山健 組 中田 浩司。 山口組系組員銃撃 山健組組長にバイク提供容疑で逮捕

山健組が再始動! 対六代目山口組 緊迫の“軍略会議”|ニフティニュース

山健 組 中田 浩司

竹中組本部に家宅捜索に入る兵庫県警 業界関係者の間に衝撃が走ったのは、12月3日のこと。 「8月に神戸市内で起きた 弘道会傘下組員に対する銃撃事件で、中田浩司組長(神戸山口組五代目山健組組長)に逮捕状が出されたようだ」という情報が錯綜したのだ。 実際、この事件を受けて、中田組長に逮捕状が出るのではないかという噂は数日前から確かにあった。 だが、誰しもがそれを鵜呑みにできない理由があった。 実行犯が逮捕されていない段階で、先に中田組長が逮捕されることはないと考えられていたからだ。 中田組長が事件に関与した可能性はあるかもしれないが、あくまでそれは指示役として、つまり教唆したという疑いがあるだけで、まさか実行犯の疑いがかけられているとは、誰も考えていなかったのだ。 それはそうだろう。 山健組といえば、今なお巨大勢力である。 その組織の長自らが、拳銃を握り、対立する 六代目山口組系傘下組員に発砲するなどとは、誰が想像することができただろうか。 12月3日、筆者は「中田組長がまもなく逮捕されるのではないか」という情報を耳にて、関係者に取材をしていた。 そして、中田組長は同日午後10時半頃に逮捕されるのだが、そこから1時間も経過しない時点で、銃撃の実行犯という容疑で逮捕されたと知ることになったのだった。 逮捕の決め手になったのは、防犯カメラの映像によるものとされていたが、ある筋からは、それ以外にも起訴事実を固めるだけの証拠を捜査関係者らは握っているようだという話を聞いていた。 それは、中田組長逮捕から6日後となる9日、中田組長の逃走用のバイクを用意したとして殺人未遂容疑で逮捕された4人の容疑者の証言などを指すのかと思われていたのだが、そうではないというのである。 「中田組長は、ここまで完全黙秘を貫いていますが、当局幹部らは早い段階で、中田組長の公判を維持できると踏んでいたと見られています。 神戸市内の発砲事件の捜査では、犯行に使用されたバイクがすぐに発見され、そこから実行犯の指紋が検出されたなどのさまざまな情報が飛びかっていたのですが、すぐにそうした噂すら立たなくなっていったんです。 ある時期から、秘密裏に捜査が進められ、中田組長逮捕につながったと考えられます。 そして逮捕後、防犯カメラの映像などよりも固い証拠を当局側は握っているようだと囁かれ始めることになるんです。 ただし、その証拠がなんなのかという情報は、当局サイドからはいまだにまったく漏れてきません」(報道関係者) そして、勾留期限いっぱいとなった25日、中田組長は容疑を認めることのない状況のなかで、殺人未遂の実行犯として起訴されたのであった。 「その前日の24日、神戸山口組では、幹部会を開催したのではないかという情報がある。 タイミングから見ても、中田組長が起訴された場合の対応策などが議題としてあったのではないか。 裁判の行方はまだわからないが、当面は中田組長の社会不在が続くことになるだろう。 分裂抗争が加熱する中での中田組長の社会不在は、山健組だけではなく神戸山口組全体としても大きな痛手といえるだろう」(業界関係者) 任侠山口組の若頭が出所 また、同じく24日には、捜査当局が動きを見せている。 先月、兵庫県尼崎市内で神戸山口組・古川恵一幹部を射殺した朝比奈久徳被告の関係先として、六代目山口組の二次団体、二代目竹中組に兵庫県警が家宅捜査に入ったのだ。 「23日から、竹中組本部事務所の警戒にあたる捜査員の数がいつもより多くなっていたので、まもなく家宅捜索に入るのではないかといわれていました。 古川幹部を射殺した朝比奈被告は、破門されていたとはいえ、二代目竹中組の出身ですので、関係先として竹中組にガサが入ることは予想されており、竹中組側も想定していたでしょう。 混乱も起きることなく終了しています」(地元記者) 一方で、 任侠山口組にも動きがあった。 大阪刑務所に服役中であった同組若頭である四代目真鍋組の池田幸治組長が、23日に出所を果たしたのである。 「任侠山口組は現在、沈黙を守り続けており、特に出所祝いを行ったなどとは聞こえてきていない。 だが、池田組長の出所は任侠山口組にとって、今後、組織が一枚岩になって行動していくには大きな朗報といえるだろう」(業界関係者) ついに六代目山口組と神戸山口組は、特定抗争指定暴力団の対象になることが決まった。 年明けに公示されると、取り締まりが一気に強化される。 それまでに、まだ何か動きがあるのだろうか。 予断を許さない情勢が続いている。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の

