ソフトバンク プラン 見直し。 ソフトバンクの料金プランをできるだけわかりやすく解説します【初心者向けガイド】

【2020年版】ソフトバンクの新料金プランは高額に!?|今までとの変更点をまとめる|すまにあ!

ソフトバンク プラン 見直し

これに機種代金を加えたものが、月々の支払い金額ということですね。 詳しい料金プランについて、1つづつ見ていきましょう。 ソフトバンクの通話プラン ソフトバンクの通話プランには3つの種類があります。 それぞれの月額料金とプラン内容は、以下の通りです。 通話基本プラン 1つ目の「通話基本プラン」は、通話30秒ごとに20円かかります。 使った分だけ通話料金がかかりますが、逆に通話をほとんどしない方には最安の料金プランです。 もちろん、LINE電話等は無料で通話できるので、節約しながらでも通話を楽しむことができます。 通話プラン準定額 2つ目の「通話プラン準定額」は、従量課金制プランと定額プランを半々にしたようなプランです。 1回5分以内の通話は定額でし放題ですが、1回5分以上の通話料金は30秒ごとに20円づつ課金されていきます。 短時間での通話回数が多い方におすすめです。 通話プラン定額 3つ目の「通話プラン定額」は、24時間すべての国内通話がし放題となっています。 仕事やプライベートで電話をする機会が多い方は、いくら使っても定額のこちらの料金プランがぴったりです。 2年契約あり・なしでも料金が違う ソフトバンクの3つの通話プランをご紹介しましたが、実は契約期間によっても料金が変わります。 通話プランの契約期間は、「2年契約 自動更新 」「2年契約 フリープラン 」「2年契約なし」の3つに分かれています。 「2年契約 自動更新 」は、2年ごとに契約更新される料金プランです。 「2年契約 フリープラン 」は、2年目以降は契約解除料がかからない料金プランです。 最初の2年は縛りがありますが、それ以降はいつでも解除できます。 「2年契約なし」は、契約期間の縛りがなく、いつ解除しても契約解除料がかかりません。 契約期間ごとの料金をまとめた表がこちらです。 プラン名 2年契約 自動更新 2年契約 フリープラン 2年契約なし 通話基本プラン 1,200円 1,500円 3,900円 通話プラン準定額 1,700円 2,000円 4,400円 通話プラン定額 2,700円 3,000円 5,400円 料金を見ていただくとわかりますが、「2年契約なし」<「2年契約 フリープラン 」<「2年契約 自動更新 」の順に料金が安くなっています。 その理由は、 2年契約を条件にソフトバンクが割引をしているからです。 「2年契約なし」で契約後すぐに解約されてしまうと、ソフトバンクにとっては大きな痛手です。 逆に、2年縛りで長く使ってくれるユーザーには、解約を心配せずに割引することができます。 「2年縛りがない方がいい」と思うかもしれませんが、通話料金を安くしたいなら「2年契約 自動更新 」か「2年契約 フリープラン 」がおすすめです。 これまでずっとソフトバンクを使っていて、これからもソフトバンクを使っていく予定の方には「2年契約 自動更新 」。 今後他社に乗り換える可能性があるかもしれない方は、「2年契約 フリープラン 」がいいでしょう。 ソフトバンクのデータプラン 通話料金の次は、ソフトバンクのデータプランについて見ていきます。 ・Hulu ・LINE ・Instagram ・Facebook ・TikTok ・Twitter 主要なSNSサービスは網羅されているので、通信制限にかかる心配が一切ありません。 自宅にインターネット回線を引いていない方や、気兼ねなくネットを楽しみたい方におすすめの料金プランです。 ミニモンスター 月額料金をなるべく抑えたい方には、こちらの「ミニモンスター」がおすすめです。 ミニモンスターは、データ使用料に応じて料金が決まるので、使い方次第で今よりも月額料金を安くすることができます。 データ使用料と月額料金をまとめたものが、こちらの表です。 「ミニモンスター」がおすすめなのは、自宅にネット環境がある方や、可能な限り月額料金を抑えたい方です。 ソフトバンクの割引キャンペーン 機種代金の割引とは別に、基本料金から割引されるキャンペーンもあります。 ソフトバンクを使っている人数によって割引価格が変わり、500円から最大2,000円まで割引されます! 家族でバラバラの携帯会社を使っている場合、みんなでソフトバンクにするだけでも節約することができるんです。 人数 割引額 1人 0円 2人 500円 3人 1,500円 4人以上 2,000円 同じ家で暮らす家族だけでなく、離れて暮らす家族や同居中の恋人、シェアハウスの仲間も適用対象です。 