだけで、体がすっきり楽に軽く感じられます。 骨盤矯正をする整体院は多いですが、ヒロ整体院の骨盤型の調整法は、単に骨盤の歪みを整えるだけでなく、骨盤と背骨を調整することで、全身の状態を良くします。 生理痛・生理不順だけでなく、腰痛、肩こり、股間痛など、女性に多い症状も同時に改善します。 骨格の中心部には骨盤があります。 この骨盤は、全身への影響力があります。 特に女性の骨盤は、健康状態と密接に関係しています。 女性は骨盤の調子を整えると、頭痛も腰痛もイライラなどが解消することがあります。 その他には、生理痛や生理不順、更年期障害など、女性に特有の不調解消にも当院の骨盤型の調整と骨盤矯正は効果が期待できるのです。 歪んで動きの鈍くなっている骨盤を矯正、調整して、元気な女性になりましょう!・ 女性の生理(月経)と体調の関係 生理のときに女性は、骨盤が開いて下がり、経血を排泄します。 注意深く観察すると、腰のくびれが少なくなりずん胴になって、脚が少し短くなった感じになるのがわかります。 後ろから見ると、お尻が少し落ちている感じです。 生理の二日目くらいは経血の排泄量が増え、休みたいと感じる人が多いようですが、仕事をしていると体の声を無視してしまいがちです。 女性の体のリズム、特に生理のリズムを無視すると、生理痛、偏頭痛、肩こり、腰のだるさなどで苦しむことになるでしょう。 体の問題だけにとどまらず、情緒面で不安定になったりする女性も多いようです。 体調不良の女性で、生理不順や生理痛に苦しんでいる人は少なくありません。 そういう女性は、頭が緊張して慢性疲労を起こしています。 そして、その状態に気づいてない人が多いようです。 頭が緊張していると、骨盤は開きづらくなります。 だから経血の排泄が滞ってしまい、子宮の掃除がすっきりと行なわれなくなります。 生理が終わると、開いていた骨盤が閉じ始め上がってきます。 そうなれば、生理が終わったすがすがしさや、女性らしい体つきの美しさが出てきます。 骨盤が充分に閉じないと、生理がすっきりと終わらず、排泄が少しずつダラダラ続く状態になります。 生理痛の原因 女性の生殖器(内性器)の構造 生理痛、生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症などで悩んでいる女性は少なくないです。 整体の体の観方では、骨盤に歪みがあり弾力性が乏しく動きの堅い女性は、なんらかのカタチ(症状)の生理痛があったり周期が不安定だったりすることが多いです。 女性の骨盤は月経周期に従って開閉を繰り返しています。 骨盤が固まっていれば、その動きが阻害されるのです。 骨盤が歪む原因は、横座り、椅子に座ったときに脚を組むくせなど、身体の使い方や姿勢に原因がある場合が多いですが、頭脳労働で頭を使い過ぎても、骨盤が硬く締まって開閉しづらくなります。 女性は生理(月経)周期によって骨盤が開閉するので、骨盤の動きが阻害されると、生理痛などが起きやすくなります。 骨盤は、左右で骨の高さが違ったり(水平でなくなる)、前後の位置のズレ、捻れや、右が開いて、左が閉じるなど、左右の骨盤(腸骨が別の方向に歪むこともあります。 骨盤の歪みがひどく、動きがわるい女性は、生理が辛いことが多いようです。 骨盤と子宮は関係が深く、骨盤が緊張して硬ければ、子宮も緊張して硬くなっています。 その状態だと生理痛が起こったり生理不順になったりします。 女性の身体で一番「陽性」と言われる子宮が、冷えている女性は少なくないです。 下腹部が冷たい女性、手足が冷たくて体温も低い女性は、子宮も冷えているます。 生理痛や生理不順、しもやけや、口の周りが荒れている、口内炎がよく出来る女性も、子宮が冷えて機能低下してます。 生理痛の原因のひとつに骨盤内のうっ血があります。 骨盤内には女性生殖器(子宮と卵巣)があるので、骨盤内のうっ血は、女性生殖器の機能低下を引き起こします。 うっ血を起こす原因としては、運動不足、便秘、ガードル、きつめのジーンズやハイヒールも原因になります。 骨盤内のうっ血は、生理痛や生理不順だけでなく、婦人科系の不調の原因になります。 極端なダイエット(減量)も生理不順や無月経の原因になります。 一流の女子マラソン選手の多くが生理が止まっているそうです。 体脂肪率が体の許容範囲以下になると、月経が止まります。 