蒲郡 競艇 場。 蒲郡競艇場

蒲郡競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

蒲郡 競艇 場

水面の特徴• 予想のコツ について解説していきます! 水面の特徴は?:全国1位の水面の広さを誇り比較的穏やか 愛知県の蒲郡市にある「蒲郡競艇場」。 地理的には海に面しているものの、湾内にコースが設置されています。 また、水門などでも管理しているためか、潮の満ち引きや波の影響も少ないです。 よって、水面は穏やかであることが多いです。 スタンドや電光掲示板、防風壁などに風が遮られるためですね。 さらに、2014年にオープンした1マーク側の新スタンドや2マーク側の立体駐車場により、風の影響が減ったそうです。 しかし、強風が吹くとスタンドに当たって風が舞います。 その影響で、スタートが難しくなるとも言われています。 そのため、スタートで攻める展開を買う時は風速に注意したいですね。 7mもあるんです。 さらに、2マークからスタンドまでが66. 7mと比較的広いレイアウト。 そのため、選手は1マーク・2マークともに全速で握って攻めることができます。 さらに、豪快なターンを観ることができる競艇場としても有名ですね。 全体的に「まくり差し」の比率が高い• 選手の実力の差がはっきり出る• 時間帯によってイン1着率が変化する 以上の3つが挙げられます。 1つずつ解説していきます。 そこで、コース別の決まり手を表でまとめました。 2 0. 0 0. 0 0. 0 2. 7 0. 0 2 0. 0 26. 2 68. 8 0. 0 4. 9 0. 0 3 0. 0 36. 0 14. 7 39. 3 9. 8 0. 0 4 0. 0 55. 2 7. 4 23. 8 10. 4 2. 9 5 0. 0 9. 6 6. 4 77. 4 6. 4 0. 0 6 0. 0 20. 0 0. 0 70. 0 10. 0 0. 0 上の表を見ると、3、5、6コースが最も「まくり差し」が高いことが分かります。 まくり差しは水面が広いほど走りやすいので、スピード勝負になりやすくなりますね。 そして、スピード勝負になると旋回半径が大きくなるため、選手は「まくり差し」を行いやすくなっているんです。 結果、蒲郡競艇場ではまくり差しの比率が長くなるんですね。 これは、旋回する際に対岸にぶつかる危険性が少ないためです。 また、インコースも握って回ることが多いため、ほぼ全レースがスピード勝負になります。 よって、風の影響も受けにくく、安定板が付くこともありません。 選手は、自分の力を存分に発揮できるレース場になっているんですね。 そのため、 インの1着率が前半と後半で変化する傾向にあります。 前半、後半をまとめてみましょう。 前半 後半 1号艇の選手 B級選手 A級選手 イン1着率 低め 高め 時間帯の傾向 気温が高く回転が上がらない 気温が下がり回転が上がる 前半の1、2RではオールB級戦もあり、混戦・波乱傾向です。 つまり、ナイターレースを開催する蒲郡競艇場では、暗くなるにつれてインが強くなる水面と覚えておきたいですね。 1コースは舟券に絡みやすい• 2コースから4コースまでの勝率が横並び• 最近3ヶ月のコース別入着率をまとめました。 9 17. 6 9. 5 7. 0 5. 1 3. 6 2コース 15. 6 25. 6 19. 0 14. 6 13. 0 12. 0 3コース 11. 3 22. 1 22. 2 16. 2 16. 4 11. 5 4コース 9. 4 17. 5 22. 0 18. 1 19. 8 12. 9 5コース 6. 0 12. 9 15. 8 25. 1 23. 2 16. 8 6コース 2. 1 5. 6 13. 0 20. 2 22. 1 36. 1号艇に主力選手を配置していることが多いので、低配当になりやすいんですね。 この要因も、コース幅の広さによって、2〜4コース艇の選手が「まくる」ことにためらわずにレースができるためです。 特に4コースの1着率は、例年上位で推移してカドが利きやすい水面。 そのため、2〜4コースの勝率は横並びになりやすいんですね。 決まり手は他のコース同様「まくり差し」が優位です。 特に、センターがまくりで攻めそうな場合は、5コースのまくり差しも想定しておいた方が確実ですね。 またアウトコースであればあるほど、第1ターンマークへの進入角度が浅くなります。 結果、選手はスピードを落とさずにコーナーに入ることができるんです。 勝率を上げるためには、5コースもしっかりチェックすることをおすすめしますよ!.

次の

【蒲郡競艇場】水面特徴、傾向、予想のコツをまとめて紹介!

