しゃべ くり 007 廣瀬。 しゃべくり007

しゃべくり007/志村けん/動画/追悼番組/4月20日無料視聴まとめ|番組情報ステージ

しゃべ くり 007 廣瀬

上田さんが「この間、『しゃべくり007』にTBSの『ノーサイド・ゲーム』の最終回告知で元(ラグビー)日本代表の廣瀬(俊朗)さんがいらして……」と話すと、櫻井さんは、「びっくりしましたよ。 廣瀬とは同級生なので、そもそもそんなに口数多いタイプでもないですし、心配で見に行きました」と明かした。 上田さんが、「(日本テレビに)TBSの『ノーサイド・ゲーム』のお知らせに来るって、もうテレビ界の枠を破る完全な暴挙。 最初ボケかなと思ったらどうもガチで。 ラグビーつながりでお互いにW杯を盛り上げていきましょうということで、タッグを組んでいいかなと思った」と当時の心境を説明。 そんな上田さんの思いをよそに、櫻井さんは、「初めてかな。 自分が出ない番組の収録を見学しに行くという。 最高に面白かったです。 あれだけしゃべったりボケたりする廣瀬は新鮮でした」と楽しそうに感想を話していた。 イベントには舘ひろしさん、小島瑠璃子さんも出席。 司会から優勝国予想を促され、オールブラックス(ニュージーランド)ファンの舘さんが「オールブラックスだと思っています」と正直に予想すると、上田さんが「舘さんは日本の応援団長です」と指摘。 「今のはなかったことに……。 もちろん日本! あえて言うならニュージーランド」とちゃめっ気たっぷりなコメントで周囲を笑わせていた。 同局の中継番組での役割について、自身もスクラムハーフとしてプレーした経験を持つ櫻井さんは、「やっていたのはスクラムハーフだったので、つなぎ役というか、視聴者をラグビーの世界につなぐ役割ができたら。 そんなにまだラグビーを知らないとか今はまだ興味がないという人が、少しでもラグビーを知るきっかけになる橋渡しができたら」と意気込みを語っていた。 同大会は、9月20日に開幕。 11月2日に横浜で決勝が行われる。 同局では開幕戦となる「日本vsロシア」戦ほか、全19試合を地上波放送で完全生中継する。

次の

しゃべくり007

しゃべ くり 007 廣瀬

しゃべくり007が本当につまらない。 心からそう思います。 番組の趣旨はいいと思います。 ゲストからいろいろ質問する。 気になることもあったり良ゲストが多いですし。 問題はキャストです。 ゲストが可哀想。 うるさいわりにしゃべると9割がつまらない。 クラスで目立ち違ってる中学生みたいな発言しかしないしボケもよく分からないこいつのせいで会話が弾んでない…サンドウィッマンの時のボケ本当にうざい。 謎の間…こんなのをオンエアするなんて番組スタッフの無能さが丸見えですね。 昨日のしゃべくり007でも言われていましたが謎の行動が多い。 育ちが悪すぎる… 皆さんはどう思いますか? しゃべくり007を面白いと思ってる人はどこが面白いと思っているのですか? あと完全に個人的な意見と悪口ですので気を悪くした方すいません。

次の

しゃべくり007が本当につまらない。

しゃべ くり 007 廣瀬

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 通称『 しゃべくり』。 キャッチコピーは『 爆 (弾) 発 (言) 注意。 概要 [ ] 当初は秋の特番用の企画として立ち上がり、編成部に企画をプレゼンしたところ、「せっかくだからまずは試しにレギュラーでやってから、秋の特番で放送しよう」ということになった。 レギュラー放送は2カ月間のみの放送予定だったが 、レギュラー開始1カ月後あたりから評判となり 、2008年10月にである月曜22時台へ枠移動し、同時に放送時間も1時間に拡大した。 タイトルロゴにある「しゃべくり」の「し」はの「7」を逆さにしたものである。 番組中には「ジェームズ・ボンドのテーマ(James Bond Theme) など番組名の元となった『』の音楽が多く使用されている。 またプライムタイム進出以降は、冒頭の名倉によるタイトルコールに「ゴールデンフィンガー」が足されているが、これは『』が由来である。 2011年10月より編成上の音声がに変更されたが、スタジオ内はBGM・効果音含めの状態である。 2013年10月からは後続番組『』の開始時刻が23:00に繰り下がることから、当番組は23:00まで6分延長されることになった。 番組構成・沿革 [ ] では、以下のにより番組のコンセプトが示されている。 ここだけしか聞けない! 何が起こるか分からない! 爆弾発言当たり前! 60分間喋りっぱなしのトークバラエティー! 7人のお笑い芸人が放つ言葉の銃弾! Ladies and gentlemen! Boys and girls! しゃべくり007!! 開始から2019年秋まではこのナレーションをバックにオープニングCGが存在したが、徳井出演自粛後はオープニングCGが廃止され、スペシャル版と同様に6人が入場して始まる。 従来タイトルが出ていた部分はそのままとなった。 3組7人の芸人が、ゲストを交えて様々なトークを繰り広げる。 ゲストが登場するまで、誰がゲストであるか、何をするかは出演者には全く知らされていない。 ただし、ゲストのミスにより誰がゲストかをレギュラーメンバーが知っていたことも何度かある。 初回は、7人のみでトークを行い、で放送された。 第2回以降は、ピストル型のくじ引きで選ばれた1人がMCを務め、それ以外の6人はゲストと共にひな壇でトークする形式がメインとなっている。 プライムタイム進出以降は、MCは主に上田が担当している(一部コーナーは名倉が担当)。 ゲストは俳優・ミュージシャン・スポーツ選手と幅広く、通常バラエティ番組に登場しない芸能人が登場することもある。 開始からプライムタイム移転後暫くは所属タレントの出演がほとんど見られなかった が、2013年ごろから解禁されている。 入り口はあくまで「トーク」であるが、レギュラーメンバーが全員中堅クラスの芸人であるせいか、そこから即興やゲームが始まるなど進行具合は完全に7人任せ。 当然当初のトークテーマから脱線することも多々ある。 また、トーク中に偶然生まれた(名倉の師匠キャラや有田の、徳井のトッキーさんなど)やフレーズ(上田の「なんぼのもんじゃい! 」や有田の「やめませんか? 」、「名倉やないかい! 」など)が以後の回からもお決まりの流れとして再び行われることがある。 2009年以降、『』では、深夜枠のコーナーとして『 朝まで生しゃべくり007』が放送されている。 2012年から2015年は『』と『しゃべくり007』の2部制で放送された。 2016年から2018年は『嵐にしやがれ』と『しゃべくり007』と『』の3部制で放送された。 2019年は『嵐にしやがれ』と特別企画『二宮和也のあの人に会いたくない! 』と『しゃべくり007』の3部制で放送された。 