つくし レシピ。 【みんなが作ってる】 つくしのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

つくし(土筆)の時期・採り方・食べ方・レシピ・栽培方法

つくし レシピ

そういった季節になると花や緑が増え、おいしい山菜も顔を出してきます。 その中でもつくしは、川の土手などに生えており見つけると春の訪れを感じてしまいます。 そんなつくしですが、もちろん山菜ですので食べることができます。 炒めたり煮たりすることで、おかずとして活躍するだけでなく、お酒のお供としても美味しく頂けてしまいます。 しかし、つくしには微量ではあるもののアルカロイドという毒性成分が含まれているのをご存知でしょうか?ですから食べる前には下処理をしっかりしておく必要があるのです。 今回は春の山菜であるつくしのした処理方法やレシピを5つ紹介します。 季節の山菜はそのときだからこそ美味しく頂けます。 ぜひお試しください。 〈準備するもの〉• 新聞紙などのいらない紙• 汚れてもいい服やエプロン• 摘んできたつくし 〈下処理方法〉• 新聞紙を敷いてつくしについている鞘を取り除きます。 鞘 さや 自体には毒性があるわけではありません。 しかし調理をしても硬いので美味しく頂くためにはとってしまいましょう。 また、下の方の節も硬い場合があるのでとってしまいましょう。• つくしを水できれいに洗う 外でとってきたつくしは泥や土がついていることがほとんどです。 1本1本丁寧にきれいに洗ってしまいましょう。• 鍋に水を入れてお湯を沸かし、つくしを5分程度煮沸させます。 苦味が強い場合はさらに5分煮沸させると苦味が緩和されます。 また、煮沸が完了したらつくしをザルに移して水気をしっかりきりましょう。 これで下処理は完了です。 つくしは冷凍保存することも出来ますので、つくしを全て下処理しておけば使い大量だけ使うことが出来ます。 つくしのたまごとじ 〈材料〉• つくし ひとつかみ程度• たまご 1こ• 白だし 大さじ1• 酒 大さじ1• みりん 大さじ1• 水 大さじ3• サラダ油 適量 〈作り方〉• 下処理をしたつくしは手で絞り水気をしっかりきっておきます。 フライパンにサラダ油を入れて熱したら、つくしを炒めます。 2の中に白だし、酒、みりん、水を加えてつくしを煮ていきます。 たまごをボウルに割り入れしっかりと溶きほぐします。 3の中に4を回し入れ、半熟程度に固まったら完成です。 つくしのたまごとじです。 つくしの下処理さえしておけばとっても簡単に作ることが出来ます。 つくしのボリュームもあるので晩ご飯のおかずとしてもよいですし、時間のない朝などにもさっと作れるのでお弁当のおかずにも使えそうです。 つくしの苦味と甘めの味付けがやみつきになりそうです。 ごはんに乗せて丼にしても美味しく食べられそうですね。 簡単にできる!つくしの佃煮 〈材料〉• つくし 適量• ほうれん草 1束• 鶏もも肉 50g• 牛乳 100cc• チーズ 適量• 水 100cc• つくしは食べやすい長さに切っておきます。 ほうれん草はきれいに洗って水気をきったら葉と茎に分けてきます。 耐熱皿に葉、茎の順に重ねて600Wのレンジで1分30秒温めます。 3をザルに上げて流水で洗って水気をきったら食べやすい大きさに切ります。 玉ねぎは皮をむいて薄切りにします。 鶏もも肉は一口大に切ります。 フライパンにオリーブ油を入れて温まったら、鶏もも肉と玉ねぎがしんなりするまで炒めていきます。 火を止めたら、つくしとほうれん草をいれて、ホワイトソース、水、牛乳の順で加えたらしっかり混ぜます。 混ざった後にマカロニを加えてさらに混ぜます。 中火にかけて、かき混ぜて沸騰させます。 沸騰したら火を弱め混ぜながら3分程煮ます。 10を耐熱容器に移してチーズを乗せてオーブンで7分程度焼いて完成です。 つくしとほうれん草がたっぷり入ったグラタンです。 つくしの食感も楽しめてマカロニも入っているので満足度は高いのではないでしょうか?チーズの香ばしさが食欲をそそる一品です。 つくしのパスタ 〈材料〉• つくし 25g• にんにく 2g• 赤唐辛子 1本• オリーブ油 2g• 塩 適量• こしょう 適量• パスタ 100g 〈作り方〉• つくしは長いものがあれば2〜3等分程度に切り分けておきます。 鍋に湯を沸かし、塩を入れたらパスタを茹でてザルに移して水気をきります。 にんにくは皮をむいてみじん切りにします。 赤唐辛子は種を抜き輪切りにします。 フライパンにオリーブ油を入れて熱したらにんにくと赤唐辛子の香りが立つまで炒めます。 火を強めたらつくしを加えて塩とこしょうで味を整えながら炒めます。 最後に茹でたパスタと絡めたら完成です。 シンプルにつくしだけを使ったパスタです。 少し物足りない場合はベーコンなどの旨味をプラスしても美味しく頂けるのではないでしょうか。 ピリッと辛くてにんにくの香りが食欲をそそります。 さて、今回は 春の山菜「つくし」の食べ方とは?下処理方法や美味しいレシピについてお話ししましたがいかがでしたか。 下処理させしておけば、すぐに使うことの出来るつくし。 炒めても煮てもおいしくできます。 独特の苦味も大人の味で病みつきになること間違いなしのつくし。 その季節だからこそ美味しく頂けるので是非食べてみてくださいね。

