クリスピー クリーム ドーナツ 熊本。 [クリスピークリーム]超アメリカンな新作ドーナツ全種類ガチレビュー![スイーツ][モッパン]

熊本でおすすめのグルメ情報(クリスピークリームドーナツ)をご紹介!

クリスピー クリーム ドーナツ 熊本

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンと ギャップジャパン。 アメリカ生まれの両ブランドがこのたびコラボレーションすることになりました! 2020年6月1日にリニューアルオープンを予定している「Gapストア 新宿フラッグス店」。 この中にある「ギャップカフェ(Gap cafe)」限定商品として、「 ブラナンベア カスタード」が同日より販売されます。 その中のメニューとして登場するのが 「ブラナンベア カスタード」です。 ブラナンベアの顔をかたどったドーナツは、表面をビターチョコでコーティング。 ホワイトチョコで目や鼻、口を描き、耳にはビターチョコがトッピングされています。 「Gap」というロゴの入ったピンクのキャップをかぶっているのもとってもキュートですね! そして、ふわふわな生地の中には、北海道産ミルクを使ったカスタードクリーム入り。 ほろ苦いチョコと甘~いクリームとのハーモニーに期待がかかりますねっ。 1日の販売数量には限りがあるとのことですのでご了承ください。 世界初のギャップカフェ、しかも ここでしか買えない限定ドーナツというのはかなりプレミア感あり! お買い物の合間に立ち寄ってみてはいかが? 参照元: 執筆: c Pouch.

次の

各地の主な工場併設クリスピー・クリーム・ドーナツ【ファクトリーショップNAVI】

クリスピー クリーム ドーナツ 熊本

「オリジナル・グレーズド・ドーナツ」のホットライト クリスピー・クリーム・ドーナツは、製造工程をオープンにし、揚げたてを提供することで人気を集めています。 しかしながら、チェーン展開をしていますので、店舗によって提供しているサービスにも違いがあります。 ストアとして販売のみの店舗、「イートイン」が用意されているところ、そして最大の特徴である、発酵からグレージングまで見せる「ドーナツ・シアター」や、デコレーションやフィリング注入などの最終工程を見せる「プロセッシング・シアター」のあるところもあり、さらにドーナツ作り体験を楽しむイベントプログラム「チョコレート・ファンタジー(デコレーション体験)」を行っているところもあります。 ここでは、ドーナツシアター(工場)の併設されている、お勧め店舗をご紹介しましょう。 ドーナツ・シアターのあるショップリスト• ファクトリーショップの基本や豆知識• ファクトリーショップをジャンル別に紹介• ファクトリーショップをサービス別に紹介• ファクトリーショップをエリア別に紹介• 当サイト掲載の「ファクトリーショップ」一覧•