2010 - 2017年の元日には午前から午後の長時間にかけて新春スペシャルが放送されていたが、かつて放送されていた『』や『ウンナンvsモー娘。 生でハッスル挑戦TV』、『』などの流れを汲まない事前収録番組で、内容もロケ中心となっている。 スタジオパートは生放送に近い形式(レギュラー放送で多用されている発言テロップを極力排除、各CM前の予告を映像無しで簡略化、編集は多少はあるが撮って出し)で放送された。 2018年以降は1月2日18:30 - 22:54に放送されているが、通常のスペシャル同様にスタジオ中心の構成となっていた。 2010年4月26日21:00 - 22:48には、レギュラー7人が主演を務めるスペシャルドラマ『 』が放送された。 2013年1月21日には初めて『』とのが放送された。 以降も不定期で合体スペシャルが放送されている。 2019年現在、合体スペシャルの放送は通常放送よりも6分早い21:54開始となる。 2013年から春と秋のに番組対抗スペシャル『でしゃべくり 』が放送されている。 2014年4月にはプライムタイム進出以降初めてとなるを行い、堀内と原田、徳井と有田の席が入れ替わった。 2016年10月3日より本番組の前座として21:54 - 22:00 にミニ番組『 しゃべくりプラス』を放送、2017年3月27日放送を以て終了した。 2019年4月に2度目の席替えを行い、原田が前列に移ったほか、名倉・徳井・福田の席が変更になった。 2020年頃から効果音や演出方法が若干リニューアルされている。 2020年3月9日の放送は、の感染拡大の影響を考慮し、初の無観客収録が行われた。 出演者 [ ] レギュラーの7人はいずれもスーツを着用して出演し、それぞれ番組進行上に偶然生まれたお約束のキャラクターを演じることがある。 共通点としては、3組ともグループ名に「チュー」がつくことである。 また、決まり文句のようなセリフはスペシャルのサブタイトルに起用されたりもする。 なお、各人のでの位置はテレビカメラ及び観客席から見た場合であり、ゲストは1 - 4人程度であれば全員が原田 と有田 に挟まれた形で、5人以上であれば2 - 3人が原田 と有田 に、残りのメンバーが名倉 と堀内 に挟まれた形で座る。 10人を超えるような場合は進行の上田を挟んでレギュラーメンバーと対面する形で座る。 2019年9月9日以降名倉が体調不良により欠席し11月18日放送分で復帰した。 一方徳井は自身の運営する法人の申告漏れを2018年度に指摘された件が報道されたことにより2019年10月26日より芸能活動自粛を申し出た。 名倉が復帰した回と徳井の活動休止スタートが重なり、9月9日以降は「しゃべくり007」というタイトルはそのままで、6人体制で収録中。 オープニングトークでの立ち位置は左端。 この番組はネプチューンとしては『』以来7年ぶりの日本テレビ系レギュラー番組出演となる。 「売り込み007」などの売り込み系のコーナーの進行役と番組冒頭のタイトルコールを務め、それ以外は基本的にご意見番役に徹する。 成り行きで、「かまへん、かまへん」と突然関西色の強い大師匠を演じるときがある。 基本的に上田がボケた時は名倉がツッコむ(ただし、名倉自身も暴走するため、上田にツッコまれる)。 濃い顔立ちをしていることから、タイ人もしくは東南アジア系扱いされることが多く、進行役をするときは最初に「」「」「」などの挨拶をされることがあり、本場のタイ人に近いようなイントネーションでの発言にはのテロップが流れることもある。 しかし有田や堀内から「引っ込め」や「トイレはどこですか? 」など、外国ネタではないボケをされる事もある。 雛壇での位置は後列の右から2番目(番組開始時 - 2019年3月は前列の右端 )。 2019年9月9日以降、しばらくの間は病気療養のため欠席。 11月18日放送分から復帰。 「売り込み007」では、プレゼン上手な男前ライダー店長と、店長を慕う店員「林」を演じるときがある。 有田とグダグダなコントやトークを繰り広げて上田に怒られる、ゲストがボソっと発した一言を機に立ち上がってどうでも良いことをさも名言の様に発して座って有田がさらにどうでも良い話で繋いで堀内が喋ろうとした瞬間に上田に怒られるのもお約束。 恒例のダンス企画では、しばしばワンパターンなを踊る。 また2010年からはプレゼン系の企画で「これを今日皆さんに紹介できると思うと心の底から…やったぜ!!! 」などと後半やったぜ! と叫びながら右手の拳を振り上げ大きくジャンプすることが多い。 「行きつけ007」では店の最寄駅、店、店内の紹介写真に原田自身が一緒に写っているのも定番。 雛壇での位置は前列の右端(番組開始時 - 2014年3月は後列の左から2番目、2014年4月 - 2019年3月は後列の右端)。 自由奔放・予測不能な言動をとる。 「ギリギリ007」では切り込み隊長だが、どうでもいい質問(ギリギリを問わない)が故に上田に「でいやぁー」と言いながらプロレス技をかまされ、阻止されることが多い。 プレゼン系の企画では最初に「ビジネスチャンス! 」と叫び、関係のないギャグを延々と繰り広げ、名倉にプレゼンをする事無く打ち切られかけるのが通例になっている。 その一方でコントには積極的に参加し、ゲストが困惑してると密かに助け舟を出す。 「から来た おしゅうまいやま みのる」と名乗ることがある。 雛壇での位置は後列の左から2番目(番組開始時 - 2014年3月は後列の右端)。 オープニングトークでの立ち位置は中央。 「ギリギリ007」において、絶妙な質問をゲストに投げかけ「Mr. ギリギリ007」「ギリギリマスター」の称号を名乗り、自らのボケ振りに対し「ヤメませんか? 」と真面目ぶって一石を投じるのが定番。 番組内では「アリペイ」と呼ばれている(主に堀内、原田から)。 雛壇での位置は前列の左端(番組開始時 - 2014年3月は後列の左端)。 プライムタイム時代以降は番組の進行は基本的に上田が務める。 番組冒頭で、ボケた出演者(ほとんどが有田)に対して「なんぼのもんじゃい! 」とかなり強烈なツッコミをするのが定番。 また、ゲストが番宣を兼ねて出演した際にもツッコミを入れることがある。 他の番組では見られない上田のボケを見る事ができ、ボケとツッコミ両方できる貴重な存在として重宝されている。 また、「ドーモ」と言いながら人を指差すと、指された人が幸せになれるという「ドーモおじさん」というキャラになることもある。 オープニングトークでの立ち位置は右端。 しゃべくりではガヤを入れたり細かいツッコミを入れたりする。 番組恒例のコントに参加することはあまりなく、その代わり調理系の企画(ゲストとの料理対決など)を任されることが多い。 番組内では「福ちゃん」と呼ばれている(主に堀内、原田から)。 2011年1月24日から急性膵炎のため休養後、同年3月28日放送より復帰する。 この番組では唯一をせずに居たが、2017年2月20日からは他の6人と同様にネクタイ着用となった。 