クレジットカード おすすめ tポイント。 Tポイントが猛烈に貯まるおすすめクレジットカード3選!他社ポイントからの移行、有効な使い道も!

Tポイントが猛烈に貯まるおすすめクレジットカード3選!他社ポイントからの移行、有効な使い道も!

クレジットカード おすすめ tポイント

等価以上で使える店舗って? Tポイントを等価以上の価値で使用できる提携店に、ドラッグストアの 「ウェルシア」があります。 等価以上にするためには、いくつか条件がありますが、ウェルシアをよく使うならおすすめの使い道となるでしょう。 おすすめの使い道その1. ウェルシア ウェルシアは、北海道・一部の東北・中国・四国・九州・沖縄を除く都道府県に展開する大手ドラッグストア。 24時間営業の店舗もあったり、手軽に血液検査もできるなど、忙しい方にも便利な薬局です。 そんなウェルシアでは、 Tポイントが1. 5倍の価値として利用できます。 しかし、注意したいのが、1. 5倍として使えるのは 毎月20日のみだということ。 それ以外は1tp=1円相当として利用できます。 加えて、ポイント数は200pt以上、1pt単位で使うことができ、Tポイントを利用して購入した商品はポイント付与対象外となるので注意しましょう。 他のおすすめの使い道は? ウェルシアでは、等価以上の価値として使え、とてもお得な使い道です。 しかし、ウェルシアを利用しない方には、あまりメリットもありませんよね。 Tポイントを 一番実用的・効果的に消費する使い道は、やはり 「自分がよく利用するTポイント提携店で使う」のがおすすめです。 Tポイント提携店には、ネットショッピングと街ナカの提携店の2種類があるので、自分に合った店舗を選ぶのが良い使い道となるでしょう。 おすすめの使い道その2. ネットショッピングでTポイントを充当 Tポイントが貯まる・使える代表的なサイトに 「Yahoo! ショッピング」と 「LOHACO」があります。 1pt=1円相当としてTポイントを購入代金に充当できるので、よく利用する方にはおすすめの使い道です。 使い方も簡単で、購入画面で使いたいTポイント数を入力するだけ。 使用するTポイント数は自由に設定できるので、送料代金のみTポイントで支払うという使い道もおすすめです。 おすすめの使い道その3. Yahoo! 公金支払いでポイントを充当 ガス・水道などの公共料金や住民税などの各種税金を24時間ネットでクレジット決済できる 「Yahoo! 公金支払い」をご存知でしょうか。 わざわざコンビニに支払いに行く手間も省けるうえに、クレジット決済のポイントも貯まります。 手軽に・お得に納税したい方に、おすすめの支払方法です。 このYahoo! 公金支払いでも、Tポイントを代金に充当可能なので、 Tポイントで税金を支払えることになり、とてもお得感がありますよね。 Yahoo! 公金支払いは、話題の「ふるさと納税」にも対応しているので、寄付しようと考えている方におすすめの使い道です。 おすすめの使い道その4. 街ナカのTポイント加盟店で使う ネットショッピングを使わない方へおすすめの使い道としては、 「Tポイント加盟店で使う」が挙げられます。 Tポイント提携店は街ナカに多く存在しているので、手軽に使いたいという方におすすめの使い道です。 以下の提携店では、 1pt=1円相当として使用可能。 Tポイント提携店・サービスを使わない場合のおすすめは? もし、上記の使い道以外の使い方を挙げるとしたら、「他ポイント・商品への交換」がおすすめです。 おすすめの使い道その5. 他のポイントに移行 Tポイントには、 ANAマイルなど他のポイントへ移行する使い道もあります。 しかし、注意したいのが、 全てのポイントが必ずしも等価で移行可能ではないということ。 例えば、中部電力 カテエネポイントは等価移行可能ですが、ANAマイルだと、 500pt=250ANAマイルとなり、Tポイントの価値が半減してしまいます。 あまりお得な使い道にならない恐れもあるため、移行の際は、必ず交換レートもチェックしましょう。 おすすめの使い道その6. ジャパンネット銀行で現金に交換 Tポイントは現金化できるって知ってましたか? 