周りにソフトバンクを使っている人がいないか、この機会に確認してみましょう。 「ミニモンスター」は割引対象外となるので、気を付けてください。 おうち割光セット 自宅のインターネット回線とスマホをソフトバンクにすると、永年毎月1,000円割引を受けられるキャンペーンです。 この記事を読んでいる方はソフトバンク携帯だと思うので、自宅のインターネット回線をソフトバンクにすれば割引が受けられます。 乗り換え対象は「ソフトバンク光」だけでなく、「SoftBank Air」や「Yahoo! BB ADSL」でも割引されます。 固定回線に特別こだわりがなければ、スマホ節約のために乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。 ソフトバンク最安プランの組み方 ソフトバンクの料金プランの種類や仕組みをご理解いただけたかと思います。 ここまでにご紹介したプランの中から、ソフトバンクの最安プランとおすすめ料金プランを組んでみました。 ソフトバンク最安料金プラン プラン名 月額料金 通話基本プラン 2年自動更新 1,200円 ミニモンスター 2,480円 ウェブ使用料 300円 合計 3,980円 ウェブ使用料とは、インターネットを使う上で必ずかかる料金のことです。 通話をしないでデータ使用量2GBまでなら、上記最安プランで使用することができます。 ソフトバンクおすすめ料金プラン 最安プランは制限が多くて使いづらいと感じる方には、こちらの組み合わせがおすすめです。 最安プランより3,500円高くなってしまいましたが、固定回線の月額平均4,000~5,000円が浮くと考えれば、 総合的に見て最も安い料金プランと言うこともできます。 ソフトバンク料金プランの見直し方 月額料金を安くするためには、今現在自分がどのプランに加入しているか確認することが必要です。 この項では、料金プランの確認方法とプランの見直し方をご紹介します。 料金プランの確認・見直し方 ソフトバンク料金プランの確認方法 1 「My SoftBank」にログインする 2 トップページの「〇月ご請求」を押す 3 「請求書をみる」を選択する 4 「前月」を押すと、最大過去6ヶ月の請求金額が見れる 5 請求書の中の「請求明細をみる」で料金プランが見れる 過去数ヶ月の利用状況を確認して、通話やデータ通信を平均どのくらい使っているのか確認します。 料金プラン見直しのポイントは、「通話プラン」と「データプラン」です。 通話を全く使っていないのに「通話プラン定額」になっている場合や、通話をするのに「通話基本プラン」になっている場合は、プランを見直すべきです。 定額プランに変更することで逆に安くなる場合もあるので、自分の使用料に応じたプランの見直しが大切です。 ソフトバンク料金プランの変更方法 プランを見直してさらに安くできそうな方は、さっそく料金プランを変更しましょう。 料金プランは変更した翌月からの適用となります。 申し込み日によって詳しい適用開始日が異なるので、で確認してください。 ネットで料金プランを変更する 料金プランの変更方法 1 My SoftBankにログインする 2 右上のメニューから「契約・オプション管理」を押す 3 「料金プラン」を選択する 4 変更したいプランを選択する 5 「変更内容を確認する」を選択する 6 「同意する」にチェックして「申し込み」 変更する料金プランが決まっていれば、スマホで5分程度で終わります。 店舗で料金プランを変更する ソフトバンクショップで料金プランを変更するには、本人確認書類が必要です。 から確認できます。 土日祝日は混雑するので、なるべく早い時間帯に行くのがおすすめです。 スマホヘビーユーザーならソフトバンクが最安! ソフトバンクの料金プランの仕組みを解説しました。 少し難しく感じたかもしれませんが、組み合わせ次第では今よりも安くスマホを使うことができます。 毎月の通信費節約のためにも、この機会にソフトバンクの料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

次の

ソフトバンク料金プランの仕組み解説|料金見直し方法と最安プランの組み方|スマちょ。

ソフトバンク プラン 見直し

