性病 症状 男性。 【男女別】淋病の症状と感染経路〜治療方法まとめ!女性は咽頭淋菌に注意!

男性の症状一覧

性病 症状 男性

条件にもよりますがパートナーがクラミジアにかかっていれば1回の性行為で移る危険はおおまかに約50%。 決して低い確率ではないので す。 性器クラミジア感染症 男性の症状 <症状の特徴と病気の進展> 男性の性器クラミジア感染症では感染して数日(1-2週間ぐらい)のあいだに(初期に) 尿道炎が起こります。 排尿時刺激症状=患者様が「おしっこするときにいたい」、「しみる」、「排尿時灼熱感(熱い感じ)」おおっしゃる症状がこれです。 ウミの量は淋病に比べると少ないか、ほとんどないこともあります。 ウミは透明から乳白色、サラサラ(しょう液性)で、あまり粘り気がありません。 1週間以上放置しておくと、クラミジアが尿道の奥へと移動していきます。 尿道の一番奥には前立腺があって、ここは精子に栄養を与えて成熟させる臓器で す。 そのうえ抗生物質が届きにくく、細胞にとっては都合のいい場所です。 病原菌が前立腺に入ってしまうとなかなか治しづらい病気に発展してしまいます。 前立腺には痛みを感じる神経が余りありませんから、自覚症状がほとんどなくなってしまいます。 それでも周辺の皮膚の神経を使って異常を知らせようとします から、前立腺炎の症状は場所が一定しなかったり、日によって症状が変化したりします。 ですから 前立腺炎の症状はまちまちです。 その中でも多い訴えは絵陰部(肛門と陰のうの間)、下腹部(恥骨付近)、ソケイ部、内ももなどの鈍い痛みなどです。 前立腺からさらに奥には睾丸(精巣)まで続いています。 前立腺炎を治療しないで放置すると睾丸の近くまで菌が進んでしまいます。 睾丸の周りには副睾丸 (精巣上体)があり、ここは睾丸でできた精子を集めるターミナル駅のような働きがありますから、細い管が網の目のように張り巡らされています。 副睾丸が フィルターのような役目を果たしてくれるので、たいていの病原体はここに引っかかって 副睾丸炎(精巣上体炎)が 起こります。 通常副睾丸は紙のように薄く、よく気をつけて触らないとどこにあるのかもわかりにくい臓器ですが、副睾丸炎が起こると腫れ上がって、場合に よっては睾丸自体より大きく腫れることもあります。 「睾丸が腫れた」というけれども正確には副睾丸が腫れたという状況です。 この場合、たいてい睾丸からソ ケイ部にかけて激痛や高熱を伴います。 副睾丸炎は左右どちらか片方なら不妊症にはなりにくいのですが、両方に起こったら、不妊症になってしまう危険が高く なります。 すぐに病院に行って診察を受けましょう。 性器クラミジア感染症 女性の症状 <症状の特徴と病気の進展> 女性ではクラミジアは最初に 子宮頚管部粘膜(膣 の奥、子宮の入り口)に感染します。 ここには痛みを感じる神経がほとんどありません。 余談ですが、この場所には尖圭コンジローマもできやすく、レーザーメ スのような簡単な手術の場合は麻酔を使わなくても痛くなく手術できるほどです。 それほど痛みを感じませんから、当然クラミジアに感染してもほとんど症状を 出しません。 クラミジアに感染すると、膣内の抵抗力が下がってほかの病原菌が進入しやすくなります。 そのため膣炎が起こります。 膣炎の症状は性器のかゆ み、汚いオリモノ、性器のにおいがきつくなるなどです。 膣粘膜に炎症が起こっていますから、性行為をすると痛い(性交痛)という症状も初期にはよく聞かれ ます。 女性の場合でも男性と同様、初期に十分な治療ができないとクラミジアは体の奥に侵入していきます。 進行状況の順番に 子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎 となってゆきます。 子宮内膜炎では下腹部の痛み、生理痛 、不正出血が主な症状です。 流産 の原因にもなります。 卵管炎になると生理痛のほか、 卵子の通り道である 卵管がふさがってしまって 不妊症の原因になります。 卵管の出口は腹腔内につながっていますから、さらに進展すると腹膜炎になります。 通常は骨盤内腹膜炎として頑固な腹痛、生理痛、不妊症などの症状です。 時として激しい上腹部痛を起こすことがあります。 この場合、クラミジアが肝臓の裏側に侵入して、 肝周囲炎 (Fitz-Hugh-Curtis症候群) を起こしたためです。 妊婦検診でクラミジアの検査は重要です。 出産年齢の女性にとってはクラミジアはSTDのダントツのトップに君臨しています。 母体がクラミジアに感染して いて未治療で出産すると新生児結膜炎や肺炎の原因となり得ます。 たとえ妊娠中であっても治療が可能です(もちろんパートナーも一緒に治療する必要がありま す)。 他の感染症もそうですが頻度の関係上、クラミジアの母子感染を産婦人科医、新生児科医は非常に懸念していますので、是非とも積極的に診断、治療を受 けてください。 <症状の男女比較> 解説が難しくなってしまいましたが、要するに性器クラミジア感染症は 男性に比べて女性のほうが症状に気づきにくく、しかも深刻な身体的影響を受けやすいということです。 男性の皆様、自分の症状が軽いからといってパートナーも大丈夫と思わないで、いっしょに治すことは、男の義務!ですね。 上記のような婦人科的な病気の解説は、正直、泌尿器科医の著者にとっては教科書的な知識の域を脱しません。 もしも上記のような症状にお気づきになったら、早く婦人科を受診されることをお勧めいたします。

