小さな パフィー 2。 [実験四郎] 小さなパフィー2

[実験四郎] 小さなパフィー Vol.2

小さな パフィー 2

7127• 103• 1604• 1253• 1275• 1189• 1703• 11125• 1297• 1076• 1361• 1551• 1390• 1006• 1320• 1340• 571• 213.

次の

(C97) [みのり研究所 (実験四郎)] 小さなパフィー2

小さな パフィー 2

7127• 103• 1604• 1253• 1275• 1189• 1703• 11125• 1297• 1076• 1361• 1551• 1390• 1006• 1320• 1340• 571• 213.

次の

(C97) [みのり研究所 (実験四郎)] 小さなパフィー2

小さな パフィー 2

略歴 [ ] 1994年、に所属するとが出会い、1995年にユニットを結成。 同事務所のサウンドプロデュースの下、1996年5月にCDデビュー。 デビューから4連続でミリオンヒットを記録した。 また、同年の新人アーティストで最高の売上を記録。 尚、デビューから数年間を務めたのは、・・・・・を手掛けたである。 日本国外でも、各国でも人気を得て、2002年にはでもCDデビューしツアーを行う。 2004年、二人をモデルにしたアニメーション番組『』が全米でスタートし、現在まで、世界110カ国以上で放映されている。 しかし活動拠点はあくまで日本であり、毎年全国ツアーを行い、国内外問わず多くのイベントやフェスに参加するなど、積極的なライブ活動を行っている。 デビュー前 1994年 - 1995年 [ ] 出身のは、高校在学中に結成したバンドのを、「落選通知を受け取るために」 ソニー主催のに送った。 結果は合格であったが、メンバー全員乗り気でなかったため解散。 志望職種であったを目指してに進学したが、彼女の声質に魅力を感じたソニーのスタッフに説得され、専門学校に通うかたわら歌唱指導を受けるなど、ソロ歌手としてデビューの準備を進めていた。 同じ頃、出身のは高校を中退してを転々とする、の生活を送っていたが、彼女の優れたを惜しんだ知人に薦められ、ソニー主催のオーディションに応募し、亜美同様に合格した。 どのような芸能活動を行いたいか、というソニー側の質問に何となく「歌手」と答えた由美は、SMA所属のアーティストとして上京し、などを受けた。 1994年、事務所で初めて対面した亜美と由美は、双方の内気な性格から当初は打ち解けず、由美が年長の亜美に敬語で対応する関係がしばらく続いた。 しかし、思いもよらぬ芸能界入りという同じような境遇にあった二人は、徐々に友情を深め、由美が亜美の実家に出入りするまでに親密な関係となった。 ソロデビューに不安を抱えていた亜美は事務所に由美とのを提案し、すでに亜美のソロ音源 が録音されていたにも関わらず、すんなり受け入れられた。 そこで、亜美のアルバム製作に携わっていた同じ事務所に所属するが業に関心を示していたことから、二人は彼に託されることになった。 その頃、来日公演を行っていた米国のロックバンド、のドラマーであるは、才能を認め合う関係である奥田を通じてSMAと関係があった。 SMAのマネージャーにグループ名の案を求められたスターマーは、"The Puffy" を提案し、これが採られた(後にTheは削られた)。 その後彼はPUFFYから「ゴッドファザー」と呼ばれる。 デビュー直後 1996年 - 1997年 [ ] 結成翌年の、と作曲を奥田、作詞をが担当したシングル『』でした。 デビュー後にはPV撮影の為に渡米し、アメリカ大陸を2週間かけて横断した この模様は『』のPVおよびビデオ・フォトブック『RUN! PUFFY! RUN! 』に収められている。 その後もアルバム『』、2ndシングル『』 と相次いで奥田プロデュースの作品を発表し、この曲は翌春のの入場曲に使用された。 その年の音楽新人賞を総なめにした。 10月に初のであるバラエティ番組『』がテレビ朝日系列で放送開始され、2002年3月31日まで放送された。 この番組は、デビュー直後に出演したフジテレビ系の音楽番組『』(1996年10月28日放送)において、司会のが二人の性格に対して「その様なことでは、もし冠番組を持ったときにどうするのか」として、司会の予行演習を行わせようとした際に提案した架空のテレビ番組の名をそのまま採用して生まれたものであった。 人気の拡大 1998年 - 2001年頃 [ ] 1997年からアジアキャンペーンを行い、1998年には台湾で発売したCD全てがを受賞した。 