アヌンナキ の 冷凍 保存。 アヌンナキの冷凍保存が発見される!!【都市伝説】

アヌンナキの正体とは?地球人類はニビル星人の末裔だった!?

アヌンナキ の 冷凍 保存

発見された場所は、イランである。 関係者の間では、それが、アヌンナキではないか、と言う事で、注目を集めているが、事が事だけに、現在、慎重に取り調べられている様だ。 アヌンナキは、シュメール・アッカドの神話に出て来る神々である。 また、彼らは、45万年前に、惑星ニビルからやって来た地球外生命体であるとも言われている。 アヌンナキは、グレーの様に、宇宙人の種類と考えられるが、彼らには、王が居て、その在位期間は、数万年から数十年まで様々であるが、人類は、彼らの奴隷として作られたと言う事らしい。 また、 アヌンナキは、「天から降臨した人々」の意味らしいが、日本の、天孫降臨を連想する。 天孫ニニギ命は、日本書記(神武記)を分析すると、179万2470光年彼方の惑星から来たと考えられる。 あるいは、時空と言う距離的なものではなく、そのまま、時間軸をスライドして、過去から、その時代へ、やって来たのかも知れない。 つまり、タイムトラベルである。 私は、天文学の専門家ではないが、仮に、彼らが、他の惑星から来たとすると、その惑星の位置を、求める事が出来るのではないか、そう思って、調べてみた。 すると、いて座付近のバーナード星雲が、地球から、180万光年の位置にあり、最も、その可能性が高いのではないか、そう思ったのだが、そのいて座は、何と、ケンタウロスの形をしていたのである。 これは、遺伝子操作の技術を連想させるものである。 また、惑星ニビルは、3600年周期で地球へ接近し、2017年に、地球に衝突する可能性があるとも言われており、現在、世界各国で、追跡中である。 これは、イランの動画と考えられるが、12000年前と言うと、以前、このブログで紹介した、があるらしいが、それと、何か、関係あるのかも知れない。 かつて、3億年前の魚、シーラカンスが発見された事があるが、それは、3億年間、生きていた訳ではなく、その時代から、形態が変わっていない、と言うだけの事だ。 しかし、今回の発見は、12000年前に眠りについた人間が、まだ、生きていたのだ。 しかも、それは、巨人だったのである。 (2)800万年前の美女が、永遠の若さを保つ液体に、浸かった状態で発見。 まるで、生きている様な状態であった。 当時、 ロシアが、ソ連と呼ばれていた時代の事であったが、炭鉱で、石炭を採掘している最中に作業員が、大理石の棺を発見した。 その棺を開けてみると、眠れる美女が、液体の中に横たわっていたのだ。 当時、その地域では話題になったらしいが、冷戦の最中だったので、他国に、その情報が伝わったかどうかは不明である。 その後の調査で、それが、800万年前のもの、と判明したのである。 800万年前と言う、途方もない昔の美女が、まるで、生きているかの様な状態で発見されたのである。 いや、生きていた可能性も、十分ある。 当局は、伝染病の恐れもあった事から、関係者を隔離し、その話題も立切れになったらしい。 こう言う動画を見ていると、進化論などは、子供だましの神話の様に思えて来る。 この女性は、はたして、宇宙人なのか、人類の祖先なのか? 教科書では、100万年前に、猿人の化石が発見された位にしか、書かれていない。 今は、もう少し遡ってはいる様だが、800万年前に、この様な文明があったなどと、一体、誰が想像できようか・・・。 その女性は、何らかの液体の中に入っていたが、その液体を抜くと、次第に乾燥し、残念な事に、ミイラとなってしまったのである。 何か、浦島太郎の様な話しだが、そのミイラの姿なら、今でも見る事が出来ると言う事だ。 もし、この女性の頭部に、脳が残っていれば、その記憶を取り出す事が出来るかも知れない。 つまり、800万年前の、地球や、文明の状態ばかりか、彼女の恋愛状況や、家族の状態なども、再現できるかも知れないのである。 エジプトのミーラの場合、確か、脳は、抜き取っていると思うので、そんなことは無理かも知れないが、この女性の場合は、脳は、有るのではないか? (3)昔、話題になった、馬王堆漢墓。 2000年以上、昔の女性が発見され、触ってみると、まだ、柔らかい状態であった。 だが、しかし、今回の、イランでの発見は、まだ、生きている超古代人なのである。 馬王堆とは、全然、違うのである。 世界中は、あまりの衝撃に、声も出ない様子だ。 もし、この発見が、正規のものであれば、キリスト教や、ユダヤ教や、イスラム教は、どの様に対処すればよいのか、判断がつかない状態であると思う。 それ故、隠そうとしているのかも知れない。 考えてみれば、宗教にとって、これ程、ヤバイ事は無いのである。 いいか、誰にも言うなよ。 皆で、無視しょう! 信者が、いなくなるからな。 普通だったら、新聞の一面に載るはずであるが、そう言う話も聞かない。 上の画像は、馬王堆(まおうたい)の棺に納められていた女性の復元美女だ。 それが、小保方晴子 氏に似ていると感じたので、比較してみた。 UFOであれば、半信半疑で、否定派は、やらせとか、米軍の秘密兵器位に思ってしまうし、どうせ、我々、庶民の手の届かない所に存在するものなので、確認のしょうがないく、TVで放送されても、娯楽番組に登場する位なのである。 それ故、我々は、そう言いう番組を、ドラマや映画と、たいしてかわらない感覚で観ているのである。 しかし、今回の発見は、UFOの様に、何処かへ、飛んでは行かないし、しかも、まだ、生きているのである。 生きているとなると、人権もあるはずで、いや、もし生きているとすれば、人権ではなく、神権なのかもしれないし、もし、眠りから覚め、我々人類を、攻撃してきたら、どうなるのだろうか? 彼らは、食糧不足に陥り、人類が繁殖するのを、待っていたかもしれないのだ。 果報は寝て待て、と言う所か。 生きた巨人なので、いつ、進撃しだすか、分からないので、要注意だ。 この様に、得体のしれない恐怖と、奇跡をもたらすかもしれない、と言う期待が入り混じり、どの様に対処すべきか、迷っているのが現状だと思う。 (4)256歳まで生きた身長3メートルの男。 中国で、実際に存在していた男で、戸籍や、写真も残っているし、家族や、子孫も生存している様だ。

