エルム ステークス 2019。 エルムステークス 2019 【穴馬】グリムを倒す?「あの馬」に注意!厳選馬を紹介!!

エルムステークス 2019【予想】押さえておきたい「3強の弱点」とは?グリムなど主な出走予定馬の解説/枠順

エルム ステークス 2019

今回は エルムステークス2019予想:追い切り・調教から見る好走傾向を中心とした記事を書いていきます。 夏場唯一の中央ダート重賞エルムステークス。 臨戦過程としては函館競馬を経由しての組と、秋に向けて飛躍を誓う馬の始動戦組。 秋に向けての始動戦という意味もある一戦で重賞実績馬も集うこともある、好メンバーが揃いやすいレースとなっています。 しかし、実績馬たちは必ずしも勝ち切れず、叩き台の一戦というところで取りこぼしも目立つレースでもあります。 そんな エルムステークスの追い切り・調教傾向を検討していきます。 【エルムステークス2019予想】追い切り・調教から見る好走傾向 まずは登録馬を確認しておきましょう。 リーゼントロック・グレンツェント・アディラートの3頭が除外対象馬となっています。 続いて現時点の予想オッズを確認しておきましょう。 エルムステークス 予想オッズ 1 グリム 1.8 2 リアンヴェリテ 5.9 3 モズアトラクション 5.9 4 サトノティターン 10.7 5 ドリームキラリ 11.7 6 タイムフライヤー 15.3 ここまでが上位に推されそうな馬たちです。 単勝1倍台の抜けた人気に推されそうなのは「グリム」。 交流重賞を含め重賞4勝しており、ここまで【7-2-2-2】と底を見せていません。 2人気想定は「リアンヴェリテ」。 函館でオープン特別を2勝。 共に圧巻の勝ちっぷりで函館ダートは4戦4勝と、函館ダートでは無敗を誇っています。 あとは札幌ダート替わりがどうか。 続くのは前走リアンヴェリテにクビ差まで迫った「モズアトラクション」。 3走前には平安ステークスでチュウワウィザードにハナ差まで詰め寄り2着。 地力は重賞でも通用することを示しており、ここでも注目の一頭でしょう。 追い込み脚質ということで展開に左右される面が不安材料ではあります。 その他、前々走マーチステークスで重賞ウィナーの仲間入りを果たした「サトノティターン」、逃げればしぶとい「ドリームキラリ」、初のダート挑戦「タイムフライヤー」などが人気を集める一戦。 追い切り観点から検討していきます。 それでは、 追い切り・調教から見る好走傾向ということで、過去5年の好走馬の最終追い切りを見ていきます。 数少ない中央重賞ということで賞金加算に向けて仕上げてくる馬も多数いる場面。 ダート戦ということで仕上げパターンが読みづらい中、どういう傾向が出るか注目。 2018年 1着 ハイランドピーク 函館W 67. 2-52. 6-38. 9-13. 1【7】馬なり 2着 ドリームキラリ 札幌ダ 66. 5-52. 2-39. 0-12. 2【8】馬なり 3着 ミツバ 札幌ダ 67. 5-52. 0-38. 3-11. 9【7】強め 2017年 1着 ロンドンタウン 函館W 64. 9-51. 3-38. 1-12. 6【8】一杯 2着 テイエムジンソク 札幌ダ 65. 9-51. 5-37. 6-12. 3【7】一杯 3着 ドリームキラリ 札幌ダ 68. 6-53. 4-39. 5-12. 2【9】馬なり 2016年 1着 リッカルド 札幌ダ 69. 2-53. 3-39. 2-12. 9【8】馬なり 2着 クリノスターオー 函館W 68. 8-53. 5-39. 4-13. 0【4】一杯 3着 モンドクラッセ 函館W 70. 8-53. 2-38. 5-12. 2【8】馬なり 2015年 1着 ジェベルムーサ 函館ダ 54. 3-38. 8-12. 2【8】馬なり 2着 グレープブランデー 札幌芝 68. 0-52. 5-37. 2-12. 1【6】馬なり 3着 エーシンモアオバー 札幌ダ 82. 2-67. 6-53. 3-39. 9-12. 4【7】馬なり 2014年 1着 ローマンレジェンド 函館ダ 66. 3-50. 4-37. 3-12. 1【8】一杯 2着 クリノスターオー 函館W 71. 7-57. 0-42. 3-14. 0【9】一杯 3着 インカンテーション 札幌ダ 74. 5-57. 5-42. 4-12. 9【6】馬なり このような結果になっています。 過去5年totalで見ると、 函館W仕上げ:23頭中5頭好走。 函館ダート仕上げ:5頭中2頭好走。 札幌ダート仕上げ:28頭中7頭好走。 札幌芝仕上げ:2頭中1頭好走。 その他仕上げ:2頭中0頭好走。 地方馬:6頭中0頭好走。 どの仕上げパターンでも好走率に大きな差はなく、どの仕上げからでも好走出来る印象ですね。 それでは1つずつ見ていきます。 