雛壇での位置は後列の左端(番組開始時 - 2019年3月は右から2番目)。 憑依芸が達者なので「しゃべくりの女優」と呼ばれ女性役でコントをすることもある。 即興コントの流れを作ったり積極的にボケる。 上田に代わりコーナーMCを務めることもある。 雛壇での位置は後列の右端(番組開始時 - 2014年3月は前列の左端、2014年4月 - 2019年3月は後列の左端)。 2016年の有田、福田の結婚により、しゃべくりメンバーの中では唯一の独身である。 自身が経営する法人の税務申告漏れが報道されたため、芸能活動自粛を自ら申し出、2019年11月18日放送分を以って出演を休止した。 徳井は翌2020年2月から芸能活動を再開したが、当番組への復帰時期は未定(前述の3月9日放送分では福田から活動再開の報告が行われている)。 ナレーション (日本テレビアナウンサー) アシスタント ボンドガール:001 - :004(日本テレビ) 主な企画・コーナー [ ] ギリギリ007 レギュラー出演者それぞれがゲストにギリギリ答えてもらえそうな質問をし、ゲストはその質問に答えるか、NGかを決め、その後OKした質問にすべて答えていくコーナー。 進行は上田が担当。 ただし、過激な回答についてはピー音(ピストル音やマシンガン音を使うことが多い)が入ることもある。 堀内が最初に質問をするときは どうでもいい質問をするため、上田につっこまれることが恒例となっている(直後に「ジュン、ジュワ〜」とアクションもつけることも)。 例外として、レギュラー出演者がギリギリ007のターゲットになることもある。 2009年1月26日の生放送では徳井が、同年8月29日の『24時間テレビ』内での生放送では有田がターゲットになり、有田が「今後こういう事があるって事だからな」と発言しており、今後の放送で他のレギュラー出演者がギリギリ007のターゲットにされる可能性がある。 ターゲットに選ばれたタレントの回答がネットを中心に騒動になったことがあるため現在では事前に観覧客に口外厳禁の誓約書を求めており、その回の回答が流出した際には観覧者全員が今後観覧禁止になるなどの措置が取られている。 用語 チェック・ザ・晋也 ゲストが質問内容に対してどこまで答えていいのか迷っているときに使えるシステム。 上田に耳打ちで内容を教えて、それを放送できるかどうかを判断する。 なお上田がその内容について知らなかった時には、同様の手順を徳井が行う「チェック・ザ・ハンサム」(徳井が自ら命名)を行う場合もある。 また、「Jチェック」として、名倉に耳打ちをする場合もある。 口パク晋也 ゲストが「チェック・ザ・晋也」で伝えた内容を、上田が観客とカメラに背中を向けた状態でレギュラー出演者だけに向けて口パクで伝える。 ゲストが伝えた内容を、上田がモノマネでレギュラー出演者だけに伝える「モノマネ晋也」も同様の手順で行われる。 カフ・晋也 生放送の場合に、上田の前に用意されるを使うシステムで、出演者の発言はスタジオ内では聞こえるが、放送には音声が載らない仕組みになっている。 タイトルはゲストによって変わる。 ゲストはその質問に答えなければならない。 進行は上田が担当。 100の質問 大型ボードに貼られたゲストに聞きたい93問のきわどい質問と、レギュラー出演者が1人1問聞けるフリー質問7問の計100問の質問から、レギュラー出演者が選んだ質問にゲストが答えていくコーナー。 ゲストは、選ばれた質問に必ず答えなくてはならない。 進行は上田が担当。 売り込み007 レギュラー出演者各々がお気に入りグッズや便利グッズなどを紹介するコーナー。 進行は名倉が担当。 行きつけ007 レギュラー出演者各々が行きつけの店を紹介するコーナー。 原田が紹介する際は、実際に自分が紹介する店に赴いている写真を使う。 進行は名倉が担当。 TSUTAYA007 レギュラー出演者とゲストがおススメする映画を紹介するコーナー。 このコーナーではとのが実現し、スタジオにTSUTAYAの店内を再現したセットが組まれ、TSUTAYAの店内でも「TSUTAYA007」のコーナーが設けられている。 進行は名倉が担当。 立ち飲み007 レギュラー出演者とゲストが、立ち飲みスタイルでアルコールを嗜みながら本音トークをするコーナー。 原田と徳井は初回で泥酔して失態を犯しているため、このコーナーにおいて禁酒令が敷かれていたものの、守られていない。 絶対許せない男007 事前に有名女性タレントに調査し、彼女たちが告発した許せない男性について、レギュラー出演者とゲストが男女それぞれの立場から意見を語り合うコーナー。 先取り007 番組スタッフがお気に入りで「売れる」と目を付けている芸人にただ喋ってもらうだけの、フリートークコーナー。 が最初の餌食になったが、緊張に加えての無茶ぶりでグズグズになった。 その後もやなどが「次の次の次の…(続く)次に来る」として登場、同じ目に逢っている。 また、この題目で呼ばれるゲストは「しゃべくり007の収録」とは知らされずに「収録直前に突然言われてポンっとここ(登場口)に立たされる」と語っている。 その後、ピースは「本当に売れた」として「凱旋」という形で再出演した。 後取り007 ブレイクしたもののその後あまり見かけなくなった芸人の中でも、未だに腕は錆びついていない芸人をスタッフがピックアップして登場してもらう。 主旨としては「先取り007」の逆。 フリップトーク レギュラー出演者はゲストに聞きたい事を、ゲストはレギュラー出演者に聞きたい事を1問書き、それをもとにトークを展開する。 がこの企画の最初のゲストとなった。 進行は上田が担当。 ものまね007 ものまねタレントにレパートリーのモノマネを披露してもらうコーナー。 、、がこの企画の最初のゲストとなった。 進行は上田が担当。 おしゃれクイズ タレントのプロフィールに沿ったクイズを出題。 このコーナーの際はレギュラー出演者は全員がヤクザ口調の関西弁で話し、「おしゃれクイズ」が大好きな設定を演じる。 出演者は答えを考える気が無く、「言わんかい! 」と答えさせようとしている。 すると上田が「答えんかい! 」と逆ギレ、カメラに向かって「視聴者も考えんかい! 」と怒鳴る。 そして最終的には、答えを言ってしまう。 出演者は分かっていたフリをする。 しゃべくり総選挙 オープニングトークから生まれた企画で、有田の思いつきで実施される。 番組観覧客に「誰を目的に番組を観に来たか」を挙手で投票してもらう。 放送回 放送日 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 第64回 2010年8月2日 原田(29票) 有田(20票) 徳井(13票) 堀内(8票) 名倉、福田(6票) 上田(1票) 第99回 2011年6月13日 原田(27票) 有田(20票) 徳井(13票) 名倉(11票) 福田(8票) 上田(7票) 堀内(5票) 上田が第64回で1票しか得られなかったことに対して、上田の母は嘆いた。 