次の

アヌンナキの正体とは?地球人類はニビル星人の末裔だった!?

アヌンナキ の 冷凍 保存

巨人は仮死状態だが、生きているという噂もあるとのこと。 巨人の身体はガラス製の容器の中に収められていており、この容器は一種の冷凍睡眠装置であるとみられている。 未知の技術によってガラス容器内の時間の流れが変えられていた可能性もあるとのこと。 洞窟は約30メートルの巨大な暗黒の物質で覆われており、その内部には解読できない未知の文字がびっしりと書かれていたといたそうですね。 この仮死状態の巨人は、40万年前に地球にやってきた宇宙人「アヌンナキ」だという説がある。 アヌンナキは猿の遺伝子を改造して人類を創造。 6000年前にチグリス・ユーフラテス川流域に勃興したシュメール文明も、アヌンナキによって与えられた知識と技術が土台になっているとされています。 そんなアヌンナキの冷凍保存について語られているYouTubeの動画がいくつかありましたのでいくつか動画を紹介致します。 NASA、NSA、CIA、MOSAD、自衛隊を含むすべての軍隊などが、すべて イルミナティ爬虫類人の組織です。 — ミシェル 7DTTNZhh5eRik7p アヌンナキについてや冷凍保存動画について まとめ アヌンナキは惑星ニビルに住む宇宙人の名前であり神々の集団の総称ということがわかりました。 冷凍保存状態で発見された仮死状態の巨人は、40万年前に地球にやってきた宇宙人「アヌンナキ」だという説があると言われており 凄く偉大な人物だったのが分かりますね。

次の

遺伝子実験室では、人間を多肢化させたり、人間とグレイ族の混血種を作ったり、グレイ族のクローンを育てたりしていたという。そして特殊液で冷凍保存された人間と混血種が何千体も並んでいたとする。(4)

