ロビンソン 歌詞 意味 怖い。 スピッツ「ロビンソン」歌詞の意味は?解釈と考察!

スピッツ「ロビンソン」/ 歌詞の意味と解釈

ロビンソン 歌詞 意味 怖い

スピッツの名曲「 ロビンソン」誰もが一度は耳にしたことのある不朽の名曲です。 イントロ聞いて3秒でわかる曲ですよね!? ロビンソンもそうですが、スピッツの曲って、世間で認知されているほど爽やかラブソングではないですよ。 そのあたりスピッツのファン歴の長い方なら、きっと皆さん知っていると思いますが、さてさて、人によって解釈が全く異なるのがスピッツの 曲の魅力。 聞く人のバックグラウンドで全然違う曲の解釈が可能なんですけど、ロビンソンの 歌詞の 意味で、僕が一番面白いなと感じているのが 「自転車に乗って走っているのはどっち?」 というもの。 けっこう謎だとおもうんですけどね、お付き合いくださいな。 もくじ…あった方がいいよね?• スピッツの名曲ロビンソン 名前の由来はタイのデパート これは超有名な話ですよね。 マサムネさんがタイを旅行中にロビンソンのフレーズを思いついた。 その時にロビンソンというタイのデパートか、百貨店があったので、仮タイトルで「ロビンソン」とつけたところ、そのまま仮タイトルが本タイトルで曲のリリースまで行ってしまった…という話です。 「スピカ」の仮タイトルはたしか「粉のように」だったとか。 歌詞にそのままその使われていますね。 ロビンソンはレコーディングしていた時、あまりにもメロディーがシンプルかつ淡泊すぎるという理由で、シングルカットするかどうか迷った…という話もありますよね。 ちなみにマサムネさんご自身が曲を作ってみて「俺は天才かな?」と自画自賛で悦に入ったという曲は「 渚」だそうです。 走らされているのは君?僕?ロビンソンの歌詞の意味 ロビンソンの歌詞で 走る君を追いかけるくだりがありますよね? で、一人称の「僕」が「走る君」を追いかけているのはわかりますが、果たして自転車に乗っているのはどっち?というシンプルな疑問が… もう一回頭の中で、ロビンソンの歌詞を転がしてみてください、どちらが自転車に乗っていますか? つまり、「僕」が自転車をこいで「(自転車には乗らずに)走っている君」を追いかけたらすぐに追いついちゃうのでは? って思うんですけど… これでもスピッツファン歴25年のベテランブリーダーですが、今の今でもそう思います! 物語のつじつまが合うのは、むしろ自転車に乗って走っているのは「君」の方であって、「僕」はイケてない男子なので(たぶんね)イケてる女子…かはわかりませんが、「君」に相手にされていない状況だと思うんですよね… なにしろ「新しい季節」がなぜかせつなく感じちゃう今日この頃なわけです、この「僕」は。 それっておそらく恋をしたけど、両想い…ではないんでしょうね? だから! 走らされてるのでは?河原の道を! 自転車で先行して走ってる君に…全然追いつけないダメダメな「僕」の方がストーリーとしてはありそうかな…と。 どうでしょうね? 置いてけぼりくってる感じ、するんですけどね… あるいは二人とも自転車に乗っているか…です。 多分この曲を聴いた99%の方が自転車で走っているのは一人称の「僕」だと想像すると思いますが、ちょっと想像してみると、それだとすぐ追いついちゃうぜ! ということになるわけです。 