「やっぱり現金が使い勝手がいいな!」という方は、現金化もおすすめの使い道の1つです。 ウォレットにジャパンネット銀行を受取口座として登録 する必要があります。 100pt=85円となり、1,000pt以上・100pt単位で交換可能。 しかしながら、少し手間がかかるうえに、交換レートも等価ではないので、現金化の際は事前に確認した上で行いましょう。 おすすめの使い道その7. 好きな商品に交換 そして、意外に知られていない使い道の1つとして、「商品に交換する」という使い方があります。 商品交換は から可能で、 スイーツ・家電・マンガの大人買いまで多種多様。 好きな商品から自由に選べるので、Tポイント提携先やポイント移行以外の使い道としておすすめの使い方です。 また、少額のTポイントの使い道に困った時は、Tポイントパーク内の 抽選キャンペ-ンへの応募がおすすめ。 最小1ptから応募できる景品もあるので、半端な数の消費にはおすすめの使い方です。

次の

Tポイントが貯まるクレジットカード比較

クレジットカード おすすめ tポイント

クレジットカードの3分類• Tカード一体型クレジットカード ポイント還元が直接Tポイントで還元されます。 Tカード番号が刻印されています。 (例)Yahoo! JAPAN カード,ファミマTカード,Tポイントプラス など• ポイント交換型クレジットカード 貯めたポイントをあとでTポイントに交換します。 Tカード番号は刻印されていません。 (例)Orico THE POINT,JCB Card W,三井住友VISAクラシックカード など• その他のクレジットカード Tポイントとは一切関係ないクレジットカードです。 「Tポイントを貯める・使う」が目的の場合は, 1 のTカード一体型クレジットカードを選びます。 インターネット上では, 2 のポイント交換型クレジットカードについても「Tポイントが貯まるクレジットカード」として紹介されることがありますが,両者は異なりますのでご注意ください。 「Yahoo! JAPAN カード(ヤフーカード)」は,2015年4月から「ワイジェイカード株式会社」が発行を開始したTカード一体型クレジットカードです。 Tカード一体型クレジットカードは,これまで「アプラス」「オリコ」「ポケットカード」「ニッセン・クレジットサービス」「三井住友カード」の5社によって発行されており,その多くは「Tカードプラス」の名称で呼ばれています。 また,ファミリーマートのTカード一体型クレジットカード「ファミマTカード」は,ポケットカードから発行されています。 Tカード一体型クレジットカードの見分け方 Tカード一体型クレジットカードと,それ以外のクレジットカードとの,見分け方を説明します。 Tカード一体型クレジットカードには,カードの左肩に Tポイントロゴがついています。 Tカード一体型クレジットカードの表面には,「クレジットカード番号」と共に,「Tポイントロゴ」と「Tカード番号」が印字されています。 Tカード一体型クレジットカードの見分け方 【Tカード一体型クレジットカードの表面に印字されているもの】• クレジットカード番号• Tポイントロゴ• Tカード番号 「Tポイントロゴ」と「Tカード番号」が印刷されていないクレジットカードは,Tカード一体型クレジットカードではありません。 Tポイントが貯まるクレジットカードの比較 「Tポイントが貯まる・使える」クレジットカードは,Tカード一体型クレジットカードです。 Tカード一体型クレジットカードは全22銘柄あり,私たちはその中でのベストカードを1枚だけ選び出す必要があります。 以前は,様々なTカード一体型クレジットカードがあり,ベストな1枚を選ぶのは難しい状況でした。 ですが,Yahoo! JAPAN カードの登場によって,Tカード一体型クレジットカードは 「Yahoo! JAPAN カード一択」となりました。 Yahoo! JAPAN カードは「クレジット還元率1%」,その他のTカード一体型クレジットカードはすべて「クレジット還元率 0. 5%」です。 また, Yahoo! JAPAN カードは年会費が無料なので,利用回数や利用額が少ないときでも,安心して持っていることができます。 