差し支え なけれ ば 意味。 「差し支えなければ」の意味・使い方と例文・言い換え敬語表現

「差し支えなければ」の意味とは?類語と敬語表現も解説

差し支え なけれ ば 意味

「差し支えなければ」は依頼するときに使う言葉 「差し支えなければ連絡先を教えていただけないでしょうか」などのように、相手に対して何かしらの依頼やお願いをするときに使用される「差し支えなければ」という言葉には、「不都合でなければ」という意味が含まれています。 使い方としては、依頼やお願いをする言葉の先に置いて使用します。 「差し支えなければ」は、後に続く言葉を丁寧で柔らかい印象の言葉にしてくれるため、「クッション言葉」などと呼ばれています。 「差し支えなければ」の意味には、「不都合であれば拒否してください」という意味も含まれているので、使用する場面としては、依頼やお願いを拒否されても良い場面での使用が適しています。 どうしても依頼を通したい場合や、お願いを確実なものにしておきたい場合には適さない言葉であるため、「丁寧な印象をもたせたい」「柔らかい表現にしたい」といった理由だけで使用することは避けましょう。 「差し支えなければ」のビジネスシーンでの例文 ビジネスシーンにおける「差し支えなければ」を含んだ例文としては、「差し支えなければ、お名前をお聞かせ願えますか?」「差し支えなければ、ご住所をお教えいただけますか?」といったように、相手の個人情報や他人に知られる機会の少ない情報など、極端に言えばデリケートな情報を聞きたいときに使用した文章が挙げられます。 ほかにも、「差し支えなければ、この後お時間をいただけないでしょうか?」「差し支えなければ、先程の件について、ご教示願えないでしょうか?」といったように、相手の行動を伴うお願いをする場合も「差し支えなければ」の使用に適した文章といえます。 上記の例文は、どれも使用状況や目的が異なるものですが、「相手に対し、一歩踏み込んだお願いをする」という部分が、共通して有している特徴です。 クッション言葉とも言われる「差し支えなければ」は、相手に対して不躾になってしまう可能性がある言葉に付けることで、丁寧で柔らかい印象を与える効果が発揮されます。 「差し支えなければ」をほかの言葉に置き換えたいときの類語 「差し支えなければ」に置き換えられる類語としては、「恐れ入りますが」や「可能であれば」「お手数ですが」といった言葉が挙げられます。 それぞれの言葉の意味には若干の違いがあるものの、どれも相手への気遣いを含んだ「クッション言葉」の一つとして数えられています。 ビジネスシーンでは、目上の方に対して何かしらの依頼をしたりお願いをしたりといった場面のほかにも、同一の相手に対して、重ねて依頼やお願いをする場面が訪れる場合もあります。 「差し支えなければ」を使用した丁寧な言い回しで会話を進めるのは良いことですが、何度も使用したり続けざまに使用したりすると、言葉がもつクッションの効果を薄めてしまいかねません。 そのため、「差し支えなければ」以外のクッション言葉も、身につけておいた方が得策といえます。 」「差し支えなければ、お名前を教えていただけますか?」といった使い方をすることで、相手への気遣いを示しつつ依頼やお願いの気持ちが伝えられます。 まとめ 「差し支えなければ」は、不躾になる可能性のある言葉を、丁寧で柔らかい印象に変えてくれる言葉です。 乱用してはいけない点にさえ気をつければ、ビジネスシーンにおいて重宝する言葉ですので、ぜひ活用してみてください。 上手に使用することでスマートな会話を実現することが可能です。