1998年、1999年にはツアーの一環として・台湾でもコンサートを行った(1999年はにより中止)。 シングルCDのジャケット等を担当していた、米国のイラストレーター、によるキャラクター商品は人気を博した。 さらにこの時期、二人はドラマの撮影やMCを担当していた朝の生番組『』や『パパパパパフィー』の収録と、寝る暇がないほどに多忙であったが、それらと並行してレコーディングや全国ツアーなども行う。 北米大陸へ 2002年 - 2005年 [ ] 、米国で行われたロック・フェスティバル「 SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)に出演した。 この時のライブは現地のアメリカ人にウケが良く、また、同じく日本から出演したやのライブに感銘を受け、二人はライブに対する考え方が変化したという。 レギュラー番組が終了したのを機に、に初の北米ツアーを行い、『』で全米デビュー。 この時PUFFYのプロモーションには、を使わずに北米114都市をバスで移動するライブ活動を展開した。 これらは、米カレッジチャートにランクインした [ ]。 なお、北米で「Puffy AmiYumi」と名乗るのは、パフィーのを持つラッパー、から警告 を受けての事である。 、米国ののアニメ『』の主題歌と「K2G」をのプロデュースで共作、演奏を担当、2006年までの42作にクレジットされた。 また、同局のプロデューサーは二人をモデルにしたの制作をかねてより打診しており、2004年11月、アニメ『』の全米放送が開始し、それに伴ってアニメの主題歌を含むアルバム『Hi Hi Puffy Amiyumi』で全米メジャーデビューを果たす。 二人はインタビューにおいて、ミュージシャン達(やなど)が自分たちを知っていて驚いたこと、原因は相手の子供たちがこのアニメのファンだったからだと語っている [ ] [ ]。 同年公開のアメリカのアニメ実写映画『』において、 エンディングテーマと劇中挿入歌を担当した。 国内では同時期に『』の主題歌を担当、2004年2月11日に業界初の付きCDを発売した。 、デビュー時から在籍していたからへ移籍した。 これは内の配置転換である。 4月28日にアメリカの深夜バラエティー番組「」第4期29話に出演した。 11月にはニューヨークの秋の風物詩「」 (英語)に日本人として初めて参加、アニメにも登場するライブツアー用のバスを模したで練り歩き、同デパート前でミニライブを披露した。 また独占契約を結んだ からアミとユミのキャラクター人形 が楽器や衣装、ツアーバスのおもちゃと共に発売されるのを記念し、感謝祭後から始まるクリスマス商戦に合わせてに近いに特設コーナーが設けられた。 デビュー10周年以降 2006年 - 2015年 [ ] にはデビュー10周年を迎えた。 での活躍を認められ、が中心となって推進する『』の重点市場国の一つであるにおける観光親善大使に任命された。 また、同じくアニバーサリーイヤーを迎えるの紅茶アンバサダーに任命され、とのコラボレーションバンドを結成。 6月には『パパパパパフィー』の限定復活番組が放送され、7月から1クールで『』が放送された。 、の東京ドーム公演にゲストとしてライブ出演。 7月、アルバム『』をフランスでも発売し、パリで行われたにてライブ出演。 元日、初のオフィシャルファンクラブ期間限定結成が発表された。 6月からファンクラブ旗揚げ公演と称して全国ツアーを敢行、香港で11年ぶり、台湾で12年ぶりの公演も果たし、チケットは完売、衰えない人気を示した。 また、NYでのイベント出演に合わせて、『』『』を全米配信リリース。 にはデビュー15周年を迎え、アルバム『』の発売と4月からの全国ツアーが発表された。 アニバーサリーイヤーをプロモーションすべく、例年より多くのメディア出演をこなす。 2015年11月18日、シングル『』を発売。 サウンドプロデュースを、作詞を、作曲を、編曲を、ミュージックビデオを「スミネム(・)」が手がけた。 デビュー20周年 2016年 - [ ] 、デビュー20周年を迎えた。 には『』へ出場。 『』へは初出場であり 、「PUFFY 20周年紅白スペシャル」として「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」の2曲を歌唱した。 、12年ぶりのレギュラー番組となる『PUFFYの耳地獄』がBSスカパーにて放送開始。 音楽性 [ ] プロデューサーである奥田は、PUFFYがアイドルの様に短期間で消費されてしまうことを嫌い、責任ある姿勢で指導に当たった。 