栄養バランスの良い規則正しい食生活が、女性の健康と美容にも必要です。 生理不順の原因 月経周期・排卵日と体温の関係 女性ホルモン(エストロゲン等)は、脳の視床下部が判断し下垂体を通して分泌指令を出します。 視床下部は、ホルモンや自律神経を統合してバランスをとる司令部ですが、外部からのストレスにとても弱いです。 仕事、人間関係、無理なダイエット、過労、睡眠不足などでダメージを受けバランスを崩します。 ストレスで視床下部の働きが鈍ると、スムーズに女性ホルモン分泌指令が出せなくなります。 指令が無ければ卵巣は女性ホルモンを分泌しません。 すると排卵リズムが狂い、生理不順になります。 生理不順の女性は、過剰なストレス、生活の不摂生などが無いか点検したほうがいいと思います。 ホルモン補充療法は、自発的ホルモン分泌機能を低下させるから、たまには月経があり排卵する女性は、体調を整え、生活リズムを正し、ストレス解消をまず心がけたほうがいいです。 生理痛・生理不順の改善法 生理痛、生理不順の女性の骨盤は歪みがあります。 整体で骨盤のバランスを整え、それに続く背骨(腰椎、胸椎、頚椎)の歪みと動きの悪さ(固まっている部分)を解消することが肝心です。 生理痛や生理不順に限りませんが、生理痛を抱えている女性の多くは、下半身の血流が滞っていて、冷えていることが多いです。 下半身に限りませんが、血流を良くすることで、症状の改善、解消が促進されるケースは少なくありません。 整体に加え、ご自宅で足湯や半身欲もお勧めです。 子宮にトラブルを抱える女性の多くは、左脚が長くて骨盤が右に捻れている、足首や踵が冷えていて、手首も硬いです。 これらを整体で調整し歪みを整えていけば、生殖器の状態が良くなり、生理痛、生理不順などが解消に向かい、妊娠しやすくなります。 生理痛の痛みが激しい間は、鎮痛剤の服用もやむを得ないと思います。 ただし常用すると、消炎鎮痛薬に限りませんが、薬は肝臓に負担をかけます。 薬の副作用もありますので、薬はあくまで辛いときの一時しのぎと考えたほうがいいです。 生理痛や生理不順を根本から解消するには、整体で骨盤をはじめとした体の歪みの解消と生活習慣の改善が必要です。 適度な運動、冷房で体を冷やし過ぎないこと。 おへそやお尻が出るような下半身を冷やしやすいファッションを避けることも必要かも知れません。 生理痛と生理不順が改善の施術例 生理痛が整体で解消 30代後半の女性 腰痛、肩こりなどで来院されていた方ですが、生理痛で十年以上も悩んでいるとのこと。 強いときには、日常活動するのも苦痛になるほどで、吐き気がすることもある と言っていました。 腰痛、肩こりが解消されればいいと思って施術を受けていたようですが、生理痛の方も解消されたと報告してくださいました。 特に生理痛だけを解消する施術というのはやってませんが、仙腸関節の矯正は、初回から6回(週に1回のペース)で施術しました。 (仙腸関節というのは、骨盤の中心にある仙骨とその両側にある腸骨をつないでいる関節のことです。 仙骨の前には子宮と卵巣があるので、仙骨の位置を整えることでその部分のストレスがなくなり、症状が解消されると言われています) 6回終了時にすぐに痛みが消えたわけではありませんが、毎回全身を整えている うちに、相乗効果を発揮してか、生理痛の方も解消されたようです。 初潮から続いた生理不順が解消 30代半ばの女性 初潮の頃から生理が順調に来たことがないという女性が通院してたことがあります。 彼女はジョギングが趣味で痩せ型で背が高い女性でした。 胃下垂で胃腸の調子もあまり良くなく、慢性化した肩コリにも悩んでいました。 背骨は運動してる割には硬く、背中は張っていて、骨盤の左右の高さが違いました。 施術では、まず仙腸関節の調整をした後で、背骨を緩め、全身を整えていきました。 胃腸の調子を上げるために、腹部への刺激も加えました。 生理痛と生理不順は、施術直後では改善したか確かめることはできません。 6回ほど通院していただき肩コリが楽になり胃腸の調子も良くなったと言われ、2ヶ月ほど経った頃、「生理のほうはどうですか?」と聞くと、「この10年間以上で、一番ひどいときは、半年も生理が来なかったのが、ピッタリ28日目に来ました!」と目を輝かせて報告されました。 その後も、回復した体調を維持するため、月に1回通院されてます。