ソフトバンクで料金が決まる仕組み 2020年現在、ソフトバンクの料金プランはどうなっているのでしょうか。 ソフトバンクで料金が決まる仕組みは、加入するデータプランと通話プランの組み合わせという基本要素に加えて、適用されるキャンペーンや割引などの種類からなっているので、それぞれを詳しく見ていきましょう。 2種類のデータプラン ソフトバンクにはデータプランが2種類用意されています。 以前はいろいろあってややこしい面もありましたが、現在はシンプルに「データ通信量がたくさん必要かどうか」を考えるだけです。 ただ、具体的にどのぐらい通信量を消費するかで、どちらのプランがよりお得になるかのラインがありますから、その辺を踏まえてそれぞれについて以下で詳しく解説します。 従量制のミニモンスター ミニモンスターは、使用した通信量によって月額料金が決まる従量制プランとなっています。 1か月で使用するデータ通信量が1GBまで、もしくは、2GB、5GB、および50GBまでという4段階のプランです。 1か月1GB以内に収まるなら、月額基本料金は3,000円(税抜き。 以降も基本的にはすべて税抜き表記)であり、それに音声通話の基本プラン980円をプラスして、割引やキャンペーンなど何も適用されない状態では合計3,980円になります。 一方、1か月に使用したデータ通信量が1GBを超えると、2GB以内の時は5,000円、2GBを超え5GB以内の時は6,500円、5GB超50GB以内の時は7,500円と基本料金がかなり高くなってしまうことに注意です。 2GB超5GB以内になると、音声通話を含めた月額料金は7,480円になってしまいます。 月2GB未満に抑えられる自信がある人のためのプラン 1か月に2GB以上のデータ通信量を使用する可能性が高いのであれば、ミニモンスターは選ぶべきではありません。 とはいえ、ふつうに使っていると月に2GBぐらいすぐに消費してしまいますので、このプランを選べるのは「自宅にWi-Fiがあり、高速データ通信はたまの外出時ぐらい」という方に限られるでしょう。 いつでも誰でも3,480円で利用できると誤解しないよう注意してください。 これに音声通話の基本プラン980円を加えるため、月々支払う金額は合計7,480円です。 一つ前で見た3,480円と比べると高い印象を受けますが、上で解説したミニモンスターで2GBを超えた時と同じ値段になることに注目してください。 ミニモンスターでも2GBを超えても高速通信は可能ですが、かなり割高になってしまいます。 ミニモンスターの方がはるかにお得です。 動画サービスなら、たとえばYouTube、Abema TV、GyaO、Huluなどの視聴で使用するデータ通信量はカウントされません。 自宅や職場などよくスマホを使用する場所がWi-Fi環境でない場合は、必須と言ってもよいぐらいです。 通話料金を含めて月に7,480円という金額は高く感じますが、後述する割引やキャンペーンを上手に利用することで、一定期間はかなりお得に利用できるはずです。 いずれにせよ、「速度制限を気にしていつもストレスを感じている」という方はこちらを選ぶべきでしょう。 追加データを購入すれば50GB以降も高速通信ができますが、それだとかなり割高になってしまいますので、なるべく月の使用量は50GB以内に抑えるように努めましょう。 iPhoneやスマートフォンでのネット利用では加入が必須ですので、金額は小さいですが注意してください。 ほかにも希望に応じて加入できる有料のオプションはありますし、適用される割引によっても金額は大きく変動しますが、基本的にはデータプランと通話プランの基本料金、それに実際の通話料金の合計が月額料金を決めると考えてよいでしょう。 まさに基本のシンプルな基本通話プラン 先ほどのデータプランのところでも見たように、基本通話プランの基本料金は月額980円です。 基本料金は安いのですが、通話料金は30秒につき20円と高額なので、あまり通話しない方に向いているプランと言えるでしょう。 もしくは、通話はしてもLINEやSkypeなどの無料通話アプリをおもに使うという方向けです。 そうやって一般の電話での通話にお金をかけずに済ますことができる方にとっては、月額980円の基本通話プランはお得と感じられるでしょう。 ただ、無料通話などの特典が何もないため、多少なりとも電話する必要があるのであれば、次に紹介する準定額オプションか定額オプションを選ぶことになります。 月額500円プラスの準定額オプション 基本料金の980円に、オプション料金として月額500円プラスすることで、国内通話が5分以内なら何度でもすべて無料になる準定額オプションが使えるようになります。 「電話は必要だが、1回の通話に5分以上かかることは滅多にない」という方にとって、このオプションはおすすめです。 月額1,500円プラスの定額オプション 基本料金に1,500円のオプション料金をプラスすることで、通話時間にかかわらず国内通話がいつでもどこでも何度でもずっと無料になる定額オプションが使えます。 