ピル 市販。 避妊薬って市販で買えるの?アフターピルはどこで売ってる?

生理を遅らせる方法…ピルの飲み方・ピル以外の方法・市販薬の効果 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

ピル 市販

関連記事 セントジョーンズワートはピルの効きを弱め、避妊効果を下げたり、不正性器出血を起こす原因になるおそれがあり注意が必要です。 セントジョーンズワートとはセイヨウオトギリソウという黄色の花を咲かせるハーブの一種です。 根茎性の多年草のハーブです。 抗うつ作用や止血作用があり、さまざまなサプリメントやダイエット用の飲料などに広く含まれています。 また、ハーブティーに含まれていることもあるため、ハーブティーを飲むときは成分を確認しましょう。 ピル以外の多くの薬とも併用により薬の作用を弱めます。 要注意の成分なので、覚えておくと便利です。 プエラリアやピンキープラスなどのバストアップサプリは、ピルの効果に影響を及ぼす可能性があるため併用は避けた方が無難です。 プエラリアの主成分であるプエラリア・ミリフィカには、ミロエステロールやデオキシミロエステロールなどが含まれ、これらのエストロゲン様の成分は大豆イソフラボンの1000倍程の活性力を持っているとされています。 このプエラリアに関しては、生理作用に関して国民生活センターから注意喚起が発表されているため要注意です。 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関する危害情報が 2012 年度以降の 5 年間あまりで 209 件寄せられており、特に 2015 年度以降増加しています。 これらの中には消化器障害や皮膚障害といった一般の健康食品でもよくみられる危害事例のほ かに、月経不順や不正出血といった、女性特有の生理作用に影響を及ぼしていると考えられる 特徴的な危害事例が多く見受けられます。 (独立行政法人国民生活センター 報道発表資料より) 一方のピンキープラスに関しては、主成分である「ブラックコホシュ」がイソフラボンを含み、このイソフラボンが女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」に似た作用を示すことで効果を発揮します。 ただしピルも女性ホルモンをコントロールするお薬であるため、作用が重なり、必ずしも安全とはいい切れません。 いずれにせよ、ピルとバストアップサプリを併用したい場合は医師に相談するようにしてください。 プラセンタなどの美容サプリは、市販で購入できるサプリメントであればピルとの併用は問題ないといってよいでしょう。 特に注意喚起はなされておりません。 ただし、病院や美容クリニックなどで処方されるプラセンタに関しては、ピルとの併用に注意が必要です。 プラセンタには女性ホルモンを活性化し調整する作用があり、その作用は病院で処方されるものの方が市販品より大きいため、処方のプラセンタの場合、ピルの作用を減弱させる恐れがあります。 処方薬の場合、ピルとの併用は担当医と相談の上、決定するようにしましょう。 チェストベリーのジュースやチェストツリーのサプリメントはピルとの併用によりピルの効果を減弱させる恐れがあるため、避けるようにしましょう。 チェストベリーは、ある種のホルモン値に影響を与える場合があります。 妊婦、経口避妊薬を服用している女性、ホルモン感受性に留意しなければならない状態(乳癌など)の女性はチェストベリーを摂取するべきではありません。 厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業 「統合医療」情報発信サイトより チェストベリーはチェストツリーの実で女性ホルモンの分泌をうながすといわれており、月経前症候群の症状をおさえる働きがあるため、市販薬では「プレフェミン」が月経前症候群(PMS)治療薬として発売されています。 「プレフェミン」の添付文書上にピルとの併用に関する直接の記述は見当たりませんが、月経異常(生理の周期や経血量の変化等)に関する副作用の注意喚起はなされていますから、可能な限りピルの処方を受けている担当医に判断を仰ぐことをおすすめします。 