みなみちゃんのしゃしん。 2008

2008

みなみちゃんのしゃしん

こんばんは、よしくまです。 今日は午前中は雨や雪が降ったり止んだりでしたが、午後は晴れ間が見えた一日でした。 さて今日は、午前中は家でゆっくりし、午後は外出をし、買い物や映画の上映会に行ってきました。 ところで、今日と明日は寒い天候のようです 今日はもうすぐ終わりですが が、ここ数日で感じたのは、陽射しが濃くなったことでしょうか。 一時期に比べると、陽射しの濃さが数段違うような感じがします。 また日が長くなってもきました。 ありきたりですが、寒暖を繰り返して春が近づいてくるんですね。 来週の中頃くらいから派遣の仕事が落ち着くので、それを利用して、地元で春を探せたらと思っています。 yoshi-kuma 以前、 の昨年12月7日の日記で紹介され、ロケ地のほとんどが地元周辺ということもあって、上映会に参加しました。 この会は一般上映に先駆けて行なわれる「ふるさと上映会」ということで、地元の市長さんや監督のさんのあいさつもあり、そのあと上映が行なわれました。 この映画を観て感じたことは、いろんな意味での「 美しさ」でしょうか。 友情の「美しさ」、ストーリーの軸となる 農村歌舞伎の「美しさ」、そして、 自然の「美しさ」がうまく描かれていました。 印象的だったのが、最後に半次が歌舞伎の引退公演で思い出の衣裳で演じるも、古さゆえに衣裳がボロボロになりながらも演じきるという潔さに感動しました。 このシーンは上映前にも監督さんが見どころとして挙げていました。 上映が終わり、気がついたら、目が潤んでいました。 時間があっという間に過ぎたくらい、映画に惹きつけられました。 もし、皆さんの最寄の映画館で上映がありましたら、是非ご覧になってください。 決して時間の無駄にはならないと思います。 なお、この映画のブログがあるので、チェックしてみてください。 上映の情報がアップされると思いますので。 yoshi-kuma メンバーごとの寸評の最後はお姉さんチーム 娘。 OG+里田さん です。 が、やや固さがあったようにも見えました。 時代のキュートかつほんわかなキャラは健在でしたね。 徐々に勘を取り戻して、娘。 の頃のようなパフォーマンスを見せてほしいものです。 とのヘキサゴン風 名古屋といえば的な や妙に丁寧だったりカミカミなあいさつはト大でした。 との「青春のカスタード」はカッコ良かったです。 そればかりでなくMCでもとのコンビ でのやりとりは他の追随を許さないくらいだったですね。 全開でした。 最後のMCでの「ザ・ピース」ののセリフをがいう段になると突っ込みが炸裂でした。 これからもいろんな意味でをかき回してほしいですね。 石川さんや里田さんがあれだけ自由にできるのはがうまくまとめられてこそのものだと思います。 ライブパフォーマンスでは里田さんとの「青春のカスタード」でのワイルドな衣裳で登場し、私の目が正しければ、張りの左肩チラリを見せてくれたときには「カッケー」と思いました。 最後のMCでは本家石川さんの前で「ザ・ピース」のセリフを照れながらも言うも、結局は男前キャラ ヅカ風 で言ってしまうクオリティでしたが、かなりレアなものを見させていただきました。 さて、のファーストライブツアーも明日の大阪を残すのみとなりました。 を始めメンバーの皆さんには完全燃焼でライブパフォーマンスを見せてほしいですし、ファンの皆さんも完全燃焼して、メンバーを盛り上げてあげてください。 こんな駄文なコメントに付き合っていただき、ありがとうございました。 明日以降になれば隈でネタバレ放題になると思いますので、もっと詳しく知りたい方は他を当たっていただければと思います。 06年8月にを中心としたアイドル集団「」とによる初の共演ミュージカル「」が開催され、今回はその第2弾。 東京・で8月6〜25日に全33公演が行われ、団体チケットは4月1日、一般チケットは6月29日から発売される。 前作はから、専科の男役・箙(えびら)かおるだけが出演したが、今回は、の元トップ2人をはじめ、現役から箙と光あけみ、ダンサーとして計20人の卒業生が参加。 色を濃くした内容になる。 演出も作品を多く手掛けている酒井澄夫氏が務める。 にあこがれ、8歳からを習ったモー娘リーダーの(21)は「とても幸せ。 時間とお金の都合が合えば行きたいと思っていますが、前作の時に比べると娘。 への想いが薄くなってしまっているので、微妙なところです。 でもどんなミュージカルになるかは楽しみにしています。 yoshi-kuma の県立斐太(ひだ)高校で1日、「」があった。 卒業式の後に行われる伝統行事。 卒業生たちは制帽の白線とセーラー服のスカーフを一本につないで、川に流しながら、変わらぬ友情を誓い合った。 が舞い、時折薄日が差すなか、高校前の大八賀川(おおはちががわ)の雪が残る川岸には「白線」を手にした卒業生275人が晴れやかな表情で並んだ。 卒業生は、旧制中時代から歌い継がれる「巴城(はじょう)ケ丘別離の歌」を口ずさみ、川面に突き出した仮設の足場から「ありがとう」などと叫んでは、雪解け水に「白線」を流し入れ、別れを惜しんだ。 もう卒業式のシーズンなんですね。 こういう伝統行事はいつまでも続いてほしいと思います。 青春のいい1ページです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は少し雲がでたものの、晴れの一日でした。 さて今日は、午前中は職安に行って、午後は車で30分くらいかけて、と温泉へ行ってきました。 仕事と違う筋肉を使って、気持ちよかったですし、温泉も癒されました。 ところで、今日の新聞で桜の開花予想の情報が掲載されていましたが、一番早い開花は29日の静岡、高知、大分だそうです 間違ってたらすいません。 ちなみに私の地元では来月9日が予想日です。 今年は平年よりやや遅いところが多いそうです。 が、春の足音が徐々に近づいている感じがしてきますね。 yoshi-kuma のツアーも2日の大阪で無事終わりましたが、グッズを買われた方、そうでない方。 会場に行かれた方、そうでない方といますので、私の推しメンからいくつか選んでうpしたいと思います。 今日は私の推しでもあり、終われないさん ののエッグ1推しの仙石先生ことちゃんのしゃしんを…。 終われないさんの意見に納得です。 ということで仙石先生の衣裳は黄色のフリフリです。 すいません。 こんな感じでいいのカナ? 次回 明日? は、イヴニング息子。 さん に捧げる、ちゃん ちゃん です。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は快晴の一日でした。 さて今日は、近くの耳鼻科医院で花粉症の薬をもらったりと雑用を済ませてから、友達に会いに車で1時間半北へ走らせ、たわいもない話で2,3時間盛り上がって、その後、買い物をして地元へ帰りました。 その友達 異性 は、最近 と にハマっているようで、では、ちゃん、ちゃん。 では舞ちゃん、 まいまいみー と愛理ちゃんが好きだそうです。 では私より知識があるようです。 今日は、私が持参したKindaiとB.L.T.をコピーしてあげ、喜んでくれました。 今年になって初めてで、昨年末以来3ヶ月半位ぶりに会ったので、とても楽しく話などできて、とてもいい時間でした。 最後はお決まり 私と友達の の握手で別れました。 今度は日にちを空けずに会いたいなぁ〜。 そんなケはおいて、花粉症の時期になろうとしていますね。 私は人生の3分の2は花粉症に悩まされていたといっても言い過ぎではないです。 しかし、ここ数年は早いうちに治療して薬を服用しているので、かなり軽く済んでいます。 関東や東海地方、西日本の太平洋岸の地域ではすでに花粉の飛散量が多くなっていますが、私としては、病院で治療して、薬を処方することをお勧めします。 涙と鼻水にはおさらばしたいですからね。 トータルとともにMCを務めるタレント・(22)は会見に参加できずビデオでメッセージ。 「申し訳ないですがさんを知らない」と衝撃の告白。 「仕事でご一緒したことあるのに」と落胆する2人は「今度会うときに『あ〜』って思い出してくれるかどうかですね」と苦笑い。 それでも「アーティストとのコーナーでは、無名さを利用して本音を引き出したい」とアピールしていた。 が音楽番組でMCですか〜! うれしい限りですが、関西ローカルとの情報もあります。 が、今 日テレ系 でOAしている「音リコ」の後番組なら、ほぼ全国ネットになる可能性大です。 期待したいところです。 愛知県在住の現役女子高生メンバー、りっぽん(=16)、みっきー(=18)は「私たちの表情や普段の姿がたっぷり楽しめる1枚です」と自信を見せた。 シングルには2曲とメーキング映像を収録。 「FAITH!」ではバスガイド姿で歌い踊り、みっきーは「ダンスは大変でしたが、チームワークを見て」とPRした。 3月にはデビュー1周年を控え、りっぽんは「ファンの方たちと一緒に、自分たちも成長していきたい」と意気込む。 名古屋での活動には2人そろって「地元はやっぱり落ち着く!!」と大喜びで「今年は名古屋でライブがやりたいですね」と笑顔で話していた。 この新聞でしか扱ってない記事ですのでUPしてみました。 キャナァーリはまだ顔と名前が一致してないのですが、覚えられたら覚えていきたいと思っています。 ちなみに、先日ヤフー動画で「FAITH」のPVを見ましたが、良曲ですので、おすすめです。 全国から選手571人が参加した中、公式応援歌「きずな」(5月21日発売)を披露。 点や順位を競うだけでなく、選手の自立を促し、社会との懸け橋となる温かな感動を呼ぶ大会にふさわしいやさしい歌声に、選手から「!」の掛け声が飛んだ。 元首相夫人で大会名誉会長の細川佳代子さんが、親交のある作詞家さんに楽曲を依頼。 湯川さんは05年のの閉幕公式テーマ曲「Friends・Love・Believing〜ぬくもりをありがとう〜」で組んだことがある松浦に歌唱を頼んだ。 細川夫人から「素晴らしかったわ」と感謝された松浦は「選手の皆さんが一言ひと言にうなずいてくれてうれしかった」と感激。 来年に米で開かれる世界大会で「チャンスがあれば歌ってみたい」と話した。 人気アイドルの(21)が7日、の体育館で開かれたのための五輪大会「第4回日本 冬期ナショナルゲーム・山形」の開会式にシークレットゲストとして登場。 大会の応援歌として制作された新曲「きずな」(5月21日発売)を、全国32府県から集まった約900人の選手団や家族ら約2000人の前で初披露した。 は、4年に1回開催される知的者のための五輪。 今回は、来年2月に米で開催される9回目の冬季世界大会の国内選考を兼ねて、スピードスケートやなど、2日間で全7競技が行われる。 式典の最後に、10人のコーラスグループとともに、松浦が登場すると、選手たちから「ー!!」と驚きと感動が入り交じった大歓声が。 「みなさんの心がもっともっと楽しく、もっともっと明るくなるように歌います」。 キュートな笑顔を振りまきながら松浦は、熱いメッセージがこもった応援歌をパワフルに熱唱した。 同曲は、大会を運営するの名誉会長で、元首相の妻・細川佳代子さん(65)が、親交の深い作詞家のさんにプロデュースを依頼。 湯川さんも快諾し「ぜひ、若い人に歌ってほしい」と、元気印を象徴する松浦に白羽の矢が立った。 そんな期待に応えるように精いっぱい歌った松浦は「私が歌う言葉に、選手たちがうなずいて聞いてくれたのでうれしかった。 逆に応援された感じで、負けないように私も応援したいと思いました」と感慨深げ。 「来年はアイダホで『きずな』を生披露? そんなチャンスがあれば、ぜひ行きたいです」と目を輝かせていた。 一方、同所での開会式では、女子マ五輪メダリストのさんがトーチランに登場。 雪の上をかんじきで走るイング競技に出場する宮崎裕司さん(13)=宮崎県=ら7人が「精いっぱい力を合わせて勝利を目指します」と選手宣誓した。 大会は3日間の日程で、やなどの競技を行う。 2000人を超えるボランティアのほか、県や市の職員が運営に当たる。 【】 1962年に、米国の故大統領の妹ユニス・・シュライバー夫人が、自宅の庭にたちを集めてデイ・キャンプを開催したのが始まり。 68年に組織化され、1回目の世界大会がシカゴで開催された。 本部は米ワシントンD・C・にあり、現在165カ国以上で約250万人の選手と70万人のボランティアが参加する。 夏季、冬季とも地区大会、全国大会、世界大会があり、全国大会は、夏季が95年に熊本で、冬季は96年に宮城と福岡で初めて開催された。 世界大会は、これまでに夏季が12回、冬季が8回行われている。 長野では既に世界大会が開催されているので、地元民としてはなじみのある大会ですが、国全体としては認知度がまだまだといった大会です。 おととい ? の朝ズバッ!で大会の開催が報じられていましたが、その中で番組のコメンテーターで協会の理事をしていらっしゃる 前知事が「オリンピックは 敵に克つことが目標であるけど、は 昨日までの自分に克つことが目標である」ということを言っていました。 これって人生において当てはめることができるのではないのでしょうか?人間は日々進化していくものではないでしょうか。 心に留めておきたい言葉です。 話が硬くなってしまいましたが、が歌った曲はCD化されるようですが、どんな曲か公になるのが楽しみです。 ()、()ら有力選手で形成するトップ集団の中にいた中村は、33キロ手前で集団から抜け出すとペースを上げ、そのままゴールのテープを切った。 優勝候補の筆頭として注目されていた(ファイテン)は9キロ付近で失速、先頭集団から脱落し大きく遅れた。 初マの中村選手が初優勝しました。 集団から抜け出したら勢いのある走りで優勝しました。 の候補に一躍挙がってきましたね。 その一方で、選手は10キロも走らないうちにアクシデントがあった影響で順位を下げ、27位という惨敗におわりました。 そんな高橋選手にも温かい声援を送った名古屋のみなさんに愛を感じました。 高橋選手には順位に関係なく、棄権をせずに最後まで走りぬいた姿は、「あきらめない」という精神をテレビや沿道で声援を送ったみなさんに何らかのメッセージを送ったのではないかと思います。 これからも同年の星として、頑張るQちゃんにエールを送り続けたいと思います。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は午前中は時々雨が降りましたが、午後は晴れ間が見えた一日でした。 さて今日は、午前中は歯医者での治療や銀行へ出かけて、午後は確定申告書を書いていたりして、家でゆっくりしていました。 ところで、今日のニュースで私の地元でもスギ花粉の飛散が観測されたそうです。 いよいよ花粉症のシーズンが到来しました。 私もお気に入りに入れています。 yoshi-kuma 本題へ入る前に、今日、マの代表選手が発表され、昨日の名古屋で初マ初優勝の選手が代表の一人に選ばれました。 おめでとうございます。 名古屋での走りの再現を期待しています。 ここからは、Qちゃんをめぐるを書きたいと思いますが、最近始まったテレビ番組と主旨が違っているようでしたら、最初にお詫びしておきます。 ネットや新聞で見た記事の中から、いくつかQちゃんをめぐる記事を上げてみたいと思います。 9日ので、事実上残り1枠となった出場の切符を目指した選手(35)=ファイテン、本社客員=の戦いは、敗北に終わった。 昨年夏、右ひざを手術していたことがレース後明らかに。 練習不足は隠しようがなく、序盤によもやの失速。 棄権を心配する声も上がる中、沿道やスタンドの「Qちゃん、がんばれ」の掛け声に押されながらゴール。 もがき苦しみながらの完走を、家族やスタッフ、ファンはしっかりと目に焼き付けた。 「夢かなと思うような状態で、自分でも不思議でした。 スタートラインに立ったときは優勝するつもりだったので」 超スローペースなのに、9キロ手前で早くも先頭集団から脱落していく高橋選手。 「『あきらめなければ夢はかなう』ということを伝えたい」。 大会前日まで語り続けてきた夢とは全く異質の悪夢だった。 「実は昨年8月に右ひざの半月板の手術をして」。 レース後に口にしたのは、初めて明かす事実だった。 「5年前からの持病でしたが、日常生活にも差し支える痛みが出て」。 7月初めに激痛が走ったという。 術後13日で走り始めたが、本格的練習にはほど遠く、筋力トグの「Qズ・キャンプ」を始めたのも、実はリハビリの一環だった。 昨年暮れから長い距離を走れるようになったが「詰めた練習を1週間やると、次の1週間は体が動かなかった。 練習不足だったのかな」。 レース終盤の37・5キロ地点。 沿道の店舗のトイレに駆け込む場面も。 当日の体調も十分ではなかった。 陸上を始めて23年。 日本女子陸上初の金メダル獲得、世界女子初の2時間20分の壁突破、マ11回目。 今回は「集大成にしたい」と言い続けてきた。 しかし、万全とは言えない状態で集大成にできるのかどうか。 マと自分の体を知り尽くしているはずのベテランが、結果的には見極められなかった。 サングラスを投げてスパートし、そのまま逃げ切ったから8年。 サングラスで表情を隠したまま27位でゴールする姿が、その年月を物語っていた。 「競技者としてマでやりたいことが残っているし、応援してくれた人たちに恩返ししたいので、引退は考えていません」。 レース後にきっぱりと話した。 ただ、「あきらめなければ…」と訴えてきた今回のへの挑戦。 応援し、夢を託した人たちも、それぞれの変わらぬ日常の現実の前に引き戻された。 最後の一文が印象に残りました。 夢が夢で終わってしまうという儚さを目前で突きつけられたということでしょうか。 高橋選手にはまだやり残していることがあると思うので、次回のどこかでのレースでは、ぜひとも我々ファンのためにきちんとした恩返しをしてほしいと感じました。 昨日の日記でも書きましたが、高橋選手は優勝こそ逃したものの、あきらめずに完走した姿は私たちに何らかのメッセージを残してくれたと思います。 そんな高橋選手を応援した名古屋や出身地の岐阜の皆さんの応援は暖かったのを物語る記事がありました。 ・岐阜版 声援はやまなかった。 で9日、選手は予想外の27位に沈んだ。 母校藍川東中や高の後輩、恩師たちは競技場や沿道に駆けつけて「頑張れ」と必死の応援を続けた。 大きかった期待と裏腹の結果に残念な思いを抱きながらも、あらためて誓った。 「これからも勇気と感動を与えてほしい。 代々伝わる「夢に向かって!」の横断幕と「がんばれ!!高橋先輩」と書いた紙をガードレールに張り付け、高橋選手が来るのを待った。 「先頭集団でやって来るはず」という期待とは裏腹に、大きく遅れて現れた。 それでも生徒たちは、メガホン片手に大声で校歌を熱唱。 姿が見えなくなるまで声を張り上げた。 「尚子先輩が目標」と話す森知奈美さん(17)は「苦しそうだった。 思わず涙声になってしまった」と肩を落とした。 しかし森さんは、遅れながらも完走したことを知り「 結果だけじゃない。 また、尚子先輩から勇気と感動を与えてもらった」と晴れやかな表情。 安福弘典監督(55)は「つらかったと思うが、最後まで走るのが高橋選手の持ち味。 残念だが応援できてよかった」と話した。 横断幕は「FIGHT」の文字の周りに全校生徒が寄せ書きした。 スタート時はで応援。 目の前を高橋選手が通過すると「先輩頑張って」と大声援。 選手が競技場を出た後は、「走りを沿道で見たい」とまで移動する生徒も。 