スポンサーリンク 5分以上の通話をよくする方なら必須のオプションでしょう。 特に、仕事で電話をかける必要がある方には外せません。 家族や友人との電話なら、「5分以上話すとお金がかかるから切るね」ということもできますが、仕事上の電話でそれはできません。 かといって、「もう何分経ったかな?電話代がかかるからそろそろ切りたいな」と上の空では仕事にも不都合を来たしてしまいます。 そういうわけで、時間を気にせず電話したいのであれば定額オプションの加入は必須です。 ソフトバンクの料金を見直す際のポイント ソフトバンクの月額料金は、上で見たようにデータプランと通話プランの組み合わせで決まります。 わりとシンプルではありますが、現在の契約状況が最もお得なのかもう一度見直してみましょう。 以下に、その見直すポイントについて詳しく解説します。 自分が月にどのぐらいデータ通信量を使っているかを把握する 現在お使いのプランが最もお得なプランかどうかを判断するには、やはり毎月ご自身がお使いのデータ通信量を把握するところからがスタートです。 一度、「My SoftBank」で確認してみてください。 それで、毎月、どのぐらいスマホでネットを利用しているのかを把握し、現在支払っている料金がその使用頻度のわりに高いのか安いのかを判断します。 加入中のオプションは本当に必要なのか見直そう 現在、オプションにはいくつぐらい加入しているでしょうか? もしかすると、ご自分ではどのオプションにも加入していないつもりでも、実は何かしらのオプションに加入しており、知らない間に月々オプション料金まで支払っているというケースも考えられます。 ソフトバンクだけでなく、キャリアでの契約ではオプション加入を条件に料金がお得になるキャンペーンがよくあります。 料金が発生する以前にオプションを解約すればよいのですが、それを忘れたまま使いもしないオプション料金を支払い続けている人は意外と多いものです。 先ほどの通信量と同じく、一度「My SoftBank」で加入中のオプションがあるかどうか確認してみてください。 ご自身にとって必要性のあるオプションに加入しているのであれば構いませんが、「このオプションは何だ?」というのがあるようなら、必要ないサービスのために毎月料金を支払い続けている可能性が高いです。 オプション料金はたかだか月数百円ですが、「塵も積もれば山となる」と言うように、年単位で考えるとかなりの出費になります。 即刻、不要なオプションは外しておきましょう。 プラン変更のタイミングを計る 現在、加入中のプランが自分にぴったりではないことがわかっても、すぐに変更するとかえって不利益を被る可能性もあります。 キャリアの場合、多くのケースでは、契約する段階で指定のプランに加入することによって月額料金や端末代金からいくらかの割引を受けています。 その割引を受けられるのは、指定のプランに加入していることが条件であって、今プランを変更してしまうと割引の適用がなくなり、元の代金を支払わなければならなくなる可能性も大いにあるのです。 プランの変更は、なるべく契約期間の満了時を狙って行う方がよいでしょう。 スポンサーリンク 逆に、端末代金をすでに完済しているのであれば、今すぐ変更しても大きな不利益は生じないはずです。 プラン変更のタイミングはいつがベストなのかを確認しておきましょう。 ソフトバンクの月額料金のシミュレーション 公式サイトを見ても、割引やキャンペーンの記述ばかりで、純然たる月額料金がいくらなのかひと目でわからないのが面倒なところです。 そこで、ここではスマホとガラケー別に、ソフトバンクで最も月額料金が安くなるプランを考えてみます。 スマホが最も安くなるパターン スマホのデータプランでは、先ほど紹介したように、ミニモンスターが月1GB以内の時に月額3,000円で最安です。 これに音声通話の基本プラン980円を加えた、合計3,980円が1か月に支払う最安料金となります(ウェブ使用料は別)。 ただ、これは何の割引も適用されない場合です。 実際は、最初の1年間に限る場合が多いですが、いくつかお得になる割引が選べます。 たとえば、「1年おトク割り」という割引は、新規契約か機種変更の人を対象に12か月間月額料金が1,000円引きになるという内容です。 ほとんどの方がこの割引の適用対象となりますから、ソフトバンクでスマホを利用する場合、ほかの割引が適用されないとしても初年度は2,980円という格安料金が実現できます。 