蒲郡 競艇 場

水面の特徴• 予想のコツ について解説していきます! 水面の特徴は?:全国1位の水面の広さを誇り比較的穏やか 愛知県の蒲郡市にある「蒲郡競艇場」。 地理的には海に面しているものの、湾内にコースが設置されています。 また、水門などでも管理しているためか、潮の満ち引きや波の影響も少ないです。 よって、水面は穏やかであることが多いです。 スタンドや電光掲示板、防風壁などに風が遮られるためですね。 さらに、2014年にオープンした1マーク側の新スタンドや2マーク側の立体駐車場により、風の影響が減ったそうです。 しかし、強風が吹くとスタンドに当たって風が舞います。 その影響で、スタートが難しくなるとも言われています。 そのため、スタートで攻める展開を買う時は風速に注意したいですね。 7mもあるんです。 さらに、2マークからスタンドまでが66. 7mと比較的広いレイアウト。 そのため、選手は1マーク・2マークともに全速で握って攻めることができます。 さらに、豪快なターンを観ることができる競艇場としても有名ですね。 全体的に「まくり差し」の比率が高い• 選手の実力の差がはっきり出る• 時間帯によってイン1着率が変化する 以上の3つが挙げられます。 1つずつ解説していきます。 そこで、コース別の決まり手を表でまとめました。 2 0. 0 0. 0 0. 0 2. 7 0. 0 2 0. 0 26. 2 68. 8 0. 0 4. 9 0. 0 3 0. 0 36. 0 14. 7 39. 3 9. 8 0. 0 4 0. 0 55. 2 7. 4 23. 8 10. 4 2. 9 5 0. 0 9. 6 6. 4 77. 4 6. 4 0. 0 6 0. 0 20. 0 0. 0 70. 0 10. 0 0. 0 上の表を見ると、3、5、6コースが最も「まくり差し」が高いことが分かります。 まくり差しは水面が広いほど走りやすいので、スピード勝負になりやすくなりますね。 そして、スピード勝負になると旋回半径が大きくなるため、選手は「まくり差し」を行いやすくなっているんです。 結果、蒲郡競艇場ではまくり差しの比率が長くなるんですね。 これは、旋回する際に対岸にぶつかる危険性が少ないためです。 また、インコースも握って回ることが多いため、ほぼ全レースがスピード勝負になります。 よって、風の影響も受けにくく、安定板が付くこともありません。 選手は、自分の力を存分に発揮できるレース場になっているんですね。 そのため、 インの1着率が前半と後半で変化する傾向にあります。 前半、後半をまとめてみましょう。 前半 後半 1号艇の選手 B級選手 A級選手 イン1着率 低め 高め 時間帯の傾向 気温が高く回転が上がらない 気温が下がり回転が上がる 前半の1、2RではオールB級戦もあり、混戦・波乱傾向です。 つまり、ナイターレースを開催する蒲郡競艇場では、暗くなるにつれてインが強くなる水面と覚えておきたいですね。 1コースは舟券に絡みやすい• 2コースから4コースまでの勝率が横並び• 最近3ヶ月のコース別入着率をまとめました。 9 17. 6 9. 5 7. 0 5. 1 3. 6 2コース 15. 6 25. 6 19. 0 14. 6 13. 0 12. 0 3コース 11. 3 22. 1 22. 2 16. 2 16. 4 11. 5 4コース 9. 4 17. 5 22. 0 18. 1 19. 8 12. 9 5コース 6. 0 12. 9 15. 8 25. 1 23. 2 16. 8 6コース 2. 1 5. 6 13. 0 20. 2 22. 1 36. 1号艇に主力選手を配置していることが多いので、低配当になりやすいんですね。 この要因も、コース幅の広さによって、2〜4コース艇の選手が「まくる」ことにためらわずにレースができるためです。 特に4コースの1着率は、例年上位で推移してカドが利きやすい水面。 そのため、2〜4コースの勝率は横並びになりやすいんですね。 決まり手は他のコース同様「まくり差し」が優位です。 特に、センターがまくりで攻めそうな場合は、5コースのまくり差しも想定しておいた方が確実ですね。 またアウトコースであればあるほど、第1ターンマークへの進入角度が浅くなります。 結果、選手はスピードを落とさずにコーナーに入ることができるんです。 勝率を上げるためには、5コースもしっかりチェックすることをおすすめしますよ!.

次の

ボートレース蒲郡競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

蒲郡 競艇 場

マスコットキャラクター「 トトまる」 2006年からは すべてのレースをナイター競走として開催するようになり、それによって大幅な売上アップを実現しました。 2008年には年間売上が1000億円を超え、全競艇場においてトップの売上高を達成。 それ以降も、 安定して高い売上を維持しています。 マスコットキャラクターは、半魚人をモチーフとした「トトまる」です。 実況は高橋貴隆さんが担当しており(2019年現在)、こぶしを利かせた独特の実況解説が人気を集めています。 また、会場内や周辺の施設において、ボートレース以外のイベントが開催されるのも見どころです。 「ITUトライアスロンワールドカップ蒲郡大会」や各種のフリーマーケット、また「農林水産祭」などが毎年行われています。 水面特徴 水面図 蒲郡競艇場は、 1年を通して水面が荒れにくいボートレース場です。 会場が三河湾の内側にあることから、もともと潮の満ち引きや風の影響を受けにくいという特徴がありました。 それに加えて、2014年に新スタンドが、さらに2015年に立体駐車場が開設されたことで、よりいっそう風の影響が少なくなったといわれています。 また、水質は 海水ですが、 塩分濃度が低いのも重要なポイントです。 クセが少なく、 選手の実力差や機体のパワー差が結果に直結しやすいボートレース場といえます。 そんな蒲郡競艇場は、 1マークのバック側が156. 7mと全国一の広さを誇ることでも有名です。 1マークのバック側が狭い場合、旋回時に対岸や他の機体に衝突する危険性があります。 そのため、通常はインコースを走る選手が、ある程度スピードを制御します。 それに比べて、1マークのバック側に余裕がある蒲郡競艇場はクラッシュする危険性が低く、 インコースも思い切った走行が可能です。 その結果、 手に汗握るスピードレースが展開されやすくなります。 主要レース オールジャパン竹島特別(2018) 蒲郡競艇場を代表するレースとして、 「オールジャパン竹島特別」が挙げられます。 グランプリで優秀な成績を収めた選手やSGタイトルホルダーなど、毎年選ばれた強豪選手が集結し、白熱したレースを繰り広げます。 そのほか、正月開催の 「新春特別覇者決定戦」、GW期間中に行われる 「竹島弁天杯争奪戦」、女性レーサーたちの熱い闘いが繰り広げられる 「蒲郡クイーンカップ」などが代表的なレースとして挙げられます。 SGの有無.

次の