〝函館W仕上げ〟からの好走馬の共通点としては、5頭中4頭が1週前追い切りor最終追い切りで『一杯』の負荷を掛けられていました。 2018年2人気1着ハイランドピークのみ、1週前・最終追い切り共に『馬なり』で仕上げられていました。 この馬は好走したものの、基本的にはこれは凡走パターンで、 2017年3人気10着モンドクラッセ 2016年2人気7着ジュベルムーサ この2頭が人気に推されて凡走しています。 〝函館ダート仕上げ〟からは5頭中2頭が好走と好走率は高くなっています。 好走した2頭は、 2015年2人気1着ジュベルムーサ 2014年3人気1着ローマンレジェンド と、2頭共に上位人気に推されていました。 近2年はこの仕上げパターンからの出走自体がありません。 好走条件としては人気に推されれば、というところでしょうか。 そして最も好走数の多い〝札幌ダート仕上げ〟。 毎年のように好走馬がいることから最も注目すべきパターンでしょう。 この仕上げパターンの好走馬の共通点としては、7頭中5頭に該当する1週前・最終追い切り共に『馬なり』で仕上げられていました。 函館W仕上げとは違い、軽くまとめられている馬が良い傾向にあります。 出走頭数は多いですが、人気に推されての凡走というのは少なく、 2017年2人気7着ピオネロ 2016年3人気4着ロワジャルダン の2頭のみとなっています。 人気に推されての信頼度が高く、人気薄からの好走もあるというところではやはり注目パターンですね。 〝札幌芝仕上げ〟は2015年グレープブランデーが好走していますが、出走頭数が少なく特筆すべきことはないですね。 エルムステークス2019 まとめ 〝函館W仕上げ〟からは、1週前追い切りor最終追い切りで『一杯』の負荷を掛けられている馬に注目。 人気馬で1週前・最終追い切り共に『馬なり』調整であれば、凡走パターンになるのでここの評価を下げることが妙味。 〝函館ダート仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高いというのがポイント。 〝札幌ダート仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高く、人気薄からの好走もある注目パターン。 特に1週前・最終追い切り共に『馬なり』で仕上げられている馬の好走率が高くなっています。 函館・札幌での追い切りになるので、各馬の最終追い切りパターンは読めません。 各馬どのような追い切りパターンを踏んでくるか、最終追い切りに注目しましょう。 それでは最後に、1週前時点の注目馬をランキングに載せておきます。 札幌ダートは初めてになりますが、小回りダート1700mでは負けなしというところで、重賞を勝つならここしかない舞台。 滞在競馬もこの馬に合っている印象ですし、ここはグリムを負かす場面まで期待したいところです。 新サイト入稿しました!! 今回ご紹介するのは「オアシス」と「J. A」に続いて「グロリア」というサイト。 これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。 他のブログでも数多く紹介されているサイトです。 「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。 そんな中、ようやく再募集がかかり、 この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。 いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします! いずれのサイトも メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。 【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。 とにかく当たる!! そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか? OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。 リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。 今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。 的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。 まさに「ローリスクハイリターン」。 毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!? 【URL】.