スマホデビュープランに加入できればさらにお得に 先ほどソフトバンクのデータプランは2種類だと紹介しましたが、実は、ソフトバンクと契約するにあたってガラケーをやめてスマホデビューするという方を対象にした「スマホデビュープラン」というのもあります。 文字通りソフトバンクでスマホデビューする人が対象なので、契約の際にこれまで使っていたガラケーを持っていく必要があるのですが、このプランに加入できれば月額基本料金を最安980円にすることも可能です。 その合計2,980円から、先ほどの1年おトク割りの適用で1,000円引きになるのに加えて、「1GB専用割引」というこれまた1,000円引きとなる割引が適用されますから、都合2,000円の割引を受けて最終的な月額料金が980円になるという仕組みです。 月額料金が980円といっても、実際は「スマホデビュー」というぐらいですので、ガラケーから新しく乗り換える用のスマホを調達するのにお金がかかります。 ソフトバンクで分割で購入して月額料金と一緒に支払うか、よそで購入したSIMフリーの端末を持ち込むことになりますが、いずれにせよその端末代まで無料になるわけではないので、その点は心得ておいてください。 なお、1年おトク割りの期間は12か月ですので、2年目以降は割引が適用されませんが、1GB専用割引は2年目以降も続きます。 ですので、2年目以降も最安1,980円で使い続けることが可能です。 ただ、その料金を実現するには月1GB以内にデータ通信量を抑えなければなりません。 追加でデータを購入することも可能ですが、それには1GBにつき1,000円と割高の料金がかかります。 それを考えると、スマホデビュープランは、スマホの利用はLINEやSNSのチェック程度というライトユーザーのためのプランと言えるでしょう。 ガラケーが最も安くなるパターン ソフトバンクには、上で紹介したスマホ向けのプランだけでなく、ガラケー専用の料金プランも存在します。 その最安プランである「ケータイ100MB」(月額300円)を選べば、音声通話の基本プラン料金980円と合わせても月に支払う合計はわずか1,280円に抑えることが可能です。 もっとも月にわずか100MBしか使えないため、たとえガラケーといえどもメインで使うのには向いていません。 「メールチェックの緊急用としてガラケーを1台持っておきたい」というような方のためのニッチなプランと言えるでしょう。 スポンサーリンク 月額料金がもっと安くなるソフトバンクの割引 ほとんどの方が適用を受けられる「1年おトク割り」については先ほど紹介しましたが、ソフトバンクにはそれ以外にも数々の割引があります。 上記のシミュレーションで出した最安金額はあくまで特別な割引を使わなかったケースです。 可能な限り割引を適用させることができれば、もっと安い月額料金も実現できます。 そこで、なるべく適用しておきたいおもな割引を詳しく見ていきましょう。 インターネットも乗り換えるならおうち割がお得 スマホと一緒に、ソフトバンクが提供するインターネットの光回線を契約すると「おうち割」という割引が適用されます。 スマホの料金を見直すのであれば、ネットの固定回線もついでに見直しましょう。 おうち割が適用されれば、期限の定めなく1,000円の割引が適用されるので、長く利用するほどお得です。 なお、おうち割の対象となるネット回線は、光回線である「ソフトバンク光」か家庭用Wi-Fiの「ソフトバンクエアー」となっています。 他社からの乗り換えで解約違約金が発生した場合、ソフトバンクがそれを負担してくれるので、ぜひスマホと一緒に乗り換えを検討してはいかがでしょうか。 家族割 「家族割」とは、対象プランに加入する家族の人数によって割引額が決まる割引です。 なお、ここでいう「家族」とは、同居する血縁関係のある家族だけではありません。 遠方に済む親戚も対象になりますし、血縁関係になくても、たとえば同棲中のカップルやシェアハウスで暮らす仲間たちなども家族割の対象です。 関係を証明する書類の提出が必要ですが、他社の家族割より適用される範囲が広いので、ソフトバンクに一本化することでかなりお得になります。 トクするサポート 「トクするサポート」とは、ソフトバンクで端末を分割払い(48回)で購入し、25か月目以降にその端末をソフトバンクに返却することで、その返却した端末の分割代金、最大24回分の支払いが不要になるというキャンペーンです。 この説明では少々ややこしい印象を受けますが、要は、端末を最大半額程度の割引価格で購入できるお得な内容だということです。 iPhoneの最新世代も対象なので、「人気機種をお得に手に入れたい」、もしくは「新製品が出るたびに次々買い替えたい」という方にぴったりの割引と言えるでしょう。 