日常的な量であれば問題はないと考えられます。 ビタミンCのサプリを目安量を守って継続されたり、デザートにグレープフルーツや果汁のジュースを飲んだりする程度では影響はないと考えられます。 ご安心ください。 ただし、ビタミンCについては、イギリスの論文でピルの作用(および副作用)を高めてしまうおそれがあるとの報告がありました。 また、グレープフルーツも同様にピルの作用(および副作用)を強めるおそれがあります。 目安量を守らず、ビタミンCのサプリメントを大量にとったり、極端な量のグレープフルーツをとるのは避けた方がよいでしょう。 市販されている大豆イソフラボンのサプリメントとピルを併用する場合は、医師に相談してください。 イソフラボンは構造が女性ホルモンに似ており、女性ホルモンと類似の作用を発揮します。 そのため、過剰摂取するとピルの効果に影響を及ぼす恐れがあります。 使用する前にまずは医師・薬剤師に相談しましょう。 メリロート メリロートに関してはピルとの併用に特に問題はないと考えられます。 メリロートはむくみをすっきりさせる天然ハーブ由来の成分を含んだサプリメントです、むくみ改善に継続されても問題はありません。 ダイエットサプリ カロリミットやフォースコリーなどのダイエットサプリメントは、ピルとの併用に特に問題はありません。 マカ・葉酸 マカや葉酸など、妊娠前後に効果的なサプリメントもピルとの併用に問題ありません。 使用する際は摂取量を守りましょう。 サプリメントや市販薬、処方薬以外でもピルの作用に栄養を及ぼす可能性があるものがあります。 豆乳・ザクロ 豆乳やザクロなど女性ホルモンに影響を及ぼす恐れはありますが、日常の食事では問題になるほど量を摂取できないので、普通に食べる分には問題ありません。 豆腐・納豆・薄揚げなどの大豆製品も同様です。 プロテイン・チョコラBBなどの栄養食品 市販されている栄養食品や栄養剤と、ピルとの併用に問題はありません。 ピルと漢方薬の飲み合わせは問題ありません。 漢方には多くの婦人科疾患に有効なものがあるので、ピルと併用して症状を緩和させるケースも多くあります。 ただし、市販の「西洋ハーブ」配合の商品には、ピルに影響するおそれのある「セントジョーンズワート」や「チェストベリー」が含まれていることがあるため、注意が必要です。 風邪薬、便秘薬、酔い止めの薬などの市販薬は、ピルと一緒に飲んでも、ピルの効果がなくなったり影響をうけることはないといわれています。 しかしながら解熱鎮痛剤の中でも、「アセトアミノフェン」を含む薬には気を付けましょう。 タイレノールや風邪薬に要注意 解熱鎮痛剤には多くの種類がありますが、その中で「アセトアミノフェン」を鎮痛成分としたタイレノールは、気をつけておきたい薬です。 併用が禁じられるほどに危険性の高い飲み合わせではありませんが、一緒に服用すると、アセトアミノフェンの効果が減弱したり、ピルの効果・副作用が強く現れたりする可能性があります。 そのため持病がある場合や健康状態が不安な場合は、医師に確認してから服用するようにしてください。 もしくは、イブやロキソニンなどのアセトアミノフェン以外の鎮痛成分の薬を使うようにしましょう。 ただしヤーズは「イブプロフェン」や「ロキソプロフェン(ロキソニン)」などにも注意が必要なため(高カリウム血症を誘発することがあるため)、ヤーズ、ヤーズフレックスをお使いの方は市販でお使いいただける鎮痛剤がなく、担当の医師に相談していただく形になります。 アセトアミノフェンは風邪薬などにもよく含まれていますので、ご心配であれば店頭の薬剤師または登録販売者に相談するようにしましょう。 以下に一例をご紹介します。 ヤーズは市販の解熱鎮痛薬との飲み合わせに注意が必要なため、担当の医師に相談することをおすすめします。 <鎮痛剤> 喉によく効く風邪薬です。 2種類の咳止め・痰切り・喉の炎症をおさえる成分と、喉に効く成分が豊富に含まれています。 やや高価ですが喉を痛めた風邪を早く治したい場合にはおすすめです。 解熱鎮痛成分にはイブプロフェンが使用されているため、ピル(ヤーズを除く)と併用していただけます。 薬が処方されるとき、医師や薬剤師にピルの服用を必ず伝えるようにしてください。 処方薬の場合、ピルとの相互作用がある薬があります。 