次の

2019年【エルムステークス】過去データの要点だけをまとめる

エルム ステークス 2019

Contents• エルムステークスは札幌で行われるダート重賞レースです。 (写真は2018エルムステークス ハイランドピーク) エルムステークスは夏の札幌シリーズに 行われるダート重賞レースです。 過去にはゴールドアリュールなどの強豪馬が勝ったレースですが 基本的には一流馬が休みの時に開催されるので 賞金を稼ぎたい馬が出走してくるレースです。 そんなエルムステークス2019にどんな馬が出走してくるのか? 出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。 < 出走予定馬&予想オッズ > グリム 1.7倍 リアンヴェリテ 2.9倍 モズアトラクション 5.7倍 ドリームキラリ 坂井 6.9倍 レッドアトゥ 11.8倍 ハイランドピーク 14.6倍 サトノティアターン 16.0倍 テーオーエナジー 19.7倍 アディラート 23.7倍 リーゼントロック 31.7倍 サングラス 34.9倍 モルトベーネ 36.1倍 マルターズアポジー 38.6倍 タイムフライヤー 45.0倍 グレンツェント 71.3倍 メイショウスミトモ 75.5倍 スーパーステション 103倍 カゼノコ(出走回避) < MOTOの競馬メールマガジン > 馬券の回収率を上げるための方法論や 予想力を上げる馬の見方については 無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。 予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は 以下をクリックして申し込んで下さい。 < 今週の重賞注目馬 > 毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を ブログランキングで公開しています。 ハマると強さを見せる ハイランドピーク ダートでは重賞級の実力を持ちながらも 気持ちの浮き沈みが激しく、安定した成績を残せてないハイランドピーク 昨年のエルムステークスは快勝しているように 札幌競馬場(北海道場所)のダート戦は ハイランドピークが最も得意とするところ。 復活して、久々の重賞勝利を行きたいところです。 逃げての圧勝が続く リアンヴェリテ 今年は3月に行われた総武ステークスこそ13着と惨敗しましたが それ以外のレースでは1着3回、2着1回と力を発揮しているリアンヴェリテ 先手を取るスピードと直線で粘り込む脚力が武器の馬で 今回のエルムステークスは初めての重賞挑戦となりますが 今のリアンヴェリテなら十分に戴冠のチャンスがあります。 破壊力のある末脚が武器の モズアトラクション 後方からの鋭い末脚が武器のモズアトラクション 脚質的に展開が向かないと脆い部分はありますが 平安ステークスで見せたように破壊力を持っている馬で 少しでも前がバテるようであれば、直線一気の競馬が期待出来ます。 以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ.