Tカード一体型クレジットカード全22銘柄の,具体的な数値に基づく詳しい比較については,下記のページをご覧ください。 Tポイントが貯まるクレジットカードのおすすめ Tポイントが貯まる・使えるクレジットカードのおすすめは「ヤフーカード」 おすすめできるTカード一体型クレジットカードは1枚だけで,それは 「Yahoo! JAPAN カード」 (通称:ヤフーカード) です。 Yahoo! JAPAN カードの 年会費は永年無料,申し込み手続きもごく簡単です。 ですので, クレジットカードを始めて申し込む方にも,安心しておすすめできます。 また, 主婦・学生(18歳以下・高校生を除く)の方でも入会可能な上,年会費無料の家族カードの設定もありますので,ご家族での利用にも向いています。 さらに, すべてのTポイントユーザーの方に,このヤフーカードの利用は強くおすすめできます。 ヤフーカードは,あの「楽天カード」と同等スペックですので,Tポイント還元率が高く,またポイント利用も大変やりやすくなっています。 ヤフーとTポイントのCCCのイコールパートナーシップ 2012年6月にYahoo! JAPAN(ヤフー株式会社)と CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社,Tポイントを発行・運営) の「戦略的資本・業務提携」が発表されました。 この提携は両社のイコールパートナーシップとされ,Yahoo! JAPAN が発行してきたポイントは「Tポイント」に,またインターネット上のIDは「Yahoo! JAPAN ID」に統一されました。 Tポイントに結びついたヤフーカードの高い性能は,このような両社の関係性を反映していると言えます。 Tポイントが貯まるクレジットカードの還元率 Tカード一体型クレジットカードの還元率 クレジットカードを選ぶ際に,一番気になるのは,年会費とポイント還元率ですね。 まずはTポイント還元率について,詳しく見てみましょう。 年会費については次節で述べます。 前節で述べた通り,「Tポイントが貯まる・使える」という基準でみれば,「Tカード一体型クレジットカード」がベターであり,その中から1枚を選択することになります。 Tカード一体型クレジットカードのポイント還元率は,シンプルに設定されています。 Tカード一体型クレジットカード全22種類のうち,Yahoo! JAPAN カード1銘柄のみが還元率 1. 0%(100円ごとに1Tポイント),それ以外の21銘柄はすべて還元率 0. 5%(200円ごとに1Tポイント)です。 Tカード一体型クレジットカードのポイント還元率• 還元率 1. 0%(100円ごとに1Tポイント): Yahoo! JAPAN カード のみ(1銘柄)• 還元率 0. 5%(200円ごとに1Tポイント): それ以外のすべて(21銘柄) なぜ,Yahoo! JAPAN カードだけ,特別な還元率設定となっているのでしょうか。 それは,このYahoo! JAPAN カードが,楽天カードを擁する「楽天経済圏」に対峙する「Yahoo! JAPAN & Tポイント経済圏」のメインカードに位置付けられているからだと考えられます。 あとに述べるように,年会費についても,Yahoo! JAPAN カードは楽天カードと同様,年会費無料となっています。 Yahoo! JAPAN カードは,楽天カードと基本スペックは同一に設定されているのです。 ヤフーカードとファミマTカード Tカード一体型クレジットカードとしては,ファミマTカードも有名です。 「ファミマをよく使う人」にとって,Yahoo! JAPAN カードとファミマTカード,どちらでTポイントを貯めるのが良いのでしょうか? 結論から言えば,表1で示した通り,やはりYahoo! JAPAN カードに軍配があがります。 ファミマTカードでのポイント付与がYahoo! この,ファミランク「ゴールド」を維持するためには,ファミリーマートで毎月15,000円以上の買い物を続ける必要があります。 