最後は再び競技場に戻り、ゴールまで高橋選手を応援し続けた。 2年の山下将宏君は、27位という結果にがっかりする様子はなく「これからも頑張ってほしい」と今後に向けてエールを送った。 2人とも最後は競技場でゴールを見届けた。 高橋選手がゴールを見ようと残る観客を見て「 彼女への応援がこれほどすごいとは。 これからもみんなの期待に応えていってほしい」と話した。 その後、右ひざを手術していたと聞き、永井さんは「アップの時からけりが弱いと感じていた。 本人もまた納得のいく走りがしたいのでは」。 中沢さんは「チャレンジすると宣言した手前、手術のことを言えなかったのだろうか。 やりたいことがあるなら、最後まで応援し続けたい」と話した。 太字と斜字で表した言葉がすべてだと思います。 もうやめよう、もう十分だ。 だが、もう一歩だけ前へ。 いや、もうだめだ。 してみれば、マとは「あきらめること」との闘いなのかもしれない。 もし夢だけが、この天才ランナーの燃料なら、そこで止まってもおかしくはない。 だが、彼女は走り続けた。 もし「あきらめること」に慣れていれば、そこでジ・エンドのはずだ。 だが「挑戦せずにあきらめるわけにはいかない」と練習を重ね、名古屋に来た。 そして、それが見る者の心も揺さぶるのではないか。 世代交代の印象だが、十四歳上の高橋選手は引退を否定した。 やはりまた、 もう一歩だけ前へ、である。 最後の言葉である「 もう一歩だけ前へ」が心に刺さります。 この言葉はどんな場面でも言えることではないかと思います。 人間、苦しい立場に追い込まれたときに「 あと一歩」を踏み出せる勇気があるかどうかで、局面が変わると思うんです。 高橋選手の場合は局面は変わらなかったと思いますが、「 もう一歩」の積み重ねが、苦しい状況下においても完走に結びついたと思います。 最後にくどくなるようですが、のHPには掲載されていませんでしたが、新聞の記事に印象に残った文があったので、それを引用して締めたいと思います。 … 前略 …。 「夢はかなう」を実現することはできなかったかもしれない。 でも、あきらめないこと、最後までやり抜くこと、高橋選手は夢の代わりにしっかりと、それを伝えた。 この文を読むと、目頭が熱くなるくらい感動する文です。 この一文に尽きると思います。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は昼前まで霧が出ていましたが、それ以降は晴れの一日でした。 さて今日は、近くのホールでのお芝居の舞台の資材の搬入、搬出 こちらはこれから 、確定申告書の提出のために税務署に行ったりなどしてゆっくりと過ごしていました。 ところで、今日は地元 長野県 では、高校入試の後期日程が行なわれました。 英語のリスニングテストでトラブルがあった学校があったものの、無事終わったようです。 合格発表は21日です。 この間の受験生の心理は察するに余りあるものがあります。 受験をされた皆さんには、自分を信じて、春をもぎ取ってほしいものです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は霞がかったものの、晴れの一日でした。 さて今日は午前中は歯医者との病院の通院、午後は近くの映画館へ行ってきました 詳細は後述。 家に帰ってきてからは、雑誌の整理などしていました。 ところで今日は桜の開花予想の2回目が発表され、私の地元では1回目の予想より2日早い、来月7日です。 ちなみに一番早い開花予想は24日の静岡、高知、大分だそうです。 桜の中でもカンザクラで有名なところが私の地元からさらに1時間南に行った、静岡・愛知県境にあるでは、昨日開花したそうです。 明日はこの方面へ春を探しに行くので、できれば写真をうpしたいと思います。 春は一歩一歩近づいているんですね。 yoshi-kuma 都市部の方から言えば「今頃?」と言われそうですが、うちの地元では今年に入ってからの公開で、21日までの上映でしたので、水曜日がメンズデーだったので、時間もあったので行って来ました。 この作品は、さん演じる美嘉と君演じるヒロが織りなす恋バナが軸になっている作品で、要所要所で携帯電話が出てきて、ストーリーが展開されてきます 元がなので。 この映画は、恋のカタチをあらゆる角度から捉えた作品に思えました。 もう一つ、別の見方をすると、「 空」がストーリーのカギになっているように私は思いました。 それを象徴するかのように、時より空をフィーチャしているシーンがいくつかあるんですが。 それはDVDを見ていただければわかると思います 最後の最後の辺りで。 映画を観終わって、外に出たとき、無意識に空をじっと眺めている自分がいました。 映画館で見られない方はDVDでご覧になることをお勧めします。 感動することは保証付きです。 このコラムは、10日付ののコラム「現場発」に掲載されたものです。 webでは掲載されていませんので、書き起こしをしてみたいと思います 一部、フォントが大きくなったり、カッコ書きの部分がありますが、原文に忠実に書きますので、その上でご覧下さい。 元の 23 が、久々に会見の席に登場した。 事務所の先輩・ 58 との競作シングルのお披露目だったが、取材陣の注目はもっぱら「」の 32 との交際についてだった。 予想通りの質問に、藤本は「さあ、どうですかね。 ご想像にお任せします〜」。 何とか、かわしていたが、リポーターの一言でプッツンした。 庄司との交際発覚でを脱退する羽目になったから神経質になるのは分かる。 フットサルの試合で以前、けんか並みのガッツプレーを一部で非難され「けんか」という言葉につい反応してしまったのだろう。 取材陣にとっては、ムキになったことで交際の順調ぶりが分かったのでしてやったりだった。 とはいえ、藤本も23歳。 本人も「いいかげんに大人にならないと…」と話していたが、そろそろ意地悪な質問でも笑顔でかわす術 すべ が必要なのかもしれない。 これを読んで思ったのは、は不器用なところがあるのかなぁ。 ということです。 つまり、自分が思っていることと実際に伝わっていることにズレがあるのではないかということです。 記憶が間違ってなければ、って血液型がA型だと思うのですが、私もそうなので、うまく感情表現がいかないもどかしさは痛いほど分かります。 でも、芸能界はそうもいっていられない世界なので、上のコラムのように要領よくしゃべる方法を身につけないといけないのではないかと思います 私もかくゆうそんな口ですが。 受章の栄誉に加え、今月14日には60歳の誕生日を迎える。 節目に合わせ、個人事務所の代表職を退き、所属事務所の移籍も発表。 各界から集まった690人の出席者の前で、あえて心機一転、新たな出発を誓った。 各界から参集した(67)、巨人の(72)ら690人が見守る中、60歳を目前にした五木が、まるで子どものように声を震わせた。 「感無量です。 今、思いっきり泣きたい心境です。 これからもたくさん感動して、うれし涙をいっぱい流せるような人生にしていきたいです」 再び、生まれたときに帰るという意味を持つ還暦。 昨年11月、歌手では故さん、(69)らに続き、59歳の若さでを贈られた。 個人事務所「五木プロモーション」のから退き、今月1日から所属事務所を「」に移籍。 新天地は(39)プロデュースのら、多彩なタレントが所属する。 五木は「私が昔、思い描いていた還暦とは10年違う。 もう10年、頑張れる自信があります。 歌の原点に立ち戻って、歌手に専念できます」と、この日からの再出発を宣言、「契り」など4曲を熱唱した。 そして、深々と頭を下げ、すべてのテーブルを回った。 その中には、今年で結婚20周年を迎える妻のさち子さん=元女優、和子=(47)はじめ、2男1女の姿もあった。 「を伝えられたときは、女房と一緒に泣きました。 ボクが元気で歌えるのは、女房の力が大きい。 恩返しができました」。 万感の思いをこめた祝宴は、いつまでも拍手に包まれた。 私の母が五木さんのファンなので、我が家は推し ? になるわけで。 こうなると、五木さんとのコラボとか五木さんの曲をさんが書くということが現実味をおびるのかなと思います コラボは既にエッグの子達と五木さんのディナーショーで一緒になっていたような記憶があるほか、五木さん主催の福井でのマ大会ではが出ていますが。 yoshi-kuma 毎回、クスッと笑わせてくれる ですが、最新記事 8日更新 も面白いです。 まずは フットサルの練習の帰りに、が電車の中で 「しゃっくり(息を吸う)のとくしゃみ(息を吐く)のを一緒にやったらどぉなるんだろぉ? 」って言っていたんです笑 まぁ…そう言われると確かに…どぉなるんだろぉ?? 「 ゜ペ 最後には「やってみたいなぁ」とまで言っておりましたが…たぶん、のっちさんが思うに絶対難しいと思うんだよね(^皿^) でもそれを成し遂げるのが、だと思うんで、マスターして今度やってみせてね! (ニヤリ) こんな疑問を持つちゃんがすごいのですが、それを成し遂げると信じているのっちがもっとすごい。 さらに、このあと仙石先生の話題になり、 また、 さんはまっさらな白いコートにチョコパイのチョコを袖口にべっちょり付けてました。 は、キャプテン吉澤をはじめ、藤本、(23)、(23)ら主力が華麗なゴールを決め、2勝1分けで優勝。 トロフィーを手に吉澤は「前回は準優勝という悔しい結果でしたが、今回は優勝を勝ち取ったことをみんなで喜んで、次のステージにいきたい」とあいさつ、サポーターから大声援を浴びていた。 ・写真あり のフットサルチーム、 ブリリャンチスH・P・が社会人女子チームと対戦する公式大会「グループリーグ ステージ」が12日、東京・駒沢体育館で行われ、2勝1分けで優勝した。 2試合目の森永製菓戦では、熱愛騒動で歌手活動を自粛し、今月からアダルト歌謡歌手として再出発を切った(23)がゴールを決め、存在感を見せつけた。 主将の(22)は「勝つために練習してきたので、優勝という結果を出せてよかった」と笑顔。 4月6日には同リーグの最強決定トーナメント(東京・)に出場する。 デイリースポーツ (22)、(23)らのメンバーによるフットサルチーム、・ブリリャンチスH.P.が12日、東京・駒沢体育館で行われたフットサル大会「グループリーグ ステージ」で優勝した。 2勝1分けで勝ち点7を挙げ、同リーグでは昨年8月以来2大会ぶり2度目の栄冠。 キャプテンの吉澤は「優勝という結果を勝ち取ったことを喜んで、次のステージにいきたい」とのコメント。 次戦「グループリーグ 最強決定トーナメント」(4月6日、)でも頂点を目指す。 来月6日のトーナメント戦は何としても行きたいと思っていますので、活躍を期待しています。 yoshi-kuma 女優の(27)が13日、所属事務所のホームページで夫でデザイナー兼モデルの氏(32)との離婚を発表した。 「歩幅を合わせていくことが難しくなってきた結果の決断」などと記している。 2人は2003年12月に結婚、04年4月に1人息子の宏志ちゃん(3)をもうけた。 しかし、別居するなど2人の距離は開いていき、4年3カ月でピリオドが打たれた。 関係者によると、2人は離婚届を「最近、届け出た」という。 慰謝料はなし。 宏志ちゃんの親権は広末が持つことになったという。 ホームページでは離婚の理由については「歩幅を合わせていくことが難しくなった結果の決断」としている。 出産後は親子3人で外出する姿を、写真週刊誌などが報道。 長男を「宏志」としたときには、報道各社に「家族3人となり、毎日幸せに過ごしております」とのコメントも発表していた。 そんな中、05年5月に産休からわずか1年半で女優業に復帰。 周囲からは「早すぎるのでは?」「なぜ働く必要が?」の声が上がった。 その後から、「不仲」「別居」の報道が続くようになった。 岡沢氏の仕事が不調との噂も立ち始め、映画やドラマ出演で忙しくなった広末との間に溝ができていったようだ。 昨年11月にはが「別居中で離婚届を用意」と報道。 広末の所属事務所は完全否定していたが、結局、それから4カ月後に現実のものとなった。 広末は先月中旬、「」の(44)と共演し、8日に放送されたフジテレビドラマ「!」の撮影に参加。 現場に居合わせた制作関係者によると「離婚で悩んでいるような様子はなかった」という。 岡沢氏もこの日、オフィシャルブログを更新。 ただ、東京都渋谷区内の書店を撮影した写真を掲載したのみで、コメントは一切なかった。 ファンの前は広末さんのファンでした。 ファンになって以降は少し気になる人という感じでしたが、結婚には驚きました。 不仲説がたびたび出ていたので、気にはなっていたのですが、やはりといった感じでしょうか。 ここのところ、芸能界では離婚やといった報道が多いのですが、もう少し慎重に結婚や恋愛を考えた方がいいのではと思います。 yoshi-kuma 今日、JR各社でが行なわれましたが、それによって廃止になった列車もあります。 10番ホームには約2千人の鉄道ファンたちが押し寄せ、最後の姿を見送った。 午後10時23分に銀河が入線すると、体や天の川をあしらった「テールマーク」をカメラに収めようと、ファンは盛んにシャッターを切った。 の会社員千賀照文さん(36)は、鉄道好きの息子諒熙(りょうき)君(4)と写真を撮っていた。 「この子が大きくなった時はがなくなってしまうかもしれない。 だからぜひ見せてやりたくって」 午後11時に列車が動き出すと「さよならー!」「ありがとう!」という叫び声も上がった。 鉄道好きな私としては残念な話題ですが、時代の流れからすれば致し方がないことなのでしょうか。 こうやって愛され続けてきた列車だけにファンやかつて利用したことのある人にとっては感慨深いものがあるのでしょう。 yoshi-kuma で無くなるものがある一方、新しく誕生したものもあります。 きょうは新しいサービス開始を祝いJRの新幹線改札口で記念のセレモニーが行われました。 「モバイルSuica」は事前に登録すると駅の窓口などで切符を受けとらずに携帯電話をかざせば自動改札を通過できる新しいサービスです。 「モバイルSuica」は新幹線の長野〜東京間の料金が自由席も指定席も同じ7200円となり自由席で260円指定席で770円割引になります。 またきょうから「Suica」が県内の新幹線の4つの駅にあるコンビニなど19店と機84台で使えるようになりました。 yoshi-kuma 昨年10月に死去した建築家さんが昨年の選などでとして使った車が、に贈られることになり、14日、町側に引き渡された。 黒川さんが設計した円形の窓があり、車内にテーブルやいすも置かれて、選挙のころは話題になった1台。 町はイベントで子どもたちに乗ってもらい、移動美術館などにも活用する考えだ。 黒川さんは町立ロマン美術館を設計。 今月1日に同館で黒川さんをしのぶ講演会が催された際、黒川さんの長男で(東京)の未来夫さん(42)と町関係者の間でのことが話題に。 廃棄を考えていた未来夫さんが、当面は町に貸し出して利用してもらい、将来的には譲渡することにしたという。 同事務所によると、は昨年3月に購入した米国製キャンピングカーで、長さ約8メートル、幅約2・5メートル、高さ約3・5メートル、総重量は約7トン。 黒川さんはいろんな人との会話を楽しむ空間づくりを考えたといい、トイレや発電機も取り付けられている。 14日は竹節義孝町長が同事務所を訪問。 未来夫さんは「大切に使ってほしい」と希望し、竹節町長は「黒川さんの共生への思いを多くの人に伝え、有効に使いたい」と応じた。 未来夫さんは黒川さんがロマン美術館について触れて作った詩と本人の写真が収められた額を町長に手渡した。 馴染みのある土地へ送られれば、本人も喜ぶことでしょう。 yoshi-kuma 、のW杯で日本人選手初となる種目別年間優勝を達成した(28)==が17日、東京都内で記者会見し、「まさか総合優勝を取れるとは思っていなかった。 上村はW杯第6戦の猪苗代大会で3季ぶりの優勝を果たし、残り4戦も表彰台の頂点に登り、日本人最高の5連勝を達成。 力強いターンとさえ渡るエアでW杯10戦5勝(2位1度4位1度)、勝率5割という圧倒的な成績で年間チャンピオンを勝ち取った。 「今季の結果で、世界の1番を競う場所に自分を置くことができた」と話した上村は今後、来年の世界選手権猪苗代大会や2年後のに向けて決意を新たにした。 今季の結果は猪苗代大会でコーチや周りの人のおかげで、『自分の滑りを披露するしかない』という気持ちに集中できるようなって優勝を取れたことが大きい。 1番つらかった時期は 「五輪前年はいつも自分の弱さに勝てなかった。 (の)さんの引退式で初めて見てあこがれの存在だった。 試合ごとにスピードと踏切の感覚がつかめていった。 変な意味じゃなくて、今季欠場したハイル選手(カナダ)もすごく強い選手。 後輩の伊東みき選手など気になる選手も多くいるけど、気にしないようにしている」 のワールド(W杯)で今季大活躍した女子の()が17日、W杯の全日程を終えて欧州の転戦から帰国し、で日本選手初の種目別優勝を果たした喜びなどを、東京都内の記者会見で話した。 「もらった日は夜遅くて(ケースから)出さなかったが、ようやくきょう皆さんに写真を撮ってもらったりして、きらきらして見える。 「(第1エアから第2エアまでの)ミドルに長さがあり、こぶも多くなった。 攻めて滑ることができた。 「(ライバルは)自分かな。 気になる選手はいるが、自分のことに集中してやりたい。 (猪苗代である)来年の世界選手権や(2年後の)の後も、今のような気持ちで終われるように頑張りたい。 これからも強くなりたい」 多くの人たちの支えと本人の努力が、今回の結果に結びついたと思います。 テレビで競技のシーンが流れていましたが、エアーのみならず、ターンにぶれが無く、流れるように滑走していた姿はカッコよかったです。 来季、そして2年後のでのさらなる活躍に期待しています。 地元が同じ県なので。 yoshi-kuma 雑誌「SEVENTEEN」()の専属モデル(14)がのルドラマ「先生はエライっ!」(4月12日、後9・00)で女優デビューする。 長野県内の中学に通い、4月から3年生。 5238人が応募した「2007」のグランプリに選ばれ、昨年9月にデビュー。 バレーボール部でならした1メートル65の8頭身美少女で、20人以上のモデルがいる同誌の読者アンケートでは早くもベスト5に迫る勢いを見せている。 (19)(20)らン誌出身者の活躍は目覚ましく、田中も今春から2社のCM出演が決定。 今夏には映画デビュー作「」の公開も控えている。 ダメ中学教師()を4人がプロデュースするストーリーで、田中はクラス女子のリーダー的存在。 父親の仕事の関係で4〜10歳まで米国に滞在。 特技は英会話、バレエ。 趣味はお菓子作り。 血液型A。 スポーツ報知 女優でモデルの(14)が日テレ系の2時間ドラマ「先生はエライっ!」(4月12日、後9時)でドラマデビューすることが16日、分かった。 (37)演じるさえない中学教師をイケてる先生に変身させる物語。 田中は人気グループ「Hey!Say!JUMP」の有岡大貴(16)の同級生役で、失恋後に親友の恋を応援する優しい女の子を演じる。 女子生徒のリーダー的存在でもある。 「私も人に付いていくより引っ張るタイプ」という田中は、活発な役柄を意識し自らスカート丈を短くした。 「性格を考えることが役になりきる一番の近道」と役作りにこだわっている。 長野県内の中学2年生。 バレーボール部では165センチの長身を生かしアタッカーを担当。 昨夏に「」のグランプリを射止め同誌専属モデルに。 