SoftBank学割 2020年6月までの期間限定ですが、最大1年間ギガ使い放題に加え、音声通話の基本プラン料金980円が6か月無料になるなどの「SoftBank学割」という学割サービスをソフトバンクでは提供しています。 そのほか、ミニモンスター、スマホデビュープラン、ソフトバンクの電力サービス「おうちでんき」でも割引が受けられるお得な内容です。 なお、「学割」とはありますが、必ずしも学生である必要はなく、学割の対象年齢の方なら誰でも適用されます。 ソフトバンクでの料金プランの変更方法 ソフトバンクの料金プランを詳しく見てきて、今とは違うプランに変更したくなった方もいるのではないでしょうか。 そこで、ソフトバンクで料金プランを変更するには、具体的にどのような方法があるのかをお伝えします。 ソフトバンクの店舗での手続き 料金プランを変更する最も簡単な方法が、ソフトバンクの店舗に行ってスタッフに変更したい旨を伝えることです。 詳しいことまで自分でわかっていなくても、スタッフが最適なプランを提案してくれますし、具体的な手続きも含めてその場ですべてやってもらえます。 自分の認識が間違っている場合でもそれを正せるので、ソフトバンクのスタッフから直接説明を受けられるメリットは大きいです。 スポンサーリンク わざわざ店舗に足を運ばなければならず、店内でもしばらく待たなければならないことがある点だけがデメリットですが、時間がある方、または自分で変更手続きをすることに不安がある方にとっては、最良の方法ではないでしょうか。 My SoftBankでの手続き 店舗に行く時間がない方は、ソフトバンクが会員向けに用意するマイページ「My SoftBank」を使うことによって、ネット上で24時間いつでもプラン変更の申し込みができます。 ただし、My SoftBankにログインするには、SoftBank ID(または携帯電話番号)とパスワードが必要です。 これまでMy SoftBankを使ったことのない方の場合、IDとパスワードがわからないということもあるでしょう。 しかし、ネット上の手続きだけで再発行できるので安心してください。 My SoftBankでの具体的な手続き方法は、まずメニューから「契約・オプション管理」を選び、そのなかから「料金プラン」を選んで、次に「通話基本プラン」と進んでください。 データ定額プランや通話プラン、それにオプションについての変更ができます。 なお、希望の変更を行った後、内容を確認して申し込みボタンを押しますが、その時点ですぐに変更が反映されるわけではありません。 基本的に、変更は手続きを行った翌請求月からの適用です。 ソフトバンクでは、ユーザーによって請求締め日が異なり、そのため変更の適用日もユーザーごとに異なります。 適用日についてはMy SoftBank内に表示されるので、それで確認してください。 LINEでの手続き ソフトバンクでは、料金プランの変更がLINEでできるようになっています。 やり方はMy SoftBankでの方法と大きな違いはありませんが、LINEで変更するには先にソフトバンク公式アカウントを友だちに追加しておかなければなりません。 公式アカウントは「 SoftBank」です。 それでもなおソフトバンクの料金が高いと感じるのなら格安SIMを検討しよう 料金が高いイメージのあるソフトバンクですが、使用するデータ通信量次第ではかなり安く抑えることも可能です。 しかし、ミニモンスターで月2GB以内に抑えれば料金が安いといっても、わずかそれだけのデータ通信量では不便に感じる方も少なくないでしょう。 そこで、もっと安い料金でスマホを楽しみたい方に格安SIMを提案します。 ソフトバンクからの乗り換えならワイモバイルがおすすめ 格安SIMは多数ありますが、ソフトバンクのようなキャリアと比べると品質やサービスに不安を感じという方もいます。 実際はそんなこともありませんが、「安いけれど通信速度は物足りない」というのはよく聞かれる格安SIMに対する感想です。 格安SIMに不安を感じているそんな方には、をおすすめします。 ワイモバイルは格安SIMではありますが、ソフトバンクがサブブランドとして展開しているサービスですので、通信回線はもちろんソフトバンクであり、その品質もソフトバンクと同等です。 ソフトバンクより安くほぼ同じ使用感 ワイモバイルの料金プランは、「スマホベーシックプラン」の一つだけであり、その内容も「S」、「M」、「L」の3つから選ぶというシンプルな内容です。 Sが月3GBまで、Mが月9GBまで、Lが月14GBまでのデータ通信量で、料金はそれぞれ2,680円、3,680円、4,680円となっています。 