これに対して,Yahoo! また,先にも触れたように, Yahoo! JAPAN カードでもファミランクをアップさせることは可能ですので,Yahoo! JAPAN カードはファミリーマートでも十分お得に使うことができます。 ファミマのヘビーユーザーであっても,Yahoo! JAPAN カードは,試してみる値打ちがあるカードだと言えるでしょう。 クレジットカード比較表(Yahoo! JAPANカード,ファミマTカード,Tカードプラス) Yahoo! ショッピング,ロハコ 0. () ポイント交換型クレジットカードの還元率 Tカード一体型クレジットカードの中で最もクレジット還元率が高いのは,Yahoo! JAPAN カードでした。 Yahoo! JAPAN カードは,Tポイント提携先で使えば,さらにTカード分のポイント付与がありますので,実質的に得られるTポイントはクレジット還元率より高くなります。 結論を先に言えば,「Tポイントを貯める・使う」ためには Yahoo! JAPAN カードを選択するのがベストです。 が,念のため,ポイント交換型クレジットカード(独自ポイントをあとからTポイントに交換できるクレジットカード)のポイント還元率もチェックしておきましょう。 Yahoo! JAPAN カードとポイント交換型クレジットカードの比較 カード名 基本還元率 (Tポイント換算) Tポイント交換の制約 ポイント名 (Tポイント交換比率) 年会費 Yahoo! JAPAN カード 1. 5Tポイント 無料 三井住友VISA クラシックカード 0. 5Tポイント 1,350円 (税込) (条件付無料) 三井住友VISA ゴールドカード 0. 5Tポイント 10,800円 (税込) 上掲の比較表から分かる通り,これらのクレジットカードにおいても,Yahoo! JAPAN カードのTポイント還元率を上回ることはありません。 Yahoo! JAPAN カードとOrico THE POINT,どちらを選ぶべきか? Tカード一体型クレジットカードの中で最もTポイント還元率が高いカードが,Yahoo! JAPAN カードでした。 他方,ポイント交換型クレジットカードの中で最もTポイント還元率が高いカードは,Orico THE POINT です。 Yahoo! JAPAN カードとOrico THE POINT は,ともに「年会費無料」「クレジット還元率1%」で,スペックは似ているように見えます。 両者の違いは,オリコポイントをTポイントに交換して,実際にTポイントを使う際に現れてきます。 第1に,Orico THE POINT では,ポイントを利用する際にWebでの操作が必ず必要になります。 Orico THE POINT では,オリコポイントが貯まります。 貯まったオリコポイントは,オリコカードのWebページ「オリコポイントゲートウェイ」で,Tポイントの他,「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」など,他のギフト券やポイントに交換して,様々なサービスに使います。 つまり,Web上で何らかの他のポイントに交換する操作を避けることができません。 また,カード提示等によって実店舗で直接オリコポイントを使うこともできません。 第2に,オリコポイントを他のポイントに交換するために必要な最低単位が設定されています。 オリコポイントをTポイントと交換する場合は,1,000オリコポイント以上貯める必要があり,また1,000オリコポイント単位での交換となります。 例えば,900オリコポイント貯めたとしても,その時点ではまだTポイントに交換して使うことができません。 また,1,900オリコポイント貯めた場合,1,000オリコポイントは1,000Tポイントに交換して使えますが,残りの900オリコポイントはまだ使うことができません。 このようなポイント交換に関する制約条件も,ひと昔前であれば,あまり気になりませんでした。 これらのポイント利用法がある種の制約条件となってしまったのも,Tポイントや楽天スーパーポイントなどのいわゆる「共通ポイント」の利便性が向上してきた結果だといえるでしょう。 