ピルの効果に影響を与える恐れがある薬を紹介します。 テトラサイクリン系・ペニシリン系抗生剤(抗生物質) テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン・アクロマイシンなど)、ペニシリン系抗生物質(アンピシリン水和物・ビクシリンなど)病原菌(細菌)を殺すいわゆる抗生剤は、ピルとの飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 これらの抗生物質は、避妊効果が落ちたり不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 上記グループ以外の抗生物質もあるので、医療機関を受診した際にはピルを服用していることをしっかり医師に伝えましょう。 よく処方される抗生物質のクラシッド、メイアクト、クラリス、クラビットなどはピルとの飲み合わせに問題はありません。 ステロイド(抗炎症薬) ピルは、副腎皮質ホルモンであるステロイドの代謝をおさえると考えられているため、ピルの服用でステロイドの作用が強まる可能性が報告されています。 どうしても避けるべき成分ではありませんが、服用の際は医師に相談してください。 なお塗り薬のステロイドは使用しても問題ありません。 セレスタミン(花粉症の薬) 市販されているアレグラなどの花粉症の薬や抗ヒスタミン薬と、ピルとの飲み合わせは問題ありません。 しかしながら、アレルギーの薬としてよく処方される「セレスタミン」は、ステロイドの作用があるので、花粉症の治療薬を処方してもらうときは必ず医師にピルの服用を伝えてください。 ベゲタミン錠(睡眠薬) バルビツール酸系の睡眠薬である「ベゲタミン錠」とピルの併用は避けますが、現在ではほとんど用いられていない薬なので、睡眠薬とピルの併用に過度な心配は不要です。 マイスリーやレンドルミンなどの睡眠薬とピルの飲み合わせは問題ありません。 イミプラミン・トフラニール(抗うつ剤) 三環系抗うつ剤である「イミプラミン」や「トフラニール」などとの併用には注意が必要とされています。 ピルは三環系抗うつ剤の代謝をおさえると考えられていて、三環系抗うつ剤の作用が強まる可能性が報告されています。 睡眠薬の処方と合わせてうつの治療薬が処方されるときは、必ず医師にピルの服用を伝えてください。 基本的には、市販薬には避妊効果を妨げる成分は含まれていないのでご安心ください。 処方薬の抗生物質などには注意が必要なため、事前に医師にピルを服用していることを伝えましょう。 また、てんかんやけいれん、結核などの症状がある場合、特筆すべき持病がある場合などは、診察時に必ず医師にピルの服用が可能か確認するようにしてください。 普段飲んでいる薬やサプリメントがある場合は、ピルの処方前に必ず医師に申し出て、飲んでも大丈夫かを確認することをおすすめします。

次の

生理を遅らせる方法…ピルの飲み方・ピル以外の方法・市販薬の効果 [オトナ女子の不調・カラダの悩み

ピル 市販

経口避妊薬「ピル」は、非常に安全に使えるお薬で、市販の風邪薬や痛み止めなど併用禁忌、併用注意に分類されていません。 ですが、それでも気を付けた方が良い飲み合わせがあります。 ピルと【薬・サプリメント・食べ物】について注意すべきものをピックアップしました。 ピルと薬の飲み合わせ 風邪薬、解熱鎮痛剤について 基本的に、 市販の風邪薬や鎮痛解熱剤、酔い止めなどの薬はピルとの併用禁忌、併用注意に分類されていません。 特にアフターピルの副作用などがつらいとき、生理痛を緩和するときなどに鎮痛解熱剤を使うのに問題は無いとされています。 しかし、薬は薬ですので、他の薬等と併用すると問題が起こる場合があります。 ピルの効果を弱めてしまったり、副作用が強く出てしまう場合があります。 ピルは特に、体内の濃度が上がりすぎても下がりすぎてもいけないお薬です。 ピルも「飲み合わせ」に注意しなければいけません。 ピルは日常的に飲み続けなければいけないため、その間に風邪をひいたり、インフルエンザになったりすることは当然あります。 その際、風邪薬や解熱剤、胃腸薬などを使うのは基本的に問題は無いとされています。 