まあ追いついてもいいんですけど、多分「君」は振り向いてもくれないし、ましてや止まってもくれないかもしれませんね! Sponsored Link 宇宙の風に乗るのはなに? で、ロビンソンは爽やかなラブソングではないわけで、けっこうエゴに満ち溢れた幼いガキの発想…というか… ようはこちらの世界で一緒になれないなら、一緒にあちら側の世界へ来てよ! というわけですよ、多分。 作戦決行は…河原? 「君」の瞳が驚いている描写なので、きっと思いもしなかった行動にでたんでしょうね? K君が。 仮に「僕」を「こころ」になぞらえて「K」としましょうよ。 「君」の首に何か巻き付いているのかもしれませんね? 「K」の手のようなものが… 「青い車」の歌詞とちょっとダブるんですけど、僕の解釈だと「青い車」と「ロビンソン」の世界観は近いかな…と。 どちらも「輪廻の果て」を目指しているっぽいので。 「K」の願望がかなうのは、あちら側の世界なわけで… あちら側の世界っていうのは、つまり「二人だけの国」なのかな~。 それをさ、どうすの?っつー話です。 だから、「二人だけの国」を作り上げた「K」はどうするの? そりゃ飛ばすでしょ、「うちゅーの風」に乗せて、こちら側の世界に置いておいてもろくなことないし… なにしろ憧れの「君」と一緒になれないんだから。 そう、僕の解釈だとうちゅーの風に乗るのは「僕」と「君」じゃなくて、(もし乗れたら…ではなくて)そんなファンタジー感あふれるものじゃなくて 魂……かな? 気をつけたいのは、原作者のマサムネさんが今の今まで一切曲の解釈についてはコメントをしていないことです。 リスナーに解釈は任せている…という理由から、メディアに曲の意味や歌詞の意味、解釈を語った事はありません。 ので、ここでも 僕の解釈なわけです。 リリースから20年以上たっているのに、未だに曲の解釈について云々討論できるなんて、ほんと素晴らしいよね! マサムネさんの歌詞は国語のリテラシーが不足しているとしっかりと理解できなかったりすので、わかるためには国語を勉強しなければいけないという… 「聴いてわかれ!」とはまさにこの事で… ちなみに「 夜をかける」という曲を理解するためには、間違いなく読書の経験値が必要です。 西の方角がうんたらかんたら…ときたら、それは読書の世界共通の設定事項として「西には天国がある」ということを抑えて読まねばなりません。 だから、西遊記というタイトルです。 孫悟空と三蔵法師は天国への道すがらに出会うわけで、西へ西への旅だから西遊記ですよね? アメリカのバンド「 イーグルス」の超名曲「 ホテルカリフォルニア」もカリフォルニアは「西海岸」の州だというところが、ミソですよね? 西に稲妻が走ったからにはこの物語の「君」と「僕」の未来には暗雲が立ち込めているよ? つまりハッピーエンドにはならないっぽいよ? と示唆しているっぽいですね。 ……っぽい…っていう表現、マサムネさんけっこう好きっぽいので、僕も使っていますよ。 最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。 スピッツ抜きでは人生過ごせない僕のたわいのない記事でした。