次の

「差し支える」とは?意味や使い方!例文や解釈

差し支え なけれ ば 意味

アンケートなどを書くとき「こちらにご記入を」とペンを渡されますが、そんな時必ず頭についている言葉があります。 こちらがお願いされている立場であればその言葉が付かないと違和感を感じます。 逆に、その言葉が頭に付くことによりすんなりと依頼を受け入れやすくなります。 それが「差し支えなければ」というワードです。 それでは、「差し支えない」とは正確にはどのような意味でしょうか?それを知らなければ、間違えて使っている可能性もあります。 万が一仕事で間違った使い方をしていれば、「常識が無い」などという印象を与えてしまい、とても恥ずかしい思いをすることになります。 それでは、「差し支えない」の意味について正しい使い方と合わせて見ていきましょう。 意味 「差し支えない」という言葉の意味を知る前に、「差し支え」について調べてみるとこのように説明がされています。 「差し支え」が都合の悪い事情・支障・差し障りが「無い」ということになります。 もっと細かく注目すると、「支える」と言うのは、物事が滞り進まなくなることを意味し、「仕事が支える」等の使い方をします。 差し支えないを言い換えると「都合がよければ」「支障なければ」「差し障りなければ」となり、自分や相手にとって「不都合がない」ということが差し支えないの意味となります。 また「差し支えない」の使用方法として、最も多いのは先ほども出たように「差し支えなければ〜」と文章の頭につけ、ワンクッション置いた上で本題を提示する場合です。 ストレートに内容を伝えられるよりも柔らかい印象が出て、受け入れやすくなります。 このような使い方をする言葉を「クッション言葉」と言います。 差し障り。 「差し支えがあって行けない」「日常生活には差し支えありません」 クッション言葉って何? 「クッション言葉」という言葉自体は知らない方でも、社会人であれば無意識に使っているであろう丁寧な言い回しがあります。 何か依頼をする場合には「お忙しい中恐縮ですが」「お手数ですが」「恐縮ですが」「失礼ですが」と前置きをします。 また逆に断りや拒否をする場合は「申し訳ありませんが」「残念ながら」「せっかくですが」「あいにくですが」などと付け加えます。 本題をストレートに伝えるのは日本では「無作法」だという印象を与えてしまうため、ビジネス上はもちろん、日常会話でも活用させることで相手に失礼なく内容を伝えることができます。 しかし一つの文章の中にクッション言葉を何個も多用してしまうことで、逆に失礼になってしまうので気をつける必要があります。 目上の方の敬語として正しい? 目上の方と話をしたり、メールや電話をするときなどは「失礼があってはならない」と緊張するものです。 せっかく敬語を使っていても、使い方を間違ってしまうことで逆に失礼になってしまうこともあります。 それでは、目上の方に対して「差し支えなければ」や「差し支えありません」と使うのは正しいのでしょうか?結論はずばり失礼に当たらないので「正しい」と言えます。 その理由として「差し支えない」の類義語として「大丈夫」「問題ない」などがありますが、それらよりも上に立つ丁寧な言い回しなので、目上の方に使用しても失礼にはなりません。 差し支えないの使い方と例文 「差し支えない」は、何か質問をされたりお願いをされた際に問題ないという「OK」の意味合いで返答に使う場合と、相手に何かお願いをする際にワンクッション置いて本題を伝えるクッション言葉として使われます。 また返答で使う場合は、「差し支えないです」と言うよりも「差し支えありません」と答えた方が自然であり丁寧な印象を与えます。 」と使います。 