しかし、風邪薬や鎮痛解熱剤の成分として「アセトアミノフェン」が使用されているものは併用注意です。 薬物の相互作用で、アセトアミノフェンの効果が半減することが知られています。 アセトアミノフェン以外の鎮痛解熱成分を使っている薬を選択してください。 イブプロフェンやロキソニンなどが飲んでも良い例として挙げられます。 参照 : その他の薬について 抗インフルエンザ薬 抗インフルエンザウイルス薬の内服薬「タミフル」、吸入薬「イナビル」「リレンザ」についてはピルと併用して差し支えありません。 不活性化ワクチンである「インフルエンザワクチン」の接種も、ピルとの相互作用はありません。 ペニシリン・テトラサイクリン系抗生物質 細菌を殺傷する効果を持つ抗生物質ですが、そのなかで、「ペニシリン系」と「テトラサイクリン系」のものはピルと併用してはいけません。 避妊効果が落ちたり不正出血が起こる可能性があります。 抗生物質には他にもいろいろ種類がありますので、ピルを服用していることを医師に伝えて、適切な系統の抗生物質の処方を受けてください。 参照: ステロイド 副腎皮質ホルモンである「ステロイド」は、強い抗炎症効果があります。 膠原病などには必須のお薬です。 ピルはステロイドの代謝を抑える作用があるため、ステロイドの効果が高まりすぎることがあります。 絶対に併用してはならないというものではありませんが、医師に相談されるのが賢明です。 花粉症の際に使う点鼻薬や、塗り薬としてのステロイド使用は通常は問題ありません。 参照: セレスタミン 「セレスタミン」は花粉症等アレルギー疾患に用いる薬です。 花粉症では抗ヒスタミン薬が処方されることが普通です。 一般的な抗ヒスタミン薬(アレグラなどほとんどの種類)はピルと併用しても問題ありませんが、「セレスタミン」にはステロイドの作用があるため、ピルを使用している旨医師に伝えておきましょう。 参照: ベゲタミン バルビツール酸系の睡眠薬「ベゲタミン」もピルとの併用を避けるべきお薬です。 もっとも、現在は製造が中止になっているため、あまりお目にかかることはないかもしれません。 マイスリー・ハルシオン・レンドルミン等、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は服用して問題ありません。 参照: 三環系抗うつ薬 一昔前のお薬になりますが、 トフラニールなど、精神疾患の治療薬である「三環系抗うつ薬」は、ピルによって効果が強まってしまうため、併用禁止です。 現在ではジェイゾロフト等の「SSRI」、トレドミン等の「SNRI」、リフレックスなどの「NaSSA」など、三環系以外のお薬がありますので、ピルの服用を医師に伝えて、適切な処方を受けましょう。 参照: サプリメントや食べ物 ピルとの飲み合わせで気を付けなければならない特に身近なものは、前述の鎮痛解熱剤「アセトアミノフェン」、サプリメントの「セントジョーンズワート」、そして「ビタミンC」が挙げられます。 アセトアミノフェンはすでにご紹介しましたので、セントジョーンズワート、ビタミンC、及びその他について簡単に記します。 ビタミンC 意外に思われるかもしれませんが、ピルを服用している人はビタミンCに注意しましょう。 エストロゲン作用が強まる(低用量ピルを飲んでいた場合、高用量ピルと同じほどのエストロゲン効果が出てしまう)ことがその理由です。 1日1000㎎を超えないことが推奨されています。 しかし、ビタミンCは野菜や果物に大量に含まれていることが少なくないため、注意が必要です。 特にグレープフルーツは相性が良くありません。 ビタミンCの摂取量目安は100㎎となっています。 100~300㎎なら摂取して大丈夫、というよりは摂取したほうがよいです。 壊血病など、ビタミンC欠乏症になっては元も子もありません。 適量摂取を心がけましょう。 *グレープフルーツも少量なら問題ありません。 参照: セントジョーンズワート 精神安定の効果のある「セントジョーンズワート」は西洋オトギリソウと呼ばれ、ドラッグストアなどで広く販売されています。 この セントジョーンズワートにはピルの効果(避妊効果)を下げますので使用は禁忌です。 避妊効果だけでなく、子宮内膜症などの予防・治療のために服用していても、その効果が低減してしまいます。 