映画「」が夏公開を控える注目株だ。 笑顔がトレードマーク。 「雑誌の撮影では緊張して笑えないということがない。 いつも笑顔で私らしく演技できたら」と目標を語った。 ここ1,2年で長野県からもアイドルが輩出されていますが、現在の旬のアイドルといえば、この子かなと思っています。 所属事務所が、さん、さん、ちゃんと同じなので、マネージメントは完璧だと思います。 上の情報元には写真はありませんが、下にリンクを貼っておきますので、是非ご覧になって下さい。 第2のさんになってくれればと期待しています。 今日は晴れの一日でした。 さて今日は午前中は歯医者での治療と職安で紹介状の発行をお願いし、午後は履歴書を書いたり、散歩をしたりなどしていました。 ところで、今日はニュースで報じられていましたが、地元 長野県 の小中学校では、今日が卒業式がピークだったそうです。 家の前に小学校がありますが、明日のようです。 私は小中学校の卒業の話は20年以上前のことです。 卒業された皆さんには次へのステップでいいスタートが切れることを願っています。 yoshi-kuma SBC・動画あり はでを貫くルートの実現性を探るためのボーリング調査をはじめました。 ボーリング調査が始まったのは、大河原の沢沿いで、きょうは専用の機械を動かし先端につけられた金属性の棒で、側の斜面に向かって水平に穴をあける様子が公開されました。 今回の調査はが想定している長野県との間でをトンネルで貫くの「直線ルート」についてその実現性を探るもので、直径10センチの穴を最終的には3キロまであけて岩盤の硬さなど詳しい地質を調べます。 では、すでに側でも調査を始めていてがトンネル掘削に適しているかどうか年内には必要なデータを得たいと話しています。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は雲が少し出たものの、晴れの一日でした。 さて今日は、午前中は車で南へ20分くらいの山裾にある工場へ面接に行ったり、職安に行くなどし、午後は車を北へ走らせ、で水中ウォーキングなどをして、家へ戻ってからは新聞や紙類の整理をしていました。 面接の方は、即戦力がほしいということで無理だとは思いますが、即答ではないので、約1週間後の連絡を待ちたいと思います。 その一方で、地元 長野県 では、高校入試の後期日程の合格発表があり、約1万1千人が春を勝ち取ったというニュースや国立大のでは卒業式があり、社会人として巣立っていくというニュースのように、新しいステップを踏んでいく人たちがいるということで、それぞれのフィールドで思う存分力を発揮してほしいものです。 yoshi-kuma 昨日は更新する気が起こらなかったので更新しませんでしたが、体調は良好でしたのでご心配なく。 それはおいて、昨日は午後から母校の部のフレッシュコンサートがあったので、近くの公民館へ行ってきました。 中身としては手作り感があふれていて、司会がたどたどしかったのも愛嬌の内でしょうか。 でも演奏はしっかりしていて、プログラムに書いてあったような準備不足もさほど感じませんでした。 話は少し逸れますが、私はその部で部長をしていたんです。 つまり、大先輩になります。 現在の部長と比べると、私なんて足元にも及ばないです。 地域のこととか応援してくれている人のことなんて考えもしなかったですから。 自分のことと部員をまとめることで精一杯で、外のことなんて…。 それに比べれば、今の部長始め、部員のみんなは生き生きしていて、応援したくなります。 この生き生きとした学生の姿を見て、私自身、初心に返れた思いがしました。 「またをやってみよう」という気持ちもそうですが、 「何事にも初心を忘れないように取り組む」という気持ちも湧いてきました。 そんな思いにさせてくれた貴重な時間でした。 yoshi-kuma 第1日(20日、東京・国立代々木競技場第1体育館)姉に続け! 男女各53校が参加して開幕。 女子では4大会ぶりの優勝を目指す(東京第2)が和歌山信愛女短大付にストレート勝ち。 優勝経験のある(宮城)は、()に勝った。 木村は第1セット途中から夢舞台に登場。 コート外のベンチ際までボールを追い、横っ飛びして右腕1本でボールをつなぐなど、抜群の瞬発力で仲間を鼓舞した。 「東京都予選より緊張しませんでした。 会場が大きいわりに、チームのみんなの声がよく聞こえましたから」 姉譲りの強心臓? 木村家のDNAをアピールした。 「この雰囲気はよく知っていました」。 そう、実姉・沙織は在学中に全日本入りし、「スーパー女子高生」の異名を取り、今や全日本のエース級アタッカー。 その姉が全国制覇を含む2年連続でに出場した際、小学生だった妹・美里は、観客席から必死に声援を送っていたのだ。 姉の現在の身長は1メートル84。 一方、美里の身長は1メートル59とその差は25センチもある。 2人の誕生時の体重は沙織の3800グラムに対して、美里は3500グラムとともにビッグベビーだったが、中学3年間で15センチも身長が伸びたという姉とは違い、美里はなぜかストップ。 だが、それがレシーブに徹するとして進む道を決めた。 「ライバル心? 年齢も5つ違うし、ポジションも違うからあまりないですね。 姉より負けず嫌いな性格だって言われますけど…」。 で活躍し、内で生活する姉が10日に上京したときにも、「友達や食べ物の話で盛り上がりました」と仲のいい姉妹に戻った。 姉は、妹の心のよりどころでもある。 部活のジャーやバッグ、はすべてダブダブの姉のお古を折り曲げて使っている。 「目標はもちろん、日本一。 みんなに声をかけてムードをよくして、どんなボールも落とさないようにしたいです」。 美里のコートネーム(愛称)は『ミサ』。 順当なら、23日の3回戦で前回優勝校で今年も優勝の最有力候補の(大分)と対戦する。 ミサの魂のレシーブが、チームを勢いづける。 51(同26)年に成徳学園高等学校、03(平成15)年に現校名に変更。 特進、進学、国際の3コースがある。 優勝は02(第33回大会)、03年(第34回大会)で連覇。 、部も活躍。 所在地は東京・世田谷区。 センスがいいね。 でも、になって(身長が)上に伸びなくなったのかな。 頑張ったけど、まだ1年生だからチームの迷惑にならなければいいんですが…」 C お姉さん サオリン に続いて、妹も活躍しているようです。 背丈ではお姉さんに劣りますが、ガッツでは負けていませんね。 お姉さんのお古を使っているなんて、なんともほほえましいです。 また、気になる選手が増えました。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は少し雲が出たものの、晴れの一日でした。 車で移動をしたのですが、窓を開けて運転していました。 ということで、陽気のいいうちに今日は午前中にタイヤを冬から夏用に交換し、近くのガソリンスタンドで洗車や空気圧のチェックをしてもらいました。 午後は、外したタイヤを実家近くの倉庫へ持っていき、そのあとはお彼岸ということもあって、父親の実家へ行き、墓参りをしてきました。 とても、気持ちが晴れ晴れとした一日でした。 下の写真は実家近くで撮った、満開の梅の写真です。 ところで今日は、梅ではなく、桜のが東京、名古屋、静岡、熊本で発表されたそうです。 また、沖縄ではがあったそうで、陽気がぐんぐんよくなっていく気配を感じます。 yoshi-kuma 今日はこんにちはです。 よしくまです 最初の投稿は昼間なので。 今、地元からへ向かう高速バスに乗っています。 今日は地元 長野県 を中心に活躍しているインディーズ女性デュオ[ma]の活動休止前ラストライブに参加するためにへ行きます。 の成分がある分際としてはエッグ新人公演 ちゃんエッグ卒業公演 @横浜とかライブ@新潟 小凱旋公演 に参加するのが本分なのでしょうが、そんな余力なんぞございません。 でも、今日行くライブのアーティストもと同じ時からのファンなので、ちゃんのとして最後のライブも見たい気持ちはありますが、ソロになっても応援できるので、今日は長野へ行きます。 30日夜追記 昨日29日は、雲が多く、時より日が射す 地元ととも という一日でした。 長野は空気が冷たかったです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 さて、今日の見出し文の「守・破・離」という言葉ですが、今朝購入したのラジオ欄の上のTVダイアリーのコーナーで「」 フジ のキャスターで、以前は私の地元のTBS系の放送局 に籍を置いていたさんが引用していた言葉です。 その記事を引用すると 「守」…言われたことを忠実に守り訓練する。 「破」…身に着けたものをさらに洗練させるとともに、型を破り、個性を見い出していく。 「離」…新境地を切り開き、何ものにもとらわれない。 ということで、物事を習得する上で必要であるとされている、ということです。 納得いくことだと思います。 つまり、基礎を固め、応用力を付け、独自性を見い出していくということだと思います。 どんなことにも、この段階は必要なものであるので、自分も肝に銘じておきたいと思います。 ちなみに、このコラムでの杉崎さんの回は今回までで、来週からは、NHKアナウンサーのさんが登場するそうです。 私の中で注目しているアナウンサーなので、楽しみです。 yoshi-kuma この言葉をネットで見た瞬間、胸に込み上げるものを感じました。 「とうさんへ いつもおしごとがんばってくれてありがとう でも、じこにあって つらいめにあったとおもうけど みんなとうさんをしんぱいしていて わたしは学校からかえってきて とうさんがしんだときいて とてもかなしくなりました。 でも とうさんがいなくても学校はがんばります」 JRで18歳の少年にホームから突き落とされて亡くなった職員の假谷(かりや)国明さん(38)の葬儀が28日、の斎場で営まれた。 出棺前、父親の要さん(70)は「このような事件が二度と起きないように」と、假谷さんの小学1年の長女の手紙を報道陣の方に向かって読み上げた。 「とうさんがいなくても学校はがんばります」という手紙を読み上げている最中、要さんが言葉に詰まると、親族とみられる女性が駆け寄って背後から支えた。 読み終えた要さんは「このけなげな言葉を犯人に聞かしてやりたい」と声を震わせて訴えた。 式には友人、同僚、・知事ら約1000人が参列。 假谷さんが大好きだったの「蕾(つぼみ)」が会場に流れると、気丈に振る舞っていた假谷さんの妻(37)は親族に抱きかかえられるようにしていすに座ったという。 ファンだった假谷さんのため、出棺の際には「」が流された。 娘さんの手紙のくだりを読んでいると、目頭が熱くなりました。 何の前触れもなく亡くなってしまって被害者を思うと残念でなりません。 何も悪くないのに犠牲になってしまう人をつくってはならない、ただそれを思うばかりです。 花見の名所として知られる中心部、りのサクラ並木では、枝先のつぼみが開いたことから、きょう地域の気象アドバイザーが開花を宣言しました。 平年より6日早く、去年より3日遅い春の到来で、通りがかったひとが淡いピンクの花を待ちかねたように眺めていました。 今月8日ごろから気温の高い状態が続いたことから、開花は気象台の開花予想よりも3日早くなりました。 しかし、明日まで気温が低いため、この後の北上のペースは少し鈍りそうです。 県内のサクラの開花予想日は松本、上田で来週10日、長野が12日、諏訪、小諸で15日などとなっています。 3月中にが出されるとは予想しませんでしたが、ここ半月くらいの暖かさが開花を早めたようです。 信州にも本格的な春到来といったところでしょうか。 この日は歌手の(23)をゲストに迎え、中区の南館オルガン広場から公開生放送し、1万5261回目を締めくくった。 会場には開店前から熱心なリスナーが集まり、整理券80枚はあっという間になくなる人気。 買い物客ら約1000人が最後を見守った。 「『Jupiter』を歌ってたら途中から雪が降ってきたのを覚えてます。 来られて本当に良かった!!」と感無量だった。 番組の締めくくりに「Jupiter」を熱唱した平原は目を潤ませ、「私も涙出てきちゃった」と苦笑い。 これには中西直輝、両アナウンサーや観客ももらい泣きし、涙の最終回となった。 いつもの「生活と文化を結ぶ。 」で、締めの一言を発した中西アナは「寂しいけど(のシンボル)カトレヤマークを見たら、番組を思い出して」と満員の会場に呼び掛けた。 単独提供してきたは、番組終了について「大きな時代の流れ。 4月4日から店内のカフェでテレビの新番組(BIKEINA TV)を放送する。 これからも常に新しい形で発信したい」と話した。 学生の時に名古屋にいた頃、少しは聴いていました。 オープニングの 「0時半です。 カトレヤミュージックです。 」のフレーズとエンディングの 「生活と文化を結ぶ。。 」のフレーズは懐かしいです。 時代の流れでというのは淋しい限りです。 歴史的使命が終わったというところでしょうか。 yoshi-kuma.

次の

美勇伝〜第百六十三章〜

みなみちゃんのしゃしん

こんばんは、よしくまです。 今日は午前中は雨や雪が降ったり止んだりでしたが、午後は晴れ間が見えた一日でした。 さて今日は、午前中は家でゆっくりし、午後は外出をし、買い物や映画の上映会に行ってきました。 ところで、今日と明日は寒い天候のようです 今日はもうすぐ終わりですが が、ここ数日で感じたのは、陽射しが濃くなったことでしょうか。 一時期に比べると、陽射しの濃さが数段違うような感じがします。 また日が長くなってもきました。 ありきたりですが、寒暖を繰り返して春が近づいてくるんですね。 来週の中頃くらいから派遣の仕事が落ち着くので、それを利用して、地元で春を探せたらと思っています。 yoshi-kuma 以前、 の昨年12月7日の日記で紹介され、ロケ地のほとんどが地元周辺ということもあって、上映会に参加しました。 この会は一般上映に先駆けて行なわれる「ふるさと上映会」ということで、地元の市長さんや監督のさんのあいさつもあり、そのあと上映が行なわれました。 この映画を観て感じたことは、いろんな意味での「 美しさ」でしょうか。 友情の「美しさ」、ストーリーの軸となる 農村歌舞伎の「美しさ」、そして、 自然の「美しさ」がうまく描かれていました。 印象的だったのが、最後に半次が歌舞伎の引退公演で思い出の衣裳で演じるも、古さゆえに衣裳がボロボロになりながらも演じきるという潔さに感動しました。 このシーンは上映前にも監督さんが見どころとして挙げていました。 上映が終わり、気がついたら、目が潤んでいました。 時間があっという間に過ぎたくらい、映画に惹きつけられました。 もし、皆さんの最寄の映画館で上映がありましたら、是非ご覧になってください。 決して時間の無駄にはならないと思います。 なお、この映画のブログがあるので、チェックしてみてください。 上映の情報がアップされると思いますので。 yoshi-kuma メンバーごとの寸評の最後はお姉さんチーム 娘。 OG+里田さん です。 が、やや固さがあったようにも見えました。 時代のキュートかつほんわかなキャラは健在でしたね。 徐々に勘を取り戻して、娘。 の頃のようなパフォーマンスを見せてほしいものです。 とのヘキサゴン風 名古屋といえば的な や妙に丁寧だったりカミカミなあいさつはト大でした。 との「青春のカスタード」はカッコ良かったです。 そればかりでなくMCでもとのコンビ でのやりとりは他の追随を許さないくらいだったですね。 全開でした。 最後のMCでの「ザ・ピース」ののセリフをがいう段になると突っ込みが炸裂でした。 これからもいろんな意味でをかき回してほしいですね。 石川さんや里田さんがあれだけ自由にできるのはがうまくまとめられてこそのものだと思います。 ライブパフォーマンスでは里田さんとの「青春のカスタード」でのワイルドな衣裳で登場し、私の目が正しければ、張りの左肩チラリを見せてくれたときには「カッケー」と思いました。 最後のMCでは本家石川さんの前で「ザ・ピース」のセリフを照れながらも言うも、結局は男前キャラ ヅカ風 で言ってしまうクオリティでしたが、かなりレアなものを見させていただきました。 さて、のファーストライブツアーも明日の大阪を残すのみとなりました。 を始めメンバーの皆さんには完全燃焼でライブパフォーマンスを見せてほしいですし、ファンの皆さんも完全燃焼して、メンバーを盛り上げてあげてください。 こんな駄文なコメントに付き合っていただき、ありがとうございました。 明日以降になれば隈でネタバレ放題になると思いますので、もっと詳しく知りたい方は他を当たっていただければと思います。 06年8月にを中心としたアイドル集団「」とによる初の共演ミュージカル「」が開催され、今回はその第2弾。 東京・で8月6〜25日に全33公演が行われ、団体チケットは4月1日、一般チケットは6月29日から発売される。 前作はから、専科の男役・箙(えびら)かおるだけが出演したが、今回は、の元トップ2人をはじめ、現役から箙と光あけみ、ダンサーとして計20人の卒業生が参加。 色を濃くした内容になる。 演出も作品を多く手掛けている酒井澄夫氏が務める。 にあこがれ、8歳からを習ったモー娘リーダーの(21)は「とても幸せ。 時間とお金の都合が合えば行きたいと思っていますが、前作の時に比べると娘。 への想いが薄くなってしまっているので、微妙なところです。 でもどんなミュージカルになるかは楽しみにしています。 yoshi-kuma の県立斐太(ひだ)高校で1日、「」があった。 卒業式の後に行われる伝統行事。 卒業生たちは制帽の白線とセーラー服のスカーフを一本につないで、川に流しながら、変わらぬ友情を誓い合った。 が舞い、時折薄日が差すなか、高校前の大八賀川(おおはちががわ)の雪が残る川岸には「白線」を手にした卒業生275人が晴れやかな表情で並んだ。 卒業生は、旧制中時代から歌い継がれる「巴城(はじょう)ケ丘別離の歌」を口ずさみ、川面に突き出した仮設の足場から「ありがとう」などと叫んでは、雪解け水に「白線」を流し入れ、別れを惜しんだ。 もう卒業式のシーズンなんですね。 こういう伝統行事はいつまでも続いてほしいと思います。 青春のいい1ページです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は少し雲がでたものの、晴れの一日でした。 さて今日は、午前中は職安に行って、午後は車で30分くらいかけて、と温泉へ行ってきました。 仕事と違う筋肉を使って、気持ちよかったですし、温泉も癒されました。 ところで、今日の新聞で桜の開花予想の情報が掲載されていましたが、一番早い開花は29日の静岡、高知、大分だそうです 間違ってたらすいません。 ちなみに私の地元では来月9日が予想日です。 今年は平年よりやや遅いところが多いそうです。 が、春の足音が徐々に近づいている感じがしてきますね。 yoshi-kuma のツアーも2日の大阪で無事終わりましたが、グッズを買われた方、そうでない方。 会場に行かれた方、そうでない方といますので、私の推しメンからいくつか選んでうpしたいと思います。 今日は私の推しでもあり、終われないさん ののエッグ1推しの仙石先生ことちゃんのしゃしんを…。 終われないさんの意見に納得です。 ということで仙石先生の衣裳は黄色のフリフリです。 すいません。 こんな感じでいいのカナ? 次回 明日? は、イヴニング息子。 