Tポイントが貯まるクレジットカードの年会費 Tカード一体型クレジットカードの年会費 Tカード一体型クレジットカード全22銘柄のうち,その多くは年会費が無料ですが,一部,次のような扱いのTカード一体型クレジットカードもあります。 初年度年会費は無料,次年度以降は前年に年1回以上の利用があれば翌年無料(年会費がかかる場合はカードにより税抜500円または1,250円)• 初年度年会費は無料,次年度以降は有料(税抜500円) なお,Tカード一体型クレジットカードの中で最も高いTポイント還元率である Yahoo! JAPAN カードは,年会費が永年無料となっています。 Tカード一体型クレジットカードの年会費• 年会費無料 : 14銘柄(Yahoo! JAPAN カード,ファミマTカードなど)• 年会費初年度無料・ 次年度以降条件付き無料 : 6銘柄(Tカードプラス(蔦デザイン)など)• 年会費初年度無料・ 次年度以降有料 : 2銘柄(Tカードプラス(アプラス発行W)など) Tカード一体型クレジットカードの年会費や還元率に関する,個別銘柄の詳細情報については,下記の記事をご確認ください。 ポイント交換型クレジットカードの年会費 ポイント交換型クレジットカードの場合,その年会費は無料のものから年額10,000円のものまで様々です。 ポイント交換型クレジットカードの個別銘柄の年会費については,にまとめました。 これらのカード群は当サイトが想定している目的に合致するものとはなりませんが,比較の参考にしてください。 Tポイントが貯まるクレジットカードのETCカード ほとんどのTカード一体型クレジットカード(全22銘柄中20銘柄)で,ETCカードの発行が可能です。 Tカード一体型クレジットカードに付帯するETCカードを使えば,高速道路の利用料金に応じたTポイント還元を受けることができます。 ただし,クレジットカード本体の年会費の有無とは別に,ETCカードの年会費が設定されている場合がありますので注意してください。 ファミマTカードのETCカード ファミマTカードでは,年会費・発行手数料無料のETCカードを申し込むことができます。 ファミマTカード本体の年会費・発行手数料も無料です。 高速道路利用料金(税込)に対して,0. ヤフーカードのETCカード Yahoo! JAPAN カードでは,年会費540円(税込)でETCカードを申し込むことができます。 Yahoo! JAPAN カード本体の年会費・発行手数料は無料です。 高速道路利用料金(税込)に対して,1. Yahoo! JAPAN カード本体のスペックや使いやすさは,ほぼ非の打ちどころがないものですが,ETCカードについては年会費がかかるため,この点に関しては注意が必要です。 なお,ETCカードの年会費価格についても,Yahoo! JAPAN カードと楽天カードは同一の年540円(税込)となっています(楽天カードのETCカードが年会費無料となるのは,楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の場合のみ)。 Tポイントが貯まるクレジットカード,他のクレジットカード払いでもOK? カード提示でTポイントを貯め,別のクレジットカードで支払うことは原則可能 先の節でもご紹介した通り,Tカードとクレジットカードの併用は,原則として可能です。 同様に,Tポイント提携先店舗で,クレジット機能付きTカード(Tカード一体型クレジットカード)のTカード機能にだけTポイントを付与してもらった後,別のクレジットカードで支払いを行う,ということも,可能ではあります。 そのような使い方をしたくなる可能性があるのは,ご利用中のTカード一体型クレジットカードのポイント還元率が低いと感じられている場合でしょう。 そのような際には,「Yahoo! JAPAN カード」への切り替えをご検討ください。 年会費無料で,かつポイント還元率が1%ですので,ポイント還元率の点から,多くのクレジットカードより高いパフォーマンスを実感できます。 「年会費無料」&「最高還元率」のヤフーカード。 審査完了最短2分。 学生・主婦の方も申込OK! PayPay連携で決済毎に1.

次の

2019年「ポイントが貯まる」おすすめのクレジットカード特集!年会費無料で高還元率カード!