ピルにかぎらず、セントジョーンズワートは併用禁忌の薬が少なくありません。 ハーブティーに含まれていることもありますので、注意してください。 参照: バストアップサプリ バストアップサプリは女性ホルモンを高める薬が多いため、ピルと作用が重なってしまいます。 バストアップサプリの一つである「プエラリア」の主成分は女性ホルモンであるエストロゲンに似ているので注意が必要です。 同じくバストアップサプリの「ピンキープラス」にはイソフラボンが含まれています。 このイソフラボンもエストロゲンに似た作用を持つので、ピル服用者に影響を及ぼします。 参照: チェストベリー・チェストツリー チェストベリーの飲み物や、チェストツリーのサプリメントはピルの効果を低める恐れがあるため、 低用量ピルとの併用は避けた方がいいでしょう。 参照: プラセンタ 美容サプリの「プラセンタ」は女性ホルモンを活性化させます。 基本的に、 女性ホルモンに関係のある薬やサプリ、飲食物はピルと相互作用を起こしやすいので要注意です。 市販のサプリメント程度ではあまり問題はありませんが、病院や美容クリニックで処方されるものについては、市販のものより作用が強いので、処方薬の場合は医師に相談しましょう。 参照: 大豆イソフラボン 大豆イソフラボンのサプリメントは、その構造が女性ホルモンに近く、ピルに影響を及ぼす恐れがあります。 併用する前には一度医師もしくは薬剤師に相談をするようにしましょう。 参照: 豆乳・ザクロ これも女性ホルモンに近い成分を含んでいますので、過剰摂取は避けましょう。 *大量に食べなければ問題はありません。 参照: ピルと併用「最大の禁忌はタバコ」 ピルと同時摂取することで最大の禁忌といわれるのが 「タバコ」です。 血栓症を起こすことがあるからです。 一般に35歳以上で1日15本以上タバコを吸う方にはピルを処方できないことになっています。 35歳未満、1日15本未満でも、リスクがあることは明らかですので、低用量ピルの服用を検討するなら禁煙をお勧めします。 参照: まとめ 基本的に、ピルは飲み合わせに悪いものは少ないです。 注意すべきは 「タバコ」「アセトアミノフェン(鎮痛解熱剤の1種)」「1000㎎を超えるビタミンC」「セントジョーンズワート」が一番身近だと思います。 アルコールは飲んでかまいませんが、夜にピルを定期服用されている方で、服用を忘れるほど痛飲する可能性のある方は、服用を朝食後にするなど飲み忘れのないよう対策を立てておいた方がいいでしょう。 ほとんどの市販薬やサプリメントは併用可能ですが、今回挙げたいくつかのものには注意してください。 また、何かの疾患で医者にかかる際は、ピルを服用している旨を伝えておくのが安心です。

次の

なぜピルは薬局に売っていない?日本でピルが普及しないワケ|ピルの通販なび

ピル 市販

緊急避妊薬とはどんな薬なのか コンドームの破損や脱落、あるいは強姦被害といった無防備な性交の後でも、緊急避妊薬(商品名:ノルレボ)を服用することで妊娠の可能性を大きく下げることができます。 ノルレボは、性交から72時間(できれば12時間)以内に服用します。 現在、緊急避妊薬は市販されておらず、医師から処方してもらう必要があります。 価格は病院によって異なり、15000円~20000円の場合が多いようです。 価格に抵抗がある場合、従来の避妊薬(ヤッペ法)など他の選択肢もあります。 今年の2月には、が行われています。 購入者の経済的な負担が軽くなることが期待されます。 ノルレボの副作用の可能性は高くなく、過度に心配する必要はありません。 ただし、妊娠初期・中期に服用することで女性胎児外性器の男性化、男性胎児の女性化が起こる可能性があり、安易な服用は勧められません。 臨床試験で確認されたノルレボの妊娠阻止率は81%です。 使用は緊急時に限られ、通常の避妊方法として服用してはいけません。 短期間に何度も服用すると、避妊効果は低下します。 効果的な普段の避妊方法に関しては、産婦人科医などの医療従事者に相談してください。 現在の避妊方法が適切であるかどうかについても、相談することができます。 