さん に捧げる、ちゃん ちゃん です。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は快晴の一日でした。 さて今日は、近くの耳鼻科医院で花粉症の薬をもらったりと雑用を済ませてから、友達に会いに車で1時間半北へ走らせ、たわいもない話で2,3時間盛り上がって、その後、買い物をして地元へ帰りました。 その友達 異性 は、最近 と にハマっているようで、では、ちゃん、ちゃん。 では舞ちゃん、 まいまいみー と愛理ちゃんが好きだそうです。 では私より知識があるようです。 今日は、私が持参したKindaiとB.L.T.をコピーしてあげ、喜んでくれました。 今年になって初めてで、昨年末以来3ヶ月半位ぶりに会ったので、とても楽しく話などできて、とてもいい時間でした。 最後はお決まり 私と友達の の握手で別れました。 今度は日にちを空けずに会いたいなぁ〜。 そんなケはおいて、花粉症の時期になろうとしていますね。 私は人生の3分の2は花粉症に悩まされていたといっても言い過ぎではないです。 しかし、ここ数年は早いうちに治療して薬を服用しているので、かなり軽く済んでいます。 関東や東海地方、西日本の太平洋岸の地域ではすでに花粉の飛散量が多くなっていますが、私としては、病院で治療して、薬を処方することをお勧めします。 涙と鼻水にはおさらばしたいですからね。 トータルとともにMCを務めるタレント・(22)は会見に参加できずビデオでメッセージ。 「申し訳ないですがさんを知らない」と衝撃の告白。 「仕事でご一緒したことあるのに」と落胆する2人は「今度会うときに『あ〜』って思い出してくれるかどうかですね」と苦笑い。 それでも「アーティストとのコーナーでは、無名さを利用して本音を引き出したい」とアピールしていた。 が音楽番組でMCですか〜! うれしい限りですが、関西ローカルとの情報もあります。 が、今 日テレ系 でOAしている「音リコ」の後番組なら、ほぼ全国ネットになる可能性大です。 期待したいところです。 愛知県在住の現役女子高生メンバー、りっぽん(=16)、みっきー(=18)は「私たちの表情や普段の姿がたっぷり楽しめる1枚です」と自信を見せた。 シングルには2曲とメーキング映像を収録。 「FAITH!」ではバスガイド姿で歌い踊り、みっきーは「ダンスは大変でしたが、チームワークを見て」とPRした。 3月にはデビュー1周年を控え、りっぽんは「ファンの方たちと一緒に、自分たちも成長していきたい」と意気込む。 名古屋での活動には2人そろって「地元はやっぱり落ち着く!!」と大喜びで「今年は名古屋でライブがやりたいですね」と笑顔で話していた。 この新聞でしか扱ってない記事ですのでUPしてみました。 キャナァーリはまだ顔と名前が一致してないのですが、覚えられたら覚えていきたいと思っています。 ちなみに、先日ヤフー動画で「FAITH」のPVを見ましたが、良曲ですので、おすすめです。 全国から選手571人が参加した中、公式応援歌「きずな」(5月21日発売)を披露。 点や順位を競うだけでなく、選手の自立を促し、社会との懸け橋となる温かな感動を呼ぶ大会にふさわしいやさしい歌声に、選手から「!」の掛け声が飛んだ。 元首相夫人で大会名誉会長の細川佳代子さんが、親交のある作詞家さんに楽曲を依頼。 湯川さんは05年のの閉幕公式テーマ曲「Friends・Love・Believing〜ぬくもりをありがとう〜」で組んだことがある松浦に歌唱を頼んだ。 細川夫人から「素晴らしかったわ」と感謝された松浦は「選手の皆さんが一言ひと言にうなずいてくれてうれしかった」と感激。 来年に米で開かれる世界大会で「チャンスがあれば歌ってみたい」と話した。 人気アイドルの(21)が7日、の体育館で開かれたのための五輪大会「第4回日本 冬期ナショナルゲーム・山形」の開会式にシークレットゲストとして登場。 大会の応援歌として制作された新曲「きずな」(5月21日発売)を、全国32府県から集まった約900人の選手団や家族ら約2000人の前で初披露した。 は、4年に1回開催される知的者のための五輪。 今回は、来年2月に米で開催される9回目の冬季世界大会の国内選考を兼ねて、スピードスケートやなど、2日間で全7競技が行われる。 式典の最後に、10人のコーラスグループとともに、松浦が登場すると、選手たちから「ー!!」と驚きと感動が入り交じった大歓声が。 「みなさんの心がもっともっと楽しく、もっともっと明るくなるように歌います」。 キュートな笑顔を振りまきながら松浦は、熱いメッセージがこもった応援歌をパワフルに熱唱した。 同曲は、大会を運営するの名誉会長で、元首相の妻・細川佳代子さん(65)が、親交の深い作詞家のさんにプロデュースを依頼。 湯川さんも快諾し「ぜひ、若い人に歌ってほしい」と、元気印を象徴する松浦に白羽の矢が立った。 そんな期待に応えるように精いっぱい歌った松浦は「私が歌う言葉に、選手たちがうなずいて聞いてくれたのでうれしかった。 逆に応援された感じで、負けないように私も応援したいと思いました」と感慨深げ。 「来年はアイダホで『きずな』を生披露? そんなチャンスがあれば、ぜひ行きたいです」と目を輝かせていた。 一方、同所での開会式では、女子マ五輪メダリストのさんがトーチランに登場。 雪の上をかんじきで走るイング競技に出場する宮崎裕司さん(13)=宮崎県=ら7人が「精いっぱい力を合わせて勝利を目指します」と選手宣誓した。 大会は3日間の日程で、やなどの競技を行う。 2000人を超えるボランティアのほか、県や市の職員が運営に当たる。 【】 1962年に、米国の故大統領の妹ユニス・・シュライバー夫人が、自宅の庭にたちを集めてデイ・キャンプを開催したのが始まり。 68年に組織化され、1回目の世界大会がシカゴで開催された。 本部は米ワシントンD・C・にあり、現在165カ国以上で約250万人の選手と70万人のボランティアが参加する。 夏季、冬季とも地区大会、全国大会、世界大会があり、全国大会は、夏季が95年に熊本で、冬季は96年に宮城と福岡で初めて開催された。 世界大会は、これまでに夏季が12回、冬季が8回行われている。 長野では既に世界大会が開催されているので、地元民としてはなじみのある大会ですが、国全体としては認知度がまだまだといった大会です。 おととい ? の朝ズバッ!で大会の開催が報じられていましたが、その中で番組のコメンテーターで協会の理事をしていらっしゃる 前知事が「オリンピックは 敵に克つことが目標であるけど、は 昨日までの自分に克つことが目標である」ということを言っていました。 これって人生において当てはめることができるのではないのでしょうか?人間は日々進化していくものではないでしょうか。 心に留めておきたい言葉です。 話が硬くなってしまいましたが、が歌った曲はCD化されるようですが、どんな曲か公になるのが楽しみです。 ()、()ら有力選手で形成するトップ集団の中にいた中村は、33キロ手前で集団から抜け出すとペースを上げ、そのままゴールのテープを切った。 優勝候補の筆頭として注目されていた(ファイテン)は9キロ付近で失速、先頭集団から脱落し大きく遅れた。 初マの中村選手が初優勝しました。 集団から抜け出したら勢いのある走りで優勝しました。 の候補に一躍挙がってきましたね。 その一方で、選手は10キロも走らないうちにアクシデントがあった影響で順位を下げ、27位という惨敗におわりました。 そんな高橋選手にも温かい声援を送った名古屋のみなさんに愛を感じました。 高橋選手には順位に関係なく、棄権をせずに最後まで走りぬいた姿は、「あきらめない」という精神をテレビや沿道で声援を送ったみなさんに何らかのメッセージを送ったのではないかと思います。 これからも同年の星として、頑張るQちゃんにエールを送り続けたいと思います。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は午前中は時々雨が降りましたが、午後は晴れ間が見えた一日でした。 さて今日は、午前中は歯医者での治療や銀行へ出かけて、午後は確定申告書を書いていたりして、家でゆっくりしていました。 ところで、今日のニュースで私の地元でもスギ花粉の飛散が観測されたそうです。 いよいよ花粉症のシーズンが到来しました。 私もお気に入りに入れています。 yoshi-kuma 本題へ入る前に、今日、マの代表選手が発表され、昨日の名古屋で初マ初優勝の選手が代表の一人に選ばれました。 おめでとうございます。 名古屋での走りの再現を期待しています。 ここからは、Qちゃんをめぐるを書きたいと思いますが、最近始まったテレビ番組と主旨が違っているようでしたら、最初にお詫びしておきます。 ネットや新聞で見た記事の中から、いくつかQちゃんをめぐる記事を上げてみたいと思います。 9日ので、事実上残り1枠となった出場の切符を目指した選手(35)=ファイテン、本社客員=の戦いは、敗北に終わった。 昨年夏、右ひざを手術していたことがレース後明らかに。 練習不足は隠しようがなく、序盤によもやの失速。 棄権を心配する声も上がる中、沿道やスタンドの「Qちゃん、がんばれ」の掛け声に押されながらゴール。 もがき苦しみながらの完走を、家族やスタッフ、ファンはしっかりと目に焼き付けた。 「夢かなと思うような状態で、自分でも不思議でした。 スタートラインに立ったときは優勝するつもりだったので」 超スローペースなのに、9キロ手前で早くも先頭集団から脱落していく高橋選手。 「『あきらめなければ夢はかなう』ということを伝えたい」。 大会前日まで語り続けてきた夢とは全く異質の悪夢だった。 「実は昨年8月に右ひざの半月板の手術をして」。 レース後に口にしたのは、初めて明かす事実だった。 「5年前からの持病でしたが、日常生活にも差し支える痛みが出て」。 7月初めに激痛が走ったという。 術後13日で走り始めたが、本格的練習にはほど遠く、筋力トグの「Qズ・キャンプ」を始めたのも、実はリハビリの一環だった。 昨年暮れから長い距離を走れるようになったが「詰めた練習を1週間やると、次の1週間は体が動かなかった。 練習不足だったのかな」。 レース終盤の37・5キロ地点。 沿道の店舗のトイレに駆け込む場面も。 当日の体調も十分ではなかった。 陸上を始めて23年。 日本女子陸上初の金メダル獲得、世界女子初の2時間20分の壁突破、マ11回目。 今回は「集大成にしたい」と言い続けてきた。 しかし、万全とは言えない状態で集大成にできるのかどうか。 マと自分の体を知り尽くしているはずのベテランが、結果的には見極められなかった。 サングラスを投げてスパートし、そのまま逃げ切ったから8年。 サングラスで表情を隠したまま27位でゴールする姿が、その年月を物語っていた。 「競技者としてマでやりたいことが残っているし、応援してくれた人たちに恩返ししたいので、引退は考えていません」。 レース後にきっぱりと話した。 ただ、「あきらめなければ…」と訴えてきた今回のへの挑戦。 応援し、夢を託した人たちも、それぞれの変わらぬ日常の現実の前に引き戻された。 最後の一文が印象に残りました。 夢が夢で終わってしまうという儚さを目前で突きつけられたということでしょうか。 高橋選手にはまだやり残していることがあると思うので、次回のどこかでのレースでは、ぜひとも我々ファンのためにきちんとした恩返しをしてほしいと感じました。 昨日の日記でも書きましたが、高橋選手は優勝こそ逃したものの、あきらめずに完走した姿は私たちに何らかのメッセージを残してくれたと思います。 そんな高橋選手を応援した名古屋や出身地の岐阜の皆さんの応援は暖かったのを物語る記事がありました。 ・岐阜版 声援はやまなかった。 で9日、選手は予想外の27位に沈んだ。 母校藍川東中や高の後輩、恩師たちは競技場や沿道に駆けつけて「頑張れ」と必死の応援を続けた。 大きかった期待と裏腹の結果に残念な思いを抱きながらも、あらためて誓った。 「これからも勇気と感動を与えてほしい。 代々伝わる「夢に向かって!」の横断幕と「がんばれ!!高橋先輩」と書いた紙をガードレールに張り付け、高橋選手が来るのを待った。 「先頭集団でやって来るはず」という期待とは裏腹に、大きく遅れて現れた。 それでも生徒たちは、メガホン片手に大声で校歌を熱唱。 姿が見えなくなるまで声を張り上げた。 「尚子先輩が目標」と話す森知奈美さん(17)は「苦しそうだった。 思わず涙声になってしまった」と肩を落とした。 しかし森さんは、遅れながらも完走したことを知り「 結果だけじゃない。 また、尚子先輩から勇気と感動を与えてもらった」と晴れやかな表情。 安福弘典監督(55)は「つらかったと思うが、最後まで走るのが高橋選手の持ち味。 残念だが応援できてよかった」と話した。 横断幕は「FIGHT」の文字の周りに全校生徒が寄せ書きした。 スタート時はで応援。 目の前を高橋選手が通過すると「先輩頑張って」と大声援。 選手が競技場を出た後は、「走りを沿道で見たい」とまで移動する生徒も。 最後は再び競技場に戻り、ゴールまで高橋選手を応援し続けた。 2年の山下将宏君は、27位という結果にがっかりする様子はなく「これからも頑張ってほしい」と今後に向けてエールを送った。 2人とも最後は競技場でゴールを見届けた。 高橋選手がゴールを見ようと残る観客を見て「 彼女への応援がこれほどすごいとは。 これからもみんなの期待に応えていってほしい」と話した。 その後、右ひざを手術していたと聞き、永井さんは「アップの時からけりが弱いと感じていた。 本人もまた納得のいく走りがしたいのでは」。 中沢さんは「チャレンジすると宣言した手前、手術のことを言えなかったのだろうか。 やりたいことがあるなら、最後まで応援し続けたい」と話した。 太字と斜字で表した言葉がすべてだと思います。 もうやめよう、もう十分だ。 だが、もう一歩だけ前へ。 いや、もうだめだ。 してみれば、マとは「あきらめること」との闘いなのかもしれない。 もし夢だけが、この天才ランナーの燃料なら、そこで止まってもおかしくはない。 だが、彼女は走り続けた。 もし「あきらめること」に慣れていれば、そこでジ・エンドのはずだ。 だが「挑戦せずにあきらめるわけにはいかない」と練習を重ね、名古屋に来た。 そして、それが見る者の心も揺さぶるのではないか。 世代交代の印象だが、十四歳上の高橋選手は引退を否定した。 やはりまた、 もう一歩だけ前へ、である。 最後の言葉である「 もう一歩だけ前へ」が心に刺さります。 この言葉はどんな場面でも言えることではないかと思います。 人間、苦しい立場に追い込まれたときに「 あと一歩」を踏み出せる勇気があるかどうかで、局面が変わると思うんです。 高橋選手の場合は局面は変わらなかったと思いますが、「 もう一歩」の積み重ねが、苦しい状況下においても完走に結びついたと思います。 最後にくどくなるようですが、のHPには掲載されていませんでしたが、新聞の記事に印象に残った文があったので、それを引用して締めたいと思います。 … 前略 …。 「夢はかなう」を実現することはできなかったかもしれない。 でも、あきらめないこと、最後までやり抜くこと、高橋選手は夢の代わりにしっかりと、それを伝えた。 この文を読むと、目頭が熱くなるくらい感動する文です。 この一文に尽きると思います。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は昼前まで霧が出ていましたが、それ以降は晴れの一日でした。 さて今日は、近くのホールでのお芝居の舞台の資材の搬入、搬出 こちらはこれから 、確定申告書の提出のために税務署に行ったりなどしてゆっくりと過ごしていました。 ところで、今日は地元 長野県 では、高校入試の後期日程が行なわれました。 英語のリスニングテストでトラブルがあった学校があったものの、無事終わったようです。 合格発表は21日です。 この間の受験生の心理は察するに余りあるものがあります。 受験をされた皆さんには、自分を信じて、春をもぎ取ってほしいものです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は霞がかったものの、晴れの一日でした。 さて今日は午前中は歯医者との病院の通院、午後は近くの映画館へ行ってきました 詳細は後述。 家に帰ってきてからは、雑誌の整理などしていました。 ところで今日は桜の開花予想の2回目が発表され、私の地元では1回目の予想より2日早い、来月7日です。 ちなみに一番早い開花予想は24日の静岡、高知、大分だそうです。 桜の中でもカンザクラで有名なところが私の地元からさらに1時間南に行った、静岡・愛知県境にあるでは、昨日開花したそうです。 明日はこの方面へ春を探しに行くので、できれば写真をうpしたいと思います。 春は一歩一歩近づいているんですね。 yoshi-kuma 都市部の方から言えば「今頃?」と言われそうですが、うちの地元では今年に入ってからの公開で、21日までの上映でしたので、水曜日がメンズデーだったので、時間もあったので行って来ました。 この作品は、さん演じる美嘉と君演じるヒロが織りなす恋バナが軸になっている作品で、要所要所で携帯電話が出てきて、ストーリーが展開されてきます 元がなので。 この映画は、恋のカタチをあらゆる角度から捉えた作品に思えました。 もう一つ、別の見方をすると、「 空」がストーリーのカギになっているように私は思いました。 それを象徴するかのように、時より空をフィーチャしているシーンがいくつかあるんですが。 それはDVDを見ていただければわかると思います 最後の最後の辺りで。 映画を観終わって、外に出たとき、無意識に空をじっと眺めている自分がいました。 映画館で見られない方はDVDでご覧になることをお勧めします。 感動することは保証付きです。 このコラムは、10日付ののコラム「現場発」に掲載されたものです。 webでは掲載されていませんので、書き起こしをしてみたいと思います 一部、フォントが大きくなったり、カッコ書きの部分がありますが、原文に忠実に書きますので、その上でご覧下さい。 元の 23 が、久々に会見の席に登場した。 事務所の先輩・ 58 との競作シングルのお披露目だったが、取材陣の注目はもっぱら「」の 32 との交際についてだった。 予想通りの質問に、藤本は「さあ、どうですかね。 ご想像にお任せします〜」。 何とか、かわしていたが、リポーターの一言でプッツンした。 庄司との交際発覚でを脱退する羽目になったから神経質になるのは分かる。 フットサルの試合で以前、けんか並みのガッツプレーを一部で非難され「けんか」という言葉につい反応してしまったのだろう。 取材陣にとっては、ムキになったことで交際の順調ぶりが分かったのでしてやったりだった。 とはいえ、藤本も23歳。 本人も「いいかげんに大人にならないと…」と話していたが、そろそろ意地悪な質問でも笑顔でかわす術 すべ が必要なのかもしれない。 これを読んで思ったのは、は不器用なところがあるのかなぁ。 ということです。 つまり、自分が思っていることと実際に伝わっていることにズレがあるのではないかということです。 記憶が間違ってなければ、って血液型がA型だと思うのですが、私もそうなので、うまく感情表現がいかないもどかしさは痛いほど分かります。 でも、芸能界はそうもいっていられない世界なので、上のコラムのように要領よくしゃべる方法を身につけないといけないのではないかと思います 私もかくゆうそんな口ですが。 