クレジットカード おすすめ tポイント

Tポイントを効率よく貯めることができるクレジットカードを比較!みんなのおすすめは? ファミリーマート、TSUTAYA、ガストなど様々な店舗で貯めることができるTポイントは、数ある共通ポイントサービスの中でもトップクラスの人気を獲得しています。 また、貯めたTポイントを、多くの加盟店で1ポイント=1円換算で利用できる利便性の高さも大きな魅力。 実際多くの方がTポイントを何気なく貯めているはずですが、 クレジットカードを上手く活用し、Tポイントを効率良く貯めているという方は意外と少ないのではないでしょうか? そこで、クレジットカードランキング編集部が、Tポイントを効率よく貯めることができるクレジットカードを比較し、ランキング。 実際にカードを利用したユーザーの口コミや、各カードの特徴を元に、自分のライフスタイルに合ったTポイントクレジットカードを見つけましょう! ヤフーカードは、Yahoo! JAPANの子会社であるワイジェイカードが発行する年会費無料のクレジットカード。 ヤフーカードの特徴は、他のクレジットカードと比較しても、特にTポイントが貯まりやすい点。 通常のカード利用の場合、100円につき1ポイント、Yahoo! ショッピング及びLOHACO利用時に本カードを利用すると、100円につき3ポイント(Yahoo! プレミアム会員の場合5ポイント)付与。 他のTポイントが貯まるクレジットカードと比較しても高い還元率を実現している。 ちなみに、TSUTAYAやファミリーマートなどでヤフーカードを提示すると、Tポイントカードと同様、購入金額に応じたポイントを獲得でき、カード払いで貯まるTポイントとの2重取りができる点も、大きな魅力。 またヤフーカードは、 ショッピングガード保険が自動付帯し、購入から90日以内に破損、盗難などで損害を負った場合、最大100万円の補償を受けられる。 さらに月額529円(税込)支払うことで、旅行やイベントのキャンセル代、海外旅行中の治療費など18種類の補償がついてくる「プラチナ補償」をつけることも可能。 Yahoo! ショッピングやLOHACOといったネットショッピングを頻繁に利用する人はもちろん、Tポイントを効率よく貯めたい人は、必ずチェックしておくべきクレジットカードと言えるだろう。 年会費 無料 Tポイントの貯め方 通常会員 通常:100円で1ポイント付与 Yahoo! ショッピング/LOHACO:100円で3ポイント付与 Yahoo! ショッピング/LOHACO:100円で5ポイント付与 Yahoo! トラベル:「ヤフープラン」対象商品購入で、100円につき5ポイント付与 ヤフオク!:落札額の5%をTポイントで還元 付帯サービス• ショッピングガード保険:最大100万円 その他特典• 家族カード:年会費無料、3枚まで• ETCカード:年会費540円(税込)• Apple Pay対応 ファミマTカードは、ファミリーマートとポケットカードが提携し、発行する年会費無料のクレジットカード。 ファミマTカードの特徴は、ファミリーマートでカードを利用した際、Tポイントを効率よく貯めることができる点。 ファミリーマートでカードを提示すると200円につき1ポイント、カード利用でも200円につき1ポイント貯めることができるのでポイントの二重取りが可能。 この2つのポイントを合算するとポイント還元率は1%になる。 また、ファミマ以外のJCB加盟店でカードを利用した場合は、200円につき1ポイント(ポイント還元率0. 5%)貯めることができる。 ファミマTカードは、各種保障は付帯しないものの、独自サービスが充実。 毎週火曜・土曜にファミマでカードを利用すると、ポイントが最大5倍、25歳以下のカードホルダーは、ファミリーマートでのカード利用でいつでもポイント2倍など、ポイントが効率良く貯まるサービスが充実。 さらに、前月のファミリーマートでの利用金額に応じて、獲得ポイントが最大3倍になる「ファミランク」も実施。 ファミランクと他のポイントアップサービスは併用できるので、上手く活用すると、さらに効率良くTポイントを貯めることができる点もチェックしておきたい。 ファミマTカードは、通常の買い物のポイント還元率は、一般的なクレジットカードと変わらないことから、メインカードとしては力不足だが、ファミリーマートを利用する機会が多い方は、持っておく価値があるクレジットカードと言えるだろう。 Tカードプラスは、TSUTAYAが発行する年会費無料のクレジットカード。 