次の

【エルムステークス2019】予想と最終追い切り・調教評価

エルム ステークス 2019

今回は エルムステークス2019予想:追い切り・調教分析~追い切りから狙う本命馬~を中心とした記事を書いていきます。 夏場唯一の中央ダート重賞という事で、例年ハイレベルなメンバーになるエルムステークス。 今年は芝重賞勝馬のタイムフライヤー・マルターズアポジーが参戦。 そこにダート重賞4勝馬グリム、前年覇者ハイランドピーク・函館ダートを連勝してきたリアンヴェリテ。 その他この路線で一発を秘める重賞好走馬モズアトラクション・ドリームキラリなど、多彩なメンバーが揃いました。 このレースから秋の主役になる馬は現れるのか、 追い切り・調教から検討していきます。 【エルムステークス2019予想】追い切り・調教分析 まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。 エルムステークス 枠順配置 1- 1マルターズアポジー 牡7 菱田裕二 2- 2テーオーエナジー 牡4 岩田康誠 3- 3ドリームキラリ 牡7 坂井瑠星 3- 4モズアトラクション 牡5 藤岡康太 4- 5モルトベーネ 牡7 服部茂史 4- 6サトノティターン 牡6 藤岡佑介 5- 7タイムフライヤー 牡4 池添謙一 5- 8メイショウスミトモ 牡8 柴山雄一 6- 9サングラス 牡8 古川吉洋 6-10リーゼントロック 牡8 松岡正海 7-11レッドアトゥ 牝5 福永祐一 7-12グリム 牡4 武豊 8-13ハイランドピーク 牡5 横山和生 8-14リアンヴェリテ 牡5 国分恭介 札幌ダート1700m 正面スタンド前からスタートするコースで、最初のコーナーまでの直線が約240mと短くなっています。 その為、外枠に比べて内枠~中枠の方が有利なコースです。 それ以上に重要なのは脚質。 スタートしてからコースを1周するコースで、ほとんど高低差のない平坦コース。 最後の直線も約264mと短いので、前々で競馬を出来る馬が圧倒的に有利なコースとなっています。 差し・追い込みはほとんど利かず、後方から競馬する馬は3コーナー手前から早めに捲り、4コーナーでは先団に取り付く事が必須です。 また、コーナーを4つ回るコースなので小回り適正も必要なコースです。 追い切り・調教から見る好走傾向 過去5年の好走馬の 追い切り・調教から見る好走傾向まとめです。 〝函館W仕上げ〟からは、1週前追い切りor最終追い切りで『一杯』の負荷を掛けられている馬に注目。 人気馬で1週前・最終追い切り共に『馬なり』調整であれば、凡走パターンになるのでここの評価を下げることが妙味。 〝函館ダート仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高いというのがポイント。 〝札幌ダート仕上げ〟は人気に推されての信頼度が高く、人気薄からの好走もある注目パターン。 特に1週前・最終追い切り共に『馬なり』で仕上げられている馬の好走率が高くなっています。 【テーオーエナジー】 《1週前追い切り》 助手 函館W 良 66. 3 51. 7 38. 3 14. 0【9】一杯 メイショウチタン(2歳未勝利)1. 6秒追走0. 6秒遅れ 《最終追い切り》 助手 函館W 良 51. 9 38. 4 12. 3【3】強め 追い切り考察 厩舎では栗東坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。 今走は放牧先から直接函館入りし、7/17に入厩後7本の追い切りを消化しています。 1週前に負荷を掛けて最終追い切りは終い重点の追い切り内容となっています。 このパターンとしては3歳ジャパンダートダービー5着以来の追い切りパターン。 厩舎では最終追い切りで負荷を掛けることが多くなっています。 1週前追い切りは全体時計としては当週6番時計の好時計を叩いていますが、終いの伸びを欠いてラスト1F14. そして格下馬に遅れるという内容となっています。 これはこの馬としては良くない追い切り内容です。 厩舎でのこの馬の好走パターンとして、坂路で終いを伸ばしてラスト1F12秒前半+加速ラップというのがあります。 終いを伸ばして好走に繋がるというところではマイナスですね。 最終追い切りではしっかり終いを伸ばしてきて帳尻は合ってきたかなという印象です。 そういう面を踏まえてまだ仕上がり途上感があるので押さえまでが妥当な評価と考えます。 【ドリームキラリ】 《1週前追い切り》 助手 札幌ダ 良 58. 8 42. 6 12. 7【8】馬なり 《最終追い切り》 助手 札幌ダ 良 64. 9 50. 8 37. 3 11. 9【7】直強め リーゼントロック(古馬オープン)0. 6秒追走1. 0秒先着 追い切り考察 厩舎では栗東坂路中心の追い切り過程を踏んでいます。 