そしてお願いをする立場であれば「差し支えなければ、こちらにご連絡先を頂戴してもよろしいでしょうか?」のように使います。 問題ないとの違いは? 「差し支えない」以外に、「OK」の意味合いを持つ言葉として「問題ない」があります。 日常会話として使う分としては聞き手を安心させるフレーズだと言えます。 しかし、ビジネス上で使用する場合は、少し注意が必要です。 何か確認を受けた際に、それが大丈夫な内容であれば「問題ありません」と使いがちですが、実は上司や目上の方には使用してはいけないフレーズとされています。 時代劇の言葉で例えると「苦しゅうない」に近いニュアンスを持ち、上から物を言っている印象が出てしまうので、目上の方には使わないようにしましょう。 ビジネス上で見てみると、ネガティブチェックを依頼された際の返答として、間違いや修正点が無かったことに対して「問題ありません」と使用することが可能です。 以上のことから「差し支えない」が目上の方にも使用できることに対し、「問題ない」は同僚や部下、何か依頼される立場で答える場合と限定的な言葉であることが分かります。 差し障りないとの違いは? 「差し障りない」は「差し支えない」と言葉の響きも似ており、混同して使っている方も多く見られます。 「差し障り」が「物事に支障がきたしている様子」を表す否定的な言葉を「ない」で更に否定しているので肯定的な意味を持つことが分かります。 また「差し支えない」の意味を調べると「差し障りない」が含まれているので、余計に分かりにくくなっています。 しかし次のように使い分けが可能です。 「差し支えなければこちらにご記入いただけますか」と「差し障りのない範囲でお答えいただけますか」となり、「差し支え」はその時の状況や気持ちがメインで「差し障り」は範囲を含めて先方が決められます。 また「差し支えない」が個人に対して使用するのに対し「差し障りない」は組織や会社、その先方が所属する団体に対して使用する言葉です。 差し障りのない 物事になんら支障がないさま、人に迷惑がかからないさまなどを意味する表現。 「差し障りのない返事」などのように用いる。 構わないとの違いは? 本来「構う」という言葉は、肯定的に使用すると何かを気にしたり、気を遣ったりするという意味で使われます。 一方それを打ち消した否定形である「構わない」は、受け答えで使用する際は「支障がない」「問題ない」という意味合いで使われます。 「差し支えない」と類義語であり、基本的な意味合いは変わらないので、同様に使っても良さそうですが、使用する相手を選ぶ必要があります。 同僚や部下、友人には「差し支えない」と言うよりも「構わない」と言った方が堅苦しくなく使えますが、特に目上の方に対しては「冷たい」印象を与えてしまう言い方なので、使用しない方がベターです。 「差し支えない」が誰に使用しても無礼にはならないのに対し、「構わない」は使う相手を選ぶという点で違いがあります。 恐れ入りますがとの違いは? アンケートなど相手に何か依頼をする際のクッション言葉として、「差し支えない」以外に「恐れ入りますが」というものもあります。 へりくだってお願いをする表現ですが、「差し支えない」と決定的に異なる点があります。 それは、相手の持つ選択肢の有無です。 例えば「恐れ入りますがこちらでお履物をお脱ぎください」と言われれば、依頼された側は履物を脱がなければならなくなり、「恐れ入りますがこちらにご記入いただけますでしょうか」と言われれば「書く」という選択が相手によりほぼ決定されています。 「恐れ入りますが」を使う場合は、先方もある程度内容に承諾した状態で使わないとぶしつけな印象になり、失礼になってしまう恐れがあるので注意です。 正しいクッション敬語「差し支えない」の使い方を身につけよう!.