受章の栄誉に加え、今月14日には60歳の誕生日を迎える。 節目に合わせ、個人事務所の代表職を退き、所属事務所の移籍も発表。 各界から集まった690人の出席者の前で、あえて心機一転、新たな出発を誓った。 各界から参集した(67)、巨人の(72)ら690人が見守る中、60歳を目前にした五木が、まるで子どものように声を震わせた。 「感無量です。 今、思いっきり泣きたい心境です。 これからもたくさん感動して、うれし涙をいっぱい流せるような人生にしていきたいです」 再び、生まれたときに帰るという意味を持つ還暦。 昨年11月、歌手では故さん、(69)らに続き、59歳の若さでを贈られた。 個人事務所「五木プロモーション」のから退き、今月1日から所属事務所を「」に移籍。 新天地は(39)プロデュースのら、多彩なタレントが所属する。 五木は「私が昔、思い描いていた還暦とは10年違う。 もう10年、頑張れる自信があります。 歌の原点に立ち戻って、歌手に専念できます」と、この日からの再出発を宣言、「契り」など4曲を熱唱した。 そして、深々と頭を下げ、すべてのテーブルを回った。 その中には、今年で結婚20周年を迎える妻のさち子さん=元女優、和子=(47)はじめ、2男1女の姿もあった。 「を伝えられたときは、女房と一緒に泣きました。 ボクが元気で歌えるのは、女房の力が大きい。 恩返しができました」。 万感の思いをこめた祝宴は、いつまでも拍手に包まれた。 私の母が五木さんのファンなので、我が家は推し ? になるわけで。 こうなると、五木さんとのコラボとか五木さんの曲をさんが書くということが現実味をおびるのかなと思います コラボは既にエッグの子達と五木さんのディナーショーで一緒になっていたような記憶があるほか、五木さん主催の福井でのマ大会ではが出ていますが。 yoshi-kuma 毎回、クスッと笑わせてくれる ですが、最新記事 8日更新 も面白いです。 まずは フットサルの練習の帰りに、が電車の中で 「しゃっくり(息を吸う)のとくしゃみ(息を吐く)のを一緒にやったらどぉなるんだろぉ? 」って言っていたんです笑 まぁ…そう言われると確かに…どぉなるんだろぉ?? 「 ゜ペ 最後には「やってみたいなぁ」とまで言っておりましたが…たぶん、のっちさんが思うに絶対難しいと思うんだよね(^皿^) でもそれを成し遂げるのが、だと思うんで、マスターして今度やってみせてね! (ニヤリ) こんな疑問を持つちゃんがすごいのですが、それを成し遂げると信じているのっちがもっとすごい。 さらに、このあと仙石先生の話題になり、 また、 さんはまっさらな白いコートにチョコパイのチョコを袖口にべっちょり付けてました。 は、キャプテン吉澤をはじめ、藤本、(23)、(23)ら主力が華麗なゴールを決め、2勝1分けで優勝。 トロフィーを手に吉澤は「前回は準優勝という悔しい結果でしたが、今回は優勝を勝ち取ったことをみんなで喜んで、次のステージにいきたい」とあいさつ、サポーターから大声援を浴びていた。 ・写真あり のフットサルチーム、 ブリリャンチスH・P・が社会人女子チームと対戦する公式大会「グループリーグ ステージ」が12日、東京・駒沢体育館で行われ、2勝1分けで優勝した。 2試合目の森永製菓戦では、熱愛騒動で歌手活動を自粛し、今月からアダルト歌謡歌手として再出発を切った(23)がゴールを決め、存在感を見せつけた。 主将の(22)は「勝つために練習してきたので、優勝という結果を出せてよかった」と笑顔。 4月6日には同リーグの最強決定トーナメント(東京・)に出場する。 デイリースポーツ (22)、(23)らのメンバーによるフットサルチーム、・ブリリャンチスH.P.が12日、東京・駒沢体育館で行われたフットサル大会「グループリーグ ステージ」で優勝した。 2勝1分けで勝ち点7を挙げ、同リーグでは昨年8月以来2大会ぶり2度目の栄冠。 キャプテンの吉澤は「優勝という結果を勝ち取ったことを喜んで、次のステージにいきたい」とのコメント。 次戦「グループリーグ 最強決定トーナメント」(4月6日、)でも頂点を目指す。 来月6日のトーナメント戦は何としても行きたいと思っていますので、活躍を期待しています。 yoshi-kuma 女優の(27)が13日、所属事務所のホームページで夫でデザイナー兼モデルの氏(32)との離婚を発表した。 「歩幅を合わせていくことが難しくなってきた結果の決断」などと記している。 2人は2003年12月に結婚、04年4月に1人息子の宏志ちゃん(3)をもうけた。 しかし、別居するなど2人の距離は開いていき、4年3カ月でピリオドが打たれた。 関係者によると、2人は離婚届を「最近、届け出た」という。 慰謝料はなし。 宏志ちゃんの親権は広末が持つことになったという。 ホームページでは離婚の理由については「歩幅を合わせていくことが難しくなった結果の決断」としている。 出産後は親子3人で外出する姿を、写真週刊誌などが報道。 長男を「宏志」としたときには、報道各社に「家族3人となり、毎日幸せに過ごしております」とのコメントも発表していた。 そんな中、05年5月に産休からわずか1年半で女優業に復帰。 周囲からは「早すぎるのでは?」「なぜ働く必要が?」の声が上がった。 その後から、「不仲」「別居」の報道が続くようになった。 岡沢氏の仕事が不調との噂も立ち始め、映画やドラマ出演で忙しくなった広末との間に溝ができていったようだ。 昨年11月にはが「別居中で離婚届を用意」と報道。 広末の所属事務所は完全否定していたが、結局、それから4カ月後に現実のものとなった。 広末は先月中旬、「」の(44)と共演し、8日に放送されたフジテレビドラマ「!」の撮影に参加。 現場に居合わせた制作関係者によると「離婚で悩んでいるような様子はなかった」という。 岡沢氏もこの日、オフィシャルブログを更新。 ただ、東京都渋谷区内の書店を撮影した写真を掲載したのみで、コメントは一切なかった。 ファンの前は広末さんのファンでした。 ファンになって以降は少し気になる人という感じでしたが、結婚には驚きました。 不仲説がたびたび出ていたので、気にはなっていたのですが、やはりといった感じでしょうか。 ここのところ、芸能界では離婚やといった報道が多いのですが、もう少し慎重に結婚や恋愛を考えた方がいいのではと思います。 yoshi-kuma 今日、JR各社でが行なわれましたが、それによって廃止になった列車もあります。 10番ホームには約2千人の鉄道ファンたちが押し寄せ、最後の姿を見送った。 午後10時23分に銀河が入線すると、体や天の川をあしらった「テールマーク」をカメラに収めようと、ファンは盛んにシャッターを切った。 の会社員千賀照文さん(36)は、鉄道好きの息子諒熙(りょうき)君(4)と写真を撮っていた。 「この子が大きくなった時はがなくなってしまうかもしれない。 だからぜひ見せてやりたくって」 午後11時に列車が動き出すと「さよならー!」「ありがとう!」という叫び声も上がった。 鉄道好きな私としては残念な話題ですが、時代の流れからすれば致し方がないことなのでしょうか。 こうやって愛され続けてきた列車だけにファンやかつて利用したことのある人にとっては感慨深いものがあるのでしょう。 yoshi-kuma で無くなるものがある一方、新しく誕生したものもあります。 きょうは新しいサービス開始を祝いJRの新幹線改札口で記念のセレモニーが行われました。 「モバイルSuica」は事前に登録すると駅の窓口などで切符を受けとらずに携帯電話をかざせば自動改札を通過できる新しいサービスです。 「モバイルSuica」は新幹線の長野〜東京間の料金が自由席も指定席も同じ7200円となり自由席で260円指定席で770円割引になります。 またきょうから「Suica」が県内の新幹線の4つの駅にあるコンビニなど19店と機84台で使えるようになりました。 yoshi-kuma 昨年10月に死去した建築家さんが昨年の選などでとして使った車が、に贈られることになり、14日、町側に引き渡された。 黒川さんが設計した円形の窓があり、車内にテーブルやいすも置かれて、選挙のころは話題になった1台。 町はイベントで子どもたちに乗ってもらい、移動美術館などにも活用する考えだ。 黒川さんは町立ロマン美術館を設計。 今月1日に同館で黒川さんをしのぶ講演会が催された際、黒川さんの長男で(東京)の未来夫さん(42)と町関係者の間でのことが話題に。 廃棄を考えていた未来夫さんが、当面は町に貸し出して利用してもらい、将来的には譲渡することにしたという。 同事務所によると、は昨年3月に購入した米国製キャンピングカーで、長さ約8メートル、幅約2・5メートル、高さ約3・5メートル、総重量は約7トン。 黒川さんはいろんな人との会話を楽しむ空間づくりを考えたといい、トイレや発電機も取り付けられている。 14日は竹節義孝町長が同事務所を訪問。 未来夫さんは「大切に使ってほしい」と希望し、竹節町長は「黒川さんの共生への思いを多くの人に伝え、有効に使いたい」と応じた。 未来夫さんは黒川さんがロマン美術館について触れて作った詩と本人の写真が収められた額を町長に手渡した。 馴染みのある土地へ送られれば、本人も喜ぶことでしょう。 yoshi-kuma 、のW杯で日本人選手初となる種目別年間優勝を達成した(28)==が17日、東京都内で記者会見し、「まさか総合優勝を取れるとは思っていなかった。 上村はW杯第6戦の猪苗代大会で3季ぶりの優勝を果たし、残り4戦も表彰台の頂点に登り、日本人最高の5連勝を達成。 力強いターンとさえ渡るエアでW杯10戦5勝(2位1度4位1度)、勝率5割という圧倒的な成績で年間チャンピオンを勝ち取った。 「今季の結果で、世界の1番を競う場所に自分を置くことができた」と話した上村は今後、来年の世界選手権猪苗代大会や2年後のに向けて決意を新たにした。 今季の結果は猪苗代大会でコーチや周りの人のおかげで、『自分の滑りを披露するしかない』という気持ちに集中できるようなって優勝を取れたことが大きい。 1番つらかった時期は 「五輪前年はいつも自分の弱さに勝てなかった。 (の)さんの引退式で初めて見てあこがれの存在だった。 試合ごとにスピードと踏切の感覚がつかめていった。 変な意味じゃなくて、今季欠場したハイル選手(カナダ)もすごく強い選手。 後輩の伊東みき選手など気になる選手も多くいるけど、気にしないようにしている」 のワールド(W杯)で今季大活躍した女子の()が17日、W杯の全日程を終えて欧州の転戦から帰国し、で日本選手初の種目別優勝を果たした喜びなどを、東京都内の記者会見で話した。 「もらった日は夜遅くて(ケースから)出さなかったが、ようやくきょう皆さんに写真を撮ってもらったりして、きらきらして見える。 「(第1エアから第2エアまでの)ミドルに長さがあり、こぶも多くなった。 攻めて滑ることができた。 「(ライバルは)自分かな。 気になる選手はいるが、自分のことに集中してやりたい。 (猪苗代である)来年の世界選手権や(2年後の)の後も、今のような気持ちで終われるように頑張りたい。 これからも強くなりたい」 多くの人たちの支えと本人の努力が、今回の結果に結びついたと思います。 テレビで競技のシーンが流れていましたが、エアーのみならず、ターンにぶれが無く、流れるように滑走していた姿はカッコよかったです。 来季、そして2年後のでのさらなる活躍に期待しています。 地元が同じ県なので。 yoshi-kuma 雑誌「SEVENTEEN」()の専属モデル(14)がのルドラマ「先生はエライっ!」(4月12日、後9・00)で女優デビューする。 長野県内の中学に通い、4月から3年生。 5238人が応募した「2007」のグランプリに選ばれ、昨年9月にデビュー。 バレーボール部でならした1メートル65の8頭身美少女で、20人以上のモデルがいる同誌の読者アンケートでは早くもベスト5に迫る勢いを見せている。 (19)(20)らン誌出身者の活躍は目覚ましく、田中も今春から2社のCM出演が決定。 今夏には映画デビュー作「」の公開も控えている。 ダメ中学教師()を4人がプロデュースするストーリーで、田中はクラス女子のリーダー的存在。 父親の仕事の関係で4〜10歳まで米国に滞在。 特技は英会話、バレエ。 趣味はお菓子作り。 血液型A。 スポーツ報知 女優でモデルの(14)が日テレ系の2時間ドラマ「先生はエライっ!」(4月12日、後9時)でドラマデビューすることが16日、分かった。 (37)演じるさえない中学教師をイケてる先生に変身させる物語。 田中は人気グループ「Hey!Say!JUMP」の有岡大貴(16)の同級生役で、失恋後に親友の恋を応援する優しい女の子を演じる。 女子生徒のリーダー的存在でもある。 「私も人に付いていくより引っ張るタイプ」という田中は、活発な役柄を意識し自らスカート丈を短くした。 「性格を考えることが役になりきる一番の近道」と役作りにこだわっている。 長野県内の中学2年生。 バレーボール部では165センチの長身を生かしアタッカーを担当。 昨夏に「」のグランプリを射止め同誌専属モデルに。 映画「」が夏公開を控える注目株だ。 笑顔がトレードマーク。 「雑誌の撮影では緊張して笑えないということがない。 いつも笑顔で私らしく演技できたら」と目標を語った。 ここ1,2年で長野県からもアイドルが輩出されていますが、現在の旬のアイドルといえば、この子かなと思っています。 所属事務所が、さん、さん、ちゃんと同じなので、マネージメントは完璧だと思います。 上の情報元には写真はありませんが、下にリンクを貼っておきますので、是非ご覧になって下さい。 第2のさんになってくれればと期待しています。 今日は晴れの一日でした。 さて今日は午前中は歯医者での治療と職安で紹介状の発行をお願いし、午後は履歴書を書いたり、散歩をしたりなどしていました。 ところで、今日はニュースで報じられていましたが、地元 長野県 の小中学校では、今日が卒業式がピークだったそうです。 家の前に小学校がありますが、明日のようです。 私は小中学校の卒業の話は20年以上前のことです。 卒業された皆さんには次へのステップでいいスタートが切れることを願っています。 yoshi-kuma SBC・動画あり はでを貫くルートの実現性を探るためのボーリング調査をはじめました。 ボーリング調査が始まったのは、大河原の沢沿いで、きょうは専用の機械を動かし先端につけられた金属性の棒で、側の斜面に向かって水平に穴をあける様子が公開されました。 今回の調査はが想定している長野県との間でをトンネルで貫くの「直線ルート」についてその実現性を探るもので、直径10センチの穴を最終的には3キロまであけて岩盤の硬さなど詳しい地質を調べます。 では、すでに側でも調査を始めていてがトンネル掘削に適しているかどうか年内には必要なデータを得たいと話しています。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は雲が少し出たものの、晴れの一日でした。 さて今日は、午前中は車で南へ20分くらいの山裾にある工場へ面接に行ったり、職安に行くなどし、午後は車を北へ走らせ、で水中ウォーキングなどをして、家へ戻ってからは新聞や紙類の整理をしていました。 面接の方は、即戦力がほしいということで無理だとは思いますが、即答ではないので、約1週間後の連絡を待ちたいと思います。 その一方で、地元 長野県 では、高校入試の後期日程の合格発表があり、約1万1千人が春を勝ち取ったというニュースや国立大のでは卒業式があり、社会人として巣立っていくというニュースのように、新しいステップを踏んでいく人たちがいるということで、それぞれのフィールドで思う存分力を発揮してほしいものです。 yoshi-kuma 昨日は更新する気が起こらなかったので更新しませんでしたが、体調は良好でしたのでご心配なく。 それはおいて、昨日は午後から母校の部のフレッシュコンサートがあったので、近くの公民館へ行ってきました。 中身としては手作り感があふれていて、司会がたどたどしかったのも愛嬌の内でしょうか。 でも演奏はしっかりしていて、プログラムに書いてあったような準備不足もさほど感じませんでした。 話は少し逸れますが、私はその部で部長をしていたんです。 つまり、大先輩になります。 現在の部長と比べると、私なんて足元にも及ばないです。 地域のこととか応援してくれている人のことなんて考えもしなかったですから。 自分のことと部員をまとめることで精一杯で、外のことなんて…。 それに比べれば、今の部長始め、部員のみんなは生き生きしていて、応援したくなります。 この生き生きとした学生の姿を見て、私自身、初心に返れた思いがしました。 「またをやってみよう」という気持ちもそうですが、 「何事にも初心を忘れないように取り組む」という気持ちも湧いてきました。 そんな思いにさせてくれた貴重な時間でした。 yoshi-kuma 第1日(20日、東京・国立代々木競技場第1体育館)姉に続け! 男女各53校が参加して開幕。 女子では4大会ぶりの優勝を目指す(東京第2)が和歌山信愛女短大付にストレート勝ち。 優勝経験のある(宮城)は、()に勝った。 木村は第1セット途中から夢舞台に登場。 コート外のベンチ際までボールを追い、横っ飛びして右腕1本でボールをつなぐなど、抜群の瞬発力で仲間を鼓舞した。 「東京都予選より緊張しませんでした。 会場が大きいわりに、チームのみんなの声がよく聞こえましたから」 姉譲りの強心臓? 木村家のDNAをアピールした。 「この雰囲気はよく知っていました」。 そう、実姉・沙織は在学中に全日本入りし、「スーパー女子高生」の異名を取り、今や全日本のエース級アタッカー。 その姉が全国制覇を含む2年連続でに出場した際、小学生だった妹・美里は、観客席から必死に声援を送っていたのだ。 姉の現在の身長は1メートル84。 一方、美里の身長は1メートル59とその差は25センチもある。 2人の誕生時の体重は沙織の3800グラムに対して、美里は3500グラムとともにビッグベビーだったが、中学3年間で15センチも身長が伸びたという姉とは違い、美里はなぜかストップ。 だが、それがレシーブに徹するとして進む道を決めた。 「ライバル心? 年齢も5つ違うし、ポジションも違うからあまりないですね。 姉より負けず嫌いな性格だって言われますけど…」。 で活躍し、内で生活する姉が10日に上京したときにも、「友達や食べ物の話で盛り上がりました」と仲のいい姉妹に戻った。 姉は、妹の心のよりどころでもある。 部活のジャーやバッグ、はすべてダブダブの姉のお古を折り曲げて使っている。 「目標はもちろん、日本一。 みんなに声をかけてムードをよくして、どんなボールも落とさないようにしたいです」。 美里のコートネーム(愛称)は『ミサ』。 順当なら、23日の3回戦で前回優勝校で今年も優勝の最有力候補の(大分)と対戦する。 ミサの魂のレシーブが、チームを勢いづける。 51(同26)年に成徳学園高等学校、03(平成15)年に現校名に変更。 特進、進学、国際の3コースがある。 優勝は02(第33回大会)、03年(第34回大会)で連覇。 、部も活躍。 所在地は東京・世田谷区。 センスがいいね。 でも、になって(身長が)上に伸びなくなったのかな。 頑張ったけど、まだ1年生だからチームの迷惑にならなければいいんですが…」 C お姉さん サオリン に続いて、妹も活躍しているようです。 背丈ではお姉さんに劣りますが、ガッツでは負けていませんね。 お姉さんのお古を使っているなんて、なんともほほえましいです。 