次の

性病について質問です。

性病 症状 男性

中には自覚症状が出ない性感染症もあるので注意が必要です。 HIVを併発する可能性のあるクラミジア クラミジアトラコマティスという真正細菌に感染することで発症する性病です。 性器だけでなく目や咽喉への感染事例もあります。 主に性行為やオーラルセックスが感染経路となりますが、ディープキスによって咽喉感染することがあります。 クラミジアの感染者はHIVや淋病を併発する危険性が3〜5倍高くなると言われています。 クラビットなどの抗生剤を服用することで1週間程度で治療できます。 但し、菌が残っている場合、再発する可能性が高いので再検査を行い完全に治癒するまで治療を続けましょう。 喉への感染が増えている淋病 淋菌という細菌に感染することで発症する性病です。 口から尿道への感染が多くオーラルセックスが感染経路となります。 ピンサロなどの風俗店は非常に危険だといえます。 近年では薬剤耐性をもった淋菌が見つかっており、治療が長引くケースもあります。 また 妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんにまで産道感染する可能性があります。 後遺症が残ったり死亡してしまうこともあるので、妊娠が発覚したら夫婦そろって性病検査を受けたほうがいいでしょう。 疲れや体調不良で発症するヘルペス 性行為感染症として知られるヘルペスですが、日本人の半分がもともと持っているという見解もあり性行為だけが感染原因ではありません。 また、 一度ヘルペスに感染するとウイルスを完全に排除することが出来ないため、体調不良などで免疫力が低下すると再発しやすくなります。 繁殖力が非常に強いウイルスで性器・口だけでなく手・指・お尻・口内・目への感染も確認されています。 但し、感染していても症状が出ていない状態であれば他人にうつす可能性はほぼ0なので安心してください。 治療は内服薬や軟膏で行うことが一般的です。 感染者激増中の梅毒 世界的にも最も歴史の古い性病で、日本では江戸時代に猛威をふるった歴史が残っています。 ペニシリンの発見により患者数は現象しましたが、最近になって梅毒感染者数が増加しています。 厚生労働省はチラシを出して注意を呼び掛けています。 また梅毒感染が増加している理由ははっきりわかっていません。 感染力が非常に強く、 性行為だけでなくキスやコップの回し飲みでも感染することがあります。 症状は第1期〜第4期に分かれており、最悪のケースでは死に至ることもあります。 淋病同様、妊婦さんが感染すると母体だけでなく赤ちゃんにまで影響が出ます。 耐え難いかゆみを生じるインキンタムシ 正確には性行為感染症ではないのですが、性器周辺に症状が出ることから性病だと勘違いしている人が多いのがインキンタムシです。 原因は水虫と同じ白癬菌です。 自身の水虫が原因である可能性が高く、治療はインキンタムシと同時に水虫の治療も行いましょう。 感染すると強いかゆみを生じますが、市販の痒み止めなどを使うと症状が悪化することがあります。 また感染している期間が長いほど、色素沈着によって皮膚が黒ずんだまま治らないことがあります。 性病検査のすすめ|『性病かも…』と不安を感じたら コンドームの着用で性病を防げると勘違いしている方もいますがこれは間違い。 感染の可能性を下げることはできても完全に可能性が0になるわけではありません。 しかし、自覚症状がなくても感染していれば誰かにうつしてしまう可能性があります。 また放置状態が長いと精巣や精子の通り道などにまで影響がでることがあります。 今まで一度も検査を受けたことのない方は一度受けてみてはいかがでしょうか? 最近では『ブライダルチェック』など結婚前に自身の身体を確認する意味を込めて、パートナーと共に検査を受ける方が増えています。 しかし、症状が出ていない段階での検査は保険適応外になるため、 病院での支払いは全額自己負担になり費用が高額です。 この場合、性病検査キットを使った方が費用が安く済むケースもあります。