五代目山健組 組長 中田浩司(神戸山口組若頭補佐)

山健 組 中田 浩司

更には織田代表の彼女の 身内の者です。 後々、組長の付き人に。 懲役も行きました。 ニャンチャンとツカトモは関西の方です。 自分は余所者です。 ご理解いただければ 結構です。 自分も止めました。 説得力に欠けますがね。 貴方は何のためにこの様なことをされているんでしょう。 正義感であれば間違った使い方をしています。 もっと有意義にサイトを楽しみましょう。

次の

中田広志組長自ら実行犯?山健組は山口組で一番の主流派組織だった【山口組対立抗争】

山健 組 中田 浩司

山健組・中田浩司組長 1989年から2005年まで続いた五代目山口組時代、「山健にあらざれば山口にあらず」とまでいわれたほどの大組織は、六代目山口組から袂を分かった神戸山口組の中にあっても、最大勢力として存在し続けていた。 その山健組のトップ、五代目・中田浩司組長が今年8月、神戸市中央区で六代目山口組の中核組織である三代目弘道会系組員が銃撃された事件の実行犯として、12月3日夜に逮捕された【参考記事】。 逮捕容疑は、殺人未遂と銃刀法違反。 配下の組員に銃撃を教唆したのではなく、自らが小型バイクを運転し、弘道会系組員の命を狙ったという容疑なのだ。 山健組はいまだに神戸山口組の中核組織である。 その組長が自ら発砲するなど、これまでの山口組の歴史では考えられなかったことだ。 だが、確かに8月の銃撃事件後、中田組長の消息が取り沙汰されたことがあった。 事件が起きたのは、8月21日。 翌日は、神戸山口組の井上邦雄組長の誕生日祝いがあったために、中田組長の姿も例年と変わらず、神戸市花隈にある山健組本部にあった。 同月26日に行われた夏休み明けの顔合わせにも、中田組長の姿が確認されている。 しかし、中田組長の消息が取り沙汰されたのは、そこからである。 9月の神戸山口組の定例会を欠席すると、自らが率いる五代目山健組の会合も欠席。 一説には、ケガをして入院しているのではないかと囁かれていたのだ。 そのケガの理由についても、さまざまな憶測を呼んでいたのは間違いないだろう。 そんな中田組長が次に姿を見せたのは、10月10日に弘道会系組員に射殺された山健組系組員2名の葬儀の時であったといわれている【参考記事】。 さらに、最後に公の場に姿を見せたのは、神戸山口組・古川恵一幹部が射殺された前日の11月26日。 山健組関連事務所で執り行われた盃事の日であり、その直後の12月1日に行われた古川幹部の葬儀には姿を見せていない。 すでにこの時には、事実かどうかは別として、中田組長は捜査の手が自分に近づいていたと察知していたのではないだろうか。 「今年に入って、中田組長は山健組の定例会で『六代目山口組には戻ることはない』といった趣旨の発言をしていたといわれている。 そうした中で起きたのが、山健組若頭刺傷事件だ【参考記事】。 だからといって、その報復で山健組組長自らが、弘道会系組員を発砲するとは、とてもじゃないが考えられない」 業界関係者 それは神戸山口組の内部にあっても同様であったのではないだろうか。 中田組長の逮捕を受けて、神戸山口組は傘下組織の二代目西脇組で緊急会合を開催させている。 「本当に中田組長が実行犯なのかどうか、神戸山口組内部でも話し合われたのではないか。 それくらい、中田組長の逮捕は、神戸山口組内でも衝撃だったはず。 今後の捜査の見通しや対応策も検討されたはずだ」 捜査関係者 今から7〜8年前。 筆者が所属していた組織の本部事務所に、当時山健組傘下の健竜会会長だった中田組長が、配下の組員を従えて、筆者の親分を訪ねてきたことがあった。 その時の貫禄は相当なもので、ゆくゆくは山健組のトップに立つ人物ということが、うかがい知ることができるほどであった。 果たして、それほどの大物が、自ら拳銃を握って、いち組員に対して発砲することなど本当にあるのだろうか。 仮にそれがもしも事実であったとするのなら、何を意味するのか。 現在、業界関係者の間で、今後の捜査の進展に注目が集まっている。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の