岡江久美子の息子。 岡江久美子の息子を名乗るYouTuberたち 弁護士「名誉毀損罪にあたる可能性」

【動画】岡江久美子の息子のyoutuberは誰か特定!悪質すぎて大炎上?|ラヂカセトレンド

岡江久美子の息子

岡江久美子の偽息子8人を特定! youtube動画・顔画像) Youtubeに岡江久美子のニセ息子が大量発生!理由はなぜ? 2020年4月23日、女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなられました。 TBS系の情報番組「はなまるマーケット」の司会などで知られた女優の岡江久美子さんが、新型コロナウイルスに感染して、死去した。 63歳だった。 引用:讀賣新聞オンライン そしてその後、岡江さんの息子になりすました動画がYoutubeに大量発生し、大きな話題となっています。 【悲報】再生数稼ぎのため、新型コロナで亡くなった岡江久美子さんの息子を名乗る人物の動画が続々とYouTubeにアップされる — 滝沢ガレソ takigare その数合わせて8名。 実際には岡江久美子さんに 息子はおらず、岡江さんの子供は 娘の大和田美帆さん1人のみです。 ではなぜ、なりすまし息子がYoutubeに増えているのでしょうか。 その理由について、ITジャーナリストの三上洋氏は以下のように語っています。 YouTubeは再生回数の多さが広告収入にもつながるといわれるが、投稿者の目的についてITジャーナリストの三上洋氏は 「1本の動画では収益にはつながらず、チャンネル登録数を増やすことに意味がある。 ただ彼らは目立ったり、人々をからかう目的で動画を投稿しているのではないか」とみる。 引用:IT media NEWS チャンネル登録を増やすことや、 目立ちたいが為にこのような偽りの動画を投稿することは、 非常にモラルに欠けますよね。 また、岡江さんの息子を名乗っている男性たちの中には、 岡江久美子さんの息子だけでなく他の人にもなりすましている人もいます。 ほとほと呆れてしまいますね・・・。 スポンサーリンク ニセ息子の本名公開の可能性は?罪・逮捕にはならないのか? ニセ息子の本名は公開されない? 岡江久美子さんの息子になりすましている8名について、ネットでは怒りの声が多数上がっており、 本名や住所を公開して欲しいといった声もあがっています。 — JTR nohe4869 岡江久美子の息子名乗ってるYouTuberとかいるけど、顔写真から本名特定して晒せるサービスとか今は無いのかね?? (結構前にはとかそれだったと思うんだが、今はそういうの無いの?) — dkn dokanyasan 2020年4月28日現在は、 岡江久美子さんのニセ息子の本名や住所は公開されていません。 罪・逮捕にはならないのか? 2020年4月27日に放送されたテレビ番組「バイキング」では、岡江久美子さんのニセ息子動画について、俳優の坂上忍さんが もしかしてバイキングやり始めて断トツで頭きてるかも。 どういう神経なんですかね と真顔で激怒。 続いて東国原英夫さんも 一部こういうのがいますよね。 これは逮捕ですよ。 特措法で、誹謗中傷した人間、 名前公表できるよう法律に入れた方がいい と激怒しています。 岡江久美子さんの息子を名乗った男性は、実際のところ罪や逮捕には至らないのでしょうか。 調べてみたところ、• 岡江久美子の親族を名乗ること自体は罪にはならない• 名誉毀損罪に該当する可能性はある ということがわかりました。 岡江久美子の息子を名乗ること自体は罪にはならない 弁護士の小沢一仁さんによると、亡くなった人の親族であると名乗ること自体は罪にはならないようです。 亡くなった人の親族などであると名乗ることは、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為などに当たるわけではないと思います。 引用:Yahoo! ニュース 名誉毀損罪はありえる 同じく弁護士の小沢一仁さんによると、表現内容によっては「名誉毀損罪」に該当する可能性はあるとのことでした。 ただ、その具体的な 表現内容によっては、刑事上は死者に対する名誉毀損罪(刑法230条2項)、 民事上は遺族に対する人格権侵害(遺族の死者に対する敬愛追慕の情の侵害)による不法行為(民法709条)が成立する可能性があると思います。 なお、死者に対する名誉毀損は、 生きている人の名誉毀損と異なり、摘示した事実が虚偽でなければ処罰されません(刑法230条2項)。 引用:Yahoo! ニュース また、弁護士の高橋裕樹さんはこのように語っています。 弁護士の高橋裕樹氏は「 名誉毀損(きそん)罪にあたる可能性は十分にある。 社会的イメージを悪化させることにつながるため損害賠償を請求することも十分できる。 遺族への冒涜(ぼうとく)として数十万円程度の慰謝料を請求できる可能性があり、また隠し子や不倫を疑わせるのであれば、慰謝料の増額が十分にあり得る」と指摘した。 引用:IT media NEWS とても悪質な動画ですので、今後彼らが罪に問われる可能性もありえそうですね。 ただ、すでに動画は全て消されている為、今後どうなるかは微妙なラインかもしれません。