ギリギリ・ウルトラソウル 2011年の『』の深夜に放送された企画(その後、レギュラー放送でも行われた)。 ターゲットの女性芸能人の内ランダムに選ばれた3人が、の「」のサビの部分の「ウルトラソウル! 」のリズムに合わせて際どい質問に答える。 司会進行は名倉。 お悩み007 文字通り、ゲストが持ち込んだ悩みを上田以外の6人に解決してもらう企画。 主にデビュー間もないアイドルや日本デビュー間もない海外グループがゲストの時に放送される。 会いたい人007 主に特番時に行われる。 ゲストが会いたい人を芸能人・著名人・一般人に関わらず数人挙げてもらい、実際にスタジオに来てもらいトークをする企画。 会いたい人が実際に来た場合は、スタジオ右に設置された垂れ幕から現れるが、スケジュールなどの都合で来られない場合は、しゃべくり007のがを付けて登場し、来られなかった理由などを述べ、会いたい人に代わって謝罪するが、しゃべくりメンバーからの無茶ブリが多い。 登場のフリにはの「」が使用されている。 多忙な人物が多い場合は会いたい人のほとんどが登場しない場合もある。 黒い祭典スペシャル [ ] 2012年より改編期に特別企画として放送されている。 数名のゲストが1名または1組ごとに出演する通常のスペシャルとは異なり、ゲスト数十名が一挙に出演する。 スタジオセットも通常とは違い、黒を基調としたセットに替わる。 放送リスト [ ] 夕方時代 [ ] 2008年(平成20年) 放送回 放送日() ゲスト MC 備考 第1回 7月12日 - - ノーカット放送 第2回 7月19日 第3回 7月26日 第4回 8月2日 、 第5回 8月9日 第6回 8月16日 、 第7回 8月23日 第8回 9月6日 第9回 9月13日 徳井義実 ノーカット放送 第10回 9月20日 、 第11回 9月27日 、 上田晋也 プライムタイム時代 [ ] 2008年(平成20年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 第1回 10月20日 、 30分拡大 第2回 10月27日 、、、 第3回 11月3日 、、DAIGO 第4回 11月10日 小倉優子、、、エド・はるみ 第5回 11月17日 DAIGO、 第6回 12月1日 15分拡大 第7回 12月8日 、 第8回 12月15日 、、 2009年(平成21年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 第9回 1月19日 、、 1時間拡大 第10回 1月26日 生放送 第11回 2月2日 、 第12回 2月9日 、、、 1時間拡大 第13回 2月23日 、 第14回 3月2日 、 第15回 3月9日 15分拡大 第16回 3月16日 、スザンヌファミリー(、キャサリン、) 第17回 3月30日 、、 1時間拡大 第18回 4月13日 、、 第19回 4月20日 、 第20回 4月27日 梅宮辰夫ファミリー(、梅宮クラウディア、)、 第21回 5月11日 、 第22回 5月18日 、 第23回 5月25日 、()、 第24回 6月1日 、郷ひろみ 第25回 6月8日 、 第26回 6月22日 、、 1時間拡大 第27回 6月29日 ボビーファミリー(、近田ジョイ、近田ローズ)、、 第28回 7月6日 、 第29回 7月13日 、、、 第30回 7月27日 、 第31回 8月3日 、、、 第32回 8月10日 、、 第33回 8月24日 、()、 1時間拡大 朝まで 生しゃべくり007 8月29日 、菅野美穂、ベッキー、有吉弘行、、、、オードリー、、()、ナイツ、()、NON STYLE、ハリセンボン、、・()、、、吉川ひなの、ロッチ、若槻千夏、我が家、 、、、板東英二 『』 深夜枠(生放送) 23:29 - 翌5:30 第34回 9月7日 、 第35回 9月14日 第36回 10月5日 、、、、 2時間拡大 第37回 10月19日 、 第38回 10月26日 浅香光代、、 第39回 11月2日 、 第40回 11月9日 第41回 11月16日 、 第42回 11月23日 、友近ファミリー(友近、友近千鶴) 第43回 12月7日 第44回 12月14日 オードリー、 第45回 12月21日 DJ KAORI、、、、、、、、、マツコ・デラックス 1時間半拡大 2010年(平成22年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 新春SP 1月1日 《スタジオ》浅香光代、黒木瞳、、、梅宮アンナ、三船美佳、、森三中、ハリセンボン、、 《ロケ》、、、叶姉妹、、吉川ひなの 10:00 - 15:50 第46回 1月18日 、 第47回 1月25日 、 第48回 2月8日 、舟山久美子 第49回 2月15日 、 第50回 2月22日 、、 第51回 3月1日 第52回 3月8日 、・・() 第53回 3月22日 VERBAL、、、優木まおみ、 1時間半拡大 第54回 4月19日 、 第55回 5月17日 、 第56回 5月24日 第57回 5月31日 、、 第58回 6月7日 、 第59回 6月14日 、、、藤井リナ、、 第60回 6月21日 第61回 7月5日 、魅川憲一郎、綾瀬はるか、、 1時間半拡大 第62回 7月12日 、 第63回 7月26日 () 第64回 8月2日 、 第65回 8月9日 ピース、 第66回 8月16日 、 第67回 8月23日 、佐藤ありさ 15分拡大 朝まで 生しゃべくり007 8月28日 ジョン・ロビンソン、、米倉涼子、、デヴィ夫人、浅香光代、、ブラックマヨネーズ、有吉弘行、サバンナ、ケンドーコバヤシ、、ものまね軍団(魅川憲一郎ほか) 『24時間テレビ33』 深夜枠(生放送) 23:27 - 翌5:30 第68回 8月30日 、 第69回 9月6日 第70回 9月13日 、 第71回 10月4日 、、、佐藤健、(AKB48)、、マツコ・デラックス 1時間半拡大 第72回 10月18日 第73回 10月25日 () 第74回 11月1日 、 第75回 11月8日 、 第76回 11月15日 、 第77回 11月22日 、 第78回 11月29日 、 第79回 12月6日 、 第80回 12月20日 、、、、 1時間半拡大 2011年(平成23年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 新春SP 1月1日 《スタジオ》浅香光代、、、(TOKIO)、中村玉緒、、益若つばさ、島田秀平 《ロケ》、デヴィ夫人、、矢口真里、IKKO、 9:30 - 14:00 第81回 1月17日 、 第82回 1月24日 () 第83回 1月31日 第84回 2月7日 菅野美穂、桐谷美玲 