もし緊急避妊薬を必要とする理由が、強制的あるいは自らの意思に反する性交によるものであった場合、相談・支援のための機関を利用してください。 プライバシーに十分に配慮した上で、適切な支援を受けることができます。 どこで手に入るのか? 緊急避妊薬は通常、産婦人科医から処方されますが、内科など他科の医師が処方することも可能です。 休日診療所や休日当番医で処方している場合もあります。 在庫がない場合でも、発注し入荷することは可能です。 もしあなたが緊急避妊薬を必要とするとき、当然のことですが、あなたには緊急避妊薬を求める権利があり、があります。 どうしても、72時間以内に医療機関にアクセスすることが困難である場合、があります。 スマートフォンでやり取りした上で、宅配便で薬を届ける方法です。 しかし、厚労省は、「原則として初診は対面診療」などとして、緊急避妊薬に関するオンライン診療は認めない方針であるようです。 また、このクリニックが採用する緊急避妊薬は個人輸入された医薬品であるため、万が一健康被害が出たとしても、副作用被害救済制度の対象外であるなど、して下さい。 このほか、インターネット上には緊急避妊薬を販売するといったサイトが多く見られますが、この購入方法はお勧めしません。 性に関する薬は、医療従事者に相談せず購入したいとのニーズがあり、偽造医薬品などのターゲットとなります。 バイアグラ(勃起改善薬)の個人輸入に関して実施された調査では、でした。 緊急避妊薬に偽造医薬品や粗悪品が紛れ込んでいても何ら不思議ではありません。 厚労省会議でどんな議論がなされたのか 緊急避妊薬の市販薬化が議論された際の資料と議事録は公開されています。 関心のある方は下記のリンクから、ぜひご覧ください。 、 会議では、以下のような意見がありました。 妊娠阻止率は100%ではなく80%程度であり、正に排卵しているときに来られた方は、実は妊娠を阻止できないのです。 産婦人科では同意書をとって処方しているような薬です。 市販薬になれば、一般の方が誤解するのではと危惧します。 しかし、そのことを周知することは非常に難しいと思います。 欧米では20代の90%以上が経口避妊薬を使用している状況にあり、避妊薬に慣れているのです。 ある程度避妊に失敗することもあるだろうということも体感しています。 (国立国際医療研究センター病院副院長) 薬剤師が厳格に管理すべきとの意見もありますが、市販薬のネット販売を認める日本の現状では不十分だと思います。 緊急の避妊であり、常用を防ぐための仕組みがありません。 医療機関であれば薬の交付時に適切な性教育を行うこともできますが、市販薬になってしまいますと、その機会を奪うことになります。 要指導医薬品は薬剤師による対面販売を要し、ネット販売不可。 第1類以下はネット販売可)。 何とか新たな仕組みを検討していただきたいと思っております。 それができないのであれば、現状としては難しいのではないかと思っております。 (日本薬剤師会) 薬剤師の意見はどうか 市販薬化の見送りに対し、多くの薬剤師は反発しました。 専門メディアやSNS、ブログには 「薬剤師の職責・能力の否定であり容認できない」といった意見が多数見られます。 皆さんもご存じのように、日本は薬剤師の存在意義を重視しない国です。 日本は先進国の中で「医薬分業(病院と薬局とを分離し独立性を担保する)」が徹底されない唯一の国であり、市販薬の99%以上は薬剤師の関与を必要とせずに販売されています。 こうした日本の医療文化を支えてきたロジックは、 「医療用医薬品は医師が安全を担保しており、薬剤師の存在は必須ではない」 「市販薬は病院を受診せずに買えるのだから安全であり、情報は説明書で十分」 といったものです。 この理解には多くの薬剤師が呆れ、批判していますが、厚労省での議論の前提として、また「有識者」と呼ばれる人たちの理解、世間の常識としても広く共有されています。 日本薬剤師会も現状に強く抗議することはないようです。 こういった状況から、多くの薬剤師は「存在意義を認められ、役割を果たす」ことを強く望んでいます。 もし「緊急避妊薬を販売するためには、10時間のweb講座の受講が必要」との決定があれば多くの薬剤師が受講するでしょう。 会議で指摘された「薬剤師の能力不足・教育」は問題にはならないと思われます。 