ライブ配信中 死亡。 【海外発!Breaking News】13歳少年、ライブ配信中に誤って自分を撃ち死亡(米)

【動画】女子高生がライブ配信中に電車(瀬谷駅)に飛び込み自殺する…ネットの声は【人身事故の瞬間映像】

ライブ配信中 死亡

過激な動画をライブ配信していた男性が死亡した。 世界各国で、フォロワーを増やしたいSNSユーザーの行き過ぎた行為が悲劇を招いている。 しかしある日、連絡が取れない男性の様子を見にきた恋人と警察が、彼の部屋で横たわる男性を発見。 すでに息絶えた状態だったという。 さらに警察が部屋を見渡すと、男性のパソコンがライブストリームモードの状態であることを確認した。 男性は亡くなる前に動画のライブ配信をしていたそうで、ルーレットに様々な食べ物や飲み物の名前を書き、矢印が止まったところに書かれているものを 口にするというゲームを実行していたという。 そのリストには、お酢、卵やお酒といった通常の食品の名前とともに、ムカデ、ヤモリやミールワームといった虫の名前も書かれており、 男性はムカデとヤモリを生きたまま口にしたそうで、その2つには毒があったと見られている。 警察は、ライブストリーミング中に男性が食べたとみられる物体を机の上に発見したという。 2017年にはアメリカで、あるカップルがYouTube動画を撮影。 彼氏が胸の前に持つ本を目掛けて彼女が拳銃を発砲。 本が銃弾を止めると考えたうえでの行為だったけれど、銃弾は彼の身体まで到達し、男性は死亡した。 彼女は6ヵ月服役したのちに出所。 現在もYouTubeやインスタグラムへの投稿を続けている。 また2017年には中国で、高層ビルの上から動画を発信することで知られていた男性が、62階の高さから転落し死亡。 その様子は動画に収められ、インターネット上で拡散した。 アメリカ国立医学図書館の調査によると、2011年から2017年の6年間で、行き過ぎた自撮りで亡くなった人は259人にのぼる。 また、この調査は英語で報道されたニュースだけを対象としているため、全世界での死亡者数はさらに多いと見られる。

次の

富士山滑落の配信者遺体で発見 ニコ生の賠償責任 末期癌司法試験浪人中40歳TEDZU氏

ライブ配信中 死亡

手と足の間に布を張った特殊なジャンプスーツを着て、高い崖や上空からムササビのように「ウイングスーツジャンプ」。 最高時速は200キロにも達することから「」とも呼ばれ人気だが、ここ数年事故が急増しているという。 『foxnews. com』など複数のメディアが伝えている。 今月26日、スイス・でアーミン・シュミーダーさん(Armin Schmieder、28)がウイングスーツジャンプに挑戦した。 カンダーシュテーク近郊の山頂から「今日は僕と一緒に飛んでもらうよ」と頭にカメラをつけ、山頂から飛びたとうとする様子は米ライブ配信サイト『Livestream』を使って配信されており、アーミンさんとはFacebookを通じてチャットが可能な状態になっていた。 映像ではアーミンさんがポケットにスマートフォンをしまい、カメラに向かって手を振ると、ゴーゴーと風の音が鳴り響く様子が確認できる。 アーミンさんの勇姿を見ようと見守っていたファンによると、その直後に叫び声があり、不気味な音がしたという。 そして静まり返った中で聞こえてきたのは牛の首についているカウベルの音だったようだ。 突然の出来事に、Facebookでは「何か書くなり、話すなりして!」とのコメントがあがるも何の反応もない。 現場にはすぐさま警察官らが駆けつけたが、間もなくアーミンさんは遺体となって発見された。 事故の原因についてはいまだ調査中だが、アーミンさんを良く知る友人は「彼はスカイダイバーとしての経験は豊富でしたが、ウイングスーツジャンプは始めてから1年ほどでした」と語っている。 事故の4日前には、ウイングスーツのパイオニア的存在であったアレクサンダー・ポリーさん(Alexander Polli)がフランス・アルプスの人気スポットからのしたが、地上5000フィート(1524メートル)の地点で木に衝突し死亡している。 31歳だった。 アレクサンダーさんは2013年、スペイン・モンセラート山で洞窟を通り抜けるスタントを披露して一躍有名になった。 この時のスピードは時速250キロにも達したという。 dailymail. uk (TechinsightJapan編集部 A.

次の

「闘病中の子に笑顔を」道化師の団体、ライブ配信を企画 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ライブ配信中 死亡

動画は4月8日夜に配信されていたもの。 転載されている動画を確認する限りでは、「一気っていうか一口」「これを一口で…いきます」とこぶし大の赤飯のおにぎりを一口で食べようとしている様子がアップされている。 女性は当初口を動かしていたが、その1分ほどあとに苦しそうな様子を見せはじめ、3分後には倒れこんで泡を吹き、動かなくなった。 そして20分ほどあと、2人の男性救急隊員の姿が見え、応急処置が始まるところで、別の男性が配信を停止している。 すでに当該動画は閲覧できなくなっている。 女性のTwitterアカウントには、親族名義で女性が2日後に死亡したと明らかにされている。 YouTubeにあふれる「おにぎり早食い」 ライブ配信をみていたという男子中学生は、BuzzFeed Newsの取材にこう語る。 「チャットではみんな『大丈夫??』とか『寝た?』とか混乱してました。 途中で泡を吹いたらしいですが、その時の音が何かわからなくてゾッとしてました」 いろいろなYouTubeのライブ配信をみているなかでたどり着き、最近はいくつかの配信を見ていた。 そのため、ショックは大きかったという。 「むかし早食いで亡くなられた方がいたという話を聞いたので、それを生で見てしまい、複雑な気持ちになりました」 おにぎりをめぐっては、2016年、滋賀県彦根市でJA東琵琶湖が開いた農産物のPRイベントで、3分以内に5個のおにぎりを食べる早食い競争に28歳の男性が死亡したが起きている。 しかし、YouTube上には大食いや早食い動画も多くあふれており、「おにぎり30秒チャレンジ」というものも存在する。 芸能人や著名なYouTuberも挑戦しているが、今回の動画のような事故につながる危険性もある。 一部の「早食い」YouTuberらは今回の一件を受け、自分たちが訓練を受けたり、細心の注意を払っているとしながら、「早食いは危険です」「真似はしないでください」などとSNS上で呼びかけていた。 医師「早食いや一気食いは危険」 救急医療にくわしい国際医療福祉大学三田病院救急部長の志賀隆さんは、「おにぎりのように噛みきれないもの、塊のものは特に危険です」とBuzzFeed Newsの取材に語る。 窒息をすぐに解除できないと心肺停止に至り、その後10分で死亡するおそれがあるという。 誰かがいる場合は、「ハイムリッヒ法」と呼ばれる腹部を圧迫する方法などで応急処置ができるが、一人でいる場合は自分で椅子にお腹をあてて圧力を高めるなどの「根拠のない方法」しか手段はないという。 志賀さんはこう警鐘を鳴らす。 「早食いや一気食いは危険です。 基本的にやるべきではありません。 とくに一人の場合は窒息死の危険があります」 危険なチャレンジは禁止.

次の