第85回 2月14日 、 第86回 2月21日 、 第87回 2月28日 あき竹城、 第88回 3月7日 、 第89回 3月28日 、 30分拡大 第90回 4月4日 ももいろクローバー、、、(TOKIO)、 1時間半拡大 第91回 4月18日 、 第92回 4月25日 第93回 5月2日 、、、 1時間拡大 第94回 5月9日 第95回 5月16日 、 第96回 5月23日 第97回 5月30日 、 第98回 6月6日 向井理 第99回 6月13日 、 第100回 6月20日 、ローラ 第101回 7月4日 あやまんJAPAN、、、、マツコ・デラックス、KARA 1時間半拡大 第102回 7月11日 ()、 第103回 7月18日 SHELLY、 第104回 7月25日 、、、 第105回 8月1日 北川景子 第106回 8月8日 第107回 8月15日 大竹しのぶ、 30分拡大 朝まで 生しゃべくり007 8月20日 、堀北真希、宮川大輔、羽鳥慎一、(日本テレビアナウンサー)、あき竹城、、いとうあさこ、オリエンタルラジオ、、黒沢かずこ(森三中)、小森純、SHELLY、スリムクラブ、、楽しんご、、原幹恵、ハリセンボン、ピース、ヒロシ、ミッツ・マングローブ、ロッチ、ローラ、、、、、、、 『24時間テレビ34』 深夜枠(生放送) 23:49 - 翌5:30 第108回 8月29日 北斗ファミリー(、、佐々木健之介、佐々木誠之介)、 1時間拡大 第109回 9月5日 、 第110回 9月12日 、、 第111回 10月3日 、、、、 1時間半拡大 第112回 10月17日 クリス松村、、 1時間拡大 第113回 10月24日 渡辺直美、 第114回 10月31日 (フットボールアワー)、 15分拡大 第115回 11月7日 アンガールズ、 第116回 11月14日 岡田将生、 第117回 11月21日 、ギャル曽根 第118回 11月28日 、 第119回 12月5日 、新垣結衣、菜々緒 1時間20分拡大 第120回 12月12日 瑛太、、() 第121回 12月26日 ほしのあき、小倉優子、、、 1時間半拡大 2012年(平成24年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 新春SP 1月1日 《スタジオ》天童よしみ、布川ファミリー(、)、北斗ファミリー(佐々木健介、北斗晶、佐々木健之介、佐々木誠之介)、蛭子ファミリー(、蛭子一郎)、原口あきまさ、、荒牧陽子、高田紗千子()、()、、斎藤司()、、、、沢村一樹、(NEWS)、城島茂(TOKIO)、島田秀平 《ロケ》倉科カナ、、古坂大魔王、原幹恵、、MAX、魅川憲一郎、、菜々緒、ローラ、SHELLY 《寄席》()、、あき竹城、クリス松村、、、、スリムクラブ、、、2700、パンクブーブー、フルーツポンチ、平成ノブシコブシ、ミサイルマン、、、、我が家 9:30 - 15:50 第122回 1月23日 堀北真希 第123回 1月30日 、 第124回 2月6日 、 第125回 2月13日 第126回 2月20日 、 第127回 2月27日 、 第128回 3月5日 ももいろクローバーZ、 第129回 3月12日 吉高由里子、ガリットチュウ 15分拡大 第130回 3月26日 、有吉弘行、、 1時間半拡大 第131回 4月9日 あき竹城、IKKO、入江慎也(カラテカ)、熊田曜子、クリス松村、古坂大魔王、SHELLY、菜々緒、ハライチ、ローラ、大政絢、荒牧陽子、高田紗千子(梅小鉢)、、ダブルネーム、斎藤司(トレンディエンジェル)、原口あきまさ、福田彩乃、、、福島善成(ガリットチュウ)、マツコ・デラックス、アンジャッシュ、オリエンタルラジオ、サバンナ、ハリセンボン、ピース、フットボールアワー、平成ノブシコブシ 1時間半拡大 第132回 4月23日 、 第133回 5月7日 小栗旬、岡田将生、、福田彩乃 第134回 5月14日 、、 第135回 5月21日 、、 第136回 5月28日 、2700 第137回 6月4日 綾瀬はるか 第138回 6月11日 、 第139回 6月18日 今田耕司、宮川大輔、入江慎也(カラテカ)、 第140回 6月25日 、、夏川りみ 第141回 7月9日 、(日本テレビアナウンサー)、、 1時間拡大 第142回 7月16日 () 第143回 7月23日 、 第144回 7月30日 ベッキー、 第145回 8月13日 佐藤健、 第146回 8月20日 羽鳥慎一 朝まで 生しゃべくり007 8月26日 、新垣結衣、タカアンドトシ、TRF、アンガールズ、アンジャッシュ、いとうあさこ、()、、オリエンタルラジオ、入江慎也(カラテカ)、()、黒沢かずこ(森三中)、古坂大魔王、サバンナ、SHELLY、スギちゃん、鈴木奈々、スリムクラブ、、、友近、、ハライチ、原幹恵、ハリセンボン、平成ノブシコブシ、、ロッチ、我が家、中山秀征 『24時間テレビ35』 深夜枠(生放送) 0:30 - 5:30 第147回 9月3日 松たか子、阿部サダヲ 第148回 9月10日 広末涼子 第149回 10月8日 北川景子、松坂桃李、、武井咲 1時間拡大 第150回 10月22日 AMEMIYA、アンガールズ、アンジャッシュ、IKKO、磯野貴理子、、オリエンタルラジオ、COWCOW、入江慎也(カラテカ)、菊地亜美(アイドリング!!! )、、、古坂大魔王、、、佐々木健介、・(TRF)、SHELLY、、鈴木奈々、芹那、、椿鬼奴、友近、、、、原幹恵、ハリセンボン、、()、福田彩乃、北斗晶、益若つばさ、マツコ・デラックス、、、、LiLiCo、ロッチ、我が家 1時間20分拡大 第151回 10月29日 、 第152回 11月5日 大久保佳代子(オアシズ)、 第153回 11月12日 、 第154回 11月19日 、渡辺直美、、COWCOW、DaiGo、、 1時間20分拡大 第155回 12月10日 ()、 20分拡大 第156回 12月24日 LiLiCo、、、芹那 1時間半拡大 2013年(平成25年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 新春SP 1月1日 《スタジオ》ケン正木、天童よしみ、蛭子親子(蛭子能収、蛭子一郎)、健介・北斗夫妻(佐々木健介、北斗晶)、花田・藤田親子(、花田虎上)、中村獅童、、ホリ、原口あきまさ、福田彩乃、、山本高広、、福島善成(ガリットチュウ)、翔子、ゆうたろう、小栗旬、、()、川口春奈、(Hey! Say! JUMP)、、V. 、ロバート 第179回 8月5日 ファミリー、バービー(フォーリンラブ) 『深イイ話』との合体SP 第180回 8月19日 、上戸彩、、松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、 1時間拡大 朝まで 生しゃべくり007 8月25日 嵐、上戸彩、羽鳥慎一、桝太一(日本テレビアナウンサー)、アンジャッシュ、オリエンタルラジオ、、博多華丸・大吉、パンサー、フットボールアワー、平成ノブシコブシ、ロッチ、ロバート、森下悠里、、我が家、、鈴木奈々、、保田圭、、菜々緒、大久保佳代子(オアシズ)、、蛭子能収、芹那、JOY、キンタロー。 