次の

症状を何も感じない性病の一覧【痛みやかゆみが無くても危険】

性病 症状 男性

メ モ:• 性感染症は複数の感染を被ることがある。 またそのような時には、エイズのように免疫が低下する疾患に罹患しているかどうか念のためチェックする必要がある。 性感染症を思わせる症状があった時は、速やかに検査を行うことが望ましい。 しかし、無症状のことも多いため、性感染症に罹患した可能性を考えた場合には症状の有無にかかわらず受診・検査を受けるようにした方が良い。 ただし、HIV感染のように潜伏期間が長く、検査結果が陽性に出にくい時期のあるものもあり、検査結果が陰性であっても一定時間をおいて再検査を行った方が良い場合もある。 治療が中途半端になると再発を繰り返したり、悪化したりすることがあるので、自己判断で治療を中断したりしないようにする。 本人の検査結果が陽性の場合、できるだけパートナーの検査を行い、必要であればともに治療を行う。 各疾患の説明 梅毒 病原体 梅毒トレポネーマ 感染経路 性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触 潜伏期 約3週間 症 状 感染した部位(性器、口など)に赤色の堅いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れる(第1期)。 その後3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠など全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れ(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒される(第3、4期)。 診 断 病変部から病原体を確認(顕微鏡観察)、あるいは血液による抗体検査 治 療 抗菌薬(主としてペニシリン系) 放置 すると 第1期から2期、3・4期へと徐々に進展する。 精神神経異常、死に至ることもある。 母体の感染により、出生児が先天梅毒になることがある。 淋菌感染症 病原体 淋菌 感染経路 性的接触を介する粘膜との直接接触 潜伏期 2~7日 症 状 男性では排尿時痛と濃尿、女性ではおりものや不正出血あるいは症状が軽く気づかないことも多い。 咽頭や直腸の感染もあるが、自覚症状がなく気づきにくい。 診 断 性器、尿道からの分泌物や口腔などから病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR) 治 療 各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっているが、有効な抗菌薬もある 放置 すると 不妊の原因になることがある。 感染した母体より出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがある。 性器クラミジア感染症 病原体 クラミジアトラコマティス 感染経路 性的接触を介する粘膜との直接接触 潜伏期 1~3週間 症 状 男性では排尿時痛や尿道掻痒感、女性では症状が軽く無症状のことも多い 診 断 性器、尿道からの分泌物や尿、口腔内から抗原検出や核酸検査(PCR 治 療 抗菌薬(マクロライド系、ニューキノロン系が中心) 放置 すると 不妊、流産・死産の原因になることがある。 性器ヘルペス 病原体 ヘルペスウイルス 感染経路 性的接触を介する皮膚・粘膜の病変との直接接触 潜伏期 2~10日 症 状 性器の掻痒、不快感ののち、水泡、びらん 診 断 病変部からウイルス分離、抗原検出や核酸検査(PCR) 治 療 抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビルなど) 放置 すると 痛くて放置できるものではないが、放置しても2~4週間で自然に治る。 