次の

スピッツ ロビンソンの歌詞の意味は?自転車で走るのは僕?君?

ロビンソン 歌詞 意味 怖い

さっちゃんはね さちこっていうんだ ほんとはね だけどちっちゃいから じぶんのことさっちゃんってよぶんだよ おかしいな さっちゃん 都市伝説が付きまとっている代表的な歌といえば『 さっちゃん(サッちゃん)』ではないでしょうか。 死んでしまった女の子のことを歌っているとの都市伝説があります。 いったいどんな噂なのか、具体的な3つの説を見ていきましょう。 病死説 さっちゃんが病死してしまったという説です。 2番の「バナナを半分しかたべれない」と3番の「とおくへいっちゃうってほんとかな」の部分ですが、この歌の主人公であるさっちゃんは病弱で体が弱く、バナナを半分しか食べることができず、 もうすぐ天国からお迎えが来る……と解釈できます。 幻の4番説 『さっちゃん』の歌詞は3番までとなっていますが、 実は 4番目の歌詞が存在するという説です。 その歌詞の内容がコチラになります。 さっちゃんがね おべべをおいていった ほんとだよ だけどちっちゃいから きっともらいにこないだろ かなしいな さっちゃん おべべとは着物のことです。 なぜ、さっちゃんは着物を置いていったのでしょうか? さらに謎として残るのが、『さっちゃん』は 4番目の歌詞にとどまらず、なんと その先の歌詞がまだあるという説です! 最終的には 10番まで歌詞があり、さっちゃんは 電車に足を轢かれて亡くなったとか……。 しかも、誰かに押されて電車に轢かれてしまったので、さっちゃんのことを押した人物を恨みながら死んでいった、というものです。 足を轢かれて歩けないためおべべをとりにこれない、ということなのでしょうか。 呪いの歌説 『さっちゃん』には後付けの言い伝えもあります。 4番以降の歌詞の背景には 実際に北海道で起きた電車の事故があるというものです。 寒い真冬の日に、サチコちゃんという女の子が電車に轢かれてしまいました。 あまりに寒かったため即死せず、半分になった体の切断面が凍結し、自分の下半身を探しながら息絶えてしまう……想像しただけでも恐ろしい話ですね。 後日、サチコちゃんのクラスメイトの男子が、この事故について『さっちゃん』の替え歌で、おもしろおかしく4番の歌詞を作ったといわれています。 そして、こ の男子は3日後に足のない死体で発見されたとか……。 さて、呪いの歌説はここからです。 なにも起きないとわかっていても、やはり気味が悪いですよね。 歌詞からあらゆる解釈ができる「かごめかごめ」 かごめ かごめ かごのなかのとりは いついつでやる よあけのばんに つるとかめがすべった うしろのしょうめんだーれ 『かごめかごめ』も子供たちによく歌われた有名な童謡です。 一人の子がしゃがんで顔を伏せ、その周りを手をつないだ子供たちが輪になってくるくる回りながら歌う。 そして、「うしろのしょうめんだーれ」で止まる。 しゃがんだ子は自分の後ろにいる子が誰か当てる、という遊びを幼い頃したことがある人もいるのではないでしょうか。 マイナーコードのメロディで、なんだかもの悲しい雰囲気を持つわらべ唄。 子供の頃は何も考えずに歌っていましたが、大人になった今この歌詞を読むと、なにか悲しい物語が背景にあるような気がします。 流産説 1番有力とされているのが流産説です。 この説では 「かごめ」は 妊婦を、 「かごのなかのとり」は 胎児を指しているといわれています。 「 つるとかめがすべった」の意味は、 妊婦が誰かに突き落とされ、流産してしまった。 最後の「うしろのしょうめんだあれ?」は、「背中を押したのは誰?」と犯人を探している様子を歌っているというのです。 嫁を嫌うあまりに姑が後ろから押したのではないか、ともいわれています。 罪人説 罪人を表す歌という説もあります。 処刑場で斬首されている様子を子供が真似たという話で、下記のような歌詞の解釈がされています。 最後の「うしろの正面だーれ」は、 斬られた首だけが後ろを向いている様子を表しているというのです。 想像しただけでもゾッとしますね。 遊女説 「籠の中の鳥」が 遊女を表しているという説もあります。 昔は、貧しい家に生まれた女性が、遊郭に売りに出されることも珍しくありませんでした。 遊郭という名の籠から助け出してくれる人といつ出会えるのか、という切ない遊女の気持ちを歌っているという説です。 帰りは怖い?「とおりゃんせ」 とおりゃんせとおりゃんせ ここはどこのほそみちじゃ てんじんさまのほそみちじゃ ちっととおしてくだしゃんせ ごようのないものとおしゃせぬ このこのななつのおいわいに おふだをおさめにまいります いきはよいよいかえりはこわい こわいながらも とおりゃんせとおりゃんせ 『とおりゃんせ』も長いあいだ親しまれている歌のひとつですが、歌詞が怖いなと感じたことはありませんか? 意味はわからないのですが、歌詞に「こわい」というフレーズも出てきますよね。 この部分だけでも子供ながらに「どんな意味で怖いんだろう」と疑問に思った人もいるでしょう。 