次の

「差し支えない」の敬語を正しく使えてない人が多い!意味と使い方を紹介!

差し支え なけれ ば 意味

社会人になってビジネスシーンに身を置くようになると、学生生活までの日常会話では使うことのなかった言葉遣いを目にしたり耳にする機会が多くなります。 そのような社会人になると急に見たり聞いたりすることが多くなる言葉は数多くありますが、その中でも代表的な存在として「差し支えなければ~」や「差し支えありません」が挙げられます。 この「差し支えない」という言葉は、簡単に言うと「問題ない」や「不都合でない」という意味です。 社会人になって、知らず知らずのうちに使っている人も少なくないと思います。 そして、知らず知らずのうちに使っている人のほとんどが、「差し支えない」という言葉の意味について改めて調べことなく使っているのではないでしょうか? そこで今回は、ビジネス会話やビジネスメールなどで間違った使い方をしないためにも、改めて「差し支えない」という表現について紹介しようと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 この記事の目次• 「差し支えない」という言葉の意味 そもそも「差し支えない」という言葉は、どのような意味を持っているのでしょうか?「差し支えない」という言葉について、ビジネス会話やビジネスメールなどで間違った使い方をしないためには、最初に意味を把握しなくてはなりません。 そこで、まずは「差し支えない」という言葉の意味について、ご紹介したいと思います。 「差し支え」の意味 「差し支えない」という言葉は、「差し支えない」という形容詞、あるいは「差し支える(差支える)」という動詞のア行下一段活用の未然形「差し支え」と打消の助動詞「ない」が組み合わさった形と言えます。 いずれにしても、基本となる「差し支え」という単語が否定されたフレーズです。 そこで「差し支え」という言葉について、いくつかの国語辞典や国語辞書をあたってみると、基本的に次のような意味合いがあることが分かります。 都合の悪い事情、不都合• 差し障り• 何らかの問題 「差し支えない」の意味 「差し支えない」という言葉の意味は、このような「差し支え」という言葉の意味の否定形になります。 つまり、次のような意味となります。 不都合でない• 支障がない• 差し障りがない• 問題ない そして、「差し支えない」という言葉と同じく「差し支え」の否定形である「差し支えありません」も、同じような意味を持つことになります。 ちなみに、「差し支えありません」は「差し支えない」の丁寧語にあたります。 その理由は、「差し支えない」の反対語が「差し支えある」であり、その丁寧語の「差し支えあります」の否定形が「差し支えありません」だからです。 「差し支えない」の類語・類似表現 「差し支えない」の類語・類似表現を挙げるならば、前述の「差し支えない」の意味と重なりますが次の通りです。 不都合でない• 支障がない• 差し障りがない• 問題ない 加えて言えば、不都合や支障がないということは特に問題となることも無いことを意味しますから、以下のような言葉も類語・類似表現にあたることになります。 大丈夫• 異常がない 「差し支えない」の使い方について このような「差し支えない」という言葉の意味を踏まえて、それでは「差し支えない」という言葉を使うにあたり、どのように使用すれば良いのでしょうか? そこで、次に「差し支えない」の使い方について、ご紹介したいと思います。 「問題がない」・「問題ない」の言い換え表現として 「差し支えない」という言葉の使用場面の一つとして挙げられるのが、「問題がない」や「問題ない」といった言葉の言い換え表現としてです。 つまり、「問題がありません」や「問題ありません」といった表現を、丁寧に言い換えた表現が「差し支えありません」なのです。 まず、「問題がありません」・「問題ありません」・「問題ございません」といった表現は、丁寧語を使った敬語表現であり、日常的に使われる言葉です。 しかし、どこか堅い印象を相手方に与える言葉であり、いわゆる上から目線的な印象を与える言葉でもあります。 そのため、ビジネスシーンにおいて取引先や会社の上司に対して、あるいは目上の人に対して用いることは避けたほうが良いとされます。 そして、「問題ありません」を「差し支えありません」と言い換えることによって、丁寧でありながらも相手方に高圧的な印象を与えることなく、柔らかい印象を与えられるようになります。 ですから、「問題ありません」の言い換え表現である「差し支えありません」は、ビジネスシーンにおいても目上の人に対しても用いて良いのです。 「大丈夫」の言い換え表現として 「差し支えない」という言葉は、「大丈夫」という言葉の言い換え表現としても使用されます。 つまり、「大丈夫です」という表現を、丁寧に言い換えた表現が「差し支えありません」なのです。 