、、小石田純一、山口冶樹()、ゆうたろう、TAIZO、ニッチロー、、 『24時間テレビ36』 深夜枠(生放送) 0:30 - 5:30 特別版 8月26日 1時間拡大 第181回 9月2日 平成ノブシコブシ、 第182回 9月9日 第183回 9月16日 阿部サダヲ、() 第184回 10月7日 清水ミチコ、、(嵐)、壇蜜 1時間拡大 第185回 10月21日 長澤まさみ、長谷川潤 第186回 10月28日 第187回 11月4日 永作博美、 『深イイ話』との合体SP 第188回 11月18日 博多華丸・大吉、 第189回 11月25日 手越祐也(NEWS)、 第190回 12月2日 、KAT-TUN、、、、、 1時間拡大 第191回 12月9日 、 第192回 12月16日 ゴールデンボンバー 2014年(平成26年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 新春SP 1月1日 《スタジオ》、天童よしみ、ヒロミ、、蛭子能収、蛭子一郎、花音里、、ニッチロー、(博多華丸・大吉)、福島善成(ガリットチュウ)、ふじきイェイ! イェイ! 、、、やしろ優、ゆうたろう、、城田優、山田涼介(Hey! Say! JUMP)、川口春奈、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、()、成宮寛貴、島田秀平、IKKO、城島茂(TOKIO)、坂上忍 《ロケ》、、、、、、森下悠里、木村多江、あき竹城、カイヤ、、デヴィ夫人 《寄席》博多華丸・大吉、西川きよし、あき竹城、山村紅葉、菊地亜美(アイドリング!!! )、、パンサー、、、トレンディエンジェル、今いくよ・くるよ、、、ハリセンボン、、COWCOW、我が家、、、ロッチ、大木こだま・ひびき 9:30 - 15:50 第193回 1月13日 (EXILE) 第194回 1月20日 第195回 1月27日 松たか子、道端3姉妹(、道端ジェシカ、道端アンジェリカ) 『深イイ話』との合体SP 第196回 2月3日 水川あさみ、菊地亜美(アイドリング!!! 、、矢野正樹()、、むらせ 『24時間テレビ37』 深夜枠(生放送) 0:34 - 5:30 特別版 9月1日 1時間拡大 第217回 9月8日 、山田涼介(Hey! Say! JUMP)、有岡大貴(Hey! Say! JUMP) 『深イイ話』との合体SP 第218回 10月6日 May J. 6秒バズーカー、大沢たかお、あばれる君、EXILE(TAKAHIRO、、、関口メンディー、、、) 1時間拡大 第234回 4月6日 、、、、 1時間拡大 第235回 4月13日 、、 第236回 4月27日 、鈴木奈々、8. 6秒バズーカー、 第237回 5月4日 、 『深イイ話』との合体SP 第238回 5月11日 オリエンタルラジオ 第239回 5月18日 高梨臨、菅田将暉 第240回 5月25日 、佐藤ありさ、 第241回 6月1日 生田斗真、 第242回 6月8日 、 第243回 6月15日 、 第244回 6月22日 、安藤美姫、 『深イイ話』との合体SP 第245回 6月29日 、 『深イイ話』との合体SP 第246回 7月6日 杏、DAIGO、松山ケンイチ 1時間拡大 第247回 7月27日 三浦春馬 第248回 8月3日 小出恵介、勝地涼 第249回 8月10日 、 第250回 8月17日 (V6) 朝まで 生しゃべくり007 8月23日 V6、Hey! Say! JUMP、あばれる君、アレクサンダー、いとうあさこ、、ウーマンラッシュアワー、オリエンタルラジオ、、GENKING、小峠英二(バイきんぐ)、佐藤栞里、、陣内智則、スピードワゴン、(サバンナ)、武田梨奈、DJ KOO、橋本マナミ、ハリセンボン、ヒロミ、ロッチ、()、おかずクラブ、椿鬼奴、祥子、(NON STYLE)、 『24時間テレビ38』 深夜枠(生放送) 0:45 - 5:00 第251回 8月31日 、GENKING 第252回 9月7日 ハリセンボン、 第253回 9月14日 、向井理、佐藤健、、桐谷美玲、 1時間拡大 第254回 10月5日 、仲間由紀恵、新垣結衣 1時間拡大 第255回 10月12日 渡辺直美、 『深イイ話』との合体SP 第256回 10月19日 、 第257回 10月26日 鈴木亮平 第258回 11月2日 千原ジュニア(千原兄弟)、 『深イイ話』との合体SP 第259回 11月16日 松坂桃李、 第260回 11月23日 、 第261回 11月30日 唐沢寿明、、 第262回 12月21日 、 30分拡大 2016年(平成28年) 放送回 放送日() ゲスト 備考 新春SP 1月1日 《スタジオ》、、浅尾美和、松本伊代、、ジャガーズ、ジャッキーちゃん、じゅんいちダビッドソン、、、玉城泰拙()、、、成宮寛貴、イモトアヤコ、、城島茂(TOKIO)、坂上忍、松たか子、阿部サダヲ、夫婦、夫婦 《ロケ》(平成ノブシコブシ)、(ハリセンボン)、、、、、、川田裕美、、、IKKO、大久保佳代子(オアシズ)、スピードワゴン、三吉彩花、森星、小峠英二(バイきんぐ)、前園真聖 《寄席》タカアンドトシ、西川きよし、今くるよ、太川陽介、、ロバート、NON STYLE、ハリセンボン、、厚切りジェイソン、ロッチ、ザ・ぼんち、おかずクラブ、、バイきんぐ、、ナイツ、海原はるか・かなた、、オール阪神・巨人、スピードワゴン 9:30 - 15:50 第263回 1月11日 堀北真希、 第264回 1月18日 、、、仲村トオル、アンジャッシュ、MATSU・MAKIDAI・(EXILE) 1時間拡大 第265回 2月1日 長瀬智也(TOKIO)、宮藤官九郎 『深イイ話』との合体SP 第266回 2月15日 菜々緒、新子景視 第267回 2月29日 、若槻千夏 第268回 3月7日 亀梨和也、成宮寛貴、松下奈緒、、オカリナ(おかずクラブ)、広瀬すず、 1時間拡大 第269回 3月14日 東出昌大、斎藤工 第270回 3月21日 、、木村佳乃、 『深イイ話』との合体SP 第271回 4月4日 、、(嵐)、 1時間拡大 第272回 4月18日 、有村架純 『深イイ話』との合体SP 第273回 4月25日 、、 第274回 5月9日 、阿部サダヲ、きゃりーぱみゅぱみゅ 第275回 5月16日 (V6)、濱田岳、、、、、() 1時間拡大 第276回 5月23日 二階堂ふみ、山﨑賢人、 第277回 5月30日 岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)、高畑充希 