アヌンナキ の 冷凍 保存

イラク戦争時に、略奪行為により国立博物館が所蔵する多くの遺物が盗まれ破壊されたが、そのほとんどがシュメール文明のものだった。 メソポタミア地域で最初に起こったのがシュメール文明で、くさび形文字によって粘土板に記された文書が多数出土している。 進んだ文化が多数見られることでも知られるが、注目すべきはアヌンナキという神が語られた神話だ。 アヌンナキの痕跡 略奪された遺物 2003年4月10日、アメリカ軍がイランの首都バグダッドに侵攻した。 このイラクの自由作戦を開始してからわずか3週間後、現地でアメリカ軍は治安回復に努めたが、略奪行為は後を絶たなかった。 博物館も侵入され、大量の遺物が失われた。 それらは6000年前のシュメールの暮らしを今に伝えてくれる楽器や粘土板だった。 粘土板には、神の系図や歴史、それに大洪水の物語がくさび形文字で記されていた。 これは単なる盗難事件ではない。 犯人たちは統率された動きで、二重にロックされた扉を開けて文明発祥の地から出土した道具や宝飾品など様々な遺物を盗んだ。 これは禁断の知識を消し去るための企みだったのかもしれない。 シュメール文明 メソポタミアとはギリシャ語で川の間を意味し、チグリス川とユーフラテス川に挟まれた地域を指す。 ここには4つの王国が存在した。 一番古いのがシュメールで、その次がサルゴン1世によって統一されたアッカド。 その後は古代バビロニア、アッシリアと続く。 使われる言語や民族の入れ替わりは多少は見られるが、古代のメソポタミアではシュメール人の築いた文明が変わらずに受け継がれていた。 メソポタミア南部に発達したシュメール文明は最も古く、人類初の文明と称されることもある。 この文明が発生したのは紀元前3000~4000年頃と考えられており、石版や粘土板にくさび形文字を刻んだ文書が残されている。 くさび形文字は、シュメール人によって開発された。 くさびのようなV字形の組み合わせで文字が成り立っていることからそう呼ばれ、先を尖らせた尖筆で湿った粘土板に押し付けて作られる。 その後、粘土板を焼き固めると文書を永久に保存することができた。 こうしたくさび形文字を読み解くことは、ほぼ不可能だったが1843年3月にアッシリアの宮殿が発見され、大量の文書が出土した。 文字の解読が進み何千年も昔に実在したと言われるだけだった王国の存在が初めて裏付けられた。 ポール・エミール・ボッタというフランス人の学者が、イラク北部のコルサバードの地中に巨大な建造物を発見した。 中に入るとそこには、神や王の彫像や宝物がいくつも収められていた。 そして、あらゆる壁という壁に古代シュメールのくさび形文字が刻まれていたのだ。 その後の10年間で、伝説となっていたシュメールの都市ウルが発見された。 ウルは旧約聖書に登場するアブラハムの出身地でもある。 ウルの発掘現場からは、巨大なジッグラト(古代メソポタミアにおいて、日乾煉瓦を用い数階層に組み上げて建てられた巨大な聖塔である。 「 高い所」を意味する言葉である)が現れた。 伝説に語られたシュメールの都市が、金で覆われた墓やくさび形文字で記された文書と共に見つかったのだ。 遺跡が実際に発見されたことで、神話にすぎないと思われていたことが歴史的な事実であったと証明されたのだ。 古代シュメールには、文明に初めて登場した技術や制度が100以上もあった。 農業や科学、薬学、数学、王による統治システム、法律や裁判所に裁判官、学校などが6000年前の石器時代直後に作られていたのだ。 アヌンナキという神の集団 古代都市ウルは、紀元前2000年頃に対立するエラム人の侵攻により滅亡したとするのが定説だ。 だが、粘土板には民族紛争以上に重大な事柄が記されていた。 それは、気高き神の子孫アヌンナキという神の集団だ。 シュメール人は、この神が天から降りてきたと考えた。 メソポタミアの宗教は多神教で、人間のような姿や性格を持つ男女様々な神が信仰されていた。 神々は階級に分けられて、ピラミッド形の階層構造に組織されていたが、これは多くの点でメソポタミアの政治システムをなぞっていると思われる。 神々の中には、天国に住む位の高い神もいれば、地上や地中に住む位の低い神もいると考えれていたようだ。 シュメールの文書によれば、天国に住むアヌンナキという神々は、最も高い位を持つ最高神だった。 