次の

つくしの卵とじ

つくし レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

つくしの卵とじ

つくし レシピ

つくし(ゆでて水けを切ったもの) ・・・200g• かつお削り節 ・・・2. 5g(かつお削り節パック1袋)• ごま油・・・少々 作り方• フライパンにサラダ油(分量外)を熱し、ゆでてあくを抜き水けをしっかりと切った土筆を入れて強めの中火で炒めます。 油がまわれば、酒、みりん、醤油、かつお節の半量を順に加えながら汁気を飛ばすように炒めます。 煮汁が少なくなれば火を止め、香りづけにごま油少々、残ったかつお削り節を加えます。 キッチンメモ 春の味、つくしを佃煮に。 ほろ苦さが贅沢な春の野の味。 はかま取りさえ済ませばあとは簡単。 正直、つくし採りよりもはかま取りの方が大変。 見かけは茶色、いかにもおばあちゃんの煮物色ですが、ほっとする味です。 ご飯がすすみます。 かつお節はたっぷりとどうぞ。 甘目が好きな方は、お砂糖を足して。 つくしのあく抜き方法。 塩を加えた熱湯でさっとゆでてボウルに入れた冷水にとり。 そのあとザルにあげて水けをしっかりと切ります。 マジカルキッチン料理のTips マジカルキッチン料理レシピ ちょっと珍しい洋風な味付けのつくし料理。 他の具が入らず、シンプルなので、つくし好きにおすすめです。 つくしの佃煮や胡麻あえが余ったら。 炒飯にしてみてはいかがでしょうか。 土筆の下処理(はかま取りからゆで方) 採ってきた土筆の下処理。 初めて作る場合、ゆでるの?重曹入れたりするの? なんてよくわからなかったりしますよね。 ここでは、つくしの下処理、はかま取りからゆで方、保存法まで紹介します。 とるのは楽しいけど、はかまとりの作業は大変。 頑張っていきましょう。 つくしの下処理、あく抜きの基本作業は主に2つ。 はかまとり、ゆでて冷水につける作業になります。 【はかまとり】土筆ははかまをとって、適当に5センチくらいの長さに折りながら、水を張ったボウルに入れていきます。 【ゆでて冷水につける】塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆで(アクをとるため)、ザルにあげ、水気を切ります。 採ってきた土筆の下処理 その1(はかま取りをして水につける作業まで) この作業は、 つくしを採ってからその当日、遅くて翌日までにやっておきます。 つくしは時間がたつと傷みやすいためです。 とりあえず、ここまではがんばって早めに済ませておきます。 次のつくしをゆでる作業は当日忙しければ次の日に持ち越しても大丈夫です。 つくしの下処理 その2(ゆでて水けを切る作業) 熱湯でつくしをさっとゆでて冷水にとることでアクが抜けます。 つくしの下処理その1、はかま取り 採ってきた土筆の中で、傷んでいるもの、黒ずんでいる土筆は使わず取り除きます。 あるいは傷んだ部分のみ取り除きます。 土筆の下処理、まずは【はかま】をとります。 つくしの【はかま】とは、節についているヒラヒラの部分です。 むしればOK。 (地道な作業ですが) 長くて立派なつくしが採れすぎると、はかまとりも大変。 その場合は、つくしのはかま部分の上下を折るか、はさみで切るかすると簡単です。 上の写真の黒線の部分を手で折るか。 はさみで切るかして【はかま】【茎】部分を切り分けます。 これなら簡単で指も汚れにくいです。 茎の長い、はかまとはかまの間隔が長い土筆に有効です。 長いままだと食べにくいので適当に5センチくらいの長さに折りながら作業。 水を張ったボウルに入れていきます。 指や爪が黒ずんでしまうのが悲しいけれど。 この作業が終わればほっと一息です。 3回ほど水を替えて、土筆を洗います。 汚れやごみが落ちます。 次の作業で土筆をゆでます。 これはアクを抜くためです。 つくしの下処理その2、ゆでる 塩を加えたたっぷりの熱湯でさっとゆでます。 煮立ったお湯の中に土筆をひとつかみ加えてゆでます。 時間にすると15秒から20秒。 多い場合は何回かに分けてゆでます。 ゆでた土筆はすぐにボウルに入れた冷水にとります。 ザルにあげ、水気を切ります。 もっと苦味を抜きたいときは、ゆでたあと冷水につける時間を長くします。 水は何回かかえてください。 ゆでたつくしを すぐに使わない場合。 ふたつきの清潔な保存容器に入れて 冷蔵庫で保存。 2、3日程度持ちます。 味がついていなくて、傷みやすいのでなるべく早めに使います。 または冷凍します。 味をつけて冷凍保存もおすすめ。 佃煮や混ぜご飯の素にしておくといつでも食べられます。

次の