二人はこうした彼の姿勢から、彼を「先生ちゃん」と呼んで慕った。 奥田は、個々のボーカルよりも二人の合わさった声に魅力を感じており、歌い方に関しても『自分のビブラートなしの歌い方を勝手に押し付けたわけですから、二人は大変だったんですよ。 二人で真っ直ぐ歌えないと駄目なんで。 ごまかしがきかない。 日本のいわゆる歌姫と呼ばれる人たちに、PUFFYのようにやれって言ってもできないでしょうね。 』と語っている。 奥田はPUFFYが特定の指導者に依存することを望まず、のアルバム 『』では、にプロデュースを託し、のアルバム『』及びのミニアルバム『』では、がプロデュースに当たった。 特に『NICE. 』では、彼が全曲を作曲した。 デビュー当初、PUFFYは「企画モノ」で終わるつもりであったため、特に目指すべき方向を持たなかった。 その後は人気の下降と共に徐々にアーティスト寄りの方向に進み、『NICE. しかし、それを阻止したのはアメリカでの『』の成功であり、自身のポップ・キャラクターとしての魅力を再確認させられ、二人のやりたい音楽も明確になった。 『』以降は、かつての様に複数の作曲者から作品の提供を受け、個々にプロデュースを依頼するといった傾向が続いている。 曲の提供は、しばしば奥田やアンディも手掛けるが、アルバムには国内外問わず二人が好きなにリクエストし、や、、、などは複数の楽曲を提供している。 作詞面では、初期より二人あるいは個人での作詞も行っており、シングルとしては「」(1998年)で初めて PUFFYとしてクレジットされた。 に発表した9thアルバム『』では、編集者である兵庫慎司の全曲解説 が寄せられ、二人の作詞家ぶりを絶賛している。 しかし本人達としては、作詞へのこだわりは一切無い。 また、全編英語詞のシングルも数曲リリースしている。 サポートメンバー [ ] レコーディングには楽曲ごとに様々なミュージシャンが参加しており、提供者やそのバンドメンバーが演奏することもよくある。 2011年に発表した『』では、ライブのバンドメンバーで全楽曲を演奏している。 ライブはほぼ固定されたバンドで行い、テレビ出演やツアーでメンバーが替わることがあるが、リズム隊はデビュー当時からほぼ変わらない。 古田たかし(ex. 、初期、1997年 - ) PUFFYの師匠であるのサポートも行っており、それ以前にはのが脱退した後にも共にツアーを回ったことがある。 また、古田がPUFFYのサポートに回れない時に川西が入るようになった。 松川恒二(1997年)• ナカジマノブ(人間椅子、、ドミンゴス、テレビ出演時、2003年 - )• (、テレビ出演時、2000年 - )• (、テレビ出演時、2008年 - )• Pすけ(平尾 雄祐|cembalo、2009年)• (DETROITSEVEN、BimBamBoom、2010年 - )• (1997年 - )• (ex. 、2代目バンマス鬼軍曹、1998年 - )• レイ(、テレビ出演時、2003年 - )• KATARU(、テレビ出演時、2005年 - )• 柳沢二三男(1997年 - 2007年)• (ex. 、1997年 - 2006年)• (ex. 、2006年)• ゴロー(ex. 、2006年 - )• (、ex. 、テレビ出演時、2003年 - )• シズヲ(ex. 、ゲタカルビ、シズヲバンド、2004年)• (、2007年 - )• (ex. 19、2008年)• (2009年 - )• (ex. 、1998年)• 藤本純一(1998年 - )• 斉藤有太(1997年 - )• 伊東ミキオ(2006年 - )• (テレビ出演時、2007年 - )• 但し収録曲が若干異なる。 ジャケットも日本盤とは異なり、ジョンとヨーコの平和のベッド・インを模したもの。 (2000年7月5日)• An Illustrated History 2002年5月21日、北米圏のみで発売• (2007年2月14日、韓国、台湾、香港、マレーシア、シンガポールでも発売)• (2011年11月23日)• (2016年4月6日) 企画アルバム [ ]• ( 大貫亜美吉村由美名義、)• リミックスアルバム『PRMX』(、アナログ盤も発売)• リミックスアルバム『PRMX TURBO』()• トリビュートアルバム『MARCHING PUFFY 』()• サウンドトラック『Hi Hi Puffy AmiYumi Music From The Series』(、全米メジャーデビューアルバム) カバー作品 [ ]• トリビュートアルバム『SUZUKI MANIA』(発売)• M-10「ハリケーン」で参加• トリビュートアルバム『A. I