では、この歌にはどんな意味が隠されているのか見ていきましょう。 神様への生贄説 まずは、神様への生贄説です。 神社の門番と、 子供を連れた母親との掛け合いが歌われているといわれています。 簡単に説明すると、母親が門番に「天神様にお参りするのはいいが、帰りは暗くて危険だよ」と止められているのですが、母親は「それでもいいのです」と答えます。 昔は天災などが続くとそれを鎮める為に生贄をささげたとか。 今の時代では考えられませんが、実際に行われていたのでしょう。 切ない話ですね。 これだけでは「なぜ帰りは怖いのか」がわからないので、さらに考察をすすめます。 「帰りは怖い」その理由は…… 昔は、子供が幼くして亡くなってしまうことも少なくありませんでした。 そのため、子供が7歳を迎えると、その成長が祝われたのです。 今でもこのお祝いは、日本でおなじみの行事「七五三」として残っています。 かつては、「 7歳までは神の子」で、それを過ぎたら神の子ではなくなってしまうと信じられていたのです。 また、「こわい」は方言という説もあります。 「疲れた」を「こわい」と言う地方があることをご存知の方もいるのではないでしょうか。 そのままの意味でとると「行くときは元気だけど、たくさん歩くから帰りは疲れる」と解釈できるというものです。 ) 『はないちもんめ』も子供に人気の遊び歌です。 友達が取られるんじゃないか、自分が取られるんじゃないかとハラハラしますよね。 じゃんけんして負けたら相手の組に取られ、また取り返して……最終的に1人になってしまったときなんか、絶対に勝たなければいけない!と逆に燃えますよね。 とてもほのぼのとした子供の遊びだと思いきや、この歌にも悲しい事情が隠されているというのです。 人身売買説 花いちもんめの「もんめ」は漢字で「 匁」と書きます。 「匁」には、 重さを測る単位と 銀の通貨単位という2つの意味があります。 歌の中では後者の意味、つまり 子供の値段を表しているというのが人身売買説です。 「勝った負けた」は値段交渉を表し、あの子がほしい、というのは子供の品定めをしている様子を歌っていると……。 調べれば調べるほど日本の童謡やわらべ唄って怖くないですか!? 3番で急変する「てるてる坊主」 てるてる坊主てる坊主 あした天気にしておくれ いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ 遠足の前の日に雨が降っていたら、てるてる坊主を作って窓に吊り下げて晴れを願ったことがある、という人は多いのではないでしょうか。 意外と効果があったように思うのですが、みなさんはどうでしたか? てるてる坊主こそ、子供らしい童謡ですが、この歌にも何か隠されているようですね。 身代わり説 身代わり説のルーツは中国にあります。 その昔、「 晴娘(チンニャン)」という名の少女が住んでいた地域で、何日も豪雨が続いたそうです。 人々が天に祈るも効果はありません。 そんなとき「晴娘」が家の屋根に上がり、雨が一刻も早く上がるように祈りを捧げました。 すると 長雨が嘘のように止んだのです。 しかし、晴娘はこつぜんと姿を消してしまいました…… このように自分を身代りにして地域の平和を守った少女のお話が、てるてる坊主につながったとされています。 殺人説 日本には『てるてる坊主』殺人説があります。 それは、子供の歌にしてはショッキングなフレーズ、歌詞の3番「 そなたの首をチョンと切るぞ」にヒントが隠されています。 3番を簡単に説明すると、「天気にしてくれなくちゃ首を切り落とすぞ」という内容です。 昔、ある村で何日も雨が続き、村人のためにお坊さんは一生懸命祈祷を続けたのですが、全く雨が止む気配はありません。 とうとう城主がしびれをきらしてしまい、お坊さんの首をはねてしまった。 そして、 お坊さんの首をみせしめの為につるしたところ、雨が嘘のようにピタッと止んだ……という言い伝えがあります。 そ れがてるてる坊主のはじまりだという説があるのです。 いちねんせいになったら いちねんせいになったら ともだちひゃくにんできるかな ひゃくにんでたべたいな ふじさんのうえでおにぎりを ぱっくんぱっくんぱっくんと 友達が100人と自分で101人のはず……。 あれ? 1人はどこへいっちゃったの?ということです。 この歌は戦時中に作られたそうなのですが、あまりの食糧難から、 消えた1人はみんなに食べられてしまったのでは?という噂が……。 あくまで、噂なのですが……。 童謡には怖~い都市伝説がたくさんある! 昔から現在まで歌い継がれている童謡やわらべ唄には、こんなに怖い都市伝説があったのです。 これを子供の頃に知ってしまっていたら、かなりのトラウマに陥っていたことでしょう。 恐怖を感じたりゾッとしたりするだけでなく、その歌の悲しい 時代背景も知ると、切なくなりますよね。 「 怖い歌」には、いくつもの伝説や言い伝えが背景にあるものもあります。 興味が湧いた人はぜひ歌詞をみたり調べたりして考察してみてくださいね。