次の

【特定】岡江久美子のニセ息子8人のYouTuberは誰?売名炎上商法がクズすぎ|TK HOTLINE

岡江久美子の息子

「岡江久美子の息子」になりすました動画(編集部で一部加工) 4月23日に新型コロナウイルス肺炎で亡くなった俳優の岡江久美子さんをネタにするかのような動画が、ユーチューブ上に続々と投稿され、物議を醸している。 特に、訃報に便乗するかのように「岡江久美子の息子」を名乗る動画が相次ぎ、一時はツイッターでトレンドワードになるほど話題になった。 「岡江久美子の息子です。 今まで母をありがとうございました」などと、さも本物の岡江さんの息子であるかのように語るが、岡江さんに息子はいない。 なかには、27日14時現在で30万回を超えているものもある(など)。 その一方で、これらの動画には批判の声が殺到しており、「低評価」が圧倒的に多い。 いくら再生回数を稼げても、持続的に収益を上げることはできないだろう。 岡江さんのニュースに限らず、ユーチューブ上には、注目を浴びる事件や事故などを取り上げ、「犯人は私です」などと別人になりすまして投稿する動画が連日あげられている。 だが、ユーチューブの「なりすましに関するポリシー」を見ると、他人になりすますことは違反行為にも見える。 だが、このような動画が頻繁に上げられることから、「こういうユーチューブは野放しにせず、排除してほしい」「ユーチューブは管理体制を見直すべき」など、ユーチューブの対応が甘いと指摘する声も少なくない。 4月27日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)でも、俳優の坂上忍が岡江さんの息子を名乗るユーチューバーが相次いでいるニュースに不快感を示した。 「俺、バイキングやり始めてからダントツで頭来ているかも、これ。 どういう神経なんですかね」と怒りをあらわにした。 さらに、動画にモザイクをかけて放送していることについても、「なんでこんな連中のためにスタッフさんが手間暇かけてモザイク施してやらないといけないのか、さっぱりわからない」と述べ、動画をあげている人物をさらすことで、こういった不快な動画をなくしてほしいという意向を示した。 ユーチューブでは、規約違反とみられる動画については、視聴者が運営側に通報することができる。 そして通報が一定数に上れば、アカウントが削除されることもあるという。 だが、すでに収益を得られる動画になっている場合、削除されたとしても、一定の回数の再生回数と再生時間を稼げていれば、それによって広告料を得られることになりかねない。 このような、見ている人を不愉快にする動画を発見した場合、「動画を再生しないこと」「ユーチューブの運営に通報すること」によって、地道に排除していくしかないだろう。 (文=編集部).

次の

【YOUTUBER】岡江久美子の息子を語る動画は誰か特定!

岡江久美子の息子

女優、岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなりました。 訃報が伝えられたあと、YouTubeには「岡江久美子の息子です」と名乗る動画が多数アップされました。 えー、本日ですね、僕の母の岡江久美子が亡くなりました。 ちょっと、何を話していいのかちょっと、パニクってしまって、分からないのですが」 「このたび、母があれに感染して、死去されてしまいました。 本当に悲しいんですけど、仕方がないことなので、現実を受け止めたいと思っております」 「僕は岡江さんの息子です。 この度、母が亡くなりました。 もともと母は持病を抱えており、2月にも抗がん剤による治療をおこなっておりました」 中には18万回以上再生されているものもあり、コメント欄には「不謹慎なんじゃないですか」「冗談でも人の死を利用して動画あげたらあかんやろ?」と批判が殺到していました。 また、こうした動画をあげているチャンネルをみると、他にも「志村けんの息子です。 父が緊急入院しました」、「金正恩の手術した医者です」、「石田純一の息子です」などと題した動画がありました。 話題となったニュースに絡めているようです。 話題となった人の親族や関係者であることを名乗って、動画をあげることに法的な問題はないのでしょうか。 小沢 一仁弁護士に聞いた。 こうした行為、法的には問題ないのでしょうか 「話題となった人」が存命中かどうかで適用されうる法律が異なるので、分けて考えたいと思います。 まず、亡くなった人の親族などであると名乗ることは、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為などに当たるわけではないと思います。 ただ、その具体的な表現内容によっては、刑事上は死者に対する名誉毀損罪(刑法230条2項)、民事上は遺族に対する人格権侵害(遺族の死者に対する敬愛追慕の情の侵害)による不法行為(民法709条)が成立する可能性があると思います。 なお、死者に対する名誉毀損は、生きている人の名誉毀損と異なり、摘示した事実が虚偽でなければ処罰されません(刑法230条2項)。 ーー存命中の人に関するものはどうでしょうか 生きている人の親族などであると名乗ることは、これも、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為等に当たるわけではないと思います。 ただ、具体的な表現内容によっては、その人に対する名誉毀損罪(刑法230条1項)、侮辱罪(刑法231条)や、事業者に対するものであれば、業務妨害罪(刑法233条)などが成立する可能性があります。 民事であれば、同様の理由で当該生きている人に対する不法行為(民法709条)などが成立する可能性があります。 エンタメとして観て下さい」と書かれているものもありました。 こう書かれている場合も、法的な問題になりえますか 名誉毀損については、内容が虚偽とわかっているため社会的評価が低下するのか、侮辱については、侮辱といえる程度に名誉感情が侵害されるのか、業務妨害については、その危険のある行為といえるのか、などという問題はありますが、このような断りを入れたからといって必ず法的責任を免れるというわけではありません。 対象となる人が生きているかどうかにかかわらず、人の尊厳を害するような行為をすべきではありません。

次の