アヌンナキは何百年という長い年月を生き、この世界のことを深く広く知っていたという。 エヌマ・エリシュ 1849年イラクのニネベで、くさび形文字の文書が大量に発見された。 この文書には、地球や人類が創り出された過程や神の様子などが記されていた。 その内の7つの粘土板には、エヌマ・エリシュというバビロニアの創世神話が記されていた。 粘土板にはマルドゥクという名の神が、キングーという神の血と粘土を混ぜて最初の人間を創ったと書かれている。 アヌンナキが創った最初の試作品が、聖書にも取り上げられたアダムだ。 注目すべきは、大事な部分が聖書では割愛されていることだ。 シュメールの粘土板には、同じ物語が詳細に記録されている。 アヌンナキとは、天から降り立った人々を意味する。 さらにニネベの文書からは、文明が突如出現したかのような印象を受ける。 ニネベから出土した粘土板には、アヌンナキという神の考えが細やかに記されている。 アヌンナキは、従順な労働者をどうやって作るか考えた。 そこで人科の雌から取り出した遺伝子を使い、試行錯誤を重ねながら望み通りの生物を作り出すことに成功したのだ。 見ようによっては、遺伝子工学によって人間のDNAが操作されたことが、この粘土板に記されているともとれる。 私たち人間が、何のきかっけもなく素晴らしく高度な思考モデルを身につけたはずがない。 きっと何かが背景にあったはずだ。 それはアヌンナキという地球外生命体によってもたらされたのかもしれない。 人類創造の謎 アヌンナキが自らのDNAから人間を創った証拠が、バビロニアの神話と聖書に見られる数々の共通点から導き出せるという。 とりわけ内容が重複するのが粘土板に記されたシュメール王朝表にあるという。 シュメール王朝表は、古代メソポタミアから出土し、紀元前2100年頃の物と考えられている。 ここには140の王の名前が刻まれている。 注目すべきは、記された王の全員が驚くほど長生きをしていることだ。 中には3万6000年の治世年数が記された王もいる。 人間がこれほど長く生きられるはずがないのだが、ほぼ同じことが聖書にも記されている。 メトシェラもノアも900年以上生きたということで、驚くほど長命なのだ。 人類の寿命を遥かに超えて生きる、人類とよく似た見た目の生物が文明を築いていたことは間違いない。 1976年、研究者ゼカリア・シッチンの著書「謎の第12惑星」が出版された。 ここにはアヌンナキに関する新たな解釈が示されていた。 シッチンは、くさび形文字の記された粘土板を30年に渡って研究し、神と呼ばれた者は実際には地球を訪れた宇宙人で、45万年より昔にメソポタミアに降りたと結論づけた。 シッチンが解読した内容によれば、アヌンナキの故郷である惑星ニビルは、大気に穴が空き汚染されるという状況が進んでいた。 それを修復するには金が必要で、地球に金を掘りに来ていたという。 だが重労働で嫌気がさし、自分たちに代わって働かせるために人を作り出したのだという。 天から降臨する神の物語 メソポタミアの古代都市ウルの発掘調査が進む中で、イギリスの考古学者レオナード・ウーリーは、プアビ女王の遺骨を発見した。 公表された内容によれば、この女王の頭蓋骨はかなり大きなもので、エジプトのファラオやペルーで出土したミイラに見られるようなものだったという。 女王の大きな頭蓋骨は、人間の起源が宇宙にある証拠なのだろうか。 アヌンナキは、長く尖った頭をしていたと推測されている。 そこからプアビ女王は、アヌンナキだったか、人間とアヌンナキの混合種だったと考えられている。 メソポタミアやその他の地域で出土した頭蓋骨によってアヌンナキが地上を支配したことが裏付けられるのならば、多くの地域に伝えられるアヌンナキとよく似た生物の神話も実話だった可能性がある。 天使、中米で信仰された空を飛ぶ蛇の神、北米のアナサジ族が崇めたスターピープル、天界の者が空から地上に舞い降りるという概念は、古代の神話や宗教に数多く見られるものだ。 神と呼ばれた者が登場する物語は、古代の人々が地球外生命体と接触した証拠となるのだろうか?そうだとすれば天界の者が、人間との間に子供をもうけたという宗教説話もアヌンナキの神話が実話であったことを裏付けるのではないか。 ネフェリムが綴られた旧約聖書にその答えはある。 ネフェリムは創世記の6章に登場する。 神の子供たちは、人の娘が美しいのを見て、それぞれ選んだ者を妻としネフェリムという超人が誕生する。 