まあじゃんふぁいと。 麻雀格闘倶楽部

麻雀格闘倶楽部2

まあじゃんふぁいと

9 97. 9 98. 7 100. 1 103. 0 105. 5 110. ただし成立役を見極める必要がある際は目押しが必要 下段チェリー停止時 対応役: 弱or強チェリー 中・右リール適当打ち 右リール中段にリプレイ停止で弱チェリー 3連チェリーor右リール中段にリプレイ非停止で強チェリー 下段BAR停止時 対応役: ハズレ・リプレイ・ベル・強リプレイ・弱チャンス目 中・右リール適当打ち 中段「リプ・チェ・リプ」で強リプレイ 押し順リプレイ成功時も停止 中段「リプ・リプ・ベル」などで強チャンス目 停止形の一例 上段スイカ停止時 対応役: スイカ・強チャンス目 中・右リールにスイカ狙い スイカハズレで強チャンス目 AT中の打ち方 ナビ発生時は従い、それ以外は通常時と同様に消化 設定判別・推測要素 AT初当り確率 AT初当り確率に設定差が存在。 基本的には高設定ほど優遇されていますが、設定5より設定4の方が高くなっています。 設定 修行の身 新人 ひよっこ 上々 有頂天 1 50. 0% 50. 0% — — — 2 39. 2% 58. 8% 2. 0% — — 3 58. 8% 39. 2% 2. 0% — — 4 38. 6% 57. 9% 2. 0% 1. 5% — 5 57. 9% 38. 6% 2. 0% 1. 5% — 6 47. 5% 47. 5% 2. 0% 1. 5% 1. 5% 真龍ロード敗北時の終了画面でのコナミコマンド 真龍ロード敗北時の終了画面でのコナミコマンド入力で設定を示唆。 パターンによって示唆内容が異なり、終了画面が変化したら設定2以上が確定します。 5% 53. 5% 52. 5% 43. 5% 39. 5% 39. 5% 格言2 25. 0% 12. 5% 25. 0% 12. 5% 25. 0% 12. 5% 格言3 12. 5% 25. 0% 12. 5% 25. 0% 12. 5% 25. 0% 格言4 5. 0% 1. 0% 1. 0% 10. 0% 10. 0% 10. 0% 格言5 2. 0% 3. 0% 4. 0% 4. 0% 8. 0% 8. 0% 水着 — 5. 0% — 3. 8% 1. 3% 2. 0% サンタ — — 5. 0% 1. 3% 3. 8% 2. 0% ハロウィン — — — — — 1. 0% 真龍ロード中のツモ運シナリオ 真龍ロード中の1戦目と2戦目の開始時ツモ運が良いシナリオは高設定ほど選択されやすい特徴あり!? 通常時概要 通常時は今までのシリーズ機同様、リアル対局システムという周期抽選を継承。

次の

麻雀格闘倶楽部 パチスロ スロット

まあじゃんふぁいと

ゾーン狙い目 背景狙い 恩恵 特訓、バカンスモード、昇龍チャレンジ、浴衣モード 、AT突入のチャンス 狙い目 夕方 中国・ケニア 、夜、宇宙を消化して次回モードが上記なら周期終了まで 背景• 夕方は次周期に「特訓 or バカンスモード or 昇龍チャレンジ or 浴衣モード or AT」濃厚。 夜は次周期に「昇龍チャレンジ or 浴衣モード or AT」濃厚。 夕方 中国・ケニア ・夜 アラブ首長国連邦 ・宇宙• 巨匠2人以上• 伝説の雀士、 二階堂姉妹2人出現• 勝利すればAT確定。 直撃は周期開始時に抽選• 直撃時は「麻雀格闘倶楽部RUSH」のロゴが停止して告知• 八連荘以外で役満でアガった際はAT中に流れるPVに注目• 「初代のPV動画」が流れたら高設定の可能性が大幅UP 設定 初代PV出現率 1 6. AT終了後は「ちょっとタイム」Aに突入。 リプレイを引いてもちょっとタイムが終わらなかった場合は 設定2以上確定。 設定 モード移行率 1 33. 5 打ち方 リール配列 通常時の打ち方 BAR狙い 左リール上段付近にBAR図柄を狙う 以下停止形によって打ち分け。