次の

生理痛を和らげる方法【姿勢・食べ物・飲み物・ツボなど】

生理 痛 楽 な 体制

10代なのに生理が重い…月経痛・多すぎる経血量の原因・対処法とは 「生理が重い」という訴えでクリニックに来院される患者さんは少なくありません。 どちらかと言うと年齢とともに月経が重くなってきたという方が多いですが、初経から寝込むほど月経痛がひどかったり、月経量が多かったりという悩みを抱えた10代の方も増えている印象です。 14歳、15歳くらいの比較的ローティーンから月経痛がひどい方は大体皆さん親御さんと受診されますが、起立性調節障害や片頭痛も併発していることが多く、診察室ではそれらの周辺症状も含めてお話を伺います。 「生理が重い」症状と考えられる原因 月経時は多かれ少なかれ、不快な症状を感じるものですが、「生理が重い」という訴えの場合、主に「痛みがひどい」「月経量が多い」状態を指しているようです。 これらの症状があり日常生活が「いつ通り」に送れないくらい辛い場合は、婦人科を受診する目安になると思います。 月経にともなう腹痛・腰痛・頭痛・吐き気などの症状によって日常生活に支障が出ている• ナプキンが2時間持たない• 月経のたびに貧血になってしまう• 健診のたびに貧血を指摘される• 量が多く、外出ができない など 10代の場合、生理が重い原因は子宮筋腫などの器質的な問題ではなく、ほとんどが「機能性」、つまり生活習慣に原因があるものです。 稀に、10代でも内膜症が原因となっていることもありますので、超音波検査で異常の有無を確認することは非常に重要です。 「生理が重い」場合の治療法……対症療法の他、ピルも効果的 生理が重い場合、対症療法として漢方や痛み止めを使用する場合もありますが、最も効果的なのはピルです。 10代で生理の悩みについて、ピルは様々な点で、有効な解決方法になります。 また、親子関係や生活習慣の改善も効果的なことが多いです。 婦人科受診で、今後の女性としての悩みも相談できる体制を まずは内膜症などの早めに治療すべき原因がないか、確認する必要があります。 その意味でも、生理が重いと感じる場合は、まずは一度婦人科で超音波検査などを含めた診察を受けましょう。 また、ピルや漢方などいろいろな方法で楽に過ごせるようにすることは、今後の「女性としての人生」を考えると非常に重要です。 10代で婦人科受診が初めてという方も、親御さんが付き添うなどして、生理に関する悩みを始め、将来的な女性としての悩みも医師に相談しやすい環境を整えておくことは有益かと思います。