次の

ドーナツ1箱買うともう1箱プレゼント! クリスピー・クリームでお得企画 : 東京バーゲンマニア

クリスピー クリーム ドーナツ 熊本

本社所在地 27103 市ノールウッド(Knollwood)通り370 設立 外食産業 事業内容 直営およびフランチャイズシステムによる飲食店の運営、ドーナツおよび関連商品の製造・販売 売上高 3億6200万ドル(2010年2月1日 - 2011年1月30日) 営業利益 1526万ドル(2010年2月1日 - 2011年1月30日) 純利益 760万ドル(2010年2月1日 - 2011年1月30日) 従業員数 3,700人(2011年1月30日) 決算期 関係する人物 ヴァーノン・ルドルフ(創業者) 外部リンク クリスピー・クリーム・ドーナツ(:Krispy Kreme Doughnuts)は、でに創業したである。 1月末現在、アメリカ合衆国の37、、、、、()、、、台湾、、、、、、、、、、、、、で646の店舗を展開している(アメリカ国内の85店は直営、アメリカ国内の144店とアメリカ国外の全店舗417店はフランチャイズ)。 また、タイに貿易用の子会社を有する。 この節のが望まれています。 アメリカの Krispy Kremeはクリスピー・クリームの創業者とその伯父がのブロード・ストリートにあるジョセフ・ルブーフのドーナツ店を、1933年にのビジネスマンから受け継いだ秘伝のレシピと共に買収したことから始まった。 ルドルフはパデューカでドーナツの販売を始め、自転車で配達もしていた。 に移転し、家族の他の者も接客に加わった。 、ナッシュビルの店舗を売り払い、にドーナツ店を開業してに卸していたが、後に個人客に対しても販売するようになった。 最初の店舗はウィンストン・セーラムのサウス・メイン・ストリートにある現在と呼ばれる地域の賃貸ビルに開業。 クリスピー・クリームのは地元のアーティスト、ベニー・ディンキンスによってデザインされた。 、事業は拡大され、などを中心に展開された。 にはにさらなる拡大を開始。 1976年、クリスピー・クリーム・ドーナツ・コーポレーションはののとなった。 ただし本社はウィンストン・セーラムのままとされた。 1982年、(加盟店)のグループによりベアトリス・フーズから買い戻された。 2000年4月に IPO を行ないに上場、2001年5月に NYSE に上場替えした。 上場後、急速に店の展開を進めたが、2003年以降は売り上げが伸び悩み、2004年から5年間で240店を閉店、莫大な損失(3億ドルの減損・リース負債計上など)を出した。 2004年には会計上の問題により SEC の調査を受けている。 後半以降は、アメリカ国外でのフランチャイズ展開に活路を探っている。 アメリカなどでは、末尾にDoughnutsをつけない「Krispy Kreme」の名称で親しまれている。 ドーナツは、クリスピー・クリーム店舗以外のスーパーマーケット、、などでも販売されている。 資本金2億5千万円。 社長には、出身のが就任。 のクリスピー・クリーム・ドーナツ社( Krispy Kreme Doughnuts, Inc. )と日本でのフランチャイズ契約を結び、ドーナツチェーン事業を展開する。 設立後の5年間に30-50店舗の出店を予定していた。 アメリカでは12個入り1箱(クーポンがある場合は2箱)を8~9ドルで販売する大衆化・日常化したドーナツチェーンであるが、日本では目新しさと稀少性を演出したブランディングにより高めの価格設定になっている。 また、オリジナルレシピでの味付けは総じてかなり甘めであり、日本人の味覚に合わない、という意見もあった。 2019年現在は日本独自のレシピに改訂されており、かつての強烈な甘味は緩和されている。 2006年12月15日に、東京都渋谷区のにクリスピー・クリーム・ドーナツ1号店が開業(閉店)。 オープンデッキからドーナツ製造工程を見学できるのが特徴であった。 その後アメリカ創業法人の経営上の問題により日本での2号店開業は遅れた。 日本2号店は2007年10月12日に前のにおいて開店した。 その後は・・・・・・などにも出店している。 2010年には、、と以外への出店を開始した。 2011年2月にはの駅ビル新装に伴い、にも出店した。 2013年4月12日にオープンの大型商業施設内のテナントとしてへ初出店した。 2016年に日本進出10周年を迎えるのに合わせて事業計画の見直しを行い、経営資源をに集中させる。 これに伴い、閉店する店舗が増えてきている。 2016年1月31日で「アミュプラザ博多店」、「天神地下街店」、「マリノアシティ福岡店」の3店が、同3月21日で内の2店が同時に閉店し、これによりから全ての店舗が撤退となった。 また、同2月21日で「広島アルパーク店」、「ゆめタウン廿日市店」が閉店し内から 、7月3日「アリオ倉敷店」が閉店し内から撤退となった。 また、2018年3月25日で、9月2日で、10月28日でからも撤退となった。 