『深イイ話』との合体SP 第278回 6月13日 、バイきんぐ 第279回 6月20日 黒木瞳、、() 『深イイ話』との合体SP 第280回 6月27日 ピース 第281回 7月11日 北川景子、出川哲朗、TAKAHIRO・・佐藤大樹(EXILE)、ELLY・・登坂広臣(三代目J Soul Brothers) 1時間拡大 第282回 7月18日 ・(EXILE)、岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers)、白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS)、(GENERATIONS)、・・()、 第283回 7月25日 、、、、、 第284回 8月1日 井上真央、鈴木亮平 『深イイ話』との合体SP 第285回 8月22日 (NEWS)、、大竹しのぶ 『深イイ話』との合体SP 朝まで 生しゃべくり007 8月28日 三遊亭好楽、、、、NEWS、アンジャッシュ、オリエンタルラジオ 『24時間テレビ39』 深夜枠(生放送) 0:30 - 2:45 第286回 9月12日 佐々木蔵之介、(Sexy Zone) 『深イイ話』との合体SP 第287回 9月19日 トレンディエンジェル、 第288回 10月3日 福原愛、吉田沙保里、石原さとみ、唐沢寿明、窪田正孝 1時間拡大 第289回 10月17日 葉加瀬太郎、木村多江 『深イイ話』との合体SP 第290回 10月24日 内村光良(ウッチャンナンチャン)、(Hey! Say! Say! Say! JUMP) 18:30 - 22:54 第329回 1月15日 織田信成、、 『深イイ話』との合体SP 第330回 1月22日 渡辺直美 第331回 1月29日 、 第332回 2月5日 綾瀬はるか、坂口健太郎、二階堂ふみ、 第333回 2月12日 天海祐希、、、、 『深イイ話』との合体SP 第334回 2月26日 広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、、松岡茉優、 第335回 3月12日 、 第336回 3月19日 滝沢カレン、ハリセンボン、()、福島善成(ガリットチュウ) 第337回 3月26日 戸田恵梨香、 『深イイ話』との合体SP 第338回 4月9日 、、、、吉高由里子、、上戸彩 1時間拡大 第339回 4月16日 仲里依紗、 『深イイ話』との合体SP 第340回 4月23日 高嶋ちさ子、 第341回 4月30日 (、、、、、)、吉田鋼太郎 第342回 5月7日 、吉田羊 第343回 5月14日 、 第344回 5月21日 大泉洋、 第345回 5月28日 安達祐実、 『深イイ話』との合体SP 第346回 6月4日 、、、、 第347回 6月11日 三代目J Soul Brothers、志尊淳 第348回 6月18日 森三中、 第349回 6月25日 石原さとみ、()、森泉、森星、長嶋一茂 1時間拡大 第350回 7月2日 、 『深イイ話』との合体SP 第351回 7月16日 波瑠、、杉咲花 第352回 7月23日 竹内涼真、 第353回 7月30日 田中圭 第354回 8月13日 木村佳乃、 『深イイ話』との合体SP 第355回 8月20日 土屋太鳳、、みやぞん(ANZEN漫才) 朝まで 生しゃべくり007 8月26日 坂上忍、梅沢富美男、出川哲朗、いとうあさこ、藤田ニコル、滝沢カレン、、、スギちゃん、、、、森三中、鈴木奈々、()、丸山桂里奈、尼神インター、(メイプル超合金)、俄然風太 『24時間テレビ41』 深夜枠(生放送) 0:41 - 2:45 第356回 9月3日 ()、北川景子、 『深イイ話』との合体SP 第357回 9月10日 、藤田ニコル 第358回 9月17日 、ガンバレルーヤ 第359回 9月24日 いとうあさこ、大久保佳代子(オアシズ)、 『深イイ話』との合体SP 第360回 10月8日 、出川哲朗、阿部サダヲ、 1時間拡大 第361回 10月15日 佐藤健、 『深イイ話』との合体SP 第362回 10月22日 ()、 第363回 10月29日 VERBAL()、貴乃花、渡部建(アンジャッシュ)、西尾季隆()、羽鳥慎一、風間俊介、そらジロー 1時間拡大 第364回 11月12日 、村上淳、 第365回 11月19日 賀来賢人、、 第366回 11月26日 、チョコレートプラネット 第367回 12月17日 水沢アリー、8. (制作局)• (第3回から不定期放送。 第2回を2008年12月7日に放送)• プライムタイム進出後 [ ] 『しゃべくり007』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 備考 (NTV) 月曜日 22:00 - 23:00 制作局 (STV) 同時ネット (RAB) (TVI) (MMT) (ABS) (YBC) (FCT) (YBS) (TSB) (TeNY) (SDT) (KNB) (KTK) (FBC) 日本テレビ系列 (CTV) 日本テレビ系列 (ytv) ・ (NKT) (HTV) (KRY) (JRT) (RNC) (RNB) (RKC) (FBS) (NIB) (KKT) (TOS) 日本テレビ系列 (KYT) 日本テレビ系列 (RBC) 木曜日 23:58 - 翌0:58 遅れネット (MRT) 不定期放送• 『DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No. 1決定戦』については、は(UMK)で同時ネットされている。 『』深夜枠で放送されている『朝まで生しゃべくり007』については、テレビ宮崎のほか、は(OTV)で同時ネットされている。 ネット配信 『しゃべくり007』配信元 配信元 更新時間 備考 月曜日 23:00 更新 最新話限定で無料配信 日テレTADA! 