また、気になる選手が増えました。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は少し雲が出たものの、晴れの一日でした。 車で移動をしたのですが、窓を開けて運転していました。 ということで、陽気のいいうちに今日は午前中にタイヤを冬から夏用に交換し、近くのガソリンスタンドで洗車や空気圧のチェックをしてもらいました。 午後は、外したタイヤを実家近くの倉庫へ持っていき、そのあとはお彼岸ということもあって、父親の実家へ行き、墓参りをしてきました。 とても、気持ちが晴れ晴れとした一日でした。 下の写真は実家近くで撮った、満開の梅の写真です。 ところで今日は、梅ではなく、桜のが東京、名古屋、静岡、熊本で発表されたそうです。 また、沖縄ではがあったそうで、陽気がぐんぐんよくなっていく気配を感じます。 yoshi-kuma 今日はこんにちはです。 よしくまです 最初の投稿は昼間なので。 今、地元からへ向かう高速バスに乗っています。 今日は地元 長野県 を中心に活躍しているインディーズ女性デュオ[ma]の活動休止前ラストライブに参加するためにへ行きます。 の成分がある分際としてはエッグ新人公演 ちゃんエッグ卒業公演 @横浜とかライブ@新潟 小凱旋公演 に参加するのが本分なのでしょうが、そんな余力なんぞございません。 でも、今日行くライブのアーティストもと同じ時からのファンなので、ちゃんのとして最後のライブも見たい気持ちはありますが、ソロになっても応援できるので、今日は長野へ行きます。 30日夜追記 昨日29日は、雲が多く、時より日が射す 地元ととも という一日でした。 長野は空気が冷たかったです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 さて、今日の見出し文の「守・破・離」という言葉ですが、今朝購入したのラジオ欄の上のTVダイアリーのコーナーで「」 フジ のキャスターで、以前は私の地元のTBS系の放送局 に籍を置いていたさんが引用していた言葉です。 その記事を引用すると 「守」…言われたことを忠実に守り訓練する。 「破」…身に着けたものをさらに洗練させるとともに、型を破り、個性を見い出していく。 「離」…新境地を切り開き、何ものにもとらわれない。 ということで、物事を習得する上で必要であるとされている、ということです。 納得いくことだと思います。 つまり、基礎を固め、応用力を付け、独自性を見い出していくということだと思います。 どんなことにも、この段階は必要なものであるので、自分も肝に銘じておきたいと思います。 ちなみに、このコラムでの杉崎さんの回は今回までで、来週からは、NHKアナウンサーのさんが登場するそうです。 私の中で注目しているアナウンサーなので、楽しみです。 yoshi-kuma この言葉をネットで見た瞬間、胸に込み上げるものを感じました。 「とうさんへ いつもおしごとがんばってくれてありがとう でも、じこにあって つらいめにあったとおもうけど みんなとうさんをしんぱいしていて わたしは学校からかえってきて とうさんがしんだときいて とてもかなしくなりました。 でも とうさんがいなくても学校はがんばります」 JRで18歳の少年にホームから突き落とされて亡くなった職員の假谷(かりや)国明さん(38)の葬儀が28日、の斎場で営まれた。 出棺前、父親の要さん(70)は「このような事件が二度と起きないように」と、假谷さんの小学1年の長女の手紙を報道陣の方に向かって読み上げた。 「とうさんがいなくても学校はがんばります」という手紙を読み上げている最中、要さんが言葉に詰まると、親族とみられる女性が駆け寄って背後から支えた。 読み終えた要さんは「このけなげな言葉を犯人に聞かしてやりたい」と声を震わせて訴えた。 式には友人、同僚、・知事ら約1000人が参列。 假谷さんが大好きだったの「蕾(つぼみ)」が会場に流れると、気丈に振る舞っていた假谷さんの妻(37)は親族に抱きかかえられるようにしていすに座ったという。 ファンだった假谷さんのため、出棺の際には「」が流された。 娘さんの手紙のくだりを読んでいると、目頭が熱くなりました。 何の前触れもなく亡くなってしまって被害者を思うと残念でなりません。 何も悪くないのに犠牲になってしまう人をつくってはならない、ただそれを思うばかりです。 花見の名所として知られる中心部、りのサクラ並木では、枝先のつぼみが開いたことから、きょう地域の気象アドバイザーが開花を宣言しました。 平年より6日早く、去年より3日遅い春の到来で、通りがかったひとが淡いピンクの花を待ちかねたように眺めていました。 今月8日ごろから気温の高い状態が続いたことから、開花は気象台の開花予想よりも3日早くなりました。 しかし、明日まで気温が低いため、この後の北上のペースは少し鈍りそうです。 県内のサクラの開花予想日は松本、上田で来週10日、長野が12日、諏訪、小諸で15日などとなっています。 3月中にが出されるとは予想しませんでしたが、ここ半月くらいの暖かさが開花を早めたようです。 信州にも本格的な春到来といったところでしょうか。 この日は歌手の(23)をゲストに迎え、中区の南館オルガン広場から公開生放送し、1万5261回目を締めくくった。 会場には開店前から熱心なリスナーが集まり、整理券80枚はあっという間になくなる人気。 買い物客ら約1000人が最後を見守った。 「『Jupiter』を歌ってたら途中から雪が降ってきたのを覚えてます。 来られて本当に良かった!!」と感無量だった。 番組の締めくくりに「Jupiter」を熱唱した平原は目を潤ませ、「私も涙出てきちゃった」と苦笑い。 これには中西直輝、両アナウンサーや観客ももらい泣きし、涙の最終回となった。 いつもの「生活と文化を結ぶ。 」で、締めの一言を発した中西アナは「寂しいけど(のシンボル)カトレヤマークを見たら、番組を思い出して」と満員の会場に呼び掛けた。 単独提供してきたは、番組終了について「大きな時代の流れ。 4月4日から店内のカフェでテレビの新番組(BIKEINA TV)を放送する。 これからも常に新しい形で発信したい」と話した。 学生の時に名古屋にいた頃、少しは聴いていました。 オープニングの 「0時半です。 カトレヤミュージックです。 」のフレーズとエンディングの 「生活と文化を結ぶ。。 」のフレーズは懐かしいです。 時代の流れでというのは淋しい限りです。 歴史的使命が終わったというところでしょうか。 yoshi-kuma.

次の

2008

みなみちゃんのしゃしん

こんばんは、よしくまです。 今日は午前中は雨や雪が降ったり止んだりでしたが、午後は晴れ間が見えた一日でした。 さて今日は、午前中は家でゆっくりし、午後は外出をし、買い物や映画の上映会に行ってきました。 ところで、今日と明日は寒い天候のようです 今日はもうすぐ終わりですが が、ここ数日で感じたのは、陽射しが濃くなったことでしょうか。 一時期に比べると、陽射しの濃さが数段違うような感じがします。 また日が長くなってもきました。 ありきたりですが、寒暖を繰り返して春が近づいてくるんですね。 来週の中頃くらいから派遣の仕事が落ち着くので、それを利用して、地元で春を探せたらと思っています。 yoshi-kuma 以前、 の昨年12月7日の日記で紹介され、ロケ地のほとんどが地元周辺ということもあって、上映会に参加しました。 この会は一般上映に先駆けて行なわれる「ふるさと上映会」ということで、地元の市長さんや監督のさんのあいさつもあり、そのあと上映が行なわれました。 この映画を観て感じたことは、いろんな意味での「 美しさ」でしょうか。 友情の「美しさ」、ストーリーの軸となる 農村歌舞伎の「美しさ」、そして、 自然の「美しさ」がうまく描かれていました。 印象的だったのが、最後に半次が歌舞伎の引退公演で思い出の衣裳で演じるも、古さゆえに衣裳がボロボロになりながらも演じきるという潔さに感動しました。 このシーンは上映前にも監督さんが見どころとして挙げていました。 上映が終わり、気がついたら、目が潤んでいました。 時間があっという間に過ぎたくらい、映画に惹きつけられました。 もし、皆さんの最寄の映画館で上映がありましたら、是非ご覧になってください。 決して時間の無駄にはならないと思います。 なお、この映画のブログがあるので、チェックしてみてください。 上映の情報がアップされると思いますので。 yoshi-kuma メンバーごとの寸評の最後はお姉さんチーム 娘。 OG+里田さん です。 が、やや固さがあったようにも見えました。 時代のキュートかつほんわかなキャラは健在でしたね。 徐々に勘を取り戻して、娘。 の頃のようなパフォーマンスを見せてほしいものです。 とのヘキサゴン風 名古屋といえば的な や妙に丁寧だったりカミカミなあいさつはト大でした。 との「青春のカスタード」はカッコ良かったです。 そればかりでなくMCでもとのコンビ でのやりとりは他の追随を許さないくらいだったですね。 全開でした。 最後のMCでの「ザ・ピース」ののセリフをがいう段になると突っ込みが炸裂でした。 これからもいろんな意味でをかき回してほしいですね。 石川さんや里田さんがあれだけ自由にできるのはがうまくまとめられてこそのものだと思います。 ライブパフォーマンスでは里田さんとの「青春のカスタード」でのワイルドな衣裳で登場し、私の目が正しければ、張りの左肩チラリを見せてくれたときには「カッケー」と思いました。 最後のMCでは本家石川さんの前で「ザ・ピース」のセリフを照れながらも言うも、結局は男前キャラ ヅカ風 で言ってしまうクオリティでしたが、かなりレアなものを見させていただきました。 さて、のファーストライブツアーも明日の大阪を残すのみとなりました。 を始めメンバーの皆さんには完全燃焼でライブパフォーマンスを見せてほしいですし、ファンの皆さんも完全燃焼して、メンバーを盛り上げてあげてください。 こんな駄文なコメントに付き合っていただき、ありがとうございました。 明日以降になれば隈でネタバレ放題になると思いますので、もっと詳しく知りたい方は他を当たっていただければと思います。 06年8月にを中心としたアイドル集団「」とによる初の共演ミュージカル「」が開催され、今回はその第2弾。 東京・で8月6〜25日に全33公演が行われ、団体チケットは4月1日、一般チケットは6月29日から発売される。 前作はから、専科の男役・箙(えびら)かおるだけが出演したが、今回は、の元トップ2人をはじめ、現役から箙と光あけみ、ダンサーとして計20人の卒業生が参加。 色を濃くした内容になる。 演出も作品を多く手掛けている酒井澄夫氏が務める。 にあこがれ、8歳からを習ったモー娘リーダーの(21)は「とても幸せ。 時間とお金の都合が合えば行きたいと思っていますが、前作の時に比べると娘。 への想いが薄くなってしまっているので、微妙なところです。 でもどんなミュージカルになるかは楽しみにしています。 yoshi-kuma の県立斐太(ひだ)高校で1日、「」があった。 卒業式の後に行われる伝統行事。 卒業生たちは制帽の白線とセーラー服のスカーフを一本につないで、川に流しながら、変わらぬ友情を誓い合った。 が舞い、時折薄日が差すなか、高校前の大八賀川(おおはちががわ)の雪が残る川岸には「白線」を手にした卒業生275人が晴れやかな表情で並んだ。 卒業生は、旧制中時代から歌い継がれる「巴城(はじょう)ケ丘別離の歌」を口ずさみ、川面に突き出した仮設の足場から「ありがとう」などと叫んでは、雪解け水に「白線」を流し入れ、別れを惜しんだ。 もう卒業式のシーズンなんですね。 こういう伝統行事はいつまでも続いてほしいと思います。 青春のいい1ページです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は少し雲がでたものの、晴れの一日でした。 さて今日は、午前中は職安に行って、午後は車で30分くらいかけて、と温泉へ行ってきました。 仕事と違う筋肉を使って、気持ちよかったですし、温泉も癒されました。 ところで、今日の新聞で桜の開花予想の情報が掲載されていましたが、一番早い開花は29日の静岡、高知、大分だそうです 間違ってたらすいません。 ちなみに私の地元では来月9日が予想日です。 今年は平年よりやや遅いところが多いそうです。 が、春の足音が徐々に近づいている感じがしてきますね。 yoshi-kuma のツアーも2日の大阪で無事終わりましたが、グッズを買われた方、そうでない方。 会場に行かれた方、そうでない方といますので、私の推しメンからいくつか選んでうpしたいと思います。 今日は私の推しでもあり、終われないさん ののエッグ1推しの仙石先生ことちゃんのしゃしんを…。 終われないさんの意見に納得です。 ということで仙石先生の衣裳は黄色のフリフリです。 すいません。 こんな感じでいいのカナ? 次回 明日? は、イヴニング息子。 さん に捧げる、ちゃん ちゃん です。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は快晴の一日でした。 さて今日は、近くの耳鼻科医院で花粉症の薬をもらったりと雑用を済ませてから、友達に会いに車で1時間半北へ走らせ、たわいもない話で2,3時間盛り上がって、その後、買い物をして地元へ帰りました。 その友達 異性 は、最近 と にハマっているようで、では、ちゃん、ちゃん。 では舞ちゃん、 まいまいみー と愛理ちゃんが好きだそうです。 では私より知識があるようです。 今日は、私が持参したKindaiとB.L.T.をコピーしてあげ、喜んでくれました。 今年になって初めてで、昨年末以来3ヶ月半位ぶりに会ったので、とても楽しく話などできて、とてもいい時間でした。 最後はお決まり 私と友達の の握手で別れました。 今度は日にちを空けずに会いたいなぁ〜。 そんなケはおいて、花粉症の時期になろうとしていますね。 私は人生の3分の2は花粉症に悩まされていたといっても言い過ぎではないです。 しかし、ここ数年は早いうちに治療して薬を服用しているので、かなり軽く済んでいます。 関東や東海地方、西日本の太平洋岸の地域ではすでに花粉の飛散量が多くなっていますが、私としては、病院で治療して、薬を処方することをお勧めします。 涙と鼻水にはおさらばしたいですからね。 トータルとともにMCを務めるタレント・(22)は会見に参加できずビデオでメッセージ。 「申し訳ないですがさんを知らない」と衝撃の告白。 「仕事でご一緒したことあるのに」と落胆する2人は「今度会うときに『あ〜』って思い出してくれるかどうかですね」と苦笑い。 それでも「アーティストとのコーナーでは、無名さを利用して本音を引き出したい」とアピールしていた。 が音楽番組でMCですか〜! うれしい限りですが、関西ローカルとの情報もあります。 が、今 日テレ系 でOAしている「音リコ」の後番組なら、ほぼ全国ネットになる可能性大です。 期待したいところです。 愛知県在住の現役女子高生メンバー、りっぽん(=16)、みっきー(=18)は「私たちの表情や普段の姿がたっぷり楽しめる1枚です」と自信を見せた。 シングルには2曲とメーキング映像を収録。 「FAITH!」ではバスガイド姿で歌い踊り、みっきーは「ダンスは大変でしたが、チームワークを見て」とPRした。 3月にはデビュー1周年を控え、りっぽんは「ファンの方たちと一緒に、自分たちも成長していきたい」と意気込む。 名古屋での活動には2人そろって「地元はやっぱり落ち着く!!」と大喜びで「今年は名古屋でライブがやりたいですね」と笑顔で話していた。 この新聞でしか扱ってない記事ですのでUPしてみました。 キャナァーリはまだ顔と名前が一致してないのですが、覚えられたら覚えていきたいと思っています。 ちなみに、先日ヤフー動画で「FAITH」のPVを見ましたが、良曲ですので、おすすめです。 全国から選手571人が参加した中、公式応援歌「きずな」(5月21日発売)を披露。 点や順位を競うだけでなく、選手の自立を促し、社会との懸け橋となる温かな感動を呼ぶ大会にふさわしいやさしい歌声に、選手から「!」の掛け声が飛んだ。 元首相夫人で大会名誉会長の細川佳代子さんが、親交のある作詞家さんに楽曲を依頼。 湯川さんは05年のの閉幕公式テーマ曲「Friends・Love・Believing〜ぬくもりをありがとう〜」で組んだことがある松浦に歌唱を頼んだ。 細川夫人から「素晴らしかったわ」と感謝された松浦は「選手の皆さんが一言ひと言にうなずいてくれてうれしかった」と感激。 来年に米で開かれる世界大会で「チャンスがあれば歌ってみたい」と話した。 人気アイドルの(21)が7日、の体育館で開かれたのための五輪大会「第4回日本 冬期ナショナルゲーム・山形」の開会式にシークレットゲストとして登場。 大会の応援歌として制作された新曲「きずな」(5月21日発売)を、全国32府県から集まった約900人の選手団や家族ら約2000人の前で初披露した。 は、4年に1回開催される知的者のための五輪。 今回は、来年2月に米で開催される9回目の冬季世界大会の国内選考を兼ねて、スピードスケートやなど、2日間で全7競技が行われる。 式典の最後に、10人のコーラスグループとともに、松浦が登場すると、選手たちから「ー!!」と驚きと感動が入り交じった大歓声が。 「みなさんの心がもっともっと楽しく、もっともっと明るくなるように歌います」。 キュートな笑顔を振りまきながら松浦は、熱いメッセージがこもった応援歌をパワフルに熱唱した。 同曲は、大会を運営するの名誉会長で、元首相の妻・細川佳代子さん(65)が、親交の深い作詞家のさんにプロデュースを依頼。 湯川さんも快諾し「ぜひ、若い人に歌ってほしい」と、元気印を象徴する松浦に白羽の矢が立った。 そんな期待に応えるように精いっぱい歌った松浦は「私が歌う言葉に、選手たちがうなずいて聞いてくれたのでうれしかった。 逆に応援された感じで、負けないように私も応援したいと思いました」と感慨深げ。 「来年はアイダホで『きずな』を生披露? そんなチャンスがあれば、ぜひ行きたいです」と目を輝かせていた。 一方、同所での開会式では、女子マ五輪メダリストのさんがトーチランに登場。 雪の上をかんじきで走るイング競技に出場する宮崎裕司さん(13)=宮崎県=ら7人が「精いっぱい力を合わせて勝利を目指します」と選手宣誓した。 大会は3日間の日程で、やなどの競技を行う。 2000人を超えるボランティアのほか、県や市の職員が運営に当たる。 【】 1962年に、米国の故大統領の妹ユニス・・シュライバー夫人が、自宅の庭にたちを集めてデイ・キャンプを開催したのが始まり。 68年に組織化され、1回目の世界大会がシカゴで開催された。 本部は米ワシントンD・C・にあり、現在165カ国以上で約250万人の選手と70万人のボランティアが参加する。 夏季、冬季とも地区大会、全国大会、世界大会があり、全国大会は、夏季が95年に熊本で、冬季は96年に宮城と福岡で初めて開催された。 世界大会は、これまでに夏季が12回、冬季が8回行われている。 長野では既に世界大会が開催されているので、地元民としてはなじみのある大会ですが、国全体としては認知度がまだまだといった大会です。 おととい ? の朝ズバッ!で大会の開催が報じられていましたが、その中で番組のコメンテーターで協会の理事をしていらっしゃる 前知事が「オリンピックは 敵に克つことが目標であるけど、は 昨日までの自分に克つことが目標である」ということを言っていました。 