Tカードプラスの特徴は、TSUTAYAの利用でTポイントを効率よく貯めることができる点。 例えば、TカードプラスをTSUTAYAで利用した場合、前月のTSUTAYAの利用が5回以上の場合、現金払いは5倍、カード払いは6倍のTポイントが貯まる。 Tカードの提示によるポイント付与を含めると、200円につき最大7ポイント貯めることができる点は、大きな魅力と言えるだろう。 また TSUTAYA以外のTポイント提携店舗で、Tカードプラスを提示した場合は、100円~200円につき1ポイント付与。 ガストやファミリーマート、ウェルシアなど様々な店舗が提携しているため、日々の生活の中で効率的にポイントを貯められる点も嬉しい。 また、 Tカードプラスには、紛失・盗難補償が自動で付帯。 カードを紛失した際やインターネットで不正利用をされた場合の補償に対応しており、万一の場合も安心して利用できる。 さらに、JCB付帯カードを選択すると、海外お買い物保険も無料で付帯。 Tカードプラスは、DVDのレンタルや本の購入等でTSUTAYAをよく利用する人、Tポイント提携店を頻繁に利用する人におすすめのクレジットカードと言えるだろう。 Orico Card THE POINTは、信販大手のオリコが発行する年会費無料のクレジットカード。 Orico Card THE POINTの特徴は、Tポイントに限らず、ポイントを貯めやすい点にある。 通常のクレジットカード利用の場合のポイント還元率は1%だが、入会から半年間は2倍の2%になる。 さらにオリコモールを経由し、Amazonや楽天などのネットショッピングで利用すると、通常のポイントに加え、オリコモールのショッピングポイント、会員特別ポイントが付与され、ポイント還元率が最大で17. 5%にアップする。 年会費がかかるクレジットカードを含めても、Orico Card THE POINTがポイントが貯まりやすい点に疑う余地はない。 ちなみに、Orico Card THE POIINTの利用で貯めたオリコポイントは、1,000ポイント以上1,000ポイント単位でTポイントに等価交換できる。 また、 Orico Card THE POINTは、Apple Payに対応しており、電子マネーの利用でもポイントを貯めることが可能。 その他にも紛失・盗難保障やパッケージツアーの割引、ホテルの予約代行、国内旅行・海外旅行のサポートサービス等のサービスも自動で付帯する。 Orico Card THE POINTは、Tポイント含むポイントを効率よく貯めることができる注目のクレジットカードと言えるだろう。 P-one Wizは、ポケットカードが発行する年会費無料のクレジットカード。 P-one Wizの特徴は、カードの利用金額が請求時に自動的に1%OFFになる点。 一般的なクレジットカードの場合、カード利用でポイントが付与されるが、ポイントの有効期限を忘れてしまい、ポイントが失効してしまうことが少なくない。 その点P-one Wizの自動1%OFFであれば、確実に割引をうけることができ、ポイントの有効期限を気にする必要はない。 また自動1%OFFは、公共料金の支払いや国民年金保険料などの利用にも適用されるため、様々な支払いをP-one Wizにまとめると良いだろう。 また 自動1%OFFとは別に、P-one Wizはポイントを貯めることもでき、カード利用1,000円につき1ポイント付与。 1ポイント=5ポイント換算でTポイントに移行できる。 さらにポイントモール「ポケットモール」を経由し、Yahoo! ショッピングで買い物をした場合、通常の獲得ポイントに加え、1,000円につき12Tポイントを一律で付与。 例えば1,000円カードを利用した場合1ポイント=5Tポイント(還元率0. 5%)+12Tポイント(還元率1. 2%)=17Tポイント(還元率1. 7%)貯まることに。 通常のカード利用時と比較すると、効率よくTポイントを貯めることができるので上手く活用すると良いだろう。 ただし P-one Wizは、自由支払い型のクレジットカードとなっており、初期設定がリボ払いになっている点には注意。 支払い方法は会員専用サイトで変更でき、「ずっと全額コース」を選べば、カード利用時にリボ払い手数料が発生しないため、1回払いで利用したい方は、忘れず設定しておきたい。 P-one Wizは、Tポイントを効率よく貯めつつ、お得に買い物をしたい人におすすめのクレジットカード。

次の