次の

黄龍〜真龍

まあじゃんふぁいと

アーケード版の麻雀ゲームでプレーヤー数が最多と言われているのが、 麻雀格闘倶楽部です!パチスロにまでなったこの人気麻雀ゲームの魅力とは!? オンライン麻雀をはじめたいけど、どのゲームが良いのか分からないという方の為に、今回は麻雀格闘倶楽部をやってみました!• 麻雀格闘倶楽部とは 麻雀格闘倶楽部 マージャンファイトクラブ とは、コナミデジタルエンタテインメントが開発したオンライン麻雀ゲームです。 最初のアーケード版が2002年にサービスを開始し、現在ではスマートフォンアプリや、家庭用ゲームソフト版も販売されています。 具体的な数字は記載されていませんが、ホームページ上ではアーケード版の「麻雀格闘倶楽部 彩の華」が 「プレーヤー参加人数最多!」と紹介されています。 ここでは、 スマートフォン版の麻雀格闘倶楽部spについてのレビューをご紹介します。 評価は、筆者の個人的評価です。 ですが、パソコン版が無いですねー。 特別重いわけでは無いですが、軽快感に欠ける気がします。 副露 フーロ= 鳴き の時の、対象牌 他家の捨牌 がどれなのかが分かりにくい。 スマホの小さい画面の中に牌がぎゅうぎゅう詰めになっているので、見づらいのかもしれません。 また、打牌の制限時間を示すゲージが無いので、残り時間も分かりにくいですね。 3秒前に一度ピッと音がして、端の方にカウントダウンの数字はでるものの、捨て牌を選んでると視界に入らないので、音がすると慌てて捨てる羽目になります。 オンライン対局後の残り点棒がMGに変換されるので、比較的容易にMGの獲得はできます。 もし、MGが不足した場合は、購入する事になります。 MGの入手法• アカウント作成時 1,000MG• ログインボーナス 1日1回 100MG• 対局後の残り点棒から変換• 各種ボーナス• 表中の「なし」は該当する卓が無いという意味です。 MGが0で対局できる完全な無料卓が無いのが残念です。 東風戦で250MGなので、大体200円程度ですね。 かなり高い気がしますが、対局でMGを獲得できるので、ある程度の腕があれば頻繁にMGを購入するようなことにはならなそうです。 平日の昼間でも人が多い時は、10秒もしない内に 面子が揃い、待っても30秒程度なので、相当な数のプレーヤーがいると思います。 やはり、完全無料 MGが不要 の卓が無いのがちょっと残念ですね。 ノーマルモード 通常卓 下記の4つの卓を遊べます。 通常卓という名前の通り、通常はこのモードで遊ぶことになります。 全国オンライン東風• 全国オンライン三麻• 全国オンライン 半荘• 全国オンライン一局 サクサクCPU卓 CPU卓は東風戦のみです。 対局に50MG必要ですが、CPUで東風戦なら0にして欲しい所です・・・。 CPU戦東風 ハイレート 連勝フィーバー卓 対局に1,500MGも必要なハイレート卓です。 対局で一定数以上の点棒を獲得すると通常より多くのMGを獲得できます。 また、獲得したMGを次の対局に持ち越すと、更に多くのMGを獲得できます。 この卓は、腕に自信が無いと躊躇われます 笑• 全国オンライン 半荘 黄龍専用 上級卓 最高段位の「黄龍」になってはじめて上級卓が解禁となります。 黄龍になるには、実力にもよりますが数か月かかってもおかしくないようです。 上級卓が数か月べないと言うのはちょっと厳しい気がしますね。 全国オンライン東風• 全国オンライン三麻• 全国オンライン 半荘• 初段まではあっという間ですが、段位を上げるのはなかなか骨が折れます。 なかなか厳しい段位システムですが、この段位システムの良い所は、 1位になる事が重要だという所です。 初段以上になると、段位を上げる為に「ファイトオープ」というアイテムが必要になるのですが、ファイトオープは1位のプレーヤーが4位のプレーヤーから奪う事でしか獲得できません。 つまり、段位を上げるには、1位になる必要があるという事です。 無難にラス回避 4位にならないようにする をしているだけで昇段できる、所謂「ラス回避ゲー」と呼ばれる麻雀ゲームと比較すると、 積極的に1位を取りにいかなければならないこのシステムは評価できると思います。 段位システムに定評あり!じっくり腕を磨こう! グラフィックやサウンドが今一つですが、コスパや人の多さ、段位システムといった部分は優れていると思いました。 どちらかと言うと、初心者よりも中級者以上で、もっと腕に磨きをかけたい人におすすめです! スマホ版とアーケード版の連動機能があるので、普段はスマホ版で腕を磨いて、たまに気分を変えてアーケード版で遊ぶのも楽しいのではないでしょうか。 また、プロの雀士もプレーしているので、強くなれば有名プロとの対戦も夢ではありません! ルールや機能 卓の種類• 一局戦• 東風戦• CPU戦 東風戦 喰いタン・後付け ありあり 食い替え あり 赤ドラ あり ダブ ロン・トリ ロン あり アガリ止め オーラスで親がアガると終了 流局 親流れ 途中流局• 九種九牌• 四槓流れ• 四風連打• テンパイ時の待ち牌表示 残り枚数は非表示• アガリAUTO• 長考ボタン 戦績履歴 平均順位、アガり率、平均アガり翻数などなど、様々な戦績履歴が確認出来ます チャット機能 なし プライベート対戦 なし ラス回避よりトップ取りが重要な方が段位システムとして優れてるというのはどのような判断基準に基づいているのでしょうか?麻雀でトップを取るのはラスを回避することに比べると圧倒的に運に左右されやすいですし、実力評価という判断基準の基では明らかに劣った段位システムだと思いますが。 「無難にラス回避していれば」などというラス回避を軽んじる発言も気に障ります。 本当の「ラス回避麻雀」を打ったことがある人が書いた内容だとは思えません。 ラス回避はある意味で難しい技術ですし、その経験があればこのことはすぐに実感できます。 このようなネット麻雀を俯瞰するような記事を書くのであれば、もう少し麻雀の本質をしっかり理解してからにして欲しいですね。 あかつき 様 コンシェルジュのミライです。 当サイトのご利用誠にありがとうございます。 たしかに仰る通り、ラス回避を軽んじるような表現になってしまっています。 オリは麻雀で必要不可欠な技術であり、勝利を掴むのも確実なオリの技術があってこそですね。 記事の内容を再検討致します。 更新まで少し時間が掛かってしまうかと思いますが後日内容を編集するように致します。 また、なぜこのような表現になってしまったかと言うと、 編集部の麻雀に対する想いにあるのだと思います。 逆に勝利を掴むためには多くの不確定要素、壁牌や王牌などの牌山、他家の手牌や思惑など、見通しが困難な数々の要素を突破する必要があります。 これらの不確定要素を踏まえつつ最善の戦略を練ることが非常に難しく、麻雀を面白いゲームにしている最も重要なものだと考えています。 「データが不十分な状況においても最善の戦略を決定する」ここにとても大きな魅力を感じます。 最近こんな記事を見つけました。 今後とも当サイトを何卒宜しくお願い申し上げます。

次の