これって人生において当てはめることができるのではないのでしょうか?人間は日々進化していくものではないでしょうか。 心に留めておきたい言葉です。 話が硬くなってしまいましたが、が歌った曲はCD化されるようですが、どんな曲か公になるのが楽しみです。 ()、()ら有力選手で形成するトップ集団の中にいた中村は、33キロ手前で集団から抜け出すとペースを上げ、そのままゴールのテープを切った。 優勝候補の筆頭として注目されていた(ファイテン)は9キロ付近で失速、先頭集団から脱落し大きく遅れた。 初マの中村選手が初優勝しました。 集団から抜け出したら勢いのある走りで優勝しました。 の候補に一躍挙がってきましたね。 その一方で、選手は10キロも走らないうちにアクシデントがあった影響で順位を下げ、27位という惨敗におわりました。 そんな高橋選手にも温かい声援を送った名古屋のみなさんに愛を感じました。 高橋選手には順位に関係なく、棄権をせずに最後まで走りぬいた姿は、「あきらめない」という精神をテレビや沿道で声援を送ったみなさんに何らかのメッセージを送ったのではないかと思います。 これからも同年の星として、頑張るQちゃんにエールを送り続けたいと思います。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は午前中は時々雨が降りましたが、午後は晴れ間が見えた一日でした。 さて今日は、午前中は歯医者での治療や銀行へ出かけて、午後は確定申告書を書いていたりして、家でゆっくりしていました。 ところで、今日のニュースで私の地元でもスギ花粉の飛散が観測されたそうです。 いよいよ花粉症のシーズンが到来しました。 私もお気に入りに入れています。 yoshi-kuma 本題へ入る前に、今日、マの代表選手が発表され、昨日の名古屋で初マ初優勝の選手が代表の一人に選ばれました。 おめでとうございます。 名古屋での走りの再現を期待しています。 ここからは、Qちゃんをめぐるを書きたいと思いますが、最近始まったテレビ番組と主旨が違っているようでしたら、最初にお詫びしておきます。 ネットや新聞で見た記事の中から、いくつかQちゃんをめぐる記事を上げてみたいと思います。 9日ので、事実上残り1枠となった出場の切符を目指した選手(35)=ファイテン、本社客員=の戦いは、敗北に終わった。 昨年夏、右ひざを手術していたことがレース後明らかに。 練習不足は隠しようがなく、序盤によもやの失速。 棄権を心配する声も上がる中、沿道やスタンドの「Qちゃん、がんばれ」の掛け声に押されながらゴール。 もがき苦しみながらの完走を、家族やスタッフ、ファンはしっかりと目に焼き付けた。 「夢かなと思うような状態で、自分でも不思議でした。 スタートラインに立ったときは優勝するつもりだったので」 超スローペースなのに、9キロ手前で早くも先頭集団から脱落していく高橋選手。 「『あきらめなければ夢はかなう』ということを伝えたい」。 大会前日まで語り続けてきた夢とは全く異質の悪夢だった。 「実は昨年8月に右ひざの半月板の手術をして」。 レース後に口にしたのは、初めて明かす事実だった。 「5年前からの持病でしたが、日常生活にも差し支える痛みが出て」。 7月初めに激痛が走ったという。 術後13日で走り始めたが、本格的練習にはほど遠く、筋力トグの「Qズ・キャンプ」を始めたのも、実はリハビリの一環だった。 昨年暮れから長い距離を走れるようになったが「詰めた練習を1週間やると、次の1週間は体が動かなかった。 練習不足だったのかな」。 レース終盤の37・5キロ地点。 沿道の店舗のトイレに駆け込む場面も。 当日の体調も十分ではなかった。 陸上を始めて23年。 日本女子陸上初の金メダル獲得、世界女子初の2時間20分の壁突破、マ11回目。 今回は「集大成にしたい」と言い続けてきた。 しかし、万全とは言えない状態で集大成にできるのかどうか。 マと自分の体を知り尽くしているはずのベテランが、結果的には見極められなかった。 サングラスを投げてスパートし、そのまま逃げ切ったから8年。 サングラスで表情を隠したまま27位でゴールする姿が、その年月を物語っていた。 「競技者としてマでやりたいことが残っているし、応援してくれた人たちに恩返ししたいので、引退は考えていません」。 レース後にきっぱりと話した。 ただ、「あきらめなければ…」と訴えてきた今回のへの挑戦。 応援し、夢を託した人たちも、それぞれの変わらぬ日常の現実の前に引き戻された。 最後の一文が印象に残りました。 夢が夢で終わってしまうという儚さを目前で突きつけられたということでしょうか。 高橋選手にはまだやり残していることがあると思うので、次回のどこかでのレースでは、ぜひとも我々ファンのためにきちんとした恩返しをしてほしいと感じました。 昨日の日記でも書きましたが、高橋選手は優勝こそ逃したものの、あきらめずに完走した姿は私たちに何らかのメッセージを残してくれたと思います。 そんな高橋選手を応援した名古屋や出身地の岐阜の皆さんの応援は暖かったのを物語る記事がありました。 ・岐阜版 声援はやまなかった。 で9日、選手は予想外の27位に沈んだ。 母校藍川東中や高の後輩、恩師たちは競技場や沿道に駆けつけて「頑張れ」と必死の応援を続けた。 大きかった期待と裏腹の結果に残念な思いを抱きながらも、あらためて誓った。 「これからも勇気と感動を与えてほしい。 代々伝わる「夢に向かって!」の横断幕と「がんばれ!!高橋先輩」と書いた紙をガードレールに張り付け、高橋選手が来るのを待った。 「先頭集団でやって来るはず」という期待とは裏腹に、大きく遅れて現れた。 それでも生徒たちは、メガホン片手に大声で校歌を熱唱。 姿が見えなくなるまで声を張り上げた。 「尚子先輩が目標」と話す森知奈美さん(17)は「苦しそうだった。 思わず涙声になってしまった」と肩を落とした。 しかし森さんは、遅れながらも完走したことを知り「 結果だけじゃない。 また、尚子先輩から勇気と感動を与えてもらった」と晴れやかな表情。 安福弘典監督(55)は「つらかったと思うが、最後まで走るのが高橋選手の持ち味。 残念だが応援できてよかった」と話した。 横断幕は「FIGHT」の文字の周りに全校生徒が寄せ書きした。 スタート時はで応援。 目の前を高橋選手が通過すると「先輩頑張って」と大声援。 選手が競技場を出た後は、「走りを沿道で見たい」とまで移動する生徒も。 最後は再び競技場に戻り、ゴールまで高橋選手を応援し続けた。 2年の山下将宏君は、27位という結果にがっかりする様子はなく「これからも頑張ってほしい」と今後に向けてエールを送った。 2人とも最後は競技場でゴールを見届けた。 高橋選手がゴールを見ようと残る観客を見て「 彼女への応援がこれほどすごいとは。 これからもみんなの期待に応えていってほしい」と話した。 その後、右ひざを手術していたと聞き、永井さんは「アップの時からけりが弱いと感じていた。 本人もまた納得のいく走りがしたいのでは」。 中沢さんは「チャレンジすると宣言した手前、手術のことを言えなかったのだろうか。 やりたいことがあるなら、最後まで応援し続けたい」と話した。 太字と斜字で表した言葉がすべてだと思います。 もうやめよう、もう十分だ。 だが、もう一歩だけ前へ。 いや、もうだめだ。 してみれば、マとは「あきらめること」との闘いなのかもしれない。 もし夢だけが、この天才ランナーの燃料なら、そこで止まってもおかしくはない。 だが、彼女は走り続けた。 もし「あきらめること」に慣れていれば、そこでジ・エンドのはずだ。 だが「挑戦せずにあきらめるわけにはいかない」と練習を重ね、名古屋に来た。 そして、それが見る者の心も揺さぶるのではないか。 世代交代の印象だが、十四歳上の高橋選手は引退を否定した。 やはりまた、 もう一歩だけ前へ、である。 最後の言葉である「 もう一歩だけ前へ」が心に刺さります。 この言葉はどんな場面でも言えることではないかと思います。 人間、苦しい立場に追い込まれたときに「 あと一歩」を踏み出せる勇気があるかどうかで、局面が変わると思うんです。 高橋選手の場合は局面は変わらなかったと思いますが、「 もう一歩」の積み重ねが、苦しい状況下においても完走に結びついたと思います。 最後にくどくなるようですが、のHPには掲載されていませんでしたが、新聞の記事に印象に残った文があったので、それを引用して締めたいと思います。 … 前略 …。 「夢はかなう」を実現することはできなかったかもしれない。 でも、あきらめないこと、最後までやり抜くこと、高橋選手は夢の代わりにしっかりと、それを伝えた。 この文を読むと、目頭が熱くなるくらい感動する文です。 この一文に尽きると思います。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は昼前まで霧が出ていましたが、それ以降は晴れの一日でした。 さて今日は、近くのホールでのお芝居の舞台の資材の搬入、搬出 こちらはこれから 、確定申告書の提出のために税務署に行ったりなどしてゆっくりと過ごしていました。 ところで、今日は地元 長野県 では、高校入試の後期日程が行なわれました。 英語のリスニングテストでトラブルがあった学校があったものの、無事終わったようです。 合格発表は21日です。 この間の受験生の心理は察するに余りあるものがあります。 受験をされた皆さんには、自分を信じて、春をもぎ取ってほしいものです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は霞がかったものの、晴れの一日でした。 さて今日は午前中は歯医者との病院の通院、午後は近くの映画館へ行ってきました 詳細は後述。 家に帰ってきてからは、雑誌の整理などしていました。 ところで今日は桜の開花予想の2回目が発表され、私の地元では1回目の予想より2日早い、来月7日です。 ちなみに一番早い開花予想は24日の静岡、高知、大分だそうです。 桜の中でもカンザクラで有名なところが私の地元からさらに1時間南に行った、静岡・愛知県境にあるでは、昨日開花したそうです。 明日はこの方面へ春を探しに行くので、できれば写真をうpしたいと思います。 春は一歩一歩近づいているんですね。 yoshi-kuma 都市部の方から言えば「今頃?」と言われそうですが、うちの地元では今年に入ってからの公開で、21日までの上映でしたので、水曜日がメンズデーだったので、時間もあったので行って来ました。 この作品は、さん演じる美嘉と君演じるヒロが織りなす恋バナが軸になっている作品で、要所要所で携帯電話が出てきて、ストーリーが展開されてきます 元がなので。 この映画は、恋のカタチをあらゆる角度から捉えた作品に思えました。 もう一つ、別の見方をすると、「 空」がストーリーのカギになっているように私は思いました。 それを象徴するかのように、時より空をフィーチャしているシーンがいくつかあるんですが。 それはDVDを見ていただければわかると思います 最後の最後の辺りで。 映画を観終わって、外に出たとき、無意識に空をじっと眺めている自分がいました。 映画館で見られない方はDVDでご覧になることをお勧めします。 感動することは保証付きです。 このコラムは、10日付ののコラム「現場発」に掲載されたものです。 webでは掲載されていませんので、書き起こしをしてみたいと思います 一部、フォントが大きくなったり、カッコ書きの部分がありますが、原文に忠実に書きますので、その上でご覧下さい。 元の 23 が、久々に会見の席に登場した。 事務所の先輩・ 58 との競作シングルのお披露目だったが、取材陣の注目はもっぱら「」の 32 との交際についてだった。 予想通りの質問に、藤本は「さあ、どうですかね。 ご想像にお任せします〜」。 何とか、かわしていたが、リポーターの一言でプッツンした。 庄司との交際発覚でを脱退する羽目になったから神経質になるのは分かる。 フットサルの試合で以前、けんか並みのガッツプレーを一部で非難され「けんか」という言葉につい反応してしまったのだろう。 取材陣にとっては、ムキになったことで交際の順調ぶりが分かったのでしてやったりだった。 とはいえ、藤本も23歳。 本人も「いいかげんに大人にならないと…」と話していたが、そろそろ意地悪な質問でも笑顔でかわす術 すべ が必要なのかもしれない。 これを読んで思ったのは、は不器用なところがあるのかなぁ。 ということです。 つまり、自分が思っていることと実際に伝わっていることにズレがあるのではないかということです。 記憶が間違ってなければ、って血液型がA型だと思うのですが、私もそうなので、うまく感情表現がいかないもどかしさは痛いほど分かります。 でも、芸能界はそうもいっていられない世界なので、上のコラムのように要領よくしゃべる方法を身につけないといけないのではないかと思います 私もかくゆうそんな口ですが。 受章の栄誉に加え、今月14日には60歳の誕生日を迎える。 節目に合わせ、個人事務所の代表職を退き、所属事務所の移籍も発表。 各界から集まった690人の出席者の前で、あえて心機一転、新たな出発を誓った。 各界から参集した(67)、巨人の(72)ら690人が見守る中、60歳を目前にした五木が、まるで子どものように声を震わせた。 「感無量です。 今、思いっきり泣きたい心境です。 これからもたくさん感動して、うれし涙をいっぱい流せるような人生にしていきたいです」 再び、生まれたときに帰るという意味を持つ還暦。 昨年11月、歌手では故さん、(69)らに続き、59歳の若さでを贈られた。 個人事務所「五木プロモーション」のから退き、今月1日から所属事務所を「」に移籍。 新天地は(39)プロデュースのら、多彩なタレントが所属する。 五木は「私が昔、思い描いていた還暦とは10年違う。 もう10年、頑張れる自信があります。 歌の原点に立ち戻って、歌手に専念できます」と、この日からの再出発を宣言、「契り」など4曲を熱唱した。 そして、深々と頭を下げ、すべてのテーブルを回った。 その中には、今年で結婚20周年を迎える妻のさち子さん=元女優、和子=(47)はじめ、2男1女の姿もあった。 「を伝えられたときは、女房と一緒に泣きました。 ボクが元気で歌えるのは、女房の力が大きい。 恩返しができました」。 万感の思いをこめた祝宴は、いつまでも拍手に包まれた。 私の母が五木さんのファンなので、我が家は推し ? になるわけで。 こうなると、五木さんとのコラボとか五木さんの曲をさんが書くということが現実味をおびるのかなと思います コラボは既にエッグの子達と五木さんのディナーショーで一緒になっていたような記憶があるほか、五木さん主催の福井でのマ大会ではが出ていますが。 yoshi-kuma 毎回、クスッと笑わせてくれる ですが、最新記事 8日更新 も面白いです。 まずは フットサルの練習の帰りに、が電車の中で 「しゃっくり(息を吸う)のとくしゃみ(息を吐く)のを一緒にやったらどぉなるんだろぉ? 」って言っていたんです笑 まぁ…そう言われると確かに…どぉなるんだろぉ?? 「 ゜ペ 最後には「やってみたいなぁ」とまで言っておりましたが…たぶん、のっちさんが思うに絶対難しいと思うんだよね(^皿^) でもそれを成し遂げるのが、だと思うんで、マスターして今度やってみせてね! (ニヤリ) こんな疑問を持つちゃんがすごいのですが、それを成し遂げると信じているのっちがもっとすごい。 さらに、このあと仙石先生の話題になり、 また、 さんはまっさらな白いコートにチョコパイのチョコを袖口にべっちょり付けてました。 は、キャプテン吉澤をはじめ、藤本、(23)、(23)ら主力が華麗なゴールを決め、2勝1分けで優勝。 トロフィーを手に吉澤は「前回は準優勝という悔しい結果でしたが、今回は優勝を勝ち取ったことをみんなで喜んで、次のステージにいきたい」とあいさつ、サポーターから大声援を浴びていた。 ・写真あり のフットサルチーム、 ブリリャンチスH・P・が社会人女子チームと対戦する公式大会「グループリーグ ステージ」が12日、東京・駒沢体育館で行われ、2勝1分けで優勝した。 2試合目の森永製菓戦では、熱愛騒動で歌手活動を自粛し、今月からアダルト歌謡歌手として再出発を切った(23)がゴールを決め、存在感を見せつけた。 主将の(22)は「勝つために練習してきたので、優勝という結果を出せてよかった」と笑顔。 4月6日には同リーグの最強決定トーナメント(東京・)に出場する。 デイリースポーツ (22)、(23)らのメンバーによるフットサルチーム、・ブリリャンチスH.P.が12日、東京・駒沢体育館で行われたフットサル大会「グループリーグ ステージ」で優勝した。 2勝1分けで勝ち点7を挙げ、同リーグでは昨年8月以来2大会ぶり2度目の栄冠。 キャプテンの吉澤は「優勝という結果を勝ち取ったことを喜んで、次のステージにいきたい」とのコメント。 次戦「グループリーグ 最強決定トーナメント」(4月6日、)でも頂点を目指す。 来月6日のトーナメント戦は何としても行きたいと思っていますので、活躍を期待しています。 yoshi-kuma 女優の(27)が13日、所属事務所のホームページで夫でデザイナー兼モデルの氏(32)との離婚を発表した。 「歩幅を合わせていくことが難しくなってきた結果の決断」などと記している。 2人は2003年12月に結婚、04年4月に1人息子の宏志ちゃん(3)をもうけた。 しかし、別居するなど2人の距離は開いていき、4年3カ月でピリオドが打たれた。 関係者によると、2人は離婚届を「最近、届け出た」という。 慰謝料はなし。 宏志ちゃんの親権は広末が持つことになったという。 ホームページでは離婚の理由については「歩幅を合わせていくことが難しくなった結果の決断」としている。 出産後は親子3人で外出する姿を、写真週刊誌などが報道。 長男を「宏志」としたときには、報道各社に「家族3人となり、毎日幸せに過ごしております」とのコメントも発表していた。 そんな中、05年5月に産休からわずか1年半で女優業に復帰。 周囲からは「早すぎるのでは?」「なぜ働く必要が?」の声が上がった。 その後から、「不仲」「別居」の報道が続くようになった。 岡沢氏の仕事が不調との噂も立ち始め、映画やドラマ出演で忙しくなった広末との間に溝ができていったようだ。 昨年11月にはが「別居中で離婚届を用意」と報道。 広末の所属事務所は完全否定していたが、結局、それから4カ月後に現実のものとなった。 広末は先月中旬、「」の(44)と共演し、8日に放送されたフジテレビドラマ「!」の撮影に参加。 現場に居合わせた制作関係者によると「離婚で悩んでいるような様子はなかった」という。 岡沢氏もこの日、オフィシャルブログを更新。 ただ、東京都渋谷区内の書店を撮影した写真を掲載したのみで、コメントは一切なかった。 ファンの前は広末さんのファンでした。 ファンになって以降は少し気になる人という感じでしたが、結婚には驚きました。 不仲説がたびたび出ていたので、気にはなっていたのですが、やはりといった感じでしょうか。 ここのところ、芸能界では離婚やといった報道が多いのですが、もう少し慎重に結婚や恋愛を考えた方がいいのではと思います。 yoshi-kuma 今日、JR各社でが行なわれましたが、それによって廃止になった列車もあります。 10番ホームには約2千人の鉄道ファンたちが押し寄せ、最後の姿を見送った。 