ただし、これは割引を何も適用しない場合の料金であり、実際は家族割やおうち割などのソフトバンクの割引が適用できますので、さらにお得な料金で利用可能です。 1回10分以内の国内通話が無料になる特典付きですし、今なら新規や乗り換えの方を対象に月500円かかるデータ増量オプションが1年間無料で利用できる「データ増量無料キャンペーン」もやっています。 スポンサーリンク ワイモバイルには利用期間の制限もなく、違約金などもないため、満足できない時はすぐに解約して他社に乗り換えられるという大きなメリットもあります。 ソフトバンクでは毎月の料金がどうしても高すぎるという時は、ほぼ同じ使用感で料金を安くできるワイモバイルへの乗り換えを検討してはいかがでしょうか。 実はシンプルなソフトバンクの料金体系 ソフトバンクの公式サイトを見ると、割引やキャンペーンなどの表示で本来の料金プランがわかりにくくなっていますが、実は、上で見てきたようにわりとシンプルな構成です。 そのほかにも料金が安くなる見直しポイントはいろいろありますが、それでもなお高いという場合は、ソフトバンクと同系例の格安SIMであるワイモバイルへの乗り換えも検討してみましょう。

次の

「ソフトバンク光が高い!」料金の見直し方法と請求額が安くなる節約術!

ソフトバンク プラン 見直し

auのスマホプランは大きく分けて 「ピタットプラン」「フラットプラン」「データMAXプラン」の3つがあります。 それぞれのプランの詳細をみていくと、合計で6つのプランがあるのでそれぞれ特徴を解説していきます。 新auピタットプランN 新auピタットプランNの料金 「 新auピタットプランN」は データ利用量に応じて自動的に定額料金が変わるプランです。 使ったデータに合わせて料金が変化するため、ムダなくスマホを利用することも可能ですが、4GB以上のデータ通信を使う場合は「auフラットプラン7プラスN」のほうが安くなります。 そのため、 毎月のデータ通信量が少なく、月によって使う量が変化する方におすすめのプランとなっています。 auフラットプラン7プラスN auフラットプラン7プラスNの料金 「 auフラットプラン7プラスN」は、 月額4,480円(スマートバリュー割引適用時)で7GBまで安定したデータ通信ができるプランとなっています。 また、「Twitter」「Facebook」「Instagram」「+メッセージ」といった人気SNSサービスにかかる通信量はフリーで使うことができます。 毎月のデータ通信量はそこまで使うことはないだろうけど、SNSサービスはよく利用する人にオススメです。 auフラットプラン20N auフラットプラン20Nの料金 「 auフラットプラン20N」は、 月額6,000円で20GBまでデータを使えるプランで、スマートバリューの割引を適用すると月額5,000円で利用可能になります。 毎月、定額で大容量のデータ通信を使えるプランなので、データ通信をたくさん使うヘビーユーザーの人におすすめのプランです。 auフラットプラン25 NetflixパックN auフラットプラン25 NetflixパックNの料金 毎月7,150円で25GBのデータを使え、特徴は「auビデオパス」「Netflix」の定額制の動画配信サービスが込みになっているプランです。 スマートバリュー割引が適用されると6ヶ月間は月額6,150円~で利用可能。 Netflixはベーシックプラン、ビデオパスは見放題プランが対象となっています。 動画サービスも検討している人におすすめのプランです。 auデータMAXプラン Pro auデータMAXプラン Proの料金 もう月末の通信制限に悩みたくないヘビーユーザーの人におすすめなのが、「auデータMAXプラン Pro」。 このプランはデータ容量の上限がないプランになります。 テザリングの上限が少なかったのですが、30GBまで使えるように改良されました。 注意点としては、動画配信・ストリーミングサービスなど、大量にデータ通信をする、長時間にわたって利用する場合、通信速度を制限される場合がある点。 長時間、動画サービスは流すような過剰な使い方ではなければ問題はなさそうですが、注意点として頭にいれておいたほうがよさそうです。 auデータMAXプラン Netflixパック auデータMAXプラン Netflixパックの料金 auデータMAXプラン Netflixパックは、データ容量は無制限で動画配信サービスのNetflix(ベーシックプラン)がセットになっているプランです。 スマートバリューの割引を適用して月額6,880円で利用できます。 