さらに、2019年2月28日で「店」が閉店し 、からも撤退している。 については、2016年2月28日で「四条烏丸店」が閉店したため一度は空白地帯になっていたが、2019年2月15日に「四条店」として再度出店している。 社名の綴り [ ] 社名の「クリーム」が "Cream" ではなく "Kreme" となっている理由については、アメリカ本社にも知る者はいない。 創業者のルドルフがフランス人シェフからレシピを伝授された時に既にこの名前が付いていたため、これをずっと使い続けていることによる。 ドイツ語のKreme(クリーム)が語源という説もある。 ドーナツ [ ]• 同じく許可を得て撮影 オリジナル・グレーズド [ ] クリスピー・クリームを代表するドーナツとして、1937年の創業時から提供されている、ふんわりとしたイーストドーナツの表面を砂糖でコーティングした「オリジナル・グレーズド」がある。 1個当たりの公表は795 (190 k)。 その他にドーナツのメニューは14種類が用意されている。 トランス脂肪酸 [ ] 法的規制のあるアメリカ合衆国のクリスピー・クリームではトランス脂肪酸を多く含む油脂は使用されておらず、公式ホームページやパッケージに「0 grams TRANS FAT! 」の表記がされている。 23g」と記載されている。 沿革 [ ] アメリカ [ ]• - ヴァーノン・ルドルフが、フランス人シェフ ジョセフ・ルブーフのドーナツ店()をイーストドーナツの秘密レシピとともに購入。 1930年代中頃 - に移転。 - に移転して、 Krispy Kremeを創業。 - ベアトリス・フーズ(現コナグラ・フーズ)の完全子会社となる。 - フランチャイジーのグループにより買収される。 - 上場。 - 上場(:)。 2001年 - 国際展開を開始。 2000年代中盤 - 業績不振によりアメリカ国内の240店舗を閉店。 経営・会計上の問題によりSECの調査を受ける。 日本 [ ] 心斎橋店(既に閉店)• (18年)• - クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社設立( Krispy Kreme Doughnut Japan Co. , Ltd. - 東京都渋谷区代々木の新宿サザンテラス(南口)に日本1号店が開店(既に閉店)。 (平成19年) - 東京都の有楽町イトシアに日本2号店が開店。 (平成22年)• - ()のに日本13号店が開店。 関東地方以外では初の出店となる。 - のに日本14号店が開店(既に閉店)。 初出店となる。 (平成23年)• - の(博多駅) アミュプラザ博多に日本21号店が開店(既に閉店)。 初出店となる。 - - のプロ野球戦において場外屋台村にて臨時販売。 (平成24年) - の内の商業施設西館に日本36号店が開店(既に閉店)。 岡山県での2店目で中国地方初の駅構内店舗となる。 (平成25年) - のに日本43号店が開店。 初出店となる。 (平成26年)• - の商業施設に日本48号店が開店(既に閉店)。 初出店となる。 - のに隣接する駅ビル「」本館の2階に日本56号店が開店。 初出店となる。 (平成30年)• - のアウトレットモールに出店。 北海道初出店となる。 店舗 [ ] 2011年1月30日現在では直営85店、フランチャイズ561店、総計646店が営業している。 アメリカ合衆国の店舗 [ ] 2011年1月末現在、直営85店、フランチャイズ144店、計229店舗が営業している。 出店店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「」 (英語)を参照。 直営3店、フランチャイズ7店• フランチャイズ11店• フランチャイズ2店• フランチャイズ15店• フランチャイズ2店• フランチャイズ4店• 直営4店、フランチャイズ17店• 直営10店、フランチャイズ11店• 直フランチャイズ1店• フランチャイズ1店• 直営4店• フランチャイズ4店• フランチャイズ1店• 直営3店• 直営4店• 直営1店、フランチャイズ3店• 直営2店• 直営3店• 直営1店、フランチャイズ2店• 直営4店、フランチャイズ3店• フランチャイズ2店• フランチャイズ7店• フランチャイズ2店• 直営1店• 直営14店、フランチャイズ7店• 直営6店• フランチャイズ4店• フランチャイズ2店• フランチャイズ7店• 直営3店、フランチャイズ9店• 直営11店、フランチャイズ1店• 直営3店、フランチャイズ8店• フランチャイズ2店• 直営6店• フランチャイズ8店• フランチャイズ1店• 直営1店• 直営1店 カナダの店舗 [ ] 2012年11月時点では、1店舗、3店舗、2店舗が営業している。 出店店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「」 (英語)を参照。 