これは矢作厩舎の追い切りパターンとなっています。 今走は放牧先から直接札幌入りして追い切りを消化しています。 中10週と間隔を空けての参戦ですが、ギリギリまで外厩で乗り込まれて入厩後の追い切りは3本のみとなっています。 この追い切り本数自体は少ない印象を受けますが、最終追い切りでは併せ馬で僚馬を圧倒し、好時計を叩いてます。 このことから外厩先で仕上げてきていたと考えられます。 追い切り本数の少なさについては気にする必要はないかもしれません。 昨年もこのエルムステークスに出走していました。 昨年とはローテーションが違い、昨年は間隔を詰めての参戦ではありましたが、昨年と追い切り時計面で比べると4秒近く今回が好時計となっています。 これらを踏まえても昨年と比べてもデキ自体は遜色ないように見えます。 この馬に関しては逃げてどこまでという競馬になりますし、仕上がりは良さそうなので一発には警戒しておきたいですね。 【モズアトラクション】 《1週前追い切り》 助手 函館ダ 稍 71. 3 55. 8 41. 0 12. 3【7】一杯 《最終追い切り》 助手 函館ダ 良 72. 3 56. 5 41. 2 12. 4【8】馬なり 追い切り考察 厩舎では栗東CWを中心に追い切りを敢行されています。 今走は前走後そのまま函館に滞在し、函館ダートで追い切りを行われています。 追い切りパターンとしては悪くない成績となっています。 内容としては中間終い重点の追い切りになっており、終いの伸びは悪くありません。 差し馬ということもあり、しっかり溜めてラストの末脚を伸ばすという追い切りを消化されていますね。 厩舎での追い切りも終いの伸びによって好不調の波があり、終いの1Fが垂れるような追い切りになると凡走傾向にあります。 そういう点を見ると、この馬の好走パターンの追い切りは消化出来ています。 デキとしては良い状態をキープという雰囲気。 あとは先行馬天国のこのレースに置いて、差し馬という脚質がどうかというところだけですね。 【サトノティターン】 《1週前追い切り》 助手 札幌ダ 68. 2 52. 2 38. 5 11. 9【8】一杯 《最終追い切り》 助手 札幌ダ 67. 8 52. 8 38. 2 12. 1【6】馬なり カウディーリョ(古馬2勝)1. 前々走アンタレスステークスの優勝もこの追い切りパターンで決めました。 今走は前走ノーザンファーム空港牧場に後放牧に出されてそのまま札幌入りしています。 夏場の暑い時期に早くから北海道入りして、夏バテ対策を行われている印象です。 1カ月近く前から入厩してtotal7本の追い切りを消化して、しっかり乗り込まれています。 1週前追い切りではしっかり負荷を掛けてラスト1F11. 9秒を記録。 これは当週の3番時計になっており、水準としては上々と言えそうです。 ただし、札幌ダートで終いを伸ばしてきて11秒台を記録した馬の好走率はそれほど高いものではありません。 良くも悪くもこの馬なりの水準と考えて、過大評価は禁物というイメージです。 【タイムフライヤー】 《1週前追い切り》 助手 函館W 良 68. 6 53. 6 39. 6 12. 8【8】一杯 レッドアトゥ(古馬オープン)1. 6秒追走0. 8秒先着 《最終追い切り》 助手 函館W 良 66. 2 51. 1 37. 4 12. 2【7】一杯 追い切り考察 この馬のポイントとしてはとにかく追い切りは抜群に動いてくる馬です。 しかし、それが結果に繋がらない日々。 個人的な印象としては追い切り詐欺馬です。 こういう馬には『追い切り動いている馬は凡走続きでもたまにレースで好走する』という考えを持っています。 取り捨ての考え方としては人気薄なら押さえておく、人気なら軽視、という付き合い方が一番ベターかなと考えています。 その中で今走は半年の休み明けで、初ダート挑戦。 というところでは、変わり身があるならここか!?という印象は受けますね。 今走は放牧先から直接函館入りし、7/17に入厩後6本の追い切りを消化しています。 1週前追い切り・最終追い切り共にビッシリ負荷を掛けて好時計を記録してきました。 厩舎所属時にも1週前・最終追い切り共に負荷を掛けるのはこの馬の追い切りパターンですし、ここはいつも通りという印象です。 最終追い切りは函館Wの当週4番時計で相変わらず追い切りでは良い動きを見せています。 好走傾向から函館Wで負荷を掛けるというのは好走パターンになりますし、やはり変わり身があるならここしかないか。 しかし、追い切りでは毎度動くというところでは、本命にするには心許ないので相手~押さえ候補が妥当でしょうか。 【グリム】 《1週前追い切り》 助手 函館W 良 67. 6 52. 8 39. 0 12. 4【7】馬なり ラサーサ(3歳未勝利)1. 3秒追走同入 《最終追い切り》 助手 函館W 良 71. 5 55. 5 40. 