医師の権威・パターナリズムへの反発と市販薬化 緊急避妊薬を市販薬化する目的として、「医師の権威・パターナリズムからの解放」といった面もあるかもしれません。 緊急避妊薬の市販薬化を求める声の中には、「医師から心ないことを言われた」「説教をされる」とする意見が少なくありません。 確かに、医師の言葉づかいや態度は様々です。 コミュニケーション技術を改善すべきとの意見もありますが、解決しづらい問題でもあります。 人格やキャラクターは様々であり、伝えたいメッセージも持っています。 性に関する話題はデリケートで、コミュニケーションに伴う抵抗感は生じやすいものです。 購入者(患者)が医師に権威やパターナリズムを感じ、権利が尊重されていない、失礼だと考えた際、それに反論することは多くの人にとって簡単ではないかもしれません。 しかし、パターナリズムを嫌う一方で、(未成年者や学生、若年者ばかりでなく)皆が医師とのコミュニケーションや摩擦を避けてしまえば、それに代わる新たな関係性を模索することも叶わず、産婦人科を受診しづらい文化も変わりようがありません。 コミュニケーションは面倒ですが、望ましい医療あるいは医師は、ネットやメディアの中に存在するのではありません。 生活圏の中で関係性を構築し、皆で文化を醸成する手間を避けて通ることはできません。 パターナリズムからの解放は重要な課題です。 ただそれは、余計なコミュニケーションや摩擦なしに緊急避妊薬を入手することで実現するものではなく、市場が解決してくれる問題ではないと私は思います。 海外の緊急避妊薬と薬局 「緊急避妊薬を販売するためには、薬剤師が十分な知識を持つ必要がある」という会議の意見と、「病院にかかることなく自由に購入できる薬であり、安全なはずだ」といった現状の国民的な認識は、残念ながら全く正反対です。 はたして日本人は、これまでの認識を捨て、「使い方によっては安全ではなく、説明書に記載しきれない情報を薬剤師とやり取りすべき市販薬」が登場することを求めているのでしょうか? また厚労省や医師会・薬剤師会はそうした国民的理解を促す制度設計や呼びかけについて、一貫した姿勢で臨めるのでしょうか。 私は懐疑的です。 この状況を放置したまま市販薬化を実現したところで、説明書に記載された内容の一部を購入者に伝えることしかできない事例が頻発するでしょう。 それは、過去に市販薬化した医薬品について実際に今、です(オメプラゾール等のプロトンポンプ阻害薬に関する議論を参照してください)。 緊急避妊薬の問題に熱心に取り組まれている産婦人科医の北村邦夫氏が、イギリスの薬局で緊急避妊薬を購入しようとした際のエピソードについて語っています。 薬剤師からは「男性には売れない」と断られ、名刺を見せたうえで「日本に緊急避妊薬を導入するため調査研究をしている」と伝えてもダメだったとのことでした。 同行していた女性と共に再度訪れたことで、やっと購入できたものの、その際には15分ほどの説明(カウンセリング)があったそうです。 このエピソードは「薬剤師は役割を担うことができる(市販薬化は可能)」との観点から語られたものですが、こうした薬剤師の姿勢は、日本の消費者が薬剤師としてイメージする姿、(そして特に)緊急避妊薬の市販薬化で期待する対応とは異なるのではと感じます。 日本の薬事政策は、(諸外国の事例を参照し、また多くの有識者が議論に参加してきたにも関わらず)「薬剤師は役割を担わない(担う必要がない)」との従来の認識を追認してきました。 強い口調で主張し、政治力も併せ持つ医師会への忖度から、誰もが逃れることはできませんでしたし、「国民のニーズ」「消費者のニーズ」といった言葉を持ち出すことで、自らが批判されることを避けてきた面もあるのだろうと思います。 多くの女性が経口避妊薬(ピル)の利用に抵抗がなく、また圧力を感じることなく医師を受診する、薬局薬剤師も患者(購入者)に忌憚なく助言・介入する海外の状況は、日本とはずいぶんかけ離れています。 【後編】 【高橋 秀和(たかはし ひでかず)】薬剤師 1997年、神戸学院大学卒。 病院、薬局、厚生労働省勤務を経て2006年より現職。 医療・薬事・医薬品利用についてメディア等で記事の監修や執筆をしている。 ツイッターはこちら().

次の