ただし再発を繰り返すことが多い。 尖圭コンジローマ 病原体 ヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い) 注: 子宮頸がんは16型、18型感染が多い 感染経路 性的接触を介する皮膚や粘膜の病変との直接接触 潜伏期 3週間~8ヶ月 症 状 性器・肛門周囲などに鶏冠様の腫瘤 診 断 病変部の形態の観察、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 切除、レーザー、クリーム(イミキモドクリーム)など 放置 すると 20~30%は3ヶ月以内に自然治癒、悪性転化あり 腟トリコモナス症 病原体 腟トリコモナス原虫 感染経路 尿道や性器からの分泌物との接触 (性的接触のほかに、下着・タオルなどを介しての感染) 潜伏期 不定 症 状 男性は自覚症状のないことが多い 女性は自覚症状に乏しいが、おりものの増加、外陰・腟の刺激感やかゆみ 診 断 性器・尿道からの病原体検出、病変部の顕微鏡観察 治 療 メトロニダゾール 放置 すると 再発・再燃する。 放置しても治ることはない ケジラミ症 病原体 ケジラミ 感染経路 性的接触を介する陰股部、陰毛との直接接触 衣類・寝具などを介する間接的感染もある 潜伏期 不定(1~2ヶ月が多い) 症 状 寄生部位(主に陰股部)の掻痒 診 断 皮膚・陰部・毛髪などの虫体や卵の確認 治 療 剃毛、フェノトリンパウダーあるいはシャンプー 放置 すると 症状の継続あるいは悪化。 放置しても治ることはない 性器カンジダ症 病原体 カンジダ属の真菌 感染経路 性的接触を介して伝播しうるが、必ずしも発症しない 潜伏期 不定 症 状 男性では症状を呈することは少ない。 女性では外陰部の掻痒とおりものの増加。 カンジダを保有しているのみの場合もある。 診 断 顕微鏡観察等による病変部からの胞子や仮性菌糸の検出。 病原体の培養。 治 療 抗真菌剤の腟錠や軟膏・クリーム、経口薬 放置 すると 症状の継続、再発、再燃。 放置しても治ることはない B型肝炎 病原体 B型肝炎ウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 約3ヶ月 症 状 発熱や全身倦怠のあと、黄疸(1~2%で劇症肝炎)。 無症候の場合もある 診 断 血液中の抗原、抗体の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 予防にはワクチンが有効。 抗ウイルス薬・インターフェロンなどが用いられる場合もある 放置 すると キャリア化して、慢性肝炎、肝硬変、さらに肝癌へと進展することがある C型肝炎 病原体 C型肝炎ウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 2週間~6ヶ月 症 状 全身倦怠感、食欲不振、黄疸などが見られるが、症状は軽い 診 断 血液中の抗原、抗体の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 抗ウイルス薬とインターフェロン 放置 すると 多くがキャリア化して、慢性肝炎、肝硬変、さらに肝癌へと進展することがある 後天性免疫不全症候群(エイズ) 病原体 エイズウイルス 感染経路 血液や体液との直接接触 潜伏期 平均10年程度 症 状 感染成立の2~3週間後に発熱、頭痛などのかぜ様症状が数日から10週間程度続き、その後数年~10年間ほどの無症候期に入る。 放置すると、免疫不全が進行し種々の日和見感染症や悪性リンパ腫などを発症する 診 断 血液中の抗体、抗原、遺伝子の検出、病原体の核酸検査(PCR) 治 療 抗HIV薬 放置 すると 慢性的に進行し、死に至るが、近年治療による改善・延命が進んできている.

次の