5 13. 0【7】馬なり 追い切り考察 厩舎での追い切り時は栗東CWと坂路併用で、様々な追い切りパターンで好走を続けています。 今回は前走後そのまま函館入りして、調整を進められています。 初の函館滞在になりますが、元々様々な追い切りパターンで好走していることからも追い切りパターンの不安は少ない馬です。 追い切り内容としては間隔が詰まることもあり、馬なり中心の追い切りを消化しています。 それもあって水準としてはそれほど高いものでなく、平均なりという印象です。 先行脚質で重賞4勝とここでは抜けた実績を持っていることから、凡走というのは考えづらいです。 しかし、追い切りパターンからは少なからず死角はありそうで、取りこぼしは考えておきたい場面です。 【ハイランドピーク】 《1週前追い切り》 助手 札幌ダ 良 67. 7 52. 4 38. 1 12. 4【8】馬なり 《最終追い切り》 助手 札幌ダ 良 66. 2 51. 7 37. 9 12. 3【7】馬なり 追い切り考察 この馬には、美浦坂路仕上げパターン・美南W仕上げパターン・美浦ダート仕上げパターンの3つのパターンがあります。 追い切りパターンに一貫性はなく、都度追い切りパターンを変えてきています。 その中でも成績の良し悪しがハッキリわかれているタイプでもなく、、、 今走は前走後そのまま函館滞在。 函館ダートで2本の追い切りを消化後、札幌に移動。 札幌入り後、札幌ダートで2本の追い切りを消化しています。 昨年このレースを制した際は、函館Wでの追い切りでレースに臨んでいました。 ここでも昨年と追い切りパターンを変えており、やはり一貫性のない追い切りパターンとなっています。 しかし、今回は好走傾向に合致する1週前・最終追い切り共に札幌ダート馬なり調整馬。 ここは評価できるポイントとなっています。 そして最終追い切りでは9番時計を叩いており、仕上がり面は昨年と遜色ないように見えます。 ここ数戦は追い切りでは好時計を叩きながらレースで結果を出せていない点は不安ではありますが、人気がないなら押さえておいても。 エルムステークス2019 本命馬 それでは最後に本命馬をランキングに載せておきます。 6 51. 4 37. 8 12. 0【8】馬なり 《最終追い切り》 助手 札幌ダ 良 66. 0 51. 4 37. 5 12. 5【8】強め 追い切り考察 厩舎では栗東坂路中心に追い切りを行われています。 函館ダート1700m4戦4勝と、超函館巧者が札幌ダート1700mの重賞に挑戦。 その函館ダートの4戦4勝時の追い切りは、全て函館Wでの追い切りとなっています。 もしかすると、この函館Wでの追い切りの相性が抜群に良い可能性もありますね。 そういう面では函館滞在でこのレースに挑んでほしかったところではあります。 札幌ダートでの追い切りはこの馬としては初。 最終追い切りでは当週7番時計の好時計を記録。 1週前追い切りは終い重点の追い切りでラスト3Fの時計は当週の9番時計の好内容の追い切りを消化しています。 厩舎でも最終追い切りに負荷を掛けるパターンが多いですし、この馬なりの追い切りは消化出来ている印象です。 2走前は2着以下を5馬身チギり、前走は2着馬にはクビ差まで詰め寄られましたが、それ以下には5馬身差。 戦ってきた相手とは勝負付けが付いている印象で、あとは新しい相手との戦いだけ。 血統背景を見てもゴールドアリュール産駒で母父コジーンとダート血統として筋が通っています。 重賞でも勝ち負けできるはず。 新サイト入稿しました!! 今回ご紹介するのは「オアシス」と「J. A」に続いて「グロリア」というサイト。 これらのサイトはご存知の方も多いかもしれません。 他のブログでも数多く紹介されているサイトです。 「登録者数が多い=オッズが低下する」という理由から、登録者数が増えすぎて募集人数を制限していたサイト。 そんな中、ようやく再募集がかかり、 この度、当ブログでも紹介することが出来るようになりました。 いずれのサイトも今回は人数限定募集になるので、是非、今のうちに無料登録をオススメします! いずれのサイトも メールアドレスの登録のみで、無料登録完了です。 【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。 とにかく当たる!! そもそも競馬サイトにそれ以外の特徴って必要ですか? OASISでは独自ルートから当たる予想を提供を提供しています。 リピート率90%というところにこのサイトがいかに有益化を物語っています。 今なら無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。 的中実績を見ても3連単10点以内というのが数多く見られます。 まさに「ローリスクハイリターン」。 毎週無料予想が提供されるので参考にしてみては!? 【URL】.

次の