解釈の中では、ネフェリムを巨人と捉えることが多い。 異なる文明で語られるアヌンナキとネフェリムだが、関連性が見られる。 アヌンナキは階級を持つ神の集団で、奴隷にするために人を創造する。 そしてネフェリムは、人と共に住んだ天界の者の子孫なのだ。 ギリシャ神話の中で神々を支配するゼウスにも、混合種の息子がいると言われている。 ヘラクレスとペルセウスは、人間の妻との間に生まれた子供だ。 聖書の外典であるエノク書には、見張る者が記されている。 これは地上に降りた天使のことで、人間との間に子供をもうけている。 こうした神話のルーツがアヌンナキの物語にあったのではないだろうか。 アヌンナキの物語は、まるでSF小説のようだ。 しかし、世界各地に目を向けてみると古代のインドやギリシャ、ローマ、エジプト、マヤなど様々な文明の中に天界から降りた者と人間の間に子供が生まれたことを伝えるよく似た物語が残されているのだ。 大洪水の物語 1931年古代シュメールの都市で発掘が進む中、洪水による体積層が発見された。 年代は紀元前2900年頃と見られている。 シュメール王朝表によれば、大洪水の前に君臨した最後の王朝の子孫がジウスドラである。 この発見により、聖書に記された大洪水が実際に起こっていたかもしれないと考えられるようになった。 ノアの方舟の物語は、古代イスラエルが起源ではないかもしれない。 より古いシュメールの文書にジウスドラが方舟を作り、家族と生き延びたという話があるのだ。 類似した点が数多く見られることから、メソポタミアの伝説を聖書が引用した可能性がある言われるようになった。 聖書を編纂した者たちは、宗教的な理由があってこの話を取り上げたのだろう。 聖書には、人が罪深くなったために洪水が起こったと記されている。 洪水が起きた理由は、宗教原理を説く題材になると見て聖書の中にこの物語を組み込んだと思われる。 シュメールの神話では、洪水は自然災害ではなく人間が騒がしくなったために神エンリルが引き起こしたものだとされている。 地球に来たアヌンナキには、2人のリーダーがいた。 その1人エンリルは、惑星ニビルの王アンの正統な息子だ。 もう1人は、エンリルの異母兄弟エンキで、この神の方が年は上だった。 2人は地球に派遣された神を統率していたが、人間が増えすぎてしまった。 業を煮やすしたエンリルは、人間を全滅させることを決意する。 これがノアの大洪水の物語となったのだ。 エンキは大洪水を生き延びるために、船を作るようにジウスドラに警告した。 旧約聖書でもノアに方舟を作るよう啓示が下る。 どちらの物語も事実を語っていたのではないだろうか。 アヌンナキの再来 2012年、人を送り込むことが可能かどうかの調査が火星で始まった。 火星は生物学の観点からも興味深い星だ。 地球のように生命が生まれる環境が、かつての火星にあったと考えるならば、火星の生物はどの程度進化を遂げていたのか、この星に何が起きたのか、何をきっかけに大気が失われ生命が滅んだのか?火星の反映と滅亡を知ることで地球が生命を宿した過程も明らかになるかもしれない。 シッチンは、アヌンナキたちが惑星ニビルから来たと仮説を立てたが、彼らは火星にも立ち寄っていたと語っている。 つまりニビルを発って火星に降り、その後地球に向かったというわけだ。 これを事実だと考えれば、火星の上にアヌンナキ文明の痕跡が残っていても不思議ではない。 地球上に残されたピラミッドや、巨石遺跡、巨大な建造物のようなものが火星で発見される日が来るかも知れない。 シッチンによれば、アヌンナキの故郷ニビルは楕円形の軌道を持ち、3450年の周期で地球に接近するという。 次にこの現象が起こるのは、2900年だと予測されている。 ニビルが接近する時に、アヌンナキが再来するという。 この時に人間に審判が下されるとも考えられるのだ。 人類は遠い昔に地球外生命体によって進化させられた。 或いは、遺伝子操作によって生み出されていたのだろうか。 人類が生まれた過程が、進化論で説明しきれなかった理由はここにあったのか。 宇宙人が地球にいたと考えることで、科学と宗教との間に残る長年の確執を断つこともできるのではないか。 イラクの博物館で略奪や破壊行為が起こったのも、この概念のためではなかったか?真実と向き合うことを恐れたのかもしれない。 ambiguousnews.

次の