カンパニー』(発売)• DISC-2,M-8「東京花火」で参加• トリビュートアルバム『Thank you』(発売)• M-6「」で参加• トリビュートアルバム『I LOVE GUITAR WOLF very much』(発売)• M-12「CAN-NANA FEVER」で参加• トリビュートアルバム『』(発売)• M-5「人間はもう終わりだ」で参加• トリビュートアルバム『』(発売)• M-7「」で参加• トリビュートアルバム『Jewel Songs』(発売)• M-4「」参加• 『』/『』(発売)• DISC-2,M-7「」/DISC-2,M-2で参加• トリビュートアルバム『We Love Cyndi -Tribute To Cyndi Lauper-』(発売)• M-1「Girls Just Want To Have Fun」で参加• トリビュートアルバム『Yowavinalaaaafincha? -A Tribute To Snuff-』(発売)• M-12「Not Listening」で参加• (発売)• M-2「」で参加• (発売)• M-5「」で参加 VHS・DVD [ ]• 「RUN! PUFFY! RUN! 「TOUR! PUFFY! TOUR! 「TOUR! PUFFY! TOUR! ()- ミニコーナーの声の出演• (初代MC、、1997年)• (、1997年)• (テレビ朝日、1997年10月1日 - 2002年3月30日)• ワイルドで行こう(、1997年9月)• スイス縦断!? これがPuffyのおさんぽ旅行 〜ハイジになりた〜い!! 〜(テレビ朝日、2000年9月3日)• (テレビ朝日、2006年7月5日 - 9月)• (、木曜 - 日曜、2010年4月 - 7月) - ナレーター テレビドラマ [ ]• (、1997年9月 - 12月)• 第7話(フジテレビ、2006年)- 本人役(声の出演) テレビアニメ [ ]• (テレビ朝日、1997年10月10日) - 本人役(声の出演)• (フジテレビ、2011年、第9話)- 本人役(声の声優)• (フジテレビ、2018年12月23日)- 大貫が大村あみ役、吉村が大村ゆみ役(声の出演) ラジオ番組 [ ]• パフィーのラジオ(、2001年1月 - 不明)• ( 月曜 - 木曜、番組「」内組み込み) 映画 [ ]• ()- 自転車で通りすがりの二人 役• (2010年) - 本人役• THE MOVIE エンジェル(2015年)- 本人役 吹き替え [ ]• (2006年)- ロージー役、マリア役 CM [ ]• 天然育ち(1996年 - 1997年頃)• 、TISS• (1999年 - 2000年頃)• ライフカード(1999年)• ・アクアピュア(2000年 - )• クリスピーエッジ(2000年)• (2001年夏 - 2003年春)• (2001年(声のみ))• AFiNA Style(2001年)• ディスクシステムセレクション(2004年)• 『スクービー・ドゥー2・モンスターパニック』(2004年)• ・ 味の素 さらさらキャノーラ油(2005年 - )• 『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ』(2005年)• (2004年 - 2008年)• ・・他 コロンブスシティ(千葉県幕張新都心)(2006年)• (2006年)• ワールド展開広告キャラクター(2007年)• 線就航20周年キャンペーン(2007年)• (2007年 - )• (2008年)• 、(2008年 - )• DVD、Blu-ray(2010年)• 「 Aパターン篇」(2015年) - ()、、、らと共演• 「のどごし」(2016年) コンサート・イベント [ ]• 1997年 ツアー「RUN! Puffy! RUN! 全員集合」「8よんだよ! 2000年 ツアー「スパイク大作戦、特別編」 国内28公演 「SXSW2000」で初のアメリカ公演• 2001年 ツアー「2001年途中の旅」 国内21公演• 2003年• 2004年 ツアー「P-59 SPECIAL」 国内6公演、アメリカ3公演 「Sony Music Fes. 2004」「 2004」「 2004」• 2005年 USツアー「Hi! 」 アメリカ7公演 国内ツアー「Hi! 」 国内7公演 USツアー「Hi! 」 アメリカ5公演 「 2005」「」「SMA バリ3カーニバル」• 2006年 国内ツアー「TOUR! PUFFY! TOUR! 10」 国内13公演 、「LIVE Splurge 2006」 USツアー「Puffy AmiYumi Tour '06 Splurge! 」 アメリカ7公演 「ROCKIN'ON PRESENTS JAPAN CIRCUIT -vol. 2009年 ツアー「Bring it! 」 国内7公演 「SOUND SHOOTER 04」「MTV SING OUT「歌おうぜ! 2010年 劇団アセス旗揚げ公演「カニとともに去りぬ」 国内9公演、香港、台湾 「ROCK IN JAPAN FES 2010」「RISIN SUN ROC FESTIVAL 2010」「 2010」「フジフジフジQ」「JUNK! JUNK! JUNK! 2011年 ツアー「Time for ACTION」 国内12公演 「ROCK IN JAPAN FES 2011」 受賞歴 [ ]• ・(1996年)• (1997年)• 「ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(1998年)• ヘアーカラーリング賞 アーティスト部門(2001年)• 第4回 ジャパンクール賞(2005年)• 日本公演に訪れていたのに作曲を依頼した『』は、 LA MUSIC AWARD 06において「World Music Single of the year」に輝いた。 「BOON PUFFY BOON」(フォトブック、、1997年)• 「RUN! PUFFY! RUN! 」(フォトブック、、1998年)• 「パパパパPUFFY 1-3巻」(、、1998、1999年)• 「PUFFY 大吉」(単行本、祥伝社、1999年)• 「Smile」(、、2002年)• 「HI HI PUFFY ENGLISH」(単行本、ぴあ、2006年)• 「あゆみ」(単行本、、2006年)• 「ツキイチ」(単行本、、2008年)• 「これ なーんだ?」(絵本アプリ「こえほん」内で配信、、2011年) ゲーム [ ]• 「PuffyのP. I Love You」(、、1999年)• 「」(、、2005年) CD-ROM [ ]• 「ROM! PUFFY! ROM! 」 (缶入りTシャツ+CD-ROM、1997年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2020年6月20日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2015年10月26日閲覧。 CDJournal. 音楽出版社. 2015年10月26日閲覧。 株式会社ナターシャ 2015年8月6日. 2015年10月26日閲覧。 「あゆみ 2006年 」インタビューより• Willman, Chris; Brunner, Rob 2001-04-04. Entertainment Weekly Meredith Corporation. の2016-10-09時点におけるアーカイブ。 2018年8月31日閲覧。. 2018年8月31日閲覧。 Sony Music Entertainment Japan Inc.. 2004年4月14日時点のよりアーカイブ。 2018年8月31日閲覧。 IMDb. 2018年8月31日閲覧。 WarnerMedia 2005年10月31日. 2018年8月31日時点のよりアーカイブ。 2018年8月31日閲覧。 カリフォルニア州バーバンク: Warner Bros. Entertainment Inc 2005年2月16日. 2018年8月31日閲覧。 2018年8月31日時点のよりアーカイブ。 2018年8月31日閲覧。 [ ]• ジャパンミュージックネットワーク株式会社 2015年10月23日. 2015年11月18日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年11月24日. 2016年11月24日閲覧。 2007年10月4日 [ ]• ライナーノーツより [ ]• 音楽ナタリー. 2018年12月7日. 2018年12月18日閲覧。 アニメイトタイムズ 2018年12月9日. 2018年12月9日閲覧。 音楽ナタリー 2016年3月1日. 2016年3月1日閲覧。 「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」の2曲を披露。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 PUFFY -• - チャンネル•

次の