データ通信をたくさん使いたい人、Netflixを使ってみたい人にはおトクなプランです。 次に料金体系のどこを見直せばお得になるのかを解説していきましょう。 新auピタットプランNの変更を検討してみる 新auピタットプランNの料金表 月々の データ通信量が4GB以下なら新auピタットプランNの方がお得です。 毎月の消費データを確認し、自分に合ったプランを選択しましょう。 プランを見直す為に、先に端末の残債額を確認しておくと試算しやすいのでおすすめです。 ネット回線とのセット割でさらに安く もっとお得にauを使いたいなら、ネット回線とのセット割りなどの割引サービスを適用するのもおすすめです。 auひかり auスマートバリューなら、ネットと電話、もしくは auスマートポートを契約すれば、 最大1,000円の割引を永年受けることができます。 毎月のスマホ料金を抑えたいのなら、auスマートバリューを上手に利用してみましょう。 auスマートフォンと対象のWi-Fiルーターを契約することで 最大1,000円OFF。 そして、光回線も同時に契約する場合はauセット割が適用となります。 BIGLOBE光など対象の光回線と契約すれば、プランによって最大1,200円もお得に。 他の割引サービスよりも、割引金額が大きいのが特徴です。 auセット割は光回線の月額から割引されるため、家族で複数auのスマホを持っている人は、auスマートバリューの割引を適用したほうがスマホの月額料金から割引されるためお得でしょう。 今回はiPhone、Androidスマートフォン、ガラケーの最安プランを計算し紹介します。 1GBで使う場合はauで最安のプランになりますが、これでは毎月足りず、4GB以上のデータ通信を使う場合は、月額3,480円~(割引適用時)の「auフラットプラン7プラスN」を利用するほうが安くなります。 もっと大容量のデータ通信が必要な人は、「auフラットプラン20N」や「auデータMAXプラン Pro」といった選択肢もあります。 上記のように、使い方によってベストな料金プランが異なるので、auで料金プランを見直すのに必須なのが、 自分が毎月どれくらいデータ通信を使用しているのかを把握することです。 ドコモ・ソフトバンクからauに乗り換えを検討している人も同様にまずは自身の契約内容を見直してみることをおすすめします。 auの最安プラン~ガラケー~ auのガラケーの最安プランは「ケータイ 4G LTE 料金プラン」から見ていきましょう。 無料通話が含まれているプラン、通話定額をつけるプランがありますが、あくまでも最安のプランを紹介します。 割引額はデータ定額サービスごとに変わるので注意しましょう。 外出時もWi-Fiを使いたい人は検討してみてはいかがでしょうか。 2回線~10回線までが契約可能、契約名義が同一もしくは家族名義であることが条件となります。 離れて暮らしている家族でもauスマートバリューに加入していれば50歳以上であれば対象となります。 これまで解説してきた料金の仕組みを参考に、自分の月額料金を振り返ってみましょう。 ちょっと高いかも・・・、と感じるのなら料金プランを見直してみるのも大切! もしかしたら、もっとお得にスマホを利用できるかも知れません。 auのサブブランド:UQモバイルに乗り換える もっともっと月額料金を安く利用したい方は、 格安SIMへ乗り換えるのも検討しましょう! 格安SIMとは、大手キャリアの通信設備を借りて利用者に提供するサービスを指します。 大手キャリアのように通信設備の維持やサポート費用がかかっていない分、キャリアに比べて安いプランが豊富です。 さらに、 au回線の格安SIMを利用すれば、わざわざSIMロックを解除しなくても、auで購入したスマホであれば、おおよそSIMカードを入れ替えるだけで利用できます。。 そこで、au回線の格安SIMでも最もおすすめなのが、 auのサブブランドでもある「UQモバイル」です。 UQモバイルは、格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が安定しており、分かりやすいシンプルな料金プランが特徴で、初めての格安SIMにもピッタリです。 では、auからUQモバイルに乗り換えるだけで、どれだけ料金が安くなるのか。 両社のプランを比較してみましょう。 auは5分かけ放題ですが、UQモバイル10分のかけ放題オプションが付いても安くなるのがポイントです。 また、 制限なしのかけ放題にするか、 最大60分の国内通話を無料にするオプションから選べるため、自分に合ったほうを選べるのも魅力です。

次の