お雛様 飾り。 お雛様(雛人形)の意味・お役目・役割

雛人形の男雛女雛の飾り方は左右どちらが正解?京都雛と関東雛の違い

お雛様 飾り

スポンサーリンク 雛人形の飾り方、お雛様の左右の位置はどっちが正しい? どっちが正しいのか?と言うと、どちらも正解とのこと。 細かい謂れや由来があるものの大きく分けると。 男雛が向かって右、女雛が左の飾り方を:古式、関西式(京式) 男雛が向かって左、女雛が右の飾り方を:新式、関東式 と呼ばれている。 古式の方は古くからの日本のしきたりに基づいた飾り方で、 新式の方は国際的なマナーが取り入れられて出来た飾り方のようです。 雛飾りに国際マナーとは? さらに詳しく。。。。 雛人形の飾り方、古式、関西式(京式) 雛人形は天皇と皇后をモデルとしていると言われています。 お内裏様(おだいりさま)の「内裏(だいり)」とは、 天皇の住まわれているエリア、つまり皇居のことだそうです。 (だからお内裏様とはお二人あわせてを言うそうです) そのため雛人形の飾り方には皇室の形式が模されています。 立ち位置もその影響を受けています。 諸説あります。。 日本の昔の様式では、左の方が上座でした、 天下を治めるものは南向きに座るとされて 座したときに日の昇る東側が左、 日が沈む西は右側になる為、 日の昇る東側の方が上座としたもの。 いまでも舞台は、舞台に立っている人の左側、 観客席から見て右側が上手と言われています。 もう一つは陰陽説の影響を受けて 男が左、女は右に並んだとするもの。 または両方の影響を受けて決まったものかもしれません。 いずれでも日本では昔から左側が上座や男性を表すものだったようです。 京都を中心とした関西ではこの古式の教えをまもって、 男雛が向かって右、女雛が左の飾り方が多いようです。 スポンサーリンク 雛人形の飾り方、新式、関東式 それではどうして左右反対になったのかというと、 先程書いた通り、天皇、皇后をモデルとしていたので、 それまで天皇が皇后の左側、向かって右側に立っていたのが、 反対になった出来事がありました。 これも諸説あるのですが、 昭和天皇が即位されたときにヨーロッパ文化の影響を受けて 天皇が右側、皇后が左側 とそれまでの反対に立ったためと言われています。 他に大正天皇の時に・・・という説もあるのですが、 大正天皇がご結婚されたときの様子を描いた掛け軸には、 天皇が向かって右側に立っている本来の様子が描かれています。 まとめ いずれも間違いではないことが分かりました。 天皇は明治初めまでは京都の御所に住まわれていて、 それから今の東京の皇居に移りました。 国際化の影響で左右が逆になったのは東京に来てからなので、 京都の人たちが伝統を重んじるのもわかる気がします。 最後まで読んでいただきありがとうございました。。

次の

【五段飾り】お雛様の飾り方には要注意!最上段にお内裏様とお雛様というのは間違い!?

お雛様 飾り

どこに飾ればいいの? 雛人形を飾る場所ですが、特に省スペースのものであればサイドボードの上や箪笥の上、ピアノの上など、どこに飾っても大丈夫です。 その時にちょっとした工夫をすると一段と美しく飾れます。 せっかくお雛様を飾るのですから、家族の目の届かない部屋に飾るのではなく、リビングなど家族の目の届く場所に飾って、桃の節句をお祝いしてください。 【例】 例えばピアノの上などの場合、親王飾りの下に赤い毛氈(もうせん)等を敷いて飾る事によって、毛氈の赤とピアノの黒のコントラストにより、おひな様が一層映えて、きれいに飾れます。 こうしたちょっとした工夫で、お雛さまは引き立ち ますし、ピアノの上でも違和感無く飾ることが 出来ます。 親王飾り <男 雛> お殿さまの冠は、纓(えい)がまっすぐ立つようにかぶせ、笏(しゃく)は右手、太刀(たち)は左の腰の袖の下にいれて、後ろの方はぴんとはね上げるようにします。 親王飾り <女 雛> お姫さまの桧扇(ひおうぎ)は、開いて手にもたせて(手が袖にかくれているときは、袖の内側にはさんで)、あげましょう。 二 段 目 二段目には、三人官女が並びます。 これには両側が立つものと、まん中が立つものとのふた通りがあります。 もし、座っている官女が一人なら、それをま中央に配置し、立っている官女が一人なら、それをまん中に置きます。 手にもたせるのは、まん中の官女が「三方」、向かって右の官女が「長柄銚子(ながえのちょうし)」、左の官女には「加銚子(くわえのちょうし)」(正しくは提子(ひさげ))、間には高坏(たかつき)を置いて、桜もちや草もちなど季節の和菓子をお供えします。 左右の女官ですが、それぞれ外側の足が少し前へ出ていますので、それでどちら側かが分かります。 四 段 目 随身(ずいじん)を飾ります。 随身は向かって右が通称左大臣でおじいさん 左が通称右大臣で若者がきます。 木目込み人形で両方とも同じ顔をしている場合は、黒っぽい衣裳のほうを右におきます。 冠は、お殿さまと同じにかぶせ、巻纓(けんえい)および耳飾りのような(おいかけ)をつけます。 左手には弓をもたせて袖にはさみ、矢は羽根を下に右手にもたせます。 背負い矢は、向かって右の肩から先が見えるようにします。 五 段 目 五段目には、仕丁(してい)(衛士(えじ))を飾ります。 沓台(くつだい)をもっている仕丁がまん中、向かって左に台笠、右に立傘をもたせます。 (京風はまん中にちり取り、左右に熊手と箒をもった人形を飾ります。 ) 外側の手をあげていますので、左右はそれを基準に判断するといいですよ。

次の

雛人形の飾り方・並べ方

お雛様 飾り

一般的に言い伝えられる『雛人形の意味』 女の子が生まれると、お子様の健やかな成長と幸せを願い、その思いを込めてお雛様を飾り、毎年、ひな祭りを行い、お祝いします。 雛人形飾りは、将来、『幸せな結婚ができるように』と願いを込めたものであり、結婚式の場面を表現したものでもあります。 おひなさまのお役目・役割 お嬢さまのご誕生は、神さまからご両親への贈りものです。 どんなにその日を待ち望んでいらっしゃったことでしょう。 祖父母様やご両親から、お嬢さまへの愛情を伝えるため、ひとつのかたちとして「おひな様」を「贈りもの」といたします。 その思いを受け継いだお嬢さまが大きくなったら、さらにその子どもたちへ思いを伝え、受け継がれていくものです。 ご両親や周囲の人達の愛情を、幼いうちから子供さんの心の奥深い部分で育み、おひなさまから 「ひなヂカラ」(人々に生きる希望や勇気を与える力)をもらっていただきたいと思っております。 おひなさまへの思いを込めた絵本を制作 お雛祭りを迎えられるお嬢さまと、そのご家族の幸せをお祈りして、雛人形作家としての桂甫作安藤人形店の思いも込めて、絵本を制作しました。 おひなさまのお役目を通じて、それぞれの意味と込められた先人の思いをお伝えできましたら幸いです。 おひなさまに込められた思い、お役目と役割を理解し、綺麗に雛人形を飾って、初節句のあと、毎年おひな祭りを行い、お子様の成長をお祝いいただけたらと思います。

次の