日本の店舗 [ ] 営業中の店舗 [ ] 2019年5月1日時点では、2店舗、4店舗、5店舗、15店舗、5店舗、1店舗、5店舗、1店舗、1店舗、1店舗、5店舗、2店舗、計47店舗が営業している。 出店店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「」を参照。 閉鎖した店舗 [ ]• 横浜店()- 2011年3月27日、CIALの閉館に伴い閉店。 店(後に店)が後継店舗的位置づけとなる。 店(東京都渋谷区)- 2012年1月15日閉店。 期間限定ストア(東京都渋谷区)- テイクアウト専門、2011年2月22日から2012年1月31日まで営業していた。 店(東京都)- 2012年3月31日、ベルビー赤坂の閉館に伴い閉店。 店(東京都)- 2012年10月15日閉店。 心斎橋店()- 2013年2月14日閉店。 アトレ吉祥寺店(東京都)- 2013年2月28日閉店。 店(埼玉県)- 2014年1月13日閉店。 店(埼玉県)- 2015年1月12日閉店。 イオンモール川口前川ウエストモール店が後継店舗的位置づけ。 店()- 2015年1月18日閉店。 玉川髙島屋S・C本館店が後継店舗的位置づけであったが、こちらも2016年に閉店。 店(横浜市)- 2015年1月18日閉店。 店(埼玉県)- 2015年2月14日閉店。 店()- 2015年5月31日閉店。 店(大阪市中央区) - 2015年12月31日閉店。 なんばCITY本館北店が後継店舗的位置づけ。 店(岡山市北区) - 2016年1月11日閉店。 店(福岡市博多区) - 2016年1月31日閉店。 店(福岡市) - 2016年1月31日閉店。 店(福岡市) - 2016年1月31日閉店。 広島アルパーク店(広島市西区) - 2016年2月21日閉店。 店(広島県) - 2016年2月21日閉店。 広島県から撤退。 店(京都市) - 2016年2月28日閉店。 その後、2019年2月15日に開業したコトチカ四条店が後継店舗的位置づけになっている。 店(静岡市葵区) - 2016年3月9日閉店。 店(東京都) - 2016年3月12日閉店。 店(静岡県) - 2016年3月13日閉店。 店(東京都) - 2016年3月20日閉店。 店() - 2016年3月21日閉店。 店(北九州市小倉北区) - 2016年3月21日閉店。 福岡県から撤退。 玉川髙島屋S・C本館店(東京都世田谷区) - 2016年3月27日閉店。 アトレ大森店(東京都) - 2016年3月30日閉店。 アトレ亀戸店(東京都) - 2016年3月30日閉店。 店(横浜市西区) - 2016年6月26日閉店。 店(岡山県) - 2016年7月3日閉店。 岡山県から撤退。 中国地方から撤退。 新宿サザンテラス店(東京都渋谷区)- 施設の契約期間満了に伴い 、2017年1月3日閉店。 店(東京都大田区) - 2017年7月30日閉店。 店(大分県) - 2018年9月2日閉店。 大分県から撤退。 店(鹿児島県) - 2018年10月28日閉店。 鹿児島県から撤退。 九州地方から撤退。 その他の国・地域の店舗 [ ]• オーストラリア - 2004年に進出、29店が営業中• バーレーン - 2009年に進出、9店が営業中• カナダ - 2002年に進出、6店が営業中• 中国(上海) - 2011年に進出、1店が営業中(香港8店舗は閉店)• ドミニカ共和国 - 2011年に進出、1店が営業中• インドネシア - 2007年に進出、9店が営業中• クウェート - 2007年に進出、28店が営業中• レバノン - 2009年に進出、11店が営業中• マレーシア - 2010年に進出、5店が営業中• メキシコ - 2004年に進出、58店が営業中• フィリピン - 2007年に進出、21店が営業中• プエルトリコ - 2009年に進出、4店が営業中• カタール - 2008年に進出、6店が営業中• サウジアラビア - 2008年に進出、83店が営業中• 韓国 - 2005年に進出、41店が営業中• タイ - 2011年に進出、2店が営業中• トルコ - 2010年に進出、13店が営業中• アラブ首長国連邦 - 2008年に進出、24店が営業中• イギリス - 2004年に進出、46店が営業中 脚注 [ ] []• 2016年2月12日. 2016年2月14日閲覧。 2018年11月現在、三大都市圏以外に出店している店舗は北海道に2店舗である。 クリスピー・クリーム・ドーナツ. 2019年2月19日閲覧。 クリスピー・クリーム・ドーナツ. 2019年2月19日閲覧。 Krispy Kreme Doughnuts, Inc. 2016年12月17日. 2017年1月5日閲覧。 参考文献 [ ]• NIKKEI NET• GIGAZINE 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (日本語)• krispykremeJP -• krispykremejapan -.

次の