次の

生理痛を楽にするアロマとは?(137)|大阪 神戸 東京のアロマスクール|日本アロママイスタースクール【JAM】

生理 痛 楽 な 体制

臨月に入ると、生理痛に似た痛みを感じることがあります。 それが不規則で、安静にしていると痛みが遠のくようなら前駆陣痛の可能性があります。 前駆陣痛と生理痛には何か関係があるのでしょうか。 生理痛は子宮を収縮させる作用のある「プロスタグランジン」というホルモンの分泌が多いことが一因となります。 生理中はプロスタグランジンの働きによって、はがれ落ちた子宮内膜を血液と一緒に身体の外に押し出しています。 プロスタグランジンには子宮収縮や痛覚の伝達を強める働きがあるので、痛みを感じる場合があるのです。 陣痛が始まるときも、ママからはプロスタグランジンが多く分泌されています。 分娩促進のための薬剤にも、プロスタグランジンは利用されています。 そのため、前駆陣痛や本陣痛の始まりは生理痛と似た下腹部の疼痛を覚えることもあるようです。 本陣痛の場合は、その痛みが徐々に強くなり痛みの周期が短くなるため、最終的には生理痛との区別がつくことがほとんどです。 臨月に生理痛のような痛みを感じた場合、以下のような可能性があります。 ・前駆陣痛 ・本陣痛 ・便秘や下痢 ・その他の病気 前駆陣痛と本陣痛の違いは、痛みが規則的であるかどうか、間隔が徐々に狭まってくるかどうかです。 陣痛アプリなどで間隔を測り、1時間に6回程度痛みが起こるようなら病院に連絡してみましょう。 痛みが遠のくようなら、入院の準備を進めながら本陣痛を焦らず待ちましょう。 臨月に入ると大きくなった子宮が胃腸を圧迫し、消化不良を起こすこともあります。 便秘や下痢になるママも少なくありません。 消化に良い食事を摂ったり、冷えを防いだりすることで改善することもあります。 産院に相談し、胃腸薬や便秘薬を処方してもらっても良いですね。 胃腸炎や食中毒など、他の病気の可能性もあります。 痛みが強くて継続している場合や、出血がみられる場合は、すぐに医師に診てもらったほうが良いでしょう。 自分ではどの痛みか判断できないときは、遠慮せずに医師や助産師にアドバイスを求めても良いかもしれません。 ひとりで悩むよりも安心してお産に臨めることもありますよ。 陣痛緩和にツボ押しを試すママもいます。 ツボは動脈や静脈の上に多く存在し、適度に刺激することで内臓に働きかけ、血液の循環を良くして、身体の不調を改善するといわれています。 陣痛の緩和や促進に効くといわれているツボはいくつかあります。 ・三陰交(さんいんこう) 足首の内くるぶしの一番上に人さし指をあて、指4本分上(小指の位置)にあるツボです。 冷えを解消し、分娩を促進させるといわれています。 深呼吸しながら指でゆっくり指圧してみましょう。 ・足三里(あしさんり) ひざの皿の外側のくぼみに人さし指をあて、指4本分下(小指の位置)にあるツボです。 体力増強や胃腸の疲れ、疼痛緩和に効果があるといわれています。 ツボは刺激するだけではなく、温めても効果があるといわれています。 手軽に試せるツボ押しですが、妊娠中のママの身体は通常とは違う状態にあります。 安全を期すために、ツボ押しは医師に相談してから行うと良いでしょう。 精神的にも肉体的にもリラックスすることで、筋肉が弛緩し、産道も広がりやすくなる可能性があります。 陣痛待ちや分娩時に、アロマオイルマッサージをする産院もあるようですね。 ひとりで試すなら、香りを楽しむ「芳香浴」のみのほうが安心かもしれません。 カモミールやラベンダー、ペパーミントなどのアロマは鎮痛効果があると考えられています。 また、クラリセージやスイートマジョラムはホルモンバランスを整え、ジャスミンやパルマローザには分娩促進作用があるといわれています。 陣痛時は身体の力を上手に抜くことが大切なため、効果よりも香りの好みで選ぶと良いかもしれませんね。 お気に入りのアロマが側にあると、心が安らぐこともあります。 アロマテラピーの前に、医師や助産師に念のために相談しておくとさらに安心感が増しますよ。 身体をリラックスさせる呼吸法や、いきみや痛みを逃すための呼吸法を試してみても良いでしょう。 まだ痛みが強くないときは、自然な腹式呼吸を意識し、吸う息よりも吐く息を長めにしてみましょう。 細く長くゆっくり息を吐くことで、緊張が取れていくことがあります。 不安や緊張、疲れが外に吐き出されていくイメージで行うと効果的です。 痛みが強くなってきたら、深呼吸をしてから「ふーふー」と浅めに吐き出します。 たくさん息を吐けば、自然と多くの酸素を吸うことができます。 リラックスや筋肉の弛緩だけではなく、呼吸に集中することで痛みをまぎらわせることもできるかもしれません。 まだ痛みが強くないときに、練習してみると良いでしょう。 生理痛のような痛み 筆者は前駆陣痛はほとんど感じませんでしたが、本陣痛の始まりは生理痛とよく似た痛みでした。 臨月の時期、朝起きると懐かしい下腹部痛を感じ、さらに軽い出血があったため「妊娠中でも生理になるのかな」と一瞬思ってしまったほどです。 おしるしの知識はあったためパニックにはなりませんでしたが、本当に似ていました。 生理痛としては重めでしたが、陣痛としては予想よりも軽い痛みだったため、前駆陣痛か本陣痛か判断が難しいところでした。 間隔が短くなるにつれ、立てられなくなるほど痛みに変化していったため病院に連絡し、その日のうちに産まれました。 筆者は生理痛は重いほうでしたが、出産は「かなりの安産」と担当の先生に言われたので、痛みの強さに因果関係はあまりないかもしれませんね。

次の