月曜日 23:00 更新 最新話限定で無料配信 月曜日 23:00 更新 有料会員は全話見放題 放送時間の変遷 [ ] 期間 放送時間() 2008年7月12日 2008年9月27日 土曜日 17:30 - 18:00(30分) 2008年10月20日 2013年9月16日 月曜日 22:00 - 22:54(54分) 2013年10月7日 現在 月曜日 22:00 - 23:00(60分) スタッフ [ ]• 演出:上利竜太(2020年1月2日 - )• ナレーター:(日本テレビ)• 構成:、石塚祐介、成瀬正人、大谷裕一、木南広明• TM:保刈寛之• SW:米田博之• CAM:日向野崇• 照明(週替り):木村弥史、藤山真緒、小笠原雅登、名取孝昌、井口弘一郎• MIX:中村宏美• VE(週替り):岩原正明、古手川大、三崎美貴• 編集(週替り):高橋毅・武井大彰・中澤仁()• MA(週替り):番匠康雄、小嶋雄介、丸山輝幸、森川享祐、細川健太郎• 音効:岡田淳一• 美術:山本澄子• デザイン:大住啓介• CG・デザイン:谷篤()、キャニットG• イラスト:泉州HIGE工房• TK:近藤奈々• デスク:阿部絵里子• リサーチ:• フードコーディネーター:あまこようこ(グルメ系企画回のみ)• 演出補(週替り):丸田哲也、川口美紅、兵頭真優、堀真生、堀内有希、唯山紅葉、山口拓朗、白水央人、浅田竜次、前田晋平、志村慧理子、瀧本雄将、山本梨央、山本雄暉、久保陸、橋場洸人、冨田栞里、坂根道紀、青木友香子、井延祥子、根本裕太、松井康平• AP:• (週替り)杉本朋子、杉本ルリ子、稲葉芳士、金雪愛(以前は演出補)、北村桃子• チーフディレクター(週替り):熊谷航太郎、吉野真一郎• 制作協力:、、、てっぱん• 製作著作:日本テレビ 歴代のスタッフ [ ]• ナレーター:• TM:古井戸博、佐治佳一、清水秀明• CAM:津野祐一• 照明:下平好実、谷田部恵美、小川勉、加藤恵介• VE:沼田広美、斎藤孝行• 編集:安井純治・佐藤弘一・川奈部野和・吉澤佑弥(スタジオヴェルト)• MA:奥田幸裕、古谷栄美、佐渡吉志広• 音効:加藤つよし• 美術:林健一• デザイン:道勧英樹• 編成:安島隆、鯉渕友康、糸井聖一、稲垣眞一、鬼頭直孝、• 広報:斉藤由美• TK:竹島祐子• デスク:満本清美、保科邦子• 演出補:宮本将孝、坂野裕、千種久美子、高田翔平、中山健志、田辺貴之、大友浩嗣、鈴木遊大、杉浦裕樹、川崎佑也、園山みさと、宮城将太、土佐実季世、森靖典、田中克弥、宮川裕史、池田翔、松井美樹、布谷愼平、茂原大地、國府田亨、岡村美里、小田邊駿、齋藤直人、北原康太郎、今成直人、今津絢太、堤菜緒、阪本裕太、山下拓也、前田玲• ディレクター:宮森宏樹、赤堀哲也、中廣周平、小野日出紀、新沢学、鴻巣裕司、地濃愛、宇津浩二、佐藤ゆうし、高宮聡子、本橋亜土、瀬戸口晃、村田欣也、黒石岳志、岡山眞也、石丸貴寛、春山正宏、作井正浩、飯髙昌宏、平野玲二、根岸秀明• ディレクター・チーフD:尾之上祐太、柳瀬寿明• チーフディレクター:谷中憲、相田貴史、島田健作、栗栖政文、鈴木豊人• AP:滝澤真一郎、中田容子、吉筋公美、高倉智美、岡本舞、望月祐歌、平山美由紀、川村彩佳、中村晃子、佐藤愛、佐藤みなみ、伊藤智世、岩間有香、内野絵美、島田典子、池田詩織、伊藤茉莉衣、髙 高 橋孝平、坂元紫乃• 制作協力: 脚注 [ ] []• 2011年10月から。 『24時間テレビ』内特番放送時はフルステレオ放送を実施。 名倉潤が『』出演時に発言• 2011年1月8日, at the. 2011年1月8日, at the. 『』でポール・オークンフォールドによってリミックスされた物が使用されている。 例を挙げると、ゲスト登場時に「」 )など。 同時間帯にで『』(・系)が放送されており、当時ジャニーズ事務所が同一時間帯での所属タレントの重複出演を規制していたことによる。 このため、プライム移行後のジャニーズ事務所所属タレントの出演は放送時間が重複しない正月や24時間テレビの深夜枠など特別版に限られていた。 合体スペシャルの場合オープニングCGはなく、本日のゲストのカンペは『深イイ話』ブロック内でMCのが読み上げる。 その後しゃべくりブロックに切り替わるとすぐにゲストが登場する放送形態となっている。 2時間スペシャルの場合は22:54 - 23:00。 なお21:00番組『』の拡大版などといった、別の特別番組の時は、その関連番組に切り替える。 2019年3月までは福田。 2014年3月までは原田。 自身が進行役となる場合はここに上田が座っていた。 同年8月25日に生放送された「朝までしゃべくり007」も同様の理由で欠席した。 18歳以上で出身のメンバーが出演。 当初は3月14日に通常編成で放送予定だったが発生に伴う特別編成のため同日に変更。 が芸能界を引退したことに伴い、『』の放送が急遽休止になったことによる緊急措置。 番組後半は『』で放送された「朝まで生しゃべくり007」の一部コーナーを再構成したものを放送した。 の放送時間が延長となったため、35分繰り下げとなった。 18歳未満の候補生は、等身大パネルで対応。 番組後半は『24時間テレビ』で放送された「朝まで生しゃべくり007」の一部コーナーを再構成したものを放送した。 毎年メインパーソナリティーが出演していたが、この年のメインパーソナリティーだったは一切出演していない。 なお、このケースは「朝まで生しゃべくり007」史上初めてのことである。 元日のローカル編成並びにフジテレビ系列の編成との兼ね合いから、新春SPは放送しない。 日本テレビ系列局が無い沖縄県において、最も日本テレビ系列に協力的な局であるフジテレビ系列局の(OTV)では放送枠が足りないため、現在、宮崎放送(MRT)と共に、TBS系列局による番販放送となっている。 2010年9月までは金曜15:53 - 16:53に放送されていた。 2010年10月からは現在の日時。 24時間テレビの深夜枠の朝までしゃべくりは沖縄テレビで放送している。 本来の系列局である(UMK)はフジテレビ系列を主体に、日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネットで放送枠が足りないため、現在、琉球放送(RBC)と共に、TBS系列局による番販放送となっている。 2010年6月までは水曜23:55 - 翌0:50に、2011年7月9日までは土曜13:00 - 13:54に、2011年7月15日未明(14日深夜)から2016年3月までは金曜0:05 - 1:00(木曜日深夜)に、2016年4月からは2017年3月までは土曜日 15:00 - 16:00。 2017年4月以降は「」の遅れネットに切り替わるため、現状としては『深イイ話』との合体SPを中心とした不定期放送となっている。 テレビ宮崎は全編、沖縄テレビは日曜日1:45(土曜日深夜)以降。 ただしテレビ宮崎と同様に『』が延長の場合は途中飛び乗りになる。 主な例として、2010年の『24時間テレビ』当日の『土曜プレミアム』は『ハリー・ポッターの死の秘宝』で放送時間が日曜日0:05(土曜日深夜)までだったため、テレビ宮崎は日曜日0:05(土曜日深夜)、沖縄テレビは日曜日1:55(土曜日深夜)から飛び乗りで放送した。 関連項目 [ ]• - スタッフ共通の姉妹番組。 しゃべくりメンバー3組ともゲストアニキとして出演した。 「 超絶! 嵐にしやがれ007」と題してコラボを放送。 - 元・日本テレビ放送網代表取締役社長• - 同番組を放送している系列局・アナウンサー。 過去にボンドガールとして2年間登場した。 外部リンク [ ]• shabekuri007ntv - 17:30 - 18:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の