筋肉 痙攣 痛み。 筋肉の痙攣を早く止める方法 — みんな健康

筋痙攣の治療 4つの方法

筋肉 痙攣 痛み

ストレス 緊張や不安といったストレスを抱えていると、筋肉の痙攣を起こす事があります。 ほとんどの場合は、一時的なものですぐ治まりますが、重症化すると一時間以上にもわたって痙攣が続く例もあります。 また、 うつ病や 自律神経失調症といった病気でも、痙攣の症状が現れる事があります。 痙攣だけでなく、体の倦怠感、精神的な不安感や絶望感を感じる場合は、心療内科へいき診察を受けてみましょう。 便秘 便秘が原因で脇腹が麻痺する場合があります。 また、 お通じは毎日あっても量が少ない場合や、おならの回数が少なくてガスが溜まっている場合も、脇腹が痙攣する場合があります。 食後24時間から48時間以内に食べた物を排出するのが望ましいとされています。 しかし、便秘がちな方や、消化に時間がかかる食事を摂った時、腸の中に長時間滞留している便を宿便、残留便と言います。 お腹の中に宿便(残留便)が長時間停滞すると、腸内環境が悪くなり悪玉菌が多くなります。 この悪玉菌が多くなると脇腹が痙攣する原因になります。 便秘が原因の場合は、 左の脇腹に痙攣や痛みを感じる割合が多いそうです。 自覚のある方は、食物繊維を多く摂ったり、整腸剤を飲んでみたりして便秘の改善を意識しましょう。 急激な運動 普段あまり身体を動かす習慣のない方が、準備体操やストレッチをせずに急にジョギングなどを行うと、普段使わない筋肉を急に使ったことで、脇腹がつるような感じになったり、痙攣や麻痺をおこす場合があります。 また、脾臓 ひぞう という血液を蓄える臓器があります。 急に身体を動かすことで、すぐに酸素を供給しようと脾臓が慌てて活動を始め、貯めていた血液を急激に筋肉に送るため、脾臓が激しく収縮し、脇腹が痙攣したり痛くなる場合があります。 この場合は、 左の脇腹に痙攣や痛みが現れます。 スポンサードリンク 食後すぐの運動 食事をすると胃や腸は食べ物を消化するために活発に動きます。 この時、消化するために大量の血液が必要になります。 しかし、食べ物を消化中に筋肉を激しく動かすと、筋肉でも多くの血液が必要になります。 身体は消化のために使う血液を筋肉に分け与えるので、胃や腸などの消化器系は活動したいのに、それに必要な十分な血液や酸素が不足してしまい、横腹が痛くなったり痙攣することがあります。 食後の運動は、1時間程経ってからにしましょう。 こちらも脾臓の痙攣によるものなので、 左側の脇腹が痙攣します。 猫背・デスクワーク 猫背の方やデスクワークの方など、同じ姿勢を長時間取り続けたり、足を組む癖がある人は、筋肉に負担がかかり、横腹が痙攣する場合があります。 悪化してしまうと、慢性的な痙攣や筋肉の痛みを感じるようになってしまうかもしれません。 2時間に1度くらいは、ストレッチをして意識的に体を動かすように心掛けましょう。 夢を見た 夜寝ている時、脇腹の麻痺で目が覚めることがありませんか? これは高い建物から落ちる夢や、何か怖い夢を見ていると、不自然に筋肉に力が入り、脇腹が痙攣を起こすからなんです。 この場合、横向きで寝ている時は、 下を向いていた側の脇腹が痙攣する場合が多いですね。 スポンサードリンク 尿路結石 尿路結石は、腎臓の中に石ができてしまい、その石が尿管内に引っ掛かる症状です。 石が尿管に入り込むと石に反応して尿管が収縮します。 尿路結石の症状は、脇腹や下腹部、腰回りに耐えがたい激しい痛みを伴います。 また、脇腹や腰のあたりが痙攣したり、吐血や血尿等の症状がみられる場合もあります。 尿路結石になる人は増加傾向にあり、10人に1人の割合で発症すると言われています。 尿路結石の場合は、結石が出来た方の脇腹から背中にかけて、痛みや痙攣を感じますので、 左右どちらでも起こります。 胆石症 胆石症は、胆嚢や胆管にコレステロールや胆汁の成分が固まり石ができる病気です。 症状は、 右脇腹辺りの痙攣や痛み、みぞおち辺りや背中の激しい痛みや発熱などです。 特に脇腹の痛みや痙攣は食後に起きる場合が多いのが特徴で、痛みや痙攣が1時間以上続く場合もあります。 肥満傾向の人やコレステロール値が高い人、糖尿病、家族に胆石症を患った方が多い方は発症しやすいと言われています。 また、胆のうがんを発症する方は、胆石を持っている方が多いので注意が必要です。 前述しましたように、胆石症の場合は 右脇腹に痙攣や痛みといった症状が出ます。 まとめ 脇腹が痙攣するのは、ほとんどの場合、緊張などの精神的ストレスか、肉体的な疲労による一時的な局所的痙攣です。 しかし、痙攣が長時間治まらない、激しい痛みが伴う、場合は神経か内臓の疾患も考えられます。 その際は、 神経内科または 心療内科で受診してみるのがいいかと思います。 脇腹に関してはこちらの記事もご参考下さい。