「大丈夫です」という言葉は丁寧語を使った敬語表現であり、日常的に使われる言葉でもあります。 しかし、「大丈夫」という言葉は、自分側の都合や状況が「大丈夫」という自分中心な印象を相手方に与えかねません。 そのため、相手方が目上の人である場面で、相手方が失礼だと受け取る可能性があるのです。 ですから、無用なトラブルを生まないためにも、ビジネスシーンや目上の人に対する場面では、「大丈夫です」を「差し支えありません」と言い換えた方が無難であると言えるでしょう。 クッション言葉として 「差し支えない」という言葉は、クッション言葉として「差し支えなければ、~」という形で使われるケースも少なくありません。 クッション言葉とは? クッション言葉とは、相手方に何かを依頼したり、断りを入れたり、反論をしたりする際に、それらの前に添えることによって語調を和らげる働きをする言葉や表現のことです。 このクッション言葉は、とりわけ相手方への気遣いや配慮が求められるビジネスシーンにおいて頻繁に使用されています。 そのため、多くの人が社会人になると、知らず知らずのうちにクッション言葉の使い方を身につけています。 例えば、携帯電話など何らかのサービスの利用開始や商品の購入をする際に、申込書など記入を求められる場面が良くあると思います。 その際に、記入を依頼する側がただ単に「ご記入ください」という言い方をすると、相手側は命令をされているような不快感や違和感を抱くかもしれません。 そこで、「お手数ですが、ご記入ください」というようにクッション言葉を添えることによって、相手側が受け取る印象を柔らかくマイルドにすることができるのです。 「差し支えなければ」は依頼のクッション言葉 クッション言葉は使われる状況や場面によって、いくつかの種類に分類することができます。 主に相手に物事を依頼する場面、相手の要求を断る場面、相手に反論する場面などが挙げられます。 その中でも、「差し支えなければ」は相手に物事を依頼する状況において、最も頻繁に用いられるクッション言葉の一つと言えるでしょう。 「差し支えなければ、~してください」と添えるだけで、表現が穏やかになりますよね。 加えて、「差し支えなければ、~していただけませんか?」というように依頼を質問の形に変換することで、さらに相手方は依頼に応じやすくなります。 ちなみに、依頼のクッション言葉としては、「差し支えなければ」の他にも以下に示すような表現があります。 「お手数ですが」• 「恐れ入りますが」• 「大変恐縮ですが」 「差し支えない」と「差し障りない」の使い分け 「差し支えない」という言葉と「差し障りない」という言葉は、言葉の意味がほぼ同じであることに加えて、言葉の響きも似ています。 そのため、「差し支えない」と「差し障りない」の使い方について混同している人も少なくありません。 しかしながら、この二つの言葉の使い方については、基本的に以下に示すような使い分けをするのが望ましいとされています。 「差し支えない」については、基本的に個人に対して用いる言葉です。 見方を変えれば、「差し支えない」という言葉における「差し支え=都合の悪い事情・不都合・問題」は、個人の力でどうにかなる範囲のものだと言えるでしょう。 例文を挙げてみると、「この件は内容に差し支えありませんので、そのまま仕事を進めていきましょう」という感じです。 逆に、「差し障りない」については、基本的に大勢の人やグループあるいは会社などの組織を対象にして用いる言葉です。 「差し障り」という言葉自体の意味は、「差し支え」と同様に「都合の悪い事情・不都合・支障・問題」です。 そして、見方を変えれば、「差し障り=都合の悪い事情・不都合・問題」は、個人の力では及ばないような大規模なものも含むと言えるでしょう。 例文を挙げてみると、「このプロジェクトは内容やスケジュールに差し障りがありますので、弊社としては進めることができません」という感じです。 まとめ いかがでしたか?ビジネス会話やビジネスメールなどで間違った使い方をしないためにも、改めて「差し支えない」という表現について解説してみましたが、ご理解いただけたでしょうか? 「差し支えなければ~」や「差し支えありません」というフレーズは、社会人になると急に見たり聞いたりすることが多くなる表現の一つです。 社会人になって、知らず知らずのうちに使っている人も少なくないと思います。 この「差し支えない」という言葉は、簡単に言うと「問題ない」や「不都合でない」という意味ですが、実は類似表現の言い換えとして意識的に使うべき場面があったり、類似表現との間に使い分けをすべき場面があるなど、いくつかの使い方に関して押さえておくべき事項があるのです。 本記事が改めて「差し支えない」・「差し支えなければ」・「差し支えありません」という表現について考えてみるきっかけになれば幸いです。 関連記事として ・ ・ ・ これらの記事も読んでみてください!.

次の