午後10時23分に銀河が入線すると、体や天の川をあしらった「テールマーク」をカメラに収めようと、ファンは盛んにシャッターを切った。 の会社員千賀照文さん(36)は、鉄道好きの息子諒熙(りょうき)君(4)と写真を撮っていた。 「この子が大きくなった時はがなくなってしまうかもしれない。 だからぜひ見せてやりたくって」 午後11時に列車が動き出すと「さよならー!」「ありがとう!」という叫び声も上がった。 鉄道好きな私としては残念な話題ですが、時代の流れからすれば致し方がないことなのでしょうか。 こうやって愛され続けてきた列車だけにファンやかつて利用したことのある人にとっては感慨深いものがあるのでしょう。 yoshi-kuma で無くなるものがある一方、新しく誕生したものもあります。 きょうは新しいサービス開始を祝いJRの新幹線改札口で記念のセレモニーが行われました。 「モバイルSuica」は事前に登録すると駅の窓口などで切符を受けとらずに携帯電話をかざせば自動改札を通過できる新しいサービスです。 「モバイルSuica」は新幹線の長野〜東京間の料金が自由席も指定席も同じ7200円となり自由席で260円指定席で770円割引になります。 またきょうから「Suica」が県内の新幹線の4つの駅にあるコンビニなど19店と機84台で使えるようになりました。 yoshi-kuma 昨年10月に死去した建築家さんが昨年の選などでとして使った車が、に贈られることになり、14日、町側に引き渡された。 黒川さんが設計した円形の窓があり、車内にテーブルやいすも置かれて、選挙のころは話題になった1台。 町はイベントで子どもたちに乗ってもらい、移動美術館などにも活用する考えだ。 黒川さんは町立ロマン美術館を設計。 今月1日に同館で黒川さんをしのぶ講演会が催された際、黒川さんの長男で(東京)の未来夫さん(42)と町関係者の間でのことが話題に。 廃棄を考えていた未来夫さんが、当面は町に貸し出して利用してもらい、将来的には譲渡することにしたという。 同事務所によると、は昨年3月に購入した米国製キャンピングカーで、長さ約8メートル、幅約2・5メートル、高さ約3・5メートル、総重量は約7トン。 黒川さんはいろんな人との会話を楽しむ空間づくりを考えたといい、トイレや発電機も取り付けられている。 14日は竹節義孝町長が同事務所を訪問。 未来夫さんは「大切に使ってほしい」と希望し、竹節町長は「黒川さんの共生への思いを多くの人に伝え、有効に使いたい」と応じた。 未来夫さんは黒川さんがロマン美術館について触れて作った詩と本人の写真が収められた額を町長に手渡した。 馴染みのある土地へ送られれば、本人も喜ぶことでしょう。 yoshi-kuma 、のW杯で日本人選手初となる種目別年間優勝を達成した(28)==が17日、東京都内で記者会見し、「まさか総合優勝を取れるとは思っていなかった。 上村はW杯第6戦の猪苗代大会で3季ぶりの優勝を果たし、残り4戦も表彰台の頂点に登り、日本人最高の5連勝を達成。 力強いターンとさえ渡るエアでW杯10戦5勝(2位1度4位1度)、勝率5割という圧倒的な成績で年間チャンピオンを勝ち取った。 「今季の結果で、世界の1番を競う場所に自分を置くことができた」と話した上村は今後、来年の世界選手権猪苗代大会や2年後のに向けて決意を新たにした。 今季の結果は猪苗代大会でコーチや周りの人のおかげで、『自分の滑りを披露するしかない』という気持ちに集中できるようなって優勝を取れたことが大きい。 1番つらかった時期は 「五輪前年はいつも自分の弱さに勝てなかった。 (の)さんの引退式で初めて見てあこがれの存在だった。 試合ごとにスピードと踏切の感覚がつかめていった。 変な意味じゃなくて、今季欠場したハイル選手(カナダ)もすごく強い選手。 後輩の伊東みき選手など気になる選手も多くいるけど、気にしないようにしている」 のワールド(W杯)で今季大活躍した女子の()が17日、W杯の全日程を終えて欧州の転戦から帰国し、で日本選手初の種目別優勝を果たした喜びなどを、東京都内の記者会見で話した。 「もらった日は夜遅くて(ケースから)出さなかったが、ようやくきょう皆さんに写真を撮ってもらったりして、きらきらして見える。 「(第1エアから第2エアまでの)ミドルに長さがあり、こぶも多くなった。 攻めて滑ることができた。 「(ライバルは)自分かな。 気になる選手はいるが、自分のことに集中してやりたい。 (猪苗代である)来年の世界選手権や(2年後の)の後も、今のような気持ちで終われるように頑張りたい。 これからも強くなりたい」 多くの人たちの支えと本人の努力が、今回の結果に結びついたと思います。 テレビで競技のシーンが流れていましたが、エアーのみならず、ターンにぶれが無く、流れるように滑走していた姿はカッコよかったです。 来季、そして2年後のでのさらなる活躍に期待しています。 地元が同じ県なので。 yoshi-kuma 雑誌「SEVENTEEN」()の専属モデル(14)がのルドラマ「先生はエライっ!」(4月12日、後9・00)で女優デビューする。 長野県内の中学に通い、4月から3年生。 5238人が応募した「2007」のグランプリに選ばれ、昨年9月にデビュー。 バレーボール部でならした1メートル65の8頭身美少女で、20人以上のモデルがいる同誌の読者アンケートでは早くもベスト5に迫る勢いを見せている。 (19)(20)らン誌出身者の活躍は目覚ましく、田中も今春から2社のCM出演が決定。 今夏には映画デビュー作「」の公開も控えている。 ダメ中学教師()を4人がプロデュースするストーリーで、田中はクラス女子のリーダー的存在。 父親の仕事の関係で4〜10歳まで米国に滞在。 特技は英会話、バレエ。 趣味はお菓子作り。 血液型A。 スポーツ報知 女優でモデルの(14)が日テレ系の2時間ドラマ「先生はエライっ!」(4月12日、後9時)でドラマデビューすることが16日、分かった。 (37)演じるさえない中学教師をイケてる先生に変身させる物語。 田中は人気グループ「Hey!Say!JUMP」の有岡大貴(16)の同級生役で、失恋後に親友の恋を応援する優しい女の子を演じる。 女子生徒のリーダー的存在でもある。 「私も人に付いていくより引っ張るタイプ」という田中は、活発な役柄を意識し自らスカート丈を短くした。 「性格を考えることが役になりきる一番の近道」と役作りにこだわっている。 長野県内の中学2年生。 バレーボール部では165センチの長身を生かしアタッカーを担当。 昨夏に「」のグランプリを射止め同誌専属モデルに。 映画「」が夏公開を控える注目株だ。 笑顔がトレードマーク。 「雑誌の撮影では緊張して笑えないということがない。 いつも笑顔で私らしく演技できたら」と目標を語った。 ここ1,2年で長野県からもアイドルが輩出されていますが、現在の旬のアイドルといえば、この子かなと思っています。 所属事務所が、さん、さん、ちゃんと同じなので、マネージメントは完璧だと思います。 上の情報元には写真はありませんが、下にリンクを貼っておきますので、是非ご覧になって下さい。 第2のさんになってくれればと期待しています。 今日は晴れの一日でした。 さて今日は午前中は歯医者での治療と職安で紹介状の発行をお願いし、午後は履歴書を書いたり、散歩をしたりなどしていました。 ところで、今日はニュースで報じられていましたが、地元 長野県 の小中学校では、今日が卒業式がピークだったそうです。 家の前に小学校がありますが、明日のようです。 私は小中学校の卒業の話は20年以上前のことです。 卒業された皆さんには次へのステップでいいスタートが切れることを願っています。 yoshi-kuma SBC・動画あり はでを貫くルートの実現性を探るためのボーリング調査をはじめました。 ボーリング調査が始まったのは、大河原の沢沿いで、きょうは専用の機械を動かし先端につけられた金属性の棒で、側の斜面に向かって水平に穴をあける様子が公開されました。 今回の調査はが想定している長野県との間でをトンネルで貫くの「直線ルート」についてその実現性を探るもので、直径10センチの穴を最終的には3キロまであけて岩盤の硬さなど詳しい地質を調べます。 では、すでに側でも調査を始めていてがトンネル掘削に適しているかどうか年内には必要なデータを得たいと話しています。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は雲が少し出たものの、晴れの一日でした。 さて今日は、午前中は車で南へ20分くらいの山裾にある工場へ面接に行ったり、職安に行くなどし、午後は車を北へ走らせ、で水中ウォーキングなどをして、家へ戻ってからは新聞や紙類の整理をしていました。 面接の方は、即戦力がほしいということで無理だとは思いますが、即答ではないので、約1週間後の連絡を待ちたいと思います。 その一方で、地元 長野県 では、高校入試の後期日程の合格発表があり、約1万1千人が春を勝ち取ったというニュースや国立大のでは卒業式があり、社会人として巣立っていくというニュースのように、新しいステップを踏んでいく人たちがいるということで、それぞれのフィールドで思う存分力を発揮してほしいものです。 yoshi-kuma 昨日は更新する気が起こらなかったので更新しませんでしたが、体調は良好でしたのでご心配なく。 それはおいて、昨日は午後から母校の部のフレッシュコンサートがあったので、近くの公民館へ行ってきました。 中身としては手作り感があふれていて、司会がたどたどしかったのも愛嬌の内でしょうか。 でも演奏はしっかりしていて、プログラムに書いてあったような準備不足もさほど感じませんでした。 話は少し逸れますが、私はその部で部長をしていたんです。 つまり、大先輩になります。 現在の部長と比べると、私なんて足元にも及ばないです。 地域のこととか応援してくれている人のことなんて考えもしなかったですから。 自分のことと部員をまとめることで精一杯で、外のことなんて…。 それに比べれば、今の部長始め、部員のみんなは生き生きしていて、応援したくなります。 この生き生きとした学生の姿を見て、私自身、初心に返れた思いがしました。 「またをやってみよう」という気持ちもそうですが、 「何事にも初心を忘れないように取り組む」という気持ちも湧いてきました。 そんな思いにさせてくれた貴重な時間でした。 yoshi-kuma 第1日(20日、東京・国立代々木競技場第1体育館)姉に続け! 男女各53校が参加して開幕。 女子では4大会ぶりの優勝を目指す(東京第2)が和歌山信愛女短大付にストレート勝ち。 優勝経験のある(宮城)は、()に勝った。 木村は第1セット途中から夢舞台に登場。 コート外のベンチ際までボールを追い、横っ飛びして右腕1本でボールをつなぐなど、抜群の瞬発力で仲間を鼓舞した。 「東京都予選より緊張しませんでした。 会場が大きいわりに、チームのみんなの声がよく聞こえましたから」 姉譲りの強心臓? 木村家のDNAをアピールした。 「この雰囲気はよく知っていました」。 そう、実姉・沙織は在学中に全日本入りし、「スーパー女子高生」の異名を取り、今や全日本のエース級アタッカー。 その姉が全国制覇を含む2年連続でに出場した際、小学生だった妹・美里は、観客席から必死に声援を送っていたのだ。 姉の現在の身長は1メートル84。 一方、美里の身長は1メートル59とその差は25センチもある。 2人の誕生時の体重は沙織の3800グラムに対して、美里は3500グラムとともにビッグベビーだったが、中学3年間で15センチも身長が伸びたという姉とは違い、美里はなぜかストップ。 だが、それがレシーブに徹するとして進む道を決めた。 「ライバル心? 年齢も5つ違うし、ポジションも違うからあまりないですね。 姉より負けず嫌いな性格だって言われますけど…」。 で活躍し、内で生活する姉が10日に上京したときにも、「友達や食べ物の話で盛り上がりました」と仲のいい姉妹に戻った。 姉は、妹の心のよりどころでもある。 部活のジャーやバッグ、はすべてダブダブの姉のお古を折り曲げて使っている。 「目標はもちろん、日本一。 みんなに声をかけてムードをよくして、どんなボールも落とさないようにしたいです」。 美里のコートネーム(愛称)は『ミサ』。 順当なら、23日の3回戦で前回優勝校で今年も優勝の最有力候補の(大分)と対戦する。 ミサの魂のレシーブが、チームを勢いづける。 51(同26)年に成徳学園高等学校、03(平成15)年に現校名に変更。 特進、進学、国際の3コースがある。 優勝は02(第33回大会)、03年(第34回大会)で連覇。 、部も活躍。 所在地は東京・世田谷区。 センスがいいね。 でも、になって(身長が)上に伸びなくなったのかな。 頑張ったけど、まだ1年生だからチームの迷惑にならなければいいんですが…」 C お姉さん サオリン に続いて、妹も活躍しているようです。 背丈ではお姉さんに劣りますが、ガッツでは負けていませんね。 お姉さんのお古を使っているなんて、なんともほほえましいです。 また、気になる選手が増えました。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 今日は少し雲が出たものの、晴れの一日でした。 車で移動をしたのですが、窓を開けて運転していました。 ということで、陽気のいいうちに今日は午前中にタイヤを冬から夏用に交換し、近くのガソリンスタンドで洗車や空気圧のチェックをしてもらいました。 午後は、外したタイヤを実家近くの倉庫へ持っていき、そのあとはお彼岸ということもあって、父親の実家へ行き、墓参りをしてきました。 とても、気持ちが晴れ晴れとした一日でした。 下の写真は実家近くで撮った、満開の梅の写真です。 ところで今日は、梅ではなく、桜のが東京、名古屋、静岡、熊本で発表されたそうです。 また、沖縄ではがあったそうで、陽気がぐんぐんよくなっていく気配を感じます。 yoshi-kuma 今日はこんにちはです。 よしくまです 最初の投稿は昼間なので。 今、地元からへ向かう高速バスに乗っています。 今日は地元 長野県 を中心に活躍しているインディーズ女性デュオ[ma]の活動休止前ラストライブに参加するためにへ行きます。 の成分がある分際としてはエッグ新人公演 ちゃんエッグ卒業公演 @横浜とかライブ@新潟 小凱旋公演 に参加するのが本分なのでしょうが、そんな余力なんぞございません。 でも、今日行くライブのアーティストもと同じ時からのファンなので、ちゃんのとして最後のライブも見たい気持ちはありますが、ソロになっても応援できるので、今日は長野へ行きます。 30日夜追記 昨日29日は、雲が多く、時より日が射す 地元ととも という一日でした。 長野は空気が冷たかったです。 yoshi-kuma こんばんは、よしくまです。 さて、今日の見出し文の「守・破・離」という言葉ですが、今朝購入したのラジオ欄の上のTVダイアリーのコーナーで「」 フジ のキャスターで、以前は私の地元のTBS系の放送局 に籍を置いていたさんが引用していた言葉です。 その記事を引用すると 「守」…言われたことを忠実に守り訓練する。 「破」…身に着けたものをさらに洗練させるとともに、型を破り、個性を見い出していく。 「離」…新境地を切り開き、何ものにもとらわれない。 ということで、物事を習得する上で必要であるとされている、ということです。 納得いくことだと思います。 つまり、基礎を固め、応用力を付け、独自性を見い出していくということだと思います。 どんなことにも、この段階は必要なものであるので、自分も肝に銘じておきたいと思います。 ちなみに、このコラムでの杉崎さんの回は今回までで、来週からは、NHKアナウンサーのさんが登場するそうです。 私の中で注目しているアナウンサーなので、楽しみです。 yoshi-kuma この言葉をネットで見た瞬間、胸に込み上げるものを感じました。 「とうさんへ いつもおしごとがんばってくれてありがとう でも、じこにあって つらいめにあったとおもうけど みんなとうさんをしんぱいしていて わたしは学校からかえってきて とうさんがしんだときいて とてもかなしくなりました。 でも とうさんがいなくても学校はがんばります」 JRで18歳の少年にホームから突き落とされて亡くなった職員の假谷(かりや)国明さん(38)の葬儀が28日、の斎場で営まれた。 出棺前、父親の要さん(70)は「このような事件が二度と起きないように」と、假谷さんの小学1年の長女の手紙を報道陣の方に向かって読み上げた。 「とうさんがいなくても学校はがんばります」という手紙を読み上げている最中、要さんが言葉に詰まると、親族とみられる女性が駆け寄って背後から支えた。 読み終えた要さんは「このけなげな言葉を犯人に聞かしてやりたい」と声を震わせて訴えた。 式には友人、同僚、・知事ら約1000人が参列。 假谷さんが大好きだったの「蕾(つぼみ)」が会場に流れると、気丈に振る舞っていた假谷さんの妻(37)は親族に抱きかかえられるようにしていすに座ったという。 ファンだった假谷さんのため、出棺の際には「」が流された。 娘さんの手紙のくだりを読んでいると、目頭が熱くなりました。 何の前触れもなく亡くなってしまって被害者を思うと残念でなりません。 何も悪くないのに犠牲になってしまう人をつくってはならない、ただそれを思うばかりです。 花見の名所として知られる中心部、りのサクラ並木では、枝先のつぼみが開いたことから、きょう地域の気象アドバイザーが開花を宣言しました。 平年より6日早く、去年より3日遅い春の到来で、通りがかったひとが淡いピンクの花を待ちかねたように眺めていました。 今月8日ごろから気温の高い状態が続いたことから、開花は気象台の開花予想よりも3日早くなりました。 しかし、明日まで気温が低いため、この後の北上のペースは少し鈍りそうです。 県内のサクラの開花予想日は松本、上田で来週10日、長野が12日、諏訪、小諸で15日などとなっています。 3月中にが出されるとは予想しませんでしたが、ここ半月くらいの暖かさが開花を早めたようです。 信州にも本格的な春到来といったところでしょうか。 この日は歌手の(23)をゲストに迎え、中区の南館オルガン広場から公開生放送し、1万5261回目を締めくくった。 会場には開店前から熱心なリスナーが集まり、整理券80枚はあっという間になくなる人気。 買い物客ら約1000人が最後を見守った。 「『Jupiter』を歌ってたら途中から雪が降ってきたのを覚えてます。 来られて本当に良かった!!」と感無量だった。 番組の締めくくりに「Jupiter」を熱唱した平原は目を潤ませ、「私も涙出てきちゃった」と苦笑い。 これには中西直輝、両アナウンサーや観客ももらい泣きし、涙の最終回となった。 いつもの「生活と文化を結ぶ。 」で、締めの一言を発した中西アナは「寂しいけど(のシンボル)カトレヤマークを見たら、番組を思い出して」と満員の会場に呼び掛けた。 単独提供してきたは、番組終了について「大きな時代の流れ。 4月4日から店内のカフェでテレビの新番組(BIKEINA TV)を放送する。 これからも常に新しい形で発信したい」と話した。 学生の時に名古屋にいた頃、少しは聴いていました。 オープニングの 「0時半です。 カトレヤミュージックです。 」のフレーズとエンディングの 「生活と文化を結ぶ。。 」のフレーズは懐かしいです。 時代の流れでというのは淋しい限りです。 歴史的使命が終わったというところでしょうか。 yoshi-kuma.

次の