次の

(症状編) 筋肉の痛み|神経内科の主な病気|日本神経学会

筋肉 痙攣 痛み

なんで勝手に筋肉が動くの! 随意運動と不随意運動 通常、筋肉は脳からの指令を受けて動きます(これを 随意運動といいます)。 例えば、喉が渇いたな、と思って目の前にあるコップを取る。 これは完全に自分の意志で可能です。 飲もうと思ったときに、例えば目上の方が喋り始めたら、コップに伸ばそうとした手を咄嗟に止めることも出来ます。 それに対し、ピクピク痙攣している筋肉は、 どんなに意識しても、その動きを止めることができません(このような運動を不随意運動といいます)。 では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。 筋肉が固まっていると痙攣を起こしやすい 筋肉は、いつでも脳から随意運動の指令を受けて動けるようにしておかないと意味がありません。 それなのに、例えば筋肉が疲労していたり、同じ姿勢ばかりとっていたりして、 筋肉が固い状態になっていると、脳からの指令にスムーズに応えることが難しくなってしまいます。 そこで、いわば強制的に筋肉をほぐそうとして、「 痙攣」という形で不随意運動が起こる場合があります。 ミネラル分が不足していると、痙攣を起こしやすい ところで、随意運動では脳から筋肉に指令が行く、と先ほど言いましたよね。 指令が行く・・って具体的にどういうことでしょうか。 まさか体内を微生物が飛脚のように飛び回って伝令しているわけありません。 ご存じの通り、 神経を電気信号が伝わって、その電気信号で筋肉が動くわけです。 この電気信号が伝わる過程は、説明しだすと非常に長くなるので割愛しますが、重要なのは、 電気信号を伝えるのに活躍しているのが「ナトリウム」「カリウム」「カルシウム」といったミネラルだ、ということです。 特に現代人の食生活においては、カリウムが不足しがちです(ナトリウムは食塩により摂取されるため、不足することは滅多にない)。 このミネラルが不足したり、ミネラル間のバランスが崩れたりすると、 電気信号が上手く伝わることが出来ず、痙攣が起こる場合があります。 ミネラルの不足は、単に栄養が偏っている場合だけでなく、利尿剤などの副作用や、多量の発汗などによっても起きます。 で、これって病気なの?どうすればいいの? 原因は分かったけど、結局病気なのでしょうか。 ピクピクする程度の軽度の痙攣であれば、 通常は病気とは考えられません。 多く起こるのが、顔(特にまぶた)や、手足の筋肉ですが、 多くの場合は疲れから来ます。 数分で収まるようなら、気にしないのが一番いいでしょう。 特に眼精疲労からまぶたが痙攣する場合は、ゆっくり寝て目を休めるのが一番です。 ドライアイが影響する場合もあるので、眼科を受診するのも良いでしょう。 すぐに収まるけど、最近よく起こる、という方は、 カリウムを多く含む食品(海藻など)を多く摂るようにして予防を心がけましょう。 痙攣が起きたときにはじんわり温めてやると、筋肉がほぐれます。 また、ストレッチを行うのも効果的です。 ストレッチのポイントは、 ゆっくりじんわり筋肉を伸ばしてほぐすことです。 youtube. 睡眠時ミオクローヌス症候群 よく、電車の中で寝ている人が、突然ビクッとすることがありますよね。 このように、 眠りの浅いときにビクッとなるのが、 睡眠時ミオクローヌスです。 通常は問題ないのですが、たまにこれがひどくなり、睡眠障害となる場合があります。 「睡眠時ミオクローヌス症候群」と呼ばれます。 原因不明の場合もあれば、薬の副作用の場合もあります。 腎疾患 腎臓や副腎に疾患がある場合、ミネラルバランスが崩れることがあります。 ミネラルバランスが崩れれば、上述の通り、痙攣が起こりやすくなります。 チック チックは、子どもによく見られる 精神性の症状です(大人でもときどき見ます)。 病気というよりも、症状だと言った方が正確です。 嫌なことがあったらお腹が痛くなったり、試験本番になると朝から下痢をしたりするのと同じように、 心の負荷が身体に現れたものがチックです。 よくあるのが顔の筋肉をピクピクさせるものです。 これは、半無意識で行われているため、意識すればしばらく止めることは可能です。 但し、他の考え事をしたりして意識がそれると、また無意識にピクピクとしてしまいます。 また、あまり気にしすぎると症状が悪化することもあるため、 チックが現れた場合、まずは放っておくのが一番です。 あまりにひどい場合は、薬が効く場合があるので、神経内科などを受診しましょう。 片側顔面痙攣 中高年の女性によく起こります。 目の回りや頬などが引きつるのが主な症状で、動脈硬化が原因の一つとして考えられています。 受診すべき例 今回は基本的にピクピク痙攣という、痙攣の中では軽度なものについて触れました。 しかし、• 痙攣発作の時間が長い 数分で治らない• 頻度が高い• 程度が大きい ピクピクではなくガクガク痙攣• 部位が広い 全身性、或いは両腕など といった場合には、てんかんや熱性痙攣など、脳に原因がある場合も考えられますので、神経科やかかりつけ医を受診してみてください。