次の

Mrs Robinson (ミセス ・ ロビンソン) の歌詞

ロビンソン 歌詞 意味 怖い

こんにちは。 シンガーソングライターの福島亮介です。 今回の曲は「ロビンソン」 言わずと知れたスピッツの代表曲。 タイトルは、草野さんがタイへ行ったときに印象に残っていた「ロビンソン百貨店」というお店から取られたもので、深い意味はないそうです。 怖い噂も尽きませんが、比喩の表現が多く色々な捉え方ができる歌詞だと思います。 ラブソングにも聴こえるし、確かに恐ろしいことを企てているような歌にも聴こえたり。 そして「地味な曲だから売れないと思っていた」とのメンバー談ですが、それが今でも歌われていて恐ろしいほど寿命が長い名曲です。 これからも、今後の音楽史に受け継がれてほしい名曲。 それでは、今回も詳しく歌詞を見ていきます。 そして今日も同じように、いつもの道を自転車で君の後に続く。 ただ、 「なぜかせつない日々」とあるようにそれが原因なのかどうかはわからず、深く考えようともしていない印象。 ・ 思い出のレコード=変わらない大切なもの ・ 大げさなエピソード=充実した人生への期待 そのままでも意味は通りますが、このように考えるとしっくりきます。 それらを、変わらない日常で疲れた肩にぶらさげて、不機嫌そうにただ君の後を自転車で走っている。 そんな風景が浮かびます。 そして、このパターンだと次の歌詞の解釈も変わってきます。 ・思い出のレコード=「君」との楽しかった時間 ・大げさなエピソード=この後に起こる顛末の想像 楽しかった時間を自分で壊してしまうことに罪悪感を感じているのか、精神は疲れ笑顔は消え、そんな弱った状況をイメージできます。 そのことを思い返している様子。 繰り返しで変化のない毎日であっても、その中で「君」とつくり上げた大切な時間があるでしょ?というような。 また、 「つくり上げた」というのは2人の時間のことではなく、心中を決意するにいたった主人公の精神状態のことを指しているのかもしれません。 またはこういった微笑ましい毎日から彼女への想いが爆発、強烈な想いから歪んだ愛し方に発展してしまったのかもしれません。 その結果 「つくり上げた」ものが心中にいたる主人公の心情。 そしてサビへ 主人公が想像し願望を抱く二人の未来、その具体的な心境が描かれた場面。 そんなかけがえのない「君」の手を離さない、というストレートで熱い思い。 そして、 ここで言う 「大き な力」とは、「君」自身や取り巻く時間・感情その総てを想う主人公の気持ち、「君」との未来への決意など。 その特別な空間に、この強い想いで誰も知らない二人だけの世界を乗せる。 そんな、二人だけのより完全な世界を想像しているのではないでしょうか。 ・ 大きな力=心中に対する決心や、重大なことを行うという意識 ・ 空に浮かべたら=心中を遂げたら ・ 宇宙=2人だけの死後の世界 平たく言うと、 迷わずに「君」と心中を遂げ、その後死後の世界を二人だけで漂う。 といったところでしょうか。 そんな欲望、不吉な解釈ですがとても純粋で真っ直ぐな想いにも感じます。 2番Aメロ~Bメロ 曲中で一番ドラマチックで、ストーリーの核となる行為が行われる場面。 ここは続けて見た方がイメージがつきやすいので、A~Bメロまとめていきます。 それが「君」であれば、野良猫を見て弱った「君」を思い出し無理やりに頬をよせて抱きしめる。 そんな絵が浮かびます。 そしてそれが自分なのであれば、この野良猫を自分に似ていると感じるところから、このときの主人公の心理状態がとても弱っていることがわかります。 個人的には、次に続く歌詞から後者かなと思います。 日々で蓄積されたストレスや疲れなのか、「君」との関係がうまくいっていないのか、弱った気持ちを引きずったいつもの帰り道。 その途中にある交差点で、いつも目に止まる家の丸い窓。 自分の精神状態からか、この日はそれがうす汚れて見え、その窓に反射して見える月も今にも隠れてしまいそうなぎりぎりの三日月。 主人公の落ちた気分に拍車がかかるような、何から何までさえない状況。 そんな辛い情景をイメージしてしまいます。 そして主人公は 「夢のほとり」で待ちぶせをします。 夢=主人公にとって安心を得られる場所、「君」との時間 Aメロでの弱った心理状態の主人公は、そんな夢に救いを求め、「君」を待ち伏せをします。 これからの人生で「君」が必要と悟った主人公。 特に会う約束もなく突然現れた主人公に驚く「君」に対し、二人が生まれ変わるような大切なことを伝える。 つまりはプロポーズをしたのではないでしょうか。 さえない落ちた気分の主人公が、「君」の存在の大きさを再確認し、こみ上げる想いそのままに突然のプロポーズ。 そんなドラマチックな展開を想像します。 ここはまさに「決行当日」を描いている場面。 すでに死を覚悟している主人公、かろうじて生きている猫に「残り少ない生」という共通のものを感じ頬をよせます。 いつも君の家に向かうときに通る交差点から、見上げたうす汚れた窓に反射して見える三日月。 まるで物陰から覗かれているような、これから行う行為に後ろめたさを感じているような様子にもうかがえます。 「夢」についてもやはり解釈が変わり、ここで言う夢はおそらく主人公が想像する死後の世界。 そのほとりで待ちぶせをしています。 つまりもう主人公は決行するつもりで、「君」を待っています。 突然現れた主人公と、続いてその行為に驚く君。 おそらくこの場面で「君」は殺され、そしてすぐに自分も後を追っているのではないかと。 生まれ変わるには一度死ぬ必要があるので、僕らは今ここで死ぬと言っています。 そしてそのまま次のサビへ繋がりますが、生まれ変わる先は誰も触れない二人だけの国。 肯定はできない歪んだ愛ですが、これもひとつの純愛と言われると軽はずみに否定もできません。 そして最後のサビへ 二人の新しい関係、その後の様子がイメージできるラスト。 ここに大きな違い、特に時期や二人の関係の違いを感じます。 おそらくここではすでに二人は結ばれていて、主人公の言う 「二人だけの国」が叶った後。 つまり、これからの二人の人生にたくさんの素敵な足跡を残して生きたいという想いなのではないかと思います。 同じような繰り返しのサビでも、このちょっとした違いで前後の歌詞の意味や聴き方も変わってきます。 この2番のサビになる頃には 「誰も触れない二人だけの国」がとても現実味を帯びていて、これまで見てきた特に主人公の心境の変化や「君」への想いから、とても温かい気持ちになります。 二人はすでに死んでいて、死後の世界と想像できます。 「終わらない歌」、たくさんの解釈が浮かびますが、中でもしっくりくるのが、これは生きている間永遠に続く日常のストレスや苦しみ、悲しみなど負の感情や辛い記憶など。 少し過ぎた想像ですが、死後を天国、生前を地獄とし、その天国から地獄に向けてそういった言わば不純物、これからの二人に必要がないものをばらまき捨てていく。 二人でせっせとそんな作業をしているような、微笑ましいと思えるくらいの風景が浮かびます。 最後に 最後は、もはや日本中みんなが知っているのではないかと思うくらい有名なフレーズ 「大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る」 が繰り返されてエンディング。 淡々と進む曲調の中で起こるたくさんのドラマを感じることができます。 この曲が大ブレイクを果たしたのは、曲調や草野さんの歌声もあり、また曲中に込められた歌詞の意味が聴く人なりに形を変えて、しっかり伝わっているからかもしれないですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の