次の

筋収縮はどのようなメカニズムで収縮するのか

筋肉 痙攣 痛み

脚又は足をや筋肉の痙攣(けいれん)についての原因と予防についてのおすすめ方法が報告されています。 身体の筋肉の収縮や神経の影響を受ける痙攣から健康のヒントを探ります。 足や筋肉の痙攣(けいれん): 痙攣(けいれん)と聞くと、まず最初に想像するのは夜寝ている間に突発的に脚または足がつって、痛みで起きることでしょうか? 筋肉は、どの部位においても痙攣する可能性はあるものの、多くの場合はふくらはぎや太もも、足の指といったように、体でいう腰よりも下に集中することが一般的です。 突発性の足がつる痙攣以外にも、熱や血液透析、それに電解質障害などに関係している種類の痙攣も報告されています。 上半身の痙攣では痛みが無くとも、脚の場合には痛みが伴って、痛みを放置せずに対応することで、通常は数秒から長くても数分以内に痛みが消えることが多いのではないでしょうか? 脚の筋肉について痙攣の原因: 脚や足先の筋肉についての痙攣は、病気の有無に限らず、筋肉の収縮または骨格筋の不随意の収縮の影響を受けているといわれます。 科学者をはじめとする専門家が生理学的なメカニズムについて研究を重ねているものの、痙攣の原因については定かになっていないことも多いようですが、いくつか考えられていることもあるようです。 特に近年の研究の多くは、身体の脱水や電解質枯渇と筋肉コントロールや疲労、神経系や骨髄関係の2種類のメカニズムからのアプローチが原因を研究する主流になっているとのことです。 また突発性以外の痙攣でも、職業性の痙攣、甲状腺疾患や抗精神病薬などが原因となっていることも少なくないようです。 脚や足の筋肉の痙攣予防におすすめされること: では、一般的な筋肉や足の痙攣の予防について、おすすめの予防法があるのでしょうか? 万人に効果的な明確な予防法についての報告は無いと報じられているようですが、一般的な脚の痙攣に予防でおすすめの方法には下記が例として挙げられています。 ・暑い季節は身体の脱水症状が原因で、脚をはじめとする筋肉の痙攣が発生することが多いため、水分を補給したりする。 ・ストレッチをして筋肉を伸ばしておく。 ・十分な休息を確保して身体を休める。 ・食べ物や食事の中に生姜(しょうが)や漬物を含むようにする。 ・カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンEなどを含むサプリメントでの栄養補助。 ・持久力を強化する。 ・生活習慣や食習慣を見直してみる。 上記のおすすめ方法を見る限りでは、夏の期間中でもしっかり食事をし、十分に水分や睡眠を確保し、身体を管理することを習慣